HipHop,R&B,Soul,Funk,RareGroove,DanceClassics,Garage,House・・・など、私が気に入っているMixTape,MixCD,その他もろもろを紹介するブログです。
Daisuke Kuroda 「Kickin」
DSC07125.jpg

 最近はテープでリリースされたミックス作品CDで再発されることも多くなりましたが、CDの方が売れちゃって、オリジナルのテープ版がどんなのだったか分からない作品も多いかと思います。
 まあ、リスナーの方も、テープを聞ける環境が無いこともあり、オリジナルを求めない傾向にあるようですが・・・テープ馬鹿はそんなことはお構いなしで、オリジナルのテープを捕獲しています(^^;)

 そんなわけで、今回は日本を代表するFunk系DJである「黒田大介」さんの人気シリーズ「Kickin」の第1作目を紹介します・・・
 後で紹介しますが、この作品は数年前にCDで再発され、そっちの方が有名かと思いますが、オリジナルはテープ作品で、こっちは全然知られてないだろうな~と思い、紹介したいと思います!

 なお、先月紹介したRyuhei氏と同じように、やっと作品が揃えることが出来たので紹介する・・・といった具合です(^^;)
 ちなみに、今回はテープの2が入手出来なかったんすが・・・某ユニオンで発見し、ちょっとブルっちゃいました!!


b0116281_1104043.jpg DSC07127.jpg

 まず、黒田さんのことを知らない方もいると思うので紹介しておきましょう!

 黒田さんは、意外とバイオデータが無い方なのですが、90年代初期のRareGrooe的な動きに影響を受けたことでDJをスタートし、90年代後半にはFunk45の世界に本格的に参入し、世界ランカーなFunk45コレクターでありながら、日本のFunkシーンを引っ張るDJとして活躍をしていたお方です。

 現在も小箱中心ではありますが、様々なパーティーに引っ張りだこなDJで、渋谷Asiaで定期開催されている「in Business」や、もはや拠点でもある渋谷Roomでの「Wah Wah」などでのプレイが有名で、私自身は黒田さんのプレイを聞いたことが無いのですが、ちゃんとお客さんを「踊らす」ことが出来るDJかな~と思ってます。
 Funk系だと、コレクターどまりで、DJはそんなに上手くないって感じの方も多いかと思いますが、黒田さんに関しては作品だけを聞いてても「DJとしての基礎」みたいのがしっかりとあり、Funkという難しいジャンルでDJ(=お客さんを踊らせる)がちゃんと出来る方だと思います。
 一度は現場で聞いて踊ってみたいな~と思ってますが、実際はどうなんでしょう??


 んで、ミックス作品に関しては、今回紹介する「Kickin」シリーズが第4段まで出てて、結構好きな方も多いかと思います。
 結構、レコ屋でもトップレコメンドされることもあるし、中古でも結構出回ってるので、手にする機会は多いかと思います・・・

 ただ、好きな方の大半が「CD」の作品を聞いて好きになった方が多く、初期作品がテープで出てた事を知らない方も多いんじゃないかと思います。

 歴史的な流れを紹介しておくと、第1弾は2000年にテープでリリースされ、第2弾は2002年にテープでリリースされ、2007年に第3段がCDでリリースされる時に、第1弾と第2弾がまとめてCD再発された経緯があり、その後、CDの方が普及しちゃったので、テープ作品の方が忘れ去られた印象があります。
 実際問題、テープにはインデックスがついて無く、テープ自体がかなり入手困難なので、聞くのであればCDで全然OK(CDだとインデックス有り)だと思います・・・

 しかし、このテープをリリースしてたのが、あの「Ulticut Ups」の諸作品をリリースしてた「Delic Records」だったと知ればマニアとしては集めない訳には行きません・・・かなり苦労しましたがやっと集めました(^^;)


 んでは、作品の紹介に行きましょう!


7843b0c9.jpg 582.jpg

 A面、B面ともFunk45なDeepFunkが炸裂しており、定番モノやレアモノ、はたまた黒田さんがプレイしたことで知れ渡ったモノ・・・など、様々な曲がプレイされていますが、全体的にかなり聞きやすい内容になっていると思います。

 そんなにDeepFunkは詳しくは無いのですが、気づいたら聞いたことがある曲が多く、ド定番な「Communicators & Black Experience Band / The Road」(写真左)などをカッコよくプレイされてますね・・・

 調べてみれば当然レアな曲が多く、一見すると知ってる人にしか理解できない作品かな~と思われがちですが、ネタになった曲も多数収録されてて、意外と入りやすい内容かもしれないです。
 DJ ShadowやMUROさんネタ、はたまた大ヒットしたFatboy Slimネタなんかが入っており、そんなにDeepFunkを知らなくても聞いてて「おおっ」と反応も出来るし、サラッとBreakestraのような当時のヒット曲を入れてきたり・・・意外と間口が広い感じがあります。

 また、これは黒田さんの良さになると思うのですが、そういったちょっと取っ付きにくい曲達を、しっかりと「DJ」をして、聞きやすいミックスのグルーブを作っている所がポイントだと思います。

 ミックスに関しては派手なミックスはあまりないですが、選曲をしっかりと続けることで生まれる流れをかなり大事にしてる感じで、引っ張るところは引っ張るし、盛り上げるところはガツっと盛り上げるし・・・聞いてる者の「足を止めない」「飽きさせない」選曲が素敵ですね!
 それこそレアな曲を並べたのではなく、踊らせるためのDJがしっかりと出来てて、こういった点も上手いと思います・・・個人的には「Beginning Of The End / Superwoman」(写真右)のプレイの仕方が好きで、徐々にグルーブを上げてったダメ押しで入れてくる感じが最高です!



 あんまり知識がないので、説明はココで止めておきますが、取っ付きにくいジャンルであるにも関わらず、リスナーに対して聞きやすい内容にまとめてて、流石DJだな~と思わせる作品だな~と思います。
 特に、Funkの躍動感みたいのはしっかりと表現されてて、独特の黒いグルーブが玉乱ですよ・・・月並みな表現ですが、車に乗りながら聞いてたら、ついアクセルを多く踏んでいってしまう感じが素敵です(^0^)

 CDの方は買いやすいので興味があったら聞いてみてね♪





Artists / Title : Daisuke Kuroda 「Kickin」
Genre : DeepFunk、Soul、JazzFunk・・・
Release : 2000年
Lebel : Delic Records DTP-010

Notice : CD再発について

DSC07126.jpg

 文中でも触れましたが、この作品は2007年3月に上記のようなCDの再発が出ており、こっちの方が買いやすく、かつトラックリストがついているので、これから買うのならCDを買う方が絶対にイイです(^^;)





-------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------
<独り言>

 週末になり、体調を崩し、今日は完全に寝落ちをしてましたが、少し復調したので文章を書いてみました・・・いや~辛いよ~(^^;)

 本当は、土曜日にelevenであったNoriさんとMUROさんのイベント(超楽しみだった!)に行こうと思っていました・・・最近は、クラブ活動も仕事とか体調とか個人的な事情で行けなくなっちゃうことが多く、いつ行けるんでしょうか??
 健康第一って考えたいところですが、もう暫くは仕事が忙しいので頑張らないと・・・とほほ・・・

 そんなこんなで、ちょっと嬉しいニュースが!!

 なんとMUROさんがSavageのようなお店をオープンさせるそうですよ!!

 詳しくは「このブログ」を参照ですが、超楽しみっすね!!

 ではでは~







スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
初めまして。
blastの記事で貴ブログに出会い、それから毎回楽しく拝見しております。
最後のMURO氏の話を知り、コメントせずにいられませんでした!
楽しみですね!
2011/04/25(月) 13:13:34 | URL | YIR #-[ 編集]
Re: タイトルなし
>YIRさん

こちらこそ、初めまして! コメントありがとうございます(^0^)
MUROさんのお店、超楽しみっすね!! 
ネット時代の今だからこそ、お店を持つことは逆に重要だったりするので、期待大です!
どんな感じのお店になるのかは分かりませんが、頑張ってほしいところです。

ちなみに、MUROさんネタとしては、今月はなぜか2回ほどユニオンで遭遇しました(^^;)
MUROさんって意外と目立つ(体が大きい、黒い、MURO産の服を着てる)ので、大体気付くのですが、レコを掘ってるMUROさんと遭遇すると上がるんですよね~♪

では、MUROさんネタはマダマダ沢山あるので、今後ともよろしくお願い致します!!


2011/04/25(月) 23:03:25 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック