HipHop,R&B,Soul,Funk,RareGroove,DanceClassics,Garage,House・・・など、私が気に入っているMixTape,MixCD,その他もろもろを紹介するブログです。
Flan Lover 「DJ Premier Greatest Hits Pt1&2」
DSC00044.jpg

 今週は、ちょっと温かくなってきたこともあり、私の花粉センサーが反応し始めてきました(^^;)
 温かくなるのは嬉しいですが、今年の花粉はどうなるんでしょう・・・例年よりは少ないという話もありますが、ちょっと心配です・・・ 

 そんな訳で、先週のGroup Homeから「プリモ」繋がりでコレを紹介です。


primo_01.jpg primo_02.jpg

 この作品は、1998年ごろにNYでリリースされたらしい作品で、あの「DJ Premier」の製作した曲だけで作ったミックステープです。
 
 この手の「ワンアーティスト」ミックスは、結構人気のあるジャンルで、様々なモノがリリースされており、私も好んで収集しています。

 HipHopだと、そのアーティストの曲以外にも、客演曲やプロデュース曲など、様々な曲が存在し、ファンなら全て聞きたいところです。
 普通であれば「ベスト盤」になるんでしょうが、客演系のは権利の関係でベストに収録されることは殆どないので・・・そのギャップを埋める存在がこのようなミックステープになると思います。

 まあ、こういうテープ、作品性はあまりなく、あくまでも「ベスト盤」的な内容なので、結果としてコンピレーション的な感じになってしまうのですが、内容によっては面白いジャンルだと思います。
 アーティスト公認であれば、レアなシャウトやフリースタイルが入ってたり・・・誰かが勝手に作ったモノでも、その製作者の思い入れによっては爆発する(MUROさんのは多いっすね!)こともあり、テープ馬鹿には外せないジャンルです。

 その中において、このテープ、US産ですが、当時の日本にも入ってきたようで、中古市場だとボチボチ見かけ、割と人気なテープかと思います。
 
 個人的な見解だと、日本において「HipHopのカッコよさ」を伝えたアーティストの中でPremierの存在感と影響力は群を抜くと考えています。
 私もモチロンですが、プリモの曲で「首を振る」って感覚を覚えた方は多いと思うし、トラックの作り方やネタの使い方、フックのスクラッチの使い方など・・・プリモから「HipHop」を教わった方が多いかと思います!!

 そんなプリモなので、当時としては「曲を知りたい」という勉強心から人気だったと思うし、今であれば「プリモが好きだから欲しい」みたいな観点で人気だし・・・とりあえず「B」なら反応してしまうテープかと思います。


 ただ、このテープ、注意が必要です。

 私もそうだと思っていたのですが、ジャケなどに大きく「DJ Premier」と書いてあるので、Premier自身が自分の曲をミックスしていると思ったら・・・Premierが作った作品ではありません(^^;)

 実際のミックス(このテープの立案者)は「Flan Lover」というBK在住のHipHop系Producerが製作したようで、イントロにプリモのシャウトが入っているので、プリモ公認のミックステープという感じです。
 聞いてて全然スクラッチとか2枚が無いので、本当にプリモがミックスしてるのかな~と思ったぐらいで、今回、この紹介をするので調べてたら、初めて気付きました・・・私と同じで、プリモのミックステープとして買った方、結構多いですよね??


DSC00045.jpg DSC00046.jpg
DSC00047.jpg DSC00048.jpg

 そんな訳で作品の紹介です!

 このテープ、合計2本リリースされていますが、内容がほぼ一緒なので、まとめて紹介をします。

 内容的にはPremierが製作した曲において、自身のグループである「Gangstarr」の曲と、星の数ほどありそうな「外部プロデュース曲」を並べた作品で、全編「プリモ」なテープです。

 DJミックスはしていますが、曲を聴かせるためなのか、あまり凝ったミックス(それこそ2枚使い)はせず、いわゆる「コンピレーション」的な内容で、ミックス好きにはキツイですが・・・気づいたら首を振ってます(^^;)

 手持ちレコでいけば、本隊のGangstarrであれば、初期の「Words I Manifest」から、このテープがリリースされた時期ぐらいのヒット曲「You Know My Steez」などが収録されています。
 また、外部曲だと、私の中で一番好きなHipHopの曲「KRS-ONE / Outta Here」のような少し前の曲から、「MOP / Stick To Ya Gunz」のような比較的間近の曲が収録されており・・・首を振りまくりです(^^;)

 先週のGroup Homeもそうですが、プリモの曲は「気づいたら首を振っている」曲が多いですよね・・・ボトムが太いトラックと、中毒性のあるループがポイントで、今回も夜道で聴いてて、気づいたら首を振ってました。

 DJミックスとしては何もないですが、このテープに関しては「あえてコンピ的にミックス」したことで、プリモのトラックが際立ち、聞いてると段々とプリモの世界に引き込まれるような感じで・・・大変良いです!!
 もちろん、2枚使いなどをすることで際立つこともあるのですが、あえて曲を聴かせる感じがフリーソウルのコンピに近い発想で、DJミックスをしてないけど、結果的に「ミックステープ」になっているのが素敵です。

 ただ、アメ産のテープなので、製作者はあまり深く考えずに作ったのかな~と思う部分もあります・・・まあ、作られてから15年経過したことで「自然発酵」したってことにしておきましょう(^^;)

 

 そんな訳で、プリモ好きならお勧めな作品です・・・プリモのみのミックスは沢山ありますが、テープ時代の良さが自然発酵し、今になったら意外とイケる!といった感じです。
 ただ、凄い探して聴くほどではないかもです・・・どうでしょうか??




<Release Date>
Artists / Title : Flan Lover 「DJ Premier Greatest Hits Pt1&2」
Genre : HipHop・・・
Release : 1998年
Lebel : NO Lebel No Number




--------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------
<久しぶりな独り言>

DCIM0098.jpg
DCIM0096.jpg
DCIM0099.jpg

 プリモの記事と並列してイイのか悩んでしまいましたが、とりあえず報告です。

 昨日は渋谷にレコ掘りに行ったのですが、流れで渋谷パルコでやっている「国宝みうらじゅん いやげ物展」に行ってしまいました・・・いや~最高ですね!!

 今回、行った理由は、凄いくだらない理由(?)なんですが、渋谷にちょっと早く着きすぎてユニオンが開いてなく、聞きこんでいるテープを聞きたかったので、開店まで歩きながらテープを聴いていて、パルコの横を通ったらこの展覧会の事を知り・・・つい行ってしまった次第です(^^;)

 もしかしたら、昔、書いたかもしれないですが、私自身、じゅんさんには凄い影響を受けてて、大学生ぐらいの時は凄くハマっていました。
 昔、じゅんさんの「レコ本」を紹介しましたが、発行された本は買い漁り、色々と影響を受けたと思います・・・なんでしょう、褒め言葉になりますが「どうしょうもないモノを愛でる」精神と言うんでしょうか、自分の視点で掘ることの素晴らしさを教わったような気がします。

 今回、ほんと突発的に行ったわけですが、入った瞬間、昔の感覚が戻り、凄い有意義な時間を過ごせました(^0^)

 内容的には、じゅんさんが昔から推していた「いやげ物」の紹介で、イルな世界が堪能できます・・・いわゆる全国各地で売っている「お土産品」で、貰って嬉しくない微妙な物が「いやげ物」なんですが、じゅんさん独自の視点が利いてて素敵です!!

 館内は写真OKで、見栄えがイイのをアップしますが、イルなセレクション全開で素敵です・・・詳細は書きませんが、独自視点が生きたセレクションと、それを集める根性が素敵で・・・かつ、それらが「笑い」として昇華されているのが素晴らしすぎます!!
 なんか、見学してた人全てが、段々と顔がニコニコしてくる感じで・・・私も終始ニコニコで、老若男女、みんなが楽しめる内容です(^0^)


 無理やり、私のブログのテーマとも言える「掘り」に話を繋げちゃいますが、みうらじゅんさんは「掘り」という観点では絶対に見習わないといけない方だと思います。

 誰も注目しないモノを集め、それらを自分の視点で表現することで輝かしている訳ですが・・・これこそ「掘り師」の美学だと思います。
 何かを「掘る」という行為は、そのモノを集めるだけでなく、それらを自分の視点で遊び、その中で「価値」を表現することなんだな・・・と笑いながら再認識した次第です(^0^)

 内容は全く違いますが、私も「ミックステープ」を通して、こういったことを実践したいと思います・・・これからも精進をします!!


 ちなみに、蛇足話も一つ・・・

 昨日は、ユニオンの地下のレアグルセールで欲しいけど今日はスルーかなと思った高額盤(銀ジャケなBの国歌)があったのですが、踏ん切りがつかず買わずに店を出て、じゅんさんのコレに行ったのですが・・・じゅんさんから掘りの勇気を貰ったのか、急に欲しくなり、地下に戻って買ってしまいました(^^;)






スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
サンプリング全盛期と思える90年代、プリモの作るトラックってネタが分からないくらい化けたりしてるので、とにかくドープでしたよね。ピートロックとは違うベクトルでの職人って感じで。

ところで、テープアルバム関連でふと思い付いたのですが・・・
Maxwellの1st(urban hang suite)ってどうでしょう?
ご存知と思いますが、sadeのステュアート・マシューマンがプロデュースしてるので、sadeのベストが好きなMTTさんならイケるかも。
ストーリーアルバムで、音的にも展開や流れがあります。
オレは毎年夏の夜に世話になってます♪

大先輩のMTTさんにレコメンなんて、畏れ多いので、オレの独り言ってことにしといて下さい(笑)
ではでは(^o^)
2014/01/26(日) 17:27:43 | URL | kyk #-[ 編集]
Re: タイトルなし
>kykさん

いつもコメントありがとうございます!!
独り言、しっかりと受け取りますよ(^0^)

Maxwell、私も超好きですよ!!
Sadeからの流れで90年代中頃のEpicからのR&Bは大好きで、Groove Theoryと並び、Maxwellも当時から好きでした!!
特に1stは良いですね・・・確かに曲の並びも、全体的なグルーブもMaxwellらしい美意識があって、ミックステープ的かもしれないです・・・
ただ、テープだと、確認したらMTV Unpluggedのはありましたが、1stは持って無いですね・・・なんか、MaxwellとGroove Theroyはテープで急に欲しくなってしまいました(^^;)
なお、ステュアート・マシューマン繋がりで行くと、Sadeのバンドメンバーのみの企画アルバム「Sweetback」も大変良いですよ!!

ではでは、今後とも宜しくお願い致します(^0^)



2014/01/26(日) 21:01:24 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
やっぱ自分の好きな作品が、他の人も好きだと嬉しいですね(^o^)

Groove theory・・・最高っす!あれほど完成度の高いアルバムは、あまり無いですね。あの頃の女性シンガー・男性ヒップホッププロデューサーのコンビ作品って傑作揃いな気がします。
アメール・ラリューとブライス・ウィルソン
エイドリアナ・エヴアンスとドレッド・スコット
ジャネイとケイジー
とかですかね。


あと、29日にリリースされる沖野修也さん(大ファンなんです)のリミックスアルバムの復習として、kyoto jazz massiveの1stを久々にじっくり聴いたら、非常にDJプレイ的な流れでビックリしました!
一流の選曲家が作るアルバムは、一流のmix作品になり得るのかなぁ、なんて思ってしまいました。

マニアックなことを長々とスイマセン!( ̄▽ ̄;)
調子に乗っちゃいました、今回はこれにて!
2014/01/26(日) 22:11:39 | URL | kyk #-[ 編集]
Re: タイトルなし
>kykさん

連続コメント、ありがとうございます(^0^)

そうそう、いい女性ボーカルには、素晴らしい男性クリエイターがいるんですよね!
Adriana Evansもヤバいっすね・・・これもテープ欲しいな~(^0^)
実は、前回でしたが、HipHopのテープアルバムの話の流れで、別のをみたいのを書いたんですが、コレ系のR&Bと、クラシックなSoul/Funkのテープがボチボチ溜まってきたので、それを披露しようと思ったんですね。
これでいくと、R&Bの方が面白そうですね・・・何にしようかな??

あと、沖野さん・・・間違えないですね!!
私自身はアルバムは追ってはいないんですが、ほんと「DJ」という存在の意識の高さは素晴らしく、色々な所を学んでおります・・・
沖野さんというと「DJ選曲術」がクラシックで、自分のブログで作品を紹介する際、あの本があったからこそ、ココまで頑張るようになったと思います・・・そのテープなどの思い入れだけで書くのではなく、そのプレイの裏側までを論理的に考えることの必要性を教えてくれたのは沖野さんです!!
なんか、自分が大好きな作品を、沖野さんに評論して欲しいぐらい(逆にソレを読みたい!)ですが、日本のDJ界の良心でいて欲しいです!!

ではでは、私もコレまで!!
また、コメントをお願い致します(^0^)



2014/01/27(月) 22:58:49 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック