HipHop,R&B,Soul,Funk,RareGroove,DanceClassics,Garage,House・・・など、私が気に入っているMixTape,MixCD,その他もろもろを紹介するブログです。
Sgroove Smoove 「Dis-Co-Nnection - In The Beginning」
DSC07827_01.jpg

 今回は超嬉しいことがあったので緊急入稿的な記事ですよ!!

 ここ最近、紹介することが多いSgrooveさん(Ke.T Drive)の作品ですが、その中で私がSgrooveさんの作品を掘るようになった作品の御紹介です!!


DSC02242.jpg DSC07837.jpg

 この作品は、新宿にある「Disc Union ソウル&ブルース館」オープン5周年記念で2007年の4月頃に配布されたCDになります。

 SoulやRareGroove、そしてDiscoなんかを掘ってる方であれば御存じの方が多いかと思いますが、抜群の商品ラインナップと商品の仕入力、そして魅力的な値段・・・など、素晴らしいレコード店です!
 個人的にはホントお世話になってて、Disco系のレコードはココで買うことが多く、バカみたく通ってます・・・マメに通うと欲しいレコードと巡り会えるお店ですね(^0^)

 んで、どのユニオンもそうですが、たまにノベルティーを配布することがあり、この作品は1万円以上購入で貰えたようで、当時の購入記録を見るとBeeGeesの12inchとかを数枚合わせて1万円以上にして買ってました・・・いわゆる「合わせ技」でのゲットですね(^^;)
 ちなみに、この作品は店舗限定でしたが、ユニオンにおけるSoul系のノベルティーだとTシャツとかコップなどの物品もイイですが、「Maskman」氏のミックスCDが有名で、大抵が1万以上ですが気合でゲットしてます・・・ただ、欲しいノベルティーなのに、買いたい商品がない時は辛いっすね~
 

 そして、この作品ですが、当時の新宿はDisco系がかなり強かったので、Sgrooveさんに依頼があり、製作されたようです・・・

 当時の新宿店といえばDisco系がメチャクチャ強いスタッフの佐藤紘史さん(現在はお茶の水)がおられて、セールの時の気合の入り方がハンパなく、見たこともないレア盤や欲しかった盤を的確に出していて、ユニオンの中でも一番Disco系が強かった印象があります。
 今でも新宿店はDiscoが強いですが、佐藤さんがおられた時の新宿店は最強で、個人的には豪快な値引き(色別のやつ)をすることが多く、Disco系の12inchはガンガン買ってましたね~
 また、レア盤系も最高で、マニアックな話だと、ブートのDisco系12inchのガイド本(Disco Patrickのやつ)が出た時、その直後のセールで、ガイド本に掲載されていたFrancois御大が当時エディット(Sunshine Soundのやつ)を仕入れてきて出品してたのにはグッときましたね・・・確か10万位で買う人はいなかったですが、仕入れてきただけで優勝ですね!

 ちなみに、ユニオンも会社なので人事異動があるようで、店員さんが移動すると品ぞろえの傾向が変わることがあるので、マニアの方はそういう点もチェックしましょう(^^;)


 そんなわけで、この作品が配布されたようです。

 CDの解説を見ると、Sgrooveさんと佐藤さんが交流があった(?)ことから作成されたようで、私自身はSgrooveさんのことを知らなかったのですが、家に帰って作品を聞いたら一撃でヒットし、Sgrooveさんのテープも掘ろう!と決意した流れがあります。

 Sgrooveさんの良さは「過去記事」で確認いただけるとありがたいのですが、コレも大変イイ作品です・・・


 では、話が長くなりましたが、作品の紹介をしましょう!!


DSC07834.jpg DSC07830.jpg

 この作品はDisco、DaceClassics、Garageなどにテーマを絞ったミックスで、Sgrooveさんのいつものオールジャンルミックスではない作品になってます。

 作品の解説を読むとSgrooveさんの基本的な部分に目を向け、駆け出しだった頃からプレイしてるSalsoulのような大好きなダンクラを中心にミックスしたそうで、Sgrooveさんの初期衝動を表現した作品のようです・・なのでタイトルが「in the Beginning」なんですね。
 作品的にはSalsoulを中心に、WestendPreludeなどの作品も加えて選曲をしており、ダンクラ系は私も大好きなので、この作品は一回聞いただけで好きになったし、何よりもSgrooveさんの選曲やミックス、そして全体的な作品作りの良さが光った作品になっていると思います!!

 
 イントロでは、Sgrooveさんのお子さんたちの声(!)で新宿店の5周年を祝いつつ、Salsoulの裏クラシックとして有名な「The Salsoul Orchestra / 212 N.12th」からスタートします!
 Tom Moulton作、Earl Youngのドラムが光ったLPオンリーの名インスト曲で、個人的にはDannyのSalsoulミックスで知り、結構高い値段でプロモのみの2LP盤(12inch音質)を買いましたが、イントロでブチこんでくるあたりが素敵です(^0^)

 そして何よりもイイな~と思うのが、この曲って次の曲に繋ぐのが結構難しいのですが、一瞬のブレイクダウンの部分で、サラッと「Sharon Redd / Beat the Street」に繋いでくる辺りが上手いっすね!
 この作品では、カットインやロングミックスでグルーブを維持しながら繋いでいくことが多いのですが、とにかく「グルーブ」で繋いでくる感じが上手いですね・・・Shrron Reddの後は「D Train / Keep On」の耽美なDub Mixに繋いでいきますが、ビートレスな部分でミックスしてるのにグルーブが続く辺りは流石です(^0^)


DSC07828.jpg DSC07829.jpg

 そして、選曲面の話も入れておくと、ド定番も入れつつも、渋い曲も多く、やっぱりスグルさんって上手いな~と思う選曲にニンマリです!

 先ほどの212もそうですが、Garageをしっかりと「分かってらっしゃる」感じがあり、写真右の「Candido / Introduction → Thousand Finger Man」の繋ぎ(?)はグッときましたし、個人的に大好きな「Sybil Thomas / Rescue Me」なんかをプレイしてて、グッときます!
 後半ではGarage曲のHouseミックスなんかも入れてきますが、全体的にミッドテンポの曲で統一しつつ、気持ちいいぐらいのグルーブを維持してる選曲で、フロアーの足を止めさせない感じが素敵です。


 また、全体的な流れも素敵で、とにかく「グルーブ」のコントロール/作り方が上手く、作品全体で一つの流れを作っている点は堪らないです!!

 無論、技術面や選曲面の手腕もあるのですが、ミックスの流れに山谷を付けつつ、気持ちいいグルーブを繋ぎ続けるので聴きやすく、フロアーで聴いてたら、なかなかフロアーから抜け出せない感じが大変素敵です!!
 特に、一発目の212で派手にスタートしつつ、それ以降は鬼上げなプレイをせず、グルービーなプレイに終始しているのは上手いっすね・・・212はピークタイムに使いたいところを最初に持ってきたのは流石っす!!

 また、最後の方のスロー選曲もイイですね・・・終わりも綺麗に終わらせる辺りも素敵です(^0^)




 Sgrooveさん自体、かなりミックス作品の「作品性」に拘ってる方なので、この作品も間違えない仕上がりになってる訳ですが、Disco/DanceClassics/Garageという「Dance Music」の気持ちいい部分を上手くコントロールし、一本筋の通った作品にしてる点は秀逸です。

 この作品は、意外と中古市場で見かけ、そんなには高くないので、興味のある方は是非探してみてくださいね・・・長く聴ける1枚ですよ!!




<Release Date>
Artists / Title : Sgroove Smoove 「Dis-Co-Nnection - In The Beginning」
Genre : Disco、DanceClassics、Garage、House・・・
Release : 2007年4月
Lebel : Ke.T Drive No Number
Notice : Disc Union 新宿 ソウル&ブルース館 限定ノベルティー




--------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------
< 嬉しいプレゼント!! >

DSC07839.jpg

 今回の作品紹介においては、個人的に凄く嬉しいことがあり、急遽作品の紹介をすることにしました・・・直前まで他の作品を紹介しようと思ってました・・・

 実は、先々週ぐらいに「Sgroove Smoove」さんからブログに書き込みを頂き、メールで色々と連絡を取り合っており・・・何とSgrooveさんからの御好意で、私が持っていなかったKe.t Drive作品をプレゼントという形で頂戴しました!!

 コレは感謝感激・・・最高に嬉しいです(^0^)


 今までも、DJ PaulさんやDJ Kayaさんなど、テープなどの製作した方から有り難いお言葉や反応を頂きましたが、Sgrooveさんもホント私自身が大変影響を受けた方なので、メチャクチャ嬉しく、こういうブログをやり続けてホント良かったと思いました!!
 プレゼントを頂いたことも嬉しいですが、私が書いてきたことが評価されたことの方がメチャクチャ嬉しかったですよ(^0^)
 
 今の時代、ミックス作品って簡単に作れちゃうところがあると思います・・・製作環境は著しく向上し、曲だってネットで簡単に探せ、DJミックスだって簡単に作れます・・・
 ただ、簡単には作れるけど、そのミックスに対して「個性」を出すことは難しく、これが一番の課題だったりします・・・プレイする曲だったり、その曲をどんな順番でプレイするのかは、そのDJの個性が出るので、結果として素晴らしい作品を生むかどうかはそのDJの「腕」にかかってきます。

 Sgrooveさんの作品に関しては、そういう簡単な環境ではない時代(アナログ時代)の作品ではありますが、ホント個性的で、何よりもミックス作品を「一つの作品」として作ってるところが素晴らしく、そういう点はもっと評価されないといけませんね!


 Sgroove Smooveさん、今回はホントありがとうございます!!

 これからもSgrooveさんの作品は絶対に紹介し続けますし、他の作品の紹介を通して、DJミックスの面白さを伝えていきたいと思います。
 また、未入手なKe.T Drive作品も、掘り師マナーに準じて、掘っていきたいと思います!!
 そして、Dis-Co-Nnectionの最新作もお待ちしてますよ!!


 では、Sgrooveさんへの個人的な手紙みたいな感じでしたが、嬉しい報告でした。



GGR-430x290.jpg

 ちなみに、現在のSgrooveさんは、有名通販サイト「Wearwax」を運営されております!!
 
 BBPとかApplebumとかMackdaddyなどの音楽の匂いがするストリートウェアーを中心にしたサイトで、既に御存じの方もいるかもしれませんが、こちらも素敵です(^0^)

 プレゼントのお返しじゃないですが、宣伝したいと思いますので、興味のある方はご覧になってくださいね!!

 Wearwax.com
 


 そして、もう一つ・・・懺悔の時間(?)です。

 今回の記事を書いてて気付いたのですが、今までSgrooveさんのお名前を「Sgroove Smooth」と書いておりました・・・申し訳ございません。
 多分、C.L.Smoothの影響(?)だと思いますが、今まで書いた記事を全て正しいお名前(Sgroove Smoove)に訂正をしました。ご了承ください。





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック