HipHop,R&B,Soul,Funk,RareGroove,DanceClassics,Garage,House・・・など、私が気に入っているMixTape,MixCD,その他もろもろを紹介するブログです。
Francois K. 「A1 feat Francois K.」(2014/4/5 @air)
DSC00260_20140406111538368.jpg

 え~、緊急入稿な記事です・・・普通にテープ紹介を準備していましたが、とてもじゃないけど「踊らずにいられなかった」ので、急遽、踊りに行ってきました・・・


 ご存知の方も多いかと思いますが、House Music、いや・・・今現在、クラブでプレイされる全てのDance Musicを生み出し、影響を与えたとも言える偉人「Frankie Knuckles」さんが3月31日にお亡くなりになられました・・・
 
 一般的にはChicagoで生まれたHouseを生み出した(成長させた)一人とされますが、それ以上にDJ/Producerとして全世界を踊らせ続けてきた功績は計り知れず、クラブやDJ、そしてクラブ系の音楽がココまで発展したのはFrankieがいたからこそだと思います。

 私自身、FrankieのDJで踊ったことがない(行けば全然行けたのに・・・行けば良かった・・・)のですが、影響はもちろん受けています・・・
 明確には書けませんが、今も元気にクラブで踊っているのはFrankieのおかげだと思い、今回の悲報には涙が止まりませんでした・・・

 水曜日の夜、この情報を知り、絶句をしたのは無論ですが、それと同時に「踊りたい」という衝動が生まれました・・・何でかは分かりませんが、冬の間、冬眠をしていた「ダンスの血」が呼び起こされました。

 そして、そのタイミングでFrancoisですよ・・・Frankieと同時代を生き抜いた御大だけに、この悲しみを受け入れてくれ、そして踊らさせてくれるでしょう・・・
 一方的な思いにはなりますが、踊ることでFrankieを天国へ送りたい・・・そんな風に思い、即決で行くことが決まりました。


DSC00261.jpg

 日中は下の報告事項の事を済ませ、しっかりと睡眠をとった後、会場である代官山airに着いたのは00:30ぐらい・・・天気予報の通りに雨が降り、天気も悲しんでいるようでした・・・

 私自身、正月以来のダンスで、正直、ダンスに飢えていた部分があったので、身支度を済ませ、速攻でフロアーで踊り始めました・・・
 これは不思議なのですが、最近、クラブで踊るときは起爆剤としてのアルコールは全く必要なくなり、フロアーに入り、よい音楽とグルーブがあれば直ぐ踊れるようになり・・・昨日も普通に踊っていました(^^;)

 踊り始めた時間は、Warm Upで「Toshiyuki Goto」さんがDJをしていました・・・個人的にはairのメインフロアーでトシさんのDJが聞け、それで踊れたのが凄い嬉しかったです!!

 トシさんに関しては、Francoisより「ウォームアップを任せられるのはトシ君しかいない」と言わしめるぐらい信頼されており、FrancoisのパーティーでよくDJをしてますよね・・・
 ただ、前にも書いたかもしれないですが、私自身としてはトシさんが10年くらい前にairでやっていたパーティー「Garden」で踊ることに開眼した身(1回か2回ぐらいしか行ってないけど・・・)なので・・・10年前と変わらないairのフロアーでトシさんの堂々としたプレイで踊れたのは凄い嬉しかったです!!

 んで、この日のトシさんのプレイ・・・いや~、最高です!!

 熟練の技と言えばそれまでですが、徐々に埋まって行くフロアーを温める術が最高で、ズーッと踊っていました(^0^)
 それもイイのが、後に控えるFrancoisのDJに近いような曲(Techだったり、Dubbyな感じ?)をプレイしつつ、余裕で「YMO / Computer Game」をプレイするなど、かなりハマって踊っていました!!

 正直、ここ数年、トシさんの活動的にも低滑空な印象(クラブで朝方に見かけると、凄い酔っぱらっている印象が強かったです・・・)がありましたが、今回のプレイ、私が10年前に踊り始めたときにいた堂々としたトシさんがおられ、懐かしさも込みで最高でした!!


DCIM0133.jpg

 そんな訳で、2時になり御大Francoisのプレイがスタート・・・いや~、ありがとうございました!!

 正直、プレイし始めは、airらしいお客さん(?)を盛り上げるべく、EDM的なトラック(?)で攻め、いわゆる「縦のり」な感じでプレイしてて少々困惑をしましたが、一夜を任せて良かったです・・・

 フロアー的にも結構人が入ってて、普通に踊れない状況の中、もはや混んでいるairにおいて、唯一の踊り場であるDJブース横の通路(フロアーとバーに行ける小道)で人を避けつつ淡々と踊り・・・耐えに耐えながら踊っていました。
 今回の話の最初で書いた「Frankie追悼ダンス」のことは、いざ踊り始めると半分は忘れていました(?)が、日に日に踊らずにいられない体になっているみたいです・・・今回も顔から大汗流しながら、馬鹿みたく踊っていました(^^;)

 御大のDJは、考えてみれば単独のDJプレイって初めてで、B&Sなどで聞いてたぐらいですが・・・やっぱり上手いっすね!

 持ち味であるTechな感じやDubな感じのグルーブで、かつその流れが一定なので凄い踊りやすいんですよね・・・先ほどの通路で音だけ聞いて踊っていると、それが凄い理解が出来ます。
 要所要所でエフェクターでエディットしながらフロアーを盛り上げつつ、ちゃんと踊らさせてくれる感じは流石です(^0^)


DSC00262_201404061115411d4.jpg DSC00263_20140406111542119.jpg
DSC00264_20140406121209993.jpg DSC00265_2014040612120981c.jpg

 ただ、なかなかご褒美が出ないDJで、時間とともに疲れてしまいましたが・・・耐えて耐えたからこその「感動」が最後にありました。

 5:30位まで、ほんとボムが出ず、フロアーも空き始め、グルーブ的にも重く暗い感じのグルーブが続き、私も後方のスピーカーに寄りかかり、疲れたので帰ろうかな~と思った瞬間・・・聞き覚えのある優しいベースラインが鳴り、体に電気が走り、吠えてしまいました。

 誰もが待ち望んでいた「Frankie Knuckles / The Whistle Song」をプレイ・・・ちょっと泣きながら吠え、踊り狂いました・・・

 DJ的にはベタな展開なのかもしれないですが、流石なタイミングです・・・Francoisも「I Love You, Frankie」とマイクを入れ、哀悼の意で渾身のプレイ・・・ホント、ありがとうございました!
 私自身、コレを聞かないと帰れないな~と思いながら踊っていた部分がありましたが、Houseらしく耐えた上でのプレイは絶大で、我を忘れて踊りました・・・この踊りが安らかに眠っているFrankieに届けばイイですかね??


 そして、この後の朝方プレイもメチャクチャ良かったですね!!

 Whistle Songの後は、こちらも哀悼プレイで「George Duke / Brazilian Love Affair」をプレイし、それも吠えながら踊ってましたね~(^^;)
 グルーブ的にもバッチリだし、分かっている輩は踊り狂ってましたね!!

 なんか、これも面白いな~と思ったのですが、東京のHouseのパーティーで見かける畏兄&畏姉の面々が、朝方になると集まり始めてて・・・みんな踊りたかったのかな~と思いました。
 まあ、朝インもあるだろうし、他のパーティーに行ってたと言うのもあるだろうし、なんとも言えない部分もありますが、 Frankieの死を受け、踊りに来たのかな・・・そうだったら大変イイ話ですね(^0^)


 んで、その後は踊りやすいHouseを中心にしつつ、多分Houseミックスで「Mass Production / Welcome To Our World」や、B&S勢が良くプレイする「Michael McGloiry / Won't You Let Me Be The One」などをプレイし、コレでダメ押し踊りをし、週明けの仕事のこと(体調?)を考え、6:30にフロアーを出ました・・・


DSC00259.jpg

 そんな訳で、久しぶりのダンスでしたが、満足な夜でした!!

 最後は私らしいFrankieへの追悼写真で〆ますが、今日も元気に踊れて良かったです・・・これもFrankieのおかげだと思います。
 Frankie、あなたが残してくれた遺産は、フロアーで踊り続けることで守って行きたいと思います・・・安らかにお眠りください。


 ではでは、これからも元気に踊って行きたいと思います(^0^)

 ちなみに、GWですが、Dannyに行こうかな~と思ってましたが、DanielのパーティーでNoriさんとMuroさんが出るらしく(帰りに貰ったフライヤーからの情報/ネットはまだ未公開)凄く迷っています(^^;)
 あと、Luie Vegaも来るし、このタイミングでMora様も来るし(これも行きたいな~)、今年のGWは熱そうです・・・ユニオンのセール的にも激熱な様相なので、上手くスケジュールを組みたいと思います・・・





--------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------
<日中の話(釣果報告)>

DSC00258.jpg

 ここ最近、テープ関連の爆釣話が続いていますが、昨日も感涙な釣果でしたので、報告です(^0^)

 昨日は渋谷のユニオンでテープセールがあり、告知のブログを見て、狙っていたブツが出るとのことで、整理券が無いのに朝から並んで参戦してきました・・・といっても、私一人だけでしたが(^^;)

 告知では「ややレアかな~」という位で、そんなに注目している人がいなかったかもしれないですが、上のブツを狙ってました・・・告知では、テープのインデックス部分とリストだけで、相当のマニアじゃないと分からないブツでしょうね?
 写真の通り、DJ Missieさんのテープで、なんと「危険な80~90年代和物」を擦り倒しながらミックスした作品で・・・聞きましたが、これは歴史的発見級のテープでした!!

 実はコレ、1週間ぐらい前にヤフオクで出てて、その時に初めて存在を知ったブツで、ヤフオク非参戦のスタンス(?)を守り、喉から手が出るぐらい欲しかったけど静観をしてて、落札額もビックリで、いつか入手してやろうと思ってたんですね・・・まさかこんなに早く出会えるとは思いませんでした。
 結果的に一人だけしかいないのに、浮足立ちながらお店に行き、微妙に放置されている感が強い餌箱を一人鉄火場になりながら真っ先に救出・・・値段は申し訳ないぐらい安かったです。

 んで、肝心の内容ですが・・・死ぬほどヤバいですね!!

 一回聞いた感じだと、明らかに「DJ Spinbad / The 80's Megamix」を意識した作品で、日本の歌謡曲/ポップスで作ったらみたいな感じで・・・久しぶりに聞いてて腰を抜かしました!!
 内容は危険すぎて書けないですが、こんなのを作っていたなんて・・・テープ掘り歴10年オーバーな私が初見な位のテープなので、相当本数は少ない(だけど業社発注のテープ!)と思いますが、まだまだ知らないテープがありますね!!


 また、他のテープもボチボチ良く、最近、狙い始めている未開封モノ(ストック用に欲しくなってきた)でMUROさん系を入手したり、海外モノだったり・・・Missieさん以上に書けない激ヤバ品(Iさん、私のもCQでした!)が、ケース無しではありましたが頭が痛くなるぐらいの破格値で、万々歳な釣果でした!!

 ちなみに、水曜ぐらいに新宿でもテープが突然出て、それはかなり抜かれた後のストックを少し買えた程度(Tape Kingz系は人気が高いっすね~)で、負け戦みたいな感じだったので、週内に無事にリベンジ出来ましたね(^0^)


 そんな訳で、GWのユニオンのセールも戦々恐々としつつ、これからも掘りますよ!!




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こちらで返答しますね!
内容が内容だったので、ねりごまさんとkykさんのコメントは、こちらの記事で返答をしますね!!
(分かりづらかったらすみません・・・)


>ねりごまさん

コメント、ありがとうございます!!
テープセールの件も、Frankieの件も、ホントちょうどのタイミングだったので、こちらで返答をしますね!

まず、テープセールですが、記事の通りイイ買い物が出来ましたよ(^0^)
USモノは少なかったですが、結構な本数が出ており、まだボチボチ残っていると思いますので、お暇ならお店に訪れてくださね!
ちなみに、割引券は着実に消費をさせて頂いており、今月も散財しそうです(^^;)

あと、Frankieの話ですが、ホント残念です・・・
今回の記事、Frankieの事が無かったら書かなかった(行かなかった)ので、Frankieに導かれたのかな~と思いました。
コメントを読むと、ねりごまさんもクラブに行かれてるのかな??
私は最近はHouseが中心になりましたが、昔はMUROさんのパーティーとかのHipHopのも行ってましたよ~

あと、Chilloutの件、音源は私がテープから起こしたのですが、きっと誰かしら反応があるかな~と思っていたので、凄い嬉しいです。
こういうテープ、殆ど出ませんが、こういうブログをやっていたから巡り合えたと思うので、出会いに感謝したいです・・・

ではでは、今後とも宜しくお願い致します!!



>kykさん

いつもコメントありがとうございます!!

Frankieの死、ホント悲しいですね・・・文中では上手く書けなかったのでLarryと同世代(Francoisもそうですね)の話はしなかったのですが、オリジナルのダンス世代の巨星が無くなられたのはホント悲しいです・・・
ただ、いつも通りの愚痴になりますが、今のクラブってほんとカジュアルな存在になったんだな~と思いました。
今回のパーティー、来ていたお客さんの90%はそういうことを知らないで遊びに来ていたお客さん(Whistle Songの反応から推考)で、濃い人は朝からしか来ないし・・・なんかアレですね~
なんか、答えになってないし、不謹慎な話かもしれないですが、Frankieの死を通して、またクラブスピリッツを持った方が増えればいいな~とちょっと思いました。

ではでは、今後とも宜しくお願い致します。


2014/04/06(日) 14:21:46 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
追悼・・・
ガラージから続いている、シリアスダンスミュージックの魂を理解しているMTTさんなら、必ずや追悼記事を書いてくれると信じていました。ありがとうございます!

しばらく前はマイケル、去年はジョージと訃報は何かとありますが、今回はこれまでで一番悲しかったんです。ハウスは、オレがこの世で最も好きなダンスミュージックだから。

それにしても、airの件、残念ですね。
Eleven無き現在、都内はシリアスダンスミュージックの拠点を失ってしまったのでしょうか。でも、FK御大はやってくれましたね!frankieと同じ時代を生きたFKがプレイすると、感動も説得力も段違いですね!

世界には素晴らしいDJが沢山いるのだから、彼らをサポートする熱い(チャラく無い)オーディエンスがもっといてもいいのではないかと思ったりもします。
MTTさんの言うように、ソウルある人がもっと目覚めてほしいです。

あと、もう一つ悲しい話が・・・。たまたまア〇ゾンでfrankieの作品をチェックしたら、軒並み値段が跳ね上がっていました。
例の「choice」に至っては最安値でも2万弱ですよ!
偉大な故人の訃報にかこつけて、金儲けなんて残念過ぎます。

彼の生のプレイは二度と聞けませんが、彼が残してくれた曲、リミックス、DJ mix作品は無くならないので、大切にしていきたいですよね。

最後に、今回の記事、作品で無く、あえて現場からっていうのが最高でしたよ!さすがです!!m(__)m
今回は本当に悲しくて、つい思いの丈を長々と書いてしまい、すいません!
Keep on movin&dancin!
2014/04/06(日) 15:13:04 | URL | kyk #-[ 編集]
お返事を有り難うございますv-22

私はハウスはずぶの素人で、ハウスのパーティーには行ったことなく、DEF MIXなどリミックスワークで彼を知って、うわ~すごいな~この人間違いないな~と思ってた程度なのです。管理人さん、kykさんなどプロの聴き手の先輩方と肩を並べて悲しめる土俵にも立ってない気がして恐縮です…。ですがハウスでしか感じることのない、脳髄までクリアに音に支配される恍惚感?みたいなのをガツンと叩き込んでくれたのは、曲単体の素晴らしさという小さい視点からいっても、ハウスミュージックを作った方という大きい視点からいっても、彼だったのかな~と思いましたv-22本当に、踊り続けること、彼の遺した音楽を愛し続けることが何よりの追悼ですね!!

今、DEF MIXでの盟友DAVID MORALESが追悼ミックスをSOUNDCLOUDにあげてたので聴いたのですが、感謝と追悼、そして悲しんでる皆を癒すための音楽という感じがしました!この機に稼いでやろうっていう方向性とつい比べてしまいます。

管理人さんWEB上のミックスは手を出さないようにしてるとおっしゃてたのを読みましたが、アドレスを紹介しても良いでしょうか?(ご迷惑でしたらすみません)
誰でも無料ダウンロードできます。スマホでアクセスした際や、PCでもダウンロードしてファイルを開いたときにアートワークが表示されますが…それ見ただけでかなり泣けてくるので、仕事中・デート前の方はご帰宅時にアクセスがいいかもです!
https://soundcloud.com/davidmorales/david-morales-tribute-to

私はUSヒップホップが一番好きなのですが、ヒップホップのクラブも随分行ってないです。若い人ばかりかな?なんて思うとついつい尻込みしてしまいます。気にせずどんどん行かないとだめですね!!GWが楽しみですv-22
2014/04/07(月) 00:37:23 | URL | ねりごま #bCJt4Luo[ 編集]
Re: 連名で失礼します
>kykさん

いつもコメントありがとうございます!

今回は、ほんとたまたまパーティーに行けたのでこういう記事が書けましたが、私が出来る一番の追憶記事だったかもしれないですね。
シリアスダンスって書いちゃうと、ちょっと固いイメージが出るかもしれないですが、そういう姿勢はやっぱり大切なんでしょうね・・・このブログでミックステープとかの紹介もそうかもしれないですが、そういったモノに「熱」や「愛」が無いと育ったり発展しないでしょうからね・・・

あと、やっぱりその方がお亡くなりになったことで再評価される点は仕方が無いんですよね・・・テープ関連であればmakiさんのが急に需要が高まったし、不謹慎な話ですが、私もFrankieの作品を持ってないのを買おうかな~と思ったりしました。
でも、そこで購入したり、売ったりした際に、その故人のスピリットを受け継ぐような仕方でないと行けないのかな・・・どうなんでしょう??

ではでは、冬の間はクラブ関連の話は冬眠してましたが、行ける限りまだまだ行きますので、宜しくお願い致します(^0^)



>ねりごまさん

コメント、ありがとうございます!

MORALESの追憶ミックス、私もチラッと聞きましたが、ホント愛を感じる大切なミックスですね・・・あの画像にもヤラれましたが、Houseを一緒に育てた仲間が志半ばであの世に旅発った訳ですから、Moralesの辛さはひとしおだったと思います。
私自身、ミックステープとかミックスCDが一杯あるので、普段はネット音源は聴かないのですが、こういうミックスを通して、Frankieの事を思うことは素晴らしく、大変素晴らしいですね・・・

あと、私も大学時代などはHipHopのパーティーしか行ってなく、その頃は、友達のつてで何となく行っており、凄い面白い場所ではないと感じていたのですが、たまたま行ったHouseの現場に行ってガツっとヤラれて、今に至っています。
ねりごまさんのおっしゃる通り、恍惚感やダンスがそうなんですが、Houseを通して音楽を再認識したのかもしれないですね?
社会人(おっさんか?)になり、なかなか行けなくなっちゃいましたが、むしろ行ったら若いやつには負けない位に踊ってますので、ねりごまさんも是非クラブ遊びを楽しんでくださいね!!

ではでは、今後とも宜しくお願い致します!!


2014/04/08(火) 07:18:52 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
死してなお、見向きもされないよりは、再評価される方が遥かに良いと個人的に思います。
なので、オレ達リスナーは奮って彼の作品を買ってもいいのでは、と思います。

とは言え、MTTさんの言うように、そこに聴き手の「何かを得ようとする姿勢とか真剣さ」が無ければ、リスナーのためにも、アーティストのためにもならないのかな、とオレは共感します。

これを機会に彼の作品を聴いてもらえたら嬉しいです!数年前、シーンを荒らした(?)「乙女ハウス」なんてふざけたニセモノとは次元が違う美しさですから♪

何度もすいません!今回はこれにて。ではまた!
2014/04/08(火) 20:53:26 | URL | kyk #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック