HipHop,R&B,Soul,Funk,RareGroove,DanceClassics,Garage,House・・・など、私が気に入っているMixTape,MixCD,その他もろもろを紹介するブログです。
資料集 Manhattan Records レコード袋
rb_01_m_040.jpg

 この記事は、次の記事で取り上げた「Manhattan Records」において、紹介出来なかった内容を紹介する記事になります。
 本編と共に読んで頂ければ幸いです。

 素晴らしき「レコード袋」の世界





(1)通常袋

rb_01_m_001.jpg
<本店>

rb_01_m_002.jpg
<2号店> Houseが中心だったお店

rb_01_m_004.jpg
<3号店> JazzやGarageなど、若干、旧譜よりだったお店

rb_01_m_005.jpg
<Hot Wax> Breakbeats、Abstractなどが中心だったお店

rb_01_m_006.jpg
<Sonues> 上記の2号店、3号店、Hot Waxを集めた内容のお店

rb_01_m_003.jpg
<関西店> 大阪・アメ村にあった店舗。一時期は、本店が表、裏面が関西店というバージョンもあった。

 まずは、店舗別の袋を紹介です。

 今となっては、青以外があったことにビックリされる方もいるかもしれないですが、音楽ジャンル別にお店があり、各店舗のイメージカラーなどがあったんですね~

 個人的には、それぞれのお店(袋)に思い出があり、90年代の中頃、Cisco坂の上にあったビルの上階に2号店と3号店があった頃は、Houseが中心なので、本店よりはちょっと大人向きな感もあり、ドキドキしながらお店に入った記憶があります。
 また、その後、2号店の所にHot Waxが出来たと記憶していますが、あそこも面白いお店でしたね・・・積極的にジャンル外のを押してて、早い時期からTha Blue HerbやDRY & Heavyなんかを押してた記憶があります。





(2)限定袋 季節限定など

rb_01_m_009.jpg
<クリスマス> 裏面はトナカイで、そちらもナイス!

rb_01_m_008.jpg
<クリスマス> 1999年限定?

rb_01_m_007.jpg
<セール用> 一時期、見切り品セールを行う時に使用してた・・・ような記憶があります??

rb_01_m_034.jpg
<25周年> 00年代中頃ぐらいかな?

 これらは、(1)を変形させたモノが中心になりますが、季節限定だったり、セール限定で出してた袋です。
 差し当たり、凄い指摘をする部分はありませんが、クリスマス袋はフレッシュで、カッコよすぎ・・・ただ、発掘してたら1999年限定(?)の袋も出てきてビックリしました(^^;)





(3)限定袋 MUROさん関連

rb_01_m_014.jpg
<MIniアルバム K.M.W.>

rb_01_m_013.jpg
<アルバム Pan Rhythm>

rb_01_m_012.jpg
<シングル Space Funk 2001>

rb_01_m_011.jpg
<アルバム Back to Back>

rb_01_m_017.jpg
<レーベル Incredible Recordsのロゴ> ※色違いが多数ある。私の手持ちでは「青、水色、紫、茶色、オレンジ、赤、緑」があります。

 続いては、文中でも紹介した「新作リリース」のタイミングに合わせての限定袋で、MUROさん関連のモノです!!

 MUROさんに関しては、Manhattanとは深い中で、一時期はMUROさんのレーベルである「Incredible Records」の運営をManhattanが協力してて、特に12inchなどをプレス・配給を行った関係から、こういった限定袋がよくありました。

 文中でも触れた宣伝的な意味合いも強いのですが、個人的には最後の「Incredible Records」のロゴのがカッコよく、当時から好きでした・・・

 記憶だと、割と12inichを頻繁に切っていた時、リリースするたびに違う色の袋を作り、今回、数えた限りだと7色あるようです・・・よく持ってましたね~(^^;)
 また、マニアックな指摘ですが、このロゴ袋は、MUROさん自身も利用してて、MUROさんのお店であるSavageやDigotで転用(?)されてましたね・・・MUROさんも、カッコ良かったからお店用に袋を貰ったのかな??





(4)限定袋 Nitro関連

rb_01_m_022.jpg
rb_01_m_023.jpg
rb_01_m_024_201411102209190f8.jpg
<Nitro Microphone Underground>

rb_01_m_025.jpg
rb_01_m_026.jpg
rb_01_m_027.jpg
<DABO>

rb_01_m_028.jpg
<Macka-Chin>

rb_01_m_033.jpg
<S-Ward>

rb_01_m_029.jpg
<Suiken>

rb_01_m_030.jpg
<XBS>

rb_01_m_031.jpg
<Bigzam>

rb_01_m_032.jpg
<Deli>

 んで、次はNitro関連ですね・・・調べるのもアレなので、その袋の詳細は書きませんが、Nitro勢の袋は沢山作られ、コレ以外にも沢山あったと思います。

 Nitroに関しては、Manhattanの協力が無かったら存在がしなかったぐらい、Manhattanにゆかりのあるグループで、グループでのシングルやアルバム、そして各メンバーのシングルやアルバムが出る度に、限定袋が作られていました。
 時期的には00年代前後になり、渋谷のレコ屋が最も栄えてた時期だけあり、12inchが前提のシングルを各メンバーが沢山作り、それに合わせて限定の袋を作ってました・・・ある意味、通常のM袋を貰う方が大変な位、限定のを出してましたね(^^;)

 ちなみに、こういう限定袋、片面がこういうプロモーション面になってて、片側は通常のManhattanの図版になってたことが多いです。
 あと、適当に持ってたのを並べただけですがGore-Texが無いですね・・・多分、あの時期にシングルやアルバムをトラだけ切って無かったからかな??





(5)限定袋 その他
 
rb_01_m_036.jpg
<ラジオ番組 Da Cypher とのコラボ>

rb_01_m_035.jpg
<アパレルブランド BAEP とのコラボ>

rb_01_m_038.jpg
<ビニール袋以外の袋>

 最後はちょっと特殊な袋を紹介しましょう。

 最初のは、我々世代では切っても切れないラジオ番組 「Hip Hop Journey - Da Cypher - 」とのコラボ袋です!
 CypherもManhattanとは繋がりが深く、新曲紹介を放送開始時から協力してたり、メインMCであるRikoさんの引き立て役としてManhattanのスタッフ(前川さん!)が出演されてたり・・・メチャクチャ縁が深かったので、こういう袋も作られたんでしょうね~
 なんで作られたのかは不明で、割と番組後期だったと思われますが、Manhattanの袋を「広告媒体」として使用された感じなんでしょうね~

 そして、真ん中もボムかも?
 あのBAEPとのコラボで、Mの文字がしっかりサル迷彩になってますね・・・BAEP関連の曲(Teriyaki Boys)がリリースされた時の袋で、逆面ではその宣伝がありつつ、Mの所もサルってるのがカッコいいですね!

 あと、今回の記事には該当しませんが、ビニール袋以外も作ってて、下段のようなナイロンっぽい袋もありました。
 一時期、女性を意識して、洋服屋さんの袋みたいなポップ路線も狙って(?)か、こういう袋もありました・・・まあ、時期的には、レコードの売り上げが落ち、それ以外の物品(ミックスCDなど)を、あまり音楽が詳しくない世代に売りたい意向があったようで、こういう袋もありました・・・


 ちなみに、Manhattanの袋、もっと種類があったと思いますが、Cisocと同様に、ある時期から新譜をあまり買わなくなってしまったので、全ては捕捉できません・・・あしからず(^^;)



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック