FC2ブログ
HipHop,R&B,Soul,Funk,RareGroove,DanceClassics,Garage,House・・・など、私が気に入っているMixTape,MixCD,その他もろもろを紹介するブログです。
三木道三 「Miki-FM 1997ヘルス」
DSC08267_01.jpg

 レゲエのテープは久しぶりの紹介ですね・・・去年ぐらいからレゲエのテープも捕獲対象になったので、気合を入れて掘っていますが、なんで紹介をしないんでしょうね~(^^;)
 ただ、買ってると分かることが多く、日々勉強です・・・頑張ろ~っと!

 では、ミックステープ的には「歴史的な名作」な一本のご紹介します!!

 レゲエが御好きな方ならもちろんですが、日本語ラップが好きな方にも注目を頂きたいテープです(^0^)


mikidozan.jpg

 この作品は、レゲエDeeJay/Singerの「三木道三(みきどうざん)」(現・DOZAN11さん)さんが1997年7月にリリースしたテープアルバムです。
 発売当時、レゲエ界を超え、HipHop業界でも話題になった一本で、コレで三木さんの存在を知った方は多いかもしれないですね・・・

 三木さんのことに関してはWikiなんかを見て頂ければ良いかと思いますが、一般的には大ヒットした「Lifetime Respect」の印象が強く・・・下手したらコレのヒットが原因で「一発屋」なんて言われてますね・・・
 ただ、三木さんに関しては90年代中頃よりマイクを持ち、全国の現場をロックしてきた実績があるので、一発屋という表現は正しくないです・・・実力があったから全国でヒットしたんですよ!!

 そんな三木さんが、メジャー活動をするかなり前に出したのがこのテープで、三木さんが「全国の現場をロックしてきた」ことが分かる作品と言っても過言ではないと思います!! 

 作品としては三木さんがラジオ番組風に話をしながら三木さん関連の曲をプレイしていく感じで、結果として三木さんのテープアルバムのようになっています。

 そして、なんで「全国の現場をロックしてきた」ことが分かるかというと、日本各地で活動をしてるサウンドの「三木さん関連のダブ」をプレイしてるからです!!



『Mighty Crown Shout → Jam Massive's Dub』

 言葉だけでは上手く説明が出来ないので、音源の一部をサンプルとして説明用にアップしましたので、聞きながら以下の説明をお読みください・・・

 上の動画では、あのMighty Crown(!)からシャウトが入り、そのまま三木さんがラジオ調に喋りながら次の曲を紹介していくのですが・・・紹介する曲が広島を代表するサウンド「Jam Massive」が作成した三木さんのダブをプレイします!!

 1曲目からヤバくって、現在も活動をしているレゲエシンガーMachacoさんと「●フィー」の替え歌ダブで、2曲目が三木さんのヒット曲「Japan 一番」のJam Massive仕様のダブ、そして3曲目がLifetimeにも通じる三木さんの名曲である「君はもみじまんじゅう」のダブで・・・どの曲も広島仕様で最高ですね!!
 もみじまんじゅうはモロに広島ですが、パ●ィーの替え歌は制作者の奥●民●さんが広島出身であることを踏まえると、広島のサウンドがコレをダブるのは最高ですね!!

 ダブが分からない方もいるので補足しておくと、レゲエではクラブなどでプレイするサウンド(=他のジャンルだとDJですね)は、既存のレコードの曲をプレイしつつ、サウンドが独自にアーティストに依頼して録音した曲をプレイする流れがあり、その独自の曲が「Dub(ダブ)」になります。
 上の動画をよく聞くと分かるのですが、既存の曲を歌いつつも、その歌詞自体にそのサウンドのことや、サウンドが活動している場所の内容を入れたりしてて、そのサウンドがプレイする前提の曲になっている特別の曲であることから、一部では「スペシャル」とも言われています・・・

 このダブの存在はホント重要で、DJプレイにおける特色になるし、他のサウンドとの差にもなるので、各サウンドとも気合を入れており・・・聞く側としても驚きがあって大変面白いですね(^0^)



『Japan 一番 Dub : Red Spider、Samurai Super Power、Big Bang、King Ryukyu

 そう、この作品では「ダブ」が肝になっていて、全国で活動をしているサウンドが録音した「三木道三ダブ」を、三木さんがそのサウンドから借りて、それをテープでプレイする・・・という、ありそうでなかった内容になっています!!

 音源を提供してくれたサウンドとしては、上の動画のように、大阪のRed Spider、愛知のSamurai Super Powerや沖縄のKing Ryukyu、マニアックなところだとMighty Jam Rockの前身ともいえるBig Bangなどがダブを提供しており・・・レゲエファンなら相当ビビる内容になっています!!

 特に、ダブにしやすい三木さんの名曲「Japan一番」であれば、それぞれのサウンドに合わせて歌詞を変えていたり、バックトラックもサウンド側が考えた内容にしてたり・・・もう最高ですね!

 三木さん自身も、このテープの中で「ダブは既存曲にはない魅力があって面白い!」みたいなことを発言しており、ダブの魅力を分かった上で、こういう内容にしたんだと思います。

 テープ全体では、そのサウンドを讃える内容にしやすい「Japan 一番」のダブが多いのですが、お得意(?)の替え歌も多かったり、どの曲も歌詞やアイデアが面白く、そのサウンドの個性と三木道三という個性がしっかりと生きた内容を集めているので、テープ全体のバイブスが半端なくなっています!!
  

 ただ、ここで重要なのは、この三木道三ダブは「三木さんが依頼を受けて作った曲」という点で、最初の方で指摘した「全国の現場をロックしてきた実績」でもあるんですよね!!

 ダブって、そのサウンドが「お願いしたいアーティスト/楽曲」や「認めたアーティスト/楽曲」じゃないと作らない訳ですよ・・・
 つまり、現場を盛り上げられる「実績」がないとDeeJayにはお声がかからない訳で、DeeJay側としてはイイ曲を作ることに加え、現場でのパフォーマンスにも求められる部分があり・・・変な話、ダブの多さがそのDeeJayの実力/人気のバロメーターになってると思います。
 
 この限りにおいて、三木さんの「Japan 一番」自体が全国の現場でヒットしたことや、先輩筋であるAckee&Saltfishらと全国の現場を回り、現場をボスってきたことがポイントで、そういった実績があるからココまでダブがあるんだと思います。

 また、録音したダブを提供してくれるサウンドからも、三木さんに対してリスペクトがなかったらダブを貸し出すことはないと思います・・・こういった点も実績の賜物かもしれないですね。



『Freestyle - Soul Scream』
『Freestyle - Mummy-D』
『Shout Out - MC Q,Tokona-X』


 最後に、このブログを読んで頂いている方は、日本語ラップが好きな方も多いと思うので、その辺の話もしますね・・・

 このテープでは、三木さんのダブのほかに、色々なアーティストがフリースタイルで参加しており、レゲエのアーティストに加え、日本語ラップのMCが参加しており、この点が白眉だったりします!

 上の動画では、Soul ScreamとMummy-Dのフリースタイルを繋げてアップしましたが、かなり真剣なセッションになっており、ここも聞きどころですね。
 他にもT.A.K the Rhyme HeadShingo 2などが熱いフリースタイルをかましてくれたり、シャウトでも上の動画の最後の方に入ってますがガリヤのQさん故Tokona-X(凄い存在感!)が参加してたり・・・日本語ラップ勢が多数参加しています。

 歴史的な話だと、この作品が出たとき、レゲエ界でも盛り上がりましたが、日本語ラップ業界でも話題になり、その流れで三木さんのことを知った記憶があります。
 実際に、このテープがCiscoとかHMVとかのHipHopコーナーで売られてたのを見た記憶があるし、YouさんのNight Flightでも話があったり・・・日本語ラップ業界ではかなり歓迎されてたと思います。


 ただ、ココで重要なのは、三木さんが積極的に「外」にも出かけていた点で、先ほどのサウンドからのリスペクトじゃないですが、日本語ラップ関係者からもリスペクトがあったから実現したのかな~と思います。
 
 あるジャンルに属すると、なかなか部門外のジャンルに行くってことは稀な中で、三木さんに関してはHipHopが中心ではありましたが、積極的に外に出ており、日本語ラップ勢と作品を作ったり、日本語ラップのライブなんかにも出演することがあったり・・・レゲエの枠を超えた活動をしてたようですね。
 この辺は意識の問題もあると思いますが、三木さん自体に「ジャンルに縛られない」考えがあったんだと思います・・・そう意識がなかったら、あの時期に「Lifetime Respect」を作れないよな~と思ったりしてます・・・どうですかね??





 う~ん、内容的にも歴史的にも面白い作品で、伝説にふさわしいテープです!

 レゲエ的な部分だと、当時のサウンドの雰囲気を伝えてくれたり、ダブの面白さを分かりやすく紹介(コレって重要かも!)してくれたり・・・何よりも「三木道三」というDeeJayの個性をダイレクトに表現してる点は最高ですね!!
 特に、こういう内容にしたというアイデアが秀逸で、ジャンル外でも受けてしまったという点を考えると、かなり優秀な部類のテープになるかと思います。

 中古的にはあまり出ない作品ですが、先月、ストック用に購入した際には1000円(だったかな?)位でした・・・個人的にはもっと高くてもいいのでは?と思っていますが、今となっては情報が少なさ過ぎてこんな位なのかな~とも思いました。
 まあ、アレですね・・・この紹介で評価が少しでも上向きになってくれることを願います・・・だけど、この辺のテープは殆ど出ないので、欲しい方は気合でディグってね!!






<Release Date>
Artists / Title : 三木道三 「Miki-FM 1997ヘルス」
Genre : Reggae、HipHop・・・
Release : 1997年7月
Lebel : Slow Cut Production No Number


Notice : 参加アーティストについて

 クレジットはされてないですが、製作においては三木さんの盟友である「DJ Double K」さんが参加してるっぽいです・・・ミックステープマニアな方には有名かと思いますが、90年代中期に傑作日本語ラップミックス「DJ Double K / 弐」を出した御方ですね!! マニアックな指摘でした(^^;)
 なお、完全な蛇足ネタですが、兵庫県の三木市というところには「Miki FM」が実際にあるそうですよ・・・正確には「FMみっきぃ」という名前で放送してるようです・・・レゲエの番組はやってるのでしょうか??




------------------------------------------------
<追記>2019/11/3 →11/17

 三木道山さんのTwitterで、このテープに関する重要な情報が報告されていました。
 この情報に触発されて、サンプル音源を復活させ、記事を少し修正しました。
 


●彼は音楽全般とても好きでヒップホップも下手したらレゲエ以上に好きでミックステープの制作販売もしてた。俺がアサオの実家でバイトした帰り交通事故を起こして、被害者に金を渡したいからダブを集めてミックステープを作りたいと相談したら間髪入れずに「MIKI FM」や!と彼は言い、2人で作り始めた。

●その時、どう言う経緯やったか10代やったジュニアもその時初めて会ってシャウトをもらったりサンプリングしたオケでプシンに歌ってもらったりラジオ仕立てで喋りながら各地サウンドのダブのミックステープなんてレゲエの感覚じゃなくて新鮮やった。
山本さんはとても行動力のあるアイデアマンやった。

●テープで出来た金とノウハウでCDアルバム作り、それをステップに国内メジャーと話し、ジャマイカ往復制作で大ヒットまでいった。他のジャンルやシーンと全然違う動きやったと思う。あの時のこと聞かせてって取材されるけど、山本さんとのライフタイム以前の時間の方が特筆すべきプロセスやったと思う。


 このTwitterが消えてしまうといけないので、必要な部分はコピペさせていただきました・・・

 このTwitterの書き込みは、三木さんが所属していたレーベル「大和レコーディングス」代表のプロデューサーである山本克則さんがお亡くなりになられたことを報告しているもので、その中で、このテープに関するエピソードが掲載されていました。
 
 このテープ、山本さんのアイデアで生まれたそうです・・・素晴らしいアイデアですね・・・

 三木さんも大変残念がっていましたが、こういった「素晴らしい裏方」がいたこらこそ、生まれた作品なのかもしれないですね・・・

 山本さんのご冥福をお祈りします。








スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
いつも楽しく拝見しています。

Miki-FMは、当時即完売で、探しまくった
1本なので、凄く懐かしいです。

天才と言われた三木道三ならではの
作品ですよね。
2012/03/19(月) 16:58:05 | URL | DJ Yoshifumi #-[ 編集]
うーん、相変わらず凄いとこ掘ってますねww

>「実績」がないとDeeJayにはお声がかからない訳で

これ微妙なとこなんすけど、若手だと「実績」もクソもないので、サウンドはダブもらえたりするんですよ。
とりあえずは知名度がないと話にならないわけで、まぁ解りやすい例でマイテ●クラウンとかレッ●スパイダーが自分のダブを現場でかけたら(しかもそれで盛り上がったりなんかしたら)アーティスト的には凄いプロモーションになるわけじゃないすか?

だからこの作品でも三木さん自ら名乗り出てサウンドにあげたダブ、けっこうあると思います。

でも皮肉なことに、そーいう「もらいダブ」の方が新人アーティストの「やってやるぜ!」的な気迫がみなぎってて名作が生まれたりするんですよね……。
ほんと、スキルも上がって、いいスタジオも使えるようになった頃には出せない「何か」がある。
だから三木さんの「やってやるぜ!」的なものが凄くいい形で結実した作品だと思います。

まぁパパビーも歌ってるけど

「若き日の情熱だけはそう、やっぱり金じゃ買えない」

は本当ですよ。

2012/03/19(月) 18:03:21 | URL | ソロバン #-[ 編集]
Re: タイトルなし
>DJ Yoshifumiさん

コメント、ありがとうございます!!
確かにすぐ売り切れてて、結構な数のBが買っていたように思えますよね~
ただ、レゲエだけど確実にB魂を掴んでた点は三木さんならではですよね(^0^)
では、今後とも宜しくお願い致します。


>ソロバンさん

コメント、ありがとうございます・・・というか、お待ちしてましたよ!!

なるほど~「もらいダブ」ってのがあるんですね・・・それは知らなかったです。
今回の紹介文的には『三木さんが一発屋と思われている→実はそうでなく、サウンドからリスペクトを貰ってダブを取ってる』みたいな図式を強引に文章化してしまったので、こういう表現になってしまったんですよね~

ただ、ダブ録りの文化ってホント面白いと思います・・・特にこのテープはダブの面白さを分かりやすく伝えてくれてて、イイんですよね・・・いきなりクラッシュ系のダブを聞いちゃうと理解できないところもありますからね~
その点、ダブをカジュアルに扱った点は三木さんのセンスの良さなのかな~とも思います。

では、今後とも宜しくお願い致します。


2012/03/20(火) 08:04:52 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
ユーチューブ削除されてますね(>_<)
すいません、本当に聞きたいんでもう一度アップしてくださいヽ(;▽;)ノ
2012/09/26(水) 21:08:34 | URL | ピラニア #-[ 編集]
Re: タイトルなし
>ピラニアさん

コメントありがとうございます。
残念ながら、当ブログのポリシーで、動画の再アップは行っておりません・・・
一応、記事を公開してから3カ月ぐらいは公開してたんですが、
記事の賞味期限が過ぎたので、こちらで削除をしました・・・
YouTubeは最近厳しく、あと1回「アウト」を食らうと、アカウントが削除になるみたいなので、
ここ最近はビビりモードで、危なさそうなのは消してるんですね・・・すみません!
では、今後ともよろしくお願い致します。
2012/09/26(水) 23:34:37 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
すいません、返信大変遅れました、そしてありがとうございます。
これからも頑張ってください(^-^)/
2013/02/06(水) 23:46:52 | URL | ピラニア #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック