HipHop,R&B,Soul,Funk,RareGroove,DanceClassics,Garage,House・・・など、私が気に入っているMixTape,MixCD,その他もろもろを紹介するブログです。
Dimitri from Paris 「Return to the Playboy Mansion」
DSC07340.jpg

 6月はあんまり記事が書けなかったですが、7月に変わる前に何とか記事をアップ! 頑張りましたよ(^^;)

 大好きなDimi大先生の作品で、個人的にはこの「バニー」が一番好きで、かなり聞いてます!!
 また、ジャケのバーニー「娘」も、この娘が一番好きです(^^;)


dimidimi.jpg DSC07343.jpg

 フランスが誇るDisco番長である「Dimitri from Paris」大先生の名物シリーズ「Playboy Mansion」の第3弾で、個人的には一番好きな作品です。
 Dimiにとっては久しぶりの「Playboy Mansion」ですが、流石のレベルの高さでヤラれます!!

 このシリーズは、あの有名男性誌「Playboy」のオーナーのマンションで開かれるパーティーを想定したミックス作品で、Playboyが全盛だった70年代の質感(=Disco)と、現代の質感(=House)を融合した作品として有名で、Dimi先生の真骨頂が味わえるシリーズだと思います。
 シリーズに渡ってお洒落でセクシーなんだけど、Dimi先生のオタク性もしっかりと出てて、かなり高品質の作品で・・・個人的には一押しなシリーズです。

 ちなみにこの作品は、このシリーズとしては正確に言うと「第4段」で、この作品が出た前年に同郷の男前なDJである「Bob Sinclar」が第3弾を担当してます・・・
 また、最近出た第5段では、Dimi先生とBob氏が共演する形でリリースされており、Dimi先生が90's Houseのヘビープレイをしててヤラれますね!!

 あと、この作品は基本的にはターンテーブルミックスでは無く、PC上でのミックスをしてるのですが、繋ぎや選曲のレベルの高さが異常に高い上、大半の曲はDimi先生の愛のあるエディットが入ってて・・・単なるミックスCDではなく、実質的にはDimi先生のアルバムと言ってもイイくらいですね!
 

DSC07350.jpg DSC07351.jpg
DSC07354.jpg DSC07355.jpg

 では、早速作品紹介にいってみましょう!

 この作品ではCD1が「Party Time」として割とアップな曲を中心にプレイし、CD2が「Sexy Time」として気持ちいいスローを中心にプレイをしています。
 どっちもヤバいですが、順を追ってCD1から紹介したいと思います。


 CD1では、いきなり「Jamiroquai / Cosmic Girl」からプレイし、一気にヒートアップします! この辺をチョイスするセンスとタイミングは超上手いっすね!
 この後は、そのテンションを保ちながら、あのJocelyn Brownがボーカルをした「Incognito / Always There」のMAWのHouseミックスに繋いでいき、更にテンションを引っ張っていきます。

 また、後半では新譜系のHouseに交じって同郷の大先輩であるCerroneがプロデュースした「Don Ray / Got to Have Loving」や、OldSchoolクラシックである「Young & Company / I Like It」なんかを違和感なくプレーしていますね。

 Dimiの面白いところって、Jamiroquaiのようなポップな曲でも、普通なHouseでも、昔の曲でも・・・一つの「Dance Music」として昇華してて、Dimiにしか出来ない世界観が素敵だと思います。
 普通に聞いてると、どの曲が古くって、どの曲が新しいのかは感じさせない選曲/ミックスで、嫌みではないゴージャスなグルーブが堪らなく、誰でも楽しめるミックスにしてる点は素晴らしいと思います。

 ただ、その流れの中でドマニアックな選曲も光り、鬼レアなプロモ12inchで有名な「Lorraine Johnson / The More I Get, The More I Want」なんかをサラっとプレイしてて、こういった所もDimiの悪いクセ(?)で、タマランっすね・・・
 この作品って、かなり一般市場を狙って売ってるはずなんだけど、一般人には分からなくってもイイ曲(?)をシレっと入れてくる辺りもイイんですよね・・・Lorraineとかは一時期は$1000オーバーでしたよ・・・そういった曲をカッコよくプレイしちゃう所もイイですね!!


DSC07349.jpg DSC07352.jpg

 また、Dimiに関しては、どの作品でも「作品の流れ」を作るのが上手く、確実に盛り上がる展開や、気持ちいい流れを作るのが上手いんですよね・・・
 A面に関しては基本的には「アップ」なミックスで、出だしからJamiroquaiでヒートアップして持って行くのですが、個人的には上記の2枚の流れがヤラれます・・・

 序盤から現代的なHouseで引っ張りつつ、徐々に躍動的なGarageラインの曲をプレイしていく流れで、なんと「Marvin Gaye & Tammi Terell / Ain't No Mountain High Enough」をプレイしてきます!!

 クラブ的にはJocelyn BrownがボーカルをとったInner Lifeのカバーの方が有名で、Marvinのオリジナル曲は・・・今となっては古いSoulの曲ですよね? 
 Marvinのオリジナルはリリースが67年で、変な話ディスコの「ディ」の字も無い時の曲ですが、歴史をひも解くと、クラブ黎明期だったこの頃のNYのクラブではしっかりとプレーされ・・・実はかなり由緒正しい曲だと思います。
 なので、Inner Lifeがカバーしたんだと思いますが、67年に作った曲なのにクラブで聴くのにはボトムが弱く、次第にクラブで聞かれなくなった・・・と思います。

 ただ、この作品では、そのMarvinの曲をDimiによる低音のボトムアップを中心とする愛のあるエディットを施し、クラブでのプレーに耐えうる曲に変化をさせた上でプレーしてるんですよね・・・

 ある意味、過去の曲を現代に甦らせた・・・というような、この作品の主題をもっとも体現をした曲だと思いますが、作品においては徐々にピークタイムに進んでいく過程で、作品のイメージ性を保ちながらも感情を盛り上げるあの歌で一気にヒートアップし、聞いてる者をピークにもっていく構成はメチャクチャ上手いですね!!


 でも、ここではイカせてくれないんです・・・

 Marvinの曲でジェットコースターの頂点まで行ったと思ったら、写真右の「Fish Go Deep & Tracy K / The Cure & The Cause (Remix)」のドラムレスなイントロをカットイン!
 いきなり太陽の日差しが目に入り、天国にいるような浮遊感が数秒あったと思ったら、一気に気持ちいいHouseビートと共にジェットコースターが急直下して・・・聞いてる者にエクスタシーを与え、そのまま踊り続けさせるような・・・そんな素敵な演出をしています!!

 本当はミックスを聞いてもらう方が早いと思いますが、このラインは超上手いですよ!!

 改めてDJミックスを言葉に置き換えるのが難しいな~と思いましたが、こんな「殺してくれるミックス」はなかなか無く、こういうミックスを聞いちゃうとDJミックスの「マジック」を感じるんですよね・・・
 それも、大昔にリリースされたMarvinの曲と、新曲のHouse(Fish Go Deepは2006年リリース)を繋げちゃうんだから・・・痛快ですよね!!
 もー、DJミックスの神が下りてきたようなミックスで、DimiのDJとしての技量の良さが分かるラインだと思います(^0^)

 また、ミックスの流れにおいても、かなり明確なピークタイムな選曲になっていますが、ココでフロアーを一体化させ、聞いてる者をヒートアップさせ、更に踊らせるグルーブを作り、後半も更に進んでいく感じも二重丸です(^0^)


 ちなみに、アナログの話も入れておくと、Marvinの曲のDimiエディットは、後でも紹介をするコンピ版(赤バニーの方)に収録されていますが、House業界においてアナログのプレスが少なくなってきた時期のリリースなので、かなり数が少なく、入手するのに結構難しいかもしれないっす。
 また、Fish Go Deepの12inchも同様で、House界では見慣れたStrictly Rhythmですが、プレス数がかなり少なく、これも発見するのに結構苦労しました・・・


DSC07356.jpg DSC07357.jpg

 いや~好きなラインだったので、無駄に長くなってしまいましたがCD2の紹介もしましょう・・・こっちも最高で、CD1と変わりトロットロなスロー選曲が最高です!

 選曲面で分かりやすいのは写真左の「Marvin Gaye / I Want You」なんかが分かりやすいと思いますが、70年代~80年代のスローを中心としつつも、「The Brand New Heavies / Never Stop」(プレイしてるのはRemix)のような隠し玉もプレーしてて、流石の選曲です。

 このCD2の方では「Sexy Time」と称してるだけあって、いわゆる「チルアウト/メイクラブ」を盛り上げるプレイになっており・・・とにかく一定の冷涼感のある空気を維持しつつ、二人の「愛」を盛り上げるグルーブが最高ですね!

 表現で行けば「官能的でグルービーなプレイ」ってところでしょうが、CD1のように選曲の積み重ねで流れを調整するのでなく、気持ちいいグルーブの曲を素直にプレイすることに集中し、Dimiの選曲手腕の高さが伺えるミックス/選曲だと思います。
 特に選曲面はI Want Youといったド定番を入れつつも、有名アーティストのマイナー曲や、殆ど知られてない曲もプレイしてて・・・ホント気持ちいいミックスですね(^0^)

 また、そういったチルアウト的なミックスなのに、フロアーで聞いてたとしても足が止まらないプレイで・・・朝方の青白いライトに囲まれた蕩けたフロアーで、音に抱かれながら踊ってる・・・みたいな要素もあります!
 チルアウトの要素が強いのに、ビート感はしっかりとキープしつつミックスをしているので、踊りやすい内容になってますね・・・こういった配慮も素晴らしいっすね!!




 ンなわけで、かなりお勧めな作品の御紹介でした(^0^)
 ちゃんと権利をクリアーした作品で、ココまでクオリティーが高い作品はなかなか無いと思いますよ!!




<Release Date>
Artists / Title : Dimitri from Paris 「Return to the Playboy Mansion」
Genre : House、R&B、DanceClassics、Garage、Soul・・・
Release : 2008年4月
Lebel : Defected(UK) PBM02CD



Notice : デラックス版について

DSC07341.jpg DSC07342.jpg

 この作品は、上記のようなデラックス版がリリースされてます。
 CDの内容は全く同じで、私は中古で買ったのでもしかしたら付属品の欠如があるかもしれないですが、箱の中にはバニーちゃんのポストカードとシールが入ってるぐらいで・・・あんまりデラックスではありません(^^;)
 ちなみに、中に入ってるバニーちゃんはあんまり可愛くないです・・・何のためにリリースしたんでしょうか??



Notice : LP盤について

DSC07349.jpg DSC07348.jpg

 毎度のことですが、この作品でもDimi先生がエディットした収録曲をコンピ形式で収録したLP盤がリリースされています。
 上記の2枚がそうで、文中でも触れましたが意外と中古で出ないお皿で、結構探して買った記憶があります・・・特にMarvinのエディットが強力ですね!!
 ちなみに、またバニーの話ですが、どう考えても赤バニーの方がイイですね(^^;)



Notice : リリースパーティーについて

DSC07359.jpg DSC07358.jpg

 この作品がリリースされた後、2008年7月12日に代官山airでリリースパーティー(写真左)が開催されました。
 このパーティー、私の初Dimi体験で、このパーティーに行ってDimiが好きになった・・・記憶があります。
 
 ちなみに、来週末に西麻布elevenでDimiのパーティー(写真右)があるんですよね~ スケジュールが合えば行こうかな~と思ってます!!
 ただ、今週末はTimmy大先生が来るんですよね・・・2週連続はキツイので、ちょっと迷い中です(^^;)





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
お久しぶりです♪来週末のイレブン、行きますよ~♪
会えたら良いですね~!
2011/07/01(金) 01:00:06 | URL | DJ色彩 #-[ 編集]
Re: タイトルなし
>色彩さん

いつもどうもです(^0^)

おおっ、Dimi、行かれますか! 私も多分、行くと思いますよ!
現地でお会いできたら何よりです(^0^)

それにしても、色彩さんはelevenの住人ですね!!
Yellowの頃もそうでしたが、イイ意味での常連さんが多いっすよね~
流石にYellowの頃の「濃い」感じの人は少ないように思えますが、あのくらいの規模の方が居心地がイイですよね!
airだと小さすぎちゃうし、ageHaだと大きすぎるし・・・何よりも音の良さがイイっすね(^0^)

ではでは、今後ともよろしくお願い致します!!
2011/07/01(金) 21:10:36 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
お会いできますかね~♪
あ、ディスカウントとか必要ですか?
2011/07/04(月) 01:19:18 | URL | DJ色彩 #3un.pJ2M[ 編集]
Re: タイトルなし
>色彩さん

いつもどうもです~
今のところ行ける予定ですよ♪

おおっ、ディスカウントですか・・・恐れ多くって大丈夫です(^^;)
私の考えが変なのか、クラブには「誰でもない人」として行きたいんですよね・・・日常を忘れるためになのかな??
なので、お心遣いだけで大丈夫ですよ・・・当日を楽しみにしてますね(^0^)

ではでは、今後ともよろしくお願い致します!


2011/07/04(月) 22:56:22 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
ど~も、通りすがりです。若干、本題からはズレますが、BBEから出てるDimitri 選曲のIdjut Boys mixのNight Dubbin'はガラージな雰囲気で良い感じてすよね。このタイトルはImagination "Night Dubbing"から来てるのでしょうか?! まぁ、ディスコダブともリンクしたダビーなガラージサウンドはNU DISCOを経由しようがしまいが、ダイレクトに伝わりまっス。んでっもって、今月はDimitri さんも、Idjut Boys もイレブンにいっらしゃるなんて、豪華な月間でございます。楽しみです♪
2011/07/05(火) 01:26:14 | URL | 通りすがり #q.YqKa/Q[ 編集]
こいつぁ余計なことしちゃいましたね(汗)

あ、そうだ。当日よかったら自作のミックステープ差し上げたいのですが、よかったら聴いていただけませんか??
アドレス書いておきますので、迷惑でなければよかったら連絡ください!
2011/07/05(火) 19:44:59 | URL | DJ色彩 #-[ 編集]
Re: タイトルなし
>通りすがりさん

初めまして! ズレた話題でもOKですよ!!
私もあのCDは結構好きですが、タイトルはImaginationから来てるかもしれないっすね!!
というか、今初めて、そんなタイトルのダブLPがあることを知りましたよ・・・濃いっすね~(^^;)
そして、そうなんですよね~Idjut Boysも来るんですよね・・・出張の前なので、月末は行けなさそうですが、elevenは頑張ってますね!

ではでは、今後ともよろしくお願い致します(^0^)



>色彩さん

いえいえ、恐縮ですよ・・・私がシャイなだけですよ(^^;)
ただ、ミックステープは・・・えっ、自作のミックステープですか!!
おおっ、嬉しいな・・・今のところ行ける予定なので、
何らかの方法で連絡するかもしれないっす・・・よろしくお願い致します!!


2011/07/05(火) 22:46:59 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック