HipHop,R&B,Soul,Funk,RareGroove,DanceClassics,Garage,House・・・など、私が気に入っているMixTape,MixCD,その他もろもろを紹介するブログです。
Rainer Truby 「Strings & Things」
DSC08459.jpg

 梅雨が始まり、ジメジメとした日が多くなりましたね・・・
 そんな時はちょっと爽やかなのを聞きたいな~と思い、たまたま聴いたテープが思いのほかヒットだったので紹介です(^0^)


rainer_000.jpg DSC08460.jpg

 今回は、個人的に一押しなテープシリーズ「EMTシリーズ」から、ドイツのJazz系DJである「Rainer Truby(レイナー・ドルビー)」さんによる作品のご案内です。

 EMTシリーズは、今までにも何度か紹介をしたことがあるので詳細説明は避けますが、海外のJazz系ビックDJが登場する素晴らしいテープシリーズで、今回紹介をするRainerも間違えない人選だと思います。

 最近はちょっと名前を聞かなくなってしまいましたが、ドイツを拠点に活動をしているお方で、一時期は「Rainer Truby Trio」として積極的に音源を出したり、世界各国でDJをしたり、各種コンピレーションを制作したり・・・Jazz系というカテゴリーには収まらない活動をしています。
 まあ、JazzといってもJazzだけをプレイする訳ではなく、Jazzという自由な精神性みたいな感性で音楽をプレイしており・・・それこそ、このテープで披露されているような深くて広い音楽性がある・・・お方だと思います。
 特に古いBrazilやJazz、SoulやLatinといった旧譜系はメチャクチャ強いそうで、各種コンピレーションなんかで彼の力量が発揮されています・・・あまり詳しくないのでアレですが、コレでイイのかな??

 そんなRainer氏ですが、このEMTシリーズのリリース元であるEspecial関連/経由でちょこちょこテープがあります・・・
 気づいたら上の写真の2本を持っていましたが、Especial(というか沖野兄弟)は、日本と海外の橋渡しをテープという形で実現しており、今思うとリスペクトですね!!


rainer_00_01.jpg rainer_00_02.jpg
rainer_00_03.jpg rainer_00_04.jpg

 ンなわけで、作品の紹介に行きましょう・・・なお、今回も選曲がドープ過ぎて写真は借り物です~

 この作品はDJミックスがなく、選曲だけの作品ですが、タイトルにある「ストリングス」をキーワードに、JazzやSoul、Brazilなどの旧譜を通して織りなす緩やかなグルーブが大変気持ちいい作品になっています。

 選曲的には、調べてみると結構面白く、出だしからニューディスカバーな「Crystal Winds / Signs of Winter's Time」のような人に知られていない曲をプレイしたり、「Ahmad Jamal / Children Calling」のような有名ミュージシャンの知られてない曲だったり・・・はたまた、一時期は100円レコの常連と思わしき「Bob James / Hypnotique」を爽快にプレイしたり・・・得意のブラジル系では80's Boogieな「Marcos Valle / Estrelar」を粋にプレイするなど・・・流石の選曲です。

 私が説明するよりも、このテープに一貫して寄稿をしている小川充さんの解説を読んで頂ければ分かると思いますが、レア盤披露な内容にはせず、人が注目しないレコードだけでグルーブを作ってしまう辺りは流石ですね!!
 私自身も全然知らない曲の方が多いのですが、不思議と耳を奪われてしまうグルーブがあり、ホント上手い選曲だと思います。


 なお、全体的な作りも、コンピ形式ではあるものの、全体のグルーブをしっかりと考えた構成が素晴らしく・・・今の時期であれば、梅雨のジメジメ感を徐々に飛ばしていくような爽快さがあり、大変素敵です!
 選曲的にはJazzっぽい質感で、スローな曲が多く、チルなりレイドバックと言えばそれまでかもしれないですが、不思議な空気感が素敵で、リラックスして聞けるのがイイですね・・・

 また、キーワードとなっている「ストリングス」に関しては、一般的な解釈(=弦楽器など)である華やかなイメージはあまりなく、選曲上はそんなには目立っていないのですが・・・全体的に聞くと不思議とグルーブが一貫しています。
 う~ん、説明が上手く出来ないのが悔しいですが、ジワジワとグルーブを温めている感じがストリングス的で、まさにプロDJにしか出来ない選曲だな~と思いました。



 久しぶりに、主題がまとまらないまま書いてしまいましたが、このテープにある「空気感」だけは間違えなく、流石の作品だと思います。
 もっと詳細を知りたいなら、小川さんのライナーを読んで頂ければ幸いですが、今の時期のジメジメ感を不思議と爽やかにしてくる感じが素敵ですね!!

 それにしても、小川さんのライナー、ほんと的確過ぎてズルすぎます・・・こういう文章を書けたらイイのにな~



<Release Date>
Artists / Title : Rainer Truby 「Strings & Things」
Genre : Jazz、Soul、Brazil、Fushion・・・  
Release : 2003年ごろ
Lebel : Especial Records No Number




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
不倫願望が・・・
L77u069W
初めまして。
いきなりですが、真剣に悩んでるんです。
主人と結婚して5年ほどになりますが、不倫願望が止まりません。
不倫経験は1度だけですが・・・こんな私っておかしいでしょうか?
http://h31wh79J.k.brak.me/h31wh79J/
2012/06/21(木) 14:46:51 | URL | 洋子 #-[ 編集]
カビ対策について
久しぶりにコメントさせていただきます。
(今回のテーマと関係無くて恐縮ですが・・・)
私は家にcdラックをおくスペースが無く、購入したmixcdは殆ど押入れにしまっています。最近家のあちこちにカビが発生しアルコールで除去しているのですが、押入れにもカビが生えそうでmixcdが被害を受けないか心配です。MTTさんがcd・tape・recordのカビ対策で行っている事があれば是非教えて下さい。できれば押入れ等の密閉空間に収納した場合について教えて頂けると有り難いです。
P.S.以前教えて頂いたmuroのking of diggin'に関して、vol.7はtapeを買ってコンプリートする事が出来ました。(他はcdですが・・・) diggin' ice のデザインのお香立ても発売されるそうですよ!
2012/06/24(日) 21:22:22 | URL | 山田 和 #-[ 編集]
Re: カビ対策について
>山田和さん

コメントありがとうございます。 テーマとは無関係でもOKですよ(^0^)

カビの件は、確かに厄介ですね・・・中古でテープを買ってると、購入したテープにカビが生えてることもあり、除去する(早送りをなんどかしてカビを飛ばす)のがめんどくさいっすね・・・
ただ、保管に関しては、特に意識はしてないのですが、こういうブログをやってるので、絶えずテープなりCDを動かしているので、カビは意外と大丈夫です!
まあ、段ボールに入れてタンスの奥へ・・・みたいなのは無いですが、レコなりCDなりテープは、取りやすさを考慮して、棚なり小ボックスに入れており、結構、その中で抜き差しをしてるので換気が出来てるのかもしれないですね。
あと、私自身は部屋の換気が好きなので、ことある毎に窓を開けて換気をしてるので・・・それも関係してるのかもしれないです。

タンスにおけるカビ対策となると、換気が一番なのかもしれないですが、高温多湿な日本にいる限りは難しいっすよね・・・気づいたらタンスの中の在庫を開けるのが有効なんですかね??

なんか、答えになりませんが、換気が重要というところでしょうか?

では、今後とも宜しくお願い致します(^0^)
ちなみに、Diggin' Iceのお香立て、かなり反応をしましたが、踏みとどまりました(^^;)



2012/06/24(日) 22:23:41 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック