HipHop,R&B,Soul,Funk,RareGroove,DanceClassics,Garage,House・・・など、私が気に入っているMixTape,MixCD,その他もろもろを紹介するブログです。
Daniel Wang Japan Tour - Saturday Night Disco (@eleven 2010/11/13)
DSC06320.jpg

 え~、突然ですが、夜のクラブ活動に行ってきましたので報告です(^0^)

 ちかれたけど、踊るのはイイですね!!


DSC06332.jpg
 
 ここ最近は、仕事三昧で、なかなかクラブ活動が出来ず(イレギュラー参戦はあったけど)、悶々とした日々が続いてました・・・毎年のことですが、Body&Soulは今年も行けなかったな・・・(--;)

 ただ、先週ぐらいから仕事の重荷が抜けたこともあり、踊りに行きたいな~と思ってたところに、今回のイベントがあることが分かり、即決で行くことにしました!!
 なぜなら、今回のイベントは、現ベルリン在住のHouse系DJである「Daniel Wang(ダニエル・ウォン)」の来日イベントなのですが、共演者に我らの「MURO」さんと、生きる伝説である「高橋透」さんがラインナップされ、イベントしては「Disco/ディスコ」中心のパーティーで・・・この人選を見て、Disco好きなら行かないわけ無いよ!!って思ったからです。

 Danielといえば「Disco王子」の異名を持つDJで、以前紹介した「Sessions Vol,3 Come On Let's Fly」でも分かるように、独特の質感のあるマッドなプレイが有名だし・・・、MUROさんとDiscoであれば、反応しない人はいないだろうし・・・透さんであれば、70年代からプレイしてるので重みが違うし・・・ラインナップしてるDJのレベルが違いすぎますね!!
 また、殆どリンクしない3者をぶつけてくるのも面白く・・・どんな化学反応になるのか楽しみでした!!


 そんなわけで、昨日は実家での野暮用を済ませ、家に帰って仮眠をとり、夜12時頃に会場である「西麻布・eleven」につきました・・・本当は、下北のユニオンに移転したクラブ店を覗きに行きたかったですが、実家の野暮用とDanielの方が重かったみたいです(^^;)


DSC06324.jpg DSC06325.jpg

 会場に到着した12時ぐらいはスカスカで、ビールを飲みながらフラフラし、ウォームアップDJの硬質なHouseで準備運動がてら踊ります・・・空いてるフロアーで、独り占めの如く踊れるのは嫌いじゃないので、私はなるべく早めに会場入りすることが多いですね・・・

 んで、1時をまわると本番の開始で・・・一発目はMUROさんのプレイです!!

 3人のタイプの違うDJがいる中で、どういう順番でプレイするのかな~と思っていましたが、まさかMUROさんが来るとは思わなかったです・・・変な話、MUROさんを「前座起用」ですから!!

 ただ、MUROさんの起用は・・・結果として大正解!! バッコシ盛り上げていましたよ!! 
 結果として、固かったフロアーの空気を、MUROさんのファンキーなプレイで盛り上げ、次のDanielのプレイに繋げる効果があり・・・このラインナップを考えた呼び屋さんのセンスは最高ですね!!


 んで、肝心のプレイは・・・Disco縛りの一夜とあって、お馴染みの「Super Disco Breaks」スタイルでのDJで、MCを従えてのプレイが素敵でした(^0^)
 もー、Houseの流れのあるパーティーなのに、MCは平気で「Everybody Say! Ho-Oh」って煽るし、MUROさんはガシガシ2枚使いするし・・・だけどDisco的なニュアンスは崩さないプレイが素敵でした。
 考えてみれば、MUROさんのDJを聞くのはかなり久しぶり(最近はHouseのパーティーしか行かないので・・・)なのですが、青山でやってるパーティーもそろそろ行かないとな~(^^;)

 話はプレーの話に戻します・・・

 全編に渡って、掘ってんな~って感じの超カッコいいDiscoで、割とブレイク感の強い曲が多く、ブレイク部分ではしっかりと2枚使いをしつつ、音の出し方も最高にFunkyでメチャクチャカッコいいですね!!
 プレイしてた曲の大半は分からないですが、写真左の「High Fashion / Feelin' Lucky Lately」なんかをプレイしてましたが・・・プレイの勢いが違く、結構ミッドテンポの曲なのに、強力なグルーブに圧倒されました・・・現場のMUROさんのプレイは久しぶりですが、プレイの仕方が上手すぎです!!

 あと、写真右の「Manzel / It's Over Now」を最後の方でプレイしており・・・気持ちよく踊ってて、くるっとまわったら、私の後ろにDanielが普通に踊ってて、ちょっと笑いました(^^;)




 んで、2時半ぐらいからMUROさんからDanielにバトンタッチ・・・マッドな世界の始まりです!!
 私はDanielのDJは初めて聞く(踊る)のですが、事前情報だと「DJしながら踊る」とか「変な日本語MC」といったことが有名ですが・・・実際に体験するとヤラれますね!!
 Danielの詳細については、前に書いた記事を参照にしていただきたいのですが・・・上に貼ったYouTubeの動画の通りのDJでした!!

 もー、なんて言ったらいいんでしょう・・・イイ意味で「狂って」て、最高ですね・・・パラパラみたいな踊りで観客を引っ張りつつ、変なMC(結構流暢な日本語で!)で観客を和ませ・・・ホント「パーティー」をするためにDJしてるんだな~と感じました。

 DJって、目の前にいるお客さんを「楽しませる」のが仕事なわけで・・・Danielのプレイは、自らが引っ張っていく感じで、観客もそれに引っ張られ楽しんでいく・・・みたいな感じでした。
 Danielもお客さんも、終始「笑顔」が絶えないプレイで・・・こういう姿勢は素敵ですね!!

 ただ、結構「それは・・・」みたいな状況もあり、噂には聞いてて「隣の人とキスして~」ってMCとか、観客(野郎のみ)が率先して脱いでいく・・・には、ちょっとついていけなかったです(^^;)

R-76870-1248490211.jpg R-102290-1173138465.jpg

 そして肝心のプレイの話をしましょう・・・プレイもヤラれましたよ!!

 Disco縛りということで、どういう方向でプレイするのかな~と思ってましたが、Danielっぽいプレイが爆発してました!!

 例えば、写真左の「Madonna / Holiday」とかの80's系やHi-NRG系、写真右の「Michael Zager Band / Let's All Chant」のようなミュンヘン・ディスコなど・・・普段のクラブでは絶対にかからないディスコ(Discoじゃないね!)がプレイされており・・・独特の世界観を出してました!!
 流石にこの辺は買ってないので、写真は借り物ですが・・・まさか、elevenで「チャンタで行こう」が聞け、観客が「うぉ、うぉ」と声を上げてるんですよ・・・ちょっとカルチャーショックでした・・・

 以前紹介した「Sessions Vol,3 Come On Let's Fly」でも、異端なディスコ観(鹿取洋子をプレイしてるんですから!)を出してましたが・・・これほどまでプレイするとは思わなかったし・・・それがメチャクチャカッコいいとは思いませんでした!!

 よく、良いサウンドシステムで聞くと、カッコ悪いと思ってた曲がカッコよく聞こえる・・・ってあると思いますが、昨夜のDanielのプレイがそうです・・・やっぱり音楽って壁を作っちゃいけないだな~

 結論としては・・・気持ちよく踊らさせていただきました!!


DSC06326.jpg DSC06327.jpg

 そして、4時チョイになり、疲れてきたので給水がてら上の階に移動します・・・

 昨日のパーティーでは上の階(B1)のバー横(ラウンジ)でもDJブースが設けられ、数名のDJでバックトウバックで直球のダンクラ/Garageをプレイしてて、結構盛り上がっていました。

 ほぼアナログでの直球プレイで、私が行った時は「Stevie Wonder / Do I Do」から「Diana Ross / The Boss」という最高の選曲をしてて、休みに来たのに、つい踊って歌ってました(^^;)
 ただ、お客さんが跳ねるように踊ってたからか、The Bossでは、サビ直前で針飛びし、プレイバックしてました・・・この辺はご愛嬌ですね!

 普段はあんまりラウンジの方には行かないのですが、イイ意味で気分転換になり、こういった細かい配慮もしてる所は上手いですね!!
 先ほど触れた、DanielのDJの前にMUROさんのプレイを入れるあたりもバッチリですが、パーティーって多角的に考えないと成功しないので・・・今回の呼び屋さん、センス良すぎです!!

 もちろん、担当をされてたDJの方々の技量によるところもあり、朝方にプレイしてた「Maze / Before I Let Go」も大変良かったです!!


DSC06333.jpg

 そして、ラウンジの方で休んで、4時半ごろにメインフロアーに戻ったら、Danielから次のDJである「高橋透」さんにバトンタッチしてて、Danielと同路線の「ディスコ」選曲をしてました!!

 透さんに関しては、以前紹介した「Groove presents Disco Origin - Non Stop Mix」でも触れましたが、Disco/Club業界では、もはや生きる伝説・・・歴史が違いすぎます!!

 ちょっと知らない方の為にふれておくと、70年代より都内のディスコでプレイを開始し、80年代の大半はNYに渡米し、あの「Paradise Garage」を体験した数少ない日本人で、Garageクローズ後、日本に戻り、90年代初頭を代表する大箱「Gold」を仕切り、日本において「House Music」を推し進めたお方で・・・現在も現役なキャリア30年オーバーなお方です!!

 特に、今回のDanielのプレイするディスコなんかは、透さんが既にDJをしてた頃に普通にプレイしてた曲が大半だけに・・・どんなプレイをするのか楽しみでした。
 また、透さんのDJは、以前にNoriさんの30周年記念の時に、諸々の事情でちょっとしか聞けなかったので、今回のプレイは個人的にもリベンジ込みで楽しみでした・・・

 実際のプレイは、Danielと同路線の「ディスコ」をプレイしてて、殆ど曲名は分かりませんが、ミュンヘンもの(この辺は勉強不足です・・・・)が多く、写真に上げた「Cerrone / Love in C Minor」なんかをピコピコ言わせながらプレイしてました・・・

 Danielと違って、流石に踊りなどは無いですが、DJの基礎である「グルーブを繋げる」プレイが印象的で、ものすごく踊りやすかったっす・・・なので、DJを終えたDanielも、フロアーに下りて、ニコニコしながら踊ってましたよ(^0^)


 あと、ちょっと印象的だったのが、elevenのプロデューサーである「有泉さん」も、フロアーに入り、透さんのDJを懐かしむように聞いてたり、透さんがアイソで切ったりすると声を上げてたり・・・なんか戦友を見守ってる感じがして、凄い良かったです!! 
透さんも有泉さんも、クラブ黎明期よりクラブ文化を盛り上げようと何十年も活動してる方だけに・・・なんかあるんでしょうね・・・仕事の合間に来たようですが、マニアはこういうところを見逃しません(^^;)

 また、透さん人脈で、あの名スタイリストでクラバーの大先輩である「馬場圭介」さんも朝方には来てて、ブースに入って・・・やっぱり上半身裸でした!!


DSC06328.jpg DSC06329.jpg
DSC06330.jpg DSC06331.jpg

 んで、6時ごろになり、フロアーが空き始め・・・好き者しか残らない(&朝イン組も合流して)時間帯で、Danielもブースに入り、透さんとバックトウバックに近い形でプレイを再開し始めます。

 もう、このくらいの時間帯になってくると、みんなぶっ壊れはじめ、上半身裸の野郎が増えています(^^;)

 DJもヒートアップしてきたのか、Danielがラップ(!)した流れでプレイした「Kurtis Blow / Christmas Rappin'」をプレイしたり、渋いところでは「Harvey Mason / Groovin' You」をプレイしたり・・・私も疲れた体を振り絞り、踊り狂いました!!

 お客さんも、踊るのが好きな方が結構多く、朝方は熱かったな・・・流石にDannyのパーティーで見る人は数人しかいなかったですが、みんな踊るの好きなんだな~

 そして、体力が限界に近づいた(6時間ぐらい踊ってた!)6時半ごろ、Danielと透さんからのサプライズで「Phyllys Hyman / You Know How To Love Me」をプレイ!!
 え~い、最後の一仕事だ~と思いながら、歌いながら気持ちよく踊りました・・・ちょっと、音がミュートしてプレイされてたのは謎ですが、こういったベタなクラシックはあんまりプレイされなかったので、最後に聞けて嬉しかったです。
 また、この時、フロアーの前には、上半身裸の馬場さんが、気持ちよさそうに踊ってました・・・50は超えてるはずなのに、こういう姿は見習わないといけないっすね!!

 んで、コレを聞いてもう帰ろう・・・と思い、You knowが終わったらフロアーを下り、身支度をした後、写真を撮りにフロアーに下りたら・・・「Rod Stewart / Da Ya Think I'm Sexy」をプレイしてました・・・
 流石に体力がついていけないので、ちょっと聞いて帰りましたが・・・一体「ディスコ天国」はいつまで続いたんでしょう・・・私は7時ごろ出ましたが、土曜のelevenだから9時ぐらいまでやってたのかな??



DSC06323.jpg

 いや~、また書きましたね(^^;)

 記憶を総動員して書きましたが、こんな感じの「マッド」なパーティーでした(^0^)

 帰る前に、スタッフに注意されながら上の写真を撮りましたが、このパーティーを表してるかな・・・こんな感じでしたよ~♪


 なんか、最近は、クラブで踊ってる時も「ブログ脳」が動いてて、プレイした曲や小ネタは覚えるようになり・・・純粋にクラブが楽しめない部分もあるのですが、やっぱり夜通しで踊るのはイイですね!!

 そろそろ年末なので、ビックイベントが目白押しですが、今年は行けるだけ行きたいと思います~♪
 ただ、結構同じ日に行きたいイベントが重ねってることが多く迷いますね・・・それよりも体力が持つかしら(^^;)

 では、また報告しますね~





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
DanielのDJはウケますよね。
このパーティーは行きたい度高かったので、レポート読めて嬉しかったです。
2010/11/14(日) 21:42:10 | URL | yuca #-[ 編集]
お久しぶりです♪僕も遊びに行きました!なんだかマニアックなパーティーでしたね~

個人的にダニエルがかけてて印象的だったのはポールレカキスのブーンブーンのインストバージョン。
マイアミサウンドマシーンのドクタービートのインストバージョン。
検索でなんとか見つけたTRIPLE S CONNECTIONのDANCE THE NIGHT AWAYでした♪

特にポールレカキスはやられました。
すぐそばでマハラジャが復活してましたが、イレブンでも聴けましたね(笑)

透さんの時にダニエルにサイドステップを二人で踊ったのは良い思い出です(笑)

あと恐らく朝方脱いでたのは野郎よりもおネエさんも多かったかと(笑)
次は12月のHORSE MEAT DISCOを楽しみにしております。
2010/11/15(月) 14:42:40 | URL | DJ色彩 #-[ 編集]
Re: タイトルなし
>yucaさん

コメントありがとうございます(^0^)
DanielのDJは初めて聞いたのですが、ホント面白いDJですね!!
バーっと書いたので、うまくまとまらなった所もありますが、楽しんで頂いて何よりです!
では、今後ともよろしくお願い致します。


>DJ色彩さん

おおっ、同じ現場におられましたか!! ビックリしました(^0^)

結果としてマニアックなパーティーだったと思います・・・が、かなり面白かったですね。
色彩さんのご指摘で気付きましたが、マハラジャが復活した六本木の端っこで、こんなパーティーをやってるのは相当痛快ですね!!
ダンクラ系は分かりましたが、あの手のHi-NRGっぽいのとかはあまり知らないので、色彩さんが指摘して頂いた曲を検索し、こんなのプレイされてたな~と思い返しましたが、この辺の曲も面白いですね(^0^)

あと、透さん、確かにちょっと踊ってた!! 私はあんまり前に出なかったので、遠くで見てましたが、マイクを渡されて、テレながら喋ってたりもしましたね!!
ただ、ダニエルって、踊ったり、マイクで喋ったりしてるのに、ミックスは的確に決めてくるのが凄いですね・・・これはちょっとビックリしました!!

これからもパーティーは行くと思うし、もっと色んな人に知ってもらいたいと考えているので、無駄に書いていきます・・・これからも宜しくお願い致します!!

ps 朝方脱いでたおネエさん・・・ホントすか! おヒゲの生えた「おネエさん」じゃないっすよねww




2010/11/15(月) 22:40:55 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック