HipHop,R&B,Soul,Funk,RareGroove,DanceClassics,Garage,House・・・など、私が気に入っているMixTape,MixCD,その他もろもろを紹介するブログです。
DJ Nozawa 「Floor Cruising Vol.1」
DSC08717.jpg

 今週に入り、突然冷えてきましたね・・・先週までは「まだ夏なのかな~」と思っていたら、季節は秋に向ってたんですね・・・
 まあ、大汗をかかなくなるのでイイのかな・・・でも、夏が過ぎるのはちょっと寂しいものです・・・

 そんなわけで、今週、なんとなく聞いていた作品のご案内です。


20101201_1525358.jpg DSC08719.jpg

 今回は、今までなぜか紹介をしてなかった「DJ Nozawa」さんの人気シリーズの第1段をご紹介します!!
 ミックステープ全盛時代の00年代前半では、DMRなんかがプッシュしてたこともあり、かなりお好きな方も多いはず・・・ただ、私は当時は聞いてなかった(すみません!)ので、紹介が遅れました・・・(^^;)


 では、まずNozawaさんの紹介からいきましょう!

 Nozawaさんは、福井県を基盤に活動をするHipHop系DJ/Producerで、活動歴はかなり長いお方になります。

 DJ自体は80年代中ごろのDisco時代(クラブがなかった頃)より行っており、Nozawaさんの持ち味の一つであるスクラッチ系の技術を駆使し、一時期はShingo2のバックDJをしてたり・・・かなり腕利きなお方で、現在でも元気に活動をされています。
 また、トラック製作も有名で、となりのトトロ使いで話題になった「Memory of the future」など、独特なセンスが素敵で、好きな方も多いはずです・・・私もトトロの12inchはなぜか手放せないです(^0^)

 ただ、Nozawaさんと言えば、自身の活動以上に「後続DJの育成」も重要だと思います。
 彼が持つスクラッチなどの技術を後輩たちに伝え続け、いろいろなDJを輩出してきた点は大きく、それこそDJ Akakabeさんや、DJ Kou、DJ YasaさんなどのDMCチャンプを育て、福井をスクラッチ大国(?)にした張本人と言えます。
 以前、いろいろとサポートをいただいている福井在住のソロバンさんに教えていたのですが、夜な夜な、Nozawaさんの事務所で海外スクラッチ系DJのビデオ鑑賞会があり、そこで鍛えられたそうですよ・・・さながら「スクラッチ虎の穴」なんですかね??

 
 そんなNozawaさんですが、ミックス作品はボチボチ出しており、最近も今回紹介する「Floor Cruising」シリーズの続編を出しており、元気な活動をしています。

 特に、00年代前半は、しっかりと選曲&DJミックスができ、かつ流暢なスクラッチ&ジャグリングが出来るとあって、リリースしてたミックステープは人気で、割とスクラッチ系が強かった当時のDMRはかなりプッシュしていた記憶があります。
 当時、なんで買わなかったのかは分からないのですが、今になってシリーズを聞きなおすと、Nozawaさんがスクラッチだけの人では「ない」ことが如実に現れており、しっかりとしたミックス作品を作っておられた点にはグッときます!!

 では、作品の紹介に行きましょう!


DSC08721.jpg DSC08722.jpg

 まず、今回紹介する「Floor Cruising」シリーズは、いわゆる「クラブプレー」を意識した作品になり、どなたでも聞きやすいシリーズかと思います。
 作品によって選曲の傾向が大きく異なりますが、この第1段では、割と跳ねたビートのHipHop/R&Bを核にミックスしており、なかなか良いミックスになっております。

 それこそ、クラシックな「Mary J Bldge / Real Love」のような跳ねた曲が多く、普通に聞いてると気づいたら乗せられます・・・
 持ちレコが全然ないので、選曲面の紹介に説得力がないのですが、Queen LatifahとかKid'n Playなど、アッパーなHipHopを多くプレイし、終始、上向きなグルーブづくりがある選曲になり、聞いてて普通に上がります(^0^)

 ただ、選曲の流れで「Soul Ⅱ Soul / Keep On Movin'」をプレイするなど、ミックスを飽きさせない流れも考えられており・・・そういった細かい配慮も上手いっすね!
 選曲面で渋い選曲をかなりしている点もポイントなんですが、スクラッチ系DJにありがちな「選曲があまり上手くない」「流れがない」という点は一切なく、やはり現場でプレイしてた実績が裏打ちされているのかな~と思いました。

 また、Nozawaさんであれば「スクラッチ」系の技も聴きどころだと思いますが、テープ的には最低限の技しか出さず、選曲やグルーブを深める「スパイス」としてサラッとこなしてる辺りもいいですね!!
 ハードな2枚使いやスクラッチは少ないのですが、音の流れでサラッとフィル的に擦ったり、グルーブやキーを崩さない程度に2枚使いをしたり・・・その「大人な塩梅」も上手いっすね~

 ただ、ちょっと批判も入れておくと、明確なピークタイムみたいのがなく、間延びした感じのプレーに聞こえてしまう場合もあり、選曲の流れで「山」や「ボム」がもうちょっと欲しかったかな~とも思います。
 クラブプレー的な話でいけば、ラウンジ的な流れになってる部分もあり、聞いてて飽きてしまう部分もありました・・・この辺は個人の好みもありますが、バシッとド定番ぶち込んでおいても良かったかな~とも思います。


 そんなわけで、このテープに関しては、100点満点とはいきませんが、Nozawaさんの良さや個性は十分に発揮された作品かと思います。
 あんまり上手く紹介ができませんでしたが、CD再発も出てますので、お好きな方は探してみてね~



<Release Date>
Artists / Title : DJ Nozawa 「Floor Cruising Vol.1」    
Genre : HipHOp、R&B、NJS、UK Soul、DanceClassics・・・
Release : 1998年
Lebel : Mori Production No Number

Notice : テープについて

DSC08724.jpg

 このテープはプレス作品ではなく、おそらくNozawaさん側で市販のテープにダビングして作った作品になります・・・というか、Nozawaさんのテープは大体が手製で作られています(^^;)
 ジャケットやテープラベルはしっかりと印刷したモノを使っていますが、テープ本体やテープケースは市販品で、個人的には結構ビックリです・・・結構、本数は売れているはずなので、逆に手製のほうがコストが高そうな気がします・・・どうなんでしょう?? 

 
Notice : CD再発について

DSC08720.jpg

 2010年には、この作品も込みで、テープ作品がCD再発されています。

 CD再発に関しては、写真のボックスセットがお勧めで、テープでリリースされた1~4がセットになり、お手頃値段で手に入るかと思います。
 また、このセットには、作品を再発するに当たってのNozawaさんからの熱いメッセージ(紙)が入っておりグッときます・・・音楽をまじめに考えている人はやっぱりイイですね!!




<福井DJ界の裏歴史?について>

 いつもコメントをいただいている福井在住のソロバンさんから、貴重な福井情報を頂きました。
 コメント欄に書いていただいたので、興味のある方はご参照ください。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
おお懐い!

ただ、けっこう混同されるんすけど、「後進を育成」のくだり、ヤサくん自身は赤壁さんの後輩のヨシカツくん(DJ FENCER)のDJスクールの一期生だった人で、直接ノザワさんに師事した、という訳ではないんです。ノザワさん家に夜な夜な集まって、昔のDMCのビデオとか見まくってたのは、みつるくん(DJ AKAKABE)を筆頭に、前述のヨシカツくん、モリくん(旧姓DJ OMI)、ノビくん(DJ ROCK-LO)、ヨシマサくん、とか、今30オーバーのパイセン達が主だったかな。
ヤサくんの福井時代はDJスクールに通ってた高校時代までで、卒業と同時に大阪行っちゃうんで、実質的には大阪のアーティストなんすよね(まぁ、よく帰ってくるし対外的にもレペゼン福井で通してるけど)。

ただ、これだけは言えるのは福井ってのは田舎なんでコミュニティが狭く先輩との距離が近くて、昔からガチガチのタテ社会なんすよね。
「DJ徒弟制度」みたいのが未だに生きてて、そーいうのがことさら特殊な技術を要する(独学だけではとてもカバーしきれない)バトルDJの世界では効を奏した、ってことなんでしょうね。
みつるくんしかりヤサくんしかり。

本当、若い頃は先輩うざかったけどwwこの歳になると偉大さがしみじみ解ります。
福井のパイセンたちがいなきゃ今の自分はないです!
2012/09/24(月) 12:40:55 | URL | ソロバン #JalddpaA[ 編集]
連続投稿ひつれい
てかヤサくんで思い出したんすけど……wwあの人、妹がいて、妹さんは大阪でR&Bシンガー?をやってるんすよね。

高校生の頃はHIP-HOPダンサーやってて、自分のイベントにも出てもらったことあったから、何年か前にネットで見かけてびっくりしたww

練習してた鯖高の体育館にデジカメ持ってフライヤー用のアー写を撮りに行った記憶があるすねー。懐かしい。

以上、福井系の余談でしたwww
2012/09/24(月) 14:43:40 | URL | ソロバン #-[ 編集]
Re: 連続投稿ひつれい
>ソロバンさん

コメントありがとうございます・・・というか、お待ちしておりましたよ(^0^)
もー、いろいろマニアックなご指摘&情報、ありがとうございます!!
私も書いてて、弟子系の話はどうなのかな~と思っていたので、ジャストなご指摘が嬉しい限りです・・・本文からも誘導文章を書きたいと思います。

なお、高校の体育館にデジカメもって・・・の話もいいですね(^0^)

では、今後ともよろしくお願いいたします。


2012/09/24(月) 22:55:31 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
こんな話を喜んでくれそうなのはMTTさんしかいないと思うので……
ダハハ!
「福井の裏歴史」ってか福井じたいが「裏」ですからねwww

せっかくなんで更にマニアックな話を書くと、あの世代の“福井県B系レジェンド”って、くだんのノザワさん、あとは一郎さん(2WIN DOPEの1LOW a.k.a. MC ICHI)とかが有名すけど、もう一人レゲエでゴローさん(G0ROLYN/JUNGLE CNP JAH)って人がいたんすよ。

その人がサウンドシステム作って、海外アーティスト(ジョニーオズボーン、スラギーランクス、etc…)のDUBを録って……っていう、いわゆる「サウンドマン」的なことを福井で初めてやった人で。
まぁ福井の田舎に色んな「伝説」を遺した人だったんすね。

NYに住んでた頃は若き日のマイティクラウンとかパパBとかと一緒につるんでて。初めて福井にマイティクラウンが来た時(もう11年前)も、スティッコが超親しげに
「ゴローちゃん、久しぶりー♪」
とかってゴローさんとヤーマンしてて、子供心に「ゴローさんすげぇ!」とか思ったすねぇ。

まぁ世代的なアレで、ご多聞にもれずちょっといっちゃってる人なんすけどwww

でも、今福井のレゲエのパーティーに来るような子らも、もう誰もゴローさんのことなんか知らんでねぇ。
そこがちっと“けなるい”かな〜(福井弁スティーロ!)。
やっぱ「記録より記憶」とは言うものの、ミックステープなりなんなりで「形」として何かを遺しておくってのは本当重要だなと。
今回改めて思った次第であります、ハイ。

※ちなみに、ゴローさんのDEEJAYネーム「JUNGLE CNP JAH」は、昔、ゴローさんの家にバリK〜ん(ex.ガスボーイズ)が居候してた際、一緒に銭湯に行った時に言われた

「ゴローちゃん!ジャングルち@ぽじゃん!!」

に、由来してるそうです。
もうそれだけでゴローさんの何たるかを表してる素晴らしすぎるエピソードですww(完全にJAHをなめてる…www)

2012/09/26(水) 20:28:14 | URL | ソロバン #-[ 編集]
Re: こんな話を喜んでくれそうなのはMTTさんしかいないと思うので……
>ソロバンさん

連続投稿、ありがとうございます!! こういう話は大好きですよ(^0^)

ゴローさんの話も大変イイですね・・・何がいいかと言わると困りますが、とにかく「イイ」ですね!!

なんでしょう、今となっては「ナチュラル・ボーン・キラー」な人って中々いないわけで、そういう人って実は魅力があるんですよね・・・
比較的分かりやすいのがBuddhaのNippsとかだと思うのですが、言動や行動を見てるだけで「The 規格外」なんだけど、そういった人たちを評価したのがHipHopだったりReggaeなんだと思います。
うまく表現が出来ないですが、Nippsであれば「川●軍●」で韻を踏んでるんですからね・・・そういったブッ飛んだ人がいないと面白くないっすよね!!

まあ、私もそういった遺伝子を積んでるので、こういうド変態なブログをやってるのかな・・・とちょっと思いました(^^;)
その意味では「形に残す」ことはメチャクチャ重要です・・・ソロバンさんが書いていただいたようなことは、その内に誰かが検索して引っかかり、読むかもしれないわけで・・・イルな遺伝子を繋げるためには重要です!
特に、最近思うのが、TwitterやFacebookだと「検索があまり引っかからない」んですよね・・・なんか、こういう側面を考えると「ブログ」も馬鹿に出来なかったりします。

そんなわけで、今後もイルなことをやっていきますので、宜しくお願い致します(^0^)



2012/09/26(水) 23:28:50 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック