HipHop,R&B,Soul,Funk,RareGroove,DanceClassics,Garage,House・・・など、私が気に入っているMixTape,MixCD,その他もろもろを紹介するブログです。
DJ Kenta 「Sky Ride - The Beautiful Experience」
DSC08549.jpg

 え~、今年の京都・大阪・名古屋のレコ掘り旅行の記事について、沢山の拍手を頂きありがとうございました(^0^)

 昨年もそうでしたが、アレを書いてる時は、結構テンションが上がってたり、飲んでたりするので・・・後で読み返すと、自分でも引いちゃうことが書いてあり、結構恥ずかしいです(^^;)
 まあ、来年も行けるかどうかは分かりませんが、今後も精進をしていきたいと思います・・・


 そんなわけで、旅行記事でもチラッと書いた、やっと紹介が出来る作品のご案内です!!


DSC02245.jpg zz_dj-kenta.jpg

 この作品は、昨年ぐらいから凄い好きになってきたDJである「DJ Kenta」さんの作品で、昨年の年末に新宿のユニオン・クラブ店のみでリリースされた作品です!
 ユニオンの他の店舗では流通していない作品なので、知らない方も多いかもしれないですが、メチャクチャ内容が良く、夏の時期までには紹介したいと思っていましたが、やっと紹介する為のレコが揃ったので紹介です!!


 まず、この作品がリリースされた背景ですが、どういう訳か、ユニオンの新宿クラブ店だけで販売をしました・・・

 コレは、恐らくですが、現在の新宿店にはKentaさんが所属するZZ Productionのメンバーである「マイク大将」氏が勤務されているからだと思います。
 店頭でもよくお見かけしますが、現役ラッパーとあって、人脈が広く、新宿店のブログなんかを見てると、知り合いのラッパーやDJが来店した記事が載っており、コレは結構楽しみな記事だったりします。
 
 んで、Kentaさんに関しても、大将氏と当然近い関係な訳で、その流れがあって限定リリースをしたんだと思います。
 ブログで紹介した範囲だと、今年のGW辺りにはKentaさんのレアなミックステープが出ててたり、最近もKentaさんが過去に作ったミックステープの再発CD(凄くイイです!是非テープが欲しい!!)を新宿店だけで限定リリースしたり・・・ユニオンの中では一番Kenta熱が高く、もしかしたら昨年の4枚組再発シリーズも大将氏の糸引きがあったかもしれないですね??

 
 ンなわけで、作品の紹介をしますね~


DSC08550.jpg DSC08551.jpg

 この作品は、Kentaさんの名物ミックスシリーズ「Beatiful」の続編にあたる作品(シリーズ)のようで、Kentaさんらしいグル―ビーなミックスに仕上がっています!

 特に、この時期にピッタリな冷涼感がありつつも、気持ちいいグルーブで高揚していく感じが秀逸で・・・ジャケットの雲の上を滑空する飛行機のように、上質なグルーブが大変素敵なミックスです。
 また、選曲面も素晴らしく・・・流石Kentaさんな感じで、個人的には色々と唸ってしまいました!!

 以下で出来る限り詳しく紹介をしたいと思います。


 まず、出だしでは、Alton Ellisの名曲をバックにスムースに歌い上げた「Bitty McLean / Walk Away From Love」のダブ版からスタートし、いわゆるレゲエ的なユッタリとしたグルーブからスタートします。

 スタートの時点で非常にレイドバックした空気の作り方が上手く、レゲエ的な涼しさを演出してるのですが・・・凄いのが本道のレゲエはプレイしてなく、現行のSoulやFunk系のバンドの曲などからレゲエっぽい雰囲気の曲を選んでプレイしています!!
 私も、トラックを良く見ずに聴いてた限りだと、イイ感じのレゲエをプレイしてるな~と思ってたのに、よく調べたら非レゲエの曲ばかりでヤラれました・・・

 象徴的かな~と思うのが、名曲ラバーズのカバーではありますが、横浜繋がりで「Luvraw & BTB / Give Me Little More」のプレイが素敵で、ユッタリとした空気を煌びやかにしつつ、少し上げ気味な展開にし、選曲の次の展開にグルーブを進めてるのが上手いっすね~

 後で紹介をするDisco Dub関係の話にも繋がるのですが、こういう選曲の深さがKentaさんの魅力の一つだと思います・・・
 レイドバックしたグルーブを作るべく、レゲエというグルーブを選んでおり、最高に気持ちいい展開でプレイしてるんだけど・・・実は、そこで作られているのが非レゲエの曲っていう意外性が最高で、この辺はホント秀逸だと思います!!


 ちなみに、超蛇足な話ですが、この作品を聞いて、Luvrawの曲が欲しくなり、この作品の大半がアナログでプレイしてるので、きっとこの曲もアナログで出てるんだろうと思って春ぐらいから探してたのですが、全然見つからない・・・どんなに掘っても見つかりません・・・
 それは当り前で、この曲が入ってるCDアルバムは去年の晩夏にリリースされて、アナログは遅れて先月末にプレスされたんですね・・・その事実を知り、そりゃー見つからないよ!と一人ツッコミをしつつ、アナログを無事に購入しました(^^;)


DSC08659.jpg DSC08554.jpg
DSC08552.jpg DSC08553.jpg 

 んで、レゲエ的なユッタリとしたグルーブを進め、段々とKentaさんのグルーブに聴く者を引きつけたら・・・中盤以降、徐々にBPMを上げて行きます。

 そこでプレイするのが・・・なんと「Disco Dub / Disco Re-Edit」系の曲で、個人的にはこういうのまでプレイするの?と驚きつつ、流石のKenta印なグルービーな展開が秀逸で激上がりです!!


 まず、展開的な話をしておくと、それまでレゲエ的なグルーブで進む中で、レゲエの「Dub」的なグルーブを抽出し、それをDisco Dubな曲のDubっぽいグルーブとクロスさせ、選曲の方向性を違和感なく変えてくる辺りは秀逸です・・・
 それも、レゲエ→Disco Dubのクロスの仕方に更にヒネリがあり、実は名曲カバー/名曲Re-Editの曲で繋いでおり、聴いてる者の耳を馴染ませながらグルーブを変えているのが上手すぎです・・・
 Re-Edit系の序盤では、Hey Mr,DJネタのRe-Editである「The Revenge / Looking Up To You」をプレイし、馴染みのあるメロディーで4つ打ちの流れに持っていくのは流石です!!


 また、Disco DubとかRe-Edit系の曲もチェックしてるのにも負けました・・・

 この辺って、私もDiscoが好きなので、気にはなっていましたが、割とオルタナティブなHouseの流れがあり、HipHopサイドの近い立場だとあまりチェックしてる人が少ない印象がありました・・・なんらかんら言って、ネットかアナログ中心のジャンルで、マニアックな部類ですからね・・・
 Kentaさんに関してはDisco/ダンクラ系の曲も割とプレイしてるので、プレイしてても間違えは無い訳ですが、そういったマニアックな曲を、しっかりとKentaさんの腕の中でプレイしてる辺りは流石です・・・

 実際にプレイしてる曲は割と大ネタ感が強く、比較的ユッタリとしたグルーブの4つ打ち曲を選んでる感じがあり、あの有名ネタ師であるKon&AmirのKon氏が作成したRock With YouのRe-Editと言える「Kon & The Gang / Sunlight」なんかを選曲の流れの中でサラッと選んでくる辺りは流石です!

 また、それらの曲の一辺倒にならかったり、センスの良いヒネリを入れてくるのがKentaさんの深さですよね・・・
 実際の選曲で行くと、流れの中でPhilly Discoクラシックな「Montana Sextet / Heavy Vibes」のオリジナルから、数年前にリリースされたRoy Ayersの調べが美しい「Bah Samba feat Roy Ayers / Positive Vibe」に繋ぐのですが、流れになっいるDisco Dubとはちょっと異なる流れの曲を、Disco Dubの流れでプレイしつつ、かつ「バイブ繋がり」でミックスしてる訳で・・・この辺もイイです!!
 それも、Bah Sambaは12もありますが7inch版を選んでくる辺りも素敵・・・Kentaさんって、飄々としてる感じは有りますが、しっかりと掘ってるんでしょうね!!


 んで、後半のDisco Dub的な流れは、適度な跳ね具合を維持しつつ、気持ちいい展開を維持するプレーが秀逸です・・・

 ラウンジーなプレイと言えばそれまでですが、4つ打ちが基本なんだけど、4つ打ちな感じを前には出さず、その曲のメロディーを念頭に置いたプレイが印象的で・・・聴いててホント気持ちいいですね!!
 久しぶりに頭をひねって比喩表現をしますが、まるで、人が沢山集まり、電灯などが華やかな夜の遊園地で、そんなにハードでないジェットコースターに乗ってるみたいな・・・適度なBPMがあるハッピー・グルーブが素敵過ぎます!




 そんなわけで、前半・後半で流れが違うミックスになっているのに、不思議と流れがしっかりと繋がり、この熱い時期にな大変重宝する気持ちいいミックスに仕上がっていると思います。
 チルでも行けるし、アップでも行ける・・・まるで何も遮るものがない天空を、気持ちよく滑空(正にSky Ride!)してる感じは・・・まさにKentaさんにしか作れないグルーブで大変秀逸です!!

 今回は、割と選曲面やテクニカルな方向を説明し、KentaさんのDJの深さを考えてしまいましたが、何も考えずに聴いて頂いても(それが本当の聴き方ですよ!!)全然イケますので、興味のある方には是非聞いていただきたい作品です!!
 ちなみに、ユニオンのネットだと売り切れになっていますが、先月の記憶だと・・・新宿で、ちょっと売れ残っていた記憶があります(自信がないけど・・・)ので、気になる方は新宿に行ってみてくださいね!!

 あと、この話の流れに近いのですが、KentaさんがDisco界においては名門レーベルの一つである「West End」のオフィシャルミックスをリリースするようですね!!
 DJ Spinnaが素晴らしいミックスを出していましたが、Kentaさんのがどんな素晴らしいミックスをカマしてくれるのかが凄い楽しみです(^0^)





<Release Date>
Artists / Title : DJ Kenta 「Sky Ride - The Beautiful Experience」
Genre : Reggae、New Soul、New Jazz、New Funk、HipHop、Disco Dub、Disco Re-Edit、House、Breakbeats・・・
Release : 2011年12月
Lebel : ZZ Production BHE-014




------------------------------------------------
------------------------------------------------
<オマケ> 夏のヘビーローテーション♪

 いや~、夏はやっぱり暑いですね・・・暑いです(^^;)

 そんなわけで、夏は割と涼しいミックス作品を聞いているのですが、なぜか今年は豊漁で、夏を涼しくしてくれたり、彩ってくれる素敵な作品が手に入ることが多く、色んな作品を愛聴をしています・・・
 特に、会社から帰ってきて、風呂上がりにクーラーで少し冷やした室内で、冷たいビールを飲みながら聴くのには最適で・・・気づいたら寝てることも多いですね(^^;)

 そんなわけで、本当は紹介をしたいんだけど、夏が終わるまでに紹介出来る自信がないので、今年の夏に聞いてる作品を軽く紹介をしたいと思います~

DSC08667.jpg

 まず、今回のKentaさんもそうなるのかもしれないのですが、横浜系の方の作品に結構ハマってて、よく聞いております!!

 今回のレコ紹介でも登場したLuvraw & BTBさんなどが属する「Pan Pacific Playa」周辺の作品は特に聴いており、イイ作品が多いですよ・・・

 特にMr,Melodyさんの作品は好きなのが多く、基本的にはオールジャンルミックスなんだけど、横浜らしい「海の風」みたいな匂いがしてイイですね・・・説明が難しいのですが、ミックスを聞いてると、自然と落ち着いてくる感じがあり、大変好きです!
 Mr,Melodyさんもちゃんと紹介をしたい方なんですが、私の聞き込みが甘くって、まだ紹介が出来ないです・・・頑張ろっと(^^;)

 また、去年の年末辺りにリリースされた某Doo-Wopな7inchのオマケについていたCystalさんとJintanaさんによるDoo-Wopのミックス作品も素敵で、Doo-Wopでミックスを作る発想も最高ですが、夏の夜に意外とピッタリで愛聴してます!
 かなり異色な作品だとは思いますが、不思議と夜の静けさを引っ張ってくれ、結構イイです・・・ちなみに、Doo-Wopは達郎さんの影響なのかな??

 ちなみに、PPP系の作品はCDが不織布に入っていますが、私は不織布が好きではないので、速攻で自前のプラケースに入れ替えています(^^;)


DSC08668.jpg

 んでコレ以外に聞いてるのもあるので、順不同に紹介をします。

 まず、写真左上の緑色のヤツは、非レゲエアーティストによるレゲエミックスでお馴染みな「Strictly Rockers」で、ズーッと探してたECDさんのミックスがやっと買えて、激ハマり中です(^0^)
 ECDさんらしい和物ミックスなんですが、和物をダブ的解釈でミックスしてて聴いてて不思議とチルって来るのが不思議です・・・初めて聞いた時の「アップル殺人事件」がプレイされた時の衝撃も込みでかなり聞きこんでいます!!

 そして、右上のは、5月末にも紹介した関口紘嗣さんの新作(さくらんぼの実る頃)で、これも予想通りに聴きまくってます(^^;)
 関口さんらしいオールジャンルっぷりも素敵ですが、それらのまとめ方と、涼しげな空気感の作り方、展開のあるグルーブが素敵で、聴いてるとホント和んできます・・・
 また、細かく聞くと、選曲面の広げ方やミックスの丁寧さなど、かなり秀逸な部分が多く、現状で今年のMixtape Troopers大賞の候補に入っております(^0^)

 んで、最後はホント最近出た新作で、昨年から注目をしているMarrowsさんの新作(Paraiso)ですが、今年の夏物も予想通りヤバいです!!
 買ってからそんなには聴きこんではいないのですが、昨年リリースの「Melting Pot」と同様、趣向に満ちた幅広い選曲と、バックボーンとしてのレゲエ感が素敵に光るグルーブ作りなど・・・今回も夏には最適で、次世代のDiggin' Iceと言ってもいい出来だと思います。
 特にMarrowsさんと言えば「仕掛け」が作品上散りばめており、今回も和物系の仕掛けには完敗・・・達●さん(及びMーミン)系もそうだし、某歌謡曲もそうだし、Monday●ちるの隠れ名曲を入れてきてたり・・・流石です!!



 そんなわけで、どれも本当は普通の作品紹介として紹介したいんだけど、もっと聞き込みたいし、何よりもレコードを揃えないといけない(こっちの方が問題?)ので、軽く紹介してみました(^0^)
 なかなか買えない作品もありますが、ユニオン辺りだったら普通に買える作品が多いので、夏のお供にしていただければ幸いです・・・

 ではでは、皆さん、暑さに負けないでね!!







スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック