HipHop,R&B,Soul,Funk,RareGroove,DanceClassics,Garage,House・・・など、私が気に入っているMixTape,MixCD,その他もろもろを紹介するブログです。
沖野修也 「DJ選曲術」
DSC08028.jpg

 忘れないうちに書いちゃおう・・・ということで、沖野さんネタを連続です(^0^)

 個人的には結構影響を受けた本で、上手く書けるかどうかが心配で紹介するのをサボっていました・・・ただ、このブログを読んでいただいている方であれば、絶対に読んで頂きたい名著ですよ!!


okino.jpg DSC08026.jpg

 本の紹介って超久しぶりですが、前回紹介した「Shuya Okino / Compiled by Shuya Okino」の作者である沖野修也さんが書いた本で、DJミックス/選曲の素晴らしさを分かりやすく紹介した一冊の御紹介です!!

 沖野さんに関しては、以前よりDJ活動と並行してライター業もチョコチョコやってたみたいで、この本を皮切りに、執筆業も行っています。
 今年はなんとビジネス本(それもDJ視点=選別という行為で!)を書いたりしてるのですが、内容をかなり論理的に整理した書き方が素敵で、執筆業もなかなかなものです。


 そんな沖野さんの処女作(?)である、この本は2005年11月にGrooveを発行するRittor Musicより刊行された単行本で、「選曲」という行為をすることでプレイした曲が更に良くなる・・・みたいなことを分かりやすく説いた内容で、私のブログでいつも言ってる「DJミックスの素晴らしさ」を明確に説いた本になります。

 詳細な内容は本著に譲りますが、選曲という行為の魅力や、具体的な方法、そしてその行為で如何に個性を出していくか・・・みたいなことを新書調に表図を交えながら分かりやすく書いており、DJの基礎たる内容を明確に伝えてくれます。
 選曲という言葉だとちょっと固く感じてしまいますが、DJミックスのことを論理的に説いており、流れのある選曲(=起承転結の考え)や、選曲に関連性を持たせて流れを作る(=グルーブを作る)など、普段、私がこのブログで書いてることが明確に書いていると思います。

 私自身も、DJミックスのファンにすっかりなっていた頃にこの本に出会い、普段自分が漠然と思っていたことを明確に書いており、このブログの考えの根底を気付かせてくれた本だと思っています(^0^)


DSC08029.jpg DSC08030.jpg

 そして、この本において白眉なのが「DJミックス作品」の沖野さん流のレビューだと思います!!

 本書においては、その選曲という行為を「プロDJがどのように行っているのか?」という具体例として、色んなジャンルのミックス作品を例に、その選曲術を事細かに紹介しており、これが大変勉強になります!!

 紹介作は、写真に上げた「Larry Levan / Live at the Paradise Garage」「Francois K / Essential Mix」などの名作ミックス作品(権利取得済み作品)で紹介をするのですが、その紹介方法がイイ意味で独特で、このブログの紹介においても結構影響を受けたと思います。

 沖野さんは、選曲という行為においては「繋ぐ曲の関連性」「全体の流れ」を強く考えており、その点を主眼に置いて一曲一曲を紹介するという方法をとっているのですが、これがホント論理的に書かれており、かなりヤラれます!!
 どうしてこの曲に繋ぐのか?とか、この流れになるのかはなぜか?みたいなのを明確にひも解き、DJ達が(恐らく)無意識に考えてDJミックス/選曲している行為を詳細に解剖しており、全体の流れを書いた図表なんかは圧巻の一言です!!

 私自身は「グルーブ」とか「ストーリー性」なんて言葉で表現しちゃってますが、その言葉の本旨を論理的に紹介しており・・・プロDJとしての経験と感性が生きた内容で、流石です・・・

 普通に聞いて「イイ」と思ったことを、言葉を使って明確に伝えるのってかなり難しく、それなりの論拠が必要になる訳ですが、DJミックスという行為/考え方において、これほどまで明確な考え方を出してくれたのは貴重で・・・コレに影響を受け、私なりにこのブログをやってるかな~と思います。
 まあ、無駄に長い/無駄に熱い内容しか書けませんが、私も沖野さんみたく、もっと上手く/論理的に書いてみたいものです・・・



 んなわけで、私たちが無意識に身につけ、そして日常的に接している「選曲」という行為を、明確に教えてくれる一冊で、少しでもDJに興味がある方であれば、ぜひ読んでいただきたいと思います。
 結構「目から鱗」的なこともあるので、機会があれば読んでくださいね!!

 ちなみに、写真に上げたLarryとFrancoisのミックス作品は、沖野さん級に上手く書ける自信がないので、まだ書きません(^^;)


 あと、これは読んだ方への質問になっちゃいますが、沖野さんのあのレビュー、他のミックス作品でも読んでみたい!と思いませんか??
 個人的には、Ulticut Upsの流れの作り方とか、Spinbadのイルなミックス、吉澤dynamiteさんCrystalさんの名作和物ミックスなど、どういうレビューをしてくれるのか気になります(^0^)

 



<Release Date>
Artists / Title : 沖野修也 「DJ選曲術」
Genre : DJ技術本
Release : 2005年11月
Lebel : Rittor Music ISBN4-8456-1243-7








 


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
はじめまして。いつも読ませて頂きその情熱に感銘を受けております。
主さんもミックステープ、CDガイドを出されて見てはどうですか?(笑)
絶対買いますよ!
2011/12/14(水) 12:47:43 | URL | fratt #-[ 編集]
Re: タイトルなし
>frattさん

こちらこそ初めまして! コメント、ありがとうございます(^0^)

私のガイド本ですか! うわ~、嬉しいですね!!
たまに夢想したりしますが、まだまだコレクションが極めてないので無理かな・・・でも、機会があれば是非作ってみたいですね(^0^)
ただ、かなり偏った内容になりそうだな~ MUROさんのページは鬼長いけど、Kiyoさんは短い・・・そんな感じになりそうです(^^;)

これからも、無駄に熱い更新を繰り返したいと思いますので、宜しければ是非お付き合いくださいね♪

では、今後とも宜しくお願い致します!!


2011/12/14(水) 22:58:33 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック