HipHop,R&B,Soul,Funk,RareGroove,DanceClassics,Garage,House・・・など、私が気に入っているMixTape,MixCD,その他もろもろを紹介するブログです。
須永辰緒 「Organ b. Suite No,4 - Gemini Ⅳ Space Nova!」
DSC08056.jpg

 へっくしょん! すみません、風邪をひきました・・・
 今週初めから調子が悪く、昨日の仕事納めでビールを飲んだら悪化しました・・・昨夜はTimmyのパーティーに行こうと思ったのに・・・残念・・・
 
 そんなわけで、今日は完全自宅休養なので、暇にまかせて最近聴いてた一本を紹介しますね・・・年内最後の作品紹介かな??


DSC08057.jpg DSC08058.jpg

 我らの辰緒さんの名作シリーズ「Organ b. Suite」の第4段で、辰緒さんの趣味(?)の一つである「宇宙」を意識した内容が心地よい作品です。
 
 選曲的には、辰緒さんらしい色んなジャンルをプレーしてて、RareGrooveやFreesoul、JazzやSoul、HouseやBreakbeats、そしてHipHopやAORなどをプレーしてて、独特の「宇宙観」が聴きどころだと思います。
 全編に渡り宇宙チックなスキャットを入れたり、スインギーなJazzテイストの曲だったり、宇宙チックなムーグものだったり・・・宇宙という場所が未開の地であるが故に人々が思いをはせ、クールなんだけど華やかさがあったり、その逆で船外の孤独な感じだったり・・・過去に成立していた「夢の宇宙」の質感が出てて大変イイですね。

 言葉で行くと「ロスト・フューチャー」だったり、映画の「2001年宇宙への旅」的なイメージだと思いますが、1960年代位の宇宙観を上手く出した感じですかね・・・

 ちょうど辰緒さんのソロ活動である「Sunaga T Experience」が始まり、今回の作品の副題のついた曲(Gemini Ⅳ Space Nova)をリリースしたところだったので、こういう作品になったんだと思いますが、97年の時点でコンセプトをしっかりと立てたミックスを出してるのには参りますね!
 それもオールジャンルミックスですからね・・・個人的にはその宇宙流れ&自身作として「ECD / Direct Drive」(写真左)のプレイにはヤラれました・・・オリジナルの曲はそんなに好きじゃなかったけど、このテープで聴くRemixは格別ですね!!


 んで、辰緒さんらしい(?)のが、B面の中頃からは、あんまり宇宙と関係ないAORモノを連続ミックスしているのも面白いです!

 何らかの意図があるのかもしれないですが、個人的にはMUROさんから教わった「The Kane Brothers / Candy」のようなOrgan BarっぽいFreesoulの流れのある曲や、なんとTodd RundgrenのようなPop曲までもを連続プレーし、そこからGipsy Kings → Michel Fugainへと熱く持ってく辺りもイイですね!!
 House的な考えで行くと、宇宙っぽい部分でフロアーにいるダンサーを焦らし、段々と上げて行き、Michel Fugainで爆発!みたいな考えがあったのかな?? どうなんでしょう??



 そんなわけで、風邪とは全く関係ないですが、流石の辰緒さんな作品でした(^0^)

 今回もなんとか自前レコで紹介できて一安心・・・だけど、収録曲は写真に貼ったレコでは太刀打ちが出来ないくらいレアなのも多いですよ(^^;)





<Release Date>
Artists / Title : 須永辰緒 「Organ b. Suite No,4 - Gemini Ⅳ Space Nova!」
Genre : RareGroove、Freesoul、Jazz、Soul、House、Breakbeats、HipHop、AOR・・・
Release : 1997年~1998年ぐらい
Lebel : Organ Bar No Number

Notice : 気づいたら最近になりCD再発がリリースされました。




ps 大晦日に毎度の「2011年Mixtape Troopers大賞」を発表しますね・・・今から考えますが、今年はどうなるんでしょう??






スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック