HipHop,R&B,Soul,Funk,RareGroove,DanceClassics,Garage,House・・・など、私が気に入っているMixTape,MixCD,その他もろもろを紹介するブログです。
Beams Records 「Beams Records Launching In The Autumn,1999」
DSC08430.jpg

 う~ん、これは上手く撮影が出来ませんでした・・・すみません(^^;)

 知っている方は殆どいないかと思いますが、この「外観」はミックステープ・コレクターなら絶対に手が出てしまいます・・・実際、私も入手するのに結構苦労したテープで、マニアなら堪らない一品ですよ(^0^)


DSC08433.jpg

 このテープは、あの有名洋服ブランド/ショップである「Beams(ビームス)」が1999年に「Beams Records」という音楽ブランド/レーベルを立ち上げた際に製作されたと思われるモノで・・・我らのMUROさんの大名作である「Superシリーズ」の2本組み仕様ケースで制作されたテープになります!! 
 MUROさんのテープと並べた写真だと分かりやすいと思いますが、写真の「Super Disco Breaks Lesson 1 - 4 」が1998年のリリースで、かつ銀色のジャケということで・・・ある意味「パクった?」ともいえる外観ですが、この外観にグッと来ない方は少ないんじゃないかと思います(^0^)

 ミックステープにおいて2本組み作品ってボチボチあるのですが、Superシリーズのような「厚みのある2本組み仕様」はMUROさんの作品以外では殆どありません・・・前回紹介をしたKomoriさんの2本組みのように、2本のテープを縦に並べてるのが多いですね。
 コレ自体は、結構前にネットで存在を知り、Superシリーズにヤラれたテープ馬鹿としては絶対に欲しいな~と思い、結構探していたところ2年前位に下北ユニオンのソウルのCDコーナーの片隅で発見し、思わずガッツポーズをしながら買いました(^^;)
 
 内容的には「ノベルティー」に近い位置づけなので、いつも紹介をしているミックス作品とは毛色が違いますが、以下で紹介をしたいと思います。


DSC05121.jpg

 まず、Beamsに関しては、もはや説明不要ですよね・・・というか、ミックステープやDJの説明ならスラスラ書けるのですが、ファッション関連になると頭を捻りましたが上手く説明が出来ません(^^;)

 まあ、誰しもが一度は買ったことがあるブランドだと思うし、好きな方も多いですよね・・・私自身も高校生~大学生時代はボチボチ利用し、適度にお洒落で長く着れ、かつ値段もお手頃なのが多く、大変素敵なブランド/お店ですよね!
 私ぐらいの世代(30前後)だと、洋服以上にお店のショッピングバック(?)が人気で、高校生の頃とかは、あれに体操服とかを入れて通学してた方が多いかと思います・・・懐かしいですね~


 そんなBeamsですが、1999年の秋ごろに「音楽ブランド/レーベル」を立ち上げ、ボチボチと独自の作品をリリースしていたようです。

 現在はあまり独自の作品をリリースしていないようですが、洋服と同様にBeams視点で選んだCDなどを店舗で販売しているようです・・・最近はBeamsは行かなくなってしまったのでアレですが、各店舗の片隅で洋服のついでに販売している感じなんですかね??
 まあ、洋服屋さんって、雰囲気だったりブランドイメージを大切にするところがあるので、店舗でかかってるBGMだったり、独自のコンピレーションCDを作ることもあったり・・・何よりも「音楽」と「洋服」を結びつけることで、ファッショナブルなイメージを作っている側面があり・・・Beamsに関してもその流れがあるかと思います。
 
 ただ、Beamsって、洋服なりスタイルを「提案」することが特徴的な部分があり、その提案が多様性と独自性に富んでいるところが魅力であり・・・この流れを生かして「音楽ブランド/レーベル」を始めたようです。

 洋服って、自分が着たい洋服をお客さんが選らんで買う訳ですが、その「着たい」と思わせるところにブランドなりの「差」が出るのだと思いますが、Beamsに関してはお客さんに対して「こういうスタイルもあるよ」みたいな一歩だけ先を行く提案が上手く、それが差になっていると思います。
 上手く説明が出来ませんが、ただ洋服を仕入れて売るのではなく、しっかりとコンセプトなりを考えた上で、お客さんの胸に「何かが響く提案」をしている・・・そんなイメージがあります。

 実際に、このテープの中にはパンフレットが入っており、そこには「ビームスはライフスタイル提案の一環として“ファッションからの音の提案”をしてきます」と記載があり、かなりコンセプトが立ったところはあったと思います。

 また、Beamsって、実際に音楽に密接なスタッフの方が多く、それこそDeep Funk / Modern Soulのハードコレクターとして有名な岩沢洋さんや、DJとしても有名な青野賢一さんなどが在籍している点もポイントで、その提案を「本格的」にしていた部分もあったと思います。
 このテープでも以下で紹介する点を中心に「濃い」のですが、現在でもBeamsのオンラインショップで確認した限りだと、最近でた「James Mason」の再発CDをチョイスしてる時点で流石で、山師根性でCDを売ってるわけではないな~と思いました。


DSC08428.jpg

 では、テープの紹介をしましょう!

 このテープは、Beamsの音楽部門が立ちあがった1999年秋ごろに配布されたと思われるテープで、ブランドコンセプトを伝えるべく資料のような形で配布されたと思われます。
 恐らくですが、一般販売/一般流通は一切なく、このブランドがスタートしたことを伝えるべくファッション業界や音楽業界で配布されたモノだと思います。

 本体には今後リリースされる楽曲/CDを収録したテープが2本と、Beams Recordsのコンセプトや今後のリリース予定を載せた小冊子が一冊あり、内容面から考えても資料用というのが分かるかと思います。

 なぜテープにしたのかは謎ですが、音楽業界的にはリリースする作品の資料としてカセットテープが一般的な時期だったのでテープにしたんでしょうね・・・ただ、当時としてもインパクトは絶大で、インパクト面から発する広告効果が高かったように思えます。
 ファッション業界なり音楽業界のことは詳しく分かりませんが、こういう資料的なモノは沢山あると思うので、その業界の人の「目」に止まるようにする必要がある訳で・・・その限りではバッチリですね!
 また、このアイデアは時期的に考えるとMUROさんのテープが発端な可能性は高いと思いますが、コレを選んでくるセンスは素敵で、Beamsらしい「提案力」が生きた資料になったと思います。


 んで、ミックステープのブログなので、テープの内容にふれておきましょう。

 基本的には資料(=アドバンステープ)なので、今後リリースする予定の作品の一部を2本に分けて収録しています。

 Jazz系ミュージシャンで作曲/編曲家である三宅順さんの作品や、Beamsスタッフ企画の作品が収録されていますが、白眉はスタッフ企画レーベルの第1弾で、あの「Keb Darge」の選曲作品が収録されているところでしょうか?
 洋服屋さんが始めたレーベルっていうと、本格派なイメージはあまり無いかと思いますが、Keb Dargeにオファーしちゃう辺りでBeamsの底力を感じちゃいますよね・・・きっと洋さんが暗躍(?)したんですかね??
 
 まあ、ミックステープ的な要素は一切なく、ホント「資料」としてしか機能はしないのですが、コレクター的には色んな要素があってグッときますね・・・






 そんな訳で、かなり変化球な作品のご案内でした~

 ちなみに、市場では殆ど見かけないので、入手したいと思う方は気合で探してくださいね!!




<Release Date>
Artists / Title : Beams Records 「Beams Records Launching In The Autumn,1999」
Genre : Funk、Soul、House、Lounge・・・
Release : 1999年秋
Lebel : Beams Records No Number


Notice : Keb Dargeの別バージョン

DSC08434.jpg

 ついでなので「合わせ技」な紹介です!!

 本文でもちょっと触れたKeb Dargeの選曲作品(The Keb Darge EXperience)ですが、実際にCDとLPで発売されました。
 ただ、今回紹介したテープだと、リリースする作品の資料というよりもBeams Recordsの資料という位置づけが強く、作品の詳細が良く分からないので・・・写真のような一般的なアドバンステープも配布されたようです!!

 コッチのテープだと、全曲が収録されており、かつKebによるナイスなDeepFunk選曲が聴きどころで、ミックステープ的な聴き方も出来るし、ジャケもCD盤とは全然違いますが、テープ版も十分カッコよく、コレはコレで最高な作品です!!
 このテープは2年くらい前に新宿のユニオンでゲットしましたが、他で見かけたことがないので、かなりレアな部類だと思います・・・ただ、音があまり良くなく、ミックステープとしては聴きづらいっすね(^^;)

 ちなみに、最近の調査だと、Keb Dargeもアンダーグラウンドでテープを作ってたみたいですね・・・某代々木のレコ屋さんで、売り物ではないテープを強引(?)に見させてもらったことがあるのですが、Northen Soul(だったかな?)のテープがありました。
 そのテープ、凄い欲しかったので若いスタッフの方に「売ってください」と尋ねてみたら「スタッフの私物なので売れません」と即断で断られました・・・残念でしたが、テープには目がないので、虎視眈々と狙っていきたいと思います(^^;)





コメント
この記事へのコメント
こんなのがあったのかよ……。
アンタ、相変わらずやな!!(←あえてタメ語ww)

んー、「ビームス」と聴いて、自分はてっきりくだんのイワサさんと選曲したコンピがくるんかなぁ。と思ったんすけどね^^;(ビヨンセの元ねたのシャイライツが入ったやつ)
ぼく、あれが好きでよく聴いてたんで、いつか採り上げてもらえたら嬉しいデス!!

>私ぐらいの世代(30前後)だと、洋服以上にお店のショッピングバック(?)が人気で、高校生の頃とかは、あれに体操服とかを入れて通学してた方が多いかと思います

わかるww
他には、シ●コの袋なんかも好きでしたね。アレを何気なく持ち歩き
「オレちゃん、(なんちゃって)DJでっせ!?」みたいなwww

2012/06/04(月) 00:35:35 | URL | ソロバン #-[ 編集]
Re: タイトルなし
>ソロバンさん

いつもありがとうございます(^0^)
コレは知ってる方は殆どいない部類のテープだと思いますが、テープ箱を掘り掘りしたら目があったので紹介してみました。
書いてるうちに意外と量が書けたので、面白い文章になったのかな~と思います。

ちなみに、今朝、通勤している時にBeams繋がりであのコンピが紹介出来るな~と思って、帰宅後、先ほどより聴きこんでますよ(^0^)
アレも意外と内容が良いけど、レコ屋だとかなり安売りしてる部類なので紹介しないといけないっすね~

では、今後とも宜しくお願い致します。

追伸 シス●の袋もありましたね! ただ、東京にいるとマンハッタ●の方が人気だったかも?? レコ屋の袋もかなりコレクションしてるので、その内に紹介しないといけないっすね~



2012/06/04(月) 23:26:41 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
質問です!
こんにちは

初めてブログ見させていただきました!!
結構見入ってしまいました。
そしてはじめてのコメント

いきなりですが
今、MIX TAPEが購入できるところを探しているんですが、もう今購入は難しいんでしょうか?ちなみに私は名古屋在住で名古屋で購入できるところ知っていたら教えてくださ〜い!
2012/06/05(火) 11:54:58 | URL | チロル #U6M1AWu2[ 編集]
Re: 質問です!
>チロルさん

コメントありがとうございます(^0^)
質問は大歓迎ですよ。

ご質問を頂いた件ですが、まずは下の記事をご参照ください・・・
http://mixtapetroopers.blog49.fc2.com/blog-entry-484.html

昨年のお盆休みに関西圏&名古屋に掘りに行った記事になり、3日目が名古屋になります。
その限りだと、Bananaの大須店とMega-Mix Recordsがボムだと思います。
どちらも中古ではある程度出てると思いますので、是非掘ってくださいね。

ただ、私も名古屋に住んではいないので、どのくらい定期的に出るのかは不明です・・・
それで行くと、ヤフオクなんかもイイかもしれないですね。
私自身は利用してなく、覗く程度なのですが、結構出品してますよ。
ちなみに、愛知在住の方で、メチャクチャ濃いのを出品してる方がおり、その方の動向は気になっています(^^;)

では、是非探してみてくださいね(^0^)
また、今後とも宜しくお願い致します!!

2012/06/05(火) 22:58:21 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
スゴイ!!!
早速返事ありがとうございます!!
名古屋にもあったんですね
次の休みに行ってきたいと思います
ヤフオクも探してみます☆

ありがとうございました
今後もいろいろ参考にさせてもらいます
2012/06/06(水) 21:22:38 | URL | チロル #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック