HipHop,R&B,Soul,Funk,RareGroove,DanceClassics,Garage,House・・・など、私が気に入っているMixTape,MixCD,その他もろもろを紹介するブログです。
Ulticut Ups! 「Cut Up SalSoul」
DSC09836.jpg

 え~、先週の更新で体調を崩した話をしましたが、今年の風邪はノドみたいですね・・・体調は復調しましたが、今週は声が戻らず、ズーとしゃがれ声でした(^^;)
 私の周りも体調を崩している方が多いので、皆さんも気をつけてくださいね~

 そんな訳で、聴けば元気になるUlticut作品のご案内です!!


Salsoul_0001.jpg

 2007年10月にリリースされた通算9作目のミックス作品で、なんと「Salsoul音源」を使った初のオフィシャル作品になります!

 Ulticutに関しては、順を追って作品を紹介してきました(詳しくはこちら)が、オフィシャルはコレが初になります。
 マイペースなリリースをする中で、徐々にファンを増やし、周りからの評価も上がり、あのKenny Dopeからも絶賛された時期で、アンダーグラウンドな活動が評価され、メジャーに繋がった・・・そんな流れがあってリリースされた作品になります。

 んで、メジャーなので音源が限られた中で、題材は「Salsoul」です・・・Ulticutなら間違えないでしょう!!

 Disco系レーベルの代表格として名高いSalsoulのミックス作品、過去にもDanny先生Komoriさんの作品を紹介しましたが、ホント、DJの技量が試されるレーベルだと思います。
 ワンレーベルでヒット曲も定番曲も多いレーベルでありながら、隠れた名曲も多いので、選曲のチョイスがまず試されるし、DJのプレイの解釈で様々なスタイルでプレイ出来る(HouseもR&BもHipHopも)し・・・何よりも、リリースされてから何十年も経ってるのに、フロアーでSalsoulの音源が鳴らない日が無いぐらい、人々に愛された永遠の輝きがある音源だけに・・・中途半端なプレイでは許されないレーベルだと思います!!

 私自身、Disco好きを公言してるだけあって、Salsoulは絶対に外せないレーベル・・・というか、もはや「無くてはならない存在」です!!
 
 もー、なんて説明をしたらいいのか分かりませんが、ホント大好きです・・・手持ちのレコで、レーベル単位だとSalsoulが一番多いし、クラブでプレイされれば歌いながら踊っちゃうし・・・聴けば聴くほど好きになってしまいます。
 Salsoulの楽曲は、クラブのフロアーやミックス作品といった「DJミュージック」の中で愛され続けたことで、楽曲として熟成された曲が多く、愛している人の思いが曲に詰っているんですよね・・・私の思いも当然詰っているので、好きで好きでたまりません!!
 

 そんなSalsoul、日本屈指のミックスデュオであるUlticutがミックスする訳で・・・発売当時、超期待して発売日を待っていました!!

 過去の作品でも、Salsoul音源は効果的にミックスしてたし、何よりもDiscoブレイク系のミックスは得意中の得意だし・・・そして、アッと言わす選曲と構成は天下一品だし・・・どういう作品になるのか、楽しみで楽しみで仕方が無かったです!!
 当然、発売直後に速攻で買って、圧倒的なミックスと、意外なアイデアにヤラれ・・・今でも普通に聴いているぐらい好きな作品です(^0^)


 そんな訳で、作品の紹介です!!


DSC09841.jpg DSC09838.jpg
DSC09848.jpg DSC09839.jpg

 色々な切り口でミックスができる音源ですが、Ulticutの作品では、彼らにしかできないDJミックスと掘りの深さを生かした極上のパーティーミックスに仕上げています!

 とにかく定番曲や盛り上がる曲が多いレーベルだけに、選曲のチョイスが意外と難しい所ですが、ド定番な「Inner Life / Ain't No Mountain High Enough」などを絶妙なタイミングでプレイしています。
 Ulticutに関しては、プレイする曲を光らせる為に、グルーブを作りながら上手くミックスしていくのが秀逸です・・・気づいたらミックスのグルーブに乗せられちゃ感じで、流石です!!

 ただ、Ulticutに関しては「選曲の意外性・上手さ」「DJミックスの上手さ・イルさ」があり、この作品でも多分に発揮されています!!


 まず、選曲面では、渋い曲も多くプレイしていますが、白眉は「House Remix」を多用している点ですね!!

 歴史的にHouseの源流とも言えるレーベルなので、現代のフロアーで耐えられるようなHouseミックスはメチャクチャ多くリリースされていて、そこに目をつけたのは、当時、ビビりました!!
 それこそ、ドクラシックな「Silvetti / Spring Rain」は、1999年にリリースされたHouseミックスでプレイしてたり・・・これ以外でも多用をしてて、流石の選眼力ですね(^0^)

 Ulticutに関しては、過去の作品でも、ミックスの流れにおいて、流れが進めば進むほどテンションもBPMも上げる作風が多く、その流れでHouseを普通にプレイしてたので、不思議ではない選曲(SilvettiのHouseミックスも披露済み)ですが、コレにはビビりました!!

 これらのHouseミックス、フロアー的には音圧も高く、便利な存在ではありましたが、オリジナル曲がもつ不変なグルーブには敵わず・・・これらのHouseミックスは、リリースされた直後はプレイされたけど、すぐに忘れられた曲が多かったと思います。
 この限りにおいて、色々なHouseミックスを効果的にプレイしてて、流石の選曲眼です・・・個人的にも裏の裏をかいた選曲で、クレジットを見ずに初めて聴いたときは、ぶっ飛びました!!


 そして、DJミックスも流石で、二人が織りなす効果的なコンビ技やアイデアが多分に発揮されています!!

 序盤であれば、Danny先生も上手く利用してた「First Choice / Let No Man Put Asunder」のアカペラブレイクであれば、ピッチを変えながら2枚使いをし、エフェクト的なグルーブを出しつつも、結果的に原曲よりもBPM早めで原曲にブチ込み、聴いてる人の首を振らさせちゃうのは凄すぎです!!
 どの作品でも二人で織りなす2枚使いは彼らの華で、ほかにもクラシックな「Instant Funk / I Got My Made Up」であれば、同グループの曲(Bodyshine)で♪Anytime~♪と同じ節回しで歌っている部分を2枚使いしたり・・・そこからHouse Remixにミックスしたり・・・頭が痛くなるほどイルなミックスが多いです!!

 UlticutのDJミックス、深く聴くと細かいコンビ技やDJミックスの技術の高さが凄いんですよね・・・
 この点で一番凄いのは、知識が無くっても普通に聴いてノレることではあるのですが、2人でDJをしてる優位性を生かしつつも、圧倒的なセンスとアイデアで持って行ってしまう点は敵いません!!


DSC09843.jpg DSC09844.jpg
DSC09845.jpg DSC09846.jpg

 そして、Ulticutの素敵な所は「ピークタイム」の作り方で、この作品でも悶絶な展開を演出しています!!

 先ほど説明をした「選曲の上手さ・深さ」と「DJミックスの上手さ」が織りなしたミックスになるのですが、終わり近くでブレイククラシックな「Gaz / Sing Sing」から始まるパートで、徐々に聴いてる人を引き付けて、一気に昇天させる感じが凄すぎます!!

 まず、Gazのブレイク部分を、熱く2枚使いする流れで、MUROさんのパワープレイ以降で知らされた「DJ Grandmaster Flash」のミックス作品において、1曲目のGaz2枚使い+粋なマイク煽りの部分に小刻みにミックスし、マイクの流れでグルーブが入る部分で2枚使いクラシックな「First Choice / Love Thang」にクイックミックスします・・・
 流れ的には、Discoブレイクを生かしたラインで、グルーブ自体で首を降らしつつ、2枚使いなどで聴いている人を引き付けている感じで、Love Thangのホーンブレイクの部分も超カッコいイイ2枚使いで、引きつけます・・・ただ、派手な展開はあるものの、ブレイク主体の流れで「谷」を作ってます・・・

 その谷なブレイクを引き延ばした流れで、ブっこみに近い形で「Logg / I Know You Will」をプレイ・・・これが超効果的で、一気に空気をDiscoにシフトアップし、素晴らしいピークタイムにしていきます!!
 個人的にはLoggの素晴らしさはUlticutから教わったので、問答無用で好きなのですが、このライン、彼らの持ちネタを上手くミックスしつつ、パンチのあるピークを作れるのは流石です!!

 Ulticutの良さにも繋がるのですが、2枚使いや深い選曲は、作品としてのミックスの流れを生かす為の術であり、トータルで「ミックス作品」を作れるのが彼らの素晴らしい所で、このラインには痺れます!!
 特に、ピークの作り方が、聴いてる人を「元気にさせる」感じが強く、帰宅時に聴いてるとホント上がります・・・この部分を聴きたい為に、ちょっと遠回りして家に帰るぐらい、素晴らしすぎます(^0^)



 今回は、Ulticutの素晴らしい点を中心に紹介をしましたが、Salsoulミックスにおいては、かなり異色な出来ではありながら、彼らにしかできないミックスが素晴らしく、バッチリ殿堂入りです!!
 内容的にはHipHopミックスにはなるのかもしれないですが、HipHopを超越したミックス感が唯一無二で、流石の作品です・・・

 市場的には、そんなに高くはなく、簡単に中古で買えますが・・・こんなにも「DJミックス」が発揮された作品は無いですよ・・・興味のある方は、是非、探して買ってくださいね!!

 あと、Ulticutの作品は、紹介に際して聴きこんだ上で書いているのですが・・・聴けば聴くほど「新作」が聴きたくなります!!
 今は二人での活動が殆ど無いようですが、二人にしかできない「マジック」があることを信じています・・・早く聴かせてください(^0^)




<Release Date>
Artists / Title : Ulticut Ups! 「Cut Up SalSoul」
Genre : Disco、Garage、DanceClassics、House・・・
Release : 2007年10月
Lebel : ビクターエンタテイメント VICP-63970



Notice : 特典おまけ

DSC09837.jpg

 リリースに際して、Ulticutのお店(Vinyl 7)とJet Setでは、購入特典として、このCDのデモ音源的なCD-Rがオマケでついていました。
 内容的には、この作品で披露されていたミックスの練習音源(とは言うモノの、かなり本番と一緒)が2トラック入っている感じですが、マニアは押さえておきたいですね・・・コレ欲しさに、当時は発売日に下北沢のJetSetに行きました(^^;)






--------------------------------------------------------
<毎度の独り言>

DSC09835.jpg
DSC09847.jpg

 土曜は仕事でしたが、今日はお休みで、気分的にも仕事がひと段落したこともあり、お休みモードの一日でした・・・なんか、仕事ばっかりしてたので、自分の中で「休む」という感覚が欠如してたので、凄い新鮮な感じでした(^^;)
 
 そんな訳で、休みの日とあれば・・・私がやるのは「掘る」なので、色々と報告です~


 まず、日曜日の定番である「フリーマーケット」ですね・・・ただ、ちょっと悲しい報告かも?

 過去にも色々と報告をしましたが、大好きなミックステープや、そのテープを聴く為の再生機としてテープレコーダーを探しにフリマに通っている訳ですが・・・主戦場でもある聖地「明治公園」のカウントダウンが進んでいます・・・

 どういうことかというと、明確な情報ではないのですが、隣に隣接する国立競技場の改修に伴い、明治公園が使用できなくなる模様なんですね・・・悲しいです。
 明確な情報が無く、いったい何時まで使用ができるのかが分からないのですが、数々のミラクルを起こしてきた場所なので、完全終了までは通いたい(1月まではある??)と思います。

 そんな中、信頼できるotakara.netさん主催のフリマが開催されたので、レコ掘り前に行ってきた次第です・・・otakaraさんのは最後のようで、寂しいですね・・・ただ、天気は晴天で、フリマ日和ですね!!

 出店者もお客さんも多く、さすが明治公園な感じでしたが、釣果的には面白いのが掘れました(^0^)

 テープは抜け系があったので3本だけ買いましたが(あんまりイイ売り手ではなかったけど・・・)、写真左上の緑色のブツがボムっすね・・・オジサマ系のお店で爆安で抜きました!
 どうやら「Small Soldiers」というアメリカの子供向け映画のキャラクター商品(1998年)で、ポップな外観が素敵なテープレコーダーです・・・ただ、オジサマ系のお店だけあって、意味不明なテープ付きで、「アート・アンサンブル・オブ・ソウェト」と手書きラベルが貼ってあるナイスなフリージャズのコピーテープが入ってて・・・個人的にはこの落差が好きです(^^;)

 こういうのに巡り合えるのはフリマの醍醐味です・・・明治公園が無くなったどうしましょう・・・


DSC09647.jpg

 そして、その後はレコ屋をウロウロする訳ですが、毎度のN村さんがおられる下北のユニオン(あの件、ありがとうございます!)に行きましたら、ちょっと面白お話を聞きました。

 ちょうど「日本語ラップのセール」をやってたようで、もの凄い盛況だったそうです!!
 お店のブログにも出せないぐらい(?)ゴツいのが出てたそうで、早朝から並んでいる方がいたり、関西からこの為に来た方(ブログ、いつも見てますよ!)もいたり・・・激熱だったそうで、開店直後は鉄火場だったようです!!

 日本語ラップ、今年に入って凄い過熱してて、とんでもないレートの上がり方をしてて、私が昔掘ってた頃、普通に捨て値に近い値段だったレコが高値になっていて・・・超熱いです!!
 N村さんとも、おっさんの昔話的な話(これって@円だったよね?みたいな)をしてましたが、恐ろしい値段を付けてても争奪戦なようです・・・6ケタが即売れだったようです!

 んで、一番ビックリしたのが、これらを買っている方が、私の世代(30オーバー)ではなく、日本語ラップの全盛期を知らない若い世代(20代後半?)が中心なんだそうです!!

 私自身、日本語ラップは、一応、全盛期を体感してて、凄い楽しんでいましたが、大人になればなるほど興味が他のに移ったこともあったので、日本語ラップは「昔の思い出」みたくなるのですが・・・その流れを知らなかった方々が必死になって掘っているというのにちょっと驚きました。

 私もそうですが、自分が知らない過去の事って、なぜか熱くなるんですよね・・・私の場合はテープがそうで、同時期に体験はしてたのかもしれないですが、知らないことだらけで、大枚をはたいても買ってるので・・・同じです(^^;)
 ただ、私の中では、私より年齢が低いと、それこそネット音源で満足しちゃう若者が多いと思い込んでいた(会社の連中がそうなので・・・)ので、今回みたく、若い世代が超気合を入れて掘ってることが分かって、かなり嬉しかったです!!

 私の信条の一つで「掘ることで生まれる価値がある」と思っています。

 私の場合は、MUROさんなどの背中を見て、それを独自に解釈し、こんなテープのブログをやるぐらい育った(?)た訳ですが、それには「気合」がかなり要ります。

 今回、若い方でもしっかりとその気合がある方がいることが嬉しいです・・・なんか、上から目線な発言になりそうですが、やるんだったら、とことん突き詰めて、日本語ラップの価値を見出してくださいね!!
 来週は、新宿でゴツいのが出るそうですが、気合を入れて掘ってくださいね・・・応援しています(^0^)

 ちなみに、日本語ラップ、意外なタイトルが死ぬほど高く、特に関係者のみのプロモ(インスト版とか)は、とんでもなく高いので、お持ちな方は売り時です・・・ライムスターなどが属してた90年代のファイル・レーベルのプロモは特に人気ですよ・・・ご用命は下北のN村さんにお願いします(笑)


 ではでは、独り言でした~





 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんにちは。
更新ご苦労様です。
下北のラップセール、自分は内容が分からなかったのでスルーしてしまったのですが、あとから調べたら関係者のプロモ盤とかが出てたんですね。
前、ツボイ氏が誰が放出してるか気になるって呟いてましたし、そういうのってやっぱりネットに載せられないんですね。
これも今話題の一種の秘密保持、守秘義務ってやつなんですかね(笑)
2013/12/03(火) 15:37:25 | URL | Sota #-[ 編集]
Re: タイトルなし
>Sotaさん

コメントありがとうございます(^0^)

私も別件で来店したのですが、話を聞いてて凄かったんだ~というのを伺い、ビックリしました・・・ブログでは全く情報を出してなかったようで、理由は・・・そういうことのようです??
最近、ユニオンの各店のブログで、日本語ラップ系の放出告知だと、秘密マークになることも多いのもソレ系の配慮なんでしょうね・・・ただ、値段が死んじゃうレベルなので、ついて行けません(^^;)
今週末は新宿でありますが、それも凄そう・・・怖いもの見たさで行こうかな??

ではでは、今後とも宜しくお願い致します(^0^)



2013/12/03(火) 23:11:32 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック