HipHop,R&B,Soul,Funk,RareGroove,DanceClassics,Garage,House・・・など、私が気に入っているMixTape,MixCD,その他もろもろを紹介するブログです。
David Morales 「King Street Sounds - 20 Years Anniversary Party」(渋谷Sound Museum Vision 2013/4/13)
DSC09180.jpg

 いやいや、久しぶりに踊りに行ってきましたので報告です~

 ちょっと腰痛気味で行ったので、当然ながら微妙に痛くなってます・・・(--;)


kss_logo.jpg

 今回は有名Houseレーベル「King Street Sounds」の20周年記念パーティーということで、渋谷Vishionに行ってまいりました!!

 まず、King Street Soundsのことを説明しておくと、今やNYを代表するHouse系レーベルで、日本人オーナーである「Hisa Ishioka」さんが運営していることで有名かと思います。

 あのPradise Garageがあった通りの名称をレーベル名にしただけあって、NYのDance/Houseの伝統を引き継ぐ存在で、お好きな方も多いかと思います。
 私自身も、好きなレーベルで、好きな曲も多いですが、曲以上にパーティー開催の方がお世話になっていて、Hisaさんのパーティーは良く行かせてもらってます・・・ホント現場が分かってるし、何よりも「音」を中心にパーティーを考えているので、イイんですよね~

 そんなこんなで、日取りも良かったし、何よりも今回の主役のDavid Moralesのプレイを聞いたことが無かったので問答無用で行ってきた次第です。

 以下でレポートしますが、今回のレポは色々とあって、注意しながら(特にレコ写?)読んでください・・・




DJ_EMMA.jpg david-morales_t1.jpg

 会場のVishionについたのは12時チョイで、その時点で結構お客さんが入ってました・・・流石、渋谷の中心地近いだけあって、集客力が違いますね。

 実はVishionに行くのは初めて(なかなか行く機会がなかった)なのですが、airでお馴染みの村田大造さんのお店なので安心は出来るのですが、客層なり雰囲気なり音なり・・・色々と違いますね。
 総括的な話は後でしますが、ある程度一般向けなクラブ感があり、とにかくバーが混雑してる・・・そんな客層が多い感じですかね?

 んで、初めてのお店なので店内観察をしつつ、メインフロアーではEmmaさんがプレイをしてたので、踊り始めます・・・

 Emmaさんのプレイは久しぶりで、以前はそんなに相性が良くなかったDJでしたが・・・私にとって、昨日、一番踊らされたのがEmmaさんだったかもしれないです!!
 ホント、職人肌というか、日本人のツボを知っているというか・・・安定して踊れるんですよね・・・気づいたら2時間連続で踊ってました(^^;)

 プレイ的には現行のHouseをプレイしつつ、Disco Edit系の曲もプレイしてて、吉田美奈子ネタのアレで盛り上げてました・・・
 それも、アナログ中心のプレイなんですよね・・・その姿だけでグッとくるのですが、真摯にDJをしてる姿が素敵で・・・Emmaさんのファンが多いのが分かったような気がします。


 そんなこんなで2時になると主役のMoralesが登場!!

 PCセットでのプレイでしたが、かなり初期の段階から裸になってワイルドにプレイをしてました・・・音的には縦ノリというかEuropeっぽい感じ(?)で、メジャー感のあるプレイで、ある意味にDef Mixスタイルな感じですかね・・・
 ただ、アニバーサリーだけに、NYっぽい感じで攻めるのかな~とも思っていたので、最初はついて踊っていましたが、段々ノリについて行けず、休憩がてら混雑している店内(凄い集客数ですね!)を移動し、別のフロアーに行きます・・・


DSC09183.jpg DSC09184.jpg
DSC09187.jpg DSC09185.jpg

 小道(?)を通り抜け、奥のサブフロアーでは、Kingsにゆかりのある日本人DJ達がプレイをしてて、私が着いたときは沖野修也さんがプレイしてて、ちょっと踊ってたら「Sylvester / Over and Over」をプレイ!
 音的に、こういったガラージ曲に飢えていたので、周りに関係なく踊ってしまいました・・・そして、その時、気づいたのですが、今日はこっちのフロアーだな・・・と。

 どうも、Moralesのプレイが思いのほか肌に合わず、King Street Sound的なHouseはサブフロアーの方が花開いてて・・・結局、こっちのフロアーに長居をしてしまい、Moralesのプレイは殆ど聴いていません(^^;)
 最初に書いた「注意しながら」と言うのはこういう意味でした・・・何度かはMoralesのプレイに戻りましたが、結局ノリについけず、すぐにサブに戻ってしまいました。

 心を決めて、サブで踊り始めるころには、更に奥の部屋で馬場正道さんがDJをしてたので、裸でDJする伝統(?)が伝播し、沖野さんも珍しく裸でDJをしてて「Side Effect / Always There」のエディットなどを気持ち良くプレイ・・・
 沖野さんのDJも久しぶりですが、King Street Soundらしいガラージ感が素敵で、ちゃんと最初から聴いていればよかったな~と思いました。


 そして、沖野さんの次はNoriさんがプレイ!

 交代前は沖野さんが粋で、今度リリースするNoriさんのミックスCDのことがあってか、Westendの曲(Raw Silk / Do it the Music)でバトンタッチし、NoriさんはNoriさんで同時にリリースするSalsoulモノで「Instant Funk / I got My Mind Made Up」からプレイ・・・こういう所はマニアにはグッときます(^0^)

 Noriさんのプレイを腰を据えて聴くのは久しぶりでしたが・・・やっぱりイイですね!!

 Emmaさんと同様にNoriさんもアナログを中心としたプレイで、前半は渋いガラージチューンをプレイし、後半はKing Street SoundsらしいDeepなHouseをプレイしてましたが、個人的には「The Salsoul Orchestra / 212 the North」のプレイが嬉しかったです!
 恐らく、ミックスCDの製作で、Noriさんの中でSalsoulの掘り起こしがあったのかな~と思いますが、こういうド渋な曲で踊らさせちゃうのは上手いっすね・・・サブフロアーは残念ながら空いてましたが、その分、踊りに飢えた人が多く踊ってて、大変いい環境でした(^0^)

 ちなみに、馬場さんがいたからか、Noriさんも速攻で裸でDJをしてましたね・・・こうなってくると、Moralesのマッチョな裸よりも、ちょっと肉のついた日本人の裸DJの方が好みになりました(^^;)


DSC09186.jpg DSC09188.jpg
DSC09181.jpg DSC09182.jpg

 んで、NoriさんのDeepなプレイの後は、Toshiyuki Gotoさんのプレイ・・・考えてみると、今回のサブフロアーは豪華ですね!!

 トシさんもガラージっぽい曲やHouseを中心にプレイし、交代の時には「Brass Construction / Movin」からプレイし、個人的には激上がり・・・ただ、時間は5時なので、脱落した人も多く・・・私も段々疲れてきてしまいました(^^;)

 Moralesのプレイを覗きに行ったり、 給水をしつつ休んだり・・・で、思いのままに踊っていましたが、残念ながら殆ど人のいないサブフロアーは気持ち良く、結構踊っていました。
 面白かったのが、偶然だと思いますが、疲れて椅子に座って、ちょっと眠くなってたら、トシさんが「Bee Gees / You Should Be Dancing」をプレイし、曲名通り「踊りなさいよ!」というメッセージを頂き、踊っていましたよ!

 ただ、トシさんにとって残念なのが、ビックリするぐらい人が集まらず、最後は私を含めて4人ぐらいしかいませんでした・・・段々ヤケクソ気味なのか、出音のバランスが悪く、air系の耳の痛さ(分かるかな?)が残るプレイで・・・結果的に「帰ってね」なプレイになってしまったのが残念でしたね。
 

 んで、6時になり、Moralesの方に戻ったら、まだまだアグレッシブなプレイを続け、しばらくは踊っていましたが、飽きてきちゃったので、6時半にはお店を出ました。

 6時台では、哀悼の意味を込めてか「Loleatta Holloway / Dreaming」の現行ハウスエディットをプレイし、そこから「Cher / Take Me Home」のこれまた現行ハウスエディットの歌モノ2連発で、ちょっと上がりましたが、なんかついて行けませんでした・・・

 どのクラブでもそうですが、クラシック系の楽曲って、音圧の問題があってか、音圧の高いハウストラックの上でブレンド気味でプレイすることの方が多いですよね・・・
 また、お客さん自体もその歌を知らないことが多いので、どうしても勢いのあるトラックに頼らざるを得ない・・・そんな部分が多いかと思います。

 ただ、私自身はそういう方向はあんまり好きではないんですよね・・・なんか下品になってるというか、歌が生きてないかな~と思います。
 でも、これも時代の流れなので仕方がないのかな・・・帰るときに耳鳴りがするぐらいがちょうどいいんですかね??





 そんな訳で、レポートは終わりです。

 主役の話があまりなく、脇道の話ばっかりでしたし、いつもそうですが、Houseのイベントなのに、ガラージ系の話題で強引に話を持っていてしまい、こういうレポートでイイんですかね・・・(^^;)
 ただ、個人的には結構踊れたので大満足・・・GWも一度は踊りに行きたいっすね!!

 ちなみに、個人的なVishionの感想は・・・正直、airとかElevenの方が好きかな??
 
 フロアーは板で踊りやすく、レイオーディオなので音は悪くないのですが、かなり音圧高めに設定してるのか、長時間いると耳がつかれ、今もちょっと耳鳴りがします・・・あと踊るスペースがあんまりないのも辛いし、客層もちょっと合わないかな??
 
 
 ではでは、以上で終わりです!!





 
 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック