HipHop,R&B,Soul,Funk,RareGroove,DanceClassics,Garage,House・・・など、私が気に入っているMixTape,MixCD,その他もろもろを紹介するブログです。
須永辰緒 「Organ b. Suite No,3」
DSC07119.jpg

 今週は何となくコレを聞いてたので、コレを紹介です~
 辰緒さんのテープは、今聞いても色々と勉強になりますね(^0^)


DSC07121.jpg DSC07124.jpg

 辰緒さんの名物シリーズ「Organ b. Suite」の第3作目で、今回はFreeSoul系のアコースティックな感じの曲を多く選びつつ、毎度の意外な選曲もあり、結構面白い作品です。


 まず、選曲面ですが、リラックスモードな感じのユルイ曲が多くプレイされてて、JazzやSoul、FolkやSSWなどの渋い曲が多くプレイされてて、いわゆる「Freesoul」的な切り口があります。
 Freesoul的な形容詞でいくと「エバーグリーン」みたいな感じのアコースティックな旧譜を多数プレイしつつ、現在のJazz選曲にも通じる北欧Jazzをプレイし、非常にリラックスした選曲が素敵で、辰緒さんも流石だな~と唸らせます。

 この辺は弱いジャンルなので、レコードを殆ど持ってないですが、写真左の「Judy Roberts / Sweet Sticky Thing」辺りが象徴的かな・・・私はMUROさんから教わった感じですが、この頃からプレイされてたのにはビックリしました!
 もしかしたら、MUROさんも辰緒さんから影響を受けたって言ってるので、こういった曲を教わってきた・・・のかもしれないですね??

 なお、辰緒さんって、今となってはあんまりFreeSoulのイメージが無いかな~と思いますが、Organ Barの初期にはFreeSoulのパーティーがボチボチ開催されてたようだし、このテープシリーズでもFreesoulっぽい曲がプレイされることもあるので、影響はあったのかな??
 まあ、RareGrooveとFreesoulに違いはそんなにはないのでアレですが、Freesoulっぽいプレイをする番長も悪くは無いですね!!
 ちなみに、Freesoulの橋本氏とは色々とあって仲が悪いです(^^;)


 んで、毎度の意外な選曲(?)ですが、A面の最初の方では「Dimitri from Tokyo / Love Love Mode」(写真右)をプレイしてますね!!

 先週紹介したMUROさんのテープで紹介したDimitri先生が東京滞在時に作成したとされる曲(なのでfrom Tokyo名義・違ってたらすみません)で、変な日本語(?)を要所要所でフレーズ使用したHouse系の曲で、このテープで選曲されている別の曲と比べると異質なんですが・・・選曲的には間違って無く、上手いな~と思わされます。
 当時は結構ヒットした曲で、もしかしたらDimiと辰緒さんも交流があり、それで収録したのかな・・・どうなんでしょう??
 ちなみに、ヒットしただけあり、中古屋さんで見かける率がかなり高く、そういえば持ってなかったので、今日の日中に難なく某ユニオン(いつもどうもです!)で買ってきましたよ♪



 ザックリとした紹介になりましたが、割とチルモードな感じの作品ですかね?

 辰緒さんのOrganシリーズは、一般の方にも聞きやすい内容なんだけど、内容の深さや選曲の幅なんかは流石で、お勧めですよ~♪





Artists / Title : 須永辰緒 「Organ b. Suite No,3」
Genre : Freesoul、RareGroove、Folk Rock、SSW、Soul、Jazz、House・・・
Release : 1997年
Lebel : Organ Bar No Number




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
いつもどうもでーす!
そういえば、須永さんですがFREE SOUL最初の頃は対談とかしてましたよね~EARTHくらいかな~
2011/04/18(月) 05:26:44 | URL | DJ色彩 #-[ 編集]
Re: タイトルなし
>DJ色彩さん

いつもどうもです(^0^)
おおっ、ホントっすか! 対談とかもしてるんだ・・・情報ありがとうございます!
ただ、辰緒さんのイメージ的な話でいくとFreesoulってあんまり似合わないと思うんですよね・・・なんらかんら言って「武闘派」ですからね~(^^;)
では、今後ともよろしくお願い致します!


2011/04/18(月) 22:26:33 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック