HipHop,R&B,Soul,Funk,RareGroove,DanceClassics,Garage,House・・・など、私が気に入っているMixTape,MixCD,その他もろもろを紹介するブログです。
関口紘嗣 「Le Temps des Cerises - さくらんぼの実る頃」
DSC08961.jpg

 え~、もう一年が終わりますね・・・毎年同じことを言ってると思いますが、今年も早かったです(^^;)
 年をとると1年が過ぎるのが早くなる・・・なんて言いますが、ホント過ぎて困ります・・・今年も何もしてなかったな・・・

 ただ、今年も今年で仕事に翻弄はされましたが、ブログは何とか更新ができ、無事に一年が過ごせて良かったかな~と思います。
 更新を重ねる度に読んでくださる方が増えたり、いろんな方から反応があったり・・・自分の趣味程度に始めたことが、段々と大きくなっていることにはビックリです!

 これからも頑張って更新をしていきたいと思いますので、来年もよろしくお願い致します(^0^)


 そんなわけで、読んでいただいている方への感謝の気持ちを込めて、気づいたら毎年恒例の「Mixtape Troopers大賞」を発表したいと思います!!

 この大賞は2012年に発売されたミックス作品の中で、私が一番聴いた作品に贈る「そんなに栄誉の無い賞」です・・・基本的に「私の好み」にあった作品がノミネートされるので、公平さは全くありませんが、作品購入の参考にでもしていただければ幸いです。
 なお、長く読んでいる方なら分かるかと思いますが、大賞が出るかどうかはその時の気分次第(え~)だったりもします・・・今まで3回やりましたが、実質的には1回しか大賞を出して無く、価値基準が曖昧なのでご注意ください(^^;)


 んで、今年の大賞は・・・5月末にリリースされた「関口紘嗣 / Le Temps des Cerises - さくらんぼの実る頃」に送りたいと思います!!

 そんなにメジャーな作品ではないかと思いますが、これは本当によく聴きました!!

 もともと関口さんの作品は大好きだったので、何も考えずに買いましたが、買った時点で「これはハマる」と直感し、気づいたら聴いてることが多く夏場は良く聴いてました。
 また、聴いてると収録曲が好きになって持ってない曲はレコードを探して買ったり・・・確実にヤラれましたよ!!
 
 以下では、受賞理由(いつもの作品紹介)をご紹介したいと思います~


sekiguti.jpg DSC08962.jpg

 まず、関口さんのことを知らない方も多いかと思いますので、チラッと紹介をしたいと思います。

 現在は、三宿webなどを中心に和物系のパーティーに多く参加をされているDJで、正直、凄い有名な方ではない(失礼!)ですが、出してる作品が私のツボにハマることが多く、このブログでも何度か紹介をしたことがあります。

 細かい詳細に関しては「この記事」をご参照頂きたいのですが、HipHopやR&Bをバックボーン/基礎に持ちながら、独特の選曲や掘りで色んなジャンルの音楽を消化し、それを上手く作品に出来るお方だと思います。
 特に、ミックス作品においては「作品の流れ」がしっかりと作れ、聴いてて「一つのストーリー」をしっかりと意識して作っているのがポイントで、まだ紹介してない作品も多いですが、独特なオールジャンル選曲と作品の流れの良さに好感が持てます。

 んで、この作品、初夏を意識した爽やか路線のミックスで、それこそ「Diggin' Ice」的なチルできる内容なんですが、独自の選曲センスや、グッとくるミックス、そして聴いてて引き込まれてしまうミックスの流れの良さなど・・・様々な要素が重なり、大変良い作品になったのだと思います。
 また、それまでの作品でもあった「関口さんらしさ」が更に深まった印象もあり、作品としての深みもあるんだけど・・・けっして難しい内容にならず、作品として「聴きやすい」内容になっているのが大変良く・・・大変素敵な作品になっています。

 そんな訳で、以下では選曲面と技術面に分けて作品の良さを語りたいと思います(^0^)


DSC08963.jpg DSC08964.jpg
DSC08973_01.jpg DSC08972_01.jpg

 まず、選曲面ですが、分かりやすく書くとDiggin' Ice的な「オールジャンル・チル選曲」といった内容ですが、これが関口さんらしい個性があり、大変良いです!!

 関口さん自身は、今現在は和物系のDJというイメージが強いのですが、もともとHipHopやR&Bを広くプレイし・・・それこそ、MUROさん以降のジャンルレスなパーティーミックスが得意とあって、流石の選曲眼が渋く光っておりグッときます。
 特にこの作品では、作品の流れ/作品性を主軸に置いた選曲をしており・・・作品のテーマとも言える「初夏の心地よさ/気持ちよさ」みたいのを上手く表現し、その表現にあたってはジャンルの偏りが少なく、関口さんの持ち味を上手く出した選曲になっているかと思います。

 実際の選曲を紹介すると、割とHipHopやR&B、そしてBreakbeats系の楽曲を多様してて、それこそインストHipHopのクラシックとして名高い「Common Sense / Take It EZ (Jazz Inst)」や、UK Soulクラシックの一つでもある「Souled Out / In My Life」などをプレイし、イイですね・・・
 購入した時に、最近は和物なり古めの曲を多くプレイしてる作品が多かったので、ここまでHipHopやR&Bなんかをプレイしてるのは意外でしたが、それらの「インスト」を多く多用し、作品のテーマである「初夏の心地よさ/気持ちよさ」を出しているのが上手いと思います。

 また、得意とする和物系の選曲も、流石の一言で、MUROさんもチョイスした和レアグルーブの名曲「ミッキー●野 / 海(●路まで)」などの過去の名曲に加え、関口さんが得意とする現行系の曲として、なんと「●ガシ●オ / ●金の月」などをプレイしていますが・・・この辺は流石です!!
 関口さんのいいところって、プレイの仕方によっては飛び道具になりかねない和物を、DJミックスの流れの中で活用/プレイが出来ることで、それこそ関口さんの先輩筋にあたる吉澤dynamiteさんと同じ心持があるのですが、今回の作品では、それが更に高まったと思います。

 特に●ガ氏のはプレイしないでしょ・・・デビューアルバム(CDのみ)に収録された曲で、割とドラムが入ったボーカル曲ではあるのですが、先ほど紹介したSouled Outからビートミックスで違和感なく繋いでいき、作品におけるピークを作ったりしてる辺りは最高で、思わず近所の某オフで250円でCDを買ってしまいました!!
 関口さんに関しては、過去より現行系の曲を多くプレイしてて、最初のうちは割と飛び道具的な印象がありましたが、この作品では作品性を高める上で上手く使用をしています・・・この辺の曲って、掘ってる方が少ないのでアレですが、ス●氏なりを出してくる耳の確かさやチョイスの上手さが光っていると思います(^0^)


DSC08966.jpg DSC08967.jpg
DSC08965.jpg DSC08974.jpg

 そして、技術やミックスの話もすると、こちらもかなりイイですね!!

 まず、技術的な話からだと、渋く光る仕事が各所で見られ、それが作品の流れやグルーブの良さを引き立てていると思います。

 例えば、序盤ではインストHipHopの名曲である「Gangstarr / DJ Premier in Deep Concentration」をプレイするのですが、その後半ではクラシックな「Buddha Brand / ブッダの休日」の超気持ちいいイントロをブレンドし、曲のレイドバックした空気感を更に高めつつ、最後はビートレスなブッダのイントロの方にミックスし、次の曲へ気持ちよくカットイン・・・
 この辺は初めて聴いたときは「おっ」となり、人を引き付ける効果もありつつ、何度も聴いてると耳馴染んできて、非常に気持ちいいミックスになっています・・・細かいアイデアですが、DJが「ミックス」することで生まれる効果があるかと思います。

 また、これも比較的序盤なんですが、故Jay-Deeのビートセンスが冴え渡った名曲「Pharcyde / Runnin'」では、3バース目に入るときに“It's 1995・・・”とラップした所からカットインで「スチャダラパー / サマージャム’95」に入れる辺りもイイですね!
 DJ的には美味しいミックスネタなのかもしれないですが、こういうのも初めて聴いた状態だと「おっ」と引き寄せられつつも、ミックスした楽曲の持つグルーブが延ばされ、何度聞いても気持ちいい流れで、いつもヤラてています・・・流れ的にもスチャを入れることで序盤でのピークを作り、流れの中での山があってナイスな選曲だと思います(^0^)


DSC08978_01.jpg DSC08975.jpg

 最後に全体的なミックスの流れ(作品性)の話をしたいと思います。

 一言でいえばチルミックスなんですが、この作品においては適度な冷涼感/リラックス感を維持しつつも、流れとして起伏のある選曲/ミックスを行い、その中で幅の広い選曲を行うことで作品としての奥行きが生まれており、テーマである「初夏の心地よさ/気持ちよさ」がしっかりと表現された作品になっていると思います。

 流れ的には、序盤はゆっくりと始まりつつ、馴染みのあるHipHopなどで段々とグルーブを上げていき、スチャで一度ピークを作り・・・一度テンションを落としたら、「大●妙● / ●会」のような和LightMellow~City Pop系の曲でユッタリとしたグルーブで引っ張りつつ、その流れからの●ガ氏の曲で間違えの無いピークを作り・・・更にもう一度テンションを落とし、Jazzyなインストが冴える「Jazz Liberatorz / Blue Avenue」をプレイすることでディープな展開にしつつ、涙線に響く現行系和物で感動的に終わる・・・そんな感じです。

 言葉にするのは中々難しいのですが、選曲やミックスの流れは相当丁寧に作った印象があり、全体的には一本の素敵な映画を見てるような・・・そんなストーリー性があるかと思います。
 一辺倒に気持ちいい曲だけをプレイするのではなく、その中で解放感的なグルーブや感動的なグルーブなどを上手くミックスしており、作品として動きやストーリー性がある内容に仕上げ・・・それを聴けば聴くほど、また聴きたくなる・・・そんな内容になっているのが素晴らしいと思います。


DSC08976.jpg

 そんなわけで、久しぶりに気合の入った紹介をしてみました(^0^)

 この作品、ホント聴いたんですよ・・・聴いた回数でいっても断トツで、これほどまで「ツボ」にハマった作品は久しぶりだったので、今月は追い込みでかなり聴きこみ、色々考えながら頑張って書いてみました。

 また、例によって「イイ作品を聴くと収録曲が欲しくなる病」が発症し、レコは写真の通り、ボチボチ高額なのを揃えましたね・・・紹介記事を考えてたり、書いてたりするうちに「あのレコも買わないと!」となり、年末のユニオンのセールをフル活用し揃えましたよ・・・ただ、中々揃わなかったのもあり、大晦日(更新した今日)に買ったのもありました(^^;)
 ただ、DJミックスにおいて、その作品を聴いた者に「収録曲を買わせる」ぐらいのパワーがないと、作品として薄いですよね・・・DJたるもの、DJミックスをすることで「プレイした曲を更に光らせる」マジックが使えて一人前だと思います!!


 個人的な嗜好や考えもあるので、全ての人にとって素晴らしい内容かどうかは分かりませんが、選曲面や技術面、そして作品性などを考えると、相当「素晴らしいミックス作品」だと思います・・・
 まだまだ買い易い作品だと思いますので、機会があれば聴いてみてくださいね!!





<Release Date>
Artists / Title : 関口紘嗣 「Le Temps des Cerises - さくらんぼの実る頃」
Genre : R&B、Hip Hop、Breakbeats、和物、Pops・・・
Release : 2012年5月
Lebel : H2G Factory H2G-009





----------------------------------------------
----------------------------------------------

『2012年 Mixtape Troopers大賞』 総評&ノミネート作品

DSC08977.jpg

 え~、久しぶりに大賞が出たわけですが、他にも色々とイイ作品がありましたので、それらの作品の紹介をしつつ、今年のミックス作品の個人的な考えを話したいと思います。


 まず、今年に関しては・・・リリースに関しては昨年以上に沢山ありましたが、凄いパンチのある作品は少なかったかな・・・と思います。

 自分でも新譜のミックス作品を買う量がそんなには多くなかったし、場合によっては中古で出てから買おう・・・みたいのもあったし、割と冷静な感じで買ってたような気がします。
 う~ん、個人的な好みもあるので何とも言えないですが、イイ意味で尖った作品は少なく、発売日にダッシュして買わないと・・・みたいな作品は少なかったかな~と思います。
 でも、こういうブログをやってるので、感覚が馬鹿なので、人並み以上に買ってたり、発売日に本当にダッシュしてユニオンに行ったり(閉店間際だったので・・・)・・・ダメ街道を爆走しております(^^;)

 ただ、市場は拡大傾向にある感じはあり、限定プレスな作品が数カ月したらレア価格になってるのもあり、ミックス作品市場が根付いてきてるようですね・・・
 段々とユニオンのミックスCDコーナーの棚が広くなったり、セールがあると速攻で売れてたり・・・好きな方が増えてるのはイイことです!!

 また、懸念な話もあって、ここ最近、SoundcloudやMixcloudのようなDJミックスを無料で発表しやすい環境が出来てきたことで、DJミックス自体は凄い接しやすい状況にはなっていると思いますが、CDにプレスして「作品として売る」行為が少なくなってきてるのは・・・ちょっと怖いかも??
 もちろん、収録曲の権利がない状態でCDにプレスするのは凄いアウトなことですが、作品として「売る」からには「作品性を高くしないといけない」と考える効果があり、おのずと金額相応の作品性がある作品が作られる・・・と信じており、その意味では作品性が乏しい作品が多くなるかも?と思ってしまいます・・・
 まあ、ネット音源の全てが悪いとは言えないですが、今後はどうなるんでしょうか・・・??


 んでは、総評はこんなところで、以下では大賞にはならなかったけど、大変良かった作品を順不同で紹介をしたいと思います~
 ちなみに、実際は2011年12月に発売された作品もありますが、聴きこみ始めたのが2012年1月からなので、それらも2012年の範疇にいれて紹介をしています・・・相変わらず、適当ですね(^^;)




① DJ Victoria 「ミックス '78~'90」

vic_s_0001.jpg

 これは9月に紹介済みですが、これも相当聴きましたよ!!

 某「国民的モンスターバンド」の音源をDJミックスした作品で、飛び道具になりかねない音源を、Y澤さんの素晴らしい手腕でまとめ上げた一品です・・・こういうのを聴くと「DJミックスはこうあるべき!」というのをカッコよく教えてくれ、堪らないっすね(^0^)

 ちなみに、今回紹介した関口さんも、某クラブで「ドリカ●」縛りでDJをしたようで・・・是非、作品にして欲しいところです・・・が、S●Sよりも厳しそうですね(^^;)




② DJ Kenta 「Sky Ride - The Beautiful Experience」

DSC08549.jpg

 これも8月に紹介をした作品ですが、かなり聴きましたし、影響されて結構レコも買いましたね~

 内容的には「Reggae → Disco Re-Edit」を駆使したチルミックスなんですが、色々な所で手腕が光っており、最高ですね・・・
 MUROさんもRe-Edit系の作品を出してましたが、トータル的な作品の内容でいくと、私はKentaさんの方が好きですかね??

 んで、今年のKentaさん、作品もボチボチ出していますが、どれも流石の出来で、ここ最近はKenta作品に外れ無し!っといっても過言ではないくらいです(^0^)
 某アパレル店のノベルティーCDも数枚ゲットしましたが、それも内容が良く・・・来年も期待大ですね(^0^)




③ Crystal & Jintana 「Dreamy Sunday Show」

DSC08968.jpg

 今度は思いっきりドマニアックな作品で、自分でもびっくりしましたが、意外と聴いている・・・そんな作品です。

 今年の3月にリリースされた7inch「JINTANA & EMERALDS / Honey B/W Runaway」のおまけに付いてきたミックスCDで・・・なんとDoo-Wopなどのオールディーズ音源でDJミックスをしたモノで・・・これが意外や意外、かなり良かったです!!
 
 いまや横浜を代表する集団でもある「PAN PACIFIC PLAYA」に所属するスティールギタリストJINTANA氏が率いるグループで・・・おまけのCDに関しては、自分たちの曲の世界観を伝える為に付けたのだと思いますが、独特の温かさとレイドバック感が悪くなく、結構聴いてましたよ・・・
 Doo-Wopとかって馴染みがないどころか、あまり好きではなかったのに、DJ視点が入ることで聴きやすくなり、仕事帰りの夜、家でチビチビやりながら聴いてました・・・なんとも表現が難しいのですが、不思議な気持ちよさがあるんですよね~

 また、ミックス担当がCrystal氏というのもグッときます・・・以前紹介した「Made in Japan Classics」を聴いてから色々と注目してて、これのミックスも良かったです・・・
 ちなみに、先日もチラッと話をしましたが、そのMade inの2と3をゲットし、やっぱりヤラれまくりで、紹介すべくレコをかき集めています・・・もうちょっとしたら紹介出来るかも??




④ The Marrows 「Paraiso」

DSC08969.jpg

 気持ちいい系で行くと、これもかなり気持ちよく聴かせてもらいました!!

 昨年の大賞でもノミネートさせていただいたMarrowsさんの夏の新作で、昨年同様「次世代のDiggin' Ice」を表現しててメチャクチャ良かったです!!

 今回は、持ち味のレゲエ色を隠し味程度に加え、様々なジャンルの楽曲をミックスしているのですが・・・空気感の作り方や、作品の進め方やメッセージなど、聴けば聴くほど深く、夏場はかなり聴いてました(^0^)
 残念ながら、未だにレゲエ方面でのセールスの方が強く、HipHop方面では評価が少ないようですが、このブログが好きな方(特にMUROさんとかから影響を受けた方!)なら、絶対にグッとくる内容なので、お勧めですよ!!

 Marrowsさんに関しては、こういったミックス作品を「自分たちの作品」という意識をしっかり持ち、ほんと気合を入れて作っており、最近は音質の拘りも半端なく・・・今後の作品も超期待大ですよ!!

 ちなみに、これも早い時期に紹介をしたかったのですが、作品における隠し玉な某和物が全く手に入らないので、紹介ができません・・・Marrowsさん、手に入ったら必ず紹介をするのでちょっと待っててくださいね!!




⑤ Ulticut Ups! 「Ultcut House Mix」

DSC08971.jpg

 これまたドマニアックで、入手するのが超大変でしたが・・・やっぱりUlticutは最高でした!!

 これは、京都にある某アパレル店とUlticutの田原氏がおられる「Vinyl 7」のノベルティーで、今年の夏の関西旅行の際にゲットをしたものです。

 内容的には、Ulticutの未発表音源らしく、タイトル通りHouseを主体にした内容ではありますが・・・Ulticutらしくジャンルレスな世界が炸裂し、どす黒い4打ちの応酬で、首フリまくりでした(^0^)
 どうして、これが未発表なのか?と思うぐらいの出来で・・・Ulticutフリークなら是非ゲットして頂きたい一品です!!

 それにしても、Ulticutは新作が出ないっすね・・・一応、活動はしている(?)ようですが、早く新作が聴きたいです!!




⑥ 今年のMUROさん

DSC08948.jpg

 いや~、いつも同じことばっかりを言って恐縮ですが・・・今年のリリースも多かったですね!!

 ここ数年、夏場のリリースラッシュが熱く、買うのが大変でしたが、今年は秋口ぐらいから、大好物なDisco系の作品を出し続け、嬉しい悲鳴の連続です・・・
 また、今年はノベルティー系の作品も多く、ゲットするのが大変ですが、なんとかゲットしていってますよ・・・流石にアースは諦めましたが・・・(^^;)

 MUROさんの作品に関しては、正直いうと、聴きこもうと思ったら次の作品が出てしまうので、聴き捨てに近い状況になってはいますが、捕捉している限りでは、ホント引き出しの広さと深さは流石だと思います。
 最近のDiscoラインも、80年代のBoggie系を攻めたり、現行のDisco-Edit系を攻めたり・・・トレンドをしっかりと掴みつつも、2・3歩先のプレイが出来るのは流石ですね・・・来年はどんな感じになるのかな??

 ちなみに、毎度の「CDリスト」は12月初旬での情報で更新をしましたので、興味のある方は見てくださいね~
 あと、夏に宣言した「Elegant Funk」の収録曲収集ですが、最後の1枚がゲット出来ず、足踏み状態です・・・はやくゲット出来ないかな~






 んでは、今年の更新は以上です・・・

 今年最後の更新も、必要以上に長文になってしまいすみませんね・・・なんでこんなに長くなるんでしょうね(^^;)

 ホント、読んでいただいている方には感謝感謝です・・・来年も色々と頑張りたいと思いますので、引き続きのご愛顧をお願い致します m(_ _)m

 ちなみに、正月休みの間に更新は出来ると思いますので、お暇な方はお付き合いくださいね・・・






スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
 明けましておめでとうございます。今年も
ブログを愛読させていただこうと思いますので、宜しくお願い致します。
 関口さんの「さくらんぼが実る頃」が大賞に輝くとは意外でした。早速購入したいと考えます。またmuroさんのearth wind & fireのmixが存在する事を初めて知りました。キャンペーンが終了しているので残念ですが、全作品購入者にプレゼントっていうのは金額的にキツイですよね・・・。ブログにも書かれていましたがmuroさんは出るペースが早いので、買っても聴くのが追いつきません。未開封のものが貯まってきているので、寝かしておいて聞くのは定年後の楽しみにしようかなと考え中です。(定年までまだ30年先なのですが・・・)
 ところで私はdj omiのlifetime thingsを愛聴しているのですが、MTTさんはお持ちですか?もしお持ちなら今後紹介して頂けるとすごい嬉しいです。
2013/01/01(火) 01:34:35 | URL | 山田 和 #-[ 編集]
新年、明けましておめでとうございます。また、今年も楽しいブログ期待しております。

そういえば、既にご存知かもしれませんが、DJ Hasebeさんが、こちらのブログのことを書いていましたよ。
http://ameblo.jp/djhasebe/page-5.html#main
2013/01/01(火) 02:59:22 | URL | mztea #-[ 編集]
Re: タイトルなし
>山田和さん

こちらこそ、あけましておめでとうございます!!

おおっ、関口さんのを買っていただけるなんて・・・個人の好みがあるので、ちょっと不安ですが、気に入っていただければ何よりです!!
そして、ご質問を頂いたDJ Omiさんの件ですが・・・全然知らないお方で、調べてみたら色々とリリースされれているみたいですね。
今度、機会があったら購入をしたいと思います(^0^)

あと、私も定年後に聴こうと思うモノが沢山あるのに、年末のセールで鬼のように買ってしまい、また聴かないといけないのが多くなりました・・・困ったものです(^^;)

では、今年も頑張りますので、よろしくお願い致します(^0^)



>mzteaさん

こちらこそ、あけましておめでとうございます!

ホントですね! いや~、知りませんでした・・・これには新春からビックリしました!!
ただ、私の紹介記事が凄い前に書いた記事なので、文章が稚拙ですね・・・苦言ってなんですかね(^^;)
教えていただき、ありがとうございます!!

では、今年もがんばって更新しますので、宜しくお願い致します(^0^)

2013/01/02(水) 12:14:26 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック