HipHop,R&B,Soul,Funk,RareGroove,DanceClassics,Garage,House・・・など、私が気に入っているMixTape,MixCD,その他もろもろを紹介するブログです。
DJ Kaya & Kamaxwell 「Lure Music - Shiromaru & Akamaru」
DSC08523.jpg

 梅雨が明け、暑い日が続き、寝苦しい日が続いていますが・・・と書きたいところでしたが、週末は天気がさえず、ちょっと寒いですね。
 なんか、今年は年間を通して週末の天気が悪いような気がします・・・週末にまとめて洗濯をする立場からすると困りもので、今日も全然乾かないっすね(^^;)

 そんなわけで、天気の悪さの話はおいといて、寝苦しい夏の夜には最適なミックスのご案内です!!


DSC08530.jpg DSC08528.jpg
DSC08526.jpg DSC08524.jpg

 紹介するのは久しぶりになってしまいましたが、大好きな「DJ Kaya」さんモノの紹介で、チルアウト系オールジャンルミックス作品の紹介です。
 ここ最近になり、久しぶり聴いてみたらツボにハマり、ここ最近は家でも外でも聴いてました・・・この時期にはバッチリな内容で、かなりお勧めですよ!!

 作品としては2002年5月頃にリリースされたもので、kayaさんと、Kayaさんが運営していたプロダクションである「Freee-K production」の関係者(共同運営者?)であるKamaxwellさんとの共作になり、トップの写真の通り「白」「赤」の2作品が同時リリースされました。
 Kamaxwellさんに関しては、今となっては情報がなく、詳細が分からない方なのですが、ミックスを聞く限りだと、Kayaさんと同様に、選曲の広さと奥深さがあり、独特のグルーブ(沖縄感?)があり・・・この作品においては片面ずつミックスをしてるのですが、両者とも息の合ったプレイは流石です!

 内容としてはタイトルの「ルアー・ミュージック」ということがポイントで、テープのインデックスに『音楽という素敵なルアーで恋を釣り上げる男と女の恋のフィッシング』と書いてあるので・・・まあ「男と女のラブBGM」系作品って言えばイイんですかね(^^;)
 一応、白(白丸)の方は「あっさり味」な内容で、赤(赤丸)の方は「こってり味」な内容になっており、白と赤とでは少しだけ温度差がある感じに仕上がってます・・・ちなみに白丸/赤丸は一風堂のことだと思いますが、私は白丸派ですかね~(極稀にしか食べないけど・・・)


 んでは、作品の紹介に行きましょう!

 白と赤とでは、ちょっとだけ違いはありますが、全体的には新旧の歌モノを中心としたチルミックスになっており、選曲の幅や独特なグルーブの出し方が素敵で・・・個人的にはかなり大好きな作品です。

 まず、選曲的には写真に上げた「Gwen Guthrie / Close To You」のような80年代R&B/ダンクラ系の曲や、「Adriana Evans / Reality」のような90年代以降のR&B/UK Soulなんかを軸に選曲をしています。

 この辺の曲を見ただけで選曲の傾向は分かるかと思いますが、素敵なのが「選曲の深さ」で、割とマイナーな曲や、他のDJがあまりプレイしない曲を多くチョイスしており、その辺はグッときます。
 私が持ってるレコの範囲だと、HipHopの曲をJazzカバーした隠れた名シリーズ「Unwrapped」からATCQのBonita Applebumのカバーをプレイしたり、意外と忘れがちな名曲「Towa Tei / Lov Connection」をプレイしたり・・・それ以外にも00年~02年位のマイナーなUK SoulやR&B、Reggaeなんかを多数プレイしててヤラれます!!

 また、そういった渋い選曲をしつつ、一定のグルーブを作っているのも最高で、この辺なんかはKayaさんらしいですかね・・・

 なんか「沖縄の夜」といったら陳腐な表現になりますが、気温は高く、湿度もあるんだけど、綺麗な星空の下で奏でられる「静かで優しい時の流れ」みたいのが前面に出ています・・・
 何とも表現が難しいのですが、不思議な空気感で、クーラーで冷やした冷涼感ではなく、その土地が持つ心地よさみたいのが出てるかな~と思います。




 紹介的には以上になりますが、ミックスもかなり上手く、グルーブのコントロールも素敵で、長く聞ける作品だと思います。
 ここ最近であれば、やっぱり沖縄在住のDJ Hikaruさんの諸作品に近い空気感があり、気づいたら長く聴いてる・・・そんな感じの作品で、これからの時期なら「天然のクーラー」みたいな効果があると思いますよ!! 

 ちなみに、私自身は中古で買いましたが、Kayaさん関連の作品は出るときは出るけど、意外と出ない感じなので、気になる方は頑張って探してみてくださいね!!



<Release Date>
Artists / Title : DJ Kaya & Kamaxwell 「Lure Music - Shiromaru & Akamaru」
Genre : 80'sR&B、DanceClassics、R&B、UK Soul、HipHop、Reggae・・・
Release : 2002年5月
Lebel : Freee-K Productions / Oh! Tape Joint  OTJ-19&20



------------------------------------------
------------------------------------------
<毎度の独り言>

DSC08536.jpg

 写真を見ただけでは、分かる人にしか分からないですが、久しぶりに「レコード祭」に行ってきました!

 レコード業界的にはよく「催事(さいじ)」と呼んでる類のもので、全国の色んなレコード屋さんが、商品を持ち寄って即売会をする・・・みたいな感じで、全国で定期的に開催をされています。

 私の住む東京近郊では、昔は後楽園のレコード祭が有名でしたが、最近だと池袋のレコード祭が有名で、ここ最近は池袋に近いところに住んでるので、時間があったら池袋のには行ったりしています。
 まあ、今までは色々と理由があってあんまり行かなかった(視聴が出来ないことが多かったり、品ぞろえがロックとかJazzとかに偏ってたり・・・など)のですが、最近は割とクラブ寄り(?)なお店も多く出店するようになり、時間があればチェックをするようになりました。

 そんなわけで、本日ですが、スカイツリーで盛り上がってる「浅草」で開催をしたレコード祭に行ってきました!!
 
 業界的(?)には、浅草というレコードとは縁遠い場所でなぜ開催をするのか?という感じもありましたが、発表直後からちょっと話題になってたイベントで、我らのMUROさんも金曜日に行ったみたいですね・・・
 私自身も浅草は滅多に行くところではないので、ちょっとだけ観光気分で行ってみよう・・・ということで、地下鉄に乗って行ってきました。

 会場的には池袋の2倍以上の広さで、参加したお店も多く、レコ掘り的には結構面白かったですね・・・私がメインにしてるDisco系のレコは少なかったですが、あんまり掘らないジャンル(ロックとか)もチラ見したり・・・何よりも池袋以上に「のんびり」した雰囲気が面白かったです。
 なんか、出張で行くレコ屋さんと同じ感じなのですが、そんなに掘れるのは無いとは思っていても、いつも行ってるユニオンとかとは違う雰囲気が新鮮で、なんかイイ気分転換になったような気がします(^0^)

 結果的には、小一時間ぐらい掘り、ちょっと探してたDisco系の12inchを横浜の某店さんから2枚ほど購入し、大漁という訳ではなかったですが、なかなか良い一日でした。
 ちなみに横浜の某店は、全国の催事に行かれてることが多く、私が横浜にレコ掘りに行く時は必ず閉まっている・・・というお店です(^^;)

 一応、その後に久しぶりに浅草をブラつき、ベタにスカイツリーの方まで歩きましたが・・・スカイツリー効果か浅草は賑わってますね!
 天気があまり良くなかったのは残念でしたが、夏の浅草はイイっすね・・・美味しいお店も多いし、風情もあるし、飲み屋も多いし・・・また時間があったら行こうかな??





 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック