HipHop,R&B,Soul,Funk,RareGroove,DanceClassics,Garage,House・・・など、私が気に入っているMixTape,MixCD,その他もろもろを紹介するブログです。
DJ Kaori 「Downtown Classics vol.1」
DSC01192.jpg

 え~、今年は今まで紹介しなかった作品/DJを紹介しようと頑張っており、さり気なく「自宅掘り」の日々が続いております・・・

 テープに関しては、コレクター興味でバンバン買ってはいますが、聞く行為は全く別物で、興味がないと聞かないんですよね・・・そういうテープはいっぱいあり、深く考えると「無駄遣いか?」と思って凹みます(^^;)

 ただ、いざ聞いてみて「あれ、結構イイじゃん!」と思う作品もあり、自宅掘りの大切さを痛感しています・・・
 特に、一方的に「面白くないだろう」と思いこんでいた作品/DJのテープが、思いのほか良かったりすると、偏った考えは持ってはいけないな~とも思いました・・・

 そんな訳で、全然聞いてなかったカオリさんのテープを紹介します・・・カオリさん、やっぱり上手いですね!!


kaori_00.jpg

 今回は、長くこのブログを読んでいる方であれば「意外なところで攻めましたね!」と思うであろう「DJ Kaori」さんの作品の紹介です!

 まず、カオリさんのバイオ的な話からしましょう・・・正直、説明は要らないかな~と思いますが、伝えたい趣旨があるので、ご案内します・・・
 なお、たしか「ケオリ~」が日本語読みでは正しい(?)のですが、以下では、日本人らしく「カオリ」で統一します・・・すみません(^^;)

 カオリさんは、日本を代表する女性DJ/Producerで、今でも活発に現場でのプレイや作品を出しており、知らない方はいないかと思います・・・

 今となってはテレビにも出演し、日本で一番有名な「DJ」かもしれないですね・・・あんまりテレビを見ないのでアレですが、ゴールデンタイムの番組とかにも出ているようで、オバーちゃんでも知っているという意味では日本で一番有名なのかな~と思います。
 そして、そういったテレビでは、割と「セレブDJ」的なスタイルで出演されており、もはや「芸能人」と言っても過言ではなく、現場でのプレイも、そういった匂いがするパーティーを中心にプレイをされていますね・・・・

 んで、こういった「ポップ」な流れがあることで、このブログで紹介しているDJ達とはちょっと方向性が異なり、ブログを読んでいる方でも「スルー」している方が多いかと思います・・・・
 つまり、DJを「音楽」的な観点から考えている方にとっては対象外な存在になっていますよね・・・私も少なからず、そう思う部分はあります・・・

 ただ、カオリさんに関しては「キャリア」が別格で、やっぱり「実力」があるんですよね・・・これは見落としてはいけない点だと思います。

 カオリさん自体は、90年代初期からDJをされていて、90年代~00年代初期はNYで活動をしてた点は大きく、本場の「HipHop」を理解しているDJだと私は思っています。

 有名な話だと、Funkmaster Flexのクルーに属していた点になるかと思いますが、絶えず「現場」を重要視しているスタイルはNYのHipHop的で・・・今のポップなスタンスの下には、しっかりと「B魂」があるお方だと思います。
 特に、DJプレイに関しては「Kid Capri」のようなNYスタイルが色濃く、マイク使いなんかがそうですね・・・DJプレイも結構ゴリゴリだし、選曲も現場を理解した上でプレイしており・・・変な例えですが「Mobb DeepだけでDJプレイをして!」と依頼があったら、それが出来て、かつ現場を盛り上げることが出来るお方だと思います。

 個人的には、アナログでプレイしてた頃のカオリさんのプレイが印象的で、カオリさんより大柄な男性アシスタント(レコード持ち)を引き連れ、NYスタイルでゴリゴリとDJをやっている姿が印象的でした・・・
 ageHaだったと思いますが、今と同じように女子向けな内容ではあるものの、プレイの空気感とか動き方は「カプリ」で、やっぱりこの人は「HipHop」なんだな~と思ったりしました。

DSC01193.jpg

 そんな訳で、ミックステープの話に移しましょう・・・

 カオリさんは、今ではストリート向けな作品は出してはいないですが、NY活動時代の00年代初期は結構テープを出していて、それも「HipHop」の人の証拠になるかもしれないです・・・
 リリースされてた当時は、日本でも良く売れていて、やっぱり女性の方が多く買っていた記憶があります・・・今もそうかもしれないですが、頼れる「お姉さん」というスタンスが強かったと思います。

 んで、個人的には、コレクターの習性上、一通り集めてはいましたが、全然聞いていなかったです・・・ポップ的な匂いがするから聞いてなかったのではなく、大半が「新譜選曲」のテープなので、聞いてなかったです(^^;)

 ただ、今回紹介するテープは、なんと「クラシックス」選曲で・・・いつ買ったか覚えてはいないですが、見事にハマってしまいました(^^;)
 特に「Kid Capri / Old School」のような鉄板な選曲とグルーブがありつつ、カオリさんらしさもあって、大変良いですね・・・この点を強調したかったので、今回はバイオ紹介を長めに書いた次第です。

 では、作品の紹介です!!


DSC01198.jpg DSC01196.jpg
DSC01195_20150222130146695.jpg DSC01194.jpg

 まず、今回は手持ちレコが多かったので、A面とB面に分けて紹介をしますね・・・正直書くと、B面の持ってない曲が運よく揃えることが出来たので、その減価償却も込めて、レコは大量表示です(^^;)

 この作品は、タイトルの通り「クラシックス」選曲で、NYのHipHop系DJ達がプレイし続ける80年代のダンスクラシックスやR&Bを中心にプレイした作品で・・・カオリさんにおける「NYのHipHopらしさ」を上手く表現した作品だと思います。

 A面は「もろクラシック」な内容で、写真に上げた「Keni Burke / Risin' To The Top」「Gap Band / Outstanding」など、皆が愛し続ける曲をガッツリとプレイします!

 この作品ではマイク使いはありませんが、現場でプレイしてたら、マイクで上手く煽りながら、フックは観客に歌わせる・・・みたいな選曲で、最高です!!
 こういったクラシック選曲は、その曲を分かっていることが前提にはなってしまいますが、プレイの仕方が上手いと、それにノセられちゃうので、個人的には問答無用で上がってしまいました(^^;)

 ただ、結構面白い選曲もあり、最近、レコード市場ではなぜかレートが上昇している「Maxwell / Sumthin' Sumthin'」のような現行R&Bや、個人的にはMakiさんから教わった「Odyssey / Don't Tell Me Tell Her」のような隠れた名曲もサラッとプレイしてて、選曲の深さも伺えます。
 選曲の深さはB面の方が濃いので、そっちで話しますが、Maxwellの後はPrinceをプレイするなど、曲調が似ている曲でなるべく繋げていき、かなり聴きやすい内容にもしてて、大変良いです。

 ミックス自体は、バリバリのHipHopスタイルで、かなり荒っぽいミックスをしてるのですが、カプリのような「グルーブ」で引っ張る感じのプレイで、むしろ荒っぽくて良いです・・・
 以前聴いた現場でのプレイもそうですが、男勝りなDJプレイはカオリさんらしさで、だけど華やかさと丁寧な部分もあるのがカオリさんですね!


DSC01201.jpg DSC01200.jpg
DSC01203.jpg DSC01202.jpg

 そして、B面・・・個人的にはコッチの方がヤラれました!

 B面は、スローに近いミッドテンポの80's選曲で、今なら「Elegant Funk」と称した方が分かりやすい選曲で・・・ミックスの空気感込みで、意外な選曲でビックリしました!

 それこそ、「Oran "Juice" Jones / The Rain」「BB&Q / Dreamer」のような当時のヒット曲や、「Patrice Rushen / Feel So Real」「Howard Johnson / So Fine」などの渋い曲などをプレイし、全体的に深い選曲で、ヤラれました・・・
 なんでしょう、この手のレコードは結構持っていると思っていますが、この辺は曲としては知ってるけど、意外と持っていなかった曲で・・・見事に良さに気づかされ、12を買わされてしまいました(^0^)

 そして内容的にもイイですね・・・全体的にラウンジーな感じでまとめてて、天気の良い日曜日の午後に、ラジオから流れてきそうな内容で・・・暖かいコーヒーでも飲みつつ、リラックスタイムを引き延ばしてくれる感じがして、大変良いです(^0^)
 とにかく、選曲の空気感の統一の仕方が上手く、その中で、意外とプレイされない曲なども織り交ぜ、素敵なグルーブにしているのが最高です。

 また、ミックスの部分でも、カオリさんらしさが出てていいですね!

 あまり使いたくない表現ですが、このB面ではカオリさんの「女性らしさ」がでた内容で、A面のHipHop的な質感ではなく、丁寧にミックスしている感じが大変素敵です!!
 女性らしい「なめらかさ」というんでしょうか、男には出せない柔らかい質感があるんですよね・・・実際のミックスはもの凄く丁寧だとは言えない部分もありますが、耳に優しく入ってくる感じは男には出せません(^0^)



 かなりベタ褒めしちゃいましたが、かなり内容の良い作品です!!

 正直書くと、他の作品は新譜ミックス中心なので微妙なのもありますが、これは間違えなく、これからも聞ける作品です(^0^)
 カプリなんかが好きな方なら直球で、カプリ級にHipHopではないですが、かなり聞ける作品だと思います!!

 カオリさんのテープは、結果的に私もそうだったのですが、市場評価は著しく低く、メチャクチャ安く、結構簡単に買えるので、興味がある方は探してくださいね!!
 
 


<Release Date>
Artists / Title : DJ Kaori 「Downtown Classics vol.1」
Genre : Disco、Garage、Funk、R&B・・・
Release : 2002~4年ごろ??
Lebel : Franchise Ent No Number





--------------------------------------------------
<独り言>

murosan_arigatougozaimasu.jpg

 実は、今回の更新は「こっち」の方が重要です・・・お気づきの方もいると思うので報告です!!

 先週の更新でミックステープ・コレクター人生最大の「ボム仕事」を行ったことをチラッと書きましたが、どうやら報告をしても良さそうなので、報告します・・・
 
 今回、ウェブマガジン「HOUYNHNM(フイナム)」さんからのお話で、3月に創刊する雑誌「HOUYHNHNM Unplugged」の企画の一つで・・・何とMUROさんと対談をして参りました!!

 恥ずかしいですが、繰り返します・・・
 

 私がMUROさんと対談を行いました!!


 もー、ボムもボムで、読んでいる方の中では腰を抜かす方もいるかもしれないですね・・・私もお話を頂いた際、足が震えてしまいました(^^;)

 内容としては、データなどの現物性を帯びない音楽が中心になっている現在において、レコードやテープといった「アナログ」にこだわる人の話を・・・みたいな感じの企画で、嬉しい事にMUROさんと対談を行いました。
 詳細は以下の記事をご参照ください・・・なんとDJ Premierと肩を並べるというビックリな状況です(^0^)


● Road To HOUYHNHNM Unplugged


 詳細は雑誌が出てからのお楽しみですが、ほんと有意義な時間を過ごせました・・・

 ブログを読んでいる方ならご存知かと思いますが、私はMUROさんの背中を見て育ち、今に至っています・・・

 お話を頂いた際、相当恐縮もしましたが、対談という形で「私の全て」を出し、MUROさんに「感謝」をお伝えしたい・・・そんな思いで対談に臨みました!!

 特に「掘る」という行為/姿勢はMUROさんから教わり、私の信条の中では大変大きい部分です・・・テーマは「アナログ」ですが、私とMUROさんでお話するのだからこの点を重要視しないといけないと思い、ここ数週間は「掘り」に関する独り言が多かった次第です(^0^)
 あと、こうしてブログを更新出来てるのも、読んで頂いている「皆さん」のおかげで・・・ある意味「みんなの代表」としてMUROさんとお話する訳なので、かなり頑張って話してきましたよ!!

 そして、対談自体はかなり盛り上がり、貴重なお話も色々と教えて頂き・・・感謝感激の対談でした!!

 MUROさんもかなり喜んで頂き、嬉しいです・・・MUROさんから教わった「掘り」を、私の「掘り」で恩返しすることが出来て凄く嬉しいです!
 今回の件は、MUROさんのTwitter(Instagram)でも報告があり、写真が上がってた「MURO'S House Fever」「達郎さんのボックスセット」にはアガっておられ、ディガー冥利に尽きます・・・ありがとうございます!

 ちなみに、お話しできる部分としては、以前に紹介したことがあるHouse Feverのジャケはカシさん(Kashi Da Handsome)が書いたそうですよ・・・
 この辺のボム話は色々と教えて頂きましたので、機会があったらご案内しますね・・・腰を抜かす内容が多すぎて、今はまだ書けません~(^0^)
 あと、今年の夢である「MUROさんの達郎ミックスが聴きたい!」もお伝えしましたよ・・・是非、実現して欲しいです!!

 また、お話を頂いたフイナムの中田さんを始め、スタッフの方々がこういった音楽や文化に愛着があることが大変嬉しかったです・・・
 恥ずかしながら、フイナムさんの事は知らず、こんなファッショナブルな媒体に私が出てもイイのかと悩みましたが、理解がしっかりとあり、安心して話すことができました・・・ポメーが分かっている時点で、相当なBですから!!


HOUYNHNMsan_arigatougozaimasu.jpg

 ちなみに、雑誌の発売は3月24日だそうです・・・私も楽しみにしておりますので、皆さんも楽しみにしててくださいね!!

 そして、MUROさんとのセッション、個人的にはコレだけで終わらせたくはないので、何らかの発展的な方向に進むといいな・・・
 今年のMUROさんは、15歳の時に初めてミックステープを作ってから30周年(!)だそうで、ミックス作品については動きがある一年のようなので、そういったMUROさんの流れに協力をしたい所存です(^0^)


 そんな訳で、とてつもないボムな報告でした(^0^)
 



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
おめでとうございます!
「ポポポポポメー」さんと並んでMUROさんとフイナムってすごいすねー。本買います。(バンドセット行けなかったです。。気づいたらチケット売り切れてた)
2015/02/22(日) 17:58:02 | URL | flygirl #-[ 編集]
原爆レベルのボムでした!
もう凄すぎて何て言えばいいか分からないっすね!!(>_<)

突然知り合いが英雄になった感じ(?)でしょうか(^o^;)

とにかくディガーのヒーローっすよ!
本当におめでとうございますっ!
関係ないオレまでテンション上がっちゃいました!

今後も、ブログ以外でこういった活動があればいいですよね☆
楽しみにしてます~(^o^)v

雑誌、今から待ち遠し過ぎます!
2015/02/22(日) 19:07:32 | URL | kyk #-[ 編集]
Re: 連名で失礼します
>flygirlさん

コメント、ありがとうございます!
取材を受けている際にチラっと聞いていたのですが、ポメー先生と横並びなのも凄いことです!!
どんな感じで発行されるかは私も楽しみです・・・楽しみにお待ちくださいね!!
そしてプリモ、ちょっと前にGangstarrの12を買ってから、ちょっと波が来てて、レコードを買い揃えようと虎視眈眈と狙ってます・・・やっぱり先生のワンループはイイですね(^0^)
では、今後とも、宜しくお願いいたします!!


>kykさん

コメント、ありがとうございます!
この話は、絶対に度肝を抜く話題だろうな~と思いつつ、素直に皆さんが喜んでくれるだろうと思っていました・・・喜んで頂き、メチャクチャ嬉しいです!!
ホント、今回のお話は、私の力だけではなく、kykさんのように、私を支えてくださる方々の力があって実現した話だと思います・・・ブログって、結構一方的なメディアだと思いますが、その一方的な思いに共感を頂き、応援して下さる方がいることで、初めて広がりが持てる存在だと思います・・・
毎年毎年、小さい一歩を歩みながら、進んできています・・・去年も結構頑張りましたが、今年はもっと色々な活動が出来るよう、頑張って行きたいと思います・・・kykさんのコメントは、いつも励みになっておりますので、引き続きのご愛顧を宜しくお願い致します(^0^)
では、今後とも、宜しくおねがいいたします!!




2015/02/22(日) 21:33:48 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
いや~、ふたつとも驚きました。まさか、ここで。「ここ」で、Kaoriさんが出てくるとは思いませんでした。自分は、それほど詳しくなく、やはりPOPなイメージのほうが強いですが、かなりゴツい人らしいというのは、小耳に挟んでおりました。アングラから、メジャーにのし上がった凄腕ラッパーのような成り立ちで、女性DJの成り上がりの象徴のような人ですね。個人的には、中途半端なグラフィティを使わずに、自分をモデルに、90年代あたりのR&B風に作ってあるジャケットも好きです。まったく、ノーマークなお人だったので、この1本だけでも、チェックしておく必要があるやもしれませんね。そして、ボム...。個人的には、レコードガイドと向うを張るミクステガイド本でも作られたのかと思っておりましたが、そのはるか斜め上でしたね。まず、今のご時勢に、そういう特集が組まれるというところからして、予想外なうえに、このまさかの組み合わせ、思わずクラってしまいました。ヨンパないです。そして、ご自分の基準になっている人とこういう形でクロスするなんて、ステキですね。もう、たまらんでしょうね。これまでの堀り師人生への神様からのご褒美ですね。本、楽しみにしてます。では。
2015/02/22(日) 21:39:22 | URL | baba #-[ 編集]
Re: タイトルなし
>babaさん

別記事でコメントを書いてましたが、こちらにもコメントを頂き、ありがとうございます!!

Kaoriさんの事は、昔からシーンにいる人なら、どんなにポップなことをしてても「あの人はモノホン」と認識してる流れがありましたが、今となっては結構厳しい状況なこともあり、ちょうどイイ題材に巡り合えた(相当前から持ってたテープのようですが・・・)ので、頑張って書いてみました!
アンチテーゼじゃないですが、カオリさんのDJが、それこそモデルやアイドル上がりの女の子のDJとは次元が違うことが分かればイイな~と思い書いた部分があり、反応を頂き、嬉しいです・・・
ただ、書き終わってみて、同性の子たちが憧れるようなDJをしていることなどが書いてなかったですね・・・この点も凄い大事で、Kaoriさんが活躍していることで、女の子のDJが増えている点は大変重要です!!

そして、MUROさんの件、誰しもが予想だにしないことだと思います・・・私も予想をしていなかったので、正に掘りの神様からのご褒美かも知れません!!
それも、後で思ったことなのですが、SNS全盛のウェブマガジンの方が、アナログ的な「雑誌」を作るのでお声をかけて頂いたんですから・・・このご時世に出来たことが奇跡かもしれないですね!!
雑誌も、リリースは確定してますので、楽しみにしててくださいね!!

では、今後とも宜しくお願いいたします!!

追伸 
ミックステープガイドですが、書こうと思えば書けるのかもしれないですが、今の身分だと時間が作れないのと、まだコレクションがパーフェクトではないので・・・まだ作れないですよ(^^;)
まあ、それ以上に、協力を頂ける出版社の方と巡り合えることともあるし、基本的に国内で著●権を無視して作っている存在を明文化して良いのかという点もあるし・・・多分、文章化するのは相当先だと思います・・・
ただ、ただ・・・作れるのは私しか「いない」とも思います・・・今回、MUROさんとお話してて、もっと色々なことを聞いて、それを色々な人に伝えたいと思いましたし、ガイド本は作りたいな・・・
いつになるか分かりませんが、この点も精進して行きたいと思いますので、今後とも宜しくお願いいたします!!

2015/02/22(日) 22:02:20 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
お久しぶりです!!

カオリさんのテープで、管理人さんのコレクション写真で言うと一番左奥のNY Club Hits Vol.1を持っています!新譜ミックスで、高校生のとき結構きいてました・・・

若干、2枚使いがしつこいな・・・と思うことはありますが、やっぱりテクニックははんぱないですよね。
雑誌Fineに連載していたミニコラムも毎月チェックしてました!

そして・・・Muroさんとの対談、本当におめでとうございます!!!
同じ音楽好き、テープ好きと言っても、管理人さんは次元が違いすぎて、もはやMuroさんとの対談というのがナチュラルな気さえします!

記事、全員Yo checkですね!!!

自分は細々とトニータッチ収集がんばります。これからも背中を追わせてください!!
2015/02/23(月) 00:36:39 | URL | ねりごま #-[ 編集]
ぎゃーーーーーー!!!!!!!!! ((((;゚Д゚)))))))
ビーーーーーーーーーーッグボム!!!!!!!!

絶句しました、、、

MUROさん、Troopersさん、アナログ、掘り、、、

グランドクロス!!!!

惑星直列!!!!!

思い浮かんだ言葉は、kykさんも仰ってた、「ヒーロー」、、、

そして、「第一部 完!!!」


3月24日が待てない!!!
両御大・両雄のファン必携すぎて脳みそが破裂しそうです、、、笑

この滾る感情をどうしたらいいのかわからんので、震えて寝ます、、、

おめでとうございます!!!泣 (T ^ T)
2015/02/23(月) 01:15:41 | URL | 豆 #-[ 編集]
Re: 連名で失礼します
>ねりごまさん

お久しぶりです&コメント、ありがとうございます!!
おおっ、Kaoriさんを買われてましたか!! 私の世代だと、ちょっと新譜系は興味が外れていたこともあり、オンタイムでは買わなかったですが、今回の作品のようにイイのがあるんですよね~
2枚とかに関しては、そこがNY的なのかも・・・当時、割と華奢なKaoriさんを見てて、ゴツい擦りをするな~なんて思ってました(^^;)
あと、Tony Touchも私も微妙に集めてますが、やっぱり新譜モノよりもクラシックモノになり、これもイイですね・・・その内に紹介しないと!
では、MUROさんの件も楽しみにしててくださいね! 今後とも宜しくお願いいたします(^0^)


>豆さん

超熱いコメント、ありがとうございます!!
今回の件、MUROさんということで、豆さんにも喜んで頂けると思っていました・・・ある意味、グランドクロス級かもしれないですね(^0^)
今回、MUROさんとお話をさせて頂き、ディガーとしての一番の恩返し(=自分の掘りでお返し)が出来たのが嬉しいです・・・当日の話は小出し(?)に紹介していきますが、MUROさんの作品のアドバンステープも持参し、そのジャケの素晴らしさなども力説してきましたよ!
もっと深いボム話(豆さんだったら腰抜かしますよ!)もあったり、聞けなかった話(あの幻のアドバンスの話など)もあったり・・・実りがあった部分も、宿題が残った部分もありますが、今回の対応で、私の中で、また一つの壁を越えたかと思います。
文中でも書きましたが、コレだけは終わらせたくないので、今後も頑張っていきたいと思います(^0^)
では、今後とも宜しくお願いいたします!!



2015/02/23(月) 23:13:37 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
もしやと思ったら。。。
ボムはちょっと置いといて、ケオリさんのミックス紹介は意外でした!
私もMTTさん同様に新譜中心のミックスが中心のイメージだったのであまり関心がなかったのが本音です。。

ただ、FLEX一派からライフエンターテイメントへの流れから感じる男勝りな2枚使いやマイクパフォーマンスは目を見張るものがあったのは確かですよね。
私はhiphopのDJがミックスするダンクラ、ソウルが大変心地よく感じます。
なので、ケオリさんが旧譜をミックスしてるとなると聴いてみたくなりますね!

で、ボムですがハンパないっす!!
勝手なイメージですがセミプロもしくはプロへの第一歩なのではと思っています。

MUROさんを漠然と好む人やある程度深くまで掘り下げた人はソコソコいると思うんですね。
ただ、MTTさんほど振り下げ分析をしてる人はいないと思います。
その執念が実を結んだ結果だと思いますね。

実は題名にもありますが、このボムの発表前にMUROさんのツィートを見てたら載ってて。
そこで、まさかとは思いつつあり得る話しだな〜と思ってました。

これをきっかけに今後の活動がますます楽しみになりますね!

影ながら応援してますので行くとこまでイッチャッテください!!

2015/02/25(水) 00:09:12 | URL | I-RIN #-[ 編集]
Re: もしやと思ったら。。。
>I-RINさん

コメント、ありがとうございます!
カオリさんについては、昔の記憶で、実はイイDJだな~と思っていたけど、テープなどで紹介できるタイミングがなかったと思ってた訳ですが、無事に紹介出来る作品があったので、紹介した次第です・・・どうも新譜モノだと、そのDJの上手さが表現出来ないことが多いので、スルーになっちゃうんですよね~
今となっては、カオリさんがこういうクラシックをプレイしたり、作品にしたりすることは無いかもしれないで、この作品は貴重かもしれないですね!

あと、MUROさんの件、考えてみればセミプロみたいな位置になってはきてますが、流石に「プロ」にはなれないかな・・・どうでしょう??
やっぱり、生活を支えるとなると、会社員でいる方が有利です・・・だけど、割と若いころから文章を書いて生活をしたい夢はあったりしたので・・・そういう道もあるのかもしれないですね・・・
でも、一つ言えるのは、このブログのように、会社勤めのセミプロでも「のし上がれる」ことは大切で・・・やっぱり情熱や信念があれば、進める道もあるのかな~と思っています!

これからも、どんな道を進むかは分からないですが、上を向いて進んでいきたいと思います・・・今後とも宜しくお願いいたします!!




2015/02/25(水) 23:10:39 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
やばいですやばいです!!!
キングのインスタで知りました。
すごいですね!
絶対読みます〜〜〜
2015/02/26(木) 01:16:16 | URL | 松野 #-[ 編集]
Re: タイトルなし
>松野さん

コメント、ありがとうございます!
今回の件は、松野さんも絶対に反応を頂けると思っていました(^0^)
今年のMUROさん、聞いたお話だと、ミックス作品もスペシャルなことを考えているみたいですよ・・・個人的には、その企画の中で達郎さんミックスを実現してほしいな~と思っています。
ではでは、雑誌の方も楽しみにお待ちくださいね!!
今後とも宜しくお願いいたします!!


2015/02/26(木) 23:08:34 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
はじめまして
5年前に片耳スティックヘッドホンを自作した際に、参考にさせていただいて以来、このブログずっと読んでいます。コメントするは初めてですが、今回のMTTさんの快挙にこうして書かざるを得ない状況ということで、筆を?取りました。やりましたね。
自分はDJはもう辞めましたが、90年代後半はMUROさんにかなり影響された世代なので、今回のボム記事を読んだ際には興奮しました。
僕はMIXテープは買わないですが、まだまだアナログは買っているので、MTTさんのレコ堀報告を読むが何よりの楽しみです。(現在日本に住んでいないので、池袋のユニオンとか懐かしいっす)
では、これからも頑張ってください。ウェブマガジン、絶対にチェックしますね!
2015/02/27(金) 12:56:29 | URL | SUGI #-[ 編集]
Re: はじめまして
>SUGIさま

コメント、ありがとうございます!
私と同世代で、同じ境遇(?)を辿った方に喜んで頂けるのは凄い嬉しいです・・・私としても快挙ですね(^0^)
今の時代だからこそかもしれないですが、別の国に行かれても、こうやって繋がることが出来るのは不思議なものです・・・ただ、それはそれで嬉しいことで、是非是非、レコは掘り続けてくださいね!
あと、雑誌に関しては、ウェブの方でも展開をするみたいなので、楽しみににしててくださいね!

では、今後とも宜しくお願いいたします!

2015/03/01(日) 21:21:37 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
凄すぎる…
お久しぶりです。
全然コメントさせていただいていませんでしたが、今回はコメントさせていただけなければなりません。
まず、テープの方ですが
自分持ってますよ。もう全然聞いていませんが、こうやってジャケットを見ると聞いてみたくなりますね。
そしてやっぱりのこちらへのコメント。
いやー、MUROさんと対談凄すぎます。
以前、お店で自己紹介したっていうのも凄いと思いましたが、今回は対談ですもんね。買います。
自分も是非、達郎 MURO mixを聞きたいです。BOO絡みもありましたし、近々ほんとに出そうですよね。
2015/03/08(日) 16:12:39 | URL | ひさ #-[ 編集]
Re: 凄すぎる…
>ひささん

こちらこそ、お久しぶりです!
Kaoriさんのテープは、時期が時期なので、絶対にスルーしている人が多いと思った(私もそうです!)ので、書いた次第です・・・こういった、実は聞いてみたら内容がイイ作品は、私が紹介せずに誰がする!みたいな意識を持って紹介したいと思います(^0^)
あと、MUROさんの件は、楽しみにしててください・・・今週、ゲラのチェックをさせて頂きましたが、結構、面白い記事になっていると思います・・・
そして、達郎さんのミックス、ほんと聞いてみたいですね・・・これは、しっかりとお願いをしたので、是非、実現してほしいです・・・もし、これが実現するのであれば、私も微力ながら協力したい一存で、今回の対談をした部分もあり、こうなってくると実現させないといけないですね!!
ではでは、今後とも宜しくお願いいたします!!



2015/03/08(日) 21:20:00 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック