HipHop,R&B,Soul,Funk,RareGroove,DanceClassics,Garage,House・・・など、私が気に入っているMixTape,MixCD,その他もろもろを紹介するブログです。
Sgroove Smoove 「Dis-Co-Nnection 3」
DSC07716.jpg

 そろそろ、夏物の紹介は終わりっすかね・・・今年も全然紹介が出来なくってすみません(^^;)

 ンなわけで、もう夏も終わりなので、夏の終わりに最適なミックスの紹介です~
 個人的な嗜好としてはストライクなスグルさんの作品の御紹介ですよ!


DSC07726.jpg

 今までも何度か紹介をしたことがある4DJ's Records発のテープレーベル「Ke.T Drive」からの紹介で、オーナーである「Sgroove Smoove」さんの作品の御紹介です(^0^)

 このレーベルは、個人的には「レーベル買い」が出来るレーベルとして、見つければセッセと買ってますが、あんまり出ないんですよね・・・かなり揃ってきましたが、CDとかレゲエ系のがまだって感じですかね~
 ただ、ホントイイ作品が多く、オーナーのスグルさんの力量/センスがあってだな~と思い、沖縄のカヤさんのレーベルもそうですが、イイ作品を出すレーベルは、何か「一本」通ってるところがあり、素晴らしいですね・・・

DSC07721.jpg DSC07720.jpg
DSC07723.jpg DSC07722.jpg

 んでは、早速作品の紹介にいきましょう!!

 以前の記事にも書きましたが、このスグルさんの作品の魅力は「HipHop Meets Garage」な点で、HipHop出身→今はGarageな私にとってはドストライクな選曲で、ホント素敵です(^0^)
 R&BとかBreakbeatsなんかを含むHipHop的な選曲&ミックスと、HouseやDanceClassicsなどを含むGarage的な選曲とミックスが上手く混在し、それがしっかりと一つのストーリーに仕上がってる点は聴きどころだと思います。

 この作品は、A面とB面が通しでミックスされており、全体的に「HipHop Meets Garage」な選曲が生き、前半は割とHipHop的な選曲でまとめつつ、後半に進むにつれGarage的な選曲でジワジワと上げてきて、上品なグルーブの作り方が大変イイです!


 選曲的には、HipHop系のレコは持ってなかったので、Garage系のだけの紹介になりますが、有名曲とマイナーな曲、知られてない曲や見逃し系の曲など・・・幅の広い選曲でヤラれます!

 例えば、写真左上のような「Sharon Redd / Can You Handle It (Dub)」のような定番から、70年代のCTI時代の作品は有名だけど、それ以降の曲はあんまり知られていない「Deodato / Night Cruiser」(写真右上)など・・・Garageっぽいのだけでも選曲の幅の広さが分かります。
 この当時でも鬼レアな曲(SessomattoとかRiscoとか)を普通にプレイしつつ、そんな高くない曲も普通にプレイしてて、この辺はグッときます。

 あと、写真は無いですが、この選曲の面白さはHipHop系でもあり、MUROさんがNippsと共演した曲のインスト(!)をBreakbeatsっぽく使用したり、今でも100円コーナーの常連(?)なWill Smithの曲を使用したり・・・上手いっすね(^0^)


 そして、それらの選曲は「ジャンルレス」にミックスされることが多く、これも魅力だと思います。

 例示でいくと、前半のHipHop的な流れからGarage的な流れに変化する過程で「Roy Ayers / Can't You See Me」(写真左下)から「Ten City / All Loved Out」に繋いでいきます・・・
 Garage→Houseへの繋ぎで、ジャンル的には違和感がないと思いますが、Roy AyersをHipHopのBPMの流れでプレイしており、その流れを受けてTen Cityに繋いでいき、曲をプレイしていく過程でGarage的な流れに替えてる感じがあり・・・この辺はジャンルレスでありながら「橋渡し」のプレイが上手いですね(^0^)


DSC07725.jpg DSC07718.jpg

 あと、作品の「流れ」も大変イイですね~

 ジワジワと上げていく選曲なんだけど、要所要所で小さな山や意外性を出しながらストーリーを繋いでいき、気づいたらその流れに乗りつつもテンションは上げられちゃう選曲で、こういうのは好きなんですよね(^0^)

 この作品は、インデックスによると夏の時期に作られた作品で、夏の「避暑地感」が出た選曲&ミックスになり、先ほども触れましたが、前半はHipHopっぽい選曲で攻めつつも、徐々にグルーブを盛り上げていき、頃合いを見てGarage系の選曲に移行して、ガンガンとは上げないまでも、適度な高揚感を演出しながら進んでいく感じがイイですね~
 最近よく書く表現ですが、夏の葉山当りの海に近い避暑地で、クラシックなオープンカーで適度に流すのに最適な・・・そんな感じですかね??

 それも、テープを全体的に聴くと、序盤は午前中で、太陽の昇り具合に合わせてグルーブが上昇しつつ、後半になると夕焼けに合いそうな感じにミックスしており、トータルでいくと「夏の終わり」な感じが大人で大変良いです(^0^)


 また、ピークタイムの演出も素敵で、この作品だとB面の中頃がそうだと思いますが、個人的にはアップな曲の流れで鬼定番な「Jackson Sisters / I Believe in Miracles」で更に押しつつも、そこからロングミックスでまさかの「真心ブラザース / Endless Summer Nude」に持っていくのが最高です!!

 この流れは、このテープの良さだったり、スグルさんのDJの良さを表しているところだと思うのですが、定番曲でも、超意外な曲でも、流れを重視して繋いでいっちゃう・・・これを真似出来る人はあまり「いない」と思いますよ!!
 選曲の流れとしては、先ほど例示した範囲だと段々と夕方に向かっていく位の時間帯で、盛り上がりの余韻を残しつつも、夕焼けの哀愁感を匂わせる選曲として真心を持ってるのは本当に参りました!

 真心自体、DJなりレコードを知らない人でも絶対に知ってる曲だと思いますが、コレを持ってくるセンスは素敵ですよね・・・
 しっかりとグルーブが繋がった真心は、凄いイイ曲で・・・勢い余って、レコードを探して買っちゃいましたよ!!


 
 ンなわけで、特に意味もなく聴いてたら、意外と夏に合うな~と思い紹介してみました(^^;)

 4DJ'sモノは、あんまり数はでないですが、あまり知られてない分、結構な確率で売れ残ってます・・・某ユニオンでもこのテープが一向に売れてないのが心配です(^^;)
 ただ、内容は凄くイイと思いますので、趣味が合う方は是非探して聴いてみてくださいね!!



 <Release Date>
Artists / Title : Sgroove Smoove 「Dis-Co-Nnection 3」
Genre : HipHop、R&B、UK Soul、Breakbeats、House、DanceClassics、Garage、JazzFunk、J-Pop・・・
Release : 2002年
Lebel : 4DJ's Records / Ke'T Drive

Notice : 参加アーティストについて
マスタリングでYouTheRock筋のJack"E"Lee氏が参加。
また、イントロのスキットでは、あの「Darth Reider氏(復活、おめでとうございます!)」と「King 3LDK氏」が参加してますよ!!







スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック