HipHop,R&B,Soul,Funk,RareGroove,DanceClassics,Garage,House・・・など、私が気に入っているMixTape,MixCD,その他もろもろを紹介するブログです。
DJ Crystal 「Made in Japan Classics vol.03 - A Long Summer Vacation」
DSC09088.jpg

 先月も紹介をしたCrystalさんの和物ミックス第3段です・・・これも大変素敵な作品です(^0^)
 これも昨年の晩夏ぐらいに買ったのですが、予想通りの「大ハマり」で、聴きまくったし、収録曲も大半を買い揃えてしまいました!

 ただ、これも内容が内容だけに「伏字」対応になります・・・ちなみに、モザイクはこの位でイイですかね?(^^;)


Crystal_img600-600.jpg DSC08706.jpg

 この作品は、現在もHouse系DJ/Producerとして活動されている「DJ Crystal」さんが製作した作品で、いわゆる「和物」でミックスした作品です。

 和物っていうと、ちょっと飛び道具な感じや、音の質感の違いなんかがあったりするので、クラブミュージックとは離れた存在に思えるかも知れないですが、それらの音楽をHouse/Disco的な感覚で選曲/プレイしているのが唯一無二で、しっかりと「踊れる内容」になっています!!
 このシリーズやCrystalさんの詳細は「第1段」の記事を参照して頂きたいのですが、この第3弾も素晴らしく、聴いてると自然と足がステップしてしまう内容です(^0^)


 まず、第3弾の詳細ですが、この作品も時期をおかずに作られたようで、作成されたのは2005年6月ごろ・・・一応、内容は「夏物」なので、夏前に作ったんでしょうね~
 この作品も今までの作品と同様に手渡しレベルでCD-Rを配布したり、mixi辺りで限定的に配信したり・・・かなり限られた条件で配布されたようで、今回紹介するCDは手渡しで配布されたモノだと思われます。

 内容的には、副題の「A Long Summer Vacation」が示す通り、いわゆる「夏」を表現した内容で、レイドバックな雰囲気を出しながら、しっかりとグルーブを上げている感じは流石で、45分程度の短い内容ですが、聴いてるとつい聴きこんでしまいます!
 
 では、作品の紹介にいきましょう!!


cry_03_01.jpg cry_03_03.jpg
cry_03_02.jpg cry_03_04.jpg

 出だしは、波の音がバックで優しく鳴る中で「●ディス●ィックス / ●ar A●ay」からスタート・・・潮騒を駆ける心地よい風が感じられるスタートです。

 序盤はバレアレリック的なレイドバックした雰囲気と、上品なアップ感を織り交ぜる様に選曲/ミックスを行っており、リラックスしつつも気持ちは高揚されます・・・
 まるで、気の利いたオープンカーで海に向かってドライブしているみたいで・・・海岸線や木々のある道を交互に走っているみたいで・・・非常に気持ちいいですね(^0^)

 選曲的には、一発目のサ●ィスティッ●スのような、後のCity Popsに繋がっていく楽曲や、写真右上の「●井滋● / ●ip ●ruiser」のような邦人Jazz/Fushion系の楽曲、●ディにも参加をしてた「高●正● / ●weet Ag●es」「大●妙● / Samba De Mar」のようなポップスと言ってもいい楽曲など・・・同じ和物でも幅の広い選曲が流石です!

 傾向的にはインスト曲が多く、クルービーな曲や夏らしい軽快な曲などを選んでいるのですが、DJ業界的にあまり知られてない曲が多く、流石の選曲です・・・
 この作品でも「Light Mellow 和モノ 669」に掲載アルバムが多いのは事実ですが、前作と同様にCrystalさん独自の「ダンス視点」が生きた選曲かと思います。

 個人的には「和Jazz/Fushion」系のチョイスがグッときました・・・それこそ、後で紹介をする「松●直●」なんかもそうですが、現行の和Jazz系から時期的に見落とされている(本流のJazzとは違いますからね~)楽曲を上手く選んでいる辺りには勉強になりました・・・
 また、Crystalさんらしく、強引(?)に「島●奈●」のアノ曲を入れてくる辺りはニヤッとしました・・・流れを変える選曲で、ラリーが微笑んでいる姿が感じられます(^0^)


cry_03_05.jpg cry_03_06.jpg
cry_03_07.jpg cry_03_08.jpg

 そして後半になると、徐々にテンションを上げていく感じが秀逸です・・・

 ●貫妙●のサンバ調のリズムを受け、教授作のレゲエ曲「坂●●一 / ●leep On My B●by」に軽快にミックスし、徐々にシフトアップさせ、和Jazzの「松●●也 / Santa Monica Frwy」に繋いでいきます・・・

 この作品においてもですが、Crstarlさんは序盤~中盤にかけては「静と動」を上手く使い分けた選曲をしてて、それでグルーブを飽きない展開にしつつ、後半のピークに向かっては選曲で徐々に加速をさせる感じが上手いと思います!
 教授の曲のワンループ感のあるトラックでグルーブを徐々にに弾みをつけさせ、松●さんの曲で解放感のある彩りを加えていく感じで・・・踊っていたら徐々にステップが早くなっていく感じが大変秀逸です(^0^)


 そして、●岡さんの曲にテンション高くビートミックスで繋いでくるのが「●ペクト●ム / トマ●・イ●パツ」です・・・この展開にはヤラれます!!

 Crystalさんも、これをピークに見据えて選曲/ミックスをしていたのだと思いますが、これはグッときますね・・・正直いうと、原曲よりちょっとピッチを落としてるのがチョット勿体ないかな~とも思いましたが、パワーのあるグルーブで踊りが過熱します・・・
 また、上手いな~と思うのが、この作品においては、純粋な「歌モノ」は中心にせず、インスト系、またはそれに近い歌モノをプレイしてるんですよね・・・焦らしの効果じゃないですが、タメてからの歌モノは効果抜群で、歌いまくりです(^^;)

 ちょっと、話がそれますが、ここ数年、私の中では「和物ブーム」が続いており、Disco的な延長として達郎さんやサザンなんかに反応してた訳ですが、この「スペク●ラム」も大好きなバンドの一つです・・・

 一般的には「和製アース」として評され、場合によっては「色モノ」みたいな扱いになったりしていますが、腰の入ったリズム隊と華麗なブラス隊が奏でるグルーブが最高で、日本にもこんなにグルービーなバンドがいたことにビックリした記憶があります。
 知らない方は是非「この動画」を見てください・・・「Chicago / Street Player」を女性ヴォーカリスト(はつみさんが素晴らしすぎる!)とカバーをしてるんですが、ヤバすぎでしょう!!
 
 私もこの動画を見て腰を抜かしましたが、そんな彼らの代表曲「●マト・イッパ●」をピークでプレイ・・・動画でも確認が出来るパワフルでグルービーなプレイが夏の海岸線を気持ち良く疾走しますね!!

 ちなみに、写真左下のレコ写はイッパツのレアなプロモ12inchです・・・LPテイクより短いですが、こういう曲こそ12でプレイしたいですよね(^0^)
 あと、12繋がりで、動画のStrret Playerも12inchがあったらイイですね・・・スタジオテイクの音源なので、マスターが現存するのであれば、是非、音源化希望!! そして、個人的にはDanny辺りにリエディットして欲しいです!!


 そして、イッパ●でピークを作った後、この曲のミソでもある、最後の高速ラテンブレイク(って表現でいいの?)から、あの国民的バンドの「S●S / ●い過ごしも●のうち」に美しいぐらいのビートミックス・・・この「アイデア」と「グルーブの繋げ方」、そして分かる人には分かる「新田つなぎ」は最高です!!

 この曲で最後になるのですが、更にBPMを上げ、更にテンションを引っ張りつつ、ストーリーの終わりをイメージした選曲で・・・まるで、夏の夕暮れ時で、眩しいばかりのオレンジ色の太陽に向かって、車を疾走させていくような・・・そんな感じで大変イイですね(^0^)
 また、上手いな~と思うのが、要所要所でアイソで低音を削り、桑●氏の素晴らしいボーカルだけを出したりすることで、歌詞のイメージやグルーブを強くし、ストーリーの最後へ繋いでいる・・・そんな感じに聞こえる部分もあり、選曲/ミックス以外の部分でも大変良い仕事が生きているかと思います!!


cry_03_09b.jpg

 そんなわけで、和物という題材で、非常に素敵な「夏のストーリー」を奏でた作品になります!!

 この作品でも影響されて色々とレコを買いましたが、ほとんどが1000円以内で購入しました・・・場合によっては捨て値に近い価格でも買えるのもあり、そういった所も素晴らしい所だと思います。
 足元に転がっている「石ころ」を、DJのマジックで「宝石」に変えられる・・・そんなDJにしか出来ないことを和物で体現した作品だと思います(^0^)

 なお、この作品の入手に関しては、CDという形だと掘るのは結構難しいかも・・・でも、ネット音源でも流通していたので、そっちの方が聴きやすいかも知れないですね?? 


 これでCrystalさんの和物3部作の紹介は終わりですが、Crystalさんの他の和物ミックスも是非聴いてみたいですね・・・
 特に「達郎さんミックス」は是非聴いてみたいです(^0^)

 個人的には、達郎さんのオフィシャルミックスが実現するのであれば、MUROさんではなく、Crystalさんを強く推したいです!!
 Crystalさんなら、誰にも作れない「達郎ストーリー」を作ってくれるはず・・・昨年紹介した「●澤さんのミックス」もそうですが、プレイされた楽曲やアーティストが更に光るDJミックスは、もっと日本で一般化させたいですね(^0^)





<Release Date>
Artists / Title : DJ Crystal 「Made in Japan Classics vol.03 - A Long Summer Vacation」
Genre : 和物(City Pop、Pops、Light Mellow、Jazz、Fushion・・・)
Release : 2005年6月頃
Lebel : No Lebel No Number

Notice : トラックリストについて
 CD版にはトラックリストは無いですが、ネット上にはこの音源がネット配信された時に配布されたと思われるトラックリストを記載しているサイトがあります・・・気になる方は探してみてね。




<追伸>

 書くところがなかったので、ここで書きますが、会社帰りにコレを聴きながら家に帰っていたのですが、最後の流れを聴きたく、ワザと遠回りして帰ってたりしました(^^;)
 そういったことをするのも久しぶりですが、そういったことをさせる「パワー」がこの作品にはあるんだと思いました(^0^)

 あと、MUROさんの達郎ミックスは、オフィシャルじゃなくて「ストリート」で出して欲しいです・・・カバー曲繋ぎとかやってほしいな~(^0^)









スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
Spectrumのプロモ12インチめちゃくちゃ羨ましいです!!!
2013/03/06(水) 06:36:40 | URL | 色彩 #X4oZmBbQ[ 編集]
Re: タイトルなし
>DJ色彩さん

いつもコメントありがとうございます(^0^)

最近、和物系は意外と反応がないな~と思いつつ、この12は誰かしら反応があるのでは・・・と思っていたので、反応を頂き凄く嬉しいです!!

アレは代々木の某レコ屋でゲットしましたが、ホント引いたときにはビビった一枚で、いつか紹介しようと思っていた12だったんですよ・・・酔った勢いで書きますが、それこそアメ盤的なクオリティー(Frankford/Wayne刻印的な?)までな音圧はないですが、日本プレスの12ってのがグッとくるんですよね・・・
内容的にはAM/FM向けのプロモなんですが、これを当時の日本で12として作っていた事実がグッとくるし、何よりも12馬鹿として、プレイ(私はDJをしないですが・・・)しててイイんですよね!!
邦盤の12の世界って、まだ未発掘ですが、凄い深いんですよね・・・先日、噂には聞いていた「恋のブギウギトレイン」のディスコ向け12を運よく発掘したのですが、ビックリするぐらい音圧が良くコレもヤラれました!!

色彩さんみたく「もしかしたら気づいてくれるかな~」という内容に気付いて頂けるのは、ホント嬉しいです(^0^)
読んで頂いている方を試しているわけじゃないですが、こういう「気づいてくれたてありがとう!」的な部分に反応して頂けると、書いててホント嬉しいです(^0^)

では、酔いに任せて(今日は上司の引退会見飲み(?)でした)書きましたが、ありがとうございます!!
今後とも宜しくお願い致します(^0^)


追伸
最近、踊りに行ってないな~と思い、クラブチェックをしてたら、明日のelevenでDJをされるんですね・・・Andreがキャンセルみたいですが、頑張ってくださいね(^0^)
ちなみに私は、がっつり仕事でございます・・・そろそろ踊りに行きたくって、体がうずいております(^^;)

2013/03/08(金) 00:18:33 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック