HipHop,R&B,Soul,Funk,RareGroove,DanceClassics,Garage,House・・・など、私が気に入っているMixTape,MixCD,その他もろもろを紹介するブログです。
V.A. 「Black Monday Forever」
DSC08674.jpg

 いやいや、今月は更新が遅れてすみませんね・・・結構な仕事地獄でブログの更新を放棄していました(^^;)
 久しぶりに車出張で福島某所へ弾丸出張したり、突然入社してきた後輩の指導をしてたり・・・愚痴りたいことは山の如しです(--;)

 ただ、メチャクチャ嬉しいことがあり、緊急入稿しますね・・・詳細は一番下になりますが、超嬉しいっす(^0^)


41GNYA7E3BL__SL500_AA300_.jpg DSC08676.jpg

 今回は、夏の時期とはあまり関係ない作品になりますが、日本語ラップマニアには「たまらん御馳走」な作品のご紹介です!

 この作品は1999年8月ごろにリリースされた作品で、1994年前後に西麻布のZoaというクラブで開催されていた伝説的なパーティー「Black Monday」のライブ録音を収録した作品になります。

 主催者の一人である「You The Rock」さんを中心に、さんぴん時代以降を賑わした実力派ラッパーが多数参加したイベントで・・・クソ熱いフリースタイルが炸裂しまくりで、発売当時、結構話題になった作品かと思います。
 分かりやすい例えかどうかは分かりませんが、Youさんの1stソロに収録されている鬼熱ポッセカット曲である「Black Monday」のオリジナル版とも言える内容で・・・日本語ラップが好きな方には堪らない作品かと思います。

 こういった「日本語ラップ創世記のライブ録音作品」は、探してみると結構あり、今年もBen The Aceさんの当時のライブ音源CDが発売されていますが、どの作品もクソカッコいいフリースタイルが入っており、耳を貸すべき作品が多いかと思います。
 作品の内容からいくと、どうしてもメジャーリリースが出来ず、アンダーグラウンドリリースになってしまいますが、今回の作品は鉄板でヤバく、特に参加ラッパーのフリースタイルが濃過ぎで、超お薦めですよ!!




 そんなわけで、作品の紹介に行きましょう!!

 作品は、このイベントの最終日の音源を中心にまとめられており、Youさんを始めとするラッパーが多数参加し、激熱なフリースタイルの連続にヤラれまくりです!!
 詳しくは、資料用に上げた上のYouTubeを聞いてほしいのですが、現場でしか成し得ないマイクの応酬にはグッときます・・・スタジオ録音とは違うテンションの高さはヤバ過ぎっすね!!

 参加する面子としては、Youさんの他に、盟友とも言えるTwigyや、Egg-Man、Hab、Shiki、Muro、Rino、Gama、G.K.Maryan、Patrick、Boy-Ken、Mammy-Dなどが参加しており、面子も超豪華ですね・・・

 YouさんのNight Flightでちょっと触れたような気がしますが、日本語ラップシーンを作り上げたラッパーやDJ達が献身的に参加しているのが印象的で、お互いが切磋琢磨してる感じが素敵です!
 なんかこういう音源を聞いてると、音楽が「一つの形」になる前の「いびつ」な状態なんだけど、それゆえに各人が不器用に熱くなってて、それがカッコよすぎですよね・・・Twigyなんかはギラギラしまくりでカッコいいです!!



 作品としては、ミックス作品ではないので、語るべきところは少ないのですが、さんぴん頃の日本語ラップブームに向けて、各アーティストが急激に熱くなり始めた・・・まるでマグマが沸騰する直前のカッコよさが如実に出ているかと思います。

 また、こういうのを聞いてると、ラップほど「現場」が重要な音楽は無いんだな~と思います。

 それも、その現場というのが、大きなライブ会場ではなく、場末のクラブにこそ真髄があり・・・こういう音源を聞けば聞くほど、クラブ活動の重要さを痛感します・・・
 日本語ラップって、一時期よりは縮小してしまいましたが、現場で頑張ってる野郎どもはまだまだ多いと思います・・・なんか、今となってはそういう野郎どもの心の支えになりそうな作品かな~と思います!!


 う~ん、まとめるのが難しいのですが・・・『ここにいる俺たち・・・』といったら『全員、ヒップホップジャンキーズ!!』と叫べる人で有れば絶対聴いた方がイイ作品です(^0^)
 一時期は値段がついていたテープですが、プレス数が結構多いので、中古では簡単に入手が出来るかと思います・・・是非、聴いてみてね!!



<Release Date>
Artists / Title : V.A. 「Black Monday Forever」
Genre : Japanese Hip Hop・・・
Release : 1999年8月
Lebel : No Lebel No Number

Notice : Black Mondayの背景について(2012/9/2)
 この記事の下の方にある「コメント」に、いつもお世話になっているソロバンさんより、Black Mondayに関する情報(Youさんの当時のインタビュー記事)を頂きました!! 興味のある方は読んで見てくださいね。





-------------------------------------------------
-------------------------------------------------
<今回の記事の本題>

DSC08675_001.jpg

 今回の記事は、先週末に突発的に起こったことが発端で書いてみました・・・

 実は、このテープ作品がCD化されることになり・・・その制作者さん側から、私にこの作品の「レコメンド」依頼があり、CDの紹介文章に私の文章が採用されました!!
 それも、制作者さんからのお話だと、この作品の首謀者とも言えるYouさんより御指名があったようで・・・超嬉しい悲鳴を上げつつ、先週の出張前の朝に気合を入れて集中して書いてみました(^0^)

 既にユニオンなどの販売サイトでは、事前告知として私の文章が載っている(参考に池袋ユニオンさんの記事を)のですが、普通にユニオンのブログを見てたら、私の文章が突然出てきてビックリしましたよ・・・なんか、自分の歌声を、録音したテープで聴いてるみたいな恥ずかしさがありますね(^^;)

 ただ、それ以上にYouさんが、このブログを読んでくれてたみたいで・・・人づてに読んでるかもしれないみたいなことは聴いてたのですが、これは嬉しいですね・・・
 私の世代としては、ほんとYouさんの存在は大きく、色んな事を学びました・・・なんか、変な形かもしれないですが、やっと恩返しが出来たかな~と思いました(^0^)

 某社のKさん、そしてYouさん、ありがとうございました!!


 ンなわけで、CD自体は月末に出るそうです・・・それもフクロウTシャツ付き(私の世代だとClip13を思いだします)もあるそうですよ・・・
 なんか、久しぶりに宣伝文章みたくなりましたが、興味のある方は月末まで待ってね・・・

 なお、こういうレコメンド記事の制作は、書いてみて分かりましたが、意外と難しいですね・・・いつものシツコイ文章しか書いていないので、簡潔に書くのが難しかったっす(^^;)



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
えー!!!!
本当ですか???
びっくりしたついでに、コメントさせていただきます。今Mixtape TroopersさんのブログでこのBlack MondayのCD化を知りました。このCD化は半端ないっすね。

因みに僕もこのTapeは当時買ったものが今も手元にあります。(別写真の亜熱帯雨林のTapeもありますし、BenさんのCDも買いました)

こういった現場でしか聴けない、しかもさんぴん以前のClubでのFree Styleのライブなんて、日本語ラップ好きな地方出身者の僕には非常に当時の東京シーンを感じることができ非常に嬉しかった記憶があります。

個人的にこのふくろうのT-Shirtsもたまらなく欲しいので、この瞬間予備のCDとしてセットの購入と、明日の仕事にはこのテープを聴きながら通勤することが決定です!

非常に興奮しており長文駄文にて失礼しました。


2012/09/01(土) 01:00:02 | URL | mztea #-[ 編集]
「ホントに歌う場所がなかったから」という当時、みんなとにかくラップしたい一心で、今では考えられない月曜日にイベントを開催していた。

ーなんで月曜日を選んだかって言うと、月曜日って重くてブルーじゃん。オレたちに関しては各々仕事持ってたから、月曜日はとにかくみんな集まって飛ばして行こうぜ!みたいな一週間を乗り切るためのパーティーを月曜日にやろうぜってのがコンセプトだった。
だから、火曜日からみんな一週間働くじゃん。そうするとスゲェそのことだけ考えてた。来週の月曜日何をやろうとか、何を歌おうとか、どうやって盛り上げようとか。
毎週MVA(その日の一番のアーティスト)を決めてて、ツイギーがダントツだったから、オレはツイギーを負かしたくて一生懸命頑張ってたし。
今はヒップホップでメイクマネーしようとか自分をレプリゼントしようと思うんだけど、当時は自分達の遊び場を作ってたような感じだよね。ヒップホップっていう遊びで思いきり遊んでた感じだよね。ホントにマイク握りたくて、声を出したくてやってたね。男50人ぐらいでマイクの取り合いだよね。今みたいに人が歌ってるのを待ってなかったから、人が歌ってるのを取って、腕力が強かったらそれで勝ちだったから。ホント暴力的なフリースタイルの仕方をしてたよね。おかげでオレたちフリースタイルが上手くなったよ。


『dazzlin'』NO.7
YOU THE ROCKインタビューより
2012/09/01(土) 08:57:14 | URL | ソロバン #-[ 編集]
昔(98年ぐらいの)『クイックジャパン』のユーさんのインタビューを読むと、
“月曜日は客が入んねぇから、土曜日、レゲエの『VIP』とかに何百人も客が入るのを見て、『チクショー、おれ達もカッコイイのによ!』とか思いながらやってた”
とか書いてあって。

別にレゲエもこの頃は日本語のシーンなんて全然確立されてないんだけど(※日本語でやってた代表格はランキンさんとか浪花さんで、チャッピーさん筆頭に“パトワ=ジャマイカン・イングリッシュ”で歌えなければ正統ではない!っていう風潮も色濃くあった頃だし)、やっぱジャパンスプラッシュ最盛期で第二次レゲエブームのまっただ中だから、まぁレゲエ自体は景気いいんですよね。
実際にツイギーとかユーザッロックって人らはVIPの現場でレゲエDJとして歌ってたりしてたんで、まぁ…温度差は凄く感じてたでしょうね。

あと『ダンス甲子園』とか『DAYONE』とか『ブギーバック』のヒットはあったものの依然として自分たちは地下に潜ってる時代だったから、それに対するジレンマもあったのかな〜と。

でも今こうして見るとそーいう時代ってほんと大切だったんだな、ってシミジミしますね…。

今「ベスト・オブ・日本語ラップ」的なミックスとか聴くと『さんピン』とか『LB』とか全然関係なく入ってるし、ほんと、時代が一巡した今だからこそ聴き直したい先人たちの功績、でありマス。
2012/09/01(土) 09:24:31 | URL | ソロバン #-[ 編集]
あ、レコメン文章良い感じでしたね♪

おれ、いつか『さんピン』のビデオがブルーレイ化する時はあなたに超長いライナーノーツ書いてほしいすよ。
2012/09/01(土) 09:28:28 | URL | ソロバン #-[ 編集]
Re: タイトルなし
>Mzteaさん

コメントありがとうございます!
おおっ、喜んで頂き光栄です(^0^) なんかレコメンドをさせて頂いた立場からすると、購入に繋がるのは嬉しいですね~
私もふくろうTはちょっと考えてます・・・当時、欲しかったけど買えなかった記憶があります(^^;)
あと、コレ系のライブ録音テープって、なかなか機会がなかったので紹介出来なかったのもありますが、今回は調度イイ機会だったかもしれないですね・・・もうちょっとこういったテープも紹介しないとな~
では、今後ともよろしくお願い致します。


>ソロバンさん

いつもありがとうございます!!
今回は、当時の記事の掘り起こし&転記には感謝感激です(^0^)
私もそういう詳細があったのは知らなかったです・・・本文の方にもこのコメント欄への誘導書き込みをしましたよ!!
あと、さんぴんのレコメンドは・・・書けたら嬉しいですが、結構辛いかも??
今回書いてみて分かりましたが、意外とああいうのを書くのって難しかったですよ・・・簡潔にセールスポイントを書く(まとめる)のって、実生活の仕事でも意識していますが、少ない言葉で人を響かせるのって難しいっすね~
では、今後ともよろしくお願い致します。


2012/09/02(日) 09:59:47 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック