HipHop,R&B,Soul,Funk,RareGroove,DanceClassics,Garage,House・・・など、私が気に入っているMixTape,MixCD,その他もろもろを紹介するブログです。
Grooveman Spot 「Historical Taboo」
DSC01031.jpg

 今年も1年間、ありがとうございました!!

 ブログ的な目標としては、今年は「動きのある年にしたい」と年始に書きましたが、色々と動きを出すことが出来たかな~と思います。
 私自身も、今年は「今、これをやったら面白いかも?」というアイデアを、なんとなく具体化してただけですが、読んで頂いている皆様が喜んで頂ければ何よりです・・・来年も頑張りますので、宜しくお願い致します!!

 そんな訳で、毎年恒例の「Mixtape Troopers大賞」の発表です!!


gms_000.jpg DSC01041.jpg

 まず、初めて読む方もいると思うので「Mixtape Troopers大賞」が何なのかを説明すると、2014年にリリースされたミックス作品において、私が凄い感銘を受けた作品に、一方的に褒め称える大賞で・・・個人的な思い先行な大賞です(^^;)

 基本的には、私が「一番聴いた作品」になり、個人的な独断と偏見に満ちた部分があったりするのでアレですが、昨年は大賞として「Ultimate 4th / Rubber Funk」を紹介したことで、今年10月にリリースしたUltimateさんの作品にご協力が出来たりしたので・・・結構大切な仕事だったりします??

 そんな訳で、今年の受賞作は・・・Grooveman Spotさんの「Historical Taboo」に贈りたいと思います!!

 今年の3月にリリースされた作品で、80年代に大人気だったレーベル「Tabu Records」の音源をミックスしたオフィシャル作品で、発売当時も結構話題になり、ご記憶にある方も多いかと思います。

 私自身は、こういった70~80年代のブラックミュージックは大好きなのもあり、問答無用で購入した訳ですが、1年を通して、何となくCDラジカセに入ってて、気づいたら再生して「生活のBGM」になってたことが多く・・・ほんと「長く聴けた」1枚でした。
 受賞の趣旨などは、以下の作品紹介で詳細に書きますが、ミックス作品において「飽きずに聴ける」ことや「何となく聴きたくなる」ことは凄い大切で、この作品には、そういった魅力が詰まっており、これが受賞の決め手だったと思います!!


 では、作品紹介の前に、Grooveman Spotさんの事だったり、周辺事項から紹介をしたいと思います。

 Grooveman Spot(aka Kou-G)さんは、今となっては幅広いダンスミュージックを武器に出来るDJ/Producerで、トラックメーカーとして自身のアルバムを多く出しており、お好きな方は大変多いかと思います。
 所属するJazzy Sportの大黒柱の一つとも言え、まさに「Jazzy Sport」的な音楽感を体現してて、様々な音楽を融合できるお方でしょうか・・・この辺の説明が大変難しいので割愛しますが、分かりますかね??

 そして、ミックス作品に関しては、かなり色々と出しており、こちらもお好きな方が多いかと思います!

 それこそ、ミックステープ世代の方だと、JazzyなHipHopの流れで人気だった「grooveman spot」などが有名で、活動初期はJazzy系の印象がありましたね。

 ただ、今の音楽感からしてそうですが、ほんと色々なジャンルのミックスしてて、聴いてて「この人は音楽が好きなんだな~」と思わせる感じがKou-Gさんの魅力だったりすると思います。

 特に、今回のTabuもそうですが、いわゆる「ブラック・コンテンポラリー」的な音楽には愛情が深く、Kid'n'PlayコスプレでDJ Ken-Boさんと共作したNew Jack Swingミックスな「Shade of Jack」などは衝撃でした・・・
 個人的にはJazzyな印象が強かったので、こういう色モノ的なことをするのか~と驚きましたが、ミックスは流石で、90年代初期にダンサーをしてた感性が生きてて凄い良い作品です・・・これは「愛」がないと出来ないですね!!


217275.jpg DSC01062.jpg

 そんな「ブラコン愛」がある方ならド直球なレーベルが「Tabu Records」になります!!

 こちらも知らない方がいるかもしれないので指摘をしておくと、70年代中頃から90年代初期位までに人気だったブラックミュージック系のレーベルで、SoulとかDiscoなんかが好きな方ならご存知な方が多いでしょうか?

 それこそ、SOS BandやAlexander O'Nealを輩出したレーベルで、ハウスプロデューサーと言っても過言ではない「Jam & Lewis」の功績が光ったレーベルで・・・ホント素敵な曲が多いですね!!
 リズム感のあるドラムスと、美しいキーボードワーク、そして心に染みる歌が一体化した楽曲作りが印象的で、都会的なクールさや煌びやかさがあるんだけど、ブラックミュージックの本質は忘れていないレーベルで・・・70年代のSoulやFunkやDiscoを進化させ、90年代のR&Bへと繋げていった功績は大きいかと思います。

 そんなTabuですが、レーベルは90年代に閉鎖されたのですが、2013年に復活し、SOS Bandなどの諸作が再発化されたことを受け、日本では「Ultara Vybe」さんが流通を担当し、その流れでこのミックス作品が企画されたようです。

 ここ最近、Ultra Vybeさんは、SalsoulやWest EndのようなDisco系のレーベル、またはBrunswickやHiのようなSoul系のレーベルのような「昔のレーベル」と契約を取り、熱心に音源の再発化をしてて、凄い頑張ってますよね。
 その中で、大変嬉しいのが、再発と共に「DJミックス作品」を発売することで、MUROさんやNoriさんなどが作品をリリースしており、かなり良い作品が多かったです・・・というか、近年のミックスCD市場の陰の功労者は「Ultra Vybe」さんに他ならないです!!

 Ultra Vybeさんは、元々はUltraというレコード屋さんを運営していた所なので、いわゆる「DJ」の事は既知であり、DJという存在の「重要性」「価値」を理解した上でミックス作品をリリースしているのが大変頼もしいです!

 それこそ、DJだからこそ出来ること(今の時代に合う曲を提示したり、知られてない曲をカッコよくプレイしたり)を分かっててミックス作品をリリースしており、それを「メジャー」でやってるわけですよ・・・アンダーグラウンドな存在であった「DJミックス」が、オーバーグラウンドで活用している点は、DJミックスを愛する者としてメチャクチャ嬉しいです。
 また、実際のミックスも内容が良く、装丁も含め、ストリートのセンスがしっかりとあり・・・下手したら、アンダーでミックスCDを出している人たちよりもセンスが優れている感もあり、これからにも大変期待がもてます!


 そして、そのセンスの良さの一端が・・・この作品だとジャケにも現れ、ジャケットを「菱沼彩子」さんが担当し、これがホント素敵ですね・・・作品の「全て」を表しています!!

 菱沼さんといえば、横浜周辺のアーティストと親交が深く、可愛い猫娘(?)の漫画チックな絵が印象的で・・・ポップでセクシーなんだけど、凄い都会的で上品な感じが凄い素敵で、菱沼さんもこれからの活動が期待できるお方です。

 既にでんぱ組のようなメジャーどころともお仕事をされていますが、今回のジャケも、菱沼さんの持ち味の煌びやかな配色とデザインがイイですね・・・煌びやかなビル群で女性のドレスにするアイデアが上手です!!
 そして、結果的に、作品紹介で話すKou-Gさんがミックスで表現したい「煌びやかでアーバンなグルーブ」を上手く体現し、Tabuの良さを後押ししてるのイイです・・・ジャケの良さも受賞理由だったりしますよ(^0^)

 では、今回は補足事項も多めになってしまいましたが、以下で肝心なミックスの紹介をしたいと思います!!


DSC01038.jpg DSC01042.jpg
DSC01040_201412300833560b9.jpg DSC01035.jpg

 まず、選曲面の話から行きましょう・・・

 Tabuというと、ヒット曲が多かったり、DJやレコードファン達から長く愛された曲が多い中で、意外と選曲しにくいレーベルと思われるのですが、Kou-GさんはTabuのもつ「グルービー」な部分を上手く捉えた選曲にを行い、素晴らしい内容になっています。
 Discoっぽい曲や、アップな曲などは外し、ミッド~スロー系の曲を中心に選曲し、Tabuの持つアーバンなグルーブを気持ち良く引き延ばし、時にダンサンブルに、時にメローに仕上げ、かなり良い選曲です!!

 それこそ、ド定番な「Cherrelle with Alexander O'neal / Saturday Love」のようなTabuらしいミッドダンサーや、これも定番な「SOS Band / Weekend Girl」のようなスローを選曲し、作品を彩っています。
 Tabuというと、やはり「Jam & Lewis」の印象が強く、彼らの曲がこのミックスでも核になっていますが、その選曲が絶妙なんですよね・・・SOS BandであればTake Your Timeはプレイせず、Finestをプレイみたいな感じで、あえてアゲない選曲なんだけど、グルーブで押す選曲は逆にTabuの良さを際立たせており、最高です(^0^)

 そして、個人的には定番以外の選曲が素敵で、結構グッときました!!

 Tabuに関しては、当時のシングルチャートも賑わしていたレーベルなので、沢山のヒット曲がある中、Kou-Gさんの選曲はイイところを突いてくるんですよ・・・

 それこそ、Jam & Lewisラインからは外れるけど、個人的にはTabuを代表するアーティストだと思っている「Brainstorm」であれば、We're On Our Way Home収録の2nd LPから「Brainstorm / Everytime I See You, I Go Wild!」をチョイス・・・いわゆる「LPのみ」の曲で、私も聴き返してみて「えっ、こんなイイ曲だったけ?」とヤラれました!
 また、ちょっとマイナーなアーティストも押さえてて、まだFunk色が抜けない時期の「Woods Empire / Sweet Delight」をチョイス・・・選曲的にも、J&L的なアーバンファンクに幅を持たせる意味で上手いっすね!!


 これは「DJの選曲」の素晴らしさに当るのですが、この選曲を聴いてて、定番の良い曲は更に良く聞こえ、あまり知られてない曲はカッコよく聞こえ・・・ホント、Tabuの良さを引き出した選曲だと思います。
 
 特に、Jam & Lewisの良さを核にしつつ、Brainstormなどの70年代末のレーベル初期の楽曲も選曲したことで、Tabuの幅の広さに加え、Tabuの持つ世界観(グルーブ)をしっかりと押さえている点は最高ですね!!


DSC01039.jpg DSC01037.jpg

 そして、次はミックス面の話ですが・・・こちらも最高です!!

 グルービーな楽曲が多いだけに、その楽曲のグルーブを落とさない為に、激しいカットインなどは基本的には行わず、スムースなミックスで繋いでいく感じで・・・非常に良いです。
 
 なんでしょう、前の曲の良さを次にも繋がるようにミックスしている感じで、プレイ自体も曲をしっかりと聴かせる感じにしてて、ついミックスの流れに乗ってしまう感じがあります。
 それこそ、これもド定番な「SOS Band / The Finest」は、序盤にアーバンダンサーな流れで選曲されますが、流れに任せたミックスで、非常に気持ちイイです・・・なるべくクロスミックスをして、グルーブを繋げる作業をしていますが、細かく聴くとキーやグルーブが近い曲でミックスしてて、その辺も上手いっすね!!

 また、この作品を聴くと、ピークタイムへの運び方が半端無く、ほんとヤバいです!!

 ピークは、ガラージファンとしては永遠の名曲である「Sharon Ridley / Changin'」で、個人的にはコレを選んできた時点で、クラブの事を分かってるな~と思いつつ、あえて乗りこなすのが難しい楽曲で勝負をしてきた点にはヤラれました・・・
 Houseの現場なんかだと、未だに朝方にかかる名曲で、スローな流れからプレイするDJが多く、もしTabuでやるのなら、スローラインでエンディングに・・・みたいな感じかな~と思いますが、結構意外な方法でプレイしています。

 割と序盤から中盤はミッドダンサーを維持した選曲をする中で、「Brainstorm / Everytime I See You, I Go Wild!」→「Lamont Johnson / Masta Luva」という渋い選曲をし、そこで少しグルーブを落とし・・・そこから一気にスクラッチカットインで「Changin'」へ・・・もー、これが素敵過ぎます!!
 Changin'の情熱的な部分を損なわず、かつTabuらしいアーバンな雰囲気も損なわず・・・そして、その後に2部構成的な選曲でスローに持っていくための布石になっているのが上手すぎです・・・久しぶりに、この部分を聴きたいが為に、帰り道を遠回りしたほどの「殺しのミックス」です!!

 全体的な流れの話にもなりますが、今回のミックスのような「グルーブ押し」な作品だと、ピークを作るのが意外と難しく、ピークを作るのを諦め、BGM的なミックスにすることも多く、作品のストーリー性が作りづらい題材だと思います。

 この作品も、表面的に聴くと前半から中盤までがミッドダンサー、後半がスローの2部構成になるのですが、その中盤から後半のブリッジに、あえてChangin'を使ってきたアイデアとセンス、そして、この部分でChangin'を入れたことでストーリーが繋がったあたりは、DJとしての意地が見え、ホント素敵です!!

 また、Changin'ばかりに耳が奪われてしまいますが、その前の「Musta Luva」のプレイがあってのChangin'なんですよね・・・これも本当に上手い選曲です!!
 いわゆる、ピークを爆発させるための「タメ」の曲になるのですが、こういう渋い曲でグルーブを作るのが上手すぎ・・・Changin'へ運ぶためのジワジワ感が半端なく、この繋ぎは「鉄板」ですね(^0^)


DSC01063.jpg

 書きたいことをザーっと書いたので、上手くまとまったかが心配ですが、久しぶりに分析モードで頑張って書いてみました。

 12月初旬から、これを大賞候補に見据え、レコを揃えたり、聴きこんだりしましたが・・・レコが意外にも集まらなかったのが悔しいです・・・
 特に、文中でも何度も登場した「Lamont Johnson / Masta Luva」が出会えなかったです・・・慣れない7inch棚の捜索が、暫くは続きそうです(^^;)

 
 最後にまとめをしましょう・・・

 この作品に関しては、表面的には「ブラック・コンテンポラリー(Soul / Funk / R&B)」とされる音楽をストレートに切り取った作品で、なにも詳細情報無しで聴けば、本当にスムースで、ダンサンブルで・・・Tabu Recordsの良さが分かるミックス作品になっていると思います。

 ただ、深く聴けば聴くほど、DJの選曲とミックスが生かされ、Tabuの良さを更に表現している部分が素敵で・・・Kou-Gさんの手腕と音楽愛の勝利といった感があります。
 個人的にはTabuは元々好きだったレーベルでしたが、これを聴いたことで更に好きになりました・・・こんな単純なことではありますが、この「更に好きにさせてくれる」内容なのが、この作品の良さではないでしょうか。

 また、個人的に嬉しいのが、メジャーな舞台でも、こういう骨太な選曲とミックスが聴けるのが凄い嬉しいです・・・この点は、後のノミネートの方でも書きたいと思いますが、イイ時代になりましたね!!


 この作品は、一般流通をしている作品なので、まだ購入しやすい作品だと思います・・・興味がある方は是非聴いて下さいね!!





<Release Date>
Artists / Title : Grooveman Spot 「Historical Taboo」
Genre : Soul、Funk、Disco、DanceClassics、R&B・・・・
Release : 2013年3月
Lebel : Ultra Vybe OTCD-3603




---------------------------------------------------
---------------------------------------------------
『Mixtape Troopers 大賞 2014』ノミネート作品

 おまけになりますが、以下では、惜しくも対象を逃がしたミックス作品を順不同に紹介しつつ、今年のミックス業界の情勢(個人的な話も込みで)を語りたいと思います。

 購入の参考にして頂ければ幸いです・・・



「Ultimate 4th / Let It Groove」

DSC01024.jpg

 この作品は、普通に聴いた以上に、個人的には「外の動き」があった作品なので、かなり思い入れがある作品です!!

 この作品もメジャーリリースの作品で、有名Funkパーティー「in Business」のサブフロアー組が結成したDJチームによる新録Funkミックスです。
 FreestyleというUKのレーベルの音源を駆使し、非常にファンキーな内容で、車に乗りながら聴いてたら、ついアクセルを深く踏んじゃいそうな気持ち良さがあります!!

 んで、この作品、このブログ的には今年のトピックの一つで、私が作品の紹介文章などを書かせて頂いた作品になります・・・詳しくは「この記事」をご参照ください。

 昨年の大賞は彼らの「Ultimate 4th / Rubber Funk」だったぐらい、この人たちは上手いし、意識的にミックス作品の重要性を知っておられるので、紹介の依頼があった時、二つ返事でお返事をしました。
 私の微力で、どのくらい力になれたかは分かりませんが、こういう頑張っている方々に協力できるのは、ブログをやっていて良かったことだな~と思いました。

 また、以前も書きましたが、こういった「ミックステープ」的なフィーリングのある作品が「メジャー」で出せるようになったのは凄い嬉しいです!

 ミックステープ的と書くと、やや曖昧な表現にはなるかもしれないですが、それまでDJに完全な自由を与えず、権利などの何らかの制約があったメジャーでのリリースにおいて、やっとDJが自由にミックス作品が作れるようになった・・・と、この作品を聴いて思いました。
 今回のKou-Gさんも正にそうで、Changin'のスクラッチカットインなんかがそうで、来年以降もメジャーシーンで様々なDJが自由に作品を出して欲しいですね~

 なお、今回、Ultimateさんを大賞にしなかったのは、2年連続なのと、かなりブログで紹介してたのでアレかな~と思い、審査対象外に近い形になりました・・・Ultimate 4thさん、製作のTさん、すみません・・・
 でも、来年も期待していますよ・・・絶対に面白い作品を作ってくれることを期待しています(^0^)



「DJ Kentaさんの作品」

DSC01023_20141230121842ab7.jpg

 次はまとめでの紹介ですが、今年もKentaさんの作品がヤバかったですね~

 あまりブログで語れてないのがアレですが、選曲の幅と深さ、そしてグルーブの良さなど、ほんと素敵なお方です(^0^)

 なんでしょう、私と趣味が合うという部分もあるのですが、気づいたらCDがラジカセに入りっぱなしで、なんとなく聴き続けていることが多く、イイんですよね~
 
 やっと市場的にも発表したCDにレアりティーがついたり、プレイしたレコードに「Kenta Play」と書かれたり、シーンからの信頼も絶大で、また、Ultimateさんと同様に、アンダーな活動が認められ、メジャーでも作品が出せるようになったのは大きいですね!
 今回のKou-Gさんと同様に「Tabu」のミックスを出しており、メローな切り口が良く、ビターなTabuを堪能させて頂きました・・・ただ、個人的にはKou-Gさんの方がストレートにTabuを切ってたので、Kou-Gさんの方に軍配が上がりました・・・すみません。

 来年もきっと面白い作品をいっぱい出してくれると思うので、来年も楽しみな存在です!!



「Dimitri from Paris / In the House of Disco」

DSC01025.jpg

 今度は我らのDimi先生の作品・・・今年は、数日前のクラブレポでも書いた「Diana Ross / The Boss」のエディットがヤバくって、そのエディットが収録されたこのCDを何度も聴いていました!

 Dimiのミックス作品に関しては、なんらかの作品を夏前ぐらいに1作出しており・・・マニアとしては、Dimi先生の1年間の活動報告を受け取る意味で購入をしています(^^;)

 結構、その時のトレンドを取り入れた作品にはしており、今年は90年代House(それも結構深い・・・)がポイントだったりするのですが、今回のBossのように「先生、やっと結果が出せましたね!」と感激しちゃう曲もあり、ミックスを聴く以上に、今年はどんな曲を入れてくる(エディットする)のが楽しみです。

 今のご時世、エディットをすることは簡単で、ネットに上げたらそれなりに流布します・・・また、アナログにプレスして、アンダーグラウンドに流通させることもそんなには難しくないと思います。
 ただ、それをオフィシャルで出すことの労力といったら・・・権利を持っている方に、彼らの音楽を傷つけるためにエディットをするのではなく、その音楽を更に輝かせるためにエディットをしていることを伝えないといけない訳で・・・この点があるから、私としてはDimi先生へのリスペクトは止みません!!

 さっきほどのメジャーシーンでミックスCDが出せるようになった話にも通じますが、エディットというDJ的な行為を世間に広めるため、Dimi先生にはコレからも頑張ってもらいたいです!
 個人的には、そろそろ達郎さんのエディットが正規で出せるようにしたいですね・・・



「V.A. / Keep the Faith The Best of Northern Soul」

DSC01028.jpg

 もしかしたら「えっ、こういう作品までチェックしてるの?」と思う方も多いかも・・・内容が良ければ何でも聴きますよ(^^;)

 この作品は、有名Rock系DJである「Katchin'」さんが、ここ数年の趣味である「Northern Soul」におけるフェイバリットを集めたコンピレーションになり、DJミックスではない作品です。
 元々は、写真にも掲載しているガイドブック「ノーザンソウル・ディスク・ガイド」のリリースに合わせて、その副読本としてCDがリリースされたようですが、Northernの良さにまんまとハマってしまいました。

 Northernの事は、多分説明しないと分からないと思うので、説明すると、イギリスで70年代に起こった独自のDJ文化で、60年代のアメリカのSoulにおいて、その曲が有名でなくても、とにかく踊りやすい曲を好む流れで・・・音楽を独自解釈をするという意味ではFreesoulやDeepfunkに近いかも?
 
 ただ、Nothernに関しては、根底として「マイナーな曲」でも踊れるのであれば最高と考える部分があるため、人気がある曲や良曲が、こぞって入手が難しい傾向にあり、今回のコンピとガイド本が出来たのだと思います。

 特にリスペクトなのが、Northenの文化って、そのオリジナルのレコードをプレイすることが前提で、昔っからその曲が誰も持っていないほど、そのDJの評判が上がるという価値観みたいのがあり・・・この手で評価されているレコードの大半が入手が難しく、かつ恐ろしい値段のが多く、それを紹介した点は素晴らしいと思います。
 プライス的には、極端な例になりますが「こんな感じ」の世界でハードコア(?)なところを、監修者のKatchin'さんをはじめ、神戸のNorthern パーティー「ヌードレストラン」の面々が分かりやすく、そして情熱を込めて紹介しており・・・コンピもガイドもかなりヤラれました!!

 私も、もう誰にも負けないぐらい「音楽で踊る」ことが大好きで、それが生きがいになっています・・・あの時代にNorthernで踊ってた少年達と同じ気持ちがあるので、凄い共感でき、かつ、この本とコンピでNorthernの良さを知りました・・・

 DJという切り口で考えると、どうしても「DJミックス」をしているモノが前提になりますが、いわゆる「選曲」だけでも私は十分に「DJ」だと思っています。
 こういう「選曲」という動きも、メジャーシーンで動いており、それが色々な世代に共有されているのが面白いですね(^0^)



「Grooveboy / Geisha Funk」

DSC01026.jpg

 写真が微妙に分かりづらいですが、次は和物の紹介です。
 これは右の「2」が去年の12月にリリースされ、今年になってから購入し、イッパツで気に入り、慌てて左の「1」も探して聴きこんだ作品です・・・今年聴きこんだという意味ではギリギリセーフでしょうか?

 かなりマイナーな作品で、今は入手がちょっと難しいかもしれないですが、いわゆる「和ブギー~和ライトメロー」系のミックス作品で、かなり好きな作品です。

 今年のミックス市場においては「和物」がキーワードの一つで、中古レコード市場の動きと共に、和物系のミックスが多くリリースされていました・・・あとで紹介するMUROさんも「和ブギー」を出しており、この辺の音は「今が旬」ですね!!

 レコード市場のことを詳しく知らない方も多いので、少し指摘をしておくと、中古レコードの価格が上昇していたり、人気曲がレコードで再発されたり・・・みんなが前向きに和物に向き合い始めた感があった1年でした。
 私の世代だと強いかもしれないですが、日本語で歌ってる時点で「カッコ良くない」と決めつけてた人が多かった中、個人的には色々なDJ達がプレイし始め、徐々にカッコ良さが「理解された」流れがあり、今に至ったのかな~と思います。

 んで、ミックス作品においては、以前は和物となると「ネタ系」として出ていたのが多かったのですが、割とグルーブを意識した作品が増えており、その中でもこの作品はかなりイイですね!!
 分かりやすい表現だと「角●」「達●」が好きならジャストなラインで・・・ちゃんと選曲とミックスをしていて、気持ち良く聴けます・・・そして、こういう良いミックスを聴くと収録曲が欲しくなるので困ります(^^;)

 国産の音楽に目が向くのは大変イイことで、今は割と名前の知らないDJばかりがミックスを出してますが、そろそろ私の中での大御所様である吉澤さんとCrystalさんのニューミックスを聴きたい所です!!



「スカート / C&A Mix」

DSC01030_201412301219038db.jpg

 次も和物ですが、これはビックリする方が多いかも・・・そして「そんなのもチェックしてるのかよ!」と突っ込んで頂ければ幸いです(^^;)

 多分、このブログを読んでいる方だと知らない方が多いかもしれないですが、日本の若手ロックミュージシャンである「スカート(澤部渡)」さんによる「チャ●&飛●」音源のミックスCDで、今月の19日にCoconuts Diskの池袋店で限定配布されたブツになります!!

 日本のロックというと、私自身もそうですが、このブログを読んでいる方だと、ユニオンで見かけるけど、スーと通り過ぎちゃうジャンルだと思います・・・血が違うといえばそれまでですが、違う世界の音楽と思ってたりします。

 ただ、音楽に壁はない訳で、この澤部さんはその一人かも知れません・・・

 私自身は、Coconutsの吉祥寺店や池袋店が早い時期からスカートさんを押してて、風貌も込み(すみません!)で音楽感が「達郎さん」に似てるな~と思ってて、ちょっと注目していました。
 リリースした曲もちょっと視聴をしたりしてたのですが、決め手になったのは、夏のある時期にHMV渋谷に普通に掘りに行ったら、澤部さんが店内にあるお勧めの曲を紹介するみたいなイベントをやってて・・・そのマニアックな感じが達郎さんっぽく、掘りながら聴いてて「ああ、この人、純粋に音楽が好きなんだな~」と思っていました。

 んで、池袋で澤部さんが敬愛するC&Aのミックスがノベルティーで出すとあって、意を決して彼の12inchの購入と共にCDを貰った次第ですが・・・なかなかイイですね!!

 正直、ミックスや選曲の順番などはプロDJには及ばない部分もありますが、なかなかの出来で、澤部さんのC&Aに対する熱い思いが分かる内容で・・・結構グッときました。
 また、もう一枚貰ったミックスも内容が良かったり、購入した12inchもロックではありましたが、全然プレイ出来ちゃう範囲だし・・・イイ買い物をしたな~と思いました。

 ここで書きたいのが、ロックという、DJ業界からすると別次元な方々が「DJ」ということを自然に楽しむような時代になったんだな~と思いました。

 全ての方がそうではないですが、ロックの人はDJに踏みいれず、DJの人はロックに行かない・・・そんな壁があったような気がしましたが、澤部さんのようにナチュラルな人も出てきたんですね・・・
 また、話はずれますが、今年はアナログ相場的にはロック方面は当たり年で、特に90年代のロック(オルタナティブロック)の相場は凄いし、ロック系の新譜が普通にアナログでリリースされていますよね・・・面白いのが、そういうのを買ってるのが、当時を知ってる人だけではなく、今の若い子たちも買ってます・・・

 なんか、澤部さんのを例にするのはアレですが、音楽に「壁はない」ことを改めて痛感しました!!



「今年のMUROさん」

DSC01029_20141230121901043.jpg

 最後は今年もMUROさんで〆たいと思います・・・今年も結構買いましたね!!

 今年に関しては、ややリリースのペースが落ちた感がありますが、色々と出してて、特に「メジャーリリース」ものが印象的でした!!

 Freesoulのミックスは流石の内容だったし、久しぶりのHipHopミックスとしてDefJamも良かったし、渋いところではHi Recordsのミックスもイイし・・・ホント活発でしたね。
 追いかけている限りだと、メジャー系に関しては、MUROさんが自発的に作ったというよりも、レコード会社から依頼があって作った作品が多く、レコード会社も「ミックス作品」という存在を重要視している証拠なんでしょうね~

 また、アンダーグラウンドな作品も渋いのが多く、お子さん誕生記念で作ったキッズものや、今の時代にド直球な和ブギーなど、流石なミックスです・・・和ブギーは現在ヘビーローテーション中です(^0^)

 来年もきっと色々と出すことを期待してます・・・まだまだ追いかけていきますね!!





DSC01064.jpg

 んでは、ノミネートは以上です・・・〆の写真は、見る人が見たら驚愕な1本です!!

 今期のユニオンのセールでの最大の収穫品であり、達郎さんの「Joy」の2本組みテープです・・・以下で「まとめ」を出す上で、無くてはならない写真になりますよ(^0^)


 まず、ノミネートした作品は、順不同に紹介をしましたが、今年のミックス市場では以下のキーワードが重要だったと思います。

①メジャーリリースの作品が増えた
  (メジャーのレコード会社がミックス作品に寛容になった)
②今までDJミックスを楽しまなかった層(ミュージシャン・リスナー)が
  DJミックスを楽しむようになった
③和物が人気になった


 恣意的ではないですが、今回のノミネートはこういう視点で選んでいました・・・・結ぶとすれば「DJミックスが一般化してきた」ことだと思います。

 私がブログを始めた5~6年前だと、DJミックス自体がまだ日蔭の存在でしたが、スマホ時代の今となっては、ネットに上がっているDJミックスを簡単に聴けるので、凄い一般的になったと思います。
 私としては、そういった流れがあって、一般市場でもDJミックスの作品が出せるようになったと考えており、今までDJミックスを楽しんだことが無い層が、DJミックスを楽しむようになった印象があります。

 まあ、その反面で、アンダーグラウンドなミックス作品をプレスCDで出す人が少なくなった(ネットミックスが一般化して、売れないのが大きい・・・)のが寂しいところではありますが、一般市場の作品においては、今回のKou-Gさんの作品や、Ultimate 4thさんのような意欲的な作品が出せるようになり、健全な市場になってきたな~と思います。

 また、和物に関しても、当然の流れで、今の時代にない、過去の音楽の良さが評価されているのはイイことですね・・・その流れが「DJ視点」でも動いていることが嬉しいです。


 そんな訳で、今年は来年の予測というか、私の願望を書いて終わりたいと思います・・・こういった流れがあれば、絶対にリリース出来そうなので、あえて書いてみたいと思います。


『来年は、MUROさんによる「山下達郎ミックス」が聴きたい!』


 皆さんも、絶対聴いてみたいでしょ?

 今回、念願だった達郎さんのライブアルバム「Joy」のテープ版を入手し、ミックステープとして聴いてたのですが・・・ほんとイイんですよね!!
 グルーブがイイというか、聴いてて波に乗せられちゃう感じがあるんです・・・それは、楽曲やミュージシャンのレベルの高さに加え、達郎さんの音楽愛があってだと思います。
 
 また、Dimitriがそうであるように、達郎さんの曲は普通にDJプレイが出来るです・・・それは、過去に紹介した「DJ Crystal」さんの作品などでも分かるかと思います。


 レコード会社、リスナー、アーティスト、そしてプレイするDJ・・・全ての人がDJミックスに対して、そして国内の音楽に対して前向きになった今なら、絶対に作れる内容だと思います。

 本当に実現するかどうかは分からないですが、是非とも聴いてみたいものです・・・MUROさん、是非、頑張ってください!!


DSC01065.jpg

 では、今年はコレにて終了・・・年末のレコ掘りと並行して、この記事を書いてたので疲れました(^^;)

 レコ掘りに関しては、今年はストレスが多い年だったので、いつも以上に爆発中・・・今日も某ユニオンを攻めに行きますが、散財に散財を繰り返しています(^^;)
 連休4日目の昨日の時点で購入枚数が30枚(!)を超えており、集計をするのが大変怖いです・・・割と高いのも値段に負けて買ってるので、本当に怖いな~(^^;)

 ただ、探してた1枚も偶然見つかることもあり、それも嬉しい出費になりました・・・

 これも、見る人が見たら「うほっ」となる1枚で、「Moomin / Moonlight Dancehall」のオリジナル7inchです・・・やっと買えました(^0^)
 それも、某川口のYさんで、レゲエではない棚から出てきて、そしてそれが20%オフとあって、まあまあ高額でしたが、私にとっては「奇跡の発掘」でした・・・予期せぬお店で、予期せぬ場所から掘れるのって凄い嬉しいですよね(^0^)


 そんな訳で、今年は1年間、ありがとうございました!!

 来年も頑張ってブログを更新していきますので、引き続きのご愛顧を宜しくお願い致します(^0^)

 では、また来年!!





 
 



 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ノミネート作品の幅の広さにやられちゃいましたね!
MTTさんと、このブログ自体が「音楽に壁は無い」を体現してますね~♪
個人的にはC&Aのmixがツボでしたね。てゆうか、(悪い意味で)タイムリーだし!(苦笑)

そんな群雄割拠の中から選ばれた大賞が、何とメジャー作品っていうのも相当驚きました!しかも大好きなtabuの作品で嬉しい!
MTTさんの言うように、mix作品が定着してきたという感じで前向きに捉えたいですね!

もともとjam&lewisが大好きなんですよね(r&bプロデューサーで一番好きかも)
アレックスのhearsayはホント聴きまくった!
あと、tabu以外にも、彼らのレーベル、perspectiveから出てる作品(mint conditionとか)も最高です♪

オレもグルスポさんのmixは知ってたんですが、他に欲しいものも多々あり、買えてませんでした。(情けない・・・)
ところがドッコイ、MTT大賞に選ばれる程の凄い作品だったとは!
もう、「マスターピース保証間違い無し」と確信し、すぐに某密林でポチッちゃいました(^_^;)
紹介記事本文はネタバレになるので、実際に聴いてから熟読します♪
MTTさん、Tabuのmixを取り挙げてくれて本当にありがとう!\(^o^)/

来年もよろしくお願いします!
良いお年を!!
2014/12/31(水) 17:34:25 | URL | kyk #-[ 編集]
今年もすごかったです。
キングは来年ミックス30周年みたいなので
もっとリリースされるような予感がします!
来年も宜しくお願い致します〜
2014/12/31(水) 18:50:18 | URL | 松野 #-[ 編集]
Re: 連名で失礼します
>kykさん

あけましておめでとうございます!
今年も1年、宜しくお願いいたします!!

Tabuに関しては、文中でも書いたのですが、買ってから年末まで「気づいてたら良く聴いてたな~」と思い、深く聴きなおした感じなんですが・・・色々な部分でイイ作品だったと思います。
ご購入をして頂いたそうで、なんか責任重大な部分も多く、大変恐縮ですが、日々のリビングミュージックとして楽しんで下さいね~

ではでは、今年も1年、宜しくお願い致します(^0^)


>松野さん

あけましておめでとうございます!
今年も1年、宜しくお願いいたします!!

そうか、MUROさんは今年30年でしたか・・・なんか動きがありそうですね!!
個人的には達郎ミックスをホント聴いてみたいんです・・・大昔に何かのインタビューでMUROさんも作ってみたいみたいなことを発言してたと思うので、全てのタイミングが合えば作れると思うんですよね~
達郎さんが出来れば、サザンだって、ドリカムだって、イイ和物音楽のミックスが作れると思うので、その先陣をMUROさんに切ってもらいた所です(^0^)

では、今年も1年、宜しくお願いいたします!



追伸
年末年始の休みは、年末の時点で掘り掘りし過ぎて疲れたらしく、昨日から体調不良でございます(^^;)
まあ、おかげさまで、年を越える前にレコードは掘りつくしたし、新年会系も済ませたし、あとはひたすら自宅静養かな・・・久しぶりに家でゴロゴロしながらレコードを聴いてますね~
ではでは~


2015/01/03(土) 07:59:35 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
聴きました♪
さすが大賞作品だけあって、良かったです!\(^o^)/

良かった点はMTTさんのレビュー通りでしたが、個人的にはアレックスとシェレールのデュエット2曲の使い所(セットのツカミと前半の〆)にグッときました!
あの2曲って80sのtabuの中でも人気があるのかなと思うんですが、いいタイミングで聴かせてくれました♪

Tabuのパブリックイメージ(80s)に応えつつも、一般には馴染みの薄いであろう70音源もバッチリ聴かせてくれるという流れが最高です♪これぞDJって感じっすね!

まだまだ寒いこの季節に重宝しそうな好mixなので、しばらくお世話になりそうです(^o^)v
ありがとうございました!
今年もよろしくお願いします☆
2015/01/05(月) 12:42:36 | URL | kyk #-[ 編集]
Re: 聴きました♪
>kykさん

うわー、このコメントは嬉しすぎます・・・ありがとうございます!!
私の記事を読んで頂いた上で買って頂けるという話で、結構ドキドキしてましたが、喜んで頂き大変光栄です・・・そして、この作品を紹介してホント良かったです(^0^)

収録曲に関しては、ホント塩梅がイイんですよね・・・私の紹介では、手持ちレコードで紹介をするルール(?)があるので、全てを明確に紹介出来なった部分も強かったのですが、Tabuのイメージを出しつつも、その裏も上手く表現しているのが上手いですよね~

是非是非、この時期にはピッタリなミックスなので聴いてくださいね!!

kykさんのように、書いたこと(表現をしたこと)に素直に反応をくれ、喜んでくださる方は、私の毎日の励みになっています。
今後も喜んで頂けるようなミックス作品を紹介していきますので、宜しくお願い致します(^0^)

では、今週末も何か紹介をしますので宜しくお願い致します!!


追伸
この時期に合うミックス・・・と書いて思い出したことがあります。
このミックスを聴きこんでいる12月のある夜、空気が澄んで、夜空が綺麗だった夜の話です。
会社帰りで、自宅に向かいながらこのCDを聴いてたのですが、本文でも紹介した「Masta Luva → Changin'」の流れになるな~と思い、ちょっと遠回りして帰ったんですね・・・
気づいたら、あまり街灯がない場所で、周りの家の電気もそんなに点灯していなく、すこし寂しい道に来てしまいました・・・
ただ、その暗い夜道を歩いている時に、その流れになり、曲が変わる前後で、フッと夜空を見たら、星が凄い綺麗で、ちょっとミックスの世界にトリップしてしまいました・・・
Tabuというと、ジャケのような煌びやかなイメージなんですが、アソコの流れは、冬の星空の方がイメージがあったのかもしれないですね・・・
蛇足な話ですみません・・・というか、本文で書くのを忘れてました(^^;)

2015/01/05(月) 22:15:21 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
あけましておめでとうございます。そしてお久しぶりです!
今年も面白い記事期待しています(^o^)

今回のノミネートmix、tabu音源はもちろん好きで、groovemanspotの世界観が好きなので買おうと思ってたんですがスルーしてました…あとジャケットがいいんですよねー!菱沼綾子さんの80年代を感じる懐かしく甘酸っぱい感じのイラストが堪らないです。mr.melodyのmixジャケットも手掛けてますよね。
私も今回の記事をみて買おうと思います(^^)

あと、最近和モノミックス本当増えましたよね。和モノ好きとして嬉しいです。muroのelegant funkもドツボな内容でした。ヤマタツミックス、是非きいてみたいですね!

余談ですが、最近私も和モノレコがだいぶたまってきたのでmix録ってみました。アナログオンリーの一発録りなので繋ぎが雑ですが、よければ暇なときにでも聴いてみてください(^^)
https://m.mixcloud.com/ryotarohonda98/city-pop-mix-all-vinyl-live-mix-/
2015/01/06(火) 08:25:21 | URL | りょう #-[ 編集]
Re: タイトルなし
>りょうさん

コメントありがとうございます&あけましておめでとうございます!

おおっ、CDを買って頂けますか・・・結構恐縮ではありますが、かなり良いので楽しみにしててくださいね!
あと、和物のミックス、早速チラッと聴かせて頂きましたよ・・・いや~知らない曲が多そうです(^0^)
達郎さんのMagic Waysが入っている時点でニヤっとしてしまいました・・・達郎さんのMUROさんミックス、是非聴いてみたいですね!

では、ミックスの方は時間のあるときにしっかりと聴いてみますね~
今年も宜しくお願い致します(^0^)


2015/01/06(火) 22:31:37 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
はじめまして。いつも楽しく拝見させております。
MASTA LUVAここで見つけました。ネットでの通販になりますが、まだお探しでしたら…
http://www.breakwellrecords.com/product/5357
2016/07/28(木) 02:35:13 | URL | no name #-[ 編集]
Re: タイトルなし
>no nemeさん

コメント&貴重な情報を頂き、ありがとうございます!

まずは、こんな「このレコードが欲しい」情報までチェック頂きありがとうございます!

Masta Luvaは、かなり探しているのですが、まだ出会えてないレコードなんです・・・この位な値段だったら、問答無用で買っちゃいますね!
ただ、MUROさんの教えに従って「自分の足で買う」を未だに貫いているので、この情報は心にしまっておきます・・・面倒なルールを作っちゃった(?)のが、結構響いています(^^;)

なお、今回の情報を頂いて、追加ネタを入れておきますね~
先日、浅草であったレコ祭りで、今回教えていただいたBreakwellさんも出店してて、他のお店が気張っていないUS系の45を結構だしており、
かつ、このお店が得意なDisco Break系のが結構あったので、期待して掘ってたら、出そうな気配はあったんですよ・・・趣味が近いというか・・・ですね。
う~ん、やっぱり「その気配」はあったんですね・・・これは残念です!

あと、今回の情報はかなり嬉しい情報です・・・
私の傾向として、かなり欲しいレコードとかテープが「出た」という情報と知りあえると、不思議と数カ月以内にであることが多いのです・・・
「レコードあるある」レベルな感じですが、どこかのお店で出会えることを祈って、これからも掘り掘りしますね!

ではでは、今後ともよろしくお願いいたします!




2016/07/29(金) 00:25:31 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック