HipHop,R&B,Soul,Funk,RareGroove,DanceClassics,Garage,House・・・など、私が気に入っているMixTape,MixCD,その他もろもろを紹介するブログです。
Victor Rosado & Lenny Fountana 「A Tribute to Larry Levan World Tour」(@eleven 2011/9/17)
DSC07754.jpg

 久しぶりに踊りに行ってきたの報告です~♪
 今日は結構疲れました・・・(^^;)


DSC07755.jpg

 昨夜は、伝説のDJである「Larry Levan」をトリビュートしたイベントで、Larryの片腕であった「Victor Rosado」氏と、先だって英BBCにて放送されたLarryの特集を企画した「Lenny Fontana」氏がメインDJに、あの「Paradise Garage」を体現したイベントでした。
 一応、日本での開催は「Noriさん」が仕切りのイベントで、Garage好きとしては行かないといけないイベントだったので、昨夜踊りに行ってきました!


 一応、Larryだったり、Garageだったりが分からない方もいると思うので補足しておきましょう。

 Larry Levanは、70年代末から彼の牙城であるParadise GarageというNYのクラブでプレイをしていたDJで、ハイブリッドで愛のある選曲/DJや、音の重要性など、現在の「クラブ」「House」の原型を作ったともいえるDJで、残念ながら90年代初期に若くして亡くなってしまいましたが、現在でも世界中からリスペクトを受けてるDJです。
 彼のDJのことは、ホント多岐にわたるので全ては書けませんが、根底にゲイマインドが色濃く残った愛のあるオールジャンル選曲や、躍動感のあるミックスの進め方、時に感動的なメッセージプレイは人々に影響を残し、そんなLarryが愛した曲達は「Garage」と呼ばれ、現代にも引き継がれています。
 時代的にはDisco、DanceClassicsの時代なのですが、ホント色んなジャンルの曲をプレイしてて、かつ音のイイクラブでプレイするとホントカッコいい曲が多く、彼の感性や耳が時代を超越してたことは明白で、彼がいなかった現在の「クラブ」という存在がなかったのでは・・・と思わせるほど重要な御方です。

 そのLarryの弟子筋がVictor Rosado氏で、Paradaise GarageのレギュラーDJとしてもプレーしてて、現在はGarage音源のエディット作品を多数リリースし、Garageの普及/復興を進めてるDJの一人です。
 んで、Lenny Fontana氏もその流れを進めてるDJの一人で、Larryの素晴らしさを伝えたく、英BBCでの放送を企画したり、本ツアーを開催してたようですね・・・ちなみにNoriさんの古くからの友人のようで、それがあって日本ではNoriさん仕切りになったんでしょうね。


DSC07744.jpg DSC07737.jpg
DSC07747.jpg DSC07750.jpg
 
 そんな訳でレポに行きましょう!

 昨日は12時半ごろに会場につきましたが、ボチボチの入りで、全体を通して満杯って程ではなかったかな~と思います。
 ただ、ついた時にはVictorが既にDJしてて、分かってらっしゃるダンサーが結構いて、みんな好きなんだな~と思いました。

 DJセットは確認出来なかったですが、CDJメインで、それにロータリーミキサーとアイソがある感じで、VictorとLennyが2時間ごと位に変わったり、たまに交互にプレイしたり、割とユルイ空気でプレイしてました。
 両者とも初めて聴くDJで、正直言うと、DannyとかTimmyやJoeみたいな4番打者級ではないかな~と思いますが、ツボを突く感じは悪くなく、結構楽しめましたよ!

 プレイ的にはGarageと現代的なHouseを3:2位の割合でプレイしてて、久しぶりに「歌いながら踊れる」感じだったので気持ちよかったですね~

 まず、選曲的にグッと来たのが「Larry関連の曲」をグッとくるタイミングでプレーしてて、良かったですね!!

 分かりやすいところだと、Larryの当時のライブミックスをCD化したことで有名になった「Ashford & Simpson / Bourgie Bourgie」(もしかしたら別バージョン?)とか、渋いインスト曲である「Motown Sounds / Bad Mouthin'」なんかがプレイされてましたね!
 この辺は、CDをかなり聴きこんでる輩が多かったので反応する人が多かったかも・・・ちなみにAshfordのプレイは、旦那のNickolas Ashfordが先日亡くなったばかりだったので、グッときましたね~

 また、Larry製作系の曲もプレイされてて「New York Citi Peech Boys / Life is Something Special」とか「Central Line / Walking into Sunshine」なんかをプレイしてましたね!
 Peechのプレイの時は、Lennyがプレイしてましたが、DJブースの後ろにあるLarryの写真に祈り(?)を捧げてたり、Central Lineは、たしか「First Choice / Let No Man Put Asunder」の後にロングミックスでプレーしてて、ヤラれました(^0^)


DSC07736.jpg DSC07752.jpg
DSC07753.jpg DSC07748.jpg

 その他にも多数のGarageクラシックがプレーされ、個人的にはお腹いっぱいです(^0^)

 覚えてる範囲だと、Victorが長尺エディットを施したことで有名な「Teddy Pendergrass / The More I Get, The More I Want」とか、未だにクラブクラシックな「Two Tons o' Fun / I Got The Feeling」なんかの上げチューンや、渋いところだとPatrick Adams作の「Phreek / Weekend」とか、「Harvey Mason / Groovin' You」なんかをプレーしてましたよ!

 個人的に思ってることなんですが、いわゆる「Garage」の曲って、昔の曲ではあるんだけど、人が楽器を演奏したり、時代の匂いだったり・・・今のデジタルナイズな曲にない「グルーブ」があって・・・へんな話、今現在作られている曲よりも魅力的だったりします。
 こういう点があるので、12inchとかをガンガン買ったり、クラブに行って馬鹿みたく踊ってる訳ですが・・・昔の方が音は「リッチ」だったことは確かで、それにハマるとなかなか抜け出せないみたいですね(^^;)

 実際に昨日のプレーでは、大半のお客さんがGarage狙いなのか、普通なHouseだと反応が悪いけど、この辺がかかると盛り上がる感じでしたね・・・まあ、elevenなので、普通なお客さんも多かったので、アレでしたが、分かる人は盛り上がってましたね!
 私も、Teddyがかかった瞬間、近くにいる分かってる人とハイタッチしたり、馬鹿みたく歌ってましたね(^^;)


DSC07743.jpg DSC07742.jpg

 んで、今回はNoriさんの仕切りでしたが、Noriさんはメインフロアーには現れず、B1のラウンジでNoriさん関係の人とプレーしてました。

 たまに休憩で登っていったら、メインとは対照的なミディアム選曲&ほぼアナログプレーな感じで、こちらもGarage愛が素晴らしかったっす!!

 4時ごろに行ったら、Noriさんがプレーしてて、超素敵なエディットの「Michal Jackson / Rock With You」のプレーをしてて皆で合唱してましたね・・・マイケルの後は「D Train / Keep On」をアナログでプレーしてましたが、こういう感じも悪くないっす。
 今回、Noriさんは裏方に徹してる感じで、Noriさんの前には若手っぽい人がプレーしてて、心配そうに見てる顔も伺えましたが、ホント上手い人が多く(7inchでGarageプレー&2枚使いしてる人が超上手かった!)・・・日本のGarageスピリットは健在ですね!!


DSC07739.jpg DSC07738.jpg
DSC07741.jpg DSC07740.jpg

 んで、朝方ぐらいになり、フロアーが空き始めて・・・クラシックタイムになるかな~と思ったら、焦らしながらのプレーで、私は7時半ごろにリタイアしちゃいました。
 よくelevenで見るお客さんがこの位の時間から入ってきて(朝インっすね)、フロアーの濃度が高くなってきましたが、私も疲れちゃったし、周りも疲れてる人が多かったので・・・今回も最後まではいられなかった・・・最後にはどんな「プレゼント」が待ってたのかな??

 ただ、朝方は、イイ感じのクラシックをプレーしてて、「Sylvester / I Need You」とか「Lonnie Liston Smith / Expansions」「Janice McClain / Smack Dab in the Middle」とか「Dan Hartman / Relight My Fire」などのような・・・歌えて踊れる曲が多く、これで力尽きたって感じですかね(^^;)
 個人的にはSmack Dabが嬉しかったっすね・・・コレもLarryのCDで知りましたが、フロアーが青い光で包まれ、ホント気持ちいい曲ですね・・・この辺って、意外とクラブでプレーされないので、結構新鮮でしたよ!



 そんなわけで、日ごろの「うっぷん」をはらすべく、気持ちよく踊ってきました・・・
 
 残念ながら、Garageのもつ「愛」の全ては分かりませんでしたが、要所要所でメッセージプレイを入れてきたり、気持ちいいグルーブでのDJだったり・・・やっぱり「ダンス」ってイイですね(^0^)
 
 では、次回をお楽しみに~



-------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------
<今日は爆釣!>

DSC07732.jpg

 え~、無駄に毎日を過ごしていると、何をやっても失敗する日もあれば、オカシイぐらい運がいい日ってあると思います。
 出来れば運がいい日が続けば一番イイですが、そんなことはあんまりなく・・・個人的には3勝2敗2引き分け位のペースがちょうどイイのかな~と思ってます(^^;)

 ただ、昨日は・・・ビックリするぐらい「ラッキー」でした!!

 たまに書きますが、私はミックステープを聴くための「Shock Wave」を中古で探すため、時間があればフリーマーケットに行くのですが・・・今日は特大ホームランをゲットしてきました!!

 昨日は、某都内のM公園のフリマに行ってきましたが、個人出店のブースで、ある御兄さんが「レゲエ」系のテープを鬼のように出品されてて、それも殆ど市場に出てこないタイトルが多く・・・交渉してまとめ買いさせていただきました!!
 約60本で・・・なんと2000円!! もー、見かけた時も震えましたが、値段を聞いた時も震えましたよ!!

 御兄さんは、00年代前後にレゲエが好きだったみたいで、ちょうどテープのデータ化が済んだので、まとめて出品したそうで・・・まさか売れるかとは思っていなかったようです。
 私自身も、ここ数年は、フリマでミックステープが出ることは「皆無」だと考えていた(ただ3~4年前ぐら今では鬼級のが出ることも多々あった)ので・・・超嬉しかったです(^0^)
 あんまりにも嬉しすぎて、自分から「こういうブログをやってるので是非見てね!」って言ってしまいました・・・ちゃんと報告しましたよ~♪

 フリマって、探してるモノと出会えるのがホント「運」で、洋服とか靴なんかは遭遇率が異常に高いですが、誰も求めない/出品しないテープとかShockwaveなんかは・・・ホント「運」が良くないと出会えません。
 昨日は、たまたま「3連休の初日だし、行ってみようかな~」程度で行きましたが、こんな出会いがあるなんて思いもしませんでした・・・だからフリマ通いは止められないっすね(^0^)


DSC07733.jpg DSC07735.jpg

 んで、内容もチラッと入れておくと、ここ最近探しまくってる「クラッシュ」系のテープが多く、ブート系も多かった(レゲエはブートのようでオリジナルのもあるので良く分からない)ですが、テープを拝見してる指が震えそうでした(^^;)

 例えば、写真左だと、あの伝説のクラッシュである「頂点」のマイティーサイドのテープとか、World Clashのテープとか、JudgementがUKで勝った後の日本ツアーのテープとか・・・レゲエマニアならグッとくるタイトルが多いですね!!
 また、ラベルがないコピーモノでも、グッとくるのが多く、御兄さんに「この頃のMightyは超ヤバいっすよね!」とか、「ロディガン、好きなんすか?」「やっぱりダブ・プレートで切ってる頃のクラッシュは違うよね!」みたいな話で盛り上がりました!!

 あと、写真右は・・・分かる人は「うほっ」となるでしょう!
 あの有名レゲエ系レコード店「Rockers Island」が出してた現地録音系のテープで、内容は色々でしたが「合計21本」ありました・・・写真は1本だけですが、並べると異様な光景です(^0^)
 このくらいあると、多分全部は聴かないと思いますが、こういうのも嬉しいな・・・ちなみに、この絵って、Pushimの作(富心とかいてある)でイイのかな??
 あと、これ系だと、さり気無く「Ciscoのレゲエ店のノベルティー」も入っており、これもグッときました!!
 

DSC07756.jpg

 ンなわけで、この後もラッキーが続き、そのフリマで久しぶりにShock WaveのCD版をゲットしたり(通算2台目)、その後いった某ユニオンで、探してたレコードが連続でかなり安い値段で見つかり、テンションあがってたので大判振る舞いをしたり・・・出来すぎな一日でした(^0^)
 レコは、念願のSpanish HustleのUS12inchを、自分が決めていたプライスライン以下で出てたので、久しぶりの万越え購入! ただ、この辺は、昔であれば、金額的に絶対に変えない系だったのに、随分安くなりましたね・・・嬉しい限りです(^0^)

 
 毎度の散財報告でしたが、今回はフリマの御兄さんのおかげです・・・ありがとうございます!!




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
はじめまして~、ちょくちょく覗かせてもらってます

Larry Levanのトリビュートイベント行かれたんですね!レポ興味深く読ませて頂きました。文中の「昔の曲ではあるんだけど、人が楽器を演奏したり、時代の匂いだったり・・・今のデジタルナイズな曲にない「グルーブ」があって・・・へんな話、今現在作られている曲よりも魅力的だったりします。」ってところ、読みながら、『そうそうそう、そうなんだよぉぉぉぉ!!!』ってひとりすごい頷うなずいてしまいました。それこそ自分がGarageに惹かれる理由だと思うんですよね。次回のトリビュートイベントにはぜひとも参加したいと思います(^^)

2011/09/18(日) 23:16:05 | URL | ちんちくりん #-[ 編集]
Re: タイトルなし
>ちんちくりんさん

初めまして! コメント、ありがとうございます(^0^)

私自身は、ダンクラとかは昔から好きだったのですが、Houseの現場で普通に昔の曲がプレイされてて・・・かつ、その昔の曲が、今の曲に負けてない!ってことに気付かされ、今に至っています!
今回は、何となく思ってたことを書いてみましたが、反応があって嬉しいです(^0^)

では、今後とも宜しくお願い致します!


2011/09/19(月) 18:57:01 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック