HipHop,R&B,Soul,Funk,RareGroove,DanceClassics,Garage,House・・・など、私が気に入っているMixTape,MixCD,その他もろもろを紹介するブログです。
DJ Oka & Hara Bow 「Ultimator」
DSC09304.jpg

 え~、ミックステープのブログなのに「Hip Hop」な話題があんまり無くって申し訳ない・・・と定期的に思い返します(^^;)
 何も考えないと、HipHop以外のテープを聴くことが多いのですが、たまに反省をして聴き直してます・・・

 そんな訳で、久しぶりに聴いたら凄いイイじゃん!と気付いた一本のご紹介です!!


DSC09305.jpg

 今回は、ミックステープがお好きな方なら定番な「Ultimator」シリーズを紹介します。

 このテープ、DJ OkaさんとHara Bowさんというお二方が2003年~04年ごろに作ったテープシリーズで、シリーズとしては3本リリースされています。
 内容的には「HipHop」なんですが、Random RapやRare Middle/New School、Kocoさんなんかのマイナー/Underground路線など、全体的に「深堀り感」を出しつつも、選曲のバランスの良さや、ミックスの良さなどが光った好シリーズで、発売当時、結構話題になっていたテープです。

 OkaさんなりHara Bowさんのバイオは今となっては分からない部分が多いのですが、情報だとShimoneさんがやってたDisc-O-Techとかに出入りしてたり、OkaさんはGo Forcemen(!)のバックDJ、Hara BowさんはKashiさんのバックDJをしてたそうで・・・人脈だけでも渋谷のレコ馬鹿人脈が伺えます(^^;)
 また、ネット情報だと、同世代のKocoさんとお付き合いがあったり、Kocoさん関連のDJ SUNAOのミックステープ(Cross Collector)を出してたり・・・今のアングラ(マニアック?)なHipHopの流れにもつながる部分があるかと思います・・・


ultmator_01_001.jpg ultmator_01_002.jpg
ultmator_01_003.jpg ultmator_01_004.jpg

 では、作品の紹介に行きましょう・・・自前で用意できるレコ写もありましたが、作品の紹介を優先するために写真は借りものです・・・

 内容的には、A面はDJ Okaさんが担当し、B面をHara Bowさんが担当する形になっていますが、両者とも選曲感、ミックスの内容が比較的に統一されており、彼らにしか表現が出来ない「独特なHipHop感」が生きたミックスになっています。
 
 まず、選曲面の話をしておくと、一見するとRere Middleなどマニアックな曲が多い印象があるかと思いますが、独特のグルーブを維持しつつ、かなり幅広い選曲をしてて大変面白いです。

 それこそ、A面のOkaさんサイドではRare Middleとして有名な「Another 1-4-U-2-N-V / Life is a Nike Commercial(just do it)」のようなマニアックな曲をプレイしつつ、当時のストリートヒット曲である「Jurassic 5 / A Day at the Races」など割と知れた曲もプレイされています。
 また、B面のHaraさんサイドでも、出だしからPercee-P関連で有名な「EQ in Full Effect / Let The Homocides Begin」のようなRareな曲をプレイしつつ、ブレイクビーツクラシックな「Fish / Can You Feel It」なんかもプレイされています。

 選曲の核としてはRare Middleなどの無骨に跳ねた感じのHipHop(?)が中心になるのですが、その「ノリ」を更に増幅させる意味で、当時の新曲や定番曲、そしてブレイクビーツ系の楽曲なども多くプレイしてて・・・全体的に「黒いノリ」が光った選曲になっています。
 それこそ、Kocoさんのミックスに近く、マニアックな曲が中心なんだけど、決してミックスの「ノリ」は失っていない感じが秀逸で・・・気づいたら首を振っています(^^;)


ultmator_01_005.jpg ultmator_01_006.jpg
ultmator_01_008.jpg ultmator_01_009.jpg


 そして、このテープにおいては、そういった選曲の良さを「ミックスの良さ」で更に増幅させており、聴いてて癖になってきます・・・

 両者ともサラッと2枚使いをしたり、粋なミックスをしてきたり・・・普通に聴いてると流してしまう部分も多いのですが、深く聴いてると「グッ」とくるミックスが多く、ヤラれました!!

 個人的にはOkaさんのミックスにはかなりヤラれました・・・

 例えば、DL氏の黒さが光った名曲「Dev Large / Dead Funky President」をプレイしつつ、終盤ではベースラインが似ている「Eric B & Rakim / Don't Sweat the Technique」のイントロ・ベースラインをDLのベースラインとで2枚使いしてて、その後は粋にRakimにスイッチし・・・首フリ必死ですね!!

 両者とも、曲と曲の「つなぎ」が異常に上手く、繋ぐ曲の声ネタやビートを上手く活用し、カッコよく繋ぐことが多いです・・・
 B面のHaraさんもカッコいいつなぎが多く、個人的には「Jurassic 5 / Swing Set」から「Ultramagnetic MC'S / Poppa Large」へカットインするタイミングが凄くイイですね!!

 また、単純な2枚使いもカッコいいのが多いのですが、Okaさんに関しては、DJプレイで「CYCLOOPS」というドマニアック(失礼!)なサンプラーを使って、オンタイムでミックスに活用してるようです・・・

 ネットで調べた限りだと、ミキサーのイヤホン(モニター)から音を抜き、ループなどをするそうで・・・今となっては使い勝手が微妙な感じですが、この作品でもUKクラシックな「Hi Jack / Syndicate Outta Jail」で活用してますね・・・
 恐らくですが、イントロ・ブレイク部分で、一拍程度のフレーズを切り取り、ループさせつつ段々と音量を下げ、頃合いのイイ頃で一気に本編に戻す・・・みたいな部分で使用してて、今のミキサーやエフェクターなら簡単に出来ちゃいますが、オンタイムでコレをやるのはカッコいいです!!






 やや、駆け足な紹介になってしまいましたが、選曲の塩梅だったり、ミックスの内容の良さだったり・・・とにかくHipHopの「黒く太いノリ」が生きたミックス作品になっています。

 マニアックな曲も多いですが、全体的な構成が変にマニアックな方向に落ち着かず、かなり聴きやすい内容になっているのは秀逸で、それに伴い選曲面も光っている印象があります。

 このシリーズ自体、結構売れていたテープなので、中古市場では簡単に買えると思いますので、興味のある方は是非探してみてくださいね~






<Release Date>
Artists / Title : DJ Oka & Hara Bow 「Ultimator」
Genre : HipHop(Random Rap、Rere Middle、New School、Underground)、Breakbeats・・・
Release : 2003年6月
Lebel : Ultimator Pro No Number






-------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------
追記 「釣果報告」 2013/6/9 21:00

DSC09309_01.jpg

 え~、記事を既に読んだ方もいるかも知れないですが、久しぶりに震えるほどの「爆釣」があったので報告です!!

 本日、某ユニオンに行ったら、写真のテープ達が投げ売りされていました・・・いわゆる「100円レコ」よろしくで、査定や商品化するるのが面倒(?)で「束で売り飛ばす系のテープ」で・・・値段などは書けませんが、爆安で約50本・・・値付した方も「売れないだろ~」と思う部分が大きい商材ですが、震えながら速攻で買いました!!

 束売りのテープ、私クラス(?)だと買ってもダブり(今回は50本中10本がダブり)があったりもするのですが、コレ系は値付の担当者が査定が出来ない(理解が出来ない?)テープが入っていることが多く、超ドープなテープにブチ当たることもあり、あれば値段を見ずに絶対に買っています。
 フリマでまとめて買う時もこれが期待できたり、ヤフオクなんかでもよくありますよね・・・ユニオンだと、ごく稀にこういうのが出ることがあり、買う度に店員さんからの「おめえ、それ買うのかよ!」という冷たい視線を感じるのつつ、喜んで買います・・・

 そんな訳で、今回のテープ、事前告知は一切なく、普通にお店に行ったら、不自然な形でテープコーナーに鎮座してて、外観を見ただけでも「絶対ヤバい」匂いがプンプンで・・・家に帰ってチェックをしたら歓喜の嵐でした(^0^)

 以下でチラッと紹介をしますね!!


DSC09310.jpg

 まず、外観を見ただけで、私が知らないテープが多かった訳ですが、家に帰って見たことが無いテープがワンサカ入ってて・・・ヤラれまくりです(^0^)

 上の写真のがニューディスカバーなテープで、大好きな「無名DJのテープ」が結構あり、この時点で優勝です!!

 いや~、知らないテープってまだまだありますね・・・写真下のファミコンのカセット調のテープ(DJ Gameboy!)なんて最高でしょう・・・これだけでご飯が3杯は行けるでしょう!!
 こういうテープ、ユニオンだと速攻で「買取不可」なんですが、よく引き取ってくれましたね・・・今から聴くのが楽しみです(^0^)


DSC09312.jpg

 また、今回のテープ束においては「アドバンステープ」も多く、こっちもイイのがありました!!

 ジブさんやTwigy、DaboやS-wordなどのHipHop関連や、PushimやRyoさんなどのReggae、更にはDragon-AshなどのRock系など・・・ジャンルがバラバラですが、こういうのもグッとくる内容です。

 恐らくですが、今回のテープ達はワンオーナーさんが売ったテープだと思いますが、そのセレクションが私の「ツボ」に直撃でヤラれまくりです・・・
 前オーナーさんがどういう方かは分かりませんが、チョイスっぷりが最高です!!


DSC09311.jpg

 そして、今回の特大ボムはコレでしょうか・・・外観を見ただけで「もしかしたらアレか?」と思ってしまい、家に帰って照合したらヒットで、思わずガッツポーズしました!!

 このテープは、ラップグループ「Roman Crew」のテープアルバム「How To Fly」で・・・よく参考にしている「某日本語ラップコレクターさんのブログ」に掲載があったモノで・・・これもテープ馬鹿として「押さえたかった」一本です!!
 内容は、これから聴きますが・・・下手したら、一生出会えないかもと思ってたテープだったので、こういう形でもゲットできて嬉しいです!!



 そんな訳で、私的には大変美味しい買い物が出来、万々歳です・・・売って頂いた方もそうだし、これを商材にしてくれたユニオンさんにはビガップです!!

 ここ最近、あんまりイイことが無く、仕事もそうだし、実生活でもそうだし、凄い嬉しいことが無かったんですよね・・・今回の本文記事を書いた後も、定番のスーパー銭湯に行って、酒を飲んだ帰りにチャリに乗ってたらコケてしまい、膝と肘を強打して地味に痛いし・・・微妙な日々を送っています(--;)
 ただ、人生は悪いこともあれば、イイこともあるわけで・・・それが今日だったのかな~と思います・・・こんなレベルで喜んでしまうのもどうかと思いますが、毎日、真面目に暮らしてて良かったです(^0^)

 今回の束、市場価値的にはお店が付けた値段が妥当(Romanのは見逃しましたね!)ですが、私にとっては買った値段の数倍は価値があります・・・それもどんなに探しても見つからないモノばかりで、テープの神様からのプレゼントかな~と思いました。
 今後も、真面目に暮らして、こういう機会と出会えることを信じて生きたいと思います・・・ちなみに、このお店に行く前に、地下のお店に行ったら、我らのMUROさんが掘り掘りしてて、MUROさんからパワーを貰ったのも大きいかも知れないですね??


 あと、最後にですが、今回の束でもう一つボムがありました・・・

 写真は掲載出来ませんが、この束には、売った方が普通のカセットテープにダビングしたテープ(ソウスクとブッダのテープ!)が入ってたり・・・恐らく、その方が学生時代に参加した「合唱コンクール」の録音テープ(!)が入ってたりしてました・・・
 それも商材に入れるなよ!っと心で突っ込みましたが・・・合唱コンクールのテープ、今から聴くのが楽しみです(^^;)





 
 
 




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
束売りは本当にギャンブルですね。自分も良い思いしたり、ガッカリしたり、結構あります。
ダビングテープはともかく、自分の合唱コンクールを商材にブチ込むとは、その売主さんのスワッグの半端なさを感じます(笑)
2013/06/12(水) 22:12:26 | URL | Sota #-[ 編集]
Re: タイトルなし
>sotaさん

コメント、ありがとうございます!

確かに束売りはギャンブルで、私もレコードの束売りなんかではガッカリした経験もあるのですが、テープに関しては不思議と(私にとっては)当りが多いんですよね~
まあ、なかなか出合えないのですが、また出会いたいものです・・・

ちなみに、合唱、まだ聞いてないのですが、どういうタイミングで聴いたらいいのか悩んでいます(^^;)

では、今後とも宜しくお願い致します。


2013/06/14(金) 00:11:02 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック