HipHop,R&B,Soul,Funk,RareGroove,DanceClassics,Garage,House・・・など、私が気に入っているMixTape,MixCD,その他もろもろを紹介するブログです。
DJ Bozmori 「Mid 90 Rap」
DSC00728_20140831163810d89.jpg

 先週は「熱いですね~」と書きましたが、今週は「涼しかった」ですね(^^;)

 涼しいのは過ごしやすくってイイのですが、夏らしくないのも寂しいですね・・・ちょうど今日がそうだと思いますが、夏が終わっちゃうみたいな空気感があり、ちょっと寂しいかな??
 
 そんなわけで、少しひんやりとした今週に聴いた作品の御紹介です~


bozmori_00.jpg DSC00730_20140831163823053.jpg

 今回は、実は初めて作品を紹介する「DJ Bozmori」さんの人気作品の紹介です!!

 まず、Bozmoriさんの紹介からいきましょう・・・

 Bozmoriさんは、現在は杉並区阿佐ヶ谷を中心に活動する「A.B.P」に所属するDJで、あまり有名な方ではない(すみません・・・)が、ミックス作品が好きな方ならお好きな方が大変多いかと思います。

 HipHopをベースに、SoulやRareGroove、DiscoやR&Bなど、様々な音楽を操るお方で、いわゆる「掘り」という考え/姿勢がDJスタイルの根幹にある感じで・・・MUROさん以降の「日本のDJ」らしい奥の深さがあるDJだと思います。

 私も凄い追ってはいないので、明確な表現が出来ませんが、ミックス作品を聴いている限りだと、選曲の広さ/深さ/面白さを出しながら、骨のあるDJミックスがあり、かなり好きなお方です・・・
 なんでしょう、ユニオンでBGMでミックスCDがプレイされていたら、掘りの最中に数分間聞いただけでヤラれちゃう・・・そんな良さがあると思います。

 んで、ミックスCDは全ては集めてなかったのですが、Bozさんがキャリア初期に作ったミックステープ「Dee Jay Bozmori」シリーズが無事に揃った(これも内容がメチャクチャ良い!)ので、Bozさんのことを紹介しようとなり・・・聴きこんだのがこのテープでした!

 この作品は2007年ごろにリリースされた作品で、下でも書きますが、CDと併売の作品で、CDを念頭においた作品(ワンミックス)になります。
 
 では、作品の紹介にいってみましょう!!


DSC00732.jpg DSC00731.jpg
DSC00733.jpg DSC00734_20140831170547913.jpg

 この作品は、タイトルの通り「90年代・中頃」のHipHopを中心にミックスした作品で、かなり内容の良い作品です。

 90年代中頃というと、私が正にそうですが、DJブームにのってDJを始めたり、日本語ラップブームが起こったり・・・その当時の空気感が詰まっている時点で、オッサンには直撃なのですが・・・そういった個人的なプラス要素(?)を差し引いても、素敵な選曲とミックスが味わえます。

 選曲的には、あの時代特有のクールなサンプリング感のある「US系のHipHop」と「日本語ラップ」が上手く混ざった選曲になっており、質感的には冷涼感のある感じにまとめられています。

 それこそ、テープを聴いて思わず買い直してしまった「The Fabulous Five / Leflaur Leflah Eshkoshka」や、今ではアンダークラシックとして名高い「Da Grass Roots Music / Drama」などのUS産HipHopや、今でもマイクラシックな「King Giddra / 大掃除」「Rhymester / 報復(Payback)'95」などの日本語ラップをプレイしてて・・・個人的にはツボすぎます!!
 
 もー、高校生だった自分が、夢中になっていた曲が多く、グッときます・・・おそらく、Bozさんも私と同世代(私は1980年生まれです)だと思いますが、あの当時のHipHopなり日本語ラップにしかない「空気感」を上手くミックスしてて、最高です・・・
 時期的には94年~96年ぐらいの曲ですが、独特のクールネスがあり、イイんですよね・・・なんでしょう、聴いているとビートに合わせて首を振ってる感じのグルーブで、ミックス全体が上手く統一されてて、大変気持ちいいです・・・

 それも、US産HipHopと日本語ラップを上手く混ぜているのが素敵ですね!

 これも、あの時代を経験した方だから出来る芸当(?)だと思いますが、個人的にはグッときました・・・当時、レコードを買ってた立場とすると、US産も日本語ラップも「壁がなく」買っており、その感じが出てるんですよね・・・
 なんでしょう、子供だったが故に深いことは気にせず、直感で「イイものはイイ」みたいな感じがあるんですよね・・・私も当時、自分用に作ったテープも、US産の間に、普通に日本語ラップをミックスしてたし・・・純粋に「90年代中頃」の空気感を出してるな~と思いました。


 そして、US産HipHopと日本語ラップを上手く融合させている背景として・・・Bozさんの「ミックスの良さ」が重要になります!!

 この作品においては、とにかく「曲の繋ぎ」が最高で、深く聴くと「うわ~、上手いな・・・」とヤラれる繋ぎが炸裂します!!

 例えば、写真にも出した「Rhymester / 報復(Payback)'95」であれば、その前の曲でプレイしてた「DJ Krush / Roll & Tumble」の上ネタ音を生かし、イントロがそのネタ音と似ているライムスに絶妙なタイミングでミックスします・・・聴いてみないと分からないかも知れないですが、凄く上手いです!

 他の個所でもグッとくる繋ぎが炸裂で、上ネタだったり、ビートだったり、前後の曲の似ている部分を上手くミックスすることで、グルーブがしっかり繋がったミックスになっており・・・この効果があることで、US産HipHopと日本語ラップが更に融合していると思われます。
 ミックス自体は2枚使いなどがなく、淡々と進んでは行くのですが、この「繋ぎの上手さ」が光り、とにかく気持ちいいグルーブが流れていく感じは流石の一言・・・気づいたら首を振ってたり、その曲の歌詞をつぶやいちゃったり・・・ミックス全体の良さにもつながり、素敵です!!



 作品の紹介は以上で、ホント素敵な作品です。

 個人的には「90年代中頃」の「あの空気感」を上手く引き出しているのが感涙で、これは中々作れないミックスですよ・・・当時を知っている方なら直撃だし、知らない方でも十分楽しめる作品です。
 もうちょっと上手く紹介をしたかったですが・・・久しぶりに「DJの選曲」と「DJミックス」の良さが生きた作品に触れあえたな~と思いました(^0^)

 そして、この作品、CDの方が買いやすい作品なのですが、この「空気感」を正しく出そうと思うと、時代的には「テープ」の方が良く、2007年という時点でテープも出してくれた点はリスペクトです!!
 テープ版は中々出ない(私も最近買えた)ですが、本格派志向のテープ馬鹿さんは、是非テープで聴いてみてね・・・今の時期も合うのですが、冬の時期にショックウェーブ×ヘッドフォンで行くと、かなり良さそうです(^0^)



<Release Date>
Artists / Title : DJ Bozmori 「Mid 90 Rap」
Genre : HipHop、日本語ラップ・・・
Release : 2007年3月
Lebel : Pyramid Recordz PRZ004


Notice : CD版について

DSC00729.jpg

 文中でも触れましたが、この作品はCDがメインの作品なので、上記のようなCD版もあります。
 なお、私は持ってないのですが、この作品の派生作品で、日本語ラップだけをミックスした「裏版」があるそうで、そちらも良さそうですね・・・






----------------------------------------------------------
<短めな独り言 aka 業務報告>

 ちょこちょこ書いてますが、9月は結構忙しく、残念ながら今週末の「新宿ユニオンのテープセール」は仕事帰りの参戦です・・・今回もゴツいのが多く、イイのが残ってることを願います(^^;)
 愚痴になりますが、9月は土曜がほぼ全部仕事みたいな感じで、ユニオンのセール的には痛い仕事状況です・・・自分にとって「ああ、その日はやめて・・・」と心から懇願しそうなセールが無いことも重ねて祈ります(--;)

   ↓

追記 2014/9/1 23:45
 え~、早速ですが「ああ、その日はやめて・・・」というテープセールが渋谷のユニオンで週末の土曜日に開催されるそうです(--;)

 リストの方がアレですが、写真の中途半端な大特価テープ(akaマニアックすぎて手を出す人がいないテープ)が素敵で素敵で・・・素敵だよ!(^^;)
 同日の新宿より、私的にはこっちがストライクなんですよね・・・夕方に渋谷も新宿もお邪魔しますが、イイのが残っていることを切に願います・・・あと地下の7inch放出でも欲しいのが出るようで、そっちも残ってるとイイな!!





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
このブログで良いなと思う事の1つは、「有名とマイナーを同列に扱う」というスタンスです。
今回のbozmoriさん、前回のharveyのように。

「有名あるいはレアだから、即良い」とは限らないと言うのは、良識ある音楽好きにとって最早常識ですが、やっぱり大切かと。
ローカルだから都内に劣ってるということも一概に無いですし(オレの地元にもスゴい人はいます)

今後もオブスキュアな秘宝(?)、楽しみにしてます♪

最後に、やはりオレも独り言でアレですが、結構前からbilly frazierのbilly who(故frankieのmixで知りました)がフェイバリットなんですが・・・オリジナル盤は安くないんですね。(5000は下らず、下手すりゃ万前後?!)
以前話したlustといい、オリジナルという分野はやはりコレクター泣かせなのが多いですね。オレはCD派なんですが、傍目に見るとある種の憧れがあります(^_^;)
未CD化もありますし・・・ではまた!(^_^)/
2014/09/01(月) 08:06:15 | URL | kyk #-[ 編集]
Re: タイトルなし
>kykさん

いつもコメントありがとうございます!

うふふ、そうなんですよ、有名な方ととマイナーな方を同列に扱うことは結構意識してやってたりします(^0^)
変な話、DJミックスって、そのミックスの「音」だけ聴いてたら、誰がプレイしてるかは分からないですよね・・・その限りでは、有名だろうが、無名だろうが「公平な状況」で、その状況で聴いて「イイ」と思ったモノを紹介したいな~と思っています。
最近は、ミックスCDの方が露骨ですが、名前だけで中古価格がついちゃうのも多く、そういうのはあまり好きではない(ひねくれてる?)ので、自分の耳が正直にイイナ~と思ったモノを紹介出来ればと思います。

あと、オリジナル版の話・・・これも大切なことだと思います。
ある程度、達観出来た(Discoは相当買いましたので!)ので分かったのですが、オリジナル版は音質がイイのもあるのですが、それを「探す過程」があるからこそ、愛着がわき、その曲が好きになる・・・みたいな流れがあると思います。
つまり、その曲を手に入れようと思えば、DLで簡単に出来ちゃう御時世ですが、あえて面倒な道を選び、その道を一歩一歩進むことで、その曲の「ありがたみ」みたいのも頂戴し、更にその曲が好きになる・・・そんな過程があると思います。
値段に関しては、正直、自分の収入と、レコードにどれだけお金を出せるかの階段を如何に登って行くかが大切で、私も段々と度胸(これが重要!)をつけたのが大きいですが・・・それ以上に「見つからない」ことの方が多いので、探し続けた過程からすれば、大枚出しても全然OKということの方が多くなったような気がします。
まあ、逆に、思いもよらぬところで安く買えたりも面白みの一つですが・・・レコードなりを「買う」という行為が楽しいからオリジナルを追ってるんですかね・・・変な話、MUROさん達がやっている「掘り」を受け継いで、楽しんでいるだけなんですけどね!

ではでは、なんか、テンションが上がって、長く書いてしまいましたね・・・すみませんでした(^^;)

これからも、色々と紹介しますので、宜しくお願い致します(^0^)

追伸 billy frazier、持ってないレコですが、聴いたら私もストライク・・・こういうBoogieっぽいのはイイですね!!



2014/09/02(火) 00:04:25 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
初コメント
はじめまして。いつも楽しく拝見させていただいています。自分も、特価品目当てで、ユニオンにいったりします。そういう中から選んだのが、いい作品だったりすると、うれしくなりますよね。
2014/09/10(水) 03:24:31 | URL | baba #-[ 編集]
Re: 初コメント
>babaさん

初コメント、ありがとうございます(^0^)

うんうん、特価品でイイのに当ると嬉しいですよね・・・レコードもそうですが、視聴なしで買って、家で確認したら思いのほか良かったら、凄い上がります!
ただ、テープの場合は、聞くのに時間がかかるので、表面的な部分だけしか喜べて無かったりします・・・もうちょっと聴ける時間があればいいんですけどね~(^^;)

ではでは、今後もお気軽にコメントを下さいね!
今後とも宜しくお願い致します。



2014/09/10(水) 23:52:36 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック