HipHop,R&B,Soul,Funk,RareGroove,DanceClassics,Garage,House・・・など、私が気に入っているMixTape,MixCD,その他もろもろを紹介するブログです。
DJ Murakamigo 「All Mixed Up 2」
DSC07097.jpg

 年度末モード続行中で疲れてます・・・そういう時は耳に優しいのをつい聞いちゃいますね。

 んなわけで、良作の多い村上先生の作品の御紹介です~♪


DSC07098.jpg DSC07101.jpg 
DSC07100.jpg DSC07099.jpg

 R&B系ミックステープの老舗であるSugar BitzよりリリースされたMurakamigoさんの作品で、80年代のブラックミュージックを中心に拘ったシリーズの第2弾です。
 第1弾では、割と跳ねたミックスを披露していましたが、この作品ではいわゆる「スロー」モノでミックスしており、大変リラックスできる作品になっています。


 選曲的には80年代のR&Bを中心に幅広くプレーされ、写真に上げた「Anita Baker / Caught Up in the Rapture」(写真左上)とかのOldScholl的な曲から、写真右上の「Keith Sweat / Make It Last Forever」のようなNewJack的な曲なんかがバランスよくプレイされています。

 スローモノは基本的には大好きなジャンルではありますが、あんまりレコードを持ってないので写真では上手く表現が出来ないのです・・・定番曲をうまく挟みつつ、Murakamigo氏が得意とする80's Pop的な曲もプレイされていて・・・なかなか渋い選曲です。

 こういうリラックスをするための選曲であれば、メチャクチャ深い選曲はせず、聞いてる人が自然に口ずさめる程度の選曲が大切ですよね・・・変な表現ですが「つい鼻歌を歌っちゃう」程度がリラックスをするのにはちょうどいい具合だと思います。
 こうなると、定番曲で固めるのが定説になりますが、扱いを間違えるとベタな展開を作ってしまい、地味なミックスになってしまう所を、Murakamigo氏の選曲はその曲達の「空気感」をしっかりと捉え、気持ちいいグルーブを上手くコントロールしている印象があり、大変気持ちイイですね!!

 また、定番曲で固めすぎちゃうと、ちょっと選曲に「面白み」みたいのが無くなってしまうところを、渋い曲/意外な曲をプレーしてて、それこそ「Sade / Love is Stronger Than Pride」のような曲もプレイしてて、マニアには良いスパイス(?)になってるかな~と思います。
 特に80's Pop的な曲は意外感があって良く、Cyndi LauperやPhil Colinsなんかをサラっとプレイしちゃう辺りは流石っすね!!


 あと、Murakamigo氏というと、個人的にはミックスがかなり上手いと思っているお方で、この作品でも随所で燻し銀なプレイが光ってます。

 基本的には選曲を生かすようなグルーブミックスをしているので、派手なミックスを入れることは無いのですが、耽美なロングミックスをしてきたり、流れを切れさせないカットインをしてきたり・・・選曲のグルーブを作る為のミックスが大変素晴らしいです。
 聞いた感じだと割とクールなグルーブなんですが、その曲達の「温もり」みたいのがジワジワと伝わってくるようなグルーブで、個人的には凄い好きで長く聞けて大変良いと思います。

 また、曲の良さを光らせる為に、効果的なタイミングでミックスしてくる部分もあり、個人的には「Ta Mara & The Seen / Affecttion」がツボでした!
 もともと好きな曲ではありますが、タイミングが上手すぎで・・・温もりがあるんだけど控えめなグルーブの選曲を数曲プレイした後にズバッといれてくる辺りは、いつも聞いててヤラれます。
 今回聞き直してた限りでは、残業をしこたました帰宅時に、ぼーっとしながら電車でこのテープを聞いてて、不意にTa Maraがプレイされ・・・心を持ってかれました・・・こういう所も大切ですね!!



 んなわけで、聞いてて大変心が温まり、気分がリラックスできる作品の御紹介でした!




<Release Date>
Artists / Title : DJ Murakamigo 「All Mixed Up 2」 
Genre : 80'sR&B、BlackContemporary、80'sPops・・・
Release : 2002年10月
Lebel : Sugar Bitz ST-056



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック