HipHop,R&B,Soul,Funk,RareGroove,DanceClassics,Garage,House・・・など、私が気に入っているMixTape,MixCD,その他もろもろを紹介するブログです。
DJ Komori 「The Sweetest Fruits '99」
DSC00302.jpg

 前回のフライヤーネタ、ボチボチ反応があったようで、一安心しました・・・

 文中でも書きましたが、興味を示す方がどのくらいいるのかな~と思っていたので、ちょっとオドオドしながらアップしました(^^;)
 かなりマニアックなネタだったので、どうなのかな~と思っていましたが、いつも拝見をしている日本語ラップ系Tumblerにもガッツリ転載されており(ありがとうございます!)、一部の方にはツボったかな~と思います・・・なお、例のブツの売れ行きは、怖くってまだ聞けていません(^^;)

 そんな訳で、大物を書いた後だったので、燃え尽き症候群で筆が進まなかったのと、仕事が忙しかったので、例の如く「さぼりムード」だった(?)中、超嬉しいことがあり、このテープで緊急入稿です!!


DSC00301.jpg

 言わずと知れた「DJ Komori」さんの作品で、色々とあって紹介をしなかったシリーズ「The Sweetest Fruits」の第1作目を紹介します!!

 テープを掘ってる方ならご存知の方が多い作品で、その年の「ヒット曲」をミックスした、いわゆる「Best of ??年」的な作品で、毎年12月にリリースしていた人気作です。

 今もそうですが、お手軽に現在のシーンの状況を聞きたいときは、こういった「ベストモノ」を買う方が多く、それはミックステープ時代もそうで、色々なテープがリリースされていました。
 特にその年を代表する曲が網羅された「Best of ??年」的な作品は、色々なDJが作っており、リスナーの需要と相まって、結構売れていたテープだと思います・・・個人的な見解だと、コアなユーザーよりも、ライトユーザーに強く売れていたような気がします。

 その中で、Komoriさんのコレは鉄板で、歌モノ系が好きな方だったら手に取った方が多いのでは?と思います!!

 Komoriさん自体、代名詞でもあるマンスリーミックス「Monthly Fruits」の功績があって、シーンからの支持は強かったし、内容も一般の方でも聞きやすい反面、コアなユーザーでも響く内容になっている点は秀逸で、その流れからこのベストモノも売れていた印象があります。
 当時の私は残念ながらオンタイムで買ってはいませんでしたが、DMRなどを中心に幅広く売られており、普段、アナログ盤に接していないユーザーなども多く買っていた印象があります・・・なんでしょう、タンテを持ってないけど、こういうR&Bが好きな女の子が買っていた印象があります??

 
 そんな訳で、いわゆる「新譜モノ」になってしまうので、私の嗜好からズレるので、今まで紹介をしなかったのですが・・・コレクト的にはしっかりと揃えてあります(^^;)

 一応、99年の1作目から始まり、05年の第7作までリリースしており・・・結構、売れているはずなんだけど、意外と揃えるのが大変なテープかもしれないですね~
 個人的な感想は、中古だとケースが汚れている(傷ついている)のが多いと思ってて・・・悪い意味になっちゃいますが、こういった音楽ソフトを丁重に扱わない方(=ライトユーザー)に売れていたんだな~と一方的に思っています・・・あまり信じないでくださいね(^^;)

 では、作品の紹介です~


DSC00305.jpg DSC00304.jpg
 
 内容的には1999年にリリースされた歌モノの総決算的なテープで、ジャケがDes'reeの12inchネタな時点でグッときたりしますが・・・聞いてて「懐かしい!」な感じでした(^0^)

 99年というと、まだちゃんとHipHopとかR&Bの新譜を買ってたり、Cypherなんかを通して新譜に馴染みがあったりしてたので、微妙に青春な匂いがしてきます・・・
 レコは手元にはないですが、収録曲だと「TLC / No Scrubs」とか「Blackstreet / Take Me There」とか・・・当時、普通に好きで買ってた曲が多く、グッときました!

 ただ、コモさんらしいな~と思うのが、ヒット曲を多数選曲しつつ、渋い曲も多く選曲してて、それが嫌味になっていないのが素敵ですよね・・・
 個人的には、数年前までTBSラジオのジングルでよく使われていたことで知った曲「Sonya / Never Knew Love Like This Before」のようなマイナー曲(カバー曲だけど)を既にプレイしてたりし・・・やっぱりコモさんって耳が良いんだな~と思ったりしました。

 また、ミックスも「おっ」となるところがあり、流石です・・・

 全体的には、ストーリー性などは少ないのですが、近いグルーブの曲を上手くまとめつつ、スムースなミックスが心地よい中で、これも懐かしい「Les Nubians / Makeda」であれば、大ヒットしたSpinnaのリミックスからプレイし、絶妙なタイミングで、同じレコに収録されていたアーバンテイストなドラムンミックスにクイックミックスし、グルーブを絶妙に展開させる・・・という技もあり、流石です!!
 先ほどの「耳」の話にもつながるのですが、間違えない選曲のチョイスと、そのチョイスを光らせる技があるんですよね・・・この展開は聞いてて思わず悶絶してしまいましたよ(^0^)


 
 そんな訳で、この時代を生きてた方なら「懐かしい!」と思う作品でありながら、コモさんらしいDJミックスが冴え、今でもしっかりと聞ける作品かと思います!!

 このシリーズ、探せば普通にあるテープなので、お好きな方は頑張って探してくださいね~



<Release Date>
Artists / Title : DJ Komori 「The Sweetest Fruits '99」
Genre : R&B、Pops、UK Soul・・・
Release : 1999年12月
Lebel : Undaprop Wreckordz UWT-033




-----------------------------------------------
-----------------------------------------------
今回の本題(釣果報告)

DSC00292.jpg

 ん、なんだ、このカラフルなテープは・・・分かる人には悶絶でしょうか?

 今回、コモさんの作品を紹介したのには理由がありまして・・・文中でも登場したマンスリーミックス「Monthly Fruits」を奇跡的に大量入手したからです!!

 テープ掘りをされている方なら分かるかと思いますが、マンスリーにリリースしていただけあって、恐ろしい数のテープがリリースされている・・・けど、内容が新譜ミックスなのでアレかな~という感じで、真剣に集めている方が少なく(?)、私もスルーすることが多かった作品です・・・

 入手したのは、ほんと偶然で、渋谷の某●コ●ァンで・・・週末に違うレコ屋(ユニオンじゃないよ)で欲しいDiscoのレコが新入荷したようだったので、そのレコ屋の開店を待つ為に暇つぶしで行ったら、超破格値で今回のコモさんのテープが大量放出されてて、店員さんが引くぐらい、全部買ってやりました!!

 某は、基本的にはブートモノは扱わないスタンスがあるので、ストリートなミックステープ(ミックスCD)はご法度で、私のテープ捜査網の対象外ではあったのですが、別の売り場で突然少量のミックステープが捨て値で置いてあり、これに勘が働き、他の売り場も探してみたら、まさかの大量放出で・・・昨年のブッタに引き続き「●コ●ァンの奇跡」を味わいました(^0^)
 あまりにも量がありすぎて、恥を忍んで店員さんにカゴを貸してもらう程の量で、それをレジに持って行き、店員さんを含む周りの人からの好奇な目線を忍びつつ、心は「ガッツポーズ」でお会計・・・その後、開店待ちをしてた某レコ屋さんでも狙ってた12inchが買え、久しぶりに運が良かった一日でした!!


 んで、今回の大収穫、ほんと奇跡で、私の中での「謎」を払拭してくれた出会いでした!!

 本数で行くと50本越えで、全くダブりがなく、後半のシリーズが結果的にフルコンプ(!)でした・・・これがあったので色々と分かったことがありました。

 凄いマニアックな話で恐縮ですが、今回紹介した「The Sweetest Fruits」と、毎年夏場に紹介をしている「Ocean Fruits」において、ある時期からの作品には、今回大量ゲットしたMonthly Fruitsの通し番号が発番されており、これらのシリーズの関係性が分からなったんですね・・・
 各種資料を読んでいて、SweetestやOceanがマンスリーの特別編としてリリースされていたのは分かっていたのですが、タイミングや経緯、そしてSweetestやOceanの初期のには通し番号がないなど・・・全容が掴めない状況で、それがあって、今回のSweetestは紹介出来なかった状況でした。

 ただ、今回のゲットで、照合し直したら、ちゃんと規則性があることが分かり、これらのテープの関係性が解明しました!!
 また、マンスリー自体も、今回のゲットで、その全容がほぼ解明出来ましたので、それも嬉しかった・・・未ゲットな番号も把握できたので、これからはコレも頑張って掘るぞ!!

 そんな訳で、その研究の成果は、下記のKomori作品のindexに書きましたので、収集される方は参考にしてくださいね~


   DJ Komori 作品リスト
 
 
DSC00303.jpg

 そして、今回のコモさんのマンスリーに関しては、リリースに関する謎も解けましたが、それ以上に痛感したことがあります。

 これらのテープ、およそ7年間ぐらい、マンスリーとして出し続けていた訳ですが、ココまで長期間に渡ってクォリティーの高い作品をリリースしていた点は評価せずにいられません!!

 マンスリーって、基本的に「消費物」な側面があり、ある意味「聞き捨て」な作品なんですよね・・・その「リリースされた時」にしか価値が無く、数か月経過しただけで古いものになってしまいます。
 作る側も、そのことが分かって作っているし、聞く側もそうだと思います・・・こういった点があり、私自身、あまり評価をしない(=好きじゃない)作品でした。

 ただ、コモさんのに関しては、色々なDJが同様な作品を作っていた中で、圧倒的な安定感があったからこそ、ここまで続けこれたんだと思います・・・今回の研究で身を持って痛感し、これはホント素晴らしいことだと思いました!!

 コモさんのマンスリーは、作品の性質上、作品単位で紹介することがないと思うので、こういった形での紹介になりましたが、ホント価値がある作品です・・・上手く表現は出来ませんでしたが、私からのリスペクトを研究という形で捧げたく、別記事を書いてみました・・・


 また長くなってしまいましたが、テープを掘るという行為は、ある意味「研究」になります・・・

 私自身、こういった謎を解明するのが好きだったりするのですが、たかが10数年前の話なのに、分からないことだらけです・・・
 ただ、そういう謎を解明する過程で、作った方々の苦労や作品の素晴らしさを知り、更にその作品が好きになったりするようです・・・

 まだまだ研究しないと紹介出来ない作品も多いので、これからも頑張って掘り、楽しみながら研究をしたいと思います(^0^)


 ちなみに、早い者勝ちかもしれないですが、某レ●ファ●、珍しくBlastも捨て値でボチボチ放出されてましたよ・・・場所は秘密ですが、某はドンキ的な探し方が重要です(^^;)
 あと、ユニオンのGWセール、今回もDisco系があまり強くなく、個人的にはちょっと残念ですが、毎度のN村さんのテープセールに戦々恐々・・・いくら使うんでしょうか(--;)






スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
記事とは無関係ですが・・・
NoriさんのDJ、最高でした!
書かずにいられないので、レポート(?)を

序盤は、前のdjの流れを引き継ぐ形で(多分)現行的な4つ打ち
そこから、なんと80年代シカゴハウス(主にtrax)に回帰!
次はフランキー繋がりで90年代ディープハウス
そして、(多分)期待されていたガラージクラシックへ!

大まかな流れはこんな感じでした。5時間弱のセットでしたが、あっという間の音楽旅行でした♪あまり好きじゃなかったシカゴハウスにあれだけハメられるとは・・・
後、ガラージ以降はビートマッチせず、ほぼロフトスタイルでしたが、バッチリ繋がっていました!
終わった後にnoriさんと少し話せたのですが、とてもいい人でした(^o^)

最後に、知ってる限りでプレイされた曲を
dreaming a dream
first true love affair
Now that we found love
Star child

長々とすいません!あまりの嬉しさに、伝えずにはいられなかったので(^o^;)
2014/04/30(水) 07:55:02 | URL | kyk #-[ 編集]
Re: 記事とは無関係ですが・・・
>kykさん

いつもお世話になっております!!
ノリさんの件は、ご報告をお待ちしてましたよ!!

いや~、イイですね!!
いわゆるHouse系のDJっていうと、ダンスをさせる為のイメージがあるんですが、その中で優れたDJは「音楽旅行」に連れてってくれるんですよね・・・kykさんからのレポを読んでると、私もその場にいたかったぐらい、素敵な時間だったでしょうね・・・
私も、つい最近だとAcid系の音ってあんまりすきじゃなかったのに、Emmaさんのプレイでヤラれたり・・・これこそ「DJ」の冥利なんでしょうね!!

私は、上手く仕事が終わって行ければダニーのパーティーに行ってきますよ!
連休前の出勤なので、早く帰れることを祈るばかり(?)ですが、踊ること、そしてDJを楽しむことが分かる方がおられるのは大変心強いです(^0^)
私もちゃんと行けたらレポしますのでお待ちくださいね~

ではでは、今後とも宜しくお願い致します(^0^)




2014/05/01(木) 23:58:49 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
こんにちは
おお~!私はMONTHLY FRUITS集めてました!日本のテープは若かりし頃、金銭面に余裕がなく、あまり買っていなかったんですが、これだけは新譜の情報という意味でも、クオリティーの高いスムースなミックス作品という意味でも、絶大な信頼を置いてました!文中の「圧倒的な安定感」、まさにその通りですね!このプラケースを見るだけで、ちょっと胸キュンですv-22

本当に日本のDJって無名でもクオリティが高いですよね。海外DJのテープって、有名でも構成が雑なことが多いんで、本当に日本の底力というか、「技術大国ニッポン」をミックステープの中にも垣間見る気がします。私としては、その雑さも一回りしてストリート感として認識するのですが…。でもTONY TOUCHのテープはすごく丁寧に作られているので、KOMORIさんのテープと同じく無条件で信頼してましたv-22私の場合、TONY TOUCHに関しては秀逸なイントロとか、ハンパない人脈から来るフリースタイルなども相まって完全に信者になってしまい、全てのHIP HOP/R&Bミックスを聴破することが人生の目標のひとつですv-22

でも言うほどDIGはできていないので、管理人さんを本当に尊敬しています!!ライバルだなんてとても言えないくらいレベルが違くて!GWも休みなしなので何もしてないですv-12代わりにこちらのブログで日々勉強させてもらいますv-22また、フライヤー企画も本当に感銘を受けました!私としては世代が微妙にズレていて、ジャストミートはしなかったのですが、「生き証人」とは本当にこのことだなと…。

日々精進いたします!!v-221
2014/05/04(日) 09:52:14 | URL | ねりごま #bCJt4Luo[ 編集]
Re: こんにちは
>ねりごまさん

いつもコメント、ありがとうございます(^0^)
コメント返しがちょっと遅れてすみません・・・GWは暦通りのお休みを頂いてて、いろいろと忙しかったもので・・・

おおっ、マンスリー買われてましたか!
私はあの当時、新譜はあまり興味が無くなっていたので、スルーをしてたのですが、コモさんの他の作品だったり、これだけマンスリーを人気を失わずリリースしていたことを考えるとホント「安定感」が半端ない!と思いました。

新譜のミックスって、実は結構難しいジャンルだったりするんですよね・・・
単発で1本出すなら簡単に出せるけど、それを計画的に出すことは、全ての新曲がボムとは限らないので内容が平坦になったり・・・あるいみ「まんねり」になっちゃうので、作る側がちゃんと意識をもって作れるかがポイントなのかな~と思いました。
そこにおいては、ねりごまさんが指摘する「日本人としての丁寧さ」はあるかもしれないですね・・・コモさんのマンスリーに関しては、集めてみて分かりましたが、イイ意味で計画的に作られて(ジャケやプラケースの変化など)おり、真面目に作ってたんだな~と思います。
他のDJも色々と作っていますが、どこかで折れちゃう人が多い中、コモさんのは成功例である以上に、努力とセンスの良さがあってなんでしょうね!!

ちなみに、私も海外系のは一回りして、あの「外人にしか出せない雑さ」が大好物です(^^;)
私の中での一番はKid Capriなのですが、Tony Touchも結構好きになりました・・・本当に雑なのはまだ苦手ですが、適度に雑なんだけど、人間味が出ている人のは好きですね!
ただ、英語力が低いので、途中でマイクとかが入った時が理解出来ない時があり、そこは何とかしたいモノです・・・


ではでは、今後とも宜しくお願い致します(^0^)
お仕事も頑張ってくださいね!!
私は今日も掘りに行ってきます~(^^;)





2014/05/06(火) 08:16:06 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック