HipHop,R&B,Soul,Funk,RareGroove,DanceClassics,Garage,House・・・など、私が気に入っているMixTape,MixCD,その他もろもろを紹介するブログです。
DJ Marbo 「It's Music」
DSC06302.jpg

 え~、ここ最近は仕事のゴールデンウィークらしく、悲しくなるくらい働いてます(--;)
 その中で、間違えをしたな~と思うのが、くそ忙しいのに新しい革靴を履き始めちゃって・・・当然「靴づれ地獄」です・・・バンドエイドを貼っても痛くって、夜は足を引きずりながら帰宅をしてます・・・
 ただ、取引先でいつも電話に出る娘と初遭遇しましたが、結構可愛かったのは救いです・・・こういうのってなぜか嬉しいっすよね(^^;)

 ンなわけで、下の記事でも触れました「DJ Marbo」さんのナイスなミックスCDのご紹介です~♪


20100814_1008796.jpg podcast.jpg

 この記事を紹介するに当たっては、ちょっと補足があるので、そちらから紹介したいと思います・・・

 このブログを開始した初期に紹介し、9月に大幅な書き直しをした「Masanori Ikeda / New Balearic House」が、なぜかこの作品の根幹を作った張本人である「DJ Marbo」がご覧になられたようで、それでメールをいただいたんですね。
 詳しくは、下に掲載をしている「ブログの紹介 DJ Marbo氏」をご参照していただきたいのですが、Marbo氏や関係者の方からの転載&追加指摘などをブログ&メールで頂き、ホントお世話になってしまい、私としては何か協力&お礼が出来ないかな~と思い・・・このブログらしく「作品紹介」で協力&お礼をしよう・・・ということになり、この記事を書くことにしました。

 温故知新じゃないですが、過去の作品からMarbo氏の素晴らしさを知り、現在の活動の一助になれば本望です・・・ただ、ご迷惑にならないか心配です(^^;)


 では、今回紹介する「DJ Marbo」さんのことは、このブログを読んでいただいている方だと、知ってる方が少ないかもしれないので、ちょっと紹介をしたいと思います。

 Marboさんはカテゴリーとしては「House」系の日本人DJになりますが、かなりキャリアの長いお方で、80年代中ごろ(?)よりDJ活動を開始し、その後80年代末頃にはRAVEカルチャーが始まりだしたイギリスへ移住し、あの「DJ Harvey」の盟友としてイギリスにおけるHouseカルチャーを進ませたDJと言っても過言ではない方です。
 その後、日本に帰国し、DJ活動・オーガナイザー活動と並行し、洋服販売やレコード販売のお店を運営したり、名著である「House Legend」の企画に参加したり、今回紹介するCDに関係するFM番組のプロデュースをしたり・・・地に足付いた活動をしており、この記事を書くきっかけになった「Masanori Ikeda / New Balearic House」の根幹である「Tokyo Balearic」という音楽ジャンルを創造しました・・・

 Tokyo Balearicについては、池田さんの作品紹介を参照していただければと思いますが、分かりやすく言うと、非常にチル感のあるDeepHouseといったところでしょうか?
 無機質な感じなんだけど、聞いてると段々と音に引き込まれていき、音が優しく包んでくれる感じ・・・な音楽かな??

 そして、現在はこの「Tokyo Balearic」を広めるべく、幅広いDJ活動(ヨガのDJは面白そうですね!)に加え、iTunesのPodcastでのミックス配信などをされています。
 Podcastに関しては、ChillOut/Balearic系のジャンルとしてはトップの人気を誇っているそうで、世界中の方が聞いてるそうですよ・・・日本発の音楽ジャンルが世界で支持されるってことはホント素晴らしいですね!!
 ただ、私に関しては、残念ながらあまりネット配信とかのミックス音源は聞いていない(聞かないといけないテープとCDがいっぱいあるので・・・)ので追って聞いてはいないのですが、チラッと聞かせていただいた感じだと、気持ちいいグルーブのHouseミックスになっており、まさに「Tokyo Balearic」なミックスになっていて、非常に良いですね(^0^)

 興味がある方は、文章中にあるリンク先をクリックして見てくださいね!!


DSC01007.jpg DSC06305.jpg

 んでは、作品の詳細に進みましょう・・・

 この作品は、現在もMarboさんがプロデュースされているFM番組のミックス音源をCD化し、当時のMarboさんのお店であった「Lowrider」で販売をされていたミックスCDです。
 CD自体はVol.3まであるようで、私は1と3(トップ写真でいくと、1がゲバラ、3が黒っぽいジャケ)しか持ってなく、2は捜索中です・・・かなりアンダーグラウンドな作品なので、ユニオンなどの中古屋さんでも殆ど見かけないですかね・・・

 んで、そのFM番組の話もしておきましょう・・・

 時期によっても番組名が微妙に変わったりしてるようですが、渋谷周辺で聴けるコミュニティーFMである「Shibuya FM」で土曜の夜にオンエアーされており、かれこれ10年近く担当してるようです・・・?

 現在は、Podcastと同じ音源が毎週オンエアーされているようで(あってるかな?)、Marboさんの「Tokyo Balearic」スタイルのDJが楽しめます・・・
 メールで教えていただきましたが、毎週出会った新曲のみでプレイしているそうで、週に2500~5000曲をチェック(!!)し、良い曲のみ10数曲をプレイするそうですよ・・・ネット時代だからこそ、こんなに曲をチェック出来る(曲がある)のかもしれないですが、プロのDJとなると、この位「根性」がないとダメなんでしょうね・・・

 そして、今回のCDの音源は、2002年頃の音源で、その頃は作品のタイトル名と同じ「It's Music」という番組名で、Marboさんを中心に様々なDJがプレイするHouse寄りの番組だったようです。
 CDのインフォや、当時の資料(写真左のフライヤー・カッコいいシールが付いてた)を見ると、Marboさんを始めに、NoriさんMoodmanといった優秀な国内DJがミックスを担当したり・・・なんと、あのLoftの創設者である「David Mancuso」もラインナップされており・・・かなり音楽的に優れた番組だったのかな~と思われます!!

 ただ、このFM番組だったり、Shibuya FMは、私自身は殆ど聞いたことがないです・・・というか、聴くことが難しいです!!
 なぜなら、Shibuya FMというのは、渋谷を中心とする「コミュニティーFM」なので、渋谷近辺でしか聴くことが出来ないんですね・・・前に住んでた東京を一歩出た千葉某所や、現在私が住んでいる東京某所(北の方)でも聴くことが出来ないっす(^^;)

 でも、このFMは渋谷にあるだけに結構クラブよりな番組が多く、FM局が開設された90年代中ごろは、MasterKeyやMakiさんなんかが担当してたし、今でも辰緒さんなんかも番組を持ってたり・・・結構クラブ業界では有名ではあるのですが、聞ける範囲が狭いので、いまいちメジャーにはなれない印象があります(すみません)。
 だけど、当時のDJ予備軍たちは結構聞いてたラジオで、私も週末にレコードを渋谷に買いに行った際、持っていたショックウェーブをShibuya FMに合わせ、聞きながら渋谷を歩いたり、公園で座って聞いてたり・・・微妙な思い出があります(^^;)

 また、マニアックなネタとしては、有名洋服店であるBeams本店のちょっと先のビルの2F(当時は全館がムラサキスポーツだった)に、渋谷FMの出張スタジオがあり、意味もなく覗きに行ってましたね~
 ここ最近、昔のRiddimを読み返してて、ちょうどそのスタジオの写真があったので貼っておきました(写真右)が、DJのプレイが生で見れた点は大きいですね・・・記憶だと、MasterKeyのプレイなんかを見たことがあったような・・・気がします。
 ちなみに、写真で登場してる方は・・・なんと、あの有名レゲエグループ「Fire Boll」のボーカル担当の「Super Criss」氏です!! 98年ごろの写真ですが、当時はRiddimでお馴染みのOverheatで働いてたそうで、本名でDJをしてたみたいっすよ!!
 いや~、ミックステープの資料集めでRiddimを約10数年分を読み返してますが・・・やっぱりヤバいっすね!! その内、このブログでも披露しますよ~♪


DSC06304.jpg DSC06303.jpg

 いつも通りの脱線をしましたが、作品の紹介に戻ります(^^;)

 この作品は、前途の通り、ラジオで放送をしたミックスを収録してる訳ですが・・・流石に「CDでプレス」してるので、結構レベルの高いミックスになってると思います。

 私は1と3しか聞いてないので、全容は分かりませんが、選曲的にはDeepHouseや、Garageなど、かなり幅広い選曲をしており、不思議な空気感を創出しています・・・

 Vol.1では、当時のヒット曲である「Wagon Cookin' / Natural High」のようなBrazillianの入ったHouseをプレイしたり、Vol,3では「Hall & Oates / I Can't Go For That」のようなGarage系の曲をプレイしたり・・・Houseラインではあるのですが、幅広い選曲をしています。
 トラックリストが付いてないので、分からない曲も多いのですが、ニヤッとする選曲もあり、Hall&OatesがBen LiebrandのRemixの方を使ってたり、Jamiroquaiのようなメジャーどころもプレイしたり・・・選曲に関してはかなりイイっすね!!


 また、DJミックスに関しては、ロフトスタイルのノーミックスでプレイしており・・・これがメチャクチャ良いですね!!
 ゲストでMancusoが来てるだけあって、ロフトスタイルの真髄がしっかりと生きており、流石だな~と思いました。

 例えば、選曲の組み立てなんかは顕著で、しっかりとストーリのある展開をしており、選曲のグルーブを維持しながら物語が流転していく感じは秀逸ですね・・・こういった点は、選曲に自信が無いと出来ないですよね!!
 まるで、優秀な写真家が心をこめて作った写真集みたいで、解説文が全くないけど、彼が信念を持って撮影した写真の連続だけで伝えたいことを伝えてる・・・そんな感じで、シンプルなんだけど「伝え方が上手い」ってところがあると思います。

 また、Marboさんと言えば、音へのこだわりがハンパないお方で、色んな伝説(?)がありますが、この作品でも音質面の良さも発揮されていますし、何よりもプレイしてる曲の良さをしっかりと理解し、適切な方法で再生し、プレイしてる曲が持つ「良さ」を純粋にプレイしてる感じが素敵ですね!!

 DJをしてると、曲の途中で次の曲に繋いだりするわけですが、その曲を作った者としては、その曲の最初から最後までをもって一曲として完成するわけなので・・・その曲の本来持つ良さを引き出すのであれば、あんまり曲をいじらずにプレーすべきなんですよね・・・
 この作品を聞いてると、音の調整を適切にしつつ、原曲の良さを引き出すべく一曲一曲に「入魂」をしてプレーしてる感じがあり・・・この点は聴きどころですよ!!



 最後に、全体的な話をしておくと、かなり「現在のMarboさんの匂い」が感じられ、不思議な気持ちよさを味わえました・・・

 選曲面では、凄い「透明感」がある曲が中心で、Marbo氏が現在追及している「Tokyo Balearic」が提示する「気持ちよさ」みたいのが如実に感じられ、ヤラレましたね~
 また、DJミックスに関しても、Marbo氏が推し進める「Tokyo Balearcic」のグルーブの作り方みたいで・・・まるで寄せては返す「波の音」みたいなジワジワとくる感じがありました・・・

 そう、聞いてて「気持ちよくなる」ミックスなんですよ!!

 今は「Balearic」「Chill Out」というキーワードになるわけですが、その匂いがしっかりと感じられる作品になっており、この作品のような「感性」が発展して「Tokyo Balearic」になったのかな~と思わせるほどですよ!!
 当然、今のPodcastで配信してるミックスはこんな感じ(?)だと思いますが、やっぱり「感性」が無いと出来ないグルーブだな~と痛感しました・・・Marboさん、流石です!!




 う~ん、あんまり上手く書けませんでしたが、個人的にはかなり「プッシュ」な作品です(^0^)

 今のMarboさんとしては「過去の産物」でしかないかもしれないですが、私は聞いてて「Marbo節」が感じられたし、今でも十分楽しめる作品だな~と思いました。
 ユニオンで出ると、微妙に値段をつけてますが、マニアを中心に「即ゲット」な1枚なので、気になる方は頑張って掘ってくださいね!!

 この紹介を通して、Marboさんの活動に興味を持つ方が増えてくれればイイですね・・・興味がある方はPodcastを是非聞いてみてくださいね!!
 なんか、最後は宣伝みたくなっちゃった・・・(^^;)




<Release Date>
Artists / Title : DJ Marbo 「It's Music」
Genre : House、DanceClassics、Garage、Rock、Soul・・・   
Release : 2002年ごろ??
Lebel : Lowrider
Notice : No Track List(当時のサイトでは掲載されてたかも??)




------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------
おまけ 「私とネット音源」


 その内、真面目に書こうかな~と思ってたことなのですが、今回の更新で、ちょっとネット音源のことを触れたので、私なりの考えを書きたいと思います・・・
 あんまり考えが固まって無いし、かなり穿った考えなんので、真面目に読まないでください・・・(^^;)


 近年はネット環境が著しく向上し、今回触れたMarbo氏のPodcastなど、アーティスト側が自分が思う音楽を簡単に発信出来たり、リスナー側がその音楽を簡単に手に入れられたり・・・一昔前からすると凄いことになってますね!!
 この利便性を全て紹介することは難しいですが、私自身もこの利益を享受してるわけで、まさに「音楽革命」なのかもしれないですね~

 ただ、たまに書きますが、私は「DJミックスのネット音源」とかは殆ど聞かないんですよね・・・

 なぜなら、それが「流通を通して作られたものではない」からです。


 それが何で問題なの?と思う方もいるかもしれないですが、流通・・・つまり「お店などで売る商品」は、制作者がお客さんに「お金を払って買ってもらう」ように努力をしてる訳で、その点がネット音源には抜けてる部分があるな~と思ったりするからです。

 経済学における需要と供給(マルクスだっけ?)的な考えでもあるのですが、購買者がお金を払ってでも買いたい作品を作らないと売れない・・・みたいな市場原理があり、それは制作者に対しての圧力でもあるので、その圧力が作品の向上に繋がっている・・・と考えています。

 特に、ミックステープを長く追っていると体験的に分かるのですが、テープとかって殆ど「手売り」に近い商品なので、作った分のテープは売り切らないと利益にはならず、必然的に何らかの「努力」をしないと利益には成りません。

 ミックステープの頃(90年代後半~00年代前半)は、ネットもそんなには普及してないし、アナログ全盛の頃だったので、けっこう「質」で競ってた流れがありました。
 例えば、あるDJが作った作品が売れれば、次の作品が出たとしても店舗はオーダーするし、お客さんも信頼して買ったりします・・・だけど、作品が売れなかったり、内容が大したことが無ければ、次の作品を出したとしてもお店からはオーダーが入りませんし、お客さんも買わないですよね・・・
 この範囲で行けば、Komoriさんなんかはそうで、デビュー時は全く無名に近かったけど、良作を作りづづけたことで有名になっていった・・・流れがありますよね。

 つまり、制作者側は相対的な「質」が高くなければ、自分たちが作った品物が売れないので・・・必然的に努力をするようになり、作品の質が相対的に高くなる・・・と考えています。


 ネット音源の全てが努力をしてないわけではないと思いますが(DL数という目安は競争原理に繋がりますし、その音源の内容が良くなければ評判も変わるし、クラブで営業が取れるかどうかも変わるでしょうからね~)、殆どタダで手に入る作品に、こういった市場原理が働く余地が無いと私は思うんですよね・・・作品の質における「切磋琢磨」がお店で売ってるモノよりもそんなには「無い」と感じます。
 また、場合によっては制作者側の「思い込みだけ」の内容・作品になってしまう可能性が強く、広いリスナーに愛される内容にならない場合もある・・・とも考えています。


 あと、リスナー側の問題もあり、こういった音源が殆ど無料で手に入るとなると、身銭を切ってないわけなので、聴く側も結構「無駄遣いな聴き方」・・・つまり「消費的な」な聞き方になってるな~と思います。

 お金を払ってCDを買うと、なんらかんら言って「元を取ろう」という消費行動をしており、結構真剣に聞くんですよね・・・私自身はかなりヘビーに買ってるので、感覚がマヒしてきちゃったので、面白くなければ聴き捨てしちゃう(それこそ消費的な聴き方!)時もありますが、こんなブログをやってるぐらいなので、聴くときはかなり「真剣」に聞いてます。
 ただ、無料で、RSSとかにしてれば簡単に音源が手に入るということは・・・リスナー側がストレスなく手に入るという反面、リスナー側にもあらゆる面で「努力」をすることを切ってしまっており、貧乏根性が作動せず、真剣に作品を聞いてない・・・場合があるなとも思います。



 う~ん、上手くまとまらないのですが、こんな感じの考えがあって、あんまりネット音源は聞いてないっす。
 
 結構、このことは前から考えていたのですが、あんまりまとまらなかったので、披露しなかったんですね・・・

 ただ、MarboさんのPodcastは、きっとCD屋さんで売ってても売れると思う(絶対出した方がイイっすよ!!)し、もしかしたらこういった指摘も理解してくるかな~と思い、記事の続きで書いてみました・・・もし、Marboさんの活動を阻害することがあるのであれば、記事を削除しますが・・・どうですかね??

 まあ、一つの意見としてとらえてくれれば嬉しいです・・・私の価値観としては、イイものであればお金を払って対価を支払いたい・・・という感覚が強いです。
 このことは、ある種の「リスペクト」みたいなものでもあり、アーティスト対リスナーの構図においては、かなりプリミティブな基礎的関係だと思います・・・やっぱり、アーティストは対価を受けないと励みにはならないっすからね~


 もっと書きたいこともあります・・・例えば、MUROさんのミックスCDが、メチャクチャスゲー内容なのに「ほぼ毎月リリースしてる」こととか、それを「2000円でも買う人がいる」という事実は・・・こんな時代だからこそもっと評価されるべきですよね!!

 また、これはもうちょっと煮詰めてその内に書きますが、実はミックステープ時代(90年代後半~00年代前半)の作品の方が「イイ」作品が多いんですよ・・・
 今の時代は機材が良くなったり、音源も簡単に手に入ったりしますが、昔の方がそれが「出来なかった」分、かなり「努力」してる感じがするし、なんか「スレてない」感じがあるんですよね・・・時代的にテープからCDに移る過程で、作品の質が落ちたDJもボチボチいますからね~


 う~ん、脱線しまくりですが、こんなもんで・・・実は、Marboさんからの宿題ネタだったりもしました・・・どうすかね??
 久しぶりに文系パワー(+仕事疲れ&アルコール)を使ってみましたが、意外と書けましたね・・・なんか、今まで溜まってた膿を出して、スゲー気持ち良かったりします!!
 
 まあ、結論は・・・まだまだ俺は「ショックウェーブ」が大活躍です(^^;)






スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
私とネット音源!
おっ…今日はいつにも増して熱いすねー!
いやオレも基本的には同意見なんです。
ただやっぱ楽なんすよー(笑)。
昔は「新譜チェック」でミクステ買うこともいっぱいあったけど、今や全部ネットで落としてますもん。断然早いしww

あとレゲエ的に言うと昔の「ゲンバ」を録音したヴィンテージ系の音源ね。あんなもん絶対1000yenも1500yenも出してブートのカセットなりCD-R買う気にならん!
音質なんて元から汚いし。
探せば昔のステレオグラフ(DJの開祖と呼ばれるU-ROYのサウンドシステム・クルー)とか、チューパー以前のJAROとかロバダブセット時代の音源も山ほど出てきてよっぽど下手なレコ屋より充実してる。
これはちょっと「ネット音源」議論の趣旨からはズレるかもだけど、そこは“幸せな時代になったな~”と本当思うっす。うん。

ただ、ぼく的な考えを書くとネット上のフリーDLに関してまでは認めれるんすけど、ダウンロード形式のmix音源をお金を出して買いたくない!オレは形のないものにお金は払えない!!(iTunesで曲なんか買ったことないすからね)
あれはやっぱ在庫抱えなくていいし、たとえ800yenとかでもアーティスト側のメリットがかなりでかいんすけど、今後アレが主流になったらと思うとカナリ嫌すね。

だって「愛」も形がないけどお金では買えないでしょう?

今いいこと言ったと思うんすよww
2010/11/03(水) 00:45:59 | URL | ソロバン #-[ 編集]
Re: 私とネット音源!
>ソロバンさん

いつもコメントありがとうございます!!

今回の「おまけ」は、ちょっと物議が出るかな~とも思って書きましたが、
ちゃんと反応があり、安心しました・・・そして「濃い」書き込み、ありがとうございます!!

確かに現場テープなんかは、買うよりも落とした方が早いし、いっぱいありますよね。
ソロバンさんの書き込みで気付きましたが、私もたまに残業で一人で会社にいるとき、
たまにLarry Levanとかの現場録音音源を聞きながら仕事してましたよ・・・(^^;)

ただ、自他共に認めるテープマニア(=変態?)としては、現場録音モノのテープが売りに出てれば、色んな意味で絶対に買います!!

例えば、HipHopにおけるOldSchool期の現場録音テープであれば、渋谷にあった「4DJ's」というレコ屋が、当時のNYで流通してた現場録音テープを勝手に複製してたテープシリーズが個人的には有名で、このレコ屋が店じまいをするときに、作ったタイトル(100以上あった!)をまとめてヤフオクに出したけど・・・誰も買わす、段々と値下げしてったけど、結局は誰も買わなかった・・・みたいな作品で、そういう流れを知ってるので、見つけたら絶対に買っています(^^;)
また、House系の現場テープもコレクトしてて、コレはホント出ないので、見つけたら絶対に買っています・・・この間、Joe氏の96年頃のテープ(それも西麻布Yellowでの音源!)を買いましたが、この辺も面白いんですよね~

私ぐらいの変態になると、同じ音源がタダでネットで落とせたとしても、その音源をお金儲けの為に「製造」した事実が・・・気になってしまうので、つい買ってしまいます(^^;)
今現在では、Houseの現場録音もので、国内録音のテープであれば、3000円ぐらいまでであれば、即決で買っちゃうかな・・・もう病気ですね(--;)

あと、DL形式のミックス音源に、お金を払うのは私も大反対!!
お金を払うのであれば、ジャケットなども込みで、絶対に「現物」を買わないと気持ちが落ち着かないです(^^;)

ただ、愛は最近、お金を出しても買えてないので・・・その辺は何とも言えないっす(^^;)


では、今後ともよろしくお願い致します~♪

2010/11/03(水) 21:46:18 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
や、ツッコミ待ちかなと(笑)
だってこれはMTT村の住人としては反応しとかなきゃでしょ~。

オレいつもこのブログを読むたび“あー、日本人だなー”って思う。
黒人て基本情緒ないじゃないすか。
海外の有名DJがPC使ってmp3で廻してるのみるとね。モチロン言うほど音的に大差ないのも分かるけど何か……ねぇ?

世の中に「レコードIS NOT DEAD」を叫ぶ人は山ほどいるけどテープにまで言及する人は皆無。
MTTブログはそこが凄い!!
だってオレも正直もうテープを買いたいとは思わない!伸びるし(笑)。

しかし、だからこそ素晴らしい!!
黒人は常に前しか見ない人種だけど「後ろ」を振り返れるのはオレ達だけに許された特権だ!!

Bボーイの「B」はバカの「B」。

たとえばMTVには金銀財宝をじゃらじゃらさせて女をはべらせながら高級車から降りてくるクロンボがいっぱい出てるけど、アイツらがそーなる過程でどこかに置いてきた「B」の精神はこの極東の島国で今も息づいてILL!

「けして譲れないぜこの美学
何者にも媚びず己を磨く」

ありきたりな表現をするならばそーいうこと。
「ビガップ美学」!

散文ひつれいしました(笑)。
2010/11/03(水) 23:14:31 | URL | ソロバン #-[ 編集]
Re: や、ツッコミ待ちかなと(笑)
>ソロバンさん

いつもお世話になっております!!
ソロバンさん級に書き込みを頂ける方はいないので、ほんと嬉しい限りです(^0^)
なんか、お歳暮を贈った方がイイのかな~と思っちゃうぐらい、お世話になっています!!

今回の書き込みの件、凄い分かります!!
黒人文化の「前」を見続けるところも凄いのですが、我々のような「後ろ」を見る文化もメチャクチャ重要だと思います!!
その限りにおいて、ライムスターの名文句がジャストミートで、別に好きで後ろを向いてるんじゃなく、後ろだろうが、前だろうが、俺たちが「カッコいい」ってモノに胸を張るってことがあって・・・あえて「後ろ」を向いてる訳ですよ・・・それが「B」です!!

今の時代、D氏のライムじゃないですが「B-BoyのBを定義してみな~」と言われ、明確に応えられる人間は少ないと思います。

無論、私も明確には応えられませんが、そこらへんのガキには負けるわけにはいきません・・・むしろ、教育しないと!!

これからもバンバン行きますので宜しくお願い致します!!


今日は、家飲み(適当に作った鍋が旨いと、酒が進んでしまいます・・・これもBか?)で酔ってますので、いつも以上に熱くなってしまいました。

これからも、末永く、よろしくお願い致します!!



追伸  ソロバンさんの、キラヒロ氏に関する記事・・・実はかなり感動しました・・・ソロバンさん、愛がありすぎるよ・・・「殴らない」姿が男ですよ!!
も~、腐らないで頑張ってくださいね・・・応援してますよ!!

2010/11/05(金) 22:40:05 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/11/07(日) 18:27:29 | | #[ 編集]
サイトを見つけて以来いつも拝見しています!mtt様の音楽愛に満ちた評論大好きです(^-^)
そして新参にも関わらず図々しいのですが是非評論をお願いしたいmixcd作品がありまして…それはcrue-lのボス瀧見憲司氏のthe dj at the gates of dawn(二枚あるうちの初期のほうの作品)。
ジャンルはおそらくmtt様が得意とされるジャンルではないかもしれないのですがもしお時間あったらお願いします!!ただもちろんmtt様が普段膨大な量のmixを聴かなければならないということは重々承知なのでもし時間がなければスルーお願いします!いきなり申し訳ありませんでした…
ちなみにmttさんの一番好きな評論はクリスタル氏のmixについての記事です(^-^)
2012/02/24(金) 00:55:09 | URL | 真っ昼間 #-[ 編集]
Re: タイトルなし
>真っ昼間さん

コメントありがとうございます!! 

おおっ、瀧見さんの作品は聞いたことがないですが、多分、ダニエルも出してたSessionシリーズのヤツですよね?
トラックリストを見たら面白そうなので、今度、CDを買ってみて、良かったら書いてみますよ(^0^)
ジャンル外といえばジャンル外かもしれないですが、ダンスフロアーが基礎としてある音楽なら何でもOKですので、ちょっと楽しみかもしれないです!

あと、クリスタルさんのは、かなり気合いを入れて書いたので、凄く嬉しいです(^0^)

では、今後とも宜しくお願い致します!!



2012/02/25(土) 09:56:42 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
返答ありがとうございます!そうです、ダニエルやムードマンも出してたやつです!
評論の件了解しました(^^)気長に待ってます(^^)
2012/02/25(土) 22:04:50 | URL | 真っ昼間 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
*AKB48*前田敦子,大島優子,板野友美,激似 A Vユニット動画!
2010/12/06(月) 17:08:37 | *AKB48*前田敦子,大島優子,板野友美,激似 A Vユニット動画!