HipHop,R&B,Soul,Funk,RareGroove,DanceClassics,Garage,House・・・など、私が気に入っているMixTape,MixCD,その他もろもろを紹介するブログです。
素晴らしきステッカーの世界
sticker_0095.jpg

 突然ですが、久しぶりにボムをブチ込みます!!

 色々とあっての企画になりますが、私の17年以上の怨念(?)が詰った紹介です(^^;)
 最後には「大どんでん返し」がありますので、気合を入れて読んでくださいね!!





『 はじめに 』

sticker_0098.jpg

 トップに上げた写真やタイトルを読めば一目瞭然ですが、今回はクラブ/DJ系音楽で宣伝用に作られた「ステッカー」を紹介したいと思います!!

 まあ、いわゆる「シール」な訳ですが、私がこのブログで紹介をしているクラブ/DJ系の音楽では切っても切れない存在ともいえ、嫌いな人はいないかと思います。
 
 今回、どうして紹介をすることになったのかは最後に書きますが、私も当然大好きな存在で、子供の頃からダメな人だったので、せっせと収集し・・・ビックリするぐらいの量があります(^^;)
 ただ、集めてはいますが、何にも活用していないのが現状で、タンスの奥で待機していた感じです・・・こういうのが多いんですよね~

 そんな訳で、今回は、タンスの肥やしにするのも勿体ないので、昔はこういうカッコいいシールがあったんだよ~みたいのを伝えられれば良いかな?と思い、紹介をすることにしました。

 ビジュアル中心の記事になってしまいますが、何かの参考にして頂ければ幸いです・・・

 なお、今回の写真、珍しくダウンサイズはしていないので、クリックするとチョットは大きくなるので、眺めてやってください(^0^)





『 ステッカーに関して 』

sticker_0004.jpg sticker_0004_01.jpg

 まず、今回紹介するステッカーは、販売用に作成されたモノではなく、大半が「宣伝用」に作られたものになります。

 上記の画像は、その宣伝用と意味で一番分かりやすいサンプルになりますが、Zeebraさんの活動20周年記念のアルバム(2008年)を作成した際に作られたステッカーで、裏面にはそのアルバムの情報が印刷されており、しっかりとアルバムの宣伝をしていますね。
 
 こういった宣伝用のステッカーは、販売促進ツールとしては定番も定番で、どんな内容の商品でも存在をしているかと思います・・・

 宣伝をする側としては、いかにその商品の情報や内容を知ってもらうかは生命線で、チラシをはじめとする紙媒体などでは色々な工夫をし、いかにして消費者の人に宣伝媒体を「手に取ってもらうか」が重要になります。
 私自身の仕事の範囲では、ステッカーを作ったことは無いですが、チラシをお客さんに手にとって貰うことは本当に難しく苦労します・・・モノに満ち溢れ、情報も満ち溢れている昨今、消費者に振り返ってもらうのは本当に大変で、うなずいてしまう畏兄さんも多いかと思います。

 その中でステッカーは、割と「ビジュアルイメージ」を優先して売りたい商材に用いられることが多い印象があり、そのステッカーがカッコよければ手に取ることが多くなるので、音楽やファッション系だと定番化と思います・・・総じて言えば「若者向け」な商材で、今も昔も盛んですね。

 広告的な文章を前面に出すのではなく、ロゴやデザインを前面に押し出したステッカーにすることで、とりあえず「興味を引かせる」ことを念頭にすることが大切で、ステッカーとしての「カッコよさ」が重要です。
 先ほども書きましたが、消費者に振り向いてもらうのは難しい中、いわゆる「イメージ」を前面に押し出す方法論になり、シールとして後で利用できる点も加味され、内容が良ければ貰う方は喜んで貰うので・・・とにかくカッコよさが大切な媒体だと思います。

 このブログを見ている方であれば、今回紹介をする広告型のステッカーを貰ったことがあるかと思いますが・・・色々な理由があるにせよ、なんか「欲しくなる」んですよね~
 私なんかは貧乏根性が強い方なので、タダでもらえるものは何でも貰っちゃうのですが、パッと見た時にカッコよさがあれば取り合えず貰ってしまい、家に帰って裏面の広告を見て興味を持ったりしています・・・これこそ、宣伝する側の狙いなんだと思います。

 そして、ステッカーの場合は、そのステッカーを貰った人が、自分が持っている何かに貼り付けてくれれば、更に宣伝の拡散効果がある点もポイントです。
 それこそ、お店のドアとか、車やバイク、学生が良く使っているプラ製のブリーフケースなどに貼ることで、周りの人に対して更に宣伝をする機会が発生します・・・いわゆるストリートプロモーション的な意味合いになりますが、これはチラシには無い効果だと思います。

 
sticker_0103.jpg

 出だしは小難しく書いてしまいましたが、宣伝媒体の一つとして間違えの無い存在で・・・今回、私が紹介する「クラブ/DJ系の音楽」では本当に活用されていたと思います。

 特に「HipHop」においての活用度はハンパなく・・・無くてはならない存在だと思います。

 歴史的な背景は分かりませんが、ストリート的な要素パッと見た時のカッコ良さが重要視されること、そしてユーザー層が若者中心であることで活用され続け・・・ネット時代の今でも大変活用されているかと思います。

 それこそ、レーベルやアーティストのロゴ、新しいアルバムのジャケ写など、様々なデザインがステッカーにされ、宣伝目的で配布されており、HipHopアーティストなら作ったことが無い人がいない位、重要な存在でしょう・・・
 変な話、デザインの良し悪しで売れ行きが変わるぐらいと思っても過言ではなく、NasとかMobb Deepが売れたのはあのロゴやジャケのカッコよさがあってでしょう・・・そういうカッコいいロゴのシールがタダで貰えるのなら、貰う方も喜んで貰うので、HipHopとステッカーは期せずして相性の良い広告方法だったと考えられます。

 HipHopとステッカーの関係性を結論づけるのは大変難しいですが、事実として、レコード屋さんや洋服屋さんの壁、そしてBな輩の私物に沢山貼られていることを考えると・・・色々な意味で「B魂」をくすぐるからなんでしょうね~

 正直、今よりもHipHopが人気があった00年代前後ぐらいの方が発行量は多かったかと思いますが、Bな輩は自前のタンテやミキサー、テープレコーダーやラジカセ、チャリやバイク・・・ありとあらゆるモノに貼り付け、その豪華さ(?)を競っていましたね。
 我らのMUROさんもカッコいいステッカーを貼り付けまくった自前の7inchケースをTシャツ化していましたが、貰う側としても凄く活用できる存在なので、ここまでHipHop業界で広まったのかな~とも思います。


 ただ、これは経験的なことだから言えるのですが、そのステッカーが、使用している者にとっては「アイコン」や「属性」を示してくれる存在として活用されていた点も大きいです。

 おっさん話になり恐縮ですが、私が高校生~大学生ぐらいの頃、学校のバックとは別に、プラスチック製のブリーフケースが流行った時期があり、ロックが好きな子はロック系、HipHopが好きな子はHipHop・・・みたいな感じで、そのジャンルのシールを貼ることで、その人が「好きな嗜好」をアピール出来る存在としても機能をしていたと思います。

 高校生であれば、学生服という無個性な服を着て通学する訳ですが、その中にステッカーを貼ることで「自分の好きなもの」を取り入れることが出来・・・彼らの個性を表現してたのに役だっていた訳です。
 また、それを貼ることで、その対象ジャンルに「なりきれる」効果もポイントですね・・・昔、どこかで書きましたが、タンテを持ってればBになれるみたいな「格好が先行」的な意味合いもあり、それで重宝したのかもしれないですね~


 日本のHipHopが盛んになった背景には、音楽のカッコよさがあったから・・・ではなく、イイ意味で「スタイル先行」があり、そのスタイルの背景には、今回紹介する「ステッカー」の存在が大きかった・・・と私は思います。


sticker_0104.jpg
 
 そんなステッカーですが、入手方法としてポピュラーだったのが、レコード屋さんや洋服屋さんの「フライヤー置き場」が中心だったと思います。

 何かを購入した時にオマケで付けてくれることも多かったですが、宣伝する側としては、いわゆる紙のチラシ(フライヤー)と同じ存在と考えており、紙のチラシと並列で無造作に置かれていることが多いかと思います。
 この手の音楽系のフライヤーなどは、店舗に宣伝側が持ち込み、店舗の判断で置かれることもあり、店舗側としてもチラシと同等と考えているのか、かなり雑に置かれていることも多く・・・意外と見つからない存在だったかもしれないです。

 ただ、私に関しては、何度か話したことがありますが、ライフワークの一つとして「フライヤー収集」があり、レコ屋に行けば必ずフライヤー置き場はチェックし、欲しいフライヤーと一緒にステッカーもゲットしておりました。

 フライヤー自体は、DJ趣味が始まった高校生ぐらい(96年ぐらい)から収集しており、フライヤー自体が少なくなった今でも粛々と収集しております・・・Manhattanやユニオンのようなレコード屋さんや、タワーのような大型CD店など、様々な所を回り、回収活動に勤しんでおります。
 昨年、その成果の一つとして「Harlemさんのフライヤー本」に所持していたフライヤーを貸し出したこともあるぐらい、在庫はあります・・・まあ、在庫がありすぎて、大変です(^^;)

 んで、ステッカーに関しては、上で色々と書きましたが、問答無用でしょう・・・大好きです!!

 ステッカーにする以上、デザイン性に拘ったモノが多く、これが楽しみで収集しており・・・フライヤーほどではないですが、かなりの量がストックされています。

 特に、先ほども書きましたが、私は貧乏根性が強い方なので、ステッカーがレコ屋とかに置いてあったら、興味が無くってもゲットしているので、良く分からないモノも多数あります・・・個人的には「無料で貰えるものは大量ゲット!」がキャッチフレーズです(^^;)
 まあ、高校生ぐらいの頃は、貰ったステッカーをバックとか安いテープレコーダーとかに貼ったりしていましたが、大人になると貼るのも面倒(?)なので、今は収集のみで溜まる一方です・・・ココまで来ると、これも引き返せない趣味(?)なので、ステッカー収集に関しても今後とも精進をしたいと思います。



 そんな訳で、以下で色々と紹介をしますが、ステッカーとして一番重要な内容である「カッコよさ」を念頭に、コレクションの一部を紹介しますね~







(1)HipHop

 まずは、ステッカー業界の中心(?)とも言えるHipHopです。

 大きく分けるとUSを中心とした海外産HipHopと、国内のHipHop(=日本語ラップ)に分けられるのですが、ココでは前者の海外モノを紹介します。

 内容的には海外で作られたステッカーもあれば、国内盤を出す際に国内のレコード会社が作ったステッカー(手持ちはコレが多い)もあるのですが、総じてロゴがカッコ良いのが多く、グッといます!!
 ステッカーの醍醐味である「パッと見た時のカッコよさ」が炸裂してるのを中心に紹介です~


「NAS」
sticker_0032.jpg
sticker_0033.jpg

 コレは最強ですね!!

 言わずとしれた「NAS」で、上はファーストの「Illmatic」の10周年記念リマスター版が出た時ぐらいのステッカーで、下はNas対Jay-Zのビーフ後に出たクラシック「Stillmatic」のリリース時のステッカーのようです。
 Stillmaticに関しては、プロモ盤だったかがこのロゴを使用してて、本チャンは微妙な写真(?)で、圧倒的にこっちのロゴの方がカッコいい・・・こういうシンプルだけどエッジが聴いてるのはカッコいいですね!!


「Mobb Deep」
sticker_0036.jpg

「Black Moon」
sticker_0034.jpg

 これもカッコいいですね!!

 往年のロゴを使用したMobb Deepは2001年のアルバムからのステッカー、Black Moonは2003年のアルバムからのステッカー・・・時期的には微妙な時期ですが、カッコいいですね~

 私自身は96年ごろから収集してるので、90年代中期の黄金期のは全く持っていません・・・NY現地だと当時からステッカーがあったと思いますが、日本だと、割とHipHopが市民権を得て、大手レコード会社が力を入れるようになった00年代以降の方がステッカーが多く、持っているのもコレ系が多いです。


「Beatnuts」
sticker_0038.jpg

「The The X-Ecutioners」
sticker_0039.jpg

 それで行くと、日本で入手しやすかった海外系HipHopのステッカーは、国内の大手レコード会社の方針によるところが多く、結構偏っているように思えます。

 上のBeatnutsやX-Ecutionersは大手レーベル「Loud」で、日本では確か「Sony」が当時の国内流通をしており、Sony系は結構ステッカーを作っていたと思います。
 先ほど紹介したNasもSonyで・・・下で紹介する西系だとBMGとかになり、ステッカーに関しても会社の方針があったりするのが面白いですね。


「Xzibit」
sticker_0037.jpg

「The Game」
sticker_0031.jpg

 あと、こういうステッカーは大手レコード会社が作ることが多かったので、おのずと売れるHipHopなんかが中心になり、00年代以降であればNY勢よりも「西系」の方が強く、上記のXzibitやThe Gameなんかのステッカーがありました。
 この辺だとEminemなどのステッカーもありましたが、カッコよさで行くとコッチですね・・・私はシンプルな文字系のに弱いようです(^^;)


「Ozomatiri」
sticker_0041.jpg

 海外産の最後はOzomatiriです・・・これもシンプルなロゴでかっこいいな~

 このシールは思い出があり、確かCiscoの渋谷店でインストアイベントがあり、それでメンバーから貰ったステッカーだったと記憶しています。
 ステッカーに関しては、アーティストからの簡易なプレゼントとして多様されていた面もあり、それで貰ったことがある方も多いはず・・・配る側としては大したものではないかもしれないけど、貰った側は結構嬉しいんですよね!!





(2)日本語ラップ

 そして、次は日本語ラップ・・・これはカッコいいのが多いですね!!

 時期的には00年代~のが多いのですが、市場的も伸びていたこともあり、メジャー/インディーを問わず、沢山ステッカーが作られていました。
 また、私自身も興味が移動していた時期ではありますが、私の原点でもあるので、見つけたら絶対にゲットしていました・・・コレ系はモノによってはすぐに無くなってしまうのもありましたね~


「Zeebra」

sticker_0005.jpg
sticker_0003.jpg

 まず、結論から書いちゃいますが、日本語ラップの中で一番ステッカーを作っていたのは「ジブさん」になります!!

 私の所持量からの考えになりますが、何らかのアルバムやシングルを出せば必ずステッカーを作っていて・・・この辺は流石ですね・・・ストリートが分かっています(^0^)
 ジブさん、ポップなアイコンでもあったりしますが、ホント基礎がしっかりしていて、未だに「HipHop」を体現している辺りは心強いっすね!!

 内容的には、そのアルバムとかのジャケ写を使用したモノが多いですが、個人的な好みで上の2つをチョイス・・・
 上は最初のアルバムのシングルカット曲のステッカーで、その曲の12inchに貼られていたシールの色違いのようです・・・日本語ラップ好きには悶絶でしょうか?
 また、下は5thアルバムからのステッカーで、こういうシンプルだけど、宣伝が嫌みになっていないデザインはイイですね・・・かっこいいな~


「MURO」

sticker_0014.jpg
sticker_0001.jpg

 そして我らのMUROさんも、先ほど紹介したTシャツを作るぐらい、シールには思い入れがあるようで、結構作っておられました。

 MUROさん自体、こういうロゴ的なマークで、凄いカッコいいのを多く作っており、それこそKODPマークに関しては鉄板ですよね・・・Savageがあった頃、KODPマークに関してはお店で販売用のステッカーもあり、カッコ良かったな~

 その中で、ロゴのカッコよさで行くと、最初のアルバムでもある「Pan Rhythm」のステッカーがカッコよすぎですね・・・これは、当時ではなく、昨年に某所でゲットしたのですが、オシャレなんだけど、エッジのある感じがイイですね~

 んで、下のはボムですね・・・歴史的なライター「Lee」が登場したコンピアルバムからのステッカーで、写真だと分からないですが、サイズがA4ぐらいあります!!
 今回、写真の大きさは均一にしてしまいましたが、ステッカーは色々な大きさがあるのも魅力です・・・実際には小さいステッカーが中心になるのですが、こういう大きいのは目が引きますね・・・流石キングです!!


「OZROSAURUS」
sticker_0007.jpg

「DABO」
sticker_0009.jpg

 んで、大きい系だと、この2枚はボムですね!!

 共にB5の大きさで、上はオジロの2nd、下はダボの2nd・・・いや~、両者ともカッコいいですね!!

 オジロのは、名作映画「Juice」のジャケをサンプルした内容で・・・グッとくるのが、発売時期が変わったのか、発売日に修正のシールが貼られているんですよね・・・こういう作業、社会人になると身をもって体験してるので、グッときます(^^;)
 んで、ダボは直球でしょう・・・シンプルな文字ですが、カッコよすぎです、このまま額装して飾りたいぐらいです・・・ちなみに、写真と色が反対になった同じサイズのシールもあり、そっちもカッコいいです!!


「Dev Large」
sticker_0017.jpg

「Lunch Time Speax」
sticker_0015.jpg

 そして次はDLさん系で、この方も日本でステッカーを根付かせた一人かも??

 90年代中頃、さんぴん以降で日本語ラップが盛り上がった際、Cisco仕切りでリリースされたDL系の12inchにおいて、Ciscoで購入すると特製ステッカーが付いてくることが多く、コレでステッカーが好きになった方も多いはず?
 その当時のステッカーに関しては「この記事」で書きましたが、もしかしたら私に関しては、DLを通してステッカーが好きになったのかもしれないですね??

 そんな訳で紹介ですが、ジャケがイカしたソロアルバムのステッカーが上です・・・個人的にはDLさんのタグや絵の方が好きですが、00年代以降はあまり書かなくなってしまったり、リリース活動が少なくなってきちゃったので、意外と広告系のステッカーは少ないですかね。
 
 また、下のランチはDL門下生と言うことで、ココで紹介をしますが・・・コレもシンプルでカッコいいですね!
 ランチもボチボチあり、諸事情で掲載できないのもありますが、HipHopが分かっている人は分かっていますね~


「Major Force」
sticker_0019.jpg

「Spellbound」
sticker_0020.jpg

 んで、次は「レーベル」系のステッカーです。

 HipHopにおいては、レーベル単位で音源がリリースされ、そのレーベルを象徴すべくカッコいいロゴが付いていることが多く・・・ステッカーにするとカッコいいのが多いですね!

 US系も当然ですが、国内のもMUROさんのKODPを始め、カッコいいのが多く・・・ココでは上記のMajor ForceとSpellboundで紹介です!!

 Major Forceは、音源が再発された時のステッカーのようで、このロゴは鉄板でカッコいいですね・・・私より上の世代の方だとグッとくる方が多いですかね?
 下のSpellboundは、レーベルロゴではないですが、レーベル主宰のBenさんの好みが反映されていてカッコいいっすね・・・


「Gagle」
sticker_0018.jpg

「Shuren the Fire」
sticker_0024.jpg


 んで、ココからは変化球(?)コーナーです。

 今回の企画をしてて在庫を探していたら、色々なシールが発掘でき、デザインがフレッシュだったり、なんでこんなのを持ってるんだろうとか・・・謎なのも大量にありましたので、それを紹介したいと思います。

 上のGagleは写真だと分かりづらいのですが、3種類の正方形のシールが連なった内容になり、横長のシールです・・・ちょうど2nd Miniアルバムが出た時のようです。
 ただ、面白いのが、その2ndとは別のレコード会社でリリースした作品(それ以前の作品でミックスした作品)のステッカーもあり・・・ある意味、レコード会社の垣根を越えたステッカーのようです・・・
 恐らく、自分たちで作ったステッカーなので、こういうことが出来たんだと思いますが、デザインの秀逸さにプラスして、そういう要素が入っていると面白いですね。

 そして、下は渋いでしょ・・・札幌のShuren the Fireですね!!
 リリースに関してはCiscoが絡んでたはずなので、それでプロモ用にシールがあったのだと思いますが、こういうアンダーグラウンドな方(ごめんさなさい・・・)もステッカーがあるんですね・・・
 写真には出しませんが、渋いところだと、妄想族、DOBERMAN INC、Fushion Core・・・思わず「えっ」となったのでTofubeats(!)などのシールがありました(^^;)


「Rip Slyme」
sticker_0006.jpg

「Jube & Baba」
sticker_0022.jpg

 日本語ラップの最後は、かなりレアなのを紹介です!!

 この辺は日本語ラップマニアの畏兄さんだと感涙してくれるんじゃないかと思いますが、上はFile時代のリップのステッカーですね・・・98年産のようです。
 この頃のリップ、曲がメローで好きでした・・・それこそPharcyde的な感じで、ハードコア一辺倒なシーンでは異彩でしたが、すんなりとメジャーに行って活躍できたのも納得でしたね~

 んで、こっちは相当のマニア向け(?)ですが、現在もBlacksmoker Recordsのメンバーとして活躍をしている「Jube & Baba」の12inchに貼られていたステッカーです。
 先ほどのジブさんでもありましたが、レコードのジャケットとして貼られる為に作られたステッカーが、配布用に転用されることはボチボチあり、これもその一つでしょうね・・・なんで私は持っていたんでしょう??





(3)R&B

 今回紹介をしているステッカーの特徴として「宣伝」目的が主になる訳ですが、その対象になるのが、その音楽があまり詳しくない人・・・つまり一般の市場で、一般の方に振り向いて貰う為に作られていることがあったりします。

 そういったステッカーは、割と大手レコード会社が作ることが多く、ここで紹介する歌モノは結構多いです。
 HipHopだとリスナーが限定(若い男中心?)されてしまう傾向にある中で、歌モノであれば若い女子が狙えるとあって、あの手この手のイメージ戦略の一環としてステッカーを作っていたようです。

 在庫的にはかなりあるのですが、紹介するのはカッコいいのが前提にすると、あんまりなかったので、このセクションは少数精鋭です(^^;)


「Omarion & Bow Wow」
sticker_0084.jpg
sticker_0042.jpg

 個人的にはR&Bのシールに関しては「イメージ戦略」が強く、女子受けしそうなデザインが多く・・・Bな輩には反応しないのが多いかな~と思っています。

 それでいくと、このOmarionとBow Wonのユニット作のステッカーは正にそうなのかな~と思います・・・女子受けしそうなナスティーでセクシーな感じ(?)は、女子の琴線に触れるのかもしれないですね・・・
 R&B系に関しては、ジャケをそのまま使用したステッカーも多いですが、大手レコード会社特有のフィルター(?)に掛かったステッカーも多く、旧来の洋楽感(?)を体現してるのもあり、それはそれでツボですよ・・・

 ちなみに、Bow Wow氏、カテゴリー的にはHipHopなのかもしれないですが、女子向けな部分が強いこともあり、ソロ作でも女子受けしそうなステッカーがありました。
 下がそうですが、Phat Farmロゴをパクったヤツなど、女子狙いな感じがします・・・でも、デザインとしては、下のは普通にカッコいいですね!!


「Missy Elliott」
sticker_0085.jpg

「TLC」
sticker_0081.jpg

 それで行くと、上記のは直球でBにもグッきますね!!

 上はMissyのアルバムからのステッカーですが、ピンクに黒文字のシンプルだけどインパクトがある内容に、アメリカ本土ではアウトなShe's A Bitchがボムで、大変イイですね・・・これも国内作のようですが、こういうのはグッと来ますね!!

 また、クラシックなのは外せない不文律があるとすれば、実質的な最終作でもあるTLCの3rd「Fanmail」モロ使いのステッカーはグッときますね・・・
 当時としては、ヒット曲の「No Scrubs」があったりして、ハーコー路線な私(?)には無視な感じでしたが、一回りするとイイ思いで・・・こういうステッカーもイイですね!!
 
 今回、掘りかえしてみて、歌モノに関しては、明らかに00年以降のが多く、その多くが、その音楽の本旨を知らない一般向けにアピールしている感があり・・・個人的には微妙でした。
 ただ、前回の更新で「Throwback」的なことを書きましたが、そういうことも、気づいたら許せるようになる日も来るのかもしれないですね・・・人生って分かりません(^^;)

「Mis-Teeq & Craig Daivid」
sticker_0083.jpg

「Erykah Badu」
sticker_0086.jpg

 歌モノの最後は、変化球で〆ましょう!!

 上のは、同じ歌モノのカテゴリーですが、なぜか混ぜてしまった系で「Mis-Teeq & Craig Daivid」のアルバム用のステッカーです。

 同じUK出身のアーティストで、レコ屋のジャンル的には「R&B」になりますが・・・ちょっと違いますよね??
 ステッカーを集めていると、こういう「違うアーティストの合作ステッカー」が結構あり、その合作具合がツボったりします・・・これも国内レコード会社の裁量かもしれませんが、たまにイイ味だしてるのもあり、注目株(?)なステッカーかもしれません??

 んで、下のは、一見したら分かりませんが、あのErykah Baduのステッカーです!!
 詳細は不明で、何のためのプロモシールかは分かりませんが・・・随分、豪快な内容のを作っちゃいましたね・・・パッと見たら分かりませんが、エリカ嬢のだと分かったら納得で・・・一回りして素敵です!!





(4)Reggae

 ココまで来ると、今回紹介しているステッカーが、ストリート向けと言うよりも、大手レコード会社が一般向けに作った、山師根性が発揮されたステッカーが裏テーマだと言うことが分かるかと思います(^^;)
 
 どうも私はこういう「斜めに楽しむ」視点がお好きなようで・・・ここで紹介するレゲエもその一つかもしれません。
 時期的には、00年代中期にHipHopがひと段落し、ポップなレゲエが持て囃された時期は沢山のステッカーが配布されてた気がし・・・大手レコード会社の陰謀(?)が伺えたりし、今となっては楽しめます(^^;)


「Covers」
sticker_0051.jpg

「Munehiro」
sticker_0049.jpg

 まずは、Victorが一時期に頑張ってたReggaeカバー曲のコンピである「Covers」のステッカーですね・・・これは何種類かあります。

 レゲエカバー、これは玄人でも唸ってしまう曲も多いですが、レゲエと言うメローなフィルターを通して一般受けが出来る曲にすることもでき・・・なかなか厄介な存在(?)です。
 こういうのも一回りすると好きになるのですが、このステッカーに関しては、直球でレゲエのカッコよさを生かしたデザインが秀逸で、素敵ですね・・・シンプルなのは鉄板ですね!!

 んで、2枚目は、今となっては旬なMunehiro嬢のステッカーです!!
 
 彼女も、レゲエを一般化したアイコンとも言えるので、アルバムのプロモーション用に多数のステッカーが作成されています・・・どうしても、彼女の鼻にかかった声が引っかかってしまい、個人的には入れませんが、20代ぐらいの女性には、レゲエというフレイバーで彩られたラブソングにはグッとくるんでしょうかね?
 これも、レコード会社の山師根性が感じてしまう内容ですが・・・プロモーションとしては間違えないのかな~と思います。

 なお、Munehiro嬢に関しては、この記事を書く直前まで書く気はありませんでしたが、たまたま見てた「めちゃイケ」の「たむけん」さんとの淡い恋が衝撃的で、流れで掲載してみました(^^;)


「Mithty Crown 関係」
sticker_0048.jpg
sticker_0052.jpg

 んで、レゲエもストリートに根差したアーティストがいるとしたら、Mighty Crownが最高峰かな~と思います。

 メジャーでの活動もありますが、足元はストリートにあるスタンスが素敵で・・・明らかにストリートプロモーションに即したステッカーは結構あります。

 それこそ、彼らの単独の力で開催をしている「横浜レゲエ祭」のステッカーは何種類かあり、マスの力を頼らずに、自分たちの力でチケットを売ろうとしているスタンスがイイですね・・・
 また、下の写真は、クルーの「Fire Ball」のステッカーで、メジャー配給で、ポップな曲もあり、ステッカーも一般向けかもしれないですが・・・アナログが多いレゲエ専門店でも置いている感じがして、秀逸です。

 私個人がMightyに心酔している部分もありますが、メジャーの犬にならないスタンスでサウンドを運営している姿にはビガップですね!!


「Scopion」
sticker_0050.jpg

「Dry & Heavy」
sticker_0046.jpg

 んで、MIghtyが出たので、レゲエの華は「Sound Sustem」だと思うので、サウンドモノを一つ・・・レゲエだと、一般的な意味での「DJ集団」としてサウンドシステムの存在は重要で、彼らの宣伝として、自身のクルーのステッカーが良く作られているようで、ファンには溜まりません!

 その中で、たまたま持っていたのが、大阪を代表するクルー「Scopion」のステッカーです・・・もはや若手ではなく、大阪を代表するクルーにのし上がりましたが、このステッカーのデザインはイイですね!!
 レゲエのサウンドのロゴほど、自身の音楽を投影しつつ、シンプルでインパクトのあるデザインに仕上げているのはなく・・・デザイン一つで営業の日程が変わるぐらい重要かと思います・・・その意味では、これは昔の暴走族ステッカー的な匂い(すみません・・・)がしつつ、殺し屋の匂いがプンプンし、素敵です!!

 あと、もう一つは個人的な趣味で・・・大好きなレゲエバンド「Dry & Heavy」のステッカーです!!

 ちょうど3rdと、そのダブアルバムが出た時のステッカーで、その当時から好きだったので、喜んでゲットした記憶があります・・・
 レゲエとは関係ないですが、好きなアーティストのステッカーを発見することは、凄い嬉しいことです・・・単純なファン心理かもしれないですが、これ系のステッカーは狙って掘れるものではないので、見つけた時の嬉しさは格別ですね(^0^)





(5)その他の音楽

 持っているステッカーが、おのずと私の好きな傾向の曲であることと、1~4で紹介したジャンルが、結果的に若者向けに宣伝をしたかった音楽なので、かなりの量が在庫でありました。
 ただ、他のジャンルのステッカーも色々とありますので、以下で順不同で紹介をしますね~


「スクラッチ系」
sticker_0065.jpg
sticker_0066.jpg

 まずはカテゴリーとしてはHipHopかもしれないですが、ちょっとズレたので、ここで紹介です・・・いわゆるスクラッチ・ターンテーブリスト系もボチボチとあり、その中でカッコいいのはコレでしょう!!

 世代が違うと疑問符が付くかもしれないですが、上のHondaさんのステッカーは、私と同世代だと涙が出るんじゃないでしょうか?
 一般市場までも「h」マークが席巻をしましたが、DJを初めた方で、HondaさんのNMSのGood Times2枚使いの姿を見て「DJってカッコいい!」と思った方は多いはず・・・このロゴはその象徴みたいなモノで、カッコいいですね!!

 そして、下のも直球ですが、日本を代表するDJ機材メーカーである「Vestax」のロゴですね・・・恐らく、DJブームだった00年代前後に、渋谷のファイヤー通り手前にあった丸井(今はシダックス)にあったベスタの機材店のステッカーですかね・・・メチャクチャ広いお店で、ここも通ってましたね~
 個人的にはベスタと共に育った(ミキサーはベスタ一本です!)世代なので、このロゴはツボですよね・・・機材メーカーのロゴのカッコよさも重要で、テクニクスもロゴはカッコ良かったです!


「Club Jazz系」
sticker_0069.jpg
sticker_0071.jpg

 強引にClub Jazz系で紹介してしまいますが、上記の小西さんや大沢さんもステッカーを出していました。

 上は小西康陽さん関係で、こういったアートワークにはこだわり、カッコいいのが多いので、ステッカーにしてもカッコイイですね!!
 懐古的なんだけど、エッジがある感じで、左の軍兵のはカッコいいな・・・コレ系のは正直少ないのですが、小西さんはボチボチ作っていた記憶があります。

 んで、下の大沢伸一のステッカーは懐かしい方も多いかも?
 もはや本名よりも有名な「Mondo Gross」ので、当時、ルイ・ヴィトンが流行らせたペンキオーバー(?)的なロゴが素敵ですね。
 当時の大沢さんと言うとClub Jazz系のイメージが強かったですが、この時期から今の活動につながるダンス系にシフトしました・・・個人的には、このロゴを見てて、下にあるモダン的なデザイン(=Club Jazz)を、ポップなロゴで覆ってしまうことで、今までの活動を消してしまう感じがあるのかな~と思ってました・・・実際はどうなんですかね??


「House関連」
sticker_0068.jpg
sticker_0070.jpg

 もしかしたらあるのかもしれないですが、Houseとかのクラブミュージックっぽいのは意外とステッカーが無いですね・・・
 まあ、次に紹介をする「クラブイベント」系で沢山あるので、何ともいえませんが、ツボな感じなのは手持ちでは少なかったです・・・

 そんな中、探してみると、やっぱり「なぜか持ってる」んですよね・・・それも渋いです!!

 上は、トライバルなトラック&プレイが印象的な女性House系DJである「DJ Juri」さんのステッカー・・・なんで作ったのかは分からないのですが、分かる人はグッとくるかと思います。
 そして、下もボムで、Toshiyuki Gotoさんと、Dr Nishimuraさんの個人的(?)なステッカーのようです・・・西村さんのはLow Riderがらみかもしれないですが、トシさんは渋いっすね・・・なんで持ってるんでしょう(^^;)





(6)クラブイベント

 (5)を読んでて「なんか微妙だな~」と思った方は賢明です・・・このカテゴリーを紹介する為にワンクッションを挟みました(^^;)

 ココまでは、あるアーティストが新作などを告知する意味でのステッカーでしたが、これと双璧をなすのが「クラブイベント」の告知系ステッカーです。

 今回の記事の最初で、このステッカーが「フライヤー」と同義語のように書きましたが、フライヤーっていうとクラブイベントを宣伝するための「チラシ」と思う方が多いかと思います・・・・
 ただ、目立ってナンボな世界なので、チラシではなくステッカーで宣伝をすることも多く、探すと結構あります!!

 個人的な見解だと、どの音楽ジャンルのイベントも強いのですが、アーティスト系では弱かったHouseやTechnoといったダンス系の音楽では良く作られていて、かつカッコいいのが多いですよ!!


「Grand Tourism」
sticker_0063.jpg

「Techyteric Night」
sticker_0064.jpg

 この二つは勇気があるというか、ある意味で根性があります!!

 共にマンスリーのクラブイベントですが、毎月のパーティー告知をステッカーで行っていたパーティです!!
 上は、あのFPM(田中知之さん)がYellowでやってたイベント、そして下はm-floのTaku Takahashiさんがairでやってたイベントで・・・毎月違ったデザインで作っており、毎月しっかりと収集していました!!

 紙のフライヤーとステッカーの原価がどのくらい違うかは分かりませんが、これは目立つでしょう・・・なんか、クラブ帰りに渡されるフライヤー袋(分かるよね?)を帰りの電車でペラペラめくってて、コレに出くわしたら、嫌がようでも反応しちゃうと思います。
 クラブのパーティーの告知ほど、人に知ってもらう必要があり、それで興味を持ってもらい、実際に来てもらう為には、見た人がビックリするぐらいでないとイケないのかもしれません・・・それでいくと、この二つは直球で、それぞれが素敵なデザインで毎月作っており、当時は楽しみにしながら収集していました(^0^)


「Wire」
sticker_0054.jpg
sticker_0055.jpg

 それでいくと、コレは「毎年」楽しみにしてました!!

 テクノ界の大御所とも言える「石野卓球」さんが主宰するビックパーティー「Wire」のステッカーで、ある時期は告知用に毎年作成していて、凄い楽しみにしてました!!
 
 写真のは2005年と2006年のですが、こういうシンプルなロゴはカッコいいですね・・・他の年のもありましたが、私はやっぱりこういうのが好きです(^0^)
 残念ながら最近は作ってないようですが、ここ最近は初夏にやっている「Big Beach Party」が毎年作ってて、微妙なデザインですが、毎年収集していますよ~


「06S」
sticker_0062.jpg

「Double Sider」
sticker_0030.jpg

 んで、Wireに続き、直球でカッコいいデザインのステッカーを紹介します・・・両者とも渋いっすね!!

 上は、このブログが好きな方だと馴染みが薄いかもしれないですが、渋谷Wombで現在も続いているドラムンベース系イベント「06S」のステッカーで、透明な下地にシンプルな白ロゴが素敵です・・・
 Wireもそうですが、シンプルなロゴだけで、そのパーティーの雰囲気が伝えられるのは理想ですよね・・・これを見てるとカッコいいモノに説明は要らないな~と思ってしまいます。

 それで行くと、下のは、このブログを読んでる方だと直球かも・・・あのDev Large氏とクボタタケシ氏が渋谷Roomで開催をしていたパーティで、両者を象徴するかの如く、レコードのセンターラベルに模したステッカーで、真ん中にはちゃんと穴が開いています!!
 ステッカーって、フライヤーでありがちな定形サイズを逸脱したデザインが多いのも魅力です・・・これなんかはその直球かもしれないですが、かなり個性的なサイズ&デザインがあり、フライヤー収集家としては、そこも魅力ですよ!!


「Def Jax Japan Tour」
sticker_0061.jpg

「fowl」
sticker_0060.jpg

 そんな訳で、クラブ系の最後はレアなブツを紹介です!!

 上のは、Comapny FlowのEL-Pが運営していたレーベル「Def Jax」の日本ツアーのパーティー告知ステッカーです!!
 私と同世代の方だと、この辺のアングラ系にハマってた方も多く、コレにはグッとくるかな・・・日本だとMary Joy がコレ系のプッシュをしており、このイベントではKenseiさんも出演されている所が熱いです!!

 んで、今回の紹介作業(発掘作業?)においては、クラブ系だとコレがボムでしょう!!
 あのHasebeさんとWataraiさんが西麻布Yellowで毎週火曜日に開催していたパーティー「fowl」のステッカーです・・・行ったこともないパーティーですが、よく持ってましたね・・・ちょっと自分を褒めました(^^;)





(7)その他

 最後は、これまでのに紹介をしたカテゴリーには入らないですが、クラブ/DJ系の範疇には入るステッカーを紹介します。
 これもイルなのがありますよ~(^0^)


「レコード店」
sticker_0002.jpg
sticker_0077.jpg

 これは見た瞬間に「うほっ」となる方が多いかも?

 今回の紹介で中心とも言えるクラブ/DJの基礎ともいえる「レコード店」も宣伝用にステッカーを作っていて、これはグッときますね!!
 
 記憶だと、両者とも通販用カタログに添付されていたシールで、ManhattanDMRです・・・きっと顧客サービスの一環で作ったんでしょうね??
 DMRはイメージ戦略(?)的なステッカーですが、直球なMがカッコ良すぎですね・・・Mのロゴ、レコ村時代は、あの袋を持つことがステータスだったぐらい、最高なロゴですね!!

 ちなみに、探したらCiscoもありましたが、結構微妙でした・・・あと、記憶だと、Ciscoは購入者特典で、人気なレーベルのロゴをいっぱい印刷したステッカーを配布していた記憶があります??


「ラジオ番組」
sticker_0074.jpg
sticker_0073.jpg

 このブログでは、過去の紹介において、クラブ/DJ文化においては「ラジオ番組」の存在が大切だったということを力説してきました・・・今までだと、HipHop系の番組が中心ですが、「Night Flight」「Da Cypher」を紹介し、沢山の方から賛同を頂いたかと思います。

 その流れの中で、私が紹介をしていないラジオ番組も多数あり、それを聴いて欲しいが為にステッカーを作り、宣伝をしていた番組は少なくはありません。
 上記の2枚は、その中でのデザインがカッコよかったステッカーです!!

 上のはRyuさんがMCをしていた帯番組「Soul Train」で、クラブ界隈では有名なイラストレーター「Dragon」氏の絵がカッコいいですね・・・割とスペシャル期間(聴衆率ウィーク?)に合わせて、作っていたような気がしますが、とにかくDragon氏の絵がカッコよすぎです!!
 また、下のは、UKから全世界に発信をしているGilles Petersonのラジオ番組のステッカーで、これもロゴがカッコいいですね・・・今はやっているかは分からないですが、午後4時ぐらいに、これの短縮版が毎日でやっていて、一時期は郵便局に荷物を出す車で聴いていた記憶があります?


「映画&ミックスCD」
sticker_0072.jpg
sticker_0075.jpg

 クラブ/DJ系においては、音楽やクラブイベントに留まらない部分があり、この二つは、それに当るかな??

 その一つが「映画」で、ある時期からクラブ/DJを題材にした映画が作られたり、カッコいい音楽が入った映画がリバイバル上映されたりするので・・・その宣伝でステッカーが作られたりもしました。
 上のがそうで、レアグルーブクラシックでもある映画「Sweet Sweetback's Baadasssss Song」が再演(?)された時のステッカーです・・・コレだけでもカッコいいのですが、注目は「MURO」さんのロゴが入っているんですよね・・・何でかは忘れましたが、コレはグッときます!!

 んで、下は、なんと「ミックスCD」告知用のステッカーですよ・・・こういうのも作られていたんですね!!
 実は、ミックスCD(ミックステープ)の告知でもステッカーを作る方はボチボチおり、これはネタモノシリーズで有名な「STILL SEARCHIN'」で、2と3を持ってました・・・何となくゲットしたとは思いますが、良く私も掘ってますね(^^;)


「山師系(?)」
sticker_0080.jpg
sticker_0078.jpg

 今回のステッカー企画の大ラスは、これも私の永遠の掘りネタ(?)である、DJブームを利用して一儲けを考えちゃった系のステッカーの紹介です(^^;)

 過去、こういった「山師根性」が働いてしまった物品などを多く紹介していますが、今回の調査でステッカーでも多数あることが判明しました(^^;)
 割とファッション業界では多く、クラブ/DJテイストを借りたステッカーが乱造されていた時期があり、私はそういうのも収集してたようです・・・直球でカッコいいモノ(Nikeはカッコいい!)もありましたが、変化球(?)なのも多く、以下ではそういう微妙なのを紹介です(^^;)

 上のは、レコードの形をした円形ステッカーですが、これはステッカーの作成を請け負う印刷会社が宣伝用に作ったステッカーのようです・・・これがステッカー置き場に置いてあるわけで、イイ根性をしてますね~(^^;)
 ただ、デザインもいいし、何よりも逆手をとった戦略がフレッシュで、こういうのは嫌いじゃないです・・・センスがありますね!!

 んで、下のはボムですよ・・・記憶がある方は少ないかと思いますが、当時の携帯電話会社「Tu-Ka(auの前身)」が、渋谷にあるレコード店と提携して、携帯からニューリリースの音源などが聴けるサービスの宣伝ステッカーですね・・・私も、今回の調査で久しぶりに思い出しました(^^;)
 このサービス、割と直ぐに終わった記憶がありますが、携帯電話会社が若者を取り込みたいが故に企画しちゃったんでしょうね・・・こういうのは一回りしてグッときます(^^;)







『 まとめ 』

sticker_0097.jpg

 いや~、いっぱりありますね(^^;)

 久しぶりのネタ企画で、どうなるかな~と思っていましたが、なんとか書けましたね・・・いかがでしょう??

 ステッカー、人によっては単なるシールかもしれないですが、クラブ/DJ業界的には凄い大切な存在であることがお伝え出来たかと思います・・・

 今回、長年にわたって収集し続けたステッカーを披露した訳ですが、私もこの記事を書くにあたり、ステッカーという存在を再認識し、やっぱり大切なモノなんだな~と痛感しました!!

 デジタル化が進み、紙のフライヤーも作られなくなってきた昨今ですが・・・このステッカー文化、絶対に残していかないといけないですね・・・
 こんなにカッコいいのが過去にあり、それが今でもフレッシュなんだから、残さないと行けません!!

 今後、告知としてのステッカーが再認識されることと、沢山の方に愛でられるようになることを願いつつ、今回は終わりです~♪

 また、機会があったら、コレ系の紹介をしますね・・・お楽しみに!!








-----------------------------------------------------------
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
-----------------------------------------------------------

「今回の記事の本題」

sticker_0106.jpg

 え~、毎度の長ったらしい記事ではありましたが・・・今回の記事の「大どんでん返し」を書きましょう(^^;)

 まず、今回の紹介に関しては、実はコレクターなら分かるかもしれない「まぬけな理由」がきっかけで、紹介することになりました・・・

 たまに書いたりしていますが、こういったコレクション系のブツの一部は私の実家に置いてあります・・・それこそ、雑誌やフリーペーパー、収集をしているフライヤーなどがそうで、子供特権(?)で実家に預けてあります(^^;)

 まあ、実家を出るときに持って行くのが面倒だった物品や、捨てるに捨てられないけど置き場所が無いので勝手に実家に置いてきたり・・・親には「申し訳ない」と思いつつ、強制的に置いてある状況です・・・
 こういったことをしていると、親とかに「邪魔だ」とか「こんなゴミばかり集めて・・・」とかの非難が集まり、場合によっては「こんなことをしてるから結婚が出来ない・・・」的な話になり、微妙に心労(?)もあったりするのですが、無料の貸倉庫だと思うと、非常にありがたいです・・・父ちゃん、母ちゃん、申し訳ない・・・

 ただ、この置いてあるブツ達に、遂に「危機」が舞い降りてしまいました・・・

 今年の正月に実家に久しぶりに帰ったら、私が元々いた部屋に見慣れない子供の遊び道具が置いてあります・・・話を聴くと、私の姉の子供(確か2歳?)が、たまに遊びにくるそうで、この部屋で遊んでいるとの事です。

 最初は「ふーん」と思っていたのですが・・・その部屋には、整理して箱に入れてはありますが、フライヤーやステッカーが収納されており、私も誰も触らないと思っていたので、結構適当においてあります・・・

 そして、その甥っ子、色々とあり、今後も頻繁に実家に来るそうです・・・

 この事実で導き出される計算式は・・・

 子供 + ステッカー = とりあえず何でも貼りつける
 子供 + フライヤー&雑誌 = とりあえず破る、落書きする


 はい、これは大変な事態ですね(^^;)

 とりあえず、その自体に気づいたので、家族団欒(?)を押しのけ、ステッカーやフライヤーの確認をし、無事だったので一息をつきましたが、これは大変です・・・
 適当に置いてはありますが、今となっては手に入らないブツだったり、歴史を代弁するブツだったり・・・かなり貴重な物品が多く・・・これらが甥っ子の魔の手(?)にかかってしまうと、歴史的な損失を失うかもしれません・・・

 そんな訳で、今回、突然ステッカーを紹介したのは、甥っ子の魔の手にかかる前に救出し、せっかくだから紹介しよう・・・というのが本旨になります(^^;)

 相変わらず、くだらない理由ですが、ステッカーは手でも持ち帰れそうだったので、重い荷物を片手に実家から帰りました・・・コレクター稼業は辛いっすね~

 ただ、そんな重たい荷物を持っても、しっかりと千葉方面のユニオンに巡礼(?)していました・・・私は大丈夫なんでしょうか(--;)
 あと、フライヤーとかも何とかしないと・・・この為に広い部屋に引っ越そうかチョット悩み中です(^^;)


sticker_0107.jpg

 んで、今回の救出劇、まだまだ話があります・・・というか、ココからが本題ですよ!!

 実は、実家にあったステッカー、私としては「予備」のステッカーでした。

 どういうことかというと、コレクション用には1~2枚を保管しており、それは今の住まいにあるのですが、余ってしまったステッカーはストックという形で適当な箱に詰め込み、それが実家に預けてあったんですね。
 
 今回の紹介文の中で「無料で貰えるものは大量ゲット!」と書きましたね・・・

 文中では「どんなジャンルでも貰う」という意味で書きましたが・・・本当は「何十枚でも貰う!」という意味で、それこそ1枚で十分なのに、貧乏根性があるので、フライヤー置き場に置いてあるステッカーは良心が許す限り(?)の量をゴソっと頂戴をしており・・・ある意味、私の意地汚さを露呈する意味でした(--;)

 この点、ほんと自分でも悲しくなるのですが、ステッカーは反射的に多く貰っちゃうんですよね・・・

 フライヤー置き場で誰にも注目されず、誰にも持ってかれないのであれば「私が持って行く!」という理由(言い訳?)の元、大量にパクっていました・・・
 一応、良心はあるので、平均的には10枚ぐらいなんですが、モノによってはそれ以上で、今回の調査ではWireは50枚越えなど・・・結局は1枚だけしか保管しないのに、意味もなく抜いてきたステッカーがストック箱に入っていました・・・

 この点、今回の記事で伝えたかったことに対して真逆な行為かもしれないですね・・・
 フライヤー置き場に置いてあるステッカーが、色々な人に1枚づつ抜かれて行けば、それなりに宣伝になるのに対し、私がゴソっといくと、それだけ宣伝の機会が減る訳ですよ・・・この点は本当に申し訳ないです・・・私も実家から回収してきたストック箱を見て、思わず引いてしまいました(--;)


 そんな罪深いストック箱、結果的には危機が迫っていたので救出してきた訳ですが・・・総数で行くと約2000枚オーバーのステッカーがストックされていました!!

 そして、その位の量のステッカーがある訳ですから、見返すと相当面白い訳ですよ・・・

 実家にあったストック箱、これらは本当のコレクション用のステッカーではなく、あくまでも余剰なステッカーではあるのですが、このステッカー達に出会った際、私の感性が「カッコいい!」と思い、思わず何枚もパクってしまった(?)ブツ達な訳で・・・1枚しか貰わなかったブツよりも、ある意味「濃い」ステッカーなんですよね・・・
 今回、改めて見返してみると・・まあ、色々と面白いブツが沢山あり、コレが立派なツマミになるぐらいで・・・正月のおとそ気分も相まって、かなりヤラれてしまいました・・・

 
 そんな訳で、そういう流れがあり、私として面白かった点を紹介したく、今回の記事を起こした次第です・・・


sticker_0114_20140214011504d65.jpg

 ただ、今回の話、まだまだ続きますよ・・・ん、この「封筒」は何だろう??

 実は、このストック品、実家で見返している時点で相当面白く、実家にいた時点で「ある企画」を思い付き・・・結構無理して自宅へ持ち帰り、今回の記事を書いた次第です・・・


 ある企画とは・・・このストック分のステッカーを「放出」することです!!


 実は、昨年末、お世話になっている下北ユニオンのN村さんと与太話をしてた中で、私のブログも結構有名になってきたので、コラボ的に「何かやりませんか?」とお話を頂き、N村さんから宿題を頂いていたんですね・・・

 当初は、私が作る「ミックスCD」を作る話もあったのですが、どう考えてもヒドイ出来(人前では何十年もDJしてないよ~)になりそうで、それは無理かな~と思い、何か他に面白いことが出来ないかな・・・と考えてた中で、このステッカー達が目に止まりました。

 ある意味、偶然という形でこの予備ステッカーを見返すことになったのですが、内容的にもヤバく、直感で「これを放出したら面白いかも?」と思いました・・・内容的には、紹介したような天下一品なブツが多いですからね!!

 また、今回のストック品は、どうせ余ってた在庫だし、甥っ子の魔の手にかかるぐらいだったら、必要としている方に行き渡る方が有益かな~と思いました・・・
 罪の無い子供によって、意味もなく壁とかに貼られるよりも、これらを愛でてくれる畏兄に渡った方が本望ですよね・・・そうすれば、今回紹介をしたステッカー達も喜んでくれると思います。


sticker_01145.jpg

 そんな訳で、今回の企画は、ストック品で貯めてあったステッカーを、私のブランドの元、放出をすることです!!

 企画名は『Mixtape Troopers Presents Special Treasure Vol.1』で、副題は「Super Sticker Breaks」になります!!

 一応、販売をする商品という形ではありますが、私の「特別な宝物」を放出する企画になります・・・

 幸いに、言いだしっぺなN村さんからも了承を頂き、突貫工事で作業を進め、今回、やっと話が出せる状況になったので、このネタを紹介をした次第です・・・ちなみに、正月の記事で「今年は外で動きを」みたいなことを書きましたが、今回の企画がそうでした・・・

 世界広しと言えど、17年間に渡り、粛々と収集していたステッカーを商品として出せる人はいないでしょう・・・ヤフオクとかで出すことは簡単かもしれないですが、お店を利用させて頂いた形で「商品」として出せる人は少ないと思います。

 幸いにも、そういった機会を結果的に頂き、私としても、私の名前を出す以上、適当な形では売りたくはありません・・・その意味で、今回の記事は、実は放出(販売)をするステッカーの紹介を通して、こういったモノの面白さを提示したく書いた部分もあります・・・
 物理的に買えない人もいるかもしれないので、広い意味でステッカーの面白さを紹介しつつ、私からのお宝に興味を持って頂けるように、販売用のカタログとしても書いた部分がありました・・・

 
 少しだけ、この企画の根底を話させてください。

 私は「DJ」でも「音楽家」でもありません・・・恐らく、一番合う表現は「コレクター」だと思います。

 今回のN村さんからのお話、せっかくヤルんだったら「私らしい」内容でやるべきと考え、ちょっと悩みました・・・ただ、今回の正月の一件があり、壁を超えました・・・

 私がやるべきことは、まず「コレクター」として出来ることであり、その上で「Mixtape Troopers」でないと出来ないことをヤルべきだと思いました。

 DJでも音楽家でもないですが、このブログを通して、コレクターというスタンスでも、DJ文化を十分に表現できることが分かりました・・・私は決してDJ文化の中心になることは無いですが、その文化の「一人のファン」として貢献できることが分かりました。 
 
 こんな企画、思いつく人はいないだろうし、それを実行できる人もいないでしょう・・・それを実行てきるのは、恐らく私だけだと思います・・・

 どれだけ反応があるのかは分かりませんが、この放出で、ステッカーが必要とされる方に行き渡ることに加え、私が大切にしている「Diggin'(掘る)」という姿勢が伝わればいいな~思い、今回のブログの記事を作成しつつ、放出品を作成していました・・・


sticker_0094.jpg

 そんな訳で、今回のステッカー、どういう方法で放出するかですね・・・

 今回は、N村さんがおられる「disk union下北沢Club Music Shop」のみで、数量限定の販売をさせて頂くことになりました。

 詳しい内容としては、今回紹介したステッカー達をランダムに紙封筒に入れたモノで、ある意味「ステッカーの福袋」みたいな感じですかね?
 手作り感と素人感が満載で、ノリ的には小学校のバザーとかでありそうな、子供たちが作ったクッキーの詰め合わせ袋みたいな感じです・・・予めご了承ください(^^;)

 そして内容は、一つの袋に70~80枚前後のステッカーが入っており、上記の写真のように、重量的にはかなりの量が入っています。

 入れてあるステッカーは、話に出たストック分からの放出になり、今回の記事で紹介したステッカーや、記事では紹介していないステッカーなど、色々なステッカーが入っています。
 数えた限りだと、合計400種類ぐらい、総数だと2000枚オーバーのステッカーが原資としてあり、公平を保つ意味で、なるべく同じ系統のが入らないように均等に分け、私自身の手で袋詰めをしました・・・日本語ラップのみの袋みたいなジャンル限定のはなく、どの袋にも色々なジャンルが均等に入っているイメージです。

 ただ、ストックによってはビックリするぐらいの量があるものは2枚以上入っていたり、無作為に入れたので、商品によっては偏りがあったり・・・何よりも、好みのものが入っているかどうかは、開けてみないと分からない内容です・・・
 こればっかりは運任せになるかと思いますが、この辺を理解して(笑って?)くれる方に手を伸ばして頂ければ幸いです・・・


 んで、販売数は諸事情によりアレですが、販売に関してはN村さんに一任をしたので、値段や販売日などは「disk union 下北沢クラブミュージックショップ」のブログをご参照ください・・・
 予定では、この記事の公開後に、販売に関するインフォが出ると思いますので、楽しみにお待ちして下さい・・・


 値段は少しするかもしれませんが、内容的にも量的にもかなりお得だと思いますので、心ある方に渡って行くことを願っています・・・

 私が保管していたので、汚れも折れもあるかも知れません・・・内容的にも買って頂いた方にとってレアなのが入っているかもしれないし、なんだそりゃ?と思うのも入っているかもしれません・・・
 可能であれば、その辺を笑って流してくれる方(?)に渡るとイイですね・・・私も、私の名前を売ることは初めてなので、どういう反応があるのか、凄い楽しみです!!



sticker_0111.jpg

 そんな訳で、今回の記事は終了です・・・大どんでん返しも込みで、いかがだったでしょうか??

 最後は、適当にしていたステッカーが勿体ないので放出する話を、コレクターとして出来ることは何か?と考えた上での美談(?)にまとめてしまいましたが、私らしい記事にまとまったかな??
 裏を返すと結構強引な記事ではありますが、読んで頂き、楽しんで頂いたのであれば本望です・・・う~ん、楽しんで頂いたというよりも「あんた、すげーよ!」と突っ込んで頂ければ、コレクター冥利に尽き、大変嬉しいです(^0^)

 ではでは、読んでいた方の中に、何らかの「ステッカー魂」が貼り付けられたのであれば、私の任務は終了です・・・

 掘りに限界はありません・・・これからも「Keep On Diggin'」・・・みんなで掘りましょうね(^0^)










スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
画像のはせべとわたらいのステッカー、持ってるんですけど下北ユニオンで売れますか?
2014/02/15(土) 22:06:06 | URL | あ #zrvSuWY.[ 編集]
参りました!
いやー・・・、これは正にボムですね!
「こんなの集めてどうする?!」って思う人もいるかも知れませんが、そこにフォーカスを当て、このような企画にまで昇華させるとは!!
Digの神髄を見せつけられた思いです。

今回のようなクラブ史の「重要文化財」の収集・保護・紹介、今後も楽しみにしていますよ!これはシーンに対する貢献と言っても過言ではないですよ!
確かにMTTさんにしか出来ないですね!

ちなみに、今回はあくまで「vol.1」ですよね。
ということは、次回こそはMTTさんのmix作品でしょうか!?オレは楽しみに待ってますよ(笑)いや、マジで!

とにかく、新機軸のボム、お疲れさまでした!(^o^)v
2014/02/15(土) 22:10:12 | URL | kyk #-[ 編集]
Re: 連名で失礼します。
>あさん

コメント、ありがとうございます。

ステッカー、それは今回の売れ行き次第だと思います(^^;)
色々と相談(雑談?)してて、こういうグッズもそろそろ行けるんじゃない?みたいな話をした上での放出なので、今後の市場の動き次第です・・・私も売れるかどうかは半信半疑です。
なので、売れるかどうかは分かりません・・・すみません。

ではでは、今後とも宜しくお願い致します。



>kykさん

いつもコメントありがとうございます!
この記事、絶対に喜んでくれると思っていましたよ(^0^)

色々とありましたが、結果的に私にしか出来ない企画になったかな~と思います。
販売という点もボムですが、こういう文化財(?)を紹介することも時期的にはイイ時期だったと思うので、紹介出来て良かったです!!

そして、Vol.2ですが、今回の売れ行き次第ですかね(^^;)
ネタは色々と考えていますが、この企画は売れないと先に進めないような気がするので・・・まだ予定は未定です(^^;)
ちなみに、ミックスCDは絶対に無いですよ・・・ただ、ミックステープだったらあるかも??(嘘ですよ~)

ではでは、今後とも宜しくお願い致します!!





2014/02/15(土) 23:31:23 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
趣味もここまでくると頭が下がるというか正直凄いです!凄すぎます!

NUFF RESPECT!
2014/02/16(日) 22:07:48 | URL | なのはな体操 #-[ 編集]
Re: タイトルなし
>なのはな体操さん

コメント、ありがとうございます(^0^)
趣味が飽きずに続いているのがポイントでしょうが、私もなんでこうなったのかがよく分かりません(^^;)
でも、読んでくださった方に何かが残るよう、毎回、頑張って書いてますので、お褒めを頂き、嬉しい限りです!
では、今後とも宜しくお願い致します!!

2014/02/19(水) 00:54:37 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
本日、引き取らせて頂きました!責任持って保管させていただきます。長い時を超えて今この手元に辿り着いたと思うと感慨深いですねwありがとうございました!vol 2楽しみにしてます!
2014/02/19(水) 04:26:32 | URL | Never sleep #-[ 編集]
下北ブログで気づきタッチの差で注文したのですが、如何せんここ数日の悪天候で遅れていた様子で本日着きました
個人的にはたまたまMTVのXZIBIT host pimp my ride のDVDを見ていたのでXZIBITステッカーが個人的にボムでした 笑
数ある中でブログ掲載の ripが僕のには入ってました。あとはnasや懐かしいfaith evanth 2000年あたりの香りがプンプンです
本当はランチのステッカー狙いだったんですが外れでした 笑

包装はレコード用の段ボールを使用し曲がらないようにしっかりとした包装でした

送料、代引き込の代金でも満足な逸品でした。
ありがとうございました。
2014/02/19(水) 11:46:14 | URL | kuroki #3UG7ZRW.[ 編集]
こんにちは。
コレクター魂の籠った壮大な記事、いつもご苦労さまです。
今回のステッカーへの偏愛(?)記事も大変興味深く読ませて頂きました。
読みながら「このCD持ってたなー」「このステッカー、自分も持ってる」とか思わず声を出してしまいました。
自分は以前はステッカーを貰っても結局使いようが見つからず捨ててしまってたいたのですが、今は文明の発達のおかげでスキャンしてHDの中でコレクションしてます(笑)
なので、今回の放出もプチコレクターとしてゲットさせて頂きたいと思います。
P.S. MIXも楽しみにしてます。
2014/02/19(水) 13:59:56 | URL | Sota #-[ 編集]
Re: 連名で失礼します!!
>Never sleepさん

コメントありがとうございます!!
いや~、ご購入頂き、ありがとうございます!!
今回、こういったことは初めてだったので、本当に買って頂けるのか心配で、凄い安心しました(^0^)
私も、心ある方に渡っていくのが本望だったので、嬉しい限りです!!
第2段も、機会が整えばやりたいと思いますので、また、宜しくお願い致します!!


>kurokiさん

コメント&お買い上げ、ありがとうございます!!
それも通販で買って頂いたんですか・・・大変嬉しく、感動です(^0^)
今回のステッカー、かなり無作為に入れましたが、量が量だけに、絶対に買って頂いた方がツボるのが入るようにしたので、ボムが入っていて何よりです!!
ちなみに、RipとFaithは1枚しかなかったと思います・・・私自身も、どれに何を入れたのか分からないので、組合せの妙も楽しいところかもしれないですね!!
今後も、こういったボム企画、そしてコレの第2段が出来るよう、頑張りますので、宜しくお願い致します(^0^)


>Sotaさん

コメント、ありがとうございます!!
いつもどおりな偏愛(これは褒め言葉でOKですよ!)っぷりを披露してしまいましたが、むしろ、今回に関しては再発見になるかもしれないです。
大人になり、かなり惰性でゲットしてたので、思い入れが少なかった部分もあったのですが、今回の更新で、またステッカーのことが好きになり、紹介になりました・・・ただ、私が書くと、どうも偏愛がでてしまいますね~(^^;)
なんか、恥ずかしいですが、sotaさんにもゲットして頂けると嬉しいです・・・いつもコメントを頂いていて、何となく趣味が分かっておりますので、絶対にツボれると思いますよ(^0^)
では、今後とも宜しくお願い致します・・・そして、ミックスCDは作った方が良いんでしょうか、きっと下手ですよ(^^;)







2014/02/19(水) 23:30:18 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
はじめまして!
最近こちらのブログを発見し、もっと早く知っていたら・・・と後悔の念を禁じ得ません!

2001年夏にマンハッタンレコーズで初めてミックステープというものを買って以来、所持数は雀の涙ですが、ひとつひとつ思い入れがあり、テープならではの温かさ、アナログ感には何ににも代えられない価値があると感じています!

今回のステッカー販売、きっともう終了してしまってますよね~!?

私もステッカーは大好きですが、勇気がなくて1~2枚しか取ってこれず、しかもほとんどレコードの収納ケースなどに貼って使ってしまいました!涙
こちらの写真の中では、Vestax To The Coreの縦型ステッカーを持っていて、宝物ですがなぜかノートPCに貼っています・・・

これからも過去の記事を含め、ちょくちょく拝見させていただきます☆
ダ・サイファーの記事など、ヒップホップにはまったばかりで高校生だった2001年頃、ラジオ電波が異常なほど届かない我が家で、夜中に必死で受信しようと悪戦苦闘した想い出が甦り、目頭が熱くなりました!

どれもこれもまさに渾身の記事で・・・、記事から放出される物凄い熱量に、一度は落ち着いてしまったヒップホップ熱が再燃しています。

心からリスペクトを送ります!!!
2014/03/09(日) 20:18:58 | URL | styler #bCJt4Luo[ 編集]
Re: はじめまして!
>stylerさん

コメントありがとうございます!!

頂いたコメントを読んでいて、もー私と同じ道を辿ってきてて・・・同士に喜んで頂けるのは大変嬉しいです(^0^)
私も意識的に書いているのですが、大雑把にアナログ時代とも言える昔は、今と比べると不便かもしれないけど、時代として熱かった・・・みたいのを伝えたく、このブログをやっています。
幸い、私自身が、それらを紹介するだけのストックがあったことや、それを文章化出来るだけの力が備わってきたので、皆さんの防備録にしつつ、あの頃の「熱い魂」を思い出して欲しい(知らない方は知ってほしい)と思い、毎回、無駄に長い文章を書いています(^^;)

是非是非、過去記事もツボな記事が多いと思いますので、読んでくださいね~
これからも、マニアックなネタを入れて行きますので、宜しくお願い致します(^0^)

では、今後とも宜しくお願いします!!

追伸
シールの件、まだ完売をした話を聞いてないので、もしかしたらあるのかな??
ただ、この間(2週間以上前)、お店に行った時点では残りが3~4個だったので、残っているのかな??
詳しくはお店に問い合わせてみてくださいね!
あと、これは公言したので書ける話ですが、第2弾も企画(シールじゃないです)してるので、そちらもお楽しみに・・・全く作業をしてないので、そろそろヤラないと(^^;)


2014/03/11(火) 07:12:46 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
蠍の毒やでー!スコーピオン
scorpionのファンなんですが、ステッカーくださいませんか?
ずっと探してるんですが手に入らなくて(´•ω•`)
2016/10/04(火) 11:58:39 | URL | ともきち #.fIfakUA[ 編集]
Re: 蠍の毒やでー!スコーピオン
>ともきちさん

コメント、ありがとうございます。
すみません、記事で紹介したとおり、ストックで持っていた分は、売りだしてしまったので、今は自分のコレクション保存分だけしかない(はず?)です。
なので、お譲りすることはできません・・・申し訳ないです。

ではでは、今後ともよろしくお願いいたします。




2016/10/05(水) 22:08:13 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック