HipHop,R&B,Soul,Funk,RareGroove,DanceClassics,Garage,House・・・など、私が気に入っているMixTape,MixCD,その他もろもろを紹介するブログです。
DJ関連書籍 Part.1 「クラブ本」
DSC08916.jpg

 ここ最近、まじめにミックス作品の紹介をしてて、なんか紹介をするのに飽きてきた(え~)ので、たまには変化球な紹介です!
 一応、不定期ながら3回に渡っての紹介になりますが、そんなには気合は入ってない更新になると思いますので、ユル~く読んでいただければ幸いです(^^;)



<はじめに>

DSC08919.jpg

 では、紹介を始める前に、ちょっと前振りをしておきたいと思います。

 このブログをお読みの方ならお気づきかと思いますが、このブログを書いているMixtapetrooperさんは「微妙なコレクター」です(^^;)
 
 普通、この業界(?)でコレクターというと、王道はレコードになるわけで、それもソコソコはあるかも知れませんが、誰も欲しがらないミックステープから始まり、ショックウェーブやらフライヤーなど・・・どちらかというと「本流ではない」モノを集める傾向にあるようです。
 

 その本流でないモノの一つとして「DJ/レコード関連書籍」も集めてて、誰も買わない微妙な本を中心に、割と昔から掘っております・・・

 まあ、ガキの頃に買ったのもあり、当時は知識を増やす為に買ってて、ソコソコ役立っていましたが・・・今となっては「その微妙さ加減」や「それを掲載するの!」みたいなトレジャー目当て(?)で買っております。

 特にポイントは、DJなりクラブなり、それがブームなった時は「山師根性」を働かす方々が多く・・・そういった本にはグッとくるものがあるので・・・掘ってるのかも知れません。
 これまでもDJなどのことを取り扱ったTVなり雑誌で、そういう山師なモノを紹介してきましたが・・・今となってはそれが微妙にいい味を出してて、それに惹かれて掘っている・・・そんな所だと思います。

 ただ、そういった微妙なモノでも、よく読んでみると結構貴重な資料が入ってることも多く、マニアにはたまらないっすね・・・
 基本的にDJなりクラブって「流行りもの」なので、すぐ忘れ去られてしまい、下手したら速攻で無くなってしまう訳なので、そういった「当時の記録」って実は重要なので、掘っていた部分もあるかも知れません。


 んで、ここ最近、我らのユニオンさんが、どの店舗でも音楽関連の書籍をプッシュするようになってて、この業界(?)で「本」に注目が集まってきてるような気運があります。
 その限りにおいて、私が収集した「DJ関連の本」で面白いものを紹介したら何か反応があるかな・・・と思いついたのが今回の趣旨になります。
 
 まあ、段ボールの中にしまわれていたモノが多数になりますが、個人的には「心の減価償却」の為に行うようなもんなので・・・あんまり難しく読まないで頂ければ幸いです(^^;)

 ちなみに、紹介する本の購入元はほぼ「某off」さんで、じっくり見ると値札が貼ってあります・・・あまり突っ込まないで下さいね(^^;)
 それと、内容の資料写真の方は、毎度のごとく、全然見やすく写そうという気が全くなく(えっ)、私の指が入りまくりですが、こちらも気にしないでくださいね・・・気になる方は是非掘ってみてください!!


 そんなわけで、第1段はDJが活躍する現場である「クラブ」に焦点を当てた本をご紹介しますね!!



------------------------------------------------------
------------------------------------------------------

『クラブ ライブ Maniax』(右)
  1995年1月 DHC出版
『Tokyo クラブ ライブ Maniax 2』(左)
  1998年6月 DHC出版

DSC08841.jpg

 一発目は、DJ関連の本を掘ってる方にはお馴染みで、某オフさんの100円コーナーの常連(?)な本です・・・ただ、クラブ本としては一番ベーシックな内容で、かつ資料としても結構良く、お勧めですよ(^0^)

 まず、私の指す「クラブ本」というのは「クラブ店舗の紹介+α」みたいな本で、地域別だったり、ジャンル別にクラブの紹介をし、ここのクラブのポイントや地図なんかを写真を交えて紹介しつつ、DJや音楽の小ネタを交えたような・・・そんな感じの本になります。
 日本においては90年代中期にDJブームみたいのが起こり、それに合わせてクラブをあまり知らない方向けにこういう本が発売されていた経緯があり、00年代初期ぐらいまでは色々な本が発刊されていたと思います。

 私も少なからずそうですが、日本人ってブームに弱く、かつそのブームを簡単に知ろうとする傾向が強く、ある意味「カタログ嗜好」が強いので、こういう本が売れるんですよね・・・
 以後に紹介するDJ関連の本もその一つだと思いますが、最近だとスマートホーン関連の本がそうだと思います・・・こういうのって、つい買っちゃいますよね(^^;)

 ただ、これらの本の特徴として、作った方が心の底から「クラブを盛り上げよう!」みたいな意味で作ったのは少なく・・・なんとなくブームだから、適当にクラブの店舗紹介をして、小ネタを適当に散りばめておけばOKじゃない?・・・的な発想で作られたモノが多く、そういう「適当な感じ」が魅力だったりします(^^;)
 また、そういった中で作られた本でも、中に入ってる写真なり資料には貴重なモノも多く、これは資料として外せないですね・・・

 そんな点を踏まえて、この本から紹介をしたいと思います。


DSC08842.jpg
DSC08843.jpg

 まず、この本の突っ込みどころとしては、出版元が化粧品でお馴染みの「DHC」である点ですね!!

 美輪先生の印象が強く、本を出してる印象は少ないのですが、結構真面目な本を昔から発刊されてたようで、今でも学術書なんかを中心に出されてるそうです・・・
 それでいくと、なぜ「クラブ本」を出したのかが全く不明ですが、95年と98年に2冊出しています・・・う~ん、多角経営を狙ってたんでしょうかね??

 んで、内容に関しては割と良く、上の写真(分かりにくいですね~)のように「西麻布Yellow」だったり「芝浦Gold」だったり・・・当時の一線のお店をしっかりと取り上げており資料としてはかなり良いと思います。
 詳しく読むと、レアなフライヤー(上のYellowだと故Walter Gibbonsさん、下のGoldだと中村直さん!)だったり、レアな写真だったり、コラム記事だったり・・・結構読み応えがあります。

 一応、他の紹介でも出るので、先に指摘をしますが、これらの本においては小ネタ/コラム的な部分が結構面白く、意外な発見が多いです。
 んで、それらにおいては、なぜか結構な確率で我らの「MUROさん」が登場することが多く、HipHopだったりDJだったり、掘りだったりを語っています・・・この本でも98年の方で登場してて、マニアにはグッときます。

 ただ、微妙なところも多く、写真の範囲で行けば、下の写真のGoldであれば、一番重要なフロアーの写真が一切のっていなかったり、純粋なクラブだけだと本が埋まらないのでディスコ系のお店や、なぜかライブハウスなんかも紹介してて・・・ちょっとズレているところも多いですね。
 また書いてある紹介文でもグッとくる文章も多く、これもイイですね・・・高木完さんの説明で「ちなみに完ちゃんはルックスもGood!」と書いてあったのにはグッときました(^^;)



------------------------------------------------------

『じゃらん DE Tokyo Club Guide 1999』
 1998年12月 (株)リクルート

DSC08864.jpg

 次に紹介するのは・・・タイトルを読んだだけで「えっ」と思う方も多いかと思いますが、なんと旅行/観光雑誌の大手ブランド「じゃらん」の名前で作られたクラブ本です!!

 今となっては、コレの延長線上で「夜のカップルデート」的なムック本が色んな所から出てますが、あのちょっとお堅い「じゃらん」からクラブ本が出てたのにはグッときますね・・・

 ただ、この辺になると、入手は結構大変で、記憶だとこういったムック本的なクラブ本は他にも何冊か出てたはずで、かなり探しているのですが中々発掘出来ない部類です・・・これもじゃらんらしく、某offの「旅行」コーナーで発掘したぐらいです(^^;)
 ちなみに、旅行雑誌系のクラブムック本も記憶だと何冊かあり、個人的にはTinaさんが表紙になってたクラブ本を結構探してます・・・覚えてる方っていますか??


DSC08850.jpg
DSC08851.jpg

 そして肝心の内容は・・・じゃらんらしく「まじめ」な内容で、かなりイイですね!!

 東京のクラブを中心にピックアップしてるのですが、どのクラブもちゃんと取材をしてて、写真も大きく掲載し、記事も真面目に書いており・・・資料としては最高です!!
 試しに上に「西麻布Yellow」のページを写しましたが、全体的な見た目の良さで読む人を引き込みつつ、ちゃんと記事を書いている所は素晴らしいですね・・・文章も落ち着いた感じでブレがなく流石です!!
 
 ただ、真面目すぎちゃった部分もあり、お店の詳細データに関しては、あんまりお客さんが知らなくてもいいようなことまで書いてあり、DJブースの機材の内容やスピーカーやアンプの内容まで超詳しく書いており・・・それはマニアしか反応出来ないっすね(^^;)
 

 んで、小ネタ部分では、ここでもMUROさんが登場!

 こっちは、カラーで分かりやすかったので写真を貼りましたが、MUROさんって、DJも上手かったり、レコードもいっぱい持ってたり、自身の洋服店(Savage)を持ってたり・・・MUROさんをブッキングすれば、小ネタが全て揃うので珍重されてたんですかね・・・
 ただ、MUROさんはこういった媒体でもちゃんと真面目に答えてくれてて嬉しいです・・・じゃらんで「掘り」の重要性を説いてる辺りにはグッときましたよ!!



-----------------------------------------------------

『Men's egg 特別編集 Clubin' Navi』
  2002年5月 大洋図書

DSC08863.jpg

 連発でコレも「じゃらん」のように看板がついているムック本で・・・こっちはギャル男の代名詞とも言えるファッション誌「Men's egg」からのクラブ本です!!
 個人的にはこの本が発行されてたことは知りませんでしたが、手に取った瞬間「Men's egg」という名前を見ただけで優勝確定みたいな感じです(^0^)

 今でこそ「チャラ男」とかって表現になるかと思いますが、どちらかと言うと「ナンパ」な男子の本道を進むファッション誌だけに、とにかく「流行り」を意識した内容が新鮮で・・・快活な山師根性が見え隠れする紙面づくりにヤラれます!!

 以前の雑誌特集でも触れましたが、当時のファッション誌はファッション以外の流行もフォローする存在で、クラブなりDJのことを流行の先端として良く取り上げていました。

 まあ、それが入口になったりするので、それらが悪いとは言い切れませんが、結構「これはナウくって売れるっしょ」的なノリで企画されることが多く、内容的に微妙なのもあったりもします。
 このeggのは、割とその匂いがあり、小ネタとしてクラブ帰りのラーメン屋案内とか、クラブ近くのアパート物件案内(!)など、どうしてソレを入れるんだ!って突っ込み箇所が多くイイですね・・・
 特に、物件のところでは、渋谷のクラブ近くの物件として中目黒の物件(車で10分と表記!)を紹介してる強引さが素敵です(^^;)

 ただ、コレも結構真面目に取材なんかはしてて、資料としては大変良く、ダメ部分の独自色も込みでeggらしい誌面になっているのは素敵です!!


DSC08846.jpg
DSC08847.jpg

 気になる誌面はというと、作り的には「じゃらん」と同系統で、クラブ店舗を写真で大きくのせる感じで、02年ごろの都内の名物クラブが多数掲載され、資料としては中々だと思います。
 
 時期的には「Cyber Trance」なんかが流行ってた時期だし、egg系だとソッチの方が人気があったので、Trance系の情報がかなり強いですが、写真上のように「Emma House」を取材してたり・・・ちゃんと現場に行ってる誌面作りは素敵です。

 また、コラムなど、読み物的な部分は、先ほど触れた物件情報などの微妙な話題もありますが、クラブ本でありがちな「クラブに来てる女の子のスナップ写真」はレベルが高く、これは流石ですね!!
 きっと適当に声をかけたんでしょうが、クラブ●貞な野郎が見たら「クラブにはこんな可愛い娘がいて、ナンパし放題なんだ!」と妄想を煽る人選は流石です・・・これはeggの真骨頂ではないでしょうか(^^;)




--------------------------------------------------

『東京ミュージックガイド』
  2006年8月 リットーミュージック

DSC08865.jpg

 今までの3冊は割とストレートなクラブ本でしたが、次の2冊は「大穴」なのを紹介したいと思います。

 一発目は、現在「Groove」を発行している大手音楽系出版社「リットーミュージック」から発刊された本で、これにはちょこっとだけクラブの店舗紹介がされています。

 この本、割とある種類の本なんですが、レコードにおける「レコードマップ」みたいな本で、音楽に関するお店・施設なんかを網羅した本で、さながら「音楽版タウンページ」って感じの本です。

 これらの本は割とバンドマンやロック系のファンに向けた内容が多く、それこそライブハウスや貸しスタジオ、そして楽器店が話題の中心だったりするのですが、誌面が余ってしまったからなのかクラブ/DJ系の話題も少し掲載されており、個人的には最近になって掘り始めた類の本になります。
 正直、Grooveなんかの広告で、コレ系の本の告知があったりしても「誰が買うんだろう?」と思っていましたが、モノによっては当りもあり、今後の狙い目ですかね・・・あれば結構な確率で100円の可能性も高く、ディガー魂をくすぐります(^^;)


DSC08859.jpg
DSC08860.jpg

 んで、気になる誌面は、タイトルの通り「東京各所」の音楽施設/お店を紹介してて、メインはライブハウスやCDショップ、貸しスタジオや楽器店が中心ですが、クラブも多少掲載されています。
 
 上の写真のように、渋谷のセクションではwomdとかLoopとかが出てて・・・大箱も小箱も紹介をされていますが、そんなには詳しく掲載されておらず、クラブ本としては届かないですかね?


 ただ、この本をあえて紹介するのは・・・異常に「アナログ専門のレコード店」の情報が多く、それも店舗写真がカラーで掲載されている点です!!
 それこそ「レコードマップ」のカラー版みたいな感じで、渋谷であればVinyl Planetや4dj'sのような無くなってしまったお店の店内写真がしっかりと掲載されてて・・・見てるだけでもグッときます!!

 2006年と言うと、ギリギリでレコ屋が全盛だった頃で、東京であれば濃いレコ屋がたくさんあり・・・ある意味、東京のレコ屋が濃かった時代を切り取ったような内容で最高ですね!!
 レコードマップは、レコ屋を「訪問する」のには最適な資料でしたが、お店が存在したことの「資料」としては落ちる部分(店舗写真がほとんどない)がある中で、これはイイですよ・・・飲もうと思えば、これをツマミに飲めそうな感じもあります(^^;)

 

---------------------------------------------------------

『ぴあ関西版 Funky音楽天国』
  1994年7月 ぴあ株式会社

DSC08866.jpg

 これまた大穴系ので、先ほどの東京ミュージックガイドと同じような「音楽版タウンページ」みたいな本で、94年ごろの関西版っといった内容で・・・これを今さら買おうと人はいないのか、問答無用で100円でした(^^;)

 ただ、リリース元が「ぴあ」という時点で優勝で、速攻で買いました・・・達郎さんのベスト盤リリースに伴い9月末に発行されたぴあの特別号も最高でしたが、流石「音楽」や「街の情報」に関しては間違えない取材力で、これもかなり良い本です。

 まあ、先ほどの東京と大体同じで、どちらかというと「バンド系」向きな内容で、ライブハウスや貸しスタジオなどの情報が多いですが、少しだけ掲載されているクラブとレコ屋の情報が濃いっすね・・・


DSC08853.jpg
DSC08855.jpg

 んで、気になる内容は・・・関西だけに「レゲエ」が濃く、取材ではRed PrinceやRock Desireの現場を取材してて・・・グッときます!
 ページ的にはかなり少ないですが、クラブ紹介でもDownとかDon Flex、レゲエ系で有名だったJugglin Cityなどレゲエが好きな方にはグッとくる資料かと思います。

 また、レコ屋紹介も最高で、流石にDJブーム前の本なので、馴染みのあるお店は少ないものの、レゲエ系の有名店(Drum & Bass RecordsとかLion Music Denなど)が載っててイイですね・・・
 
 正直、コレが凄い良い資料かと言われたらアレですが、こういう方面の本も掘ると色々とある・・・そんな所ですかね??


 ちなみに、この本を買ったら、本にどうやら当時の某ライブハウスの「当日清算のチケット」が挟まっていました・・・当日清算のチケット(今の若者には分からない??)って今もあるのか分かりませんが、なんかイイですね・・・時代を感じます。
 古本を買ってると、こういう「挟まってるモノ」も魅力で、数年前になぜか代々木上原付近の某オフに立ち寄った際、ブラック系ディスクガイドの名著である「US Black Disc Guide」の初版を古本で買ったら、本に「ダイアモンド映像」のメモ用紙が入っててグッときました・・・30代後半以上じゃないと分からないネタですね(^^;)




-----------------------------------------------------
-----------------------------------------------------

 そんなわけで、結構適当に書いたつもりでしたが、意外と書けましたね・・・

 考えてみると、クラブ系の本ってまだまだあり(DJ Ozmaのヤツとか)ますが、今となっては無用だと思われているものが多いと思います。
 ただ、当時の資料だったり、当時を懐かしんだり・・・結構面白い本も多いので、ご興味があれば掘ってみてくださいね!!


 んでは、次回がいつになるか分かりませんが、次回をお楽しみに~







\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

< おまけ 釣果報告 >

DSC08923.jpg

 え~、ここ最近は、いつも愚痴ってますが、仕事が結構忙しく、無駄に事務仕事を夜遅くまでしてたり、休日出勤で地方出張をしたり・・・レコ屋などに簡単に行けない日々が続いております(^^;)

 先週末も、Misamisaさんのテープを更新した後、さりげなく福島某所に泊まりで出張したり、先月だと静岡や新潟に行ったりしましたが、ここ最近は上司か後輩と同行することが多く、地方のレコ屋も行けてないです・・・なのでブログで出張話をしていませんでした・・・
 まあ、地方出張は飲み食いが楽しみだったりするので、レコ屋に行けなくてもアレですが、静岡はマキで仕事が終わったので、一人だったら浜松に行ってSoul Clapさんに行きたかったな・・・そんな残念(?)な日々が続いております。

 んで、今週末は久しぶりにちゃんと土日がお休みだったので、日ごろの鬱憤を晴らすべく、昨日は都内のユニオン巡りをしてきましたので、久しぶりに雑談込みで釣果報告をしたいと思います~


DSC08924.jpg

 まず、一発目に行ったのが・・・ユニオンではなく、久しぶりにフリマに行ってきました!

 行ったのは私の主戦場でもある「明治公園」で、今回は手持ち出店の個人が多かった中、奇跡的にミックステープを出してたお兄さんから上記のテープ(12本)を、値引き込みで1000円でゲット!
 レアなタイトルは無く、すでに手持ちなのもありましたが、コレぐらいの量が出ると嬉しいですね~

 ちなみにですが、明治公園でのフリマって久しぶり・・・というか、ちょっと問題があるんですよね・・・

 知っている方はご存じかも知れないですが、明治公園って良く分からない理由で改修工事をする/しないで揺れていて、昔みたく毎週末の開催ってあまりなく、下手したら明治公園が無くなっちゃう・・・みたいな話があるんですよ。
 その理由は、私自身もよく分からないのですが、隣にある「国立競技場」の改修に関係があるようで、つい先日に斬新なデザインが発表されましたが、これの関係のようなんですよね・・・恐らくですが、国立を改修するとなると資材置き場や詰所が必要で、それが明治公園になるんでしょうね・・・

 う~ん、今後、明治公園でのフリマが無くなるかどうかは分かりませんが、なんとか続いて欲しいです・・・


DSC08928.jpg

 そのあとは、ユニオン巡りになるのですが、今の時期は放出セールが毎週末にあり、レアなタイトルが出ることが多く、私の大好物なDisco系12inchのセールが新宿と渋谷であり、迷った挙句、狙ってたタイトルが出ることが分かった渋谷に開店のタイミングで行きました・・・
 んで、狙ってた「Al Hudson / Spread Love」の12inchを無事にゲットしました!!

 個人的には、昨年の震災をうけて、我らのDanny先生が心をこめてパワープレイしてたことでヤラれ、かなり探してたのに中々見つけられなかったタイトルで・・・ジャケ不良/盤はミントな感じで相場よりも安く、ゲットできて嬉しいです(^0^)
 ダンサーなDisco曲で、フィリーマナーが生き、かつ素敵なメッセージが光り、震災直後に行われたパーティーでもプレイしてました・・・Dannyはこういう曲を選んでくるのが上手いな~

 ちなみに、今月末にDanny先生が来日されるようですが、多分、年内最後の出張の準備をする日の夜にあるので・・・行けるかどうか不安です・・・最近はこういう理由でクラブに殆ど行けなくって辛いっす(^^;)

 あと、新宿のセールも凄かった・・・凄い欲しかったのは無かったですが、最近Discoの12inchがまた盛り上がり始めたので、今後も楽しみですね~
 

DSC08927.jpg

 んでもって、渋谷の後に訪れたのが毎度お馴染みの下北ユニオンへ・・・そんなに欲しいのが無く、帰ろうとしたらお世話になってるN村さんがちょうど出勤され、CDのセールがあったので、店頭に出してなかったテープを見せて頂いたら・・・背筋が凍りました!!

 超トップウォントだったMUROさんのCiscoノベルティーがあるではないですか!!

 先日、渋谷のユニオンで出たらしいのですが、電話で問い合わせしたら既になく、苦汁を飲んでしまったこともあり、捜索に火がついてたところで遭遇・・・涙が出るほど嬉しいです!!
 実は、これが揃えば、Ciscoの初期ノベルティーテープはコンプになり、これが手に入ったらブログで紹介しようと思っていたので、超嬉しいです(^0^)

 それ以外にも探してたテープが数本あり、まとめて購入させて頂きました・・・N村さん、いつもホントありがとうございます!!
 最近は、コメントも頂き恐縮です・・・年末にまた行けると思いますので、宜しくお願い致します m(_ _)m

 また、帰る間際、N村さんと濃いテープ情報を交わして帰りましたが、結構レアなテープもあったり、今後も出していくそうなので、気になる方は是非下北に行ってくださいね!!

 ちなみに、Ciscoの話、近い内に公開できると思いますのでお待ちください・・・年末か年明けに公開をしたいと思います(^0^)


DSC08926.jpg

 最後の報告は、下北に行ったもう一つの理由で、Jet SetでMUROさんのノベルティーCDがつくとのことだったので、MUROさんのCDなどを合わせて、CDを貰ってきました(^0^)

 今年のMUROさん、夏はそんなにリリースラッシュでは無かったですが、秋以降、リリース量が増え、特にノベルティーモノが多数あり、コレクターには受難な日々が続いており、コレもその一つですね・・・
 早めに行こうとは思っていましたが、中々下北まで行けず、まだあるかどうか心配でしたが、無事にゲットできて一安心・・・まだ聴いてないですが、聴くのが楽しみです。

 ちなみに、同時に買ったElegant Funkの新作も良かったですが、金額合わせの為に買った「サ上とロ吉」のCD(そんな理由で買ってすみません・・・)が思いのほか良かったです!!
 ロ吉氏のタイトな2枚使いやイルなロック使いも良かったですが、最後の方で「笠●●美子 / バイブレーション」を2枚使いしての横浜ジョーカーがカッコいい・・・
 この方々、一見「お笑い」な感じもありますが、確かな腕とセンスがあるんですよね・・・他のCDも掘ろうかな~



 そんなわけで、週末報告は以上です。
 
 年末に向かって色々と忙しくなりますが、色々とネタは考えていますので、これからも宜しくお願い致します(^0^)
 とりあえず「クリスマス」ネタと「Mixtape Troopers大賞」があると思いますので、お楽しみに・・・両方とも全然考えてないけど、どうしましょ(^^;)







スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
う、うおお〜!アンタ、すげぇよ!最高だよ!狂ってるよ!!(←褒めてますww)

自分も、某オフで昔の雑誌漁るのかなり好きでヨユーで2、3時間ぐらいつぶせますよ!(笑)
男のロマンですよね(^^)

『ぴあ』の関西版かなりやばいですね!
レッドプリンスってご存知ですか!?
板尾いつじのダブとか持ってたんですよ!(※)

それ、欲しい〜!
今度なんかとトレードしてくださいww

※板尾いつじのダブ……
90年代半ばごろって芸能人のダブ録るのがちょっと流行って、有名なマイティクラウンの竹中直人とか、レッドプリンスの板尾。あと愛知のサムライは安岡力也とか持ってましたね。

当時はNYのキングアディーズ(だったと思うんだけど。確かww)がエディマーフィー持ってたりしたのでそーいう流れだと思うんですが……。
2012/12/09(日) 21:06:09 | URL | ソロバン #-[ 編集]
Re: タイトルなし
>ソロバンさん

いつもコメントありがとうございます(^0^)

このネタは反応してくれるかな~と思ってました!
結構適当な理由で考え始めたら、意外と書けましたね・・・それ以前に、こういう本をチョコチョコ買ってたのが吉でしたね。
ホント、買ってる際は何となく買ってる程度で、正直買ったけど読まなかった本もありますが、こうして活用できて良かったです・・・減価償却は達成です(^^;)

あと関西版ぴあみたいなヤツは、ホント勘で手に取ったら大当たりみたいな感じでしたが、これ系のは探せばまだまだあると思います。
ただ、某オフさんは、店舗によっては極端に古い年代の本は買い取らない(それこそ00年以前のもの)場合もあるので、見つかるかどうかは運と掘る手間次第ですよね・・・
最近はオフに行っても、棚に並んでる本の背だけ見て、興味があったのだけ抜くって感じですかね・・・あんまり面白いのには巡りあってないかも??

ではでは、また暇な時に続きをやりたいと思います・・・次回は「DJ教則本」か「DJファイル」のどちらかをやりたいと思います(^0^)


2012/12/10(月) 23:04:02 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック