HipHop,R&B,Soul,Funk,RareGroove,DanceClassics,Garage,House・・・など、私が気に入っているMixTape,MixCD,その他もろもろを紹介するブログです。
DJ Komori 「R&B Mix Vol,07 - Still」
DSC00138.jpg

 え~、普段聴いているミックステープは、何となく決まることが多いのですが、コモさんの作品は、割と冬になると手が伸びるようです・・・

 今回のテープも、今週のはじめに「何を聴こうかな~」と少し考えた中で自然と手が伸びたのですが・・・面白いもので、このシリーズの前作を昨年の全く同じ時期に紹介しておりました(^^;)
 これには思わず膝を叩いてしまいましたが・・・昨年の紹介を読んでると、仕事的にも昨年と同様のようで、今年も週末を利用した地方出張が2本入っていることに唖然としてしまいました・・・う~ん、進歩の無い生活を送っているんですね(--;)

 そんな訳で、コモさんの作品の紹介です~

 なお、一部、持ってない曲もあったので、今回も借りレコです・・・


komo_07_00.jpg komo_07_01.jpg
komo_07_02.jpg komo_07_03.jpg

 コモさんの人気シリーズ「R&B Mix」の第7弾で、2003年1月ごろにリリースされた作品で・・・いわゆるバレンタインシーズンに合わせた作品です。

 当時はコモさんのテープは追ってはいませんでしたが、市場的には大人気だった記憶はあり、お好きだった方も大変多かったと思います。
 前回の小林径さんもそうでしたが、コモさんも「DMR」で良く売れていた印象があり・・・誰でも聴きやすい内容なんだけど、細かく聴くと内容が大変深く・・・ミックステープの鏡のような存在だったと思います。

 
 作品の内容的には「Love」系の曲が多く、スローからミッド程度の楽曲で、当時の新曲とちょっと前の曲をバランスよくプレイしており、聴いてると「ホッ」とする感じが素敵です。

 特に選曲面では、グッとくる部分が多く、白眉はこのテープのタイトルに引用されたとも思われる「Tine Novak / Still」でしょうか?
 当時の新曲ともいえる曲で、シングルカットも、そしてLPプレスもされていないアルバムの1曲を、A面の一発目にパワープレイ・・・曲自体はボトムの太いトラックのミッド曲で、歌詞とメロディーが素敵な曲ですが・・・こういう誰も注目していない曲をプッシュする辺りは流石です!!
 
 その他の選曲でも、当時ヒットした名バラード「Faith Evans / I Love You」や、クラシックな名スロー「Janet Jackson / Any Time, Any Place」、そしてアルバムの隠れた1曲として「Zhane / So Badd」など・・・選曲の手腕は素敵です。
 新旧を問わず、そして有名無名を問わず、良い曲を選曲の流れやグルーブに合わせてプレイしている感があり、全体的なグルーブは気持ち良すぎです・・・こういう塩梅の加減は上手いですよね~

 また、ミックス的にも、凄い派手なプレイはしてないですが、前後の曲が流れるような選曲/繋ぎを行うことが多く、聴いてて次の曲にミックスされたのが気づかないこともあるぐらい、グルーブに徹したミックスが秀逸です。
 出だしで「誰でも楽しめる」と書いた所以はこの点になり、曲を知らなくても、歌モノの良さである「温かいグルーブ」みたいのが優しく表現されていて、難しいことを考えずとも、聴いているだけで温かくなる感じは流石です・・・


 ここ最近、こういう「ちょっと前」の曲なんかを「Throwback」という言葉で表す流れがあり、80年代初期のHipHopを「Old School」と言うみたいな感じで、90年代後期から00年代初期のR&Bをこの言葉で指すことがあるそうです・・・いつも読んでいる「Vinyl 7」さんのブログに分かりやすく紹介されていて、思わず納得してしまいました。

 私自身は、どちらかというと、90年代中期ぐらいのネオソウル的なR&B(Groove Theoryとか)の方が好きで、コレ以降のR&Bはポップス志向があって、当時から好んではいませんでしたが・・・今回のコモさんのテープを聴いてて、一回りしてこういう曲もイイな~と思ってしまいました。
 今の音楽と比べると、まだまだ歌を大切にしつつ、音楽的にも実は豊かな楽曲が多く、かつ、ポップス的なメロディーの良さなどがあり、大変イイですね・・・それを当時から理解をしてて、粋にプレイをしていたコモさんは凄いですね!!




 そんな訳で、最後はまとまらない話で〆ちゃいましたが、やっぱり「流石」な作品です。

 興味のある方は是非探してみてくださいね~




<Release Date>
Artists / Title : DJ Komori 「R&B Mix Vol,07 - Still」
Genre : R&B、Pops・・・
Release : 2003年1月
Lebel : Sugarbitz ST-065





追伸
 明日から某四国へ週末出張するのですが、更新時点で雪が超心配・・・明日の朝、飛行機で移動をする予定ですが、ちゃんと飛ぶのかな・・・そして、現地へちゃんと到着出来るのかな・・・う~ん、天に運命をまかせつつ、頑張って仕事をしてきます!!


-----------------------------------------------
-----------------------------------------------
追記 2014/2/8 16:30

DCIM0106.jpg
DCIM0101.jpg
DCIM0102.jpg

 えー、頑張って仕事をしてきます・・・と書きましたが、運に恵まれなかったようで、飛行機は飛ばず、別の方法で移動するのも難しく、今回の出張はキャンセルになりました(--;)

 出発前に確認した時点では飛ぶ予定だったのに、羽田に着いたら欠航確定で、1時間半並び、変更窓口で交渉&相談をしましたが、確実に移動が出来る方法が出ず、到着した時点で終わっていては意味が無いので、なくなくキャンセルし、家に戻ってきました・・・

 う~ん、こういう時に「人間力」が試されますね・・・

 今回、出張をキャンセルしたことで先方の顔を潰したかもしれないと思うと、無理してでも方策を考えて行くべきだったかな?と後悔してしまいます・・・でも、そこで無理をして、中途半端に行けなかったら、それも迷惑になるし、こっちもマイナスになるし・・・こういう判断は苦手です・・・
 また、週明けにホローとか清算をすることを考えると、さらに憂鬱で、普段なら、帰りがけに酒でも飲んで忘れちゃう所でしたが、雪の寒さと相まって、酒で忘れることも出来ず・・・悶々とした状態で帰ってきました・・・

 ただ、今回の出張、次週も別地区への週末出張があるので、下手したら労基法的にヤバい(?)連チャン仕事だったので・・・神様が休みなさい!と言ってくれたのかもしれないですね。

 う~ん、人生って難しいっすね(^^;)

 来週も、地方出張がありますが、その時は「倍返し!」で行きたいと思います!!
 あと、ポッカリとお休みが出来てしまい、雪で外も行けないので、ちょっと大物なネタの仕込み作業でもやりたいと思います・・・頑張ろうっと!!


 ちなみに、今回はA社でしたが、窓口のお姉さんの対応が素晴らしく、ちょっと救われました・・・こちらも半分諦めていましたが、色々と調べてくれたりしてくれ、その情報で「無理だ」と判断出来ました・・・これからもA派で行きたいと思います(^0^)
 あと、こういう時ほど、ネット検索などでスマホが役立つと思ったりしてましたが・・・みんな同じことやってるので繋がりづらく、電話は出来るけど、検索は出来ず・・・やっぱり、総合的な人間力(というか経験と知識か?)が必要なんでしょうね~




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
R&Bは昔一番好きで掘りまくってたジャンルなので懐かしいです。
実はオレもティンバ以降の作品は、あまり熱心に追わなくなってしまいましたが。

Zhaneのso baddはアルバムで一番好きな曲なので、コモさんリスペクトです!
なんといっても、大ネタ「mellow mellow right on」使いですから♪

出張の無事を祈っております。ではまた(^o^)/
2014/02/08(土) 11:35:27 | URL | kyk #-[ 編集]
Re: タイトルなし
>kykさん

いつもコメント、ありがとうございます!!

出張の件は、ご心配を頂きありがとうございます・・・今回はキャンセルになってしまいましたが、本当は行って、仕事して、行ったことが無かったレコ屋に行きたかったんですよね・・・・残念です!

あと、今回の記事、Zhaneの曲は反応があるかな~と思っていました(^0^)
私もあの曲は当時から好きで、今でもちゃんとLPを持っていますよ・・・ジャケの素晴らしさいと相まって、これもクラシックですね!!
ただ、今回は記事で書いたとおり、それこそティンバ以降のR&Bも一回りすると結構イケるっていうのがビックリでした。
流れで「Throwback」という言葉の話をしましたが、そういう明確な言葉な元、掘り返しが進むのは歓迎ですかね~

ではでは、今後とも宜しくお願い致します(^0^)


追伸 
本文の追記でも書いたように、ちょっと凹み気味で家に帰ってきたのですが、ブログをチェックしてて、kykさんからのコメントがあり、ちょっと復活しました!
コメントを頂き、ありがとうございます!!





2014/02/08(土) 16:52:40 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
現在、オレの身の回りには、アツい音楽談義が出来る仲間がいない状態というのもあって、ちょくちょくコメントさせていただいているのですが、喜んで貰えるとオレも本当に嬉しいです!

人間力・・・耳が痛い言葉ですね。
社会に出るとイヤと言うほど、要求されますね。知識や経験でカバーしきれない場合もありますからね・・・。オレも人間力の不足で何度凹まされた事か(´Д`)オレもまだまだ修行不足なもので。

今日は本当にお疲れさまでした。
憂さ晴らし(?)の特大ボム、期待しております(^o^)/

PS ティンバ以降も確かにイイヤツはありますね。アリーヤの2ndの良さが理解できるようになったのは、しばらく経ってからでした(^o^;)
2014/02/08(土) 19:32:15 | URL | kyk #-[ 編集]
Re: タイトルなし
>kykさん

連チャンのコメント、ありがとうございます!!

いや~、私もそうですよ・・・会社ではレコードを買ってることや、クラブで踊っていることはカミングアウト(?)していますが、ミックステープのことや、もっと深い話はしていなく・・・それを吐露したく、このブログをやっているので・・・そういった話に乗って頂ける方は大変嬉しいです!!
今回のZhaneも、アルバムをしっかり聴いてないと分からない曲な訳で、それを知ってるだけで親近感が出てくるみたいな所なのかな~と思います(^0^)

それでいくと、アリーヤもイイですよね・・・私は遺作である3rdの「Rock the Boat」が好きになってしまい、結構探してUKのみの12をゲットしました・・・
音楽って、その当時は、色々と飾られてしまい、その音楽の本当の良さが分かりにくかったりしますが、飾りが外れ、フラットな状況で聴くと、イイものはホントイイんですよね・・・アリーヤは正にそうで、死ぬべき人ではなかったですよね・・・今になってそう思います。

ではでは、またコメントが長くなってしまうので、この記事ではこれまで!!
ボムも記事を書き始めたので、お楽しみに~



2014/02/09(日) 21:20:53 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
Throwback!(笑)
なるほど〜、確かに「懐メロぎり手前」の曲をムチャ的確に言い表してますね〜。自分も今度使わしてもらいます!!(^^)

あと、コモさんは「捨て曲」と言いますか、アルバムの中でも定番以外の曲を使うのが巧いですよね。

自分が感銘を受けたのが『オーシャンフルーツ』で使われたアスワド『HEARTBEAT』で、アスワド自体“ガチ”なレゲエの現場では軽視されてる上に(かかるのは『BEST OF MY LOVE』ぐらい)、あれ音の作りがモロR&BだからレゲエのDANCEではまずかかんない(ジャマイカンのサウンドがやるR&Bセレクションはまた少し特殊なものだし)。
MTTブログで書いてあるのを見て、
“あー、本当や〜入ってたわ〜!!”
と。
慌てて自分の持ってたアスワドのアルバムを聴き直しました。

どんなにCDを持ってても、ちゃんと聴き込めてないのでは何もなりませんね。猛省する次第です。
2014/02/10(月) 18:35:23 | URL | ソロバン #-[ 編集]
TINA NOVAK『STILL』アルバム解説文より
あと、ティナ・ノバックの『STILL』もさっそくアルバム引っぱり出してきて聴きました!(^^)

『STILL』についてライナーノーツに以下の紹介がなされてたのでせっかくなんで書き出しておきます♪

一度失恋した女性が再びチャンスを手に入れる内容のラブ・ソングで、ティナにとっても思い入れが深一曲。
「この曲が本当に好きなの。曲を書いてくれたのは、しばらくの間ルームメイトだった女の子なんだけど、私の気持ちをうまくとらえてくれたと思う。
歌詞の内容は実際の私ではないけど、でも私であってもおかしくないかもね。この曲は5時間でレコーディングができたのよ」

と語るように、リズムが流れるままに身を任せてフロウする「STILL」は多くの女性から愛されることだろう。
2014/02/10(月) 18:45:53 | URL | ソロバン #-[ 編集]
メインストリームなチャートを賑わすようなアーティストって当時はちょっと敬遠してたりして、聴かず嫌いで意識してなかったりしてることもありますが、10年ぐらい経ってもう一度聴き直してみると、今になって結構普通に聴ける曲もありますね。
ダウンビートで程よい四つ打ちなaaliyah/rock the boat然りmissy elliott/old school jointなんかは、コマーシャルなイメージを覆すような良曲だなって思います。
missyってアッパーなフロアライクなラップの曲が有名だったりしますが、ちゃんと歌ってるミッド・スロウな佳曲もいくつかあって意外にイケます。tweet関連も良い仕事してます。
それとginuwineの1st、2ndぐらいも普通に聴けるなって。何というかダブステップっぽささえ感じられて、今っぽく聴こえます。
ニュークラシック・ネオソウルあたりじゃない10年、15年ぐらい前のr&bも一回りして、また違った印象で今は聴こえる気がします。
ちょっと話は逸れますが、一回りしてr&bもネタになる時代が来たんだなって、この辺の曲を聴くと感じます。

(kyle hall /crushed)
https://www.youtube.com/watch?v=ZyYwDKMFVzI&feature=youtube_gdata_player
(duff disco/return of the duff)
https://www.youtube.com/watch?v=wGZrmGCWXVw&feature=youtube_gdata_player
2010年代にもなると、15年ぐらい前のものも再解釈されてアップデートされていたりして、また違った印象で楽しめますね。
2014/02/10(月) 19:13:03 | URL | チル・ルイス #tHX44QXM[ 編集]
Re: 連名で失礼します
>ソロバンさん

コメント、ありがとうございます!
Throwback、私も近年で耳にする機会が増えた言葉ですが、これは絶妙な表現ですね・・・Old Schoolみたいに懐メロってなく、かといって懐かしさが無い訳ではない・・・なんとも言えない表現ですね。
この辺の曲、考え直してみると、過去は好きではなかったですが、今となってはグッとくるのが多いかもしれないです。
Tina嬢の曲、多分、当時やちょっと前に聴いたらそんなには反応しなかったと思いますが・・・なぜか今になったら響いてしまった訳で、その背景には、その音楽の基礎がしっかりしていた・・・って所でしょう。
その中で、コモさん、今回のThrowback視点で聴きなおすと、やっぱりチョイスが素晴らしい・・・AswadのHeatbeatも私も大好きですが、シングルカットされない曲でもプレイしますからね・・・流石です!!
ではでは、今後とも宜しくお願い致します!!


>チル・ルイスさん

コメント、ありがとうございます!!
私は正にそうでしたが、当時のR&B、全然興味が無かったけど、一回りすると良く聴けちゃうのが不思議ですよね・・・正に「聴かず嫌い」だったのかもしれないです?
私の中だと「Aaliyah / Rock the Boat」が正にそうで、当時はポップだからの一言でスルーしてましたが、フラットな立場で聴くと、歌もメロディーもグルーブも素敵で・・・昨年、12を探してしまいました。
この辺の曲、当時は沢山リリースされていて、かなりの人がスルーしてたことを考えると、金脈(?)はまだありそうですね・・・ginuwineのような男性voモノも絶対そういうのがありそうだな~
そして、話が逸れたR&Bネタの曲の話、考えてみればありますね!! 
私は今回の話と同じになっちゃうのですが、現行の曲はスルーしちゃう傾向にあるので、新しい曲に疎いですが、教えて頂いた曲は知らなかったです。
ネタに関しては、人の裏をかくセンスが結構大切なので、こういうチョイスは上手いっすね・・・ただ、EDM以後の上ネタ重視な使い方の流れもあるんですかね??
ではでは、今後とも宜しくお願い致します!!

2014/02/11(火) 06:43:23 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック