HipHop,R&B,Soul,Funk,RareGroove,DanceClassics,Garage,House・・・など、私が気に入っているMixTape,MixCD,その他もろもろを紹介するブログです。
DJ大自然 「Less Than 6 ?」
DSC00765.jpg

 今回は、やっとお話しできる報告があるので、その流れでこのテープを紹介です!!
 
 ブログを初めてもうチョイで6年目に突入・・・一歩一歩進んでいった結果かもしれないですが、こういうことを依頼されるのは嬉しい限りです(^0^)

daishizen_00.jpg DSC00770_20140928145949e6b.jpg

 この作品は、あの「DJ大自然」さんが発表をしたミックステープで、人気HipHopグループ「Jurassic 5」関連の音源のみでミックスした作品になります・・・当時は結構ヒットしたので、覚えている方も多いかと思います!!

 まず、大自然さんは恐らく初めて紹介をする方なので、簡単に紹介をしたいと思います。

 大自然さんはHipHop系DJ/Producerをされており、HipHopが好きな方ならご存知の方も多いかと思います。

 元々はラップグループ「トリカブト」のDJ/トラックメーカーとして90年代中頃より活動をし始め、グループの活動休止に伴い、ソロ活動を広く開始し、各種パーティーでのDJ活動、ミックスCDを中心としたレーベル(Soul & Pepper Productions)の運営、アーティストなどへの楽曲提供やバックDJなどをこなし、イイ意味で「DJでちゃんと飯を食ってる」お方になります!

 かなりインパクトのある名前(あの林檎さんも嫉妬したとか!)なので、名前だけは知っている・・・という方も多いかと思いますが、Seamoへの楽曲提供や、三浦大地さんのバックDJをしてたり、かなりメジャーな活動もされつつDJ仲間達と結成したユニット「Ultimate 4th」として地に足付いたDJプレイも行っており・・・かなり信頼できるお方だと思います。
 Ultimate 4thは、昨年のMIxtape Troopers大賞として紹介をしましたが、私的にはドストライクな音楽感で、HipHopを起点に様々な音楽をプレイしてて、大自然さんもそういったイイ意味で「大自然という名のノンジャンルな音楽姿勢」が感じられ、MUROさん以降の「日本のDJ」らしい部分が強く、信頼をしております!

 んで、ミックス作品としては、テープ時代は2本と少ないのですが、05年ぐらいから多数のミックスCDをリリースし、ミックスCDファンであれば、お好きな方が多いかと思います!

 CDに関しては、全然追えてない状況ですが、DJ Premier縛りのミックスや、ホーンネタがカッコいいHipHopのミックスなど、大自然さんの「アイデア」「感性」を生かした作品が多く、素敵ですね・・・
 ジャンル的にもメチャクチャ幅広く、聴いてるだけで「この人はレコード(音楽)が好きなんだな~」と思う感があり、最高ですね(^0^)

 なお、小ネタも入れておくと、あのタモリ倶楽部の「空耳アワー」に大自然さんが投稿した空耳が2012年の大賞に選ばれたそうです・・・これはメチャクチャ名誉なことですね(^0^)
 そして、先月には、待望のお子さんが生まれた(おめでとうございます!)そうで、家族を背負った責任を、絶対に仕事に生かしてくれると思うので、これからの活動が更に楽しみです!!

 では、作品の紹介にいってみましょう!!


DSC00767_201409281547398a3.jpg DSC00766_20140928154821e4b.jpg
DSC00768.jpg DSC00769.jpg

 この作品は、あの「Jurassic 5」の関連の音源でミックスした作品で、大自然さんらしい様々なアイデアが生かされたミックスになり、流石のクオリティーになっています!!

 まず、Jurassic 5ですが・・・嫌いな人はいないでしょう!!

 私も大好きで、高校生の時に最初のEP(写真左上)がManhattanで売ってて、それでヤラれたんですよね・・・時期的にはメジャーなHipHopが流行り始めた中で、西海岸系のアングラHipHopの一つとして紹介されていたのですが、昔からのサンプリングHipHopやOld Schoolの質感を大事にしてた点が個性的で、一発で好きになった記憶があります。
 流石に、私が大人になり、HipHopから興味が離れていった頃にはJ5のことを注目してない時期もありましたが、あのBig Daddy KaneとPercee Pを客演させたクラシック「A Day at the Races」(写真左下)などは、HipHopから離れていても耳に入ってくる曲(=ジャンル外にいてもカッコいい!と思える曲)が多く、凄い好きです(^0^)

 そんな訳で、この作品ですが、J5の曲や関連曲、そしてメンバーのCut ChemistとDJ Nu-Markが製作したソロ曲&外部曲(Remix曲)などを使用して、この作品が作られています。
 こういう「アーティスト縛りミックス」は、ミックス市場では定番中の定番で、もしかしたらJ5のも、他の誰かが作ってたりするかも知れないですが・・・深く聴くと、流石「大自然さん!」と唸ってしまう内容になっています!!

 まず、選曲面から話しておくと、有名な曲もプレイしつつ、アルバムオンリーの曲や色々な関連曲などをプレイし、大自然さんにしか出来ない幅広い選曲をしています。

 それこそ、デビューEPからは、シングルカットされた「Jayou」ではなく、私も当時から好きだった「Jurassic 5 / Action Satisfaction」をプレイしています・・・その後は、なぜか持っていたテープでの紹介(レコが持ってなかった・・・)にはなりますが、実質的なデビュー曲である「Jurassic 5 / Unified Rebelution」に軽快にミックスし、グルーブを繋げていきます。
 こういうアーティストミックスだと、知られていない曲を上手くプレイする点が差異になるので、目の付けどころが素敵です・・・私もJ5の全ての曲を捕捉してないのでアレですが、J5の別の魅力でもあるインスト曲や、スチャダラのNu-Markリミックスなどを入れてくる辺りは流石です!!

 そして、ここもイイな~と思うのが、さり気なく大自然さんの手による「エディット」が施された曲が多く、ミックスの内容を良くしています。

 ストリートヒットした「Jurassic 5 / A Day at the Races」や、J5のトラック組の華でもあるインスト曲/メガミックス曲のセンスが爆発した「Jurassic 5 / Swing Set」などは、かなり分かりづらいエディットではありますが、元ネタなどを駆使して、曲を良くする意味での手が加わってて、イイですね・・・聴いてると「おっ」となる部分も多数あります。
 この辺が「DJ/トラックメーカー」のセンスが生きた部分で、上手いですね・・・今でいう「リエディット」的な発想に近く、その曲が好きで、更に好きになるための措置みたいな感があり、素敵です(^0^)



 あんまり上手くまとめられませんでしたが、大自然さんのセンスと手腕が生きた作品で、一般的なアーティストミックスを楽勝で越えた作品になっています!!

 それこそ、アンオフィシャルでありながら、そのアーティストから絶賛される内容とも言え、素敵です・・・Noticeの部分でも書きますが、この作品の発展作品のCDではJ5のメンバーからのシャウトも入っており、ある意味、非公式な「ベスト盤」ですね(^0^)
 テープも、このテープの再発CDも、割と出やすい作品なので、興味がある方は探してみてね・・・特にJ5が好きな方は、知らない曲も多く、結構ヤラれると思いますよ!!



<Release Date>
Artists / Title : DJ大自然 「Less Than 6 ?」
Genre : Hip Hop、Breakbeats・・・
Release : 2005年5月
Lebel : Soul & Pepper Productions DSZ-002

Notice : 再発CDについて
 この作品に関しては、2006年に2枚組の再発CDが出ています。
 また、2009年には、この作品の発展作品として「LESS THAN 6+ 」という作品が出ており、そちらは全く別作品(Spin Off作品?)で、曲数や内容が強化され、J5のメンバーからのシャウトも入った作品になっているそうです・・・探して買わなきゃ!

 なお、憶測での話になりますが、タイトルの「LESS THAN 6」って、6人組なのにアーティスト名が「5」になっているのをイジった点を指摘してるのかな・・・最初のEPにもプロダクションチーム名みたいな形で記載があり、そこから作品名を拝借したのかな・・・どうなんでしょう??




-----------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------
<業務報告>

daishizen_01.jpg

 今回の記事に関しては、こちらの方が本題です!!

 やっとの報告になりますが、大自然さんがメンバーを務めるDJユニット「Ultimate 4th」の初のメジャー作品である「Let it Groove」において、私が作品の紹介文章などを担当させて頂きました!!

 「Ultimate 4th / Let It Groove」
  (ユニオンさんのページにリンクを貼りました)

 この作品は、UKの名門レーベル「Freestyle Records」の音源において、新録Funk関連の曲を軽快にミックスした作品で、来月の10月22日に発売予定の作品になります。

 私自身、Ultimate 4thさんなり、各メンバーさんの作品が好きで、ブログなどで紹介をしていましたが、そのことが製作者さんの目にとまったようで、今回の話に繋がりました・・・よくよく調べてみると、大自然さんが私のブログを結構読んで下さってたようで、その点もあったのかな?

 今までも、何回かレコメンド文章を書きましたが、私みたいな素人にお話を頂けたのが嬉しく、かつ、聴いたら内容もメチャクチャ良かったので、二つ返事で対応させて頂きました!

 内容的には聴いてのお楽しみではありますが、ノリの良さが半端なく、やっぱり、この人たちのDJが上手いんだな~と痛感しました!!

 新録Funkというと、最近、レコード市場が盛り上がってきた部分もあるけど、曲が広く知られていないが故にその魅力が伝わりきれてないジャンルだと思います・・・
 今回の作品においては、Funk特有の軽快さやファンクネスを、彼らの選曲とDJミックスで調理し、凄い聴きやすい内容に仕上げ、かつ、プレイした曲達の確実に魅力を光らせており・・・私的な表現だと「聴いたらレコードが欲しくなる」感じに仕上がっています!!

 紹介文章などでは、色々と御託を並べましたが、僭越ながら分かりやすいキャッチフレーズとして「Funky Groove from New Funk Generations!」という副題(?)をつけさせて頂きました・・・知らない曲ばかりかも知れませんが、聴いたらノリノリな一作で、コレにはヤラれますよ(^0^)


 ただ、今回の話、私個人の話に加え、タイミング的には凄い嬉しい話でした。

 ミックスCDに関してのことなのですが、ここ数年、ちゃんと許諾をとったオフィシャルCDが色々と出るようになり、やっと「世間に認められた」存在になったのかな~と思っています・・・
 それこそ、ミックスCDではないですが、Funk系DJの大御所である黒田大介さんなどが参加した「TK Records」のコンピレーションが、山下達郎さんのラジオでピックアップされ、大きく特集されたことなどが象徴的で、世間一般的に「DJミックス」や「選曲」の素晴らしさ/優位性が広まってきた流れがあると・・・私は考えています。

 このこと自体、私がブログをやり始めた当初から、もっと広めていきたいと思っていたこと(=DJミックスをすることでプレイした曲などが更に光る)なので、もの凄く嬉しいことです。
 ただ、DJという存在を、幅広い世情や法律に照らし合わせると、グレーな部分(特に著●権とか)が多かったり、世間一般からの理解度が低く、それに合わせるが故に、メジャーに出ると「本来の力」が出せないことも多いのが現状です。

 その中で、4thさんの今回の作品、真っ先に感じたのが「ミックステープ」のフィーリングがあったことで、これにはグッときました!!

 それは「良い音楽であればプレイした曲が良くなるように最良のDJミックスをする」という行為で、メジャーにありがちな権利先行の匂いはなく、彼らの持ち味を生かした作品になっていました・・・何度も聴きましたが、まさにそうでした。
 流れ的にも、こういった骨のある作品が出るようになり、私が押したい「DJの持ち味」がメジャーでも出来るようになってきたのかも知れません・・・こういった流れもあったので、タイミング的には凄い嬉しく、協力した次第です・・・


 話が飛び飛びになりましたが、今後、私の拙い文章と共に、この作品のインフォが色々な所で流れると思います・・・発売は少し先になりますが、是非、ご興味のある方はお手にとって下さいね!!

 あと、私自身、プロではない(=それで飯を食っているわけではない)ので、今のところ、私が認めた作品にしか紹介文章を書いてはいません・・・
 ある意味、私の「太鼓判」を押した作品になりますので、私も責任重大・・・今後とも精進をしていきますね(^0^)



追伸
 昨日、このCDのリリースパーティーとして「in Business」がありましたが、最近、仕事で疲れ過ぎ、そして来月以降の色々な準備があったのでパーティーには行けませんでした・・・
 4thの皆さん、そして製作を担当されているTさん、直接お会いをして、色々とお話をしたい所でしたが、すみませんでした・・・機会があったら次回ですね!!

 また、この作品とは別に、全く別の作品のレコメンドも担当しました・・・今週に文章を提出し、OKを貰ったようなので、タイミングをみて紹介しますね・・・来週あたりに紹介出来るのかな??



 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
お疲れ様です
遂に明らかになりましたね!
それにしても、ブログを通して数々の作品を紹介し続け、遂にはフェイバリットDJの新作のレビューを担当するまでに至るとは!!本当にスゴい事ですよっ!
MTTさんの音楽経験・IQ・コレクション、そして情熱に裏打ちされた的確な文章表現あってこそ、でしょう!
本当におめでとうございます!(^o^)v

MTTさんの言うように、mix CDがここ最近で市民権を得てきているのは、オレも感じています。
しかし一方で、安易な新譜ヒット中心の低品質かつすぐ飽きられてしまうような作品が非常に目につくように思います。
メジャー故の権利等の制約もあり、リリース数の割にはイマイチDJ mixの本当の良さが伝わりきれていないのでは、という不安もあります。

そんな現状で、MTTさんがultimateの初メジャー作品に渾身のレビュー!
・・・興味深いです♪
これを機に、少しでも多くの人に音楽とmixの良さが伝わるといいですよね!
もちろんオレも必ず買いますよー☆

現行funk、あまり詳しくなく、ryuhei the manさんのnext messageを幾つか持ってるくらいなので、楽しみですね♪

最近のMTTさんは、公私どちらでも多忙を極めるって感じがします。
お体に気をつけて!応援してます!
2014/09/28(日) 22:20:33 | URL | kyk #-[ 編集]
事件ですね!
おお!前に書いてたのはこれだったんですね!

ちょうど自分もこの前某アーティストさんの作品レビュー頼まれて書いたんですけど、普段書いてるブログとちがって文字数制限とかあると難しいですよね(^^;)
ぼくの原稿、1333文字だったんですけど(何かスペースシャワーの文字数規定がそれらしいんですけど)、それでもなかなかまとめ切れずに〆切りギリギリまでかかってしまいました……。

『ULTIMATE 4TH』さんは、マダ作品など聴いたことはないのですが、くだんの『大自然』さん自体はちょーどこの前『HONEY BABY SOUL MAN』を買って最近よく聴いてるので何だか妙にタイムリーで(!?)びっくりしました!!
あの方の作品紹介を手がけたとはすごい!!

『大自然の大辞典』(※オフィシャルブログタイトル)ならぬ、『大自然の大事件』ですね!!!
2014/09/29(月) 12:45:17 | URL | ソロバン #-[ 編集]
Re: お疲れ様です
>kykさん

コメント、ありがとうございます!!
今回の件は、私も嬉しい一件で、いろいろと文章でも書きましたが、タイミング的にも面白い作品だと思います。
もともと、私はミックステープ(=非権利クリアー)で育った世代なので、メジャーなミックスCDなどは内容的に面白いのが少ないと感じていましたが、今はメジャーでも面白い作品が出せるようになり、むしろストリート向けなミックスCDは減退(ネット音源に移行した)してるので、凄い期待が持てる市場だとも思っています。
CDの中の解説(というほどの文章量ではないですが・・・)や、キャッチコピーなどを担当しましたが、かなり良い作品なので、Ryuheiさんのが好きであれば、かなりイケると思います・・・宜しくお願いします!
仕事も結構忙しい(もうチョイで理由が説明出来ると思います~)状況ですが、公私共々、頑張って行きたいと思います!!
では、今後とも宜しくお願い致します!!


>ソロバンさん

コメント、ありがとうございます!

私も、一応、文字制限があったのですが、書けば書くほど長くなる性格なので、その衝動を抑えるのと、文章を削って分かりやすくする作業が難しかったです(^^;)
何度か、こういう作業を体験しましたが、如何に知らない人に興味を持ってもらう文章を書くのは難しいですね・・・ただ、今回は、結構上手くまとまったので、採用してくれて嬉しかったです(^0^)
あと、もう一作、担当させて頂いた(そちらはレコメンド)のがあり、結構レゲエに関係するブツなので、お待ちくださいね!!

では、今後とも宜しくお願い致します!!





2014/09/30(火) 01:00:22 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
ご無沙汰しております。
いやはや、MTTさんの活動の幅がどんどん広がっていて、ただただ感心しております。流石です!!!!
レビューは、Black Mondayに次いでだったかと思いますが!?これも、ひとへにMTTさんがMixtapeに対しての思いを日々、ブログに綴ってきた成果かと存じます。その結果、僕を含めいろんな人を楽しませていただいております。

今後も、お忙しいかと存じますが、更新されるブログを楽しみにしております。
2014/09/30(火) 01:42:56 | URL | mz-tea #-[ 編集]
Re: ご無沙汰しております。
>mz-teaさん

コメント、ありがとうございます!&お久しぶりです!

考えてみると、そうなんですよね・・・ホント最初は適当にレコとかテープを買って、その罪滅ぼし(?)でやってた程度ですが、色々と拡大しますね・・・
ただ、自分でもまだまだな部分も多いと痛感してますので、これからです・・・まだまだ進化をしていきますよ!

では、今後とも宜しくお願い致します。


2014/10/01(水) 21:45:47 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
これはすごい!!!本当に活動の幅が広がっていきますね。
ブログ自体、ここまで成功させるのは難しいと思いますが、そこから色々な活動に繋がっていくっていうのは相当な実力がないと有り得ない話ですよね。

管理人さんのお話を読んでいると、自分も相当ヒップホップに青春を注ぎ込んできたと思ってましたが、比べ物にならなすぎてヘコむことがあるくらいなので、確かにこの知識と経験と表現力が然るべき形で世の中に還元されなければ、と思います

かくいう私は週末のシモキタユニオンのテープセール、USモノも多そうで絶対朝からと思ってましたが、どうしても朝は行けず・・・昼頃トボトボと行ったら、以前管理人さんも購入されていたトニータッチやプリモのコラボテープ、5 DEADLY VENOMS OF BROOKLYNが(市販のテープにダビングのでしたが)あったのでとても嬉しかったです。カラッカラに乾いた空気感、ギラギラ妖しい野心の塊、テープだと全部ひとつにuniteして「ストリート感」に昇華してまうと再認識・・・やばすぎです!!!

皆様同様、これからも応援しております!
2014/10/13(月) 00:55:05 | URL | ねりごま #-[ 編集]
Re: タイトルなし
>ねりごまさん

コメント、ありがとうございます!

紹介文章を書いたりは、全く持って嬉しい話ではありますが、自分でも「何で私に?」と思うこともあります・・・こんなに長ったらしい文章を書いてるのに、よくご依頼を頂けるな・・・と思ったりもしています(^^;)
ただ、この間、この件の連絡で、このCDの制作者の一人であるDJ大自然さんから「熱血素人」という有難い言葉を頂きました・・・どんなに不細工な文章でも、熱を込めてやり続ければ、それなりに形になるのかな~と思いました(^0^)

あと、テープセール、今日アップした記事にも書きましたが、私は夕方からの参戦でちょっと消化不良・・・多分、普通に朝から行ってたらカゴ一杯に買ってたと思います(^^;)

では、今後とも宜しくお願い致します!!



2014/10/13(月) 15:26:50 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック