HipHop,R&B,Soul,Funk,RareGroove,DanceClassics,Garage,House・・・など、私が気に入っているMixTape,MixCD,その他もろもろを紹介するブログです。
Danny Krivit 「Danny Krivit Japan Tour 2014」(@表参道ORIGAMI、2014/5/2)
DSC00326.jpg

 今回のGWは2部構成な方が多いかと思いますが、2部の始めは、予告通り(?)踊りに行ってきましたよ!!

 久しぶりにDanny先生のプレイを最初から最後まで聞けて大満足です(^0^)



DCIM0135.jpg

 昨日は、毎年恒例にもなっているDanny KrivitによるGWツアーの東京公演として、昨年にオープンしたクラブ「ORIGAMI」でのプレイに行ってきました!

 ブログでは、定期的にDannyのことを書いているような気がしてアレですが、ここ数年は、仕事の都合などで朝方しか行けない(残業が遅くって夜中から行けない・・・)ことが多く、悶々としていましたが、今回は無事に夜中から行ってきました~
 ちなみに、連休前の平日とあって片づけないといけない仕事も多かったのですが、日中に「ちゃんと定時で帰る!」と念じながら仕事をしてたので、なんとか家に帰ってから仮眠をとれる位の時間には帰れました・・・よかった、よかった(^^;)

 そんな訳で、ORIGAMIに到着したのが12時ちょい位です・・・

 このクラブ、表参道の交差点付近にあり、立地条件は悪くなく、前評判では音も悪くは無い・・・との情報があったので、少し期待をしていきました。
 「INFINITE SYSTEM」なるアメリカ等では人気のサウンドシステムをアジアで初導入したそうで、新しモノ好き(?)として、どのくらい踊れるのかを主眼点に行ってきましたよ・・・

 まず、クラったのが、店員さんで、皆さん正装でネクタイを締めている方が多く、いわゆる「黒服」的な感じでした・・・入口のIDチェックの時点で厳しく、その時点で「あれ、クラブだよね・・・」と思う部分が多かったです。

 店内も、どちらかと言うとBar/ラウンジ的な要素が強く、ダンスフロアーよりも座るスペースの方が広いというか・・・少し違和感はありました。

 特に、ダンスフロアーは、尺で考えたらairぐらいなのかもしれないのですが、とにかく踊りづらく(すみません・・・)、構造面の考え方がちょっと違うのかな~と思いました。
 フロアーは木板なんだけど、人が入ると踊りづらいという意味で「狭い」んですよね・・・だけどDJブースは異様に広く、踊ることはそんなには考えてないのかな~と思いましたし、運営面の事でも色々と思う部分がありました・・・

 また、客層的にも、印象的にはオシャレな若者が騒ぎに来てる・・・みたいな感じで、他のクラブとはちょっとずれますかね??
 年代的には渋谷のVishionぐらいなんですが、原宿っぽい感じの子が多く、元気にナンパをしたり、酒で盛り上がっている感じです・・・昔、表参道~青山方面にあるクラブって、凄い「大人」なイメージがあったのですが、時代が変わってきたんですかね~



DSC00327.jpg DSC00328.jpg
DSC00329.jpg DSC00330.jpg


 そんな訳で、オッサンの愚痴から始まってしまいましたが、肝心のプレイは流石で、久しぶりにガッツリ踊ってきましたよ(^0^)

 12時頃に入った時点で結構混んでて、その時点で踊りにくかったのですが、Warm UpのDazzle DrumsさんのDJでならしはじめ、1時ごろからはDannyがプレイをし始めました・・・先ほども紹介したDJブースが高台形式になり、プレイ姿があまり見れないので、いつから始まったのかは分からなかったです(^^;)

 まず、今回はちょっとアクシデントがあり、プレイし始め、乗ってきたな~と思った2時前位に、PAが落ちてしまい、音が出なくなってしまい、客電が点灯しました・・・ああいう瞬間って、なんで「がさ入れか?」と思うんでしょうね(^^;)
 
 この点は、実は「音」の点にも繋がるですが、最後まで踊ってたら耳が馴染んできたので凄い良かったのですが、システムにおける「ロー」が少ないかな~と思いました・・・
 DazzuleさんのDJの時点で、体にローが当ってくる感じが少なく、ちょっと物足りないな~と思っており、DannyのDJに代わって、先生もそう思ったのか、割と出音を高めてきたな~と思った矢先に音が出なくなりました・・・恐らく、アンプが飛んだのかもしれないですが、airとかで慣れていると、出音の少なさは感じるかもしれないです。

 ただ・・・後での話にはなりますが、踊り込み始め、音が耳に馴染んでくると結構イイですね!!
 いわゆる「音が降りてくる」感じで、中~高域は流暢に出る感じで、メロディーはしっかりと芯があり、ダンスに集中し始めると結構行けました(^0^)
 

 んなわけで、今回は話が脱線ばかりになりますが、2時前ぐらいから仕切り直しでプレイをし始め、そこからはノンストップでDannyらしいプレイが堪能できました!!

 正直、ピーク時には踊るのが大変だったりしたのですが、Dannyらしい美しさのあるHouseを中心に攻めて行き、盛り上がりたいお客さんを楽しませつつ、ポッとDannyらしい渋い選曲/グルーブが感じられ、かなり楽しめました。

 4時前ぐらいだったか、まだ込み合って踊れない状況で、Frankie追憶プレイをしつつ、その後に哀悼をささげるかのようなメッセージが入った渋いGarage曲をプレイし・・・つい涙が出てしまいました。
 私はHouseクラシックが実は殆ど知らない(曲は知ってても曲名が分からない)のが多く、Frankieの曲は分からないのですが、今回のDannyのプレイでは、聞いてて「Frankieらしさ」を押し出したプレイで凄いイイんですよね・・・王道のHouse的な高揚感というのか、ハッピーなバイブスがある感じですかね?

 ただ、ここでDannyらしいのが、安直な方法では盛り上げないって部分があり、今回は「Whistle Song」を最後までプレイしなかったですね・・・この辺はHouseにおける「耐える」って部分もあれば、Dannyの素晴らしさにもなるのですが、知らない曲でロックしてくれる点は流石です!!
 ちなみに、House系のパーティーではお馴染みな笛のお兄ちゃんもおられ、自分たちの気持ちを代弁するかのように笛(Whistle)をピーピー吹いてくれましたが、Danny先生、タイミングが合わなかったのか、プレイしてくれませんでした・・・残念!!
 

 んで、朝方になると、フロアーも空き始め、いつもフロアーで見かける畏兄&畏姉の顔が目立ち始め、私もダンスが更に加速していきました・・・いつも書いてますが、踊るのは気持ちいいですね!!

 段々とDannyも、システムの特性を掴んだのか、Dannyらしいプレイをし始め、気持ちいいグルーブの元、私のステップも加速し始めます・・・例の如く、周りが疲れ始めているのと逆行し、むしろ元気に踊ってました(^^;)

 恥ずかしい話ですが、30を過ぎ、結構「体重」や「お腹の肉」を気にするようになり、ここ最近、食べるものを注意するようになったら、体重が落ち始め、今は去年の一番肥えてた頃(?)よりも5キロぐらい減ったんですね・・・
 そうしたら、凄い体が軽くなった感じがあり、最近は凄い踊りやすいんですよ・・・昨年のelevenの閉店でJoeやTimmyのロングセットを体験し、限界を超えた点もあったり、踊り筋肉が実は鍛えられてたりで・・・若い頃よりも踊れるようになっています(^^;)

 そんな中、やっとレコ写の話で、分かっている人が残り始めた朝方になると、待ちに待っていたクラシック系の楽曲をプレイし始め、写真の「Shalamar / Right in the Socket」や「Cerrone / Give Me Love」をプレイし始め、歌い踊りです!!
 クラシックは正直少なかったのですが、アンコール前のラストでは、中盤のブレイクから「Sylvester / Over and Over」をプレイし、鳴った瞬間から飛び跳ねて踊ってました(^0^)

 そして、アンコールが渋くって、何曲かプレイした後、多分Go BangのHouse Remix(?)をプレイし、タンテの電源を落として徐々に曲の早さを止める(分かる?)プレイからの「Keni Burke / Risin' to the Top」にはヤラれました・・・
 ローが弱いと思ったスピーカー群から、印象的なベースラインが入ってきて、プレイの仕方も込みで「流石Danny!」と思いつつ、歌いながら踊りました!!

 んで、店的には5時終了のはずが、Danny先生の愛のあるプレイのおかげで7時まで踊れ、最後はDannyクラシックな「Paul de Souza / Sweet Lucy」で最後のダメ押しダンス・・・今回は気持ち良く踊りきれました(^0^)


DCIM0136.jpg

 そんな訳で、本来は帰り間際のフロアー写真を載せるべきところですが、店の写真チェックが超厳しく、撮影が出来なかったので、悔し紛れに出口を撮影してきましたが、結果的には大満足でした(^0^)

 多分、店的には、今回の主催でもある「King Street Sounds」さん的な、NYのオシャレなHouseを望んでて、Dannyは当然それが十二分にも出来るので、今後の展開もあるのかな~と思いましたが、ダンスをする立場からするとチョット辛いっすかね??
 まあ、TimmyとJoeは絶対にプレイしない感じ(?)があり、ハードコアなダンサー陣には厳しいですかね・・・なんか、真剣に踊ってもイイお店が少なくなってきちゃいましたね・・・どうでしょう??


 んでは、今回は愚痴の方が多かったレポでした。

 ちなみに、明日のN村さんのテープセール、今回は(今回も?)気合を入れて買いに走りますよ・・・期待してください!!
 






------------------------
追記(2014/05/06)
 他の方のパーティー感想を読んでいたら気付いたのですが、文中の「Frankie追憶プレイ」の話は、もしかしたら私の勘違いかもしれないです・・・Frankieの曲ではなく、普通に90's Houseだった可能性が高いです(--;)
 こういう曲もチャンと勉強しないとイケないですね・・・参照先としては、当日も元気に踊って歌っていたDazzle DrumsのNagiさんのブログをご参照ください・・・





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
待ってました♪
お仕事、早く終わって良かったですね!実はオレ、密かに祈ってましたよ(笑)

やはり外タレを呼べるくらいのメジャー(?)なハコは、ライトな(?)お客さんを多く取り込まないと経営的に厳しいのかな?
そうやって「社交場、騒ぐ場所」的なスタンスだとオレ達みたいなコアな(バカな?)連中は、いろんな意味で肩身が狭いっすね・・・( ̄^ ̄)

まあ、djさえ熱ければ周りを気にせず踊りまくるから、大丈夫っすよね!

ただ、定期的に外タレが来てくれるのは都内の強みだと思います。やっぱ羨ましいです・・・

Shalamerのあの曲は最高っすよね♪ガラージクラシックの中でもオレ的にかなり上の方です!
ではお互いこれからもkeep on dancinで!(^o^)v

PS GW中の釣果報告、ブッ飛んだのを期待してますよ(笑)
2014/05/03(土) 17:14:17 | URL | kyk #-[ 編集]
Re: 待ってました♪
>kykさん

コメント、ありがとうございます(^0^)

まあ、一般のお客さん(?)との兼ね合いはお店を存続する上でも重要ですよ・・・私はドリンクには殆ど投資(?)をしないので、営業的な貢献をしてくれるのは大切ですね(^^;)

そして、都内はやっぱり海外の有名DJが来るのが強みかもしれないですが、一概にそうとも言い切れない部分もあります。
Dannyに関しては、しっかりとDannyの音楽が分かる人がいる地区のパーティーも熱いらしく・・・今年のツアーでも行かれる札幌と滋賀がそうと言われています。
札幌は、元々Houseが熱い地区として有名ですが、滋賀ですよ・・・Moveというクラブで、ここでのダンクラセットは有名で、一度は行きたいクラブなんですが・・・こういう所があるので、都内がイイとは言い切れない部分があるかな~と思っています。
滋賀に関しては、ここのオーナーさんと、パーティーを支える参加者の熱意が押している部分があるようで、一番理想的な形でパーティーをしていると思います・・・きっと、そこには「音楽愛」があるんでしょうね・・・この点は都内だと正直薄く感じる時も多かったりします。
それこそ、そのDJの「音楽を聞きにいく/踊りに行く」と言うよりも、その店で「騒ぐ」為になっている部分もあり・・・音楽が中心でないのはちょっと寂しいものです。

なんか、上手くまとまらなかったですが、地方も馬鹿にはできないです・・・その地元で頑張って支える人たちがいて、その人たちの努力があってのシーンなので、kykさんも頑張ってくださいね!!
私も、シーンを育てるという訳ではないですが、若い子たちに「踊るってイイ!」みたいのを植え付けたいと思います(^0^)

ではでは、今後とも宜しくお願い致します(^0^)

追伸
今月はBody&Soulがありますが、仕事都合と諸々で今年は不参加です~(^^;)



2014/05/04(日) 08:39:40 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック