HipHop,R&B,Soul,Funk,RareGroove,DanceClassics,Garage,House・・・など、私が気に入っているMixTape,MixCD,その他もろもろを紹介するブログです。
DJ Hazu 「Nice Middle」
DSC01162.jpg

 引き続き、苦手分野シリーズの紹介です・・・自分でいうのもアレですが、Mixtapeのブログなのに、ド直球の「HipHop」って紹介してないんですよね~(^^;)

 自分の趣味がズレてしまったのもありますが、一番の理由は、紹介するにあたって、HipHopのレコードを持ってないからなんですよね・・・
 一応、ここ数年、値段が安くなったのもありますので、自分の中でも意識的に買うようにしてて、だいぶ溜まってきたので、今年はちゃんと「HipHop」を紹介しようと思っています!!

 そんな訳で、やっと入手が出来たテープではありますが、今回はHazuさんの紹介です(^0^)


hazu_000.jpg DSC01168.jpg

 ミックステープを掘っている方だと「今さらかよ!」と思うかもしれないですが、今回はミックステープ業界的には信頼度が熱い「DJ Hazu」さんの作品を紹介します。

 過去に、日本語ラップ文脈として「現場デ炸裂」という作品を紹介しましたが、真面目にHazuさんの紹介をしたことがなかったので、今回の記事ではしっかりと紹介をしたいと思います。

 まず、Hazuさんのバイオ的な話からいきましょう!

 Hazu(ハズ/刃頭)さんは名古屋を拠点に活動をするHipHop系DJ/Producerで、80年代末から活動をするベテランで、日本のHipHopの普及においては、メチャクチャ功績があるお方だと思います。

 それこそ、名古屋時代のTwigyと組んだ「Beat Kicks」や、故・Tokona-Xとの名コンビ「Illmariachi」を通して、日本語ラップの普及を努めたり、Beatmakerとして多彩な活動をしたり・・・影響を受けた方は多く、特に名古屋地区で恩恵を受けた方が多いかと思います。
 日本語ラップを含む「日本のHipHop」は、どうしても東京集中で動いていた中で、名古屋という東京から見ると「地方」になってしまう場所で、独自のHipHopの種をまき続け、後続達が「名古屋だがや」と気を吐いて名古屋のHipHopを作って行った過程には、Hazuさんのような先駆者があってだと思います。

 特に、Hazuさんの「HipHop」って、誰にも比類しない「独特さ」がイイですよね・・・

 これは、今回の作品紹介でも触れようと思いますが、Beatmakerとして作るトラックなどはドロ~っとしつつ、切れはしっかりあり・・・なんでしょう「独特」なんですよね・・・また、名古屋なので初期よりReggae勢ともリンクしており、音楽性の雑食さも独特ですね・・・
 う~ん、うまく表現できないのですが、Hazuさん自身が愛してまない任侠映画のような昭和感(?)がありつつ、ちょっと「狂」な感じがありますよね・・・ただ、音の黒さは絶品で、私は大好きなお方です(^0^)

 そんなHazuさんですが、ミックステープは90年代の中頃から多くの作品をリリースしており、ミックステープがお好きな方には定番だし、リリースされた当時に聴いてた方も多いと思います。

 有名どころだと、以前も紹介した「現場デ炸裂」や、HipHopクラシック連発な「Krowt 68」、そして名古屋のReggae勢とリンクした作品など、作品数は多く、市場的にも今でも人気な作品が多いです。
 そして、ミックステープにおいても、その「独特さ」は炸裂してて、ミックスの内容だったり、グルーブだったり、タイトルだったり・・・結構「玄人向け」だったりもするんですが、一度ハマると抜けられないのが・・・Hazuさんの魅力だと私は思います(^0^)
 また、ミックステープが少なかった時代から率先してリリースしてた印象があり、ミックステープの部分でも名古屋のシーンを引っ張っていたのかな~と思います。

 ちなみに、私自身としては、Krowtはリリース時に普通に購入(高校生の頃)し、通学時に良く聴いていましたね・・・ただ、知り合いに「借りパク」されて、今現在に所持しているテープは大人になって買い直しました・・・今のMP3世代の若い方には「借りパク」って分かるんでしょうか(^^;)

 なお、現在のHazuさんは音楽活動をしつつ、名古屋の繁華街に「Jirri.」というカフェ(カレー屋さん?)を経営されているそうで、今も名古屋の「顔」として大活躍されております!!

 では、作品の紹介にいきましょう!!


DSC01164_20150131083827a18.jpg DSC01165.jpg
DSC01166_20150131083828896.jpg DSC01167_201501310838307c1.jpg

 この作品は、Hazuさんと共に名古屋のHipHopを進めたレコード店「Skillz」からリリースされたミックステープで、Hazuさんらしい「HipHop」が聴ける名ミックスです!!

 タイトルの「Middle」から分かる通り、HipHopにおける「Middle School(80年代末ぐらい)」を中心に選曲された作品で、シリーズとして第3段までリリースされた作品になります。
 実際、選曲的にはMiddleというよりもNew School(90年代初期)も含まれているのですが、流石の選曲感で、お好きな方は多いテープだと思います。

 まず、選曲面の話からすると・・・もー、Hazuさんらしい「渋さ」が爆発してて、結構ヤラれました!!

 見る人が見れば、上のレコ写だけで「渋いところを突いているな~」と思うかもしれないですが・・・定番や直球は外し、あまりプレイされない曲が多く、独特な選曲が素敵ですね・・・

 それこそ、Tokonaが「尾張名古屋のマーリー・マール」と評したHazuさんだけあって、Juice Crew系も多くプレイをするのですが、「Big Daddy Kane / Very Special」「Master Ace / Music Man」のような非定番が多くプレイされてて、Middleミックスと思うと拍子抜けする内容かと思います。
 また、他のレコも紹介しておくと「Nice & Smooth / More & More Hits」のような有名アーティストのそんなにヒットしなかった曲や、「Redman / How To Roll A Blunt」のようなB面曲、そしてLPのみの曲など・・・失礼な表現ですが「2軍・3軍」の曲ばかり選曲をしています・・・

 私も、今回の記事を書くにあたり、聞きこんだのですが、最初に聴いたときは知らない曲が多すぎて「なんだこりゃ」と思ったのですが・・・いざ、聞いてみると「カッコいい」んですよね・・・これがHazuさんの魅力かもしれません。

 実際に、A面の最初はVery SpecialのようなLovers HipHop(?)から始まるのにも面を食らいましたが、選曲の意外さがありつつも、流れで聴くと、Middle期のHipHopに強く含まれる「Funkyさ」や「黒さ」、そして「Hazuさんらしさ」が感じられ、結構聴きこんでしまいました!
 選曲面だけを表現すると「いぶし銀」になるのですが、そういった渋い曲を駆使して、Hazuさんらしさを表現してるのは上手いっすね!!


 また、ミックスも上手いんですね!!

 2枚使いやスクラッチはなく、スムースなショートミックスで繋いでいき、ミックスをすることで生まれる「グルーブ」を、選曲に生かしており、派手さはないけど、個人的には好きなミックスです!
 また、細かい配慮も素敵で、選曲で紹介したNice & Smooth → Redmanと繋いでいくのですが、実は「Mary Jane Girls / All Night Long」ネタ繋ぎだったり・・・マニアにはグッとくる仕掛けもあり、上手いですね!!




 多分、この作品に関しては、昔でいう「Hip Hop IQ」がそんなに高くない方が聴くと「地味過ぎて面白くない」と思うでしょう・・・
 ただ、ある程度、HipHopの知識がある方だったり、音楽をグルーブで楽しむことが出来る方であれば、楽しめると思います・・・こう書くと、私が「知識がある」と言っているみたいで嫌な表現ではあるのですが・・・分かる方には分かる作品だと思います!!

 なお、入手に関しては、意外と買えない一本で、私も紆余曲折があって、やっと入手しました・・・Hazuさんのテープは結構人気なので、中古でもすぐ無くなっちゃうんですよね~(^^;)
 なので、気になる方は頑張って探してね!!




<Release Date>
Artists / Title : DJ Hazu 「Nice Middle」
Genre : HipHop
Release : 90年代末??
Lebel : Skillz No Number


Notice : 別プレスについて

DSC01163.jpg

 今回の作品は、上記のようなジャケでもテープがあります。恐らく、顔ジャケのは2ndプレスで、こちらの文字のみのタイプが実質的に1stプレスだと思います。

 なお、本文には書けなかったので、ここで書くと、このテープのリリース元である「Skillz」もミックステープを沢山出しているレーベル(レコード店)で、名古屋からDJミックスを発信していた点は興味深いですね。
 残念ながら、名古屋の情報は少ないのでアレですが、こういう音楽における「レコード店」の存在はやっぱり大きいですね・・・レコードを売るだけでなく、人が集まることで生まれる「ムーブメント」を起こす場として、やっぱり「実店舗」は重要だと思います!!




------------------------------------------------------
------------------------------------------------------
<独り言>

DSC01161.jpg

 え~、この記事の最初の方でも書きましたが、ここ最近は「HipHopのレコード」を意識的に買うようにしてて、世間の流れと逆行(?)して、ボチボチ買っています・・・・

 今回の紹介においても、レコ写に上げた4枚中、3枚は新たに購入したレコで・・・金曜日の夜、会社帰りに某ユニオンで揃え、枚数割引もあったので、他のレコードも一杯買ってしまったり、レコ運が良かった日なの、流れで行った別のお店でも探してたHacネタのアレが買えたり・・・スーツで大漁をしてきました(^^;)

 この辺のHipHopのレコード、お店にもよりますが、在庫数が多い所であれば、苦労せずオリジナルのUS盤が発見でき、かつ、値段も安いんですよね・・・オッサン世代の私としては「アメ盤がこの値段で!」って思うことが多いですね~

 相場的な話をすると、HipHopのレコードが高額だった90年代末~00年代初期は、ほんと高くって、写真のGangstarrのシングルは平気で「万近」でしたね・・・Mass ApealとかCode of The Streetなどはそんな感じで、当時としてはPremier人気も推して、高嶺の花でしたね~
 そのほかにもPete Rockとか、人気なアーティストのレコはそれだけで高かったし、それにつられて、同時代のB級ぐらいまではある程度値段は付いていました・・・昨年紹介したレコ袋の記事で出した某レコード店の買い取り表が如実なんですが、当時は結局「バブル」で、過大評価されていた結果だと私は考えています。

 そして、10年~15年ぐらいかけてジリジリと落ちていった経緯はありますが、今は当時と比べるとホント安くなり、タイトルにもよりますが平気で1/3~1/5ぐらいの値下がり、タイトルによっては1/10ぐらいまで相場が落ちています。

 先ほど、例にあげたGangstarrのシングルであれば、まだ高いタイトルもありますが、主要なオリジナルUS盤であれば2000円前後が妥当な感じで・・・今回のMassは、割引込みで3ケタで買えました・・・凄い時代になりましたね(^^;)
 まあ、Massに関しては、センターホール補修アリで元値自体が安かったのもあるのですが、最近はコンディションによる査定の幅が広く、私は盤質が良ければ、書き込みやジャケ破れとかはそんなには気にしないので、安く買えてることが多いですかね~
 あと、個人的には、これらのレコードが高かったことを身を持って体験し、その時は買えなかった悔しさがあるので、安い今だからこそ買ってる部分もあります・・・このことを「リベンジ買い」と呼んでいます・・・皆さんはどうでしょうか??

 私としては、これらのHipHopのベーシックな12inchは、実は相当数がプレスされているレコードが大半なので、今の相場が妥当かな~と思っています・・・
 正直、お店側としてはあまり利益が出ない存在になっているので、お店側にとっては微妙な存在(いつも買い叩いてしまし、すみません・・・)ですが、買い手側としては「嬉しい相場」になっています。

 こういった背景があるのは、データDJが増えてレコードの需要がなかったり、こういったクラシックなHipHopのウケが悪かったり、人気が凋落した部分も若干あるのかもしれないのですが・・・何よりも「掘り」を楽しんでいる人が減っているのがポイント・・・だと私は思います。

 「掘る」という言葉を考えた時、人によって当然価値観は違いますが、私としては「自分との戦い」が強く、欲しいレコードを手に入れるという戦いの他に、その欲しいレコードを「いかに安く買う」かも戦いになります。

 この考えは、恐らく「こんなレアなレコードをメチャクチャ安く買えた!」という自己満足の為ではあるのですが、今の相場観の時代においては「ディガーのプライドにかけて、このレコは高く買ってはいけない!」という屁理屈(?)も追加され・・・ま~不毛な戦いをしています(^^;)
 全然見かけず、やっと見つかったレコードは高くても速攻で買いますが、良く見かけるタイトルであれば、他のお店と値段を比べてみたり、あえて買わずにセール待ちをして安くなるタイミングを見たり・・・結構、戦略的に動いています?

 ただ、これは「掘る」という行為の骨子になるんでしょうが、レコ屋を何件も回り、多かれ少なかれ発生する「苦労」があることで生まれる「価値観」が好きで、私は掘っているんだと思います。

 その価値観は、そのレコードに対する「愛着」かもしれないし、目標を決めて行動する「ゲーム感」だったり、レコードを掘ること自体の「楽しみ」かもしれないし・・・人それぞれでしょうが、こういった行為を通して「音楽を楽しんでいる」と思っています。

 ここ最近、親父の小言スタイルで、たまに書いていましたが、こういった世界を知らない方も増えている実感もあったので、少し真面目に書いてみました・・・

 なお、アメ盤のHipHop、やっぱりイイですね!!

 鳴りの良さがあってかもしれないですが、この時代特有のサンプリング感のある曲は、やっぱりオリジナルのレコードで聴くべきです(^0^)
 なんか、もう数年すると、一回りした意味で、こういったサンプリング系HipHopなどの「あの時代にしか出せない空気感」が評価されそうな気がします・・・今の最新の音楽は、人間味がなくって、私はダメなので、その反動がありそうな気がします・・・どうでしょう?(^^;)


shibuyanokatahe_okarishimasu.jpg

 んで、以下はマニアの方へのお話です(^^;)

 先ほどの釣果写真を見て、前の方に並んでいる「黄色のレコード」に注目をした方がいるでしょうか・・・きっと注目した方は「HipHopじゃないじゃん!」「あれは何?」と思ったと思います・・・
 今回、収録曲のHipHopを買いにいったのも理由ですが、実はもう一つ理由があって、某ユニオンに行った経緯があります・・・オチ込みで報告しますね(^^;)

 木曜の夜、いつものユニオン各店のブログチェックをしてて、その某店で「日本語ラップのレギュラー盤を出しました」みたいな記事があり、まあ、平日の放出なので、普通な感じのレコがリストアップされていました・・・
 普段は、日本語ラップはスルーしちゃうので、そんなに記事を見ないのですが・・・目を疑うレコがリストに記載されていました・・・

 「バブルガムブラザ-ズ / ウオントビ-ロング / AGO102 / B / 名曲」

 うわー、やっぱりあったんだ!

 曲を聴けば若者でも分かるかと思いますが、1990年にリリースの大名曲・・・当然、CDのみのリリースで、気づいたら当時の短冊CDは探して買っていたほど、好きな曲です!

 んで、この曲に関しては、プロモレベルでもレコード化された情報は一切なく、レコードがあるのかどうかが凄い気になっていた曲でした・・・私が知らなかっただけかもしれないですが、とにかく「アナログ盤」では存在しない曲だと思います。
 ただ、クラブに明るいKornさんなら、関係者レベルで作っていたかも・・・と考えてたので、リストを見ただけで小躍りしちゃいました・・・今回はリストだけだったので、写真はありませんが、初めて「しっぽ」が見えた感じでした。

 アナログが詳しくない方も多いので、補足をしておくと、日本で「レコードからCDに移行」されたタイミングは、クロスの時期があるけど、レコードを買っている立場からすると「1989年」で、これを境にアナログがあるかどうかがバッサリと分かれます。

 89位だと、極小プレスでアナログがあったり、プロモであったり、もっとマニアックなラインだと有線プロモだったり・・・一応、アナログ盤は存在するのですが、時代がCD化へ進むほど、アナログが出てない曲が多くなります。
 んで、私としてはですが、この90年代前後の日本の曲って異常にイイのが多く、マニアとしてはレコードで欲しいんですよね・・・その一つがこの曲で、個人的には「ない」と思っていたのでビックリしました。

 ただ、これはマニア心理の微妙なところで、今回のような「放出しました」の後の掘りは微妙なんですよね・・・

 事前にセール告知があって、それに並ぶのであれば、このレコを欲しい人にとっては均等ですが、こういう後報告だと、先に情報を見た人が有利で、お店に行かずとも通販が出来るので・・・私としてはイマイチ盛り上がらない部分もありました。

 なので、翌日の会社帰りに、HipHopのレコを探すついでに「もしかしたらあるかも?」の期待半分で行ってみました・・・結果、あるわけが「ない」ですよね(^^;)

 ご丁寧に、帰宅後にその告知記事を見たら、平日放出は殆どソールドアウトの斜線が入らないのに、上のように斜線が入ってたので・・・結構、問い合わせがあったんだろうな~
 また、今回は日本語ラップの延長で出てたので、普段、日本語ラップのコーナーを掘らなさそうな人が、そのコーナーを掘ってて、掘り終わった後、微妙な顔(わかります?)をされてた方が数名いたので・・・同じ目的を持ってた方もいたのかな??


 そして、今回の記事の流れだと、写真にあった「黄色のレコード」がバブルかと思うかもしれないですが・・・これは全く別のレコードです・・・が、オチがあります!

 その日本語ラップの棚を掘ってたら、そのバブルのKornさんの別のレコード(Sexy Girl)も出てて、もしかしたらコレに入っているのか?と思い、視聴したら結構良かったので購入したレコードでした(^^;)
 何度かは見かけたことがあるレコで、今回は底値で出てましたが、Won't Be Longと同じ感じの曲調で、結構使えそうかも・・・なお、日本語ラップマニアにしか通じないですが、Fileレコードのプレス(15FR-016)でしたよ~


 今回は、本編よりも独り言の方が多くなりましたが、こんなもので・・・

 ちなみに、バブルのは本当にレコードがあったんでしょうか? マニアの微妙な心理で、負け戦の場合、店員さんには聞いたりしないので、どうなんですかね・・・
 また、コレ系だと「Zoo / Choo Choo Train」もアナログであるんですかね・・・これもありそうな気がするけど、全然、情報がないですよね・・・詳しい方がいましたら、教えてください(^0^)

 ではでは、今後も精進します!!





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
レコの相場の話、勉強になりました!
オレみたいにレコードデビューしたてで、なおかつリアル店舗で買えないライトディガーにとっては難し部分もありましたが。
ただ、「この作品をこの値段で買ってはいけない!」っていうのはなんとなく分かります。CD狙いでブックオフ巡りをしてるとそういう状況が割りとあります(^_^;)

話は変わって、この前のレコードのアドバイス、ありがとうございました!
Cisumさん、web覗いてみましたが、定番以外のチョイスが個人的に面白いなーと思いました☆
紹介文も興味深いし、コンディション申告も大変丁寧で、店員さんの音楽愛(?)が伝わります。
報告になりますが、nick strakerは、
preludeの通常盤にしました♪(やっぱ白は無いっすね)
あとは、el cocoのdancing in paradise、touchのlove something special、他いろいろって感じです♪
楽しすぎて買いまくって、既に今月は超金欠ですが(爆)

やっぱり生音ディスコやジャズファンクはオリ盤で聴くとヤバかったです!(>_<)
当分はnextさんメインで、欲しくてかつ普通の値段のレコをちまちまライトに買う生活が続きそうです!

今後もご指導(?)お願いします!毎度長文失礼しました。ではまた!
2015/02/01(日) 14:45:18 | URL | kyk #-[ 編集]
Re: タイトルなし
>kykさん

コメント、ありがとうございます!

実は、今回の独り言、kykさんとの会話で、こういったレコ話をしてたので、触発されて書いた感じがあります・・・
こういった「レコ掘りマインド」というんでしょうか・・・こういったことの全容を書くのは難しいですが、断片であれば、日々の行動から書けたりするので、書いた次第です・・・
相場の部分は、親父の小言を繰り返すみたいでアレですが、HipHopやDiscoはホントお手頃な値段に落ちてて、逆にRockとか和物は過熱してきてるので、今は本当に買いごろだと思います。
出現率としてレアなレコは出ずらいのですが、定番はかなり買いやすいので、ガンガン買ってくださいね!!

ではでは、今後とも宜しくお願い致します(^0^)



2015/02/01(日) 22:02:15 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
ありがとうございます!
自分の作品ながら、ご意見凄く
参考になりました&楽しく読まさせて
頂きました。
普段、自分の作品についての評価などは
気にならないほうなので、ネット上の
コメントなどは見ないのですが
ミックステープのことを調べていたら
自分の作品のジャケが大量に写って
いたので気になり拝見させていただき
ました。
ありがとうござい火星(mars)!
2015/12/23(水) 18:25:40 | URL | 刃頭 #-[ 編集]
Re: ありがとうございます!
>刃頭様

うわー、コメント、ありがとうございます!!
帰宅してブログをチェックしてたら・・・もー、飲んでたコーヒーを吹いちゃうぐらいビックリしました!!

そして、メチャクチャ嬉しいです・・・ミックス作品を作ったご本人様に喜んで頂けることは、一番嬉しいです!!
それは、ミックス作品を作っている方は、凄く頑張って作っているのだから、紹介する方だった安直に紹介してはいけないと思い、頑張ってブログを更新してるので・・・そういった点が認められたかな~と思うと、凄く励みになります(^0^)

刃頭さんのミックス作品、まだまだ紹介していないのが多いので、これからもがんばって紹介いたします!!

では、よろしくお願いいたします!!




2015/12/24(木) 23:45:00 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック