HipHop,R&B,Soul,Funk,RareGroove,DanceClassics,Garage,House・・・など、私が気に入っているMixTape,MixCD,その他もろもろを紹介するブログです。
MURO & Yo Iwasawa 「Beams Happy 25th Anniversary!」
DSC08436.jpg

 え~、暑くなってきましたね・・・というか、ジメジメしてますね(^^;)
 夏に向かっていくのは大歓迎ですが、梅雨時期のジメジメ感はあんまり好きではないです・・・早く夏にならないのかな~

 そんなわけで、時期的にもバッチリな作品のご案内です~


beams_01_001.jpg beams_01_002.jpg
beams_01_003.jpg beams_01_004.jpg

 前回紹介をしたBeamsのテープ繋ぎで、Beamsの25周年記念という名の元、我らのMUROさんとBeamsに所属する日本屈指のレコードコレクターである岩沢洋さんが選曲したナイスなコンピレーション(DJミックス無し)のご案内です。
 なぜ25周年記念でCDを?という疑問もありますが、ジャケからしてアメリカのお菓子の箱みたいなお洒落なデザインが秀逸で、かつ選曲も素晴らしく・・・かなり良い作品ですよ!!

 
 まず、岩沢洋さんのことを紹介しましょう。

 岩沢さんは、あまりメディアに出ないので不明なところも多いのですが、普段はBeamsのバイヤー(確かレディースラインのBeams Boyの担当?)をしている方で・・・その一方で、レコード業界的にはDeep FunkやModern Soul/Boogie系のハードコレクターとして有名なお方です。
 新しいところだと、日本版のWax PoeticsでドマイナーなModern Soul/Boogie系レコードを紹介する連載をしていたり、昔だと旧GrooveのDeepFunk特集で、Keb Dargeなんかに混ざってレアな45を紹介したり、要塞みたいなレコード部屋(?)を紹介したり・・・大変「濃い」方かと思います。
 また、その音楽知識を生かし、今回のようなコンピレーションを多数リリースしており、Beamsの音楽部門(?)を引っ張っていた方かな~と思います。

 そんなわけで、恐らく「レコード」が縁でMUROさんとこのコンピを作ることになったようです。
 ブックレットによると、何か一緒に仕事がしたいね~という話の流れで、このコンピ話が上がったみたいです・・・お互いレコードの猛者だし、洋さんもDJをしてたりするので、DJ視点が生きたコンピレーションになったみたいですね。

 ちなみに、コレを調べてる過程で知ったことなのですが、90年代前半位に洋さんが働いていたらしい原宿のBeamsの店舗では、洋さんがプライベートに作ったミックステープを流してたこともあるようです・・・あるブログで紹介をしてたのですが、MUROさんの手作りテープなんかも流してたそうです!!
 これは是非聞いてみたいですね・・・ほんとミックステープの世界は奥が深いっすね~


 そんなわけで、作品の紹介です!!

 この作品は2001年7月にメジャーリリースされた作品で、ConcordやBrunswick、Fantasyなどのレーベルの音源より選曲した作品です。

 割とJazz系が多いのですが、SoulやFunk、Brazilなどの黒い音楽から幅広く選曲しており、内容的にはかなりマニアックな曲が多いですかね・・・
 ただ、DJ視点の生きた曲の選び方や、流れをしっかりと意識しているところなど、全体的に聴きやすい内容に仕上げているのは流石です。

 それこそ1曲目では、クラシックな「Tania Maria / Come With Me」のライブ盤から爽やかにスタートしたり、Stevie Wonderのカバー曲である「Ernestine Anderson / Bird of Beaty」を選んできたり・・・かなりマニアックな選曲なんですが、聴きやすさは抜群でヤラれます!!
 また、流石MUROさんなので、中盤にはネタ選曲もあり、ビヨンセネタの「The Chi-Lites / Are You My Woman?」とか、Kool G Rapネタの「Boobie Knight / The Lovemaniaacs」なんかもプレイしててイイですね!

 どの曲もレコードを持っていませんが、実感的にはかなりマニアックな選曲だと思います・・・ただ、ホント聴きやすい内容で、しっかりと「DJ的な視点」や、Beamsらしい「提案感」が盛り込まれており、普通に聞いていても難しく感じる部分はありません。

 また、選曲の並びも、DJミックスはしていませんが、しっかりと流れがあるのがイイんですよね~
 出だしはBrazil系の爽やかな展開で始まり、徐々にFunk系の熱いところにシフトしつつ、後半はしっとりとJazz系の選曲で引っ張っていく感じが上手く、湿気の多いこの時期においては「除湿感(?)」がある感じで素敵ですよ!!



 そんなわけで、説明は短いですが、ナイスなコンピの紹介でした。

 総括すると、様々な「黒い音楽」を、MUROさんと洋さんという腕利きのバーテンダーが作った口当たりのいい爽やかなカクテル・・・みたいな感じで、様々な要素の音楽が含まれているんだけど、一つに綺麗にまとまっているのは流石です。
 なんか、出張で偉い方々とホテルの最上階ラウンジ的なところに行ってきた直後なので、こんな安い表現になりましたが、夜景の綺麗なガラス張りのラウンジで、一人でゆっくりと時間の流れにまかせながら飲みたい・・・いや聴きたい・・・そんな感じの作品かと思います。

 レコード相場的には、かなり安く売られていると思いますので、気になる方は是非掘ってくださいね!!



<Release Date>
Artists / Title : MURO & Yo Iwasawa 「Beams Happy 25th Anniversary!」
Genre : Brazil、Funk、Soul、Jazz・・・
Release : 2001年7月
Lebel : ビクター・エンタテインメント株式会社 VICP61399





---------------------------------------------------
---------------------------------------------------
<文章が短かったので独り言>

DSC08437.jpg

 今年も出張シーズンが始まり、週末は地味に千葉方面に泊り出張をしてきました。
 私自身、千葉出身なので新鮮味はないのですが、地味に仕事をこなしてきました・・・といっても、今回は呑んでる時間の方が長かったような気がします(^^;)

 んで、帰りはあまり行かない(行けない?)千葉の某ユニオンに寄り、写真のテープをゲット!!
 ご当地モノで、千葉の名物ラッパー(?)である「Mr,Omeri」氏が作成したミックステープです・・・テープがあったことは知らなかったですが、こういうご当地モノが現地でゲット出来ると嬉しいですね(^0^)
 内容的には、当時(00年代初期)のUS産HipHopのミックスに交じって、彼のフリースタイルや曲をプレイしてて、日本語ラップマニアの方が反応しやすいかもしれないっすね~

 ちなみに、今年の出張はいつも行くところが多いのですが、途中下車などを駆使して、今まで行ったことのない街のレコ屋を攻めようと色々と計画を練っていますよ・・・色々と出会いがあればイイですね~

 あと、コレは愚痴なんですが、我らの下北ユニオンで先週の木曜日にあったイベントで、サイプレス上野&ダースレイダー&Ken The 390さんによる「Front/Blast」のトークショーがありました・・・行きたかったのですが、出張直前で普通に残業してて行けませんでした(--;)
 面子からいって間違えない人選で、絶対に面白かっただろうな~ 行った方っておられますか??




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ご無沙汰しております。
いいの紹介ありがとうございます!
この曲がすきなんです。
ROSEMARY CLOONEY & WOODY HERMAN I Believe In Love
改めて聴いております~
2012/06/12(火) 00:08:54 | URL | 松野 #-[ 編集]
Re: タイトルなし
>松野さん

こんばんわ! お久しぶりですね(^0^) ブログ、いつも覗かせて頂いております。
ご指摘を頂いた曲、イイ曲ですよね~ ただ、私はちょっと嗜好がずれるので、ストライクでは無いんですよね~
このコンピだと、1曲目のTania Mariaがストライクなようで、レコ屋で掘ることに決めました(^^;)

MUROさんのミックス作品も、ある程度掘り返してきましたが、そろそろプライベート系のミックスが掘りたいところですね・・・情報だとユーミンのミックスとかがあるらしいんですよ・・・日々精進で掘っていきたいと思います。

では、今後とも宜しくお願い致します(^0^)


2012/06/12(火) 22:46:43 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
こんにちは!
実は、4、5日前に10年前のスヌープが表紙の『bmr』を読んでたんすが、このコンピが“今月の新譜”としてディスクレビューのコーナーに載ってたんで、「何たるガイダンス!」と思い、川口真紀女史の文章をそのまま転載して紹介しようと思いマス(手打ちがメンド臭かったんで今日まで持ち越しww)。

ーお馴染みビームス発のコンピ第4弾。ビームス25周年記念作となる今回は、MUROと、ビームスのバイヤーで日本屈指のファンク・コレクター/DJである岩沢洋氏がセレクトしたメロウ・グルーヴの数々が収められている。が、ただオッシャレ〜な曲を寄せ集めただけではなく、機知に富んだ、且つ一貫性のある仕上がりになっているのがさすがである。レーベル的にはブランズウィック、コンコードからの物が大半を占め、他にプレステッジ、PYE、ハイ等々。EPMDネタでもある(8)ブービー・ナイト&ザ・ユニヴァーサル・レディ“THE LOVOMANIACS”を初め、カヴァー、ブレイク、ネタ物も多いが、それ以前に曲として良いものばかり。只今愛聴中です。
『bmr』2001年9月号より抜粋

>機知に富んだ、且つ一貫性のある仕上がり

さすが、プロのライターは言うことちがうなぁとww
うんうん、エスプリのきいた、それでいて世界観の統一された…「さすが!」な選曲群ですよね。
「それ以前に曲として良いものばかり」と、ここで川口女史も述べておりますが、「ネタ」とか「レア」とかいうだけでなくGOOD MUSICをいつも教えてくれるMURO先生にありがとう!デス☆

※ちなみにぼくはこのコンピ、地元福井県は武生市(現越前市)にあるブック●ーケットで280yen(!)でGETしました。
これを「切な…」ととるか「ラッキー!」ととるかは人それぞれだと思いますが、ぼくは後者。
日本にMUROがいてくれて良かったZE!
2012/06/17(日) 11:32:21 | URL | ソロバン #-[ 編集]
Re: タイトルなし
>ソロバンさん

コメント&転記、ありがとうございます。

やっぱりプロのライターさんの書き方はまとまりがあって上手いですよね・・・私もそういう書き方をしたいのですが、どうも遠回りしてしまう習性があるみたいでダメですね(^^;)
ちなみに、先週ぐらいに、某ユニオンで見かけた値段は450円でした・・・まあ、数が沢山出てるので安くなってるんだと思いますが、逆にこのくらいの値段だと冒険出来ると思うので、皆さんに聞いてほしいとこです。

では、今後とも宜しくお願い致します。



2012/06/17(日) 20:58:38 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
まぁ〜インディーズの1000枚・2000枚の切り売りとちがってメジャーのビ●ターですからねぇ。

レゲーだとプシンさんずっとソ●ーですけど、この前同じくブックマーケットのマキシシングル10円のラックに『I WANNA KNOW YOU』置いてあって(苦笑)。
モチのロンで買わしていただいたことは言うまでもないっす!

2012/06/17(日) 22:14:23 | URL | ソロバン #-[ 編集]
勉強になりました!
2015/09/18(金) 09:30:32 | URL | hi-6 #-[ 編集]
Re: タイトルなし
>hi-6さん

コメントを頂き、ありがとうございます!
勉強になって良かったです(^0^)
他の記事も色々とありますよので、宜しくお願いいたします!
2015/09/22(火) 13:01:30 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック