HipHop,R&B,Soul,Funk,RareGroove,DanceClassics,Garage,House・・・など、私が気に入っているMixTape,MixCD,その他もろもろを紹介するブログです。
中村智昭 「Free Soul Underground 2002/4/27」
DSC08168.jpg

 意外にも平日更新です!!

 先週より以前書いた「Freesoulに関する本」の記事で、コメント欄が盛り上がったので、忘れないうちに書いてみました・・・
 セバスチャンさん、お待たせしました・・・探してみたら、思い違いであんまり持ってなかったです(--;)

 あと、この記事を読むにあたって、Free Soulのことがイマイチ分からないようであれば、上記でリンクが貼ってある昔書いた記事をご参照ください・・・無駄に長いですよ(^^;)


DSC00886.jpg DSC08169.jpg

 このテープは、日本のクラブ/音楽シーンにおいて、重要な変化をもたらしたパーティー「Free Soul Underground」のミックステープです・・・恐らく、クラブ入場者へのノベルティーの一つだと思います。

 以前、結構気合をいれて書いたFree Soulですが、DJ文化以降の音楽だけに「選曲」という行為は重要視されてて・・・それこそ橋本さんが監修してた各種コンピレーションCDだったり、クラブプレーだったり・・・DJという行為があってこそ生まれた音楽だと思います。
 
 ただ、選曲という行為は、時として障壁もある訳で・・・メジャーでCDを作ろうとしたら権利の壁などがあり、自由な選曲が出来ないこともあると思います。
 橋本さんのコンピに関しては、そんな壁をブチ壊す絶妙の選曲感があるのでアレですが・・・そんな壁のないクラブプレーは魅力的でしょうし、アンダーグラウンドなミックステープも魅力的でしょうね・・・

 
 そんなわけで、このテープ、詳細は不明なのですが、橋本さんの後輩筋にあたる「中村智昭」さんが選曲(DJミックスはなし)をしたテープで、ジャンルレスな選曲がFree Soulらしく、きらりと光る良さがあります。

 インデックスを見る限りだと、2002年4月27日に新宿・otoで開催したパーティーで配布されたようで・・・こういうのって数は少ないはずなので、結構貴重かもしれないっすね。
 ちなみに、若かりし頃に知り合いと着飾ってotoに行ったことがありますが、なんか馴染めずにすぐに退散し、はしごで別のクラブ(確かairでToshiyuki Gotoさんのパーティー?)に行って、踊りとは無縁な服で踊ってたような気がします(^^;)

 こういうパーティーのみで配布したり、そのパーティーの名前を使ったミックステープって結構ありますが、そのパーティーの雰囲気を広める役割があり、結構重要だと思います。

 初めてそのパーティーに行き、テープを貰って家で聞いたら良かったから次もパーティーに行く・・・みたいなこともあるだろうし、収録されていた曲を通して、そのパーティーが伝えたい音楽を勉強したり・・・プラスの効果が多いかな~と思います。
 つまり、そのパーティーの「雰囲気」を明確に伝え、聞いた人に影響を与えられるツールとして珍重されてたということで・・・そのパーティーの個性が際立っており、総じて内容がイイものが多く、テープコレクター的には外せないジャンルですね!!

 ちなみに、Free Soulのテープは・・・絶対にもっとあるはずなんだけど、私はコレ1本のみを所持です・・・
 apres-midiのが2本(relaxのノベルティー?)ありますが、パーティーで配られたヤツには敵わない・・・って感じで、この記事を書きながら、パーティーで配られたテープがもっと欲しいな~と思ってしまいました(^^;)


fs_001.jpg fs_002.jpg
fs_003.jpg fs_004.jpg

 では、作品の紹介に行ってみましょう!

 中村さんが主催するパーティー/活動である「Musicaanossa - ムジカノッサ(ポルトガル語、僕たちの音楽の意味)」を主題に置いた内容で、中村さんが考えるFree Soulが上手く表現されているかな~と思います。

 A面では「Welcome! Entrance Disc For Musicaanossa Generation」として、Free Soulの次の世代(それこそ橋本さん→中村さんの世代)に贈るクラシック的な選曲になり、これが「Free Soul予習編」みたいで大変良いですね!!
 写真に上げた曲(今回は借り物写真)がそうで、「Spinners / It's a Shame」のような定番Soulや、「Young Disciples / Get Yourself Together」「A.T.C.Q / Bonita Applebum」のようなFree Soulとしては新譜系の曲、そして「Oasis / Whatever」といったロックものまでプレイしてて・・・幅の広さにヤラれますね!!

 また、B面では、曲名は分かりませんでしたが、JazzやBrazil、RareGroove、Houseなど・・・単純にMusicaanossaで評判を呼んだ曲を選曲してるみたいで、ジャンルレスな選曲が聴け、相対的に「暖かい」感じのまとめ方が素敵だと思います。


 Free Soul(そしてこの影響下にあるMusicaanossa)という存在/概念を考えると、正に「正解!」って感じの選曲で、昔の曲の掘り起こし/選曲をしつつ、新しい曲も積極的に取り入れている姿勢が出てますね・・・個人的にはOasis辺りまで選曲しちゃう懐の深さは素敵ですね!!
 ただ、ジャンルレスなんだけど、一定の「美意識」や「気持ちよさ」みたいのが維持されていることこそ、音楽としての「Free Soul」そのもので、この辺が生きたテープなのかな~と思います。




 紹介としては以上ですが、なかなか内容の良いテープだと思います。

 個人的な予測だと、Free Soul系については、現場で配ったテープがもっとあるはずだと思うんですよね・・・橋本さん辺りのテープは是非聞いてみたいですね(^0^)
 ただ、この辺のテープ、殆ど市場で見ることが無いので・・・今後も掘っていきたいですね!!




<Release Date>
Artists / Title : 中村智昭 「Free Soul Underground 2002/4/27」
Genre : Free Soul - Soul、UK Soul、Hip Hop、Rock、Jazz、Brazil、RareGroove、House、Breakbeats・・・
Release : 2002年4月
Lebel : No Label No Number
Track List : No List






スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック