HipHop,R&B,Soul,Funk,RareGroove,DanceClassics,Garage,House・・・など、私が気に入っているMixTape,MixCD,その他もろもろを紹介するブログです。
東京レコードマップ 各店舗の攻め方・豆知識
tr_01_02.jpg

 以下では、東京のレコ屋さんを楽しむ・効率的に利用する為の攻め方・豆知識をご案内します。

 私の経験から導き出された内容が多く、参考程度に読んで頂ければ幸いです。



(1)東京のレコ屋さんの回り方

① 都内の攻め方

tr_00_02.jpg

 まず、東京には、今回のマップでリストアップをしたように、ユニオンが中心にはなりますが、大きな都市にレコ屋が集中している・・・みたいな感じで、レコ屋さん自体はかなりお店があります。
 新宿、渋谷、お茶の水のビック3を筆頭に、池袋、下北沢、吉祥寺、中野と高円寺・・・など、地区ごとに良質なレコ屋さんがあるので、今回作成したマップは地区ごとに分けてみました。

 そして、ここがポイントなのですが、東京でレコードを掘っていると、これらの各地区のお店を地区ごとに攻め、終わったら他の地区へ電車で移動をして掘る・・・みたいな感じで、休日などにレコを掘りに行こうとすると、各地区を「はしご」しながら回るようになります。

 そう、この「はしご掘り」が東京では大切です!!

 面白いもので、東京のレコード屋さんは、上の図のように、各地区が上手い具合に電車や地下鉄で繋がっており、地区ごとの移動がしやすいんですね・・・なので、その地区が掘り終わったら、すぐに電車に乗って別の地区に移動して掘るのが一般的です。
 
 例えば、朝一で渋谷を攻めたら、井の頭線で下北沢に行って掘り、小田急線で新宿に行って掘り、中央線でお茶の水に行って掘る・・・みたいな移動ができ、見る量にもよりますが、このルートだとお茶の水終わりが夕方~夜ぐらいになると思います。
 
 電車賃は当然必要にはなりますが、大人の休日は無駄にはしたくはないので、この方法で回れば、相当な量のレコードをチェックできます。
 また、放出セールや割引セールが各店で重なった時は、回る順番を考えておけば、時間のロスが少なく回ることができると思います。

 まあ、今となってはスイカやパスモで切符を買わずに移動ができるので、更に回るのが楽になりましたが・・・パッと移動経路や回る順番が思いつくようになったら一人前でしょうか??


 ただ、やみくもに回ればイイとは限りません。

 私もある程度は情報を集めてから行くことが多く、放出のことや、割引セールの情報を把握した上で、回ることが多いです。

 都内なら、割と適当に回っててもイケますが、次に紹介する地方は空振りした時に電車賃が響きますので、事前にお店のホームページやブログなどで調べた上で回ることをお勧めします。
 ユニオンだったら各店のブログ、ココナッツさんも各店のブログ、その他のお店もtwitterなどで情報を出してたりしますので、必ずチェックをしましょう!!



② 郊外の攻め方

tr_00_03.jpg

 そして、移動の観点でいくと、都内より離れた所にも良質のレコード店があり、少し時間と切符代がかかりますが、比較的移動しやすい位置にあり、時間があれば回りたいです。

 かなりザックリとして図になりますが、横浜、町田、北浦和、柏など、どれもユニオンの地方店になりますが、視覚的にすると、郊外のお店がそんなに遠くはないことが分かるかと思います。
 横浜であれば、渋谷から東急東横線でいけるし、町田は新宿から小田急線か横浜から横浜線、北浦和は池袋などからJRで行けます・・・柏だけ少し離れちゃいますが、お茶の水からだとJRで移動でき、千代田線だと直通で一本で行けたりもします。

 これらの地方店も上手く回れば「はしご」で回ることができます。

 一例を紹介すると、朝一で横浜に行き、レコ屋周りと横浜の風情を味わい、横浜線で町田に行き、小田急線で下北、最後は渋谷か新宿というルートがあります。
 昔は町田の先にあった淵野辺という秘境(?)にも寄っていたので、更に大変でしたが、割と回りやすく、ちょっとした小旅行ができますね。

 また、もう一つ紹介すると、朝一で柏に行き、その後、上の図にはないですが、柏→新松戸→南浦和という武蔵野線で千葉と埼玉を横断するルートで北浦和に行き、その後は川口、そしてお茶の水に流れるルートもあります。
 柏から北浦和へ行くルートは、柏から走る東武野田線で大宮に出る方法もありますが、各駅で時間がかかるので、武蔵野線ルートがイイですかね・・・こちらは郊外(田舎?)を走るので、違った小旅行感があります。

 あと、どうしても欲しいレコがあった時は、しらみつぶしに回るのですが、先月、朝一で北浦和、そこからJRで高田馬場、渋谷、横浜、町田、新宿で終わり・・・という壮絶なルートを回りました(^^;)
 このぐらいになると、相当な根性と、かなり頭がおかしくないと出来ないですね・・・というか、なんでこんなルートを回ったんだろう・・・(^^;)

 
 そんな訳で、郊外(地方)周りも、なかなか面白いので、時間があれば回ってくださいね~






(2)ユニオンの攻め方

tr_01_03.jpg

 このマップにおいては「各地区のレコード屋=ディスクユニオン」になっています。

 これに関しては、もはや異論が無いでしょう・・・私も相当お世話になっていし、皆さんもそうだと思います。

 関東以外にお住まいの方だとピンと来ない方も多いかもしれないですが、ディスクユニオン(Disk Union)は都内各所に店舗を構えている音楽ソフト販売のチェーン店で、新譜と中古、CDやレコード、本やグッズなど・・・音楽ファンから、その道の求道者までの欲求を満たすお店です。
 お店によって、取り扱うジャンルが異なったりしますが、ほぼ全てと言ってもイイぐらいの音楽ジャンルを扱っており、その音楽のスペシャリスト達が専門で仕切っていることから、幅が広く、かつ要点を押さえた品揃えが素晴らしく・・・もはや世界でも類を見ないお店だと思います。

 地方の方だと、ユニオンは行ったことがない、ネットでしか利用したことが無い方も多いかと思いますので、以下では、東京のレコード店を上手に味わう為に、ユニオンの攻め方をご案内したいと思います・・・



① お店の違い

tr_00_04.jpg

 ユニオンは、様々な商品を扱っていますが、音楽ジャンルごとにお店が分かれていることもあり、まず、この点からお話したいと思います。

 まず、大雑把にお店を分けると、以下の2つに分けられます。

 ・ 総合店(中古センター)
 ・ 専門店


 一つ目の総合店ですが、各ジャンルを幅広く扱った店内構成になっており、その地区にユニオンが一つしかない地区だとこの形態が多く、割と郊外の店舗(吉祥寺、町田、北浦和、柏など)がそうです。
 また、専門店は、その名の通り、そのジャンルに特化した専門店(専門フロアー)になっており、クラブ、Jazz、Soul、Rock、Classicなどに分かれてて、専門担当者がいることから、そのジャンルが好きな人なら必ず納得できる内容になっています。


 このマップとしては、かなりマニアックな要望まで耐えられる視点(それこそミックステープが買えるぐらい!)で考えているので、まず目が行くのが「専門店」ですね。

 このマップ的にはClub系とSoul/RareGroove系の専門店がポイントで、人が集まる渋谷・新宿・お茶の水・下北沢に専門店があり・・・必ず回りたいお店です!!

 どの店舗も、そのジャンルの専門家がいるので、確実な品揃えが期待でき、セールではハイエンドなブツが出るなど、確実にマニアの欲求を満たしてくれます・・・
 中古であれば、新着品の回転は速く、放出セールも頻繁に行っているので、各店のブログは毎日チェックする必要があるぐらいです!!

 ただ、同じ内容の専門店でも、お店ごとに微妙に個性が分かれています・・・

 お店のスタッフの方の個性が出るのが原因だと思いますが、それがマニアの微妙な「好みの差」を埋めてくれ、結果として、どの店舗も足を運ぶことになります。

 変な話、そのレコードの買い取り金額が変わったりもするので、そのジャンルが好きな担当者がいるお店は、そのジャンルが強くなり・・・上手く個性が分けられ、通う立場とすると面白いです。
 クラブ系のお店でも、HipHopが強いところがあれば、その中でG系が強いお店もあったり、日本語の特殊なのが出るお店があったり・・・マップでも指摘はしていますが、微妙な差があることを覚えておくと、掘るときの参考になると思います。
 
 なお、ユニオンも会社なので、移動があり、スタッフの方が移動すると、取り扱い内容が微妙に変わったりもするので注意をしましょう・・・


 そして、次は「総合店」ですが、コレもお店の方針、近隣店との兼ね合い、スタッフの方の有無によって、中身は微妙に異なります。
 
 まず、総合店だと、売れ線のジャンルが強いので「ロック」と「J-Pop」辺りが強く、周りに専門店があると、そのジャンルしか扱わないお店(渋谷の中古センターなど)もあります。
 今となってはHipHopとかが売れなくなってしまったので、売れるロックが中心になっていますが、そのお店の方針や、そのジャンルが好きなスタッフさんの有無で、取り扱いが左右されることが多く・・・ロック以外のジャンルは専門店には敵いません。

 ただ、お店によっては、しっかりと在庫があるお店もあるので、行けば必ずチェックをしています。

 細かい差は、実際の紹介文で確認をしてほしいのですが、各店、それなりに個性があり、掘る価値は十分あります・・・

 特に、そういう店舗は、お客さんが専門外のは手を出さなかったするので、結構良いレコが残っていることがあり・・・新宿・渋谷・お茶の水の中古センターは、近隣に専門店があるのに、良いブツが出ることがあり、外せません。
 また、お店の方が専門外で、査定が甘い場合もこの手の店舗だとあり・・・結局、どのお店にも足を運んだ方がイイですね。



② 地方ユニオン

tr_00_05.jpg

 (1)でも紹介をしましたが、東京のレコ屋さんは、都内の主要駅を中心にお店があり、ユニオンもそれに従って店舗があります。
 
 ただ、東京から離れた一都市にポツっとある店舗もあり、巷では「地方ユニオン」と呼んでいます。

 これらは、その地区に住んでいる方が、日常的に利用するお店なので、そんなにはグレードが高くない総合店になるのですが・・・この地方ユニオン、深い世界です(^^;)
 10年ぐらい前から地方ユニオンも回るようになり、今でもお店によっては3~4カ月に一度は伺っているぐらいなのですが、都心のお店にはない魅力があり、外せいないですね・・・写真は、在りし日の淵野辺店で、地方ユニオンの魅力が詰まったお店でした・・・

 まず、商品ラインナップに関しては、大半のお店が総合店で、ロックが強い感じなんですが、ジャンルは広く、お店によっては、私のようなDJ以降のレコード馬鹿が納得できる内容になっています。
 お店で行くと、横浜地区、町田、北浦和、柏は鉄板で、これらのお店はHipHopやSoul関係が強いですね。

 当然、都内の専門店に比べると、ハイエンドなのは少ないですが、地方は地方で、レコードなどを都心まで売りに行くのが面倒な方がいたりするので、意外な出品が多いような気がします。
 特に、私の好物なミックステープは、地方店の方が出てた時期があり・・・それこそ、淵野辺のユニオンは穴で、車社会な地区なので、車でミックステープを聞いてた方が多く、出物が多かった・・・そんな背景があり、レコードもCDも意外と出ます。

 また、地方は、都内の店舗のように争奪戦が起きずらく、レア盤や珍品が普通に残っていたりします・・・割引セール期間は、地方を回ると、思わぬ物がお得に買えることがあり、必ず回っています。
 あとで紹介する色割も、地方は豪快な所が多く、電車賃を払っても、元を取れることも多いので、コレ狙いもお勧めです・・・

 東京のレコード屋巡りにおいては、都内周りが中心ではありますが、遠足気分で地方ユニオンを回るのもイイと思います。

 お時間があれば、是非回ってみてくださいね!!



③ 放出セール

tr_00_06.jpg

 ユニオンの魅力の一つに、ある特定ジャンルのレア盤などをまとめて出品する「放出セール」がポイントだと思います。

 これに関しては、各店とも気合を入れており、特に専門店ほど頑張っており・・・お店の「華」の一つだと思います。

 ペースはお店によってまちまちですが、都内の専門店であれば週末には何らかのセールを行っており、平日にブログなどをチェックし、内容によっては当日並んて参加したりもします・・・
 過去、このブログでも色々なセールを報告しましたが、週末の恒例行事で、コレを中心に生活が動いています・・・(^^;)

 当然ながら、各店で内容は異なるし、個性も分かれます・・・また、ユニオンに関しては、一般客からの買い取りで動いている所があるので、その買い取り次第で内容・規模も変わったりします。
 また、欲しいものが必ず出るかは運次第だし・・・更に、欲しいものが必ず買えるかは、もっと運次第(争奪戦の結果次第?)なので・・・運気を高めてから参戦するのをお勧めします。

 ちなみに、平均的なセールは毎月開催していますが、5月のGW期間と、12月の年末は、各店とも総決算的なハードなセールを行うことが多く、とてつもなくハイエンドなのが出ることが多く、セール数も多いので、はしごしながら掘りまくってます。
 こういった期間は、特別な冊子が配られるほどで、掘る側も熱くなります・・・ユニオンは、こういう煽り方(?)も上手いですよね~


 なお、セールのタイミングでなくとも、中古品はちゃんと新着品として出していて、それも美味しいのが多く、新着品のチェックも欠かしてはいけません(^0^)



④ 割引セール

tr_00_07.jpg

 ③の放出系に加えて、ユニオンの魅力は「割引」にあるかと思います。

 割引セールは色々な中古店でやっていますが、ユニオンに関しては元の中古の値付けが良心的(かなり盛ってるのもあるけど)なのに、まとめて買ったりすると更に安くなり・・・買う側にとっては嬉しいお店だと思います。
 ユニオンも、当然、企業体なので、原価割れはしない程度に割引をしますが、薄利多売の精神があるのか、とにかく「在庫品の回転」をする為に割引をしており行っているようです。

 割引セールも週末が多いのですが、よくあるのが「5枚まとめてだと10%オフ」みたいのが多く、店舗や時期によって異なりますが、利用するときは、割引の甘い魔の手に負けて財布のひもが緩んでしまいますね・・・ユニオンの策にハマっています(^^;)

 また、ユニオンに関しては、その月ごとに中古品の値札の紙の色が変わるシステムで、その色の違いで割引が発生することがあります・・・いわゆる「色割」ですね。

 これに関しては、やらない店舗もあったり、やっても割引が辛い所もありますが、2か月前ぐらいに出したストックから適用させることが多く、これもお得です・・・色が古くなればなるほど割引率が高くなり、50%オフなんてタイミングもあったりします。
 定期的な店舗もあれば、不定期な店舗もありますが、ちょっと高い値段のレコードも、売れ残っていれば、割引を想定して寝かしておいて(?)、色割が発生したら買う・・・みたいな買い方もあり、それが平日だったら、仕事を早く終わらして、ダッシュで買いに行くこともあります(^^;)

 そして、この割引も、ユニオンとして売り上げを出したい・在庫を吐かせたい時期は更に割引をし、色割と合わせるとトンデモない割引になったりします。 

 特に3の倍数の月が注目で、決算月の3月、夏ボーナスな6月、半期末の9月、年末ボーナスな12月の割引セールは熱く、時間帯限定のタイムセールなんかもあり、お店が大変込み合います。
 もはや「お祭り」で、大晦日の日なんかは、どの店舗、大変な賑わいを見せ、みんなハシゴでユニオンを回り、散財をします・・・(^^;)

 あと、ここ最近は、各店の在庫を一か所に集めて合同即売会みたいな割引セールも行ってて、渋谷、中野、高田馬場、横浜などで定期的にやっており、それも面白いですよ!!
 


⑤ 100円セール

tr_01_01.jpg

 私はめっきり掘らなくなってしまいましたが、ユニオンの「100円セール」はお好きな方が多いかと思います。

 これに関しては、色々な理由で売るに売れない商品を、ノーチェックの裸の状態で100円で売るというセールで、お店としては在庫処分的な側面があります。
 ただ、これが結構美味しく、ユニオンの100円は質がイイ・・・と評判(?)があります。

 どういう経路で100円になったのかは書きづらい(?)のですが、基本的には、お店側が通常販売は出来ないと思う中古品が多く、レアなのは殆どないですが、店頭で1000円以内で売っててもおかしくないのが100円で売ってたりします。
 
 大抵のお店が、暇な平日に行ってたり、たまに上の写真のように場所を借りて(中野ですね)やってたりするのですが・・・結構、掘る方が多いです。
 平日の状況は分かりませんが、休みの日にあると、これを目当てに掘りに来る人も多く、争奪戦みたくなっています・・・割とクラブ系の店舗は頻繁に開催をしていますので、ブログなどで日程確認をしてから行くのはいかがでしょうか??



⑥ ノベルティープレゼント

 tr_00_08.jpg

 ユニオンの話としては最後になりますが、ユニオンでは定期的にノベルティーをプレゼントしてて、それが結構良いです!

 大体、5000円以上買ったらプレゼントみたいな感じで、ジャンル別に分かれていることが多く、ミックスCDやレコード(ソノシート)、Tシャツやバックとかコップなどのグッズなど・・・色々なモノが貰えます。
 年間で考えると各店で3~4回はやっていて、結構レベルが高いブツが多く、個人的にはSoul系とHipHop系を貰うことが多いのですが、イイのが多いですね~

 写真のは、家の中でスグ見つかったブツで、今年のSoul系のノベルティーであるAl KentのミックスCDや、HipHop系で以前あったKamenoko Productionの7inch、そしてユニオンのロゴがガッつり入ったビニール製ミニトートなど・・・色々とありますね。
 家の中を探せばもっとあり、そのグッズだけで特集が組めるぐらいなのですが、Al KentのミックスCDが出すぐらいですからね・・・レベルは高く、それが欲しくって、つい散財してしまいます(^^;)

 時期的には、売上的に谷の時期にヤルことが多く、人気なグッズはすぐ無くなるので、早めの対応が良いと思いますよ!!





(3)その他のレコ屋さんの攻め方

tr_01_04.jpg

 どうしても、今となっては東京のレコード店=ユニオンにならざるを得ないですが、ユニオン以外のお店も大変良いお店が多く、大変お勧めです。

 昔からある街レコ的なお店もあれば、ユニオンとは違うディープな品揃えなど、こういったお店も面白く、ユニオン目当てに掘りに行ったついでに伺うことが多いです。
 
 例えば、都内の4店舗を構える「Coconuts Disk」さんは、地方の方だと知らない方が多いかもしれないですが、独特のユルーイ空気感が素敵で、品揃えは個性的でありながら、かなり濃い内容の品物が多く、お勧めです・・・特に代々木店は、ユニオンでも出せないレア物を多く出すことで有名で、隠れた名店です!!
 割引も定期的にあるし、スタンプがたまると1000円割引になったり、ノベルティーもたまに出してたり・・・凄い頑張っているお店で、レコード好きなら是非通いたいお店だと思います。

 ココナッツさん以外にも、面白いお店はホント多く、中央線沿線のRareさんはイイ意味での街レコ感を出しつつも、良質な品揃えが印象的だし、個人系のお店では渋谷のNext Recordsさんの品揃えの良さは天下一品だし・・・ユニオン以外のお店もイイお店が多いです!!

 ネット販売をやっている所もあれば、ネット販売はやってない所もありますが・・・いずれにしろ、ユニオン同様、足を運ばないと味わえない感動や驚きがあるお店だと思いますので、マップを頼りに行ってみてね(^0^)





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック