HipHop,R&B,Soul,Funk,RareGroove,DanceClassics,Garage,House・・・など、私が気に入っているMixTape,MixCD,その他もろもろを紹介するブログです。
V.A. 「V.I.P Show Case - 6th.SEP.1997 at Club Citta'」
DSC00775.jpg


 いやいや、更新が遅れてすみません・・・事情は下の独り言で書きますが、色々な事に翻弄され、落ち着かない日々が続いています(--;)
 う~ん、暫くはこんな感じなのかな・・・遅れても怒らないでね(^^;)

 そんな訳で、今回も「訳あり」な作品の紹介です!


flyer_b5_0017.jpg flyer_b5_0029.jpg

 今回は、何度か紹介をしているレゲエ・クルー「V.I.P」関連の作品で、97年9月に開催されたライブ音源を作品化したもので、さんぴん世代の日本語ラップ勢が参加しており、なかなかの作品です。

 V.I.Pに関しては、今年5月に書いた記事をご参照頂きたいのですが、日本のレゲエ界のパイオニアでありながら、日本語ラップ勢と親交が深かったのが興味深いクルーになります。

 まあ、80年代末~90年代初期の日本のクラブ黎明期の頃であれば、どんな音楽ジャンルも「クラブ・ミュージック」という屋根の下に皆が集まってて、実は壁が無かった点があるので、HipHopとReggaeがリンクすることに不思議ではなく、V.I.Pと日本語ラップ関係者とのリンクも自然な流れだったと思います。
 特に、YouさんやTWIGYなどの雷関係者は、かなり初期からV.I.Pにお世話になっており、V.I.Pの胸を借りて現場でマイクを握ってたそうです・・・90年代初期の話ですが、当時は日本語ラップのシーンはまだ大きくなく、レゲエの方がシーンがあったので、お世話になってたようですね・・・

 そんな流れがあり、V.I.Pと日本語ラップ勢は縁が深く、前回紹介した「V.I.P Hi-Power meets DJ Masterkey」などが企画された訳ですが・・・いわゆる「ライブ」でも盛んにリンクをしていました!

 例えば、写真左のフライヤーは、今回のテープの翌年に行われたV.I.P主催のイベントのフライヤーで、日本語ラップ勢が大挙して参加をしています。
 また、逆に日本語ラップ勢のイベントにレゲエ関係者が参加することもあり、少し後にはなりますが、写真右の雷主催のイベントにV.I.Pに所属するBoy-Kenさんが参加されています・・・手持ちのフライヤーでの紹介にはなってしまいますが、Boy-Kenさんは常連でしたね!


DSC00774.jpg

 そして、日本語ラップ勢も、レゲエ勢も、ラッパー./DeeJay達をメインに据えた「ライブイベント」は、沢山開催されており・・・今回紹介をするテープは、97年ごろの音源で、あり意味で貴重な部類に入るかも知れません。

 ライブイベントに関しては、ほんと沢山開催され、私自身は90年代のイベント殆ど行けなかった(行かなかった)のですが・・・日本語ラップもレゲエもいっぱいありましたね!

 日本語ラップ関連は、今年の春先に紹介をした「フライヤー紹介」の記事で色々と書きましたが、ホント色々とありました。
 レゲエにおいては、シーン的に90年代は大規模なライブイベント(ジャパンスプラッシュは除いて)は少なかったですが、00年代以降のレゲエ人気に伴い、クラブよりもライブの方が一般的かも知れませんね・・・

 ただ、面白いもので、その「ライブ」の音源って、日本語ラップ勢のはあまり残されてなく、探してみてもあまりありません

 なぜか?となると答えが見つかりませんが、90年代の日本語ラップのライブ音源でいくと、これも以前紹介をした雷関連のクラブイベント「Black Monday」位しかなく、シーンの規模から行けば、もっとあってもイイと思います・・・
 まあ、この辺は慣習の問題で、ライブ音源をテープで聴くという慣習が無かったんでしょうね・・・今となると、当時、どんなライブをやってたのかは聴いてみたいですよね・・・

 その限りにおいて、レゲエに関しては、むしろ盛んで、ライブ系のテープは沢山あります!!

 とりあえず、見本となるようなテープを載せてみましたが、伝統的に「現場」を重視する音楽なので、現場録音のテープは、その現場の空気を届ける格好の媒体として流通しており、その一環でライブ系のテープも沢山あります。
 それこそ、ゲストライブだったり、ラバダブショー(インスト曲に各DeeJayが持ちネタ曲を披露?)だったり、ワンマンのライブだったり・・・ほんと色々あり、こういうテープを聴いて、レゲエDeeJayやSingerのカッコ良さをも学んだかたも多いかと思います。

 んで、今回の本題になりますが、そういったレゲエ系のライブテープの中には、日本語ラップ勢が参加した音源が多少あります。

 今回、紹介するV.I.Pのテープもそうですが、以前紹介をした「Time Machine」の現場テープにHACさんが出てたり、上記のレゲエ現場テープ写真の中であれば、右下の緑のはIllmarachi(=Tokona-X!)が出てるテープだし・・・探すと色々あります。
 この辺は、私も色々と調べていますが、ボチボチありますね・・・でも、こういうテープを聴いてると、レゲエDeeJayの上手さの方がグッとくるようになってしまったので、最近はそっち目的で掘っています(^^;)


vip_00002.jpg vip_00001.jpg
 
 では、作品の紹介にいきましょう!

 この作品は97年9月に川崎クラブチッタであったV.I.P主催のイベントのライブ音源をテープかしたもので、V.I.Pの母体とも言える「V.I.Pバンド」が奏でるりディムの上で、レゲエDeeJayとHipHopのラッパーが共演した・・・そんなイベントです。

 A面ではV.I.P所属のDeeJay達(Boy-Ken、Shiba-Yankee、牛若丸)のライブ中心、B面は雷勢の日本語ラップ中心といった感じの構成で、聴いているだけでもかなり面白い内容です。

 A面であれば、やっぱりKenさんが最高で、Major Force発のコンピに収録された活動初期のシリアスチューン「Boy-Ken / That's The Jail」などのオールドスクールチューンや、3人でのコンビネーション曲など、熱いライブが聴きどころで、Shibaさんの早口まわしとか、牛若丸さんの独特の歌声など、イイですね・・・

 そしてB面は、日本語ラップファンにはグッとくる内容です・・・You The Rock、Twigy、GK、Rino、Gama、Patrickなどが参加してて、往年の名曲をキックしています!
 一番象徴的なのは「Twigy / 夜行列車」でしょうか・・・活動初期にV.I.Pのコンピに収録された名曲で、これをV.I.Pバンドをバックに聴けるのは嬉しすぎ・・・カッコよすぎですね!!

 詳細は聴いてのお楽しみなので、明確には書きませんが、日本語ラップ勢の貴重なライブ音源が聴ける意味では、このテープはレアですね・・・

 ただ、このテープの楽しみ方は別にもあります・・・それは「V.I.Pバンド」の演奏力の素晴らしさだと思います!!
 
 今でこそ、HipHopのラッパーがライブを行う時、いわゆる「インスト」をバンドが生演奏するのは普通になりましたが、レゲエにおける「バンド」の位置はちょっと違うかも知れません・・・
 それは、HipHopにおけるバンドは「イレギュラー」な存在/方法ですが、レゲエにおいては「基礎」のようなものかと思います。

 つまり、HipHopはOldSchool期の極初期を除いて、バックDJがスピンするインスト曲でラップするのが基本となるので、バンドはイレギュラーな部分になるのですが、Reggaeにおいては、歴史的に楽曲を奏でるのが「バンド」であり、デジタル以降もその根底が残り、音楽の基礎として「バンド」が支えている・・・そんな部分があると思います。
 それこそ、レゲエだと有名なバックバンドが多く、日本だとHome Grownさんが有名かと思いますが、V.I.Pも、元々はバンドがスタートで、バンド活動を通して、様々な日本のレゲエを支えていたと思います。

 ただ、一言で「バンド」と言えど、ここには注意したいところがあります。

 レゲエにおける「バンド」は、妥当な表現では無いかもしれないですが「楽譜を使わない演奏」をしており・・・これが魅力です!!
 つまり、ある曲を楽譜通りに演奏するのではなく、ステージの前の演者に合わせて演奏しており・・・ある意味、流れに任せて「フリースタイル」な演奏をしており、これが素敵です!!

 
 今回のテープでは、本当の意味での主役な「V.I.Pバンド」が奏でるりディム(バックトラックの意味)の上で、各DeeJayやラッパーがパフォーマンスをするのですが・・・V.I.Pバンドの演奏のカッコ良さにヤラれます!!

 分かりやすい例だと、GKのライブでは「Bob James / Nautilus」のベースラインを演奏してたり、最後の方での出演者総出のフリースタイルだと「Cheryl Lynn / Got to be Real」のフレーズで演奏したり・・・小技が光っています!
 あくまでも「バックトラック」として演奏しているので、各DeeJayやラッパーが歌いやすいトラックで引っ張りつつ、サビではしっかりと上げてくれる感じが最高です!!

 この点、ほんと奥が深くって、レゲエが好きな方の中には「バックバンド」の上手さ/存在が好きな方も多いかと思います!!

 特にDeeJayとバンドの掛け合いで、DeeJayがトラックに緩急をつけて欲しい時にバンド側に指示を出したり(ロー!とか言ってるヤツですね) 、バンド側も「こう来るな~」と思ったら、それに合わせて曲を変えてきたり・・・その場の空気感だけでコントロールしてる感じは素敵です!!
 このステージ上での掛け合いが、なんか「レゲエ臭い」ので敬遠されている方もいるかも知れませんが、少しバンド側に注視して聴いてみると、かなりカッコいいことが分かりますので、聴いてみてね~



 そんな訳で、貴重な日本語ラップ勢のライブ音源の話だけにまとめたくなかったので、最後はレゲエにおける「バンド」の話で〆てみました。
 
 この2点を交えると、YouさんとかTwigyは普通にV.I.Pバンドとの息が合っており、やっぱりパフォーマンスが上手かったんだな~と思います。
 技術のラップとしてのではなく、パフォーマーとして「フリースタイル(即興)」が長けてて、その音に乗りこなし、会場をロックしてる姿は、今でも学ぶところが多いかと思います(^0^)

 テープ自体は、普通に中古でありますので、気になる方は探してみてくださいね!!




<Release Date>
Artists / Title : V.A. 「V.I.P Show Case - 6th.SEP.1997 at Club Citta'」
Genre : Reggae、日本語ラップ・・・
Release : 1998年6月
Lebel : V.I.P International No Number
 




----------------------------------------------------
----------------------------------------------------
<業務報告>

vip_00003.jpg

 え~、今回、V.I.Pさんの作品を紹介したのには理由があります・・・

 5月に紹介をした「V.I.P Hi-Power meets DJ Masterkey」と、ほぼ同時期にリリースしたReggaeミックス「V.I.P Hi-Power / Better Than Best」の2作品が、この度、ダブルCDで再発することになり、その紹介文章をちょこっとだけ書かさせて頂きました!

『V.I.P HI-POWER BETTER THAN BEST & V.I.P HI-POWER meets DJ MASTERKEY』
  ※ユニオンさんの商品ページにリンクをしました!

 2年前に「Black Monday」の紹介文を書いたことがあったので、先月、依頼を頂き、一部販売店で使用される紹介文を書かさせて頂きました・・・
 既に発売の情報が各種サイトで流れておりますが、私の方でもご案内出来れば・・・と思い、今回の記事になりました!

 発売はもう少し先ですが、日本語ラップファンには悶絶なフリースタイル(DAT録りのようですが、ほぼ一発録りらしいです)の連続で、ヤラれます・・・夏前、マニア騒然だったMUROさんのMisiaダブ(アセテートのアレ)もコレが出所のようです??
 また、レゲエの方も熱くって、流石にMarleyのみはダブではないそうですが、全編にわたりヴィンテージダブの応酬でヤラれます・・・Garnet Silkが入っている時点で凄すぎです!!

 今回は、生産数が少ないようなので、お好きな方はお早めにゲットしてくださいね(^0^)





-------------------------------------------------------
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
-------------------------------------------------------
<色々とあった独り言>

DSC00776.jpg

 え~、やっと独り言です(^^;)

 また、2週間ほど更新をサボってしまいましたね・・・理由は「仕事」が忙しかったからです(--;)

 実は、結果的には嬉しくなかったのですが、社内で異動があり、私が入社してから10年近くいた部署より別の部署に異動し、慣れない仕事に手こずっています・・・

 会社的には、発展的な異動ではあるようですが、引き継ぎだったり、前の部署の残務で土日出張(長崎に弾丸で行きました・・・)をしたりで、この2週間は仕事しかしていなく、疲れ果てていました(--;)

 特に、新しい部署が管理職的な仕事(人を動かす/調整する仕事?)なので、精神的に疲れてしまい、久しぶりに仕事に対して不安を持ってしまいました・・・
 そんな訳で、精神的にも良くない日々が続き、体調も落ち気味で、ブログの更新も気が乗らず、放置していました・・・すみませんでした。

 ただ、ここで折れちゃったら、コレクターとして生きていけないので、とりあえずは頑張ろうと思います!

 残念ながら、地方出張は大幅に減りますが、馬鹿みたく土日を潰しての出張や長時間の残業が減るようなので、ブログ的には良い方向に行けるかな?
 もう30半ばになるので、体力的にも、時間的にも余裕が欲しい所だったので、良い方向に行くといいな・・・今思い返すと、よくあんな無理なスケジュールで生きてたな~と思いました(^^;)

 実際に自由に動ける時間が増えるかどうかは自分次第ではあるのですが、仕事もブログも発展するように頑張りたいと思います!
 ただ、暫くは、仕事の愚痴が多くなると思いますので、その点はご容赦ください・・・(^^;)


 そんな訳で、最近の釣果報告です!

 ここ最近、凄いレコ屋に行けている訳ではないですが、チョコチョコは行っている感じで、某長崎出張では、仕事が早く終わったので、徒歩でHard Offを攻めたり(店によってはテープがあることが判明!)と、日々精進をしております(^^;)

 ただ、行きたかった土曜日の下北ユニオンのテープセールは、日中は見事に仕事で、夕方からの参戦・・・ボチボチはイイのが抜けましたが、う~ん、消化不良です(^^;)

 N村さんのお話だと、朝一が修羅場だったみたいで、常連のIさんを筆頭に争奪戦があったようで、やっぱり朝一だよな~と痛感しました・・・狙ってたDenka氏の手刷りテープや、Teiさんのプロモテープ、そして中途半端な安売りテープも結構抜かれてて、前回の渋谷のような奇跡は起きませんでした(^^;)
 ただ、狙ってたKayaさんがらみの沖縄ラップコンピ(Aサインブートレッグ)が残ってくれてたり、レゲエ現場系や抜け番のテープなど、ボチボチは抜けたので良かったかな・・・今度は朝から参戦させてくださいね!!


 そんな訳で、釣果報告でした!

 ちなみに、10月なのでブログ開設5周年(だったけ?)の記事を書きたいところですが、今回は時期がズレそうです・・・すみません(^^;)
 あと、9月末の時点で、帳簿上はテープの所持数が2500本を突破しました・・・2000本突破の記事がついこの間だったような気がしますが、これで行くと、3000本も割とすぐ到達しそうな予感がして、ちょっと怖いです(^^;)



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
おお!この作品の紹介をされたんですね!
今、紹介文の方も読ませていただいたのですが、うんうん、相変わらず美文を書かれますね〜(^^)
てかミックスCDのインデックスを見たら「SUPER CAT」の文字があって“まさか超猫もダブ持ってたの!?”と、ちょっと喰らってます(ガーネットシルクは有名だけど……)。
このCD、気になりますね〜。買おうかな??

>80年代末~90年代初期の日本のクラブ黎明期の頃であれば、どんな音楽ジャンルも「クラブ・ミュージック」という屋根の下に皆が集まってて、実は壁が無かった点がある

という一文がありますが、「90年代当時のレゲエとHIP HOPの関わり合い」では、先頃ロッカーズチャンネルにUPされたPAPA Bの連載の最新回がモロその時代の空気を伝えてるのでMTTブログをご覧の皆さまは特に「必見!」ではないかと思われます。

http://www.rockers-channel.com/column/papab/-hard-man-fi-dead.php

自身も参加された日本初のワンウェイコンピ(※レゲエ特有のリリース形態ですべて同じバックトラックを使用した楽曲ばかりが収録されてるコンピレーションのこと)『HARD MAN FI DEAD』の思い出を綴ったものなのですが、『HARD MAN〜』は日本語ラップ的にはかのユーザロックやボーイケンも参加した作品で、エガイツ広さんが企画されたやつです。
ちなみに『HARD MAN〜』ではユーさんはラッパーでありながらレゲエDeeJayのスタイル(!)で歌ってて、やばいですよ^^知らない人はご一聴をオススメします♪

もひとつちなみに『HARD MAN〜』にはミニドンの大名曲『親子酒』も収録されてるんでこちらもチェック!(大好きだった曲…)
「ミニドンって誰よ!」
となった人も多いんじゃないかと思うんですが(笑)、ユーザロック&DJベンザエースの初期曲『MADE IN JAPAN』にMUROやTWIGYと一緒にfeat.されたこともあるレゲエDeeJayで、ムロさんに“HEY YOミニミニ!HEY YOミニミニ!”って紹介されてる人です(今、何してるんやろね??)。
『HARD MAN〜』の時はまだ17歳とかだったんじゃないかな。

ボンさんの連載ではユーさんやミニドンの思い出話もけっこう書かれていて凄い興味深かったです。
日本語ラップが好きな人も面白く読めると思いますよ!

「ユウと知り合って日は浅かったが、気が合ったのか色々な事を話した。彼はヒップホップで日本の音楽シーンを変えたいと 言っていてその目は希望に満ちていた。
マルコムXの本なんかを読みあさったり、KRS ONEの様にコンシャスなリリックを書いたりして他の日本のアーティストともまた違う感じがした。
オレも影響を受けて、彼がススメてくれたShow biz and AGや、Funk Inc.そしてKRS ONEなんかを買って聴いていた。」

『PAPA Bのとてつもねー世界 第十九話 《Hard man fi dead》』より
2014/10/13(月) 21:26:46 | URL | ソロバン #-[ 編集]
VIP関連話
何だかユーさんの話ばっかになってしまったのでww(『HARD MAN DI DEAD』のことももう何回も書いてるし…まぁネットの記事はどこからでも読めるから何回も書く必要があるのですが……)、くだんの『VIP』についても少し補足説明を入れておくと、VIPはセレクターの『KAMI』さん(バンドではBASSを担当)こと、上代学さんって方がいらっしゃってですね。
この人は後にプロデューサー/トラックメーカーとして有名になるんですが、MOOMINの『ムーンライトダンスホール』とか、KEYCOの『スパイラルスコール』、そして……一世を風靡したMINMIの『パーフェクトビジョン』を手がけられた方です。

上代さん、今は埼玉の方にいらっしゃるらしいんですけどね。
まぁ一度は会ってみたいレゲエ界のLEGENDです!

あと、90年代当時の「VIPちょっといい話」だと、リュータさんと相原さんがクリスクロス来日公演の前座を務めたことがあってですね……「『JUMP』に対抗しよう!」ってんで、ドクター中松のところに行ってジャンピングシューズを借りてきて、延々ジャンプしまくってた!っていうそれはそれは素晴らしいエピソードがありまして(笑)。

この前、いつも自分がフライヤー作ってるイベントのS.GUESTがリュータさんだったんですけど(※リュータさんは今も「DJ神龍」っていう芸名でカクタスなんかで廻されてます)、リュータさんからアー写が送られてきたんで、
「ドクター中松のところに行ってジャンピングシューズ借りてきた話が好きです!」
って返信したら

「ドクター中松〜!?よくそんなレアな話までしってるよね。」

ってご本人から返信がありまして。
オタク冥利に尽きるとはこのことですよ(笑)。

2014/10/14(火) 00:17:15 | URL | ソロバン #-[ 編集]
こんにちは。

いつも更新楽しみにしています。
2,500本おめでとうございます!
早すぎますよ(笑

私も近いうちに異動や引越しなんかが控えていてレコードやカセットをネットで眺めるばかりで購入にいたらないこの頃です。

お体を壊さないようにしてくださいね!

そういえば自分のブログでカセットテープのことを書いたので

その際にMixtapetroopersさんのブログを簡単に紹介させていただき、リンクを貼らせていただきました。

もしご迷惑であれば削除いたしますので。
ご連絡いただければと思います。
2014/10/14(火) 01:22:41 | URL | トマトジュース #-[ 編集]
がんばってください
なんだか大変そうですがお仕事がんばってください!もうちょっとでまたDanny Krivit来るし。(日本来すぎですよね)
2014/10/14(火) 22:11:08 | URL | flygirl #-[ 編集]
Re: 連名で失礼します
>ソロバンさん

コメント&超詳しい情報、ありがとうございます!
このテープ(ネタ?)には絶対に反応を頂けると思ってたので、嬉しい限りです(^0^)

まず、V.I.Pの再発の事ですが、ソロバンさんから以前教えて頂いた情報も込みで、ある程度、気になってたことを質問したのですが、Bob以外はオールダブらしく、ちょこっとだけ情報を入れてみました(^^;)
ただ、Super Catの件は調べてみたらビックリ!ダブをやらないお方でしたか!!この辺も込みでV.I.Pって凄いっすね!

あと、Bonさんの連載、うわー、これは面白いですね!!
思わず電車でバックナンバーを読んでいましたが、当事者の話は違いますね・・・黎明期ゆえの失敗も間違えもあるかもしれないですが、重みが違いますね!!
どの音楽も、ある程度シーンが固定されると、その音楽しか聴かない!って人が多いと思いますが、そうじゃないんですよね・・・どこかで繋がってるし、繋がらないといけないと思います。

凄いタマタマなんですが、最近、この人のラップがイイな~と思ってた紅桜さんを追ってたら、J-REXXXさんの曲にfeatされてる曲(My Town / 出身地繋がりのコラボ)があり、スゲーいいな~と思いつつ、やっぱり壁なんてないんだよね~と思いました。
https://www.youtube.com/watch?v=jEXa6Y-RK5A
私も気づいたらレゲエは結構好きになってて、その「自由さ」が好きになっています・・・パブリックな「ラガ」というイメージが強く、中々入って行けなかったのも事実ですが、各々が凄い自由にやっており、それを紐解くと、実はレゲエという土台はあるものの、自分自身を出してる人が多いんだな~と思います。
Jさんも、パンク出身のようなので、そういった要素もありつつ、結果的に「自分のレゲエ」をやってて心強いですね・・・この曲も、そんな発想から生まれたのかもしれないですね?

では、かなり脱線してしまいましたが、いつもありがとうございます!
今後とも宜しくお願い致します!!


>トマトジュースさん

コメントありがとうございます!
確かに2500本到達は早いですね・・・2000本の記事以降、大モノ釣果が多かったので・・・恥ずかしい限りです(^^;)

そして、トマトジュースさんの記事の件ですが、全然OKですよ・・・というか、恐縮です!!
私自身は手を出して無いですが、テープのリリースは全世界的に増えており、私が言うのもなんですが、テープレコーダーが入手しづらい世の中で、よくそんなリリースの仕方をするな~と心配になっています(^^;)
ただ、国内においては、私のブログが・・・多少は影響があったりするんですかね?
そういった影響があることはメチャクチャ嬉しいことなのですが、どうしょうもなくマニアックなことばかり書いているので、ちゃんとした方向にガイド出来てるかは自信がないです(^^;)

ではでは、今後とも宜しくお願い致します!
そして、引っ越しと異動も頑張ってくださいね(^0^)


>flygirlさん

コメント&ご心配、ありがとうございます!
Dannyのパーティーは私も確認済みで、カレンダーに赤丸をしっかりとつけております(^^)
今回は、今現在、仕事が辛くっても、Dannyのパーティーがあると思うと、結構モチベーションが保てて、小学生な自分に呆れてます(^^;)
微妙に嬉しい話ですが、前の部署だと、例年行事が11月の初旬に必ずあり、Dannyのパーティーに行くのは不可能だったので、ちょっと小躍りしています(^0^)
あと、確かに、Danny先生、日本には良くきていますが、私としては、Dannyを含めて、生粋のダンスミュージックがプレイできるDJの来日は減っていると思っています・・・なので、タイミングが合えば絶対に行きたいんですよね~
ではでは、今後とも宜しくお願い致します。

2014/10/15(水) 00:05:44 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
連コメ失礼しますww
いえいえ、「90年代日本語レゲエ」の話など日常生活の中でする機会がないですから!(笑)
こちらこそ、溜ったムダ知識をお披露目できて大変うれしゅうございます。
いつもありがとうございます^^

おおJさんに反応されたんですね!
あの人も、まだ駆け出しのころからウッシーさん(牛若丸)の『熱い夜』とかにずっと出てキャリアを積んできた人ですよ!
あの人、RANCIDが好きだったらしいんですよ。ランシドの曲でBUJU BANTONとやってるやつ(※『LIFE WON'T WAIT』)があってそこからの流れらしくて。
ちなみにブジュはそのランシドから誘われてパンクのエピタフから一枚アルバム出したこともあるんです。
まさしく、音楽は「どこかで繋がってる」んですね♪

で、「さすがにここまで書くと長くなるから辞めとこ〜」と最初に思ったんですけど、去年かな?東京のサウンドBIG BLAZE WILDERS(※都内で今一番勢いのあるレゲエサウンドで、レゲエとHIP HOPのMIX UPスタイルで売っている。あのDJ TY-KOHも初期からのメンバー)のパーティーで、ボーイケンとジブさんがゲストの回があって、その時のラバダブが良かったんですよ!

https://www.youtube.com/watch?v=rGlPqYBdhrw&list=UUMSV2laxmzMqBL0juLK8hKQ

KENさん、ジブさんはもちろんユーザロック、チャッピーさん(!)まで登場して「ザ・90s!」みたいな感じになって。
ちなみにさすがに「チャッピー」と言っても解んない人も多いんじゃないかと思うんで補足しておきますと、ランキンさんの一番弟子で第一期タクシーハイファイのメンバーだった人です(※当時の歌い手メンツはECD、チエコビューティー、チャッピー、ハセT)。
元々、メジャーフォースからデビューされた人なんですけどね。
90年代はNYのアポロシアターに出演してたった一曲で現地の黒人を鬼BUSSさせた、とか色々な伝説がある人で。ちなみに前述の『J−REXXX』のファーストアルバムをプロデュースしたのもチャッピーさんです(あの人はチャッピーさん主催のコンテストから出た人なので)。

閑話休題。
まぁ上の動画を見るとですね、「我が青春のスターたちはオッチャンになったな〜」とは思うものの(笑)、やはり『BAM BAM』(※レゲエの大ネタ中の大ネタ)で往年の名曲をマイクリレーしていく様は上がってしまいます!!
「そうそう、これだよな〜!!」と。
未見の方は是非!
ちょっと「あの時代の空気」が感じれると思いますよ^^

※でもユーさんとかTWIGGYとかは本当レゲエ好きな人たちでしたよね…。
昔出たツイギーの『セブンディメンションズ』もジャケはアビシニアンズの『Forward On To Zion』が元ネタですからね。「これからパクってたんや!」と、びっくりした記憶がある。

※あと、スーパーキャットの話、マジすか!ますます気になりますね〜。VIPすごいな〜。へ〜!
2014/10/15(水) 12:36:14 | URL | ソロバン #-[ 編集]
Re: 連コメ失礼しますww
>ソロバンさん

連続コメント、ありがとうございます!

J-Rexxxさん、パンクが好きだったみたいで、考えてみると、80年代、パンクが好きだった人がレゲエに結構流れているので、相性が昔っから良かったんでしょうね・・・なんでなんでしょう??
あと、Big Brazeの動画は初めて見ましたが、ジブさんがカッコよすぎ・・・ほんと、ジブさんは日本の至宝ですね!!
なんか、レゲエの方を見てて羨ましいのが、オッサンになっても、全然平気に現場でマイクを握ってる方が多いですよね・・・チャッピーがそうかは分かりませんが、日中は普通に仕事をしてて、クラブに遊びに来たついでに一曲歌う・・・みたいな方が多く、歌うこと自体を楽しんでいる方が多い印象があります。
この辺がラップとの大きな違いで、その部分があるから、層の幅広さがあるんでしょうね~

では、私も長くなってしまうので、この辺で(^0^)
今後とも、宜しくお願い致します!

追伸
Bonさんの連載、全部読みましたが、ホント価値のある連載ですね!
こういう、当事者の方の過去を振り返るみたいな企画は、当り外れがある(真面目に書いてくれるかどうか?)ので、アレですが、色んな方に読んで頂きたい連載ですね!
教えて頂き、ありがとうございます!!


2014/10/15(水) 23:23:35 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
レゲエだと色んなテープがあるんですね。いつか、HIPHOPのものも見つけてみたいです。先日、渋谷の特価テープを買ったら、全く関係のないジャケのケースに入ったMUROさんの「蛙鳴蝉噪」の無地のシングルテープや、SAMI-Tさん絡みのミクステなんてものが残ってましたよ。「蛙鳴蝉噪」は、YouTubeに上がってるのとは別verのインスト入りで、ミクステのほうも、中々良くて、いい買い物でした。残り物には福があるもんなんですね。
2014/10/17(金) 03:03:41 | URL | baba #-[ 編集]
Re: タイトルなし
>babaさん

コメント、ありがとうございます!
返信が遅れてすみません!!

うわ~、そのMUROさんのテープはレアですね・・・私よりも日本語ラップコレクターの畏兄達が悔しがりそうなタイトルですね(^^;)
無地テープ関連は、大半が市販テープのコピーとか、それに近い状態なので、お店として値段が付けられない(価値が判断できない)が故に、レアなのが入ってますよね・・・私もそうですが、結局は「知られてない」状況なので、掘り返して、いかに価値を見いだせるか・・・そんな状況ですよね~
おかげさまで、ここ数カ月は朝から行けてないですが、テープのセールがあったら、欲しいものが無い限りは、速攻で投げ売りコーナーに行くばかりです(^^;)

ではでは、今後とも宜しくお願い致します!
そして、どこかのセールでお会いできたらイイですね(^0^)



2014/10/19(日) 21:33:22 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
やばい!!!勉強になります!!!いいブログ見つけた!!! 自分の世代はテープ文化がないのでかなり参考にさせてもらいます!!!
2015/01/08(木) 16:05:47 | URL | 初期衝動 #H8Em3lUo[ 編集]
Re: タイトルなし
>初期衝動さん

コメント、ありがとうございます!
コメントの内容を見ると、お若い方なんですかね・・・おっさんの戯言が多いですが、是非是非、参考にしてくださいね(^0^)

では、今後とも宜しくお願い致します!



2015/01/11(日) 20:45:27 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック