HipHop,R&B,Soul,Funk,RareGroove,DanceClassics,Garage,House・・・など、私が気に入っているMixTape,MixCD,その他もろもろを紹介するブログです。
V.A. 「Woman Wi Name」
DSC00180.jpg

 え~、仕事が忙しかったりで、久しぶりに週末の更新が出来ず、2週ぶりの更新です(^^;)

 年度末も近いことから仕事も増えたり、出張したり、会議をしたり・・・2週間休みなく働いていましたが、自分の時間は殺しまくりで、すっかり更新のことを忘れてました(--;)
 う~ん、春先までこんな感じなのかな・・・とりあえず、消費税対応は面倒です・・・10%のことを考えると、段階的にやるよりも、まとめてやってくれた方が作業的には楽なんだろうな~と無責任に思っています・・・

 そんな訳で、色々あって久しぶりのレゲエモノの紹介です~


DSC00181.jpg

 今回はドマニアックなテープですが、97年5月に新宿のHi-Timeというクラブで開催されたレゲエ系女性アーティスト中心のライブイベント「Woman Wi Name」を現場録音したテープの紹介です!!

 まず、レゲエに関しては、HipHopと同等に「テープ」が重要だった文化として何度か取り上げたことがありますが、その中において「現場録音」のテープは重要な存在だったと思います。

 例えば、クラブでのイベントのDJプレイを収録したモノや、アーティストのライブを収録したものなど・・・レゲエ用語で行くと、前者はサウンドシステムの現場テープ、後者はラバダブショーの録音など、色々な現場録音のテープが流通しています。

 なにが原因かは明言出来ませんが、とにかく「現場」が「音楽文化の発生源」と捉えている部分が強いので、その現場の録音が世に出回り、それを聴いて楽しんだり、影響を受けた方が大変多く、現場テープの存在が一般化していたと思います。
 レゲエって、かなり広い解釈をすると「既存の曲を自分達流にアレンジして表現する」みたいな部分があり、レゲエ版のDJバトルとも言える「サウンドクラッシュ」なんかのように「現場」でしかその内容が表現出来ない部分があると思います・・・その意味で、その場でしか聞けなかった「音」を、テープに録音し、それが広まるのは当然のことで、全世界的に一般的だったと思います。

 んで、今まで御案内した範囲だと、Mighty Crownのサウンドクラッシュテープのような「サウンドモノ」がありましたが、今回は現場モノのもう一つの華である「ラバダブ」モノを紹介します。

 改めて整理をしておくと、この手のレゲエの現場モノは「サウンドシステム(クラッシュ・ジョグリンなど)」と「ラバダブ」に分かれることが多く、両者とも人気な存在です。
 実数で行くとサウンドモノの方が多いのですが、各アーティストの現場でしか聞けないライブが聴けるのがラバダブの醍醐味で、CDやレコードでは聞くことの出来ない部分が多く聴け、結構面白いです。

 ラバダブ(Rub-a-Dub)とは、厳密に説明をすると、いわゆる既存曲のインストに、歌い手達(レゲエだとDeeJayか?)が自身の持ち曲を披露する様式で、HipHop的には持ちネタでフリースタイルをやる感じですかね?
 サウンドがプレイするインストトラックの上に、様々な歌い手が登場するスタイルが主になるのですが、この言葉は拡大解釈として「アーティストライブ」と同義語とされることもあり、いわゆるアーティストのパフォーマンスタイム(ミニショーか?)を指していたりもします。

 今回のテープは後者の「ライブ」が主軸の作品になり、深く掘り下げると色々と面白い部分が多いです!


DSC00182.jpg

 そんな訳で、このテープの詳細をご案内しましょう。

 このテープは、1997年5月に開催されたイベントの録音テープで、主催者も参加者も「女性」中心という一風変わったイベントで、今となっては大変有名な方が多数参加されたイベントになります。

 主催は「Time Machine」というサウンドシステムで、あの「Hemo & Moofire」のお二方が在籍されていたと言われる女性だけのサウンドになります。

 色々と調べると、以前紹介をしたことのあるNY在住の女性DJ「DJ Mihoko」さんも在籍されたそうで、90年代中頃に都内を中心に活動をしていたようです。
 男性社会が色濃いレゲエ界において、女性だけのクルーは皆無に等しいですが、レゲエにおいての女性アーティストの存在は大切で、どういう活動をしていたかは分かりませんですが、人気はある程度あったのかな~と思います。

 んで、このイベント、テープの中でも「やりたかった」イベントと公言してて、全国各地のレゲエ系女性アーティストを呼び、主催者も演者も「女性のみ」というイベントだそうです!

 女性だけのイベントって、今はあんまりないですが、昔は結構あり、どうしてもクラブだとナンパ目的の野郎がいて邪魔だったりするので・・・異性に気にせず、同姓だけで楽しもう・・・みたいなノリで開催されてたと思います。

 ただ、このイベント、どちらかと言うと、そういう意味ではなく、レゲエ界において「女性」の「アイデンティティー」を披露するために開かれた感じがあり・・・なかなか頼もしいですね。
 今はそういう空気は無いかと思われますが、男社会が強いレゲエ界で、自分たちの存在を知らしめるために開催をしたのかな・・・時期的な部分を考えると、完全にビガップな話で、当時のRiddimによると来場者が800人(!)もあったそうで、大成功だったようです!!




① Machaco


② Pushim

 そんな訳で、テープの紹介です!!

 こういうライブ音源は、音を上げないと分からないので、久しぶりに音源を交えての紹介です・・・先日、コメントで「音源を使わず、言葉だけで伝えたい!」と書いたのですが、早速、路線変更です(^^;)

 このテープでは、全国から集まった女性アーティストのライブショーケースが中心に収録されており、今となっては結構レアな音源かもしれないです。

 98年頃というと、レゲエ界的には冬の時代かもしれないですが、アンダーグランドでは有望なアーティストが切磋琢磨をしてた時期とも言え・・・この時期の音源は貴重でもありながら、そういったレベルの高いアーティストのパフォーマンスが大変良いです。
 特に、今でも活動をしているベテラン達の若手時代のライブも入っており、これは意外性もありながら、当時からレベルが高かったんだな~と思ってしまいます。

 サンプルとして上げた2本は、現在も名古屋で活躍をしてるシンガー「Machaco」さんのライブと、今となってはレゲエ女性シンガーの大黒柱とも言える「Pushim」さんのライブ音源です・・・好きな方なら卒倒な内容でしょう!!

 Machacoさんは、90年代前半から活動をしているベテランで、今よりもDeeJay感が強い(?)ライブが意外で、現在の活動にもつながる「歌の優しさ」が感じられてイイですね・・・これは毎度コメントを頂いているソロバンさんなら絶対にグッとくると思いますよ!!

 そして、下のPushimは大阪時代(Tokiwaのころ)のようで、堂々としたスタイルで、圧倒的なグルーブが素晴らしすぎます・・・他のアーティストも多数収録されていますが、Pushimと比べると雲泥の差で、やっぱり昔から才能があったんですね・・・

 両者とも歌が上手いのですが、何よりも「進行」が上手いんですよね・・・これはレゲエ的な話かもしれないですが、歌以上に「マイクさばき」が上手くないとリスペクトされないというか・・・歌と歌との間のMCが上手いんですよね・・・
 それこそ、後ろで音源をプレイしているサウンドに対しての指示(よく「ロー!」とか言ってるやつね)や、お客さんをひきつける言い回しや間合いなど・・・場の仕切り方の上手さもポイントで、私もラバダブモノだと、こういう点を楽しんでいます。

 今回の音源であれば、②のPushimのライブの最後で、Machacoさんが入り、コンビネーション曲を披露する部分(9:00以降)があるのですが、Machaco姉さんの「止めて止めて!」からのアカペラスタートは最高ですね・・・こういう部分がライブの醍醐味だと思います。



③ Kaana & Hac

 そして、このブログを読んでいる方だとレゲエに明るい方はちょっと少ないと思うので、興味のある話題も入れておきます!

 よく「Reggae」と「HipHop」は兄弟関係と言われることがあるかと思います・・・黒人の自由な発想で生まれた音楽で、歴史を遡れば、実は相互関係のある音楽になり、この点は疑いがありません。
 実際にも、ReggaeとHipHopのアーティストがコラボすることも多く、今となっては両者の壁は殆どないかと思います。

 その限りにおいて、日本の90年代のReggaeシーンにおいては、日本語ラップ関係者がよく出入りしており、凄いタイトな関係がありました。

 有名な話でいけば、YouさんやTwigyの雷系の人たちはTaxi Hi-Fiと親交が深く、音源も色々と出してますね・・・渋いところだと、レゲエDeeJayのBoy-Kenさんは、須永辰緒さん門下の方だったり・・・クラブの暗闇の中で繋がっていることが多かったと思います。

 んで、このテープでも、その交流があり、上の音源になりますが、90年代後半から00年代初期にレゲエ系シンガーとして活動をしていた「Kaana(Little Kaana)」さんと、さんぴん世代には直球な「Hac」さんのコラボ音源が入っています!!

 実際はKaanaさんのライブにfeatでHacさんが出ている感じですが・・・日本語ラップファンには響くところがあるかな??
 Hacさんに関しては1枚しかシングルを出してないので、このラップが何の曲なのかは分かりませんが、あの独特の節回しが聴けるのにはグッときます!


 ただ、それ以上にKaanaさんが上手すぎですね・・・この音源のライブはシビレますね(^0^)

 Kaanaさんは短期間で活動を終了してしまった(確か病気をされて、引退された?)方ですが、当時の日本語R&Bブームの中では結構評価されてた方で、私も同時から好きでした・・・
 写真とか見ると、割と小柄な感じなんですが、歌うと魂が弾けるような歌唱が魅力で、印象的なボーカルラインが歌え・・・シングルカットされた「そっと目を閉じて」は名曲ですね!!

 んで、このKaanaさんのライブ・・・音源化された曲よりもライブの方が最高ですね!!

 聴いてて、この人、やっぱり「レゲエ」の人なんだな~と思ってしまうマイクさばきには納得だし、何よりも圧倒する歌が素晴らしいですね・・・

 当時、凄い評価された方ではないのですが、もっと活躍して欲しかった方かもしれません・・・ちなみに、超蛇足ですが、Kentaさんの新しいミックスにオマケで付いてたCDが、この辺の曲をプレイしてて、最高でした・・・そろそろ日本語R&Bの再評価があってもイイかもしれないですね~



 毎度の如く、まとまりが無い紹介になってしまいましたが、90年代後半の日本のReggaeの熱さが体感できる貴重なテープになるかと思います。 

 まあ、このブログが好きな方だと、レゲエが好きな方が少ないのでアレですが、日本語ラップが好きな方にもお勧めできるかな・・・そんな意図があり紹介をしました(^0^)
 探すとレゲエの現場に日本語ラップ関係者が参加してる作品がボチボチあり、かつ、日本語ラップでは少なかった現場の音源が入ってたりするので、マニアにはたまらん御馳走ですよ・・・ただ、この手のテープ、90年代モノは全然出てこないので、気合を入れて探してくださいね~





<Release Date>
Artists / Title : V.A. 「Woman Wi Name」
Genre : Reggae、HipHop・・・
Release : 1998年ごろ?
Lebel : No Lebel No Number


Notice : このイベント、披露された曲の詳細について ※2014/3/15追記

 文中でも登場をしましたが、いつもお世話になっている「ソロバンさん」のブログで、このイベントの詳細や、各歌い手が披露した曲の詳細を超詳しく説明されております!!
 ご興味がある方は、下記リンクよりご確認ください(^0^)

   【レア音源】WOMAN WI NAME 1997


Notice : このテープの未発見テープ
 今回紹介をしたテープ、テープのインデックスと、音源を聴いている限りだと、もう1本、別のテープが存在してるかもしれないです。
 今回のテープには「2」と書いてあり、音源でもラバダブショーの後半戦みたいなことを発言しており・・・前半戦にあたる「1」が存在しているようです。
 んで、それでいくと、MachacoさんのMCで「Twigy」にビガップ発言をしており・・・その前半戦に登場をしてたのかな・・・どうなんでしょう??


Notice : Hac繋がりのテープ

DSC00184.jpg
「V.A. / Sister in Style」

 今回、某日本語ラップコレクターI氏と下北のセール前に色々と話をしてた中で、こういうテープがあったことを思い出し、それで記事にしましたが・・・家掘りしてたら、Hac繋がりのがもう一本出てきましたので紹介です(^0^)

 恐らく、90年代末に女性レゲエシンガー「Sister Kaya」さんが主宰したレーベルよりリリースされたテープで、これも日本国内のレゲエ系女性アーティスト限定のコンピ作品です。
 この作品も、今回のテープの影の功労者であるHemo & Moofireのお二方が参加をしているようで、当時も少しだけ話題になったような気がします。

 んで、内容は、割とマイナーな女性アーティストが多い中、Hacが2曲参加しており、1曲はfeat、もう1曲はフリースタイル的な曲になります・・・後者は「Life」というタイトルで、ラップは聞いたことがないので、一応、曲として完成はしていたんですかね??
 ただ、もっとボムなのが、ジャケットがHacさんの直筆(!)だそうですよ・・・だれも注目をしてない捨て値テープですが、こういうのがまだ埋まっているので、これからも精進して発掘活動をしたいと思います(^0^)





-----------------------------------------
-----------------------------------------
<独り言>

DSC00185_20140309161335002.jpg

 え~、たまに書いていますが、私の変わった趣味の一つとして、私が収集しているミックステープや、そのテープを再生するためのテープレコーダーを収集する目的で、都内各所の「フリーマーケット」通いがあります。

 割と釣果が良かった時は書いたりしてるので、ご存知の方も多いかと思います・・・それこそ、ミックステープを聴く為の最高の相棒「ショックウェーブ」は、フリーマーケットを通じて地道に収集し、今となっては無くてはならない存在です。
 また、ミックステープもボチボチ出ることが多く、出品者が昔の物品過ぎて思い入れがない(?)場合が多く、結構美味しい思いをしてきました・・・去年、色々と披露した和物テープは結構フリマでゲットしましたね~

 そんな訳で、今日もレコ屋周りの前に行ってきた訳ですが・・・今日はちょっとセンチな気分でのお出かけです・・・

 昨年の終わりぐらいからチョコチョコ書いていたのでご存知な方が多いかと思いますが、フリーマーケットの聖地とも言える「明治公園」が、隣にある国立競技場の改修に伴い、使用が出来なくなる(資材置き場になる?)そうで・・・情報公開後の数回開催をしていましたが、今日の開催が事実上のラストらしく、時間を開けて行ってきました!!

 もしかしたら、まだ開催があるかもしれない(それに期待をしたい!)ですが、4月以降に改修が始まることを考えると、事実上、最後と考えるしかなく、実際に会場に行くと、あちらこちらで「最後だね~」と残念がる方も多かったです。
 
 明治公園に関しては、規模的にも都内屈指の会場で、出店数もさることながら、色々な出品者が集まるので、ホント素晴らしい会場でした・・・
 会場に向かうのはちょっと遠いですが、これまでもショックウェーブを始め、ミックステープ、ミックスCDなど、なかなか買えないブツをゲット出来た奇跡の場所で、無くなってしまうのは本当に残念です・・・


DSC00187.jpg

 そんな訳で、最後の明治に行ってきた訳ですが・・・最後はフリマの神様が降りてきました・・・でも、微妙な降り方でした(^^;)

 基本、行っても坊主な日も多いのですが、最後の方に回った手持ち出店ブースで、ショックウェーブの迷彩をゲット・・・ただ、出品者の方も言ってた通り「動かない」ブツでした(^^;)
 最近、初期モデルに関しては、動かないと言われてもゲットしていて、家でメンテナンス(エアダスターで掃除とか)をすると復活する場合があり、それ狙いで買いましたが・・・今回のはモーターが飛んでるみたいで、ダメでした・・・


 あと、もう一つ、もしかしたらのミラクルがありました。

 私が恥ずかしくってお声をかけませんでしたが、先日、放出をした「シール企画」のブツにおいて、恐らく、実際に購入頂いた方なのか、あのブツの一部のシールを販売してた方がおられました・・・お見かけし、「もしや?」と思い、数枚めくると記憶にあるシールばかりで、面白い再会ですね(^0^)

 結果的には転売なのかもしれないですが、何よりもあのシールを購入頂き、そしてフリマというアナログな方法で再放出してくれたこと・・・そして、それが最後の明治で出会えたことはメチャクチャ嬉しかったです!!
 どこのどなたか分かりませんが、ありがとうございました!!


 ネット時代の昨今において、この間のシール企画もそうだし、今回のフリマもそうだし、こういった「アナログ」な方法でもモノをちゃんと動かすことが出来ます・・・
 個人的には、こういう方法だからこそ、思いもよらない出会いがあり、それが好きで「アナログ」な方法ばかりをしているようです・・・

 明治公園の復活を願いつつ、まだまだ「アナログ人間」として、ディグ活動に精を出したいと思います!!







スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
お久し振り&お疲れ様です
2週間振りでも、ご無沙汰に感じてしまいますね。それだけ更新が楽しみ、ということでしょうか。ハードワークな中、更新するのは大変かと思います。無理はなさらぬようm(__)m

さて、レゲエですが・・・情けないことに、全然詳しく無いのです(;´д`)
とは言え、クラブミュージック全般におけるレゲエの影響力は絶大ですよね。
マッシブアタックのようなブリストルサウンド、ソウルⅡソウル等のグラウンドビートをはじめ、レゲエをルーツ(と言うよりダブ?)とする音楽の実に多いこと。まあ、UK移民のルーツミュージックですしね!
オレも、レゲエはもっと勉強しないといけないんですけどね(^_^;)

あと、hacさんと言えば、ヘッズ的にはどうしても、さんピンの「みんな歌ってーー♪」、でしょうか(笑)
2014/03/09(日) 19:39:41 | URL | kyk #-[ 編集]
これはすごい!
自分も持ってないんで貴重な音源のUPありがとうございます♪
さっそくマチャコぱいせんに教えねば(^^)

実は文中にも出てくるリトルカーナは地元福井の先輩で、あの方は上京されてヘモさん(タイムマシーン)と『カーナ&ヘモ』とかやったりして。その流れでメジャーデビューされた方です(※『カーナ&ヘモ』でも一枚インディーズからアルバム出してます。今かおりさん何してるんやろ……)。
もともと、VIPのコンテストに出たら準優勝して(ちなみに優勝シバヤンキー)、そんで審査員やってたツイギーの目に止まってコンピの『悪名』でfeat.されるんですよ。そーいうフックアップのされ方をした人で。

ちなみに“ツイギー”や“ユーザロック”は90年代のはじめはVIPのラバダブでレゲエDeeJayやってましたからね〜(※当時ヘビーDが流行ってたんでラッパーがラガマフィンで歌う、ってのが軽いトレンドとしてあったんですよ)。

その「成果」のひとつがツイギーの『夜行列車』。

ご存じない方も多いと思うので書きますと、日本語ラップCLASSICのひとつである『夜行列車』のトラックはVIPバンドがリメイクした『FLEX』で、れっきとしたレゲエのリディムなんです(※あれと同じトラックで5〜6曲VIPレーベルから7インチ出てます)。
クールハークの例をあげるまでもなくレゲエとヒップホップは地下水脈で繋がってるんですね!

2014/03/10(月) 00:24:53 | URL | ソロバン #-[ 編集]
Re: 連名で失礼します
>kykさん

いつもコメントありがとうございます(^0^)
レゲエって私自身も凄く詳しい訳ではないのですが、知れば知るほど好きになるんですよね~
不思議なもので、私の場合は、クラブ通いで好きになったHouseを通して、クラブで聴くベースラインの気持ち良さが好きになり、それでレゲエが分かるようになってきた気がします。
結構、House系のDJはレゲエをプレイする方も多く(toshiyuki gotoさんなんかは上手い!)、意外と入りづらいジャンルだけど、やっぱり繋がっているんだな~と思います。
ちなみに、Hac嬢は、それまでの男勝りなラップから、あの「みんな歌って~」の瞬間だけ女の子に戻り、当時のヘッズはヤラれてました(^^;)

では、今後とも宜しくお願い致します!


>ソロバンさん

コメント、ありがとうございます!!
これは、絶対に反応をして頂けるネタだと思っていたので、喜んで頂き、光栄です(^0^)

おおっ、Kaanaさんは福井出身で先輩筋でしたか・・・そして、Little Kaana & Hemoでもシングルがありましたね!!
当時、MisiaやSugar Soul級にヒットはしていなかったですが、あの歌い方は好きな方が多かったはず・・・正直、メジャーではありましたが、レーベルに救われなかったのかな~と思います。
時期的にもR&Bとして売るしか無く、今回のテープを聴いて、R&Bブームの数年後にあったレゲエブームの中で活躍出来たら、きっと光り輝いていたのかな~と思いました。
ホント、Kaanaさん、どうされているんですかね・・・Sugar Soulも復活したぐらいなので、元気に歌っていて欲しいですね・・・

あと、夜行列車! あれはクラシックですね(^0^)
トラックも素晴らしいですが、アレを乗りこなすTwigyのラップが素晴らしすぎ・・・ライターが車掌の変わり~とかシビレますね~

そして、Machacoさんにはよろしくお伝えくださいね!!

では、今後とも宜しくお願い致します(^0^)
2014/03/11(火) 07:00:48 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
ありがとうございます☆
先日はステッカー企画の件リプありがとうございました!
僅かながら在庫があり、今日仕事の合間に無事ゲトってきました!!
いや~MAJI-YABAですね!!感動です☆

こちらの音源も、これが1997年とは…。私は中学生で、パラパラに憧れてましたね。(汗)
当時こんな熱いシーンがあるとは夢にも思ってませんでしたが日本という国はやっぱりヤバいです!ヘタしたら世界随一のブラックミュージック天国ですね!

某日本人ラッパーは、スポーツウォークマン派だったようで、NYまでニセモノのCOBYを買いに行く輩もいたんだって思い出話として語ってるのを聞いたことあります!
そのコミュニティ毎にひいきのテレコも違ってたのかな~と。私も影響力ある先輩が使ってたらマネしてしまうんで☆

MTTさんの過去記事拝見してると、仕事忙しくて~できない…とか二度と言えないな~と思います!
ご多忙の中これだけのクオリティの記事をこれだけ更新ペースを安定させつつ掘り師としての活動もハンパなく…。
二人組ユニットか?とツッコミのひとつも入れたくなります!
テープから感じる雰囲気って主観に基づくファジィなニュアンスなんで、大抵上手く表現できないんですが、MTTさんの記事はそれぞれガシッと上手い事ハマる単語とか言い回しとか使われてるんで、読んでて勉強になるだけでなくスカッとします!
テープ好きな人達はきっと皆大体同じ感覚を共有してるんでしょうね!
昔、確か山田詠美さんが、この世で「ニュアンス」という単語でごまかされるものは全て言葉で表現することができる、っていうようなことを言ってたんですが、それを思い出しました!
さらに集まる方々も知識ハンパないんでコメント欄までも勉強になります☆

しばらくはこちらの過去記事漬けの日々が続きそうです!
今後も陰ながら応援させてください☆
2014/03/14(金) 22:09:39 | URL | styler #bCJt4Luo[ 編集]
Re: ありがとうございます☆
>stylerさん

コメント、ありがとうございます!!

シールの件、無事に購入出来て良かった!! そしてご購入ありがとうございます(^0^)
今回のシール、必要とされる方・喜んで頂ける方に回るよう、あのような形で販売をしましたが、無事に届いて嬉しいです・・・喜んで頂き光栄です(^0^)

仕事が忙しい~と書いているのは愚痴なのでアレ(実生活で愚痴を会社以外で愚痴れるのがココだけなんですね・・・)ですが、気づいたら私もある程度は文章が書けるようになったな~と思います。
このブログ、ホント、私のストレス発散や、買い込んだテープが勿体ないので心の減価償却(?)をする為に始めたのですが・・・根っからの凝り性で夢想家なので、色々とハマったんでしょうね?

ただ、山田詠美さんの例えじゃないですが、表現しようと思えば、ある程度は伝えたいことを言葉で伝えられると信じて、文章を頑張って書いているかもしれません・・・
こういう題材を簡単に表現しようと思ったら、その音源を貼るのが一番なんでしょう・・・ただ、アンチテーゼじゃないですが、それをあえて言葉で伝えたい・・・簡単に音源だけ貼っただけでは伝えられないこと(その大半がドマニアックなことですが・・・)を、あえて言葉で伝えるからこそ「深い部分」も「熱い部分」も伝えたい・・・そんな気持ちでやっております(^0^)

ではでは、気づいたら一杯記事がありますので、是非過去記事も読んでくださいね~
今後とも宜しくお願い致します(^0^)


追伸
考えてみれば、山田詠美さんもそうですが、色々とマニアックな単語や比喩表現が出ても、このブログ内では通じちゃうんですよね・・・
私も知的水準(?)が決して高いとは言えませんが、読んで頂いている皆さんも含め、みんなが「分かってらっしゃる」方が多いのは大変嬉しいですね!!

なんか、オッサン的な話で申し訳ないですが、私ぐらいの世代だと、成人する前後までにある程度は音楽や本や映画なんかを通過して、そういう文化的なモノが身近な存在としてる部分があると思います・・・なので、比喩表現で普通に言葉として出るのかな~と思います。
ただ、会社にいる若い後輩とかにそういう文化的な話での比喩をしても感覚的に全然通じないんですよね・・・なんか、若い連中(?)にとって、音楽や本や映画のような知識や感性に影響をする文化は、消費するためのモノであって、影響を受ける為のモノではないようです・・・

うまくはまとまりませんが、コメントを書いてて、何となく思ったことを書いてみました・・・stylerさんとは全然関係ないので気にしないでくださいね(^^;)
ただ、あんまりマニアックな話ばかり書きすぎると、誰も付いてこなくなっちゃうので、そのバランス感も重要なんでしょうね~




2014/03/15(土) 09:52:33 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
はじめまして、Sister in Styleのミックステープ懐かしくてもう一度聞きたいと思ったのですが、何処かで手に入らないですかね?

福井
2016/06/06(月) 02:38:34 | URL | 福井 #5kXII.uU[ 編集]
Re: タイトルなし
>福井さん

コメント、ありがとうございます!
個人的な印象ですが、割とチョコチョコ探してれば、意外なタイミングで遭遇できる・・・そんな感じかな~と思います。
あまり比較になりませんが、私が日々、テープを掘っていると1年に1回ぐらいはお会いできる・・・な感じで、テープを掘ってる側からすると、頻度は低くはないですかね・・・ただ、一般の方からすると、雲をつかむレベルかもしれないです(^^;)
この辺の音源は、一切再発されることがないと思いますので、頑張って探してみてくださいね!

ではでは、今後ともよろしくお願いいたします!



2016/06/06(月) 23:47:17 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック