HipHop,R&B,Soul,Funk,RareGroove,DanceClassics,Garage,House・・・など、私が気に入っているMixTape,MixCD,その他もろもろを紹介するブログです。
DJ Koco 「Who Got The Flava?」
DSC08802.jpg

 日に日にですが、寒さが増してきて、確実に冬に向かってますね・・・季節的には冬は嫌いじゃないですが、季節の変わり目には弱いので、体がお疲れの模様です(^^;)
 なので、今日は自宅で、今季初の「適当に作った鍋」を仕込中・・・体を温めないとね!!

 そんなわけで、鍋とは全く関係ないですが、今週聞いた1本のご紹介です~
 そういえば、最近はこういう書きだしが多いですね(^^;)


EBONY.jpg 1348718162.jpg

 今回は、Kocoさんの代名詞と言える作品のご紹介です!!

 ここ最近、HipHopは個人的な趣向から外れつつあるので、HipHop関係の作品の紹介が遅れ、こういう重要な作品も後回しになっていましたね・・・すみません(^^;)
 ただ、この作品に関しては、影響を受けた方が多いでしょう・・・ある意味、日本のRandom Rapの起爆剤ともいえる作品かもしれないですね。

 Kocoさんのミックス作品においては3作目の作品になり、Kocoさんの代名詞ともいえるマイナーなHipHopを、2枚使いやスクラッチを駆使し、ゴリゴリにミックスした作品です!

 内容的には、副題の「early 90's undergroud hip hop」からお分かりのとおり、90~93年ぐらいまでのNew School期において、日の目を浴びなかったマイナーなHipHopを中心に選曲しており、ド深い掘りっぷりに感服です!
 それこそ、このジャケのネタ元である「Ebony Broadcast System / Skillz」とか、未だに4万オーバーな「Lord Aaqil / Check it Out EP」など、今でも鬼レアなタイトルが目白押しですね!!

 時期的には、2001年に「DJ Ivory / Hear No Evil」が出て、世界的にマイナーHipHopに注目が集まり、初期は80年代後半のMIddle期の作品(Paul Cとか)に注目が集まっていた印象があります。
 その流れがあってかなのか、2004年にKocoさんが出したこの作品は、対象の時期が90年代に移っており、目の付けどころが早いですね・・・第1作の「Koco's Jazzy Grooves」や、2作目の「Shimokita House」でも、こういったマイナー系は披露していましたが、ココまで掘り倒したのは初めてで、この掘りっぷりには影響を受けた方も多いかと思います。

 私自身も、このくらいの時期からHipHopの興味が薄れてきてしまったので、記憶が曖昧なのですが、この作品が出て以降、マイナーなHipHopの高騰ぷりっと言ったら大変で、ジャケネタのEbonyとかはかなり高額でしたね・・・この辺はKocoさんの影響なんでしょうね~
 ミックステープ業界でも、この作品が出て以降、マイナー系に焦点を当てた作品が多くリリースされ、それこそShigeさんの「Full Time」シリーズなんかは、Kocoさんに影響を受けて作ったのかな~とも思います。


 ただ、重要なのが、単にマイナーなHipHopをプレイしてるんじゃなくて、それらを「カッコよく」プレイしてるのがKocoさんの素晴らしい所で、それがあったから無視され続けていた曲などが光り、マイナーな曲の中でもカッコいい曲がある!という点をリスナーに伝えたことは大変大きいと思います。

 無論、ド深い掘りっぷりもポイントですが、選曲的にもNew School期特有の首フリ感を維持した選曲が素敵ですし、何よりも要所要所で披露される2枚使いなどが素敵です!!
 内容が内容なので、詳しく説明ができませんが、A面最初の「Dope and a Gun / I Got Open」では、この曲のB面にある「Who Got The Flava」のサビとを絶妙に2枚使いしてて、この作品のタイトル/主題を煽りつつも、カッコ良い展開に悶絶ですね!

 そのほかにも、カッコいい擦りや2枚使いは要所要所で炸裂してますね・・・Kocoさんの素敵な所って、深い選曲もポイントなんですが、それらの選曲を、素晴らしいDJスキルで更に昇華させちゃう辺りが重要だと思います・・・
 最近の45なんかは正にそうで、人が目をつけない内容に着目しつつ、それをカッコ良く紹介している・・・っていうのがKocoさんらしく、その辺の感覚はMUROさんに近いっすよね・・・そういえば、今度、KocoさんとMUROさんが45縛りのイベントをやるらしいですよ・・・楽しみです(^0^)



 そんなわけで、知識があまり無いので、説明はこれで終わりですが・・・ミックステープ/レコード業界的には重要な作品で、かつ内容も素晴らしい作品のご紹介でした(^0^)
 う~ん、やっぱり知識が無いと上手く説明が出来ないっすね・・・すみませんでした(^^;)





<Release Date>
Artists / Title : DJ Koco 「Who Got The Flava?」
Genre : HipHop
Release : 2004年冬~春
Lebel : Donuts Record DN-005






-----------------------------------------------------
<独り言>

DSC08803.jpg

 最近は、よく「仕事が忙しい~」と愚痴っており、ユニオンで放出情報があってもタイミングが合わず、買いに行けないケースが多いです・・・今月はテープ系で買えなかったのが多かったです(--;)

 ただ、タイミングが合えば気合を入れるわけで、昨日の土曜、新宿の某ユニオンでDisco系12inchの緊急放出があり、久しぶりに開店前から並んで、ずーっと探していた「Ashford & Shimpson / Stay Free」(独onlyの12inch)をゲットしましたよ(^0^)

 Kocoさんの作品を紹介して、このレコの話をするのもアレですが、個人的にはダニーの朝方プレイでヤラれ、かなり探してました・・・つい最近、あまりにも出なかったので、再発のボックスセットを買ったのですが、やっぱりオリジナルは欲しいので、気合が入りましたよ(^^;)
 私は3番目でしたが、先に並んでた方が別のを狙ってたみたいで、店に入って、速攻で壁にかけてあったレコを抜いて無事ゲットです・・・セールって待ってる時のドキドキ感や、抜けた時の安心感など、色々と刺激があって好きなんですよね・・・今回は値段も個人的なプライスラインよりも低く嬉しい限りです!!

 あと、もう1個嬉しかったのが、その新宿のお店にDiscoに強い店員さん(S藤さん)が戻ってきてたことですね(^0^)
 その店員さんは、ちょっと前まではお茶の水におられましたが、もともと新宿にいたお方で、新宿時代のDisco系の品揃えにはヤラれ、凄いお世話になっていたので、これからの新宿が楽しみです!!

 ちなみに、10月でユニオン的には人事異動があったみたいで、いろんな店員さんが別店舗に移動してますね・・・
 よくこのブログに登場するN村さんは下北に移動をし、一発目からDev Large関連のゴツいテープを放出してましたね・・・その日は仕事で、夜に行ったら売り切れてました・・・まだお会いできないですが、下北もちょくちょく行くのでよろしくお願い致します(^0^)


 では、独り言でした~






 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんばんわ。まいなーhiphopのmixで、ここ、しげ、ふりーく、のぞむ等以外で管理人さんがしってるミックステープないですかね?まいなー系集めてて、もうネタ切れで限界かんじてきました笑
2012/10/29(月) 01:02:02 | URL | まいな #zrvSuWY.[ 編集]
Re: タイトルなし
>まいなさん

コメント、ありがとうございます(^0^)

ご質問の件、私はあんまりマイナー系HipHopは集めて無いのでアレですが、
マイナーDJのミックスを探すのはいかがでしょうか?
時期的に少ない(2004年以降かな?)ですが、多少はある・・・ような気がします??
アングラっぽいのなら色々とありますが、マイナー系となると、
Kocoさん以降は高額で揃えるのに根性が必要なので、少ないのかな~と思っています。

では、全然参考にならなくってすみません(^^;)
今後ともよろしくお願い致します。


2012/10/31(水) 00:04:16 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
今後ともよろしくです!
2012/11/03(土) 02:07:11 | URL | enumura #-[ 編集]
Re: タイトルなし
>enemuraさん

うふふ、コメント、ありがとうございます(^0^)
なかなかお店にいけないですが、また時間をみていきますね~
ちなみに、そろそろ不要物(ダブりとか)が増えてきたので、売りにいくかもしれないです??
では、今後ともよろしくお願い致します。


2012/11/04(日) 13:01:43 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック