FC2ブログ
HipHop,R&B,Soul,Funk,RareGroove,DanceClassics,Garage,House・・・など、私が気に入っているMixTape,MixCD,その他もろもろを紹介するブログです。
TBSラジオ 「CLUB EdGE」について(2020年4月更新)
DSC00622.jpg

 久しぶりの蔵出し音源の公開です!!

 もしかしたら知らない方が大多数かもしれないですが、かなり良い番組だったので音源を交えて紹介をしますね!





1.番組について

DSC00623.jpg

 今回は、1997年10月から1998年9月頃まで放送をしていた「CLUB EdGE(クラブ・エッジ)」というDJミックスをメインにしたラジオ番組を紹介したいと思います。

 この番組は、あの「沖野修也」さんがプロデュースをしてた番組で、なんとAMの「TBSラジオ」で放送されていた番組です・・・
 それも平日の深夜に月曜日から金曜日の間に「帯番組」として放送されていたという、大変素晴らしい番組でした!!

 時期的には、もろ「DJブーム」の真っただ中で、以前紹介した「Da Cypher」が1997年4月からのスタートを考えると、TBSも色気を出してこういう番組を作ったんですかね・・・
 ただ、後で説明しますが、かなり真面目な「DJミックス番組」となっていて、私自身もかなり聞かせていただき、凄く影響を受けました(^0^)

 そして、番組スポンサーは今は亡きCDショップ「WAVE」と、CDJを通してクラブ業界に足を入れていた「Pioneer」がメインスポンサーで、時間帯は深夜12:00から12:30までだったと思います。
 この時間帯は、中高生にとってはゴールデンタイムと言っても過言ではなくで、テレビもラジオも面白い番組が多かったですが、私自身はもともとTBSっ子だったので、かなりの頻度で、この番組を聞いていた記憶があります。

 内容としては「DJミックス」を主軸とした30分番組で、日替わりで色々なジャンルのDJが登場し、今となってはメチャクチャ豪華な番組だったかもしれないですね・・・

 上に貼った写真が、当時配布されていたスケジュール表になるので、興味がある方はクリックして大きくして見てください・・・

 流石、沖野さんが絡んでるだけあって、DJが超豪華で、辰緒さんもいれば、UFOの面子、そしてケン・イシイさんなどが確認出来ますね・・・私が聞いてた記憶だと、ホント色んなジャンルの有名DJが出演していたと思います。
 写真のスケジュール表ではJazz系にDJが偏っていますが、内容的には曜日ごとにジャンルが異なり、私はHipHopを中心にした水曜日を中心に聞いて、その他のジャンルの曜日も気になったDJがいれば聞いていました・・・後で紹介をするHipHop系のDJだけでも豪華なラインナップだったのが分かると思います。


DSC08193.jpg

 そして、この番組で放送されているDJミックスは、吉祥寺にあるパルコの上にあったTBSの公開収録用のスタジオで観客を前にライブミックスした音源を使用しており、この点もポイントだと思います。

 私自身はその公開録音に行ったことがないのですが、放送日の1週間前に収録を行ってたようで、番組を聞いてる限りだと、フリースペースに近い環境で誰でもDJのプレイを目の前で聞けたようです。
 それも平日の夕方5時頃から始まってたので、中央線沿線の高校生やDJ予備軍の方々は行ってた方が相当多いのでは?と思います。

 想像するに、暗いクラブでは良く分からないDJプレイが生で見れ、それも超豪華なDJラインナップとあれば・・・行かない方はいないでしょ!

 当時、この場所は、私自身が千葉方面の学校に行ってたので、行きたくても行けなかった場所ではありました・・・

 高校生の頃は、渋谷のレコ屋は無理して学校帰りに行ってましたが、吉祥寺まではさすがに行く勇気がなかったです・・・今思えば行っておけば良かったな~
 

DSC00349.jpg

 あと、もう一つ、この番組におけるポイントがあり、この番組はFAXでトラックリストが引き出せるという画期的(?)な仕組みがあったのも大きいですね!!

 今となっては知らない人の方が多いと思いますが、昔はある電話番号に電話をかけ、電話を聞きながら番号を押すと、特定の情報を引き出せるサービスが結構あり、この番組もある番号にかけると1週間分のトラックリストが引き出せ、私はかなり活用をしてました!!
 上の写真は、当時の自宅で引き出したFAXで、当時の我が家は感熱紙だったので、かなり色が飛んでますね・・・こちらも、クリックすると大きくなるので見てくださいね!

 ラジオ局って、こういう音楽番組を放送した場合は、JASRACに包括的な使用料を払うため、トラックリストを必ず作らなくてはならず、おのずとリストが発生したので、こういうサービスがあったのだと思います・・・

 ただ、このトラックリスト、ホント助かりました!

 Cypherだと、トラックリストは抽選で当てるかManhattanの店内に貼られてるのを見るかしかなく、プレイされた曲が何なのか分からないのが多かったですが、この番組だとちょっと待てばFAXで引き出すことが出来るので、知識を増やす上では大変役立ちました
 当時はHipHopが中心ではありましたが、流れでR&Bやネタモノのプレイの日もあったりしたので、結構勉強になりましたね・・・ただ、今思えば、せっかくトラックリストが見れるんだから、他のジャンルもしっかりと聞いておけば良かったな~とも思います。

 ちなみに、トラックリストに関しては、曲名などが間違ってたり、抜けてたりするケースも多く、今回、後で紹介するScratchのトラックリストは半分しか書いてなく、かつ曲名も間違ってたのが多く、今回は、自分の耳で書き直しました!
 きっと、横にいるスタッフの人が着いて行けない時もあったんでしょうね??


DSC08296.jpg

 ざっとですが、番組の概要はこんな感じです・・・

 当然のことですが、イイ内容の放送はテープに録音し、上記のような録音テープが多数残っていました・・・

 当時の私は、そんなにミックステープを買えなかったので、録音したテープを何度も聞いて、曲を覚えたり、DJの技術を覚えたり・・・かなり影響を受けたと思います。

 以下では、上記のテープから抜き出した音源を用いて、この番組のことを更に深く紹介したいと思います。
 
 なお、AM放送の録音なので、音はあんまり良くないのと、録音してたのがHipHopの回が中心で、他のジャンルは録音してなかったです・・・予めご了承ください。





2.音源の紹介

(1)番組の流れ


『オープニング』『エンディング』 ※それぞれ違う回の音源です

 では、この番組の概要の紹介を兼ね、まずはオープニングとエンディングの音源を紹介したいと思います。

 番組自体は、オープニングとエンディング以外は収録したDJミックスを放送しており、そのDJミックスが番組の中心(正味20分程度)になっていました。
 ただ、その日にプレイするDJの紹介とか、今後の放送スケジュールの告知などが必要になるので、女性MC(シュリさん??)がオープニングとエンディングで話をする、みたいな感じになっていました。

 上の音源ではオープニングとエンディングを入れており、前半のオープニングでは沖野さんと女性MCが内容の紹介をしていますね・・・
 普段、沖野さんが出ることは殆どなかったような気もしますし、オープニングにおいは、MCなしで始まる場合もあったと思います・・・

 そして、エンディングでは、次回告知とか公開収録の話、トラックリストのことなどを紹介しています・・・
 個人的には、このバックに流れてた曲(Common / Reminding Me)が凄く好きで、コレを聞くと「そろそろ寝る時間か・・・」と思いながら、寝る準備をしていたことを思い出しました(^^;)

 ちなみに、民放のラジオなので普通なCMも入るのですが、クラブの来日イベントなどを流してたりしてて、今聞いてると結構面白いイベントもありましたね~



(2)カッコイイDJミックス


『DJ Master Key / 日付不明』 ※新譜選曲


『DJ kensei / 1998/09/16』 ※Underground選曲


『DJ Yas / 1998/01/28』 ※日本語ラップ選曲

 とりあえず、分かりやすい内容の音源を3本紹介します。

 DJミックスは割と淡々と進みますが、それこそ当時の人気DJがプレイしてるだけあって、グッときますね!
 ここで紹介するのはDJ Master key、DJ Kensei、DJ Yasさんですが、当時の新曲を交えつつ、そのDJの個性に沿った選曲が聞けて面白いっすね!

 私の手持ちのテープで行くと、DJ Hasebe、DJ Hazime、DJ Watarai、DJ Taiki、DJ Kent、DJ Jin・・・などの音源が残ってて、HipHop系だけでもDJの人選は間違えなしとなっております!
 HipHop以外でも、有名どころがこぞって出演しており、かなり聞きごたえがあったと思います・・・当時としてはHouseとTechenoとDrum'n'Baseは割とプッシュされており、コレ系のDJは結構ブッキングされてたと思います。

 私自身、DJというか、HipHop自体がまだまだ勉強中だったので、ほんとこの番組の選曲を聞いて、新譜も旧譜も勉強しました・・・

 前述したトラックリストが見れたのも大きいですが、当時はこうやって曲を勉強したんですよね・・・面倒だったけど、今となっては良い経験になったな~と思っています!!



『DJ Spinbad / 1998/09/23』 

 さらに、国内のDJ以外にも海外のDJも頻繁に出演されていて、サンプルとして私のアイドルである「DJ Spinbad」大先生が出演した回の音源を紹介しましょう!

 海外系のDJは、日本にクラブツアー等で来日した際に、プロモーションの一環で出演するケースが多く、このSpinbadについては渋谷Harlemが企画したツアーに合わせて来日した際に、この番組に出演したようです。
 なお、Spinbadのプレイについては、大名作ミックステープ「That's My Sh?? !!」のB面のミックスをプレイしてて、後になって「ああ、あのミックスは営業セットだったのか・・・ただ、実演が出来るんだ!」と驚いたものです・・・ 

 正直、海外系のDJのは、私自身が知識が乏しかったので、そこまで聞かなかったようです・・・ただ、結構な有名どころが来ているはずで、この辺も沖野さんの手腕があったからかもしれないですね!

 あと、本当はここで紹介すべきDJがいるのですが、あえて下の特別枠で紹介しますね・・・



(3)サイドMCも登場


『DJ Jin feat Mummy-D / 日付不明』


『Top Drunkers(Mummy-D & Maki The Magic) / 1998/04/29』


『DJ Hazime feat Shakkazombie / 1998/02/18』

 そして、HipHopのプレイでは、DJによってはサイドMCが入ることがあり、これが今となってはグレイトです!!

 例えば、上の音源では、RhymesterのJinさんがDJで、サイドMCはMummy-DさんがサイドMCをしています・・・
 JinさんはFunk系の選曲をしてて、Dさんはサイドキックに徹する感じですが、恐ろしいのが、当時リリースしたばかりの「B-Boyイズム」をライブで披露する(Promo Onlyのパチアツで!)という展開があり、非常にグッときますね!!

 また、Dさん繋がりで、伝説の酔っ払いDJユニット「Top Drunkers(Mummy-D & Maki The Magic)」の出演があったり、HazimeさんのサイドMCとしてShakkazombieが入る回があったり・・・いやいや、豪華でしたね!!

 番組的には、DJをメインにした番組ではありましたが、ラッパーにも焦点が当っていることも多く、私の記録だと、WataraiさんのサイドでGore-Texがついたり、HasebeさんのサイドでCo-Keyがついたり、ラッパーの登場率も高かったと思います。

 この辺は、沖野さんのディレクションがあってなのかな・・・流石です!!



(4)ライブ音源


『The BT'X / 1998/09/09』 ※バトル系DJ集団のプレイ

 また、一般的なDJミックスだけではない回もあり、DJ Missieが所属していたバトル系DJ集団「BT'X」のように、DJセッションの「ライブ音源」を放送する回もありました。

 コレ系だと、メジャーデビュー直後のMoominさんが、トークショウを挟みつつ「Moonlight Dancehall」を披露(!)するなど、ライブも結構豪華な人選だったと思います。



『DJ Krush & Rino / 1998/01/02』 ※Rinoライブ

 そんなライブもので特にキラーなのがこの音源でしょうか・・・

 上記は、1997年11月23日に西麻布Yellowで行われた、この番組主催のクラブイベントの模様を放送したのですが、なんとDJ KrushさんをバックDJにRinoがライブをしております!!

 イベント自体はKrushさんがDJプレイをして、その流れでライブがあったようなのですが、Rinoのソロ曲を挟み、最後にボムがありますよ・・・

 なんと、Krushさんが「証言」をプレイし、Rinoの他にその場にいたYou The RockとTwigyでライブになだれ込みます!!
 もー、聞いてるだけで鳥肌が立つ展開で、Krushさんも粋なことをしますね・・・観客の声は少ししか入りませんが、きっと合唱してるでしょうね(^0^)



(5)私とClub Edge

 別にセクションを分ける必要はないのですが、コレだけは聞いていただきたい音源があり、別枠で紹介します・・・ドープですよ!!



『DJ Scratch / 1998/08/12』 ※UBBミックス!

[Track List]
Disco Dave & The Force of the Five MC's / Hight Power Rap
Freedom / Get Up And Dance
20th Century Steel Band / Heaven And Hell
Banbarra / Shack Up
Bo Diddley / Hit Or Miss
Eastside Connection / Frisco Disco
In Search Of Orchestra / Phenomena Theme
The Brothers Johnson / Ain't We Funkin' Now
La Pregunta / Shangri La
Esther Williams / Last Night Changed It All
Incredible Bongo Band / Apache
Cheryl Lynn / Got to Be Real
James Brown / Get Up, Get Into It, Get Involved
The Mohawks / The Champ
Afrika Bambaataa, Afrika Islam and Jazzy Jay / Fusion Beats Vol. 2

 この回は、私にとっての「神回」になり、これを紹介したいがために、今回の記事を書いていると言っても過言ではないです!!

 この音源は、あのEPMDのDJであるDJ Scratchのミックスで、先ほどのSpinbadと同様に、1998年8月に渋谷Harlemの企画で来日した際のミックスです・・・
 当時、EPMDは好きなクループで、特にフック擦りが印象的だったことから、おのずとDJ Scratchのことが気になり、当時、ラジオを録音したのだと思います・・・

 そして、衝撃だったのがミックスの前半~中盤で、なんと「Ultimate, Breaks & Beats」のみを使用したブレイクビーツセットで、鬼のような2枚使い&スクラッチが聴け、HipHopがお好きな方なら悶絶必死な内容になっています!!

 一応、コレ系が分からない方もいると思ったので、私の耳でトラックリストを書き起こしましたが・・・もう、最強すぎます!!

 HipHopの元ネタ/基礎たるブレイク系の曲達を、擦り倒し、鬼カッコいいテンションを出してるのが素晴らしいですね・・・これこそ「HipHop」でしょう!!

 また、これはPCではなく、完全アナログ2台でのプレイでDJしてるんですからね・・・

 それこそ、Got To Be Realの2枚&トランスフォーマーなんかは、タンテから炎が見えそうな具合な勢いで、今の時代に忘れてしまった「何か」を教えてくれますよ・・・

 私自身も、この「HipHopが既存の曲を2枚使いをして別の曲に仕上げちゃう」ことの凄さにやられ、すぐにUBBを買い始め、DJスキルを磨いていきました。
 ほんと、このミックスをきっかけに、2枚使いを覚えたり、トランスフォーマーを覚えたり・・・たいしたレベルではないですが、かなり腕を上げたし、HipHopが更に好きになり、他のジャンルの曲もチェックするようになりました・・・

 最終的には、Scratchの域までは到底届きませんでしたが、ある程度はGot To Be Realでカッコよく擦れるようになったし、ブレイクのある曲はつい2枚レコードを買ってしまったり・・・今の私の原点があります!


※Scratchの音源について
 YouTubeでは前半~中盤のみの音源です。残りの後半も含めたミックスは、下記のSoundcloudにアップしてあります。よろしかったらこちらもどうぞ!


● DJ Scratch Breakbeats Mix 1999





3.まとめ

 本当はもっと紹介したい音源がありましたが、こんなもんで・・・でも、かなりヤバい内容だったのが分かるかな~と思います。

 DJに関するラジオ、特にHipHopであれば「Night Flight」だったり「Da Cypher」の方が聞いてた方は多いでしょう・・・

 ただ、この番組はこの番組で、ほんと価値があったと思います!

 例えばTBSが製作したことから、一部の地方局にはネットをしてたようなので、地方で聞いてた方もいるようです・・・
 また、この記事ではHipHopの側面でしか紹介はできませんでしたが、色んなジャンルのトップDJのミックスがバランスよく聞けた点も大きいですね・・・

 この番組が歴史の影に隠れてしまって部分はあるでしょう・・・ただ、こうして記事で紹介することでリスペクトが示せればと思います・・・

 TBSさん、沖野さん、その他の番組に関わった皆さんへ・・・ありがとうございました!!






-------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------
<オマケ>
TBSラジオ「宮川賢の誰なんだおまえは? / DJ Fumiya in the House」1997年頃??


『その1』impeschルーティーン、スクラッチ練習
『その2』浪曲とカッコウでスクラッチ


 きっと、ココで紹介しないと、他で紹介するところがないので・・・TBS繋がりで紹介しましょう!!

 これから紹介する音源は、あのRip SlymeのDJである「DJ Fumiya」さんが16歳の高校生DJ時代に出演してた番組で、色んな意味で「美味しい」内容になっています!!

 まず、この音源は、2012年現在、TBS・土曜の名物番組「パカパカ行進曲」を担当する宮川賢さんが、15年くらい前に平日夜10時台のヤングゾーンで放送をしていた「宮川賢の誰なんだおまえは?」という番組内で放送をしてたミニコーナーです。

 今の若者には分からないかもしれないですが、ラジオ業界では、平日の夜10時台は「ヤングゾーン」というくくりで、中高生向けの帯番組を各放送局がこぞって放送しており、一時期はメチャクチャ盛り上がっていました!
 それこそ、ある番組で「??公園で中継してますよ~」と話すと、夜の10時ごろなのに200人ぐらい集まったり、クラスではTBSvsニッポン放送vs文化放送で論争をしたり・・・なかなか香ばしい時代がありました(^^;)

 そして、私は・・・相当なラジオっ子だったと思います!

 それこそ、小~中学生ぐらいにラジオを聞き始めたのですが、こういったヤングゾーンの放送を聞いてラジオが好きになった経緯があり、宮川さんの前の前に放送していた岸谷五郎さん(今は俳優さんですね!)の「東京Radio Club」を聞いてたので、その流れで宮川さんの番組も聞いてました。
 その後、深夜放送も聞き始め、今は聞かなくなってしまいましたが伊集院さんの番組やコサキンは熱心に聞いており、現在は朝の森本毅郎さんの「スタンバイ」を聞きながら朝支度をしたり・・・ラジオはTBS一本の人生でございます(^^;)
 
 そして、これらのヤングゾーンの番組は、メインパーソナリティーの元、日替わりで色々なコーナーがある感じになっており、その一つが今回紹介するFumiyaさんが出演してたコーナーになります。

 聞いてみれば何となく分かると思いますが、DJ素人である宮川さんを、高校生DJであるFumiyaさんが指導する・・・みたいな内容で、今聞くと失笑な感じもしますが、当時は「うっ、上手い!」って思いながら聞いてました。
 
 Fumiyaさんは、当時は「高校生DJ」として脚光を浴びており、各種大会で優勝したり、以前紹介した雑誌「東京ストリートニュース」で大々的に取り上げられてたり、同年代からすると「憧れの的」だったかと思います。
 たしか、お兄さんがEast Endのバックダンサーをしてたので、業界に近く、先輩達に可愛がられてた側面もあったかと思いますが、コレを聞いても「上手い」のは明白で、スクラッチもさることながら、選んでくるインストも渋く、結構勉強になりました。

 上記の内容だと、浪曲でコスってるのも上手いと思うし、宮川さんにスクラッチの練習指導の時のバックトラックが「Das Efx / Real Hip Hop(Pete Rock Remix)」っていうのも渋いですね・・・「Da Grassroots Music / Drama」のインストもよく使ってましたっけ・・・
 やっぱり非凡な才能があったんですね・・・ただ、Fumiyaさんの話し方が、大変かわいいですね(^^;)



『Rip Slyme ライブ(Rewind)』

 そして、もう一本・・・こっちは日本語ラップマニアにとってはボムかも??

 まず、Fumiyaさんは、今となっては「Rip Slyme」の一員としての認識が高いと思いますが、歴史的には後で入ったメンバーになります。
 ただ、加入前から先輩として付き合いがあったようなので、そのFumiyaさん加入前のRip Slymeがゲストで出た回があり、初期の名曲である「Rewind」をライブしてます・・・

 この頃はモロPharcydeっぽいですが、こういうのは嫌いじゃないっすね・・・ただ、出だしで間違ってる辺りがイイですね(^^;)


 ちなみに、超蛇足な話ですが、現在は天気予報士として出ることの多いTBSの小林豊アナウンサーは、90年代当時、趣味でDJをしてて、小林さんが出演してたラジオ番組(恋する電リク・ビンゴボンゴやYo-Ho)で、DJネタをさり気無く出してた記憶があります。
 奥さんに黙ってCDJを買っちゃった話や、周りに関係なくHipHopの話をしてたり・・・子供心に「この人はカッコいい人だ!」と思っていました(^0^)


 では、音源公開ネタは以上です~
 その内、音源は消してしまうかもしれないので、保存したい方は適当に保存してくださいね~





----------------------------------------------------------
<編集情報> 2020年4月29日
 記事で紹介していた音源を再アップロードしました。
 また、再アップロードに合わせて、記事の一部も編集しました。

 どうやら、数年前にYTの音源を消していたのに、ここでは告知をしなかったみたいですね・・・すみません(^^;)
 なお、以下の記事を紹介するにあたり、この記事を引用したため、今回の編集を行いました。併せてお読みくださいね~
 
● DJ Cash Money 「Vybe To The Cloud」








スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
クラブエッジ
僕も当時、クラブエッジ聴いてました。

その時、中3とか高1ぐらいだったんで、お金も無くて、タンテ欲しいなぁ~なんて思いながら聴いてました。当然、エアチェックしてテープが擦り切れるまで聴いてました…テープ代もばかにならないので好きじゃない回はまた上から録音して…みたいにやってました。

DJに憧れていたんで、片っ端から新聞のテレビ・ラジオ欄とか見て、DJ関連の番組を探していたことを思い出します。サイファーもナイトフライトもそうやって見つけました。

クラブエッジは、放送では30分のミックスショーでしたけど、実際はもっと長くやってたみたいで、現場に行けなくて悔しかったですね。

あと、DJ JIN(DJ)×MUMMY-D(MC)の回もありましたけど、MUMMY-D(DJ)×MAKI THE MAGIC(MC)の回もありました…トップドランカーズとして紹介されてて。

Nutural Fourの"Count On Me"はDさんのプレイで知ったんですよね…あと、Steavie Wonderの"Too High"をかけたりして。B-BOYイズム発売前だったか後だったか、それぐらいの時期でした。

古き良き日というと、10代の人達にはオヤジの小言みたいに聞こえるかもしれないけど、たしかにそう断言出来るだけの熱い時代がありました。

今はラジオよりユーストリームとか聞いたりするのでしょうか。デジタルの進歩もあって、個人で活動出来る幅があの頃と比べたら断然、広がりましたから、その分、細分化されて大きなムーブメントにもなりにくい現状もあるのかもしれません。

小さくてもいいから自分の力で広げていくアナログ感覚があったから、より深みにはまって行ったし、情熱的に取り組めたのかなと思います。

なんか凄くいいものを見せて頂いた気がします。記事を読みながら、また火が灯ったような…あの頃の情熱を思い出しましたね。純粋に、向こう見ずに突っ走るあの感覚…初期衝動の塊。

また人前でDJやりたいな…新しいビート作ろうかな…そんなことを思いました。


雑文失礼致しました。
2012/04/01(日) 21:33:38 | URL | Mr.Sunny #HpxSj1NI[ 編集]
アップご苦労様です!
僕も当時、水曜は放送を聞きながら録音して、翌日もショックウェーブで聞きながら学校に通っていた年齢です笑

先にyoutubeにコメントしてしましいましたが、scratchの回は当時テープが擦り切る程聞いていたので、思わず保存してしまいました。
今聞いてもカッコいい2枚使いですよね。

重ねて御礼申し上げます!

2012/04/01(日) 23:35:27 | URL | ラン(@hititlan) #mQop/nM.[ 編集]
Re: タイトルなし
>Mr.Sunnyさん

コメント、ありがとうございます!!

この番組は、今となっては話題になることは少ないですが、結構重要な番組だと思ったので、いつか紹介しよう・・・と温めていたので、反応を頂き嬉しいです(^0^)
私もオヤジの小言的なことも書こうかな~と思っていましたが、昔は何もなかった分、こういったラジオを真剣に聞いて育ってきたんだよ・・・みたいなことは伝えたかったので、それは書けたかな~と思います。

あと、Top Drunkersの回、実はアップはしたのですが、Youさんから注意が入ったので消しちゃったんですよね・・・私もあの回は、MakiさんのMCとDさんの選曲の良さにヤラれてました(^0^)
また、私もテープをつぶしながら録音してていましたよ・・・イイ録音がたまったら編集して1本にまとめるスタイルでしたが、よく聴くと、録音の合間に前に録音した内容が出てきて、突然B'Zが流れてきたりしてました(^^;)

では、今後とも宜しくお願い致します(^0^)



>ラン(@hititlan) さん

コメント、ありがとうございます!

私も同じです・・・オンタイムで聞きながら録音し、次の日はショックウェーブに入れて聞きながら通学してました!
あと、Scratchの回・・・コレは死ぬほどヤバいっすよね!! あんまり綺麗に録音出来ませんでしたが、ヤバさだけは今でも変わりがないですね!!

なんか、どのくらい反応があるのかな~と思いながら書いていましたが、しっかりと同じことを思いながら聞いてた方がいてくれたってことは凄く嬉しいですね!

では、今後とも宜しくお願い致します。



 
2012/04/02(月) 23:03:54 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
CLUB EdGEの企画か定かではないんですけど、
確か吉祥寺のパルコでムロ氏が回していたのは、見に行きましたね~。
CLUB EdGEだったのか?確かこの時期…、
記憶が曖昧なんで、あれなんですけど…。
確かすごい盛況っぷりだったと思いますw
2012/04/03(火) 12:07:15 | URL | bel #-[ 編集]
Re: タイトルなし
>belさん

コメント、ありがとうございます!
えっ、MUROさんも登場してましたか・・・それは見たいですね!!
あと、盛況だったんですね~ 私も見に行きたかったです(^0^)

では、今後とも宜しくお願い致します。


2012/04/03(火) 21:42:58 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
自分がよく見てる高知のラッパーさんのブログでも紹介されてましたよ♪

http://hoodage.blogspot.jp/search?updated-max=2012-04-04T00:00:00%2B09:00&max-results=1
2012/04/04(水) 02:05:04 | URL | ソロバン #-[ 編集]
Re: タイトルなし
>ソロバンさん

いつもコメントありがとうございます!
本当に紹介されてますね・・・人に紹介されるのはちょっと恥ずかしいですが、嬉しいですね~
報告、ありがとうございます!!


2012/04/05(木) 22:19:54 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
お初です。素晴らしい内容のブログに感銘しコメントさせて頂きました。部屋を片付けていたら、今となっては懐かしいカセットテープが出てきました。当時、少ないお小遣いで買いあさったMIXテープや録音したクラブエッジなど多数発掘出来ましたが、今、改めて聞いても素晴らしい番組、内容ですね!当時高校生くらい?だった私は自転車通学しながら、安いウォークマンで聞いていたっけ。年齢がバレてしまいますが、クラブエッジ、ZEEBRA、YOUTHEROCKのラジオ(番組名は覚えておりませんが)フューチャートラックスはまさに鉄板番組でした。今時は即パソコンや携帯で!というスタイルでしょうが、ラジオはやはりまだまだ捨てれません(笑)
アナログな人間ゆえ?久しぶりにターンテーブルを引っ張り出してこようと思います!
コメントを書いていたら、年甲斐も無く気持ちが高まってきました(笑)
またこういう番組が出てきて欲しいですね!
クラブエッジに限らず、上記の存在は、もっと世の中に知られるべき番組だと思います。
2013/02/17(日) 00:53:03 | URL | リック #JWnbMjSA[ 編集]
Re: タイトルなし
>リックさん

こちらこそ、初めまして!! コメントありがとうございます(^0^)

いや~、嬉しいですね・・・私は現在32ですが、きっと同世代でしょう・・・
ブログをやってて、思ってしまうのが、昔は昔で今と違って便利では無かったけど、それはそれで素晴らしかった・・・そんなことが多く、記事を書いてたりするのですが、同じ空気を吸っていた方に反応して頂けるのは凄い嬉しいです(^0^)
安いウォークマンってラインもいいですね・・・多分Aiwaとかじゃないですか?? 私も一時期使ってたので分かります!!

ちょうど、休日潰して出張に行き、疲れて帰ってきた所で、コメントを頂き疲れが吹っ飛びました(^0^)
同世代の方にはツボな過去記事が色々とあると思いますので、是非読んでくださいね!!
あと、タンテも是非出してみてくださいね!!


2013/02/18(月) 00:38:37 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
早速のコメント有難う御座います
同世代で、今現在30になりました(笑)安ウォークマンですが、お察しの通りです♪アイワ→フナイ→最終的にはソニーの録音再生出来るMDになりました。後になってハードオフにて、B-BOYの憧れショックウェーブを購入したのは内緒でお願い致します(笑)
不明タイトルの番組ですが、ジブラのビートトゥザライム、ユウザロックのプロフェッショナルエンターテイナーと言う番組名でした。
それと、MDで思い出しましたが、当時はクラブ系音源は大抵新品CDまたはレコードを購入するしか無かったのですが、ミュージックデリなる機械も登場し、録音再生モデルのMDが活躍しまくったのは懐かしいです☆
まぁ、今で言う、Iチューンの走りでしたね!
タンテも無事に救出し?ホコリ等を掃除中で、今度の休日が待ち遠しいです(笑)
当時、少ない情報の中で探しまくった事を考えると、あの頃の自分のバイタリティというか、執念?は凄まじいモノがありました(笑)今の高校生とかは即ネットが使える環境だろうから、エアチェックのWブッキングとかの苦労は分からないかも知れませんね。
出張疲れが残っておられるかもしれない中でのコメント、大変失礼致しました。
追記、出先で中古レコード屋を見つけると、条件反射で足が向かいます。習慣ってコワイものですね(笑)
2013/02/18(月) 23:06:33 | URL | リック #JWnbMjSA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
諦めないで下さい!恐怖症は、決して治らない病気ではありません。恐怖症の改善、パニック障害やあがり症、に関連した症状について情報を集めました。
2012/04/25(水) 08:25:32 | 恐怖症が自分で改善できる!恐怖症完全改善プログラム