HipHop,R&B,Soul,Funk,RareGroove,DanceClassics,Garage,House・・・など、私が気に入っているMixTape,MixCD,その他もろもろを紹介するブログです。
DJ S-KY 「Donuts Record.com Volume 1」
DSC01261.jpg

 季節ネタで申し訳ないですが、花粉がきつくなってきましたね~(^^;)

 まあ、3月なので仕方がないのですが、今年はどうなるんでしょうね・・・今日は雨なのに、朝から鼻がむずむず、目がしょぼしょぼで、ちと辛いです・・・

 そんな訳で、やっと手に入ったブツの紹介です!!


DSC01262.jpg

 今回は、テープコレクター業界における「最難関テープ」の一つである、S-KYさんの「Donuts Record.com」を紹介します!!

 このテープ、1と2(写真の上の段のテープ)があり、2は数年前にやっとの末でゲットしましたが、1が手に入らずで・・・先月、某所のセールで無事にゲット!
 値段はある程度出しましたが、これで一安心・・・どうも、こういうブログをやっていると、テープが揃わないと不安になる(?)ので、不安が晴れて良かったです(^0^)

 では、まず最初にS-KYさんの紹介からいきましょう!

 S-KYさんは、人脈的には「DJ Koco」さん関連のお方で、Kocoさんと並び、レアミドル/アングラHipHop系には定評があったDJの一人と言われています。
 元々は「Cookinjax」というDJユニットを組んでいた方で、ある時期からソロ活動をしてますが、Kocoさん関連のイベントなどで活躍し、Kocoさんと同様に、掘りが光った選曲、そして2枚使いなどのDJプレイには定評があったお方になります。

 特に、Kocoさんとの接点になるのが、今回のテープのタイトルにもなる「Donuts Record」になるかと思います。

 Donuts Recordは、実在した「レーベル/Web Shop」で、KocoさんやS-KYさんのミックス作品を出していた所として有名で、テープを掘っている方であれば定番のレーベルかもしれないです。
 S-KYさんも、写真の下2本が有名で、Kocoさんの初期作と同様に、コレ系が好きな方には堪らない作品ですね(^0^)

 んで、今回のテープです・・・これもDonuts Recordからのリリースなのですが、見たことあるかは相当少ないかと思われます。

 不確定な話ではありますが、今回紹介をする「Donuts Record.com Volume 1」がDonutsとしての最初の作品にあたるようで、そのDonutsがWeb Shopとして中古レコードを販売してて、そのノベルティーで出されたテープと言われており・・・販売がなかった故に出現率が低いテープと言われ、知る人ぞ知るテープになるかと思います。
 なお、割と業界的には「Koco's Jazzy Grooves」が一番最初と思われがちですが、こっちの方が初期になります・・・型番的な話は最後に書いておきますね。

 では、作品の紹介にいってみましょう!


DSC01263.jpg DSC01266.jpg
DSC01264.jpg DSC01267.jpg

 内容的には、KocoさんのJazzy Grooveと同様に、ガチガチのアングラミックスではなく、アングラ/マイナーHipHopを含みつつ、ノリの良いブレイクビーツを中心としたオールジャンルミックスになっており、流石の手腕を発揮しております!!

 それこそ、ド定番な「DJ Shadow / Numbar Song (Cut Chemist Party Mix)」のようなカットアップ系の曲や、Gangstarrでお馴染みのレーベルChrysalisからリリースされていた「The Solsonics / Jazz in the Present Tense (Bounus Beats Remix)」のようなマイナーJazz Breakbeatsなど・・・流石です!
 全体的にはマイナーな曲が多く、それでグルーブを作っていく感じなのですが、さらっと「Dev Large / Untochable Buddha Funk Jazz」のような意外な曲をプレイしてたり、「DJ Spinna / Ladbroke Groove」のようなHouseを違和感なく流れでプレイしたり・・・選曲の広がりも上手いです!!

 ザックリ書くと、やっぱり「ノリの良いブレイクビーツを中心としたオールジャンルミックス」になってしまうのですが、マイナーHipHopやBreakbeats、そしてHouseなんかで表情をだしつつ、ノリの良いグルーブに落とし込んでいる内容が大変素敵だと思います。

 特に、選曲面で上手く語れなかった点ですが、知られていないマイナーな曲や、意外な曲を上手く使っている印象がありつつ、誰が聴いてもノレる展開にしているところは上手いな~と思いました。
 また、ミックスも、内容が内容なので、2枚使い等はないですが、切れの良いカットインや、グルーブを繋ぐロングミックスを多用し、選曲のグルーブを失わないプレイが冴えており、素敵です・・・


 なんか、聞いてて結構ヤラれたので、文章に起こすのが楽しみだった(?)のですが、意外と短くなっちゃいましたので、別視点の話も入れておきましょう・・・

 Kocoさんが正にそうだと思うのですが、レアなRandom Rapや90'sアングラHipHopをプレイしてたのって、掘り師的な部分もありますが、個人的には「楽曲のノリの良さ」を追求してた部分があったからだと思っています。

 つまり、サンプリングミュージックとしての「HipHop」という感覚を起点としつつ、DJプレイをすることで生まれる「グルーブ」みたいのを大切にしてた点で・・・DJプレイをすることを前提に、そういったマイナーな曲を掘っていたのかな~と思います。
 今回のS-KYさんの作品もそうですが、ちゃんと流れで聞くと、レアな曲をアピールするための選曲では無く、一本のグルーブに落とし込むための選曲をしてる部分の方が強いです・・・そう、聞いている人を「ロックする(ノラせる)」ためのプレイを大事にしていると思います!

 う~ん、あんまり上手く説明できないですね・・・

 つまるところ、彼らのDJプレイにおいて、マイナーな曲を掘ることや2枚使いをする点などは要素の一つであり、目標は「グルーブで押すDJ」であることを説明したかったのです・・・
 特に、ここ最近のKocoさんの場合は、更にマジカルな2枚使い等を加えることで誰にも真似できない独自性を作っていますが、背景にはこういう部分があるかと思います・・・どうでしょうか??



 そんな訳で、レアな作品の紹介でした!

 なお、Donuts Record.comは、1と2を揃えるのに5年くらいかかっていますので、探している方は気合を入れて探してくださいね!!





<Release Date>
Artists / Title : DJ S-KY 「Donuts Record.com Volume 1」
Genre : HipHop、Breakbeats、House・・・
Release : 2002年ごろ?
Lebel : Donuts Records DN-001



Notice : Donuts Recordの型番 / その他のテープについて

DSC01268.jpg

 文中でも触れましたが、今回紹介をするテープは、Kccoさんの諸作品よりも前に出ていたテープになります・・・
 個人的には、以下でリストアップする型番において、Kocoさんより前の作品は何かが謎で、おそらくアレなのか?と思っていたので、今回の揃いで、無事に謎が解明されて良かった(^0^)

DN-001 DJ S-KY 「Donuts Record.com Volume 1」 ※今回の作品
DN-002 DJ S-KY 「Donuts Record.com Volume 2」
DN-003 DJ Koco 「Koco's Jazzy Grooves」
DN-004 DJ Koco 「Shimokita House」
DN-005 DJ Koco 「Who Got The Flava?」
DN-006 Cookinjax 「We Got the Flava」
DN-007 DJ S-KY 「Spec:al Roasted Beans」

KS-001(?) DJ Koco & DJ Sunao 「Nuthin' But Emotion Mix」
KS-002 DJ Sunao & DJ Komuro 「Cross Collector」
※KS型番の作品は、Sunaoさんが所属していたDJ Oka & Hara Bow関連の「Ultimator Production」よりリリースらしい。KSは「Koco」と「Sunao」の頭文字か?なお、KS-001は型番が明記されていないが、恐らくこの番号と思われる。


 そして、コレ以外のテープだと、新宿のユニオンと渋谷のユニオンでノベルティーで出たテープがありますよね・・・その辺も込みで、KocoさんのIndexページを整理したので、興味がある方は覗いてくださいね~

  DJ Koco / Donuts Records関連 作品リスト


 ちなみに、Kocoさんのテープ話にもなったので、長年の謎があります・・・

 ミックスCD「All The Way Live」の裏ジャケの写真の中に、パーソナルな手書きミックステープの他に、ミックスCD「Back to the Lab」と似ているミックステープが写っています・・・若干、文字も確認出来て、それを読むと「DJ Koco / Back to the Lab」と読みとれます・・・
 これって、そのBack to the Labのテープ版なんでしょうか・・・恐ろしくマニアックな謎ですみませんが、ご存知の方は教えてください!



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
いつもブログ楽しく拝見させてもらってます◎
自分もレコ・CD・テープなど時間と予算の許す限り掘り掘りして散財してしまっている日々ですが、先日、仕事の出張帰りに寄ったHardOffにテープがあり何気に見てみると…。「業界くん物語・心配無用の業界人生」「スネークマンショー・ピテカントロプスの逆襲」「嘉門雄三・VictorWheelsLive」全て¥108。久しぶりに衝撃的な買い物でした◎
2015/03/08(日) 15:22:00 | URL | まさひろ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
>まさひろさん

コメント、ありがとうございます!
そうそう、Hard Offも探すとテープがあるんですよね・・・私はまだ大物を引いたことはないですが、私も昨年、某九州のド田舎で、仕事終わりに徒歩で国道沿いを歩いて、夢のハードオフまで行きました・・・結果は残念でした(^^;)
それにしても、ゲットしたタイトルが素敵過ぎ・・・業界君はいいな~
考えてみると、こういったド渋なテープを掘ってる人って、私ぐらいかと思ったら、結構増えてきているようです・・・特に和物は、時代的に、今現在にリリース出来ないようなモノが沢山リリースされているので、その辺に反応している人が増えているのかな??
ではでは、今後とも宜しくお願い致します!!




2015/03/08(日) 21:14:41 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
はじめまして。
mix tape好きなので、いつも拝見させていただいてます。
自分もdonuts record.comの2本は入手に大変苦労したので、見つけた瞬間の喜びが大体想像つきます(笑)
ユニオンのテープセールの度に足を運んで、無い無い無いの繰り返しでしたけど、2年前に新宿でゲットしましたよ。
自分も揃えるのに5年くらいかかりました(笑)
BACK TO THE LABも謎ですが、kocoさんの1996MIXというテープが気になっています。
右端にあるCDで一番下の20UP MCEESというのが、ALL THE WAY LIVEのイベント配布の品でしたので、ノベルティーなのかなとは思っているのですが。
ご存知でしたら教えていただきたいです。

2015/04/24(金) 12:58:01 | URL | sat #-[ 編集]
Re: タイトルなし
>satさん

コメントありがとうございます&ちょっと返答が遅れてしまい、すみません!
donutsのテープは、競争率が激しいのもありますが、全然市場に出てこないテープなので、集めるのが本当に大変でした・・・ただ、私もゲットしたのが両方とも新宿で、何か磁場があるんですかね(^^;)
そして、ご質問の件ですが、この辺になると謎すぎて分からないです・・・何となくですが、テープ時代はそこまで資金がなかったり、大きなパーティーが開けなかったりでノベルティーをつくってなかったのかな~と思いますが、CD時代になると、周りも含めてノベルティーを作っていたイメージがあります。
なので、テープに関しては、ほんとプライベートレベルなモノだと思います・・・こればかりはKocoさんしか分からないでしょうか??

ではでは、今後とも宜しくお願いいたします!!




2015/04/26(日) 21:46:18 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック