HipHop,R&B,Soul,Funk,RareGroove,DanceClassics,Garage,House・・・など、私が気に入っているMixTape,MixCD,その他もろもろを紹介するブログです。
DJ Toshiki Da Hardbop 「Rock Da Joint」
DSC01313.jpg

 え~、今週は仕事的に山場な仕事があり、それが無事に片付いたので週末は羽を伸ばそう・・・と思っていたら、突然の体調不良で、結構辛いっす・・・(--;)

 本当は、Spinnaのパーティーに行きたかったのですが、それはなくなくキャンセル・・・う~ん、先週のダニエルのパーティーに行きたかったのですが、その山場な仕事を見据えて行かなかったから、余計に悔しいです・・・
 ただ、それでは今週の頑張りが無駄になってしまう(?)と思い、無理にレコ掘りに行ったら更に体調悪化・・・流石に、これではマズイと思い、途中で帰りましたが・・・久しぶりに自分の馬鹿さ加減に絶句しました(^^;)

 そんな訳で、本当はSpinnaのパーティーのことを書くつもりでいたので、紹介する作品を用意してなかったのですが、最近、発掘した作品で急遽な紹介です~


DSC01314.jpg

 今回は「DJ Toshiki Da Hardbop」さんのミックス作品の紹介をします!!

 Toshikiさんは、もうDJ業などは引退された(?)かもしれないですが、90年代中期~00年代初期位までは活発に活動されていたDJ/Producerになります。

 改めて調べてみると、全然情報がなく、私の記憶と、ネットの数少ない情報のみになりますが、割と「ニトロ」や「クリスタルムーブメント」に近い位置で活動をされていた印象が強く、ソレ系の人たちが出入りしてたパーティーでのDJや、ニトロ系のMC達のバックDJなどをされてた記憶があります。
 また、いわゆるトラックメーカーとしても活動をしてたようで、妄想族やG.K.Maryanなどのトラックなどを提供したり、自身としても「男の中の男」という曲などをリリースしていたようです。

 正直、もうネットでは情報が掴めないお方になってしまいましたが、ミックステープ業界的には結構有名なお方で、表記のように結構リリースしていて、当時は結構売れていたお方になります。

 上の写真に掲載したテープは2000年~03年位にリリースされたテープで、基本的には「新譜ミックス」になります。

 このブログでは、あまり「新譜ミックス」は紹介しない題材ですね・・・新譜ミックスは、その作品が「リリースされた時」に聴かないと意味がない内容(=新しい風を感じるという意味?)が多く、あまり紹介したことがありません。

 ただ、Toshikiさんもそうでしたが、HipHopやR&Bの新曲を「そのDJの感性」でチョイスしている作品ほど、リスナーからの評価は強く、結果として何本もリリースしている状況があると思います。
 Toshikiさんに関しては、割と歌モノも綺麗にプレイできる印象があったり、今回のテープで分かる選曲の深さやセンスがあったり・・・やっぱり元々のレベルが高い人が作ると新譜ミックスでも「色」がしっかりとあり、評価されるのかな~と思います。


 んで、今回のテープ、文頭で「発掘」と書きましたが、家掘りしてたら見つけて、凄い内容が良かったテープになります!!

 裏話からすると、去年ぐらいから新譜ミックスだけどToshikiさんのも集めようと考え、無事に揃ったので、その内に紹介しようかな~と思い、下調べだけしてたら、このテープだけ新譜ミックスではなく「旧譜ミックス」で、それも意外な選曲になり、メチャクチャ内容がイイんですよ・・・
 それも、表題写真のコワモテジャケから程遠い「凄いメロウな内容」で気持ちいいです・・・そういった裏返しにもヤラれました!!

 私が「DJ Toshiki = 新譜ミックス」と考えていたから余計にそう思ったのかもしれないですが、やっぱりスキルがある人は新譜ミックスでも評価される・・・という点の実証になっていると思います!!


DSC01317.jpg DSC01316.jpg
DSC01319.jpg DSC01315.jpg

 まず、旧譜ミックスと書きましたが、内容は、いわゆる「80'sミックス」で、それこそ大名作である「DJ Ken-Bo / Shade of 80's」に近い選曲になっています。

 それこそ「Swing Out Sister / Surrender」「Blow Monkeys / Digging Your Scene」のようなUK系のポップスを多く選曲してて、ベストヒットUSA世代には堪らない内容になっていると思います。
 方向的にはスロー~ミッドの選曲で、その点はKen-Boさんとは異なっているかな・・・あと、割とNew Waveっぽい選曲も見られ、「YMO / Behind the Mask」のような渋い所も押さえてます!

 も~、この作品に関しては、聴いててとにかく「気持ちイイ」選曲なんですよね・・・メローといえばそれまでですが、独特の「色気」のようなグルーブがあって素敵です。
 
 なんでしょう、月並みな表現ですが、気だるい朝のベットの中の温もりというんでしょうか・・・まず、聴いてて感じられる温もりが素敵です。
 それも、質感的には「ブラコン」的な匂いがあり、凄い色気のあるグルーブなんですよ・・・ブラックミュージックのセクシーさが背景のグルーブとして動いているのが感じられれます。

 そして、その象徴として紹介したいのが「矢●●吉 / Yes, My Love」になるでしょうか・・・B面で選曲されているのですが、個人的には、このテープの肝だと思います!!

 今回のテープ、先ほど「80's」と書きましたが、基本的にはロック寄りの曲が多く、それをブラックミュージック的な解釈で選曲しているな~と思いました。
 
 その流れでエーちゃんですよ・・・いやー、これにはヤラれました!!

 エーちゃんといえば、完全にロック的なイメージがありますが、スロー系の曲は凄いイイ曲が多いんですよね・・・それこそ「時間よ止まれ」とか「チャイナタウン」なんかがそうですが、コレもイイ曲ですよね・・・
 今回の紹介で出た単語であれば「色気」という表現がエーちゃんのスローにはあり、誰にも真似できません・・・この曲、知ってはいましたが、そんなにはピンと来なく、このテープを聴いてヤラれ、速攻でレコを買いました!!

 話をToshikiさんに戻すと、この人の選曲とグルーブの作り方は「やっぱり上手い」ですね・・・その一つが「色気」のあるグルーブです。

 選曲面では、エーちゃんを含む広い範囲での選曲を、ブラコン的な解釈でミックスしていく感じは素敵で・・・今風な表現(?)なら「Elegant Slow Funk」といった感じの色気があります。
 また、ミックス面でも、プレイする曲をなるべく長くプレイして、選曲した曲の良さを引き出すようなプレイの仕方がイイです・・・大人の余裕というんでしょうか、懐が深いプレイですね!



 そんな訳で、やや調査不足な紹介ではありましたが、かなり内容の良い作品です!!

 新譜ミックスって、市場では評価が低いジャンルの一つだと思いますが、今回のToshikiさんのように、もともと実力があって作っている作品は絶対にイイんですよね・・・
 今回の作品は、新譜ミックスの中に隠れた好ミックスでありつつ、こんなヒドイジャケ(失礼!)なのに、最高にスムースな選曲が素晴らしく、こういうのも掘らないとダメですね・・・これからも精進します!




<Release Date>
Artists / Title : DJ Toshiki Da Hardbop 「Rock Da Joint」
Genre : 80's Pop、Rock、R&B・・・
Release : 2001年ごろ
Lebel : No Label fj5






--------------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------------
<独り言>

DSC01320.jpg

 今回はこっちの話の方が本題ですね!!

 先月に報告したMUROさんとの対談を収めた雑誌「フイナム・アンプラグド(HOUYHNHNM Unplugged)」が無事に発売されました!!

「フイナム・アンプラグド(HOUYHNHNM Unplugged)」

 中身は実際に雑誌を手にとってのお楽しみですが・・・いや~、こんなにもオシャレな雑誌に私が登場して良かったんだろうかと思うほど、大変素敵な雑誌です!

 元々、ファッション系ウェブマガジンのフイナムさんが、10周年を期にチャレンジした雑誌になり、webの内容をギュッと凝縮したような内容で、入口から出口までオシャレ地獄(?)です(^^;)
 私も手にとって、ページをめくるたびに有名ブランドの広告の連打や、オシャレな特集ページ連打で・・・失礼な表現ですが異世界に来ちゃったような感じを最初に覚えました・・・

 ただ、読んでて段々心地よい感じも覚えました・・・

 私としては、今回のフイナムさんの雑誌が、私が少年時代に読んでいたファッション誌に近い質感があると感じました・・・

 それは、ファッションだけではなく、ファッションを切り口に生活スタイルや遊び、スポーツや音楽など、様々な文化を真剣に取り扱う姿勢が大変心地よかったです・・・
 それこそ、昔書いた「この記事」で触れたポパイやホットドックプレスなどがそうで・・・ファッションという消費文化という側面以上に「僕たちの文化」という点を押した内容がグッときました!!

 まあ、この話の裏は、ここ最近、ファッション誌を見てないのでアレですが、恐ろしいぐらいの文字数&情報量だったのにヤラれた部分もありますが、とにかく「ヒップ」な雑誌です!!


DSC01321.jpg

 そして、肝心のMUROさんとの対談ですね・・・上記の流れから、かなり濃い内容になっております!!

 基本的にフリートークに近い形で対談し、編集の方がその対談を切り取って記事にして頂いたのですが・・・単語として「神戸のフリークアウト」が出るぐらい、濃い内容にして頂いたと思います!

 詳細は雑誌を手にとってのお楽しみですが、雑誌の記事には載っていなかったボム話を一つ出しておきたいと思います・・・

 記事を読まれている方だと「おやっ」と思った写真かも知れませんが、写真の「DJ MURO / diggin' ice 96」に関する話です・・・

 MUROさんのお話だと、このジャケのデザインは「故・Nujabes」さんが担当されたそうです!!

 もー、腰を抜かす人もいるかもしれないですが、私としては「やっぱり・・・」が通った瞬間でした!!

 MUROさんのお話と、私の推測を加味すると、Still Diggin'時代、Stillがあったボロいマンションの対面のマンションにNujabesさんが勤めてて、その流れで「King of Diggin'」のジャケなどを製作してもらってたそうで、グラフィックのセンスから最初のiceもそうなのかな?と思っていました。
 Nujabesさんは、その後、そのビルでGuiness RecordsやTribe Recordsを開店させますが、Manhattan Recordsの裏の、あの暗いフッドで、こんな後世にも残る作品が作られていた事を考えると目頭が熱くなります・・・久しぶりにiceを聴きながら書いてますが、ますます好きになりました!!

 もう一個、教えて頂いたボム話もあるのですが、それは機会を見て・・・ただ、先に突っ込まれる前に報告しておきますが、私の素顔がチラッと写っているのもボムかも知れませんね(^^;)
 仕事帰りに対応したので、普通にスーツ姿だったのですが・・・スーツでテープの事を熱く語ってる人もそうはいませんね・・・これはこれでイルマティックな逸話を残しました(^^;)


twitter_0004.jpg

 そして、今回の記事を総括すると「こうなった」話です・・・

 Mixtape Troopersが、今更ながら「Twitter」を始めました!!

 https://twitter.com/mixtapetroopers


 これまた、「何で今のタイミングに?」と思う方も多いかと思います・・・私もそう思います(^^;)

 始めた理由としては、MUROさんが今回のフイナムの件をツイートされてて、私の名前も出して頂いたので、そのお礼を・・・と思い、突然始めてみました。
 また、昨日から体調不良で、今日の寝起きに普段以上に朦朧としてた中、MUROさんのツイートを見ちゃったので・・・酔っぱらった勢いならぬ「病んだ勢い」で登録してみました(^^;)

 よく分からず開設し、MUROさんにお礼のメッセージを出したら、早速フォロー(でイイんですよね?)を頂いた方が多く、嬉しい限りです。

 基本的には、私がつぶやきは、こっちのブログの方が輝ける(?)と思ってますので、サブ的な使い方になると思いますが、Twitterも宜しくお願い致します~
 なお、全然使い方などが分かってないので、諸々の処理や対応が出来なかったり、遅れてしまっても怒らないでね・・・ちゃんと使いこなせるのかな??



 そんな訳で、体調不良ながら、結構書きましたね・・・いつも以上に疲れちゃった(^^;)
 ではでは、皆さまもご自愛くださいね~






スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
自分も今日代官山蔦谷で本買ってきました!今から読みます。この前ドラヘビのライブ行ったらSHINGO02さんがlovsicやってましたよ。ナマは初めてだったので感動しました。んじゃお身体お気を付けて!
2015/03/29(日) 15:57:33 | URL | flygirl #-[ 編集]
遂に雑誌発売!!!おめでとうございます!!!!ますます管理人さんが雲の上のお人に・・・
それにしてもNujabesとMUROさんの逸話は本当にヤバイです。その時代のあの場所のhip hop濃度の濃さってもはや常軌を逸してますよね

私は新譜ミックスも結構「当時のタイムカプセル」的なかんじで、ある意味テーマ性を見いだして聴いてる気がいたします。そのテープがドロップされたリアルタイムで購入したつもりで聴けば、ディアンジェロ等、今ではクラシックとなってる人たちを、今一番フレッシュでhotなアイコンとして聴けるという贅沢・・・

洋曲に混じって邦曲っていうだけで違和感なくミックス難しいところですが、エーチャンは凄いですね・・・。私なんかですとSpinheadの"Needle to the groove"で、Moominカバーの山下達郎"Windy Lady"が飛び出してきただけでテンション↑↑でしたが、あれはR&B同士ですもんね。

本当にお身体ご自愛ください!!イルマティックを24/7発揮するために!!!兄貴のツイターチェケラさせて頂きます!
2015/03/30(月) 22:42:55 | URL | ねりごま #bCJt4Luo[ 編集]
Re: 連名で失礼します
>flygirlさん
コメント&ご購入、ありがとうございます!
そうそう、ドラヘビが再結成したんですよね~ 私も当時はライブは一度だけ聴いたことがありますが(それで好きになった)、真剣にライブに挑んだことはないので、ちょっとうらやましいですね(^0^)
ただ、今のベースミュージック以降を考えると、やっとドラヘビの時代が来たのかもしれないですね・・・ベースとドラムの立たせ方もそうですが、ボーカル陣の立たせ方も上手く、Singo2さんもやりやすかったんでしょうか??
あと、体はおかげさまでちょっと復調しました・・・がんばります!
今後とも宜しくお願い致します!!


>ねりごまさん
コメント、ありがとうございます!
Nujabesさんの話は、とっておきの話でありながら、凄くタイミングを選ばないと失礼になってしまうので、出すのを止めていた感じなのですが、今回は機会が良さそうなので、書いてみました。
ホント、未だにManhattanの裏は暗い場所ですが、当時のもっと暗かった時代に、今回のような話があることが嬉しいですよね・・・やっぱりHipHopはこうあるべきだな~と思ったりしました。
あと、Spinbadの達郎さんもビビりましたね! 個人的には、あのテープがManhattan関連のテープなので、その関係者が教えたか、Spinbadの奥さんが日本人説があるので、それじゃないかな~と思っています。
DJをしてて、Spinbadしかり、MUROさんしかり、そして今回のToshikiさんもしかりで、サラッと日本の曲をカッコよくプレイできる人は、やっぱりDJが上手いな~と思います。
ではでは、今後とも宜しくお願いします。
あと、全然、雲の上には行ってないのでご安心を・・・そして、兄貴はちょっと照れますね(^^;)




2015/03/30(月) 23:29:13 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
対談読ませていただきました〜
写真も載ってましたね!
面白かったです。
ツイッターもフォローさせていただきます〜
2015/03/31(火) 00:48:33 | URL | 松野 #-[ 編集]
Re: タイトルなし
>松野さん

コメント、ありがとうございます!
喜んで頂き光栄です! MUROさんとのお話、誌面の何倍もお話させて頂きましたが、ほんと話題がつきませんでした・・・今年は色々とリリースを考えているようですので、また購入地獄(?)が待っているかと思います(^^;)
ではでは、ツイッター共々、宜しくお願いします!


2015/03/31(火) 23:37:23 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
MUROさんとの対談、拝読しました!!

いや〜、、、
夢のツーショットにOSHICCO漏れちゃいまして、何回も読み返してます。
本当におめでとうございます。
(プリモ先生と見開きで収まるという奇跡にも拍手、、、)

仰る通り、ご尊顔がオープンされてたのがいきなりのビッグボムでしたw
お仕事終わりのスーツのまま馳せ参じた、ってのがまたイルでドープでHipHopで、、、最高にカッコよかったっす!
今後とも両御大のファンとして、グランドクロスを楽しみにしています!

あと、前回のコメントの際、「対談発表」に脳みそが融解し、触れられなかったのですが、、、
Muro's House FeverジャケはKashiさん仕事ってのもアツかったですし、MUROさんがあの作品にTwitterで言及したのも凄いことで、、、
特濃な裏話、ありがとうございました!

また、「達郎mixを熱望する街の声」を、代表として届けてくれたのも、ハンパなく嬉しかったです!
とにかく、MUROさんに「熱望の声がイン」したわけで、、、
なんとかならないかな、、、
愚問ですが、ニュアンス的にはもちろんオフィシャルmixってことですよね?
(じゃないと成立しないですよね、こればかりは、、、)
MUROさんが達郎さんの楽曲のみをMixするという奇跡は言うまでもないのですが、間違いなく付属するであろう「達郎さんによるライナーノーツ」も読みたいんですよね、、、
「DJ Mix」というものについてのご見解、OKした理由、MUROさんへのコメント、、、
うぅぅ、、、読みたい、、、聴きたい、、、
カミサマ頼むぅぅーー!!笑


それから、iceジャケの話も衝撃でした!!
はい、私こそが「腰を抜かし組」です、、、
NujabesさんがジャケデザインされていたのはKODシリーズ最初の2本だけだと思っていたので、まさかice 96も関わってらしたとは微塵も思っていなかったです、、、
といいますか、「やっぱり」と思ったTroopersさんの慧眼にもびっくりっす。
同じく、今回の話でより一層「好き」に奥行きがでました。
ジャケ見ただけで音が聴こえてきます。合掌。

あと、Twitterアカウント開設、おめでとうございます〜!
私はTwitter最終電車乗り遅れ組です、、、笑
ここでもMUROさんとのリンクが楽しみです!

最後の最後になってアレですが、Toshikiさんのこの作品、、、これは掘り当てたいです!!
仰る通り、こんなヒドいジャケ(失礼!)からは想像つかない好mixってのがギャップ萌え(燃え)します。
永ちゃんの「Yes〜」はもーほんとに大好きな曲で、意外すぎる選曲でした、、、
コカ・コーラのCMにこの曲を起用したセンスは最高だと思います。
僕が生まれる前のCMですが、、、笑
「Yes Coke Yes〜♪」
夏の夜に聴くと、無性に瓶でコーラが飲みたくなる、、、

長文・駄文、失礼しました〜!
2015/04/01(水) 02:52:02 | URL | 豆 #-[ 編集]
Re: タイトルなし
>豆さん

コメント、ありがとうございます! 長いのは全然大丈夫です、むしろ嬉しいです(^0^)

まず、達郎ミックスは「オフィシャル」として、もちろんお願いをしました!
あんまり綺麗に説明出来なかったのですが、今、このタイミングで作れるのはMUROさんしかいませんよ!とお伝えしました(^0^)
それがあったので、達郎モノのテープを多めに持って行った次第です・・・ディガーとして恩は掘りで返したかったので、いい方向に行って欲しいものです!

そしてICEに関しては、初期作のデザインが、いわゆるサンプリングジャケで、これのアイデアはMUROさんだけど、それを理解して形に出来る人は少ないはず・・・と思ってて、きっとKing of Diggin'から同じ人がやっていたのだろうと考え、それでいくとNujabesさんしかいないな~と思ってたんですね。
今回、この話に関しては、私から話したのではなく、Iceのテープを持って行ったので、それで教えてくださったのですが、私だから教えてくれたのかもしれないですね・・・聴いたときは「そうか~」としか思わなかったのですが、家に帰って噛みしめてみると、この事実のヤバさに痛感した次第です・・・
これでいくと、King of Diggin'の4までやHeatの最初の方、Taste of ChocoあたりもNujabesさん作かもしれないですね!

あと、今回のテープ、ほんとズルいテープです・・・こんなジャケ(失礼!)なのに、超メローな内容なんですから・・・
なんか、書いてて思ったのですが、エーちゃんもミックス作品が作れれたら、絶対に面白い題材だと思います・・・むしろ「Free Soul E-Yazawa」とかイケると思うんですよね~

ではでは、書こうと思えば、まだ書けますが、ここまでにしましょう・・・別記事のコメントもあるので(^0^)

引き続き宜しくお願いいたします!!




2015/04/01(水) 22:36:07 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
ようやく読みました!
ド田舎なのに店頭で買おうとしたのがダメでした・・・。
なお売れ行きが良いのか、某密林では既に在庫切れで、出品者がぼったくりプライスでだしてますね(爆)

さて内容ですが、ボム満載でヤバかったっすね!他の方々と大体の感想は同じですが、やっぱ顔出しにはビックリしました!これで完全にセミプロデビューでしょう!
それに並のディガーでは、あそこまで充実した対談にはならないでしょう。MTTさんのレベルが相当高いからこそ成立した企画だと思います。\(^o^)/

あと、既にご存知でしょうけど、groove最新刊でのmuroさんのインタビューも、とても良かったですね!kingというフレーズの意外な誕生秘話(?)など勉強になりました。それにしてもDJとしてのキャリアの初期に、越えられない最高傑作(ice)を作ってしまったMUROさんはずっとkingですね!

スピナの件、残念でしたね。彼ならダンクラ、ハウスも強そうだし、それ以上にジャンルレスな素晴らしいプレイを期待できそうですよね!
お体に気をつけて、更なるご活躍を楽しみにしております!(^o^)v
2015/04/03(金) 12:40:09 | URL | kyk #-[ 編集]
Re: ようやく読みました!
>kykさん

いつもコメントありがとうございます!
ついに顔がばれちゃいましたね(^^;) 私も本屋さんで探してみたんですが、意外と売ってない・・・割とTsutaya系列は買いやすいみたいですね~
あまり意識はせずに臨んだことではありますが、考えてみれば凄いことなんですよね・・・雑誌では1/200ぐらいの位置だと思いますが、私の力量を買ってくれ、MUROさんとお話出来たんだから、それは凄いことだと思います・・・
もう、ここまで来ると、行くところまでいかないといけないっすね・・・頑張ります(^0^)

あと、先週、書こうかどうか迷ったのですが、Grooveの記事は良かったですね・・・それ以上に、あれが休刊になっちゃうので、そっちの方が書きたかったかも・・・
今回の記事でも、90年代の旧Grooveの話も出てましたが、旧時代を含めて、ほんとお世話になった雑誌なので残念です・・・
なんか、特集でもしようかな??

そして、Spinna、これは残念でした・・・終わった後の情報だと、10時までプレイしてたらしく、朝方は男子の裸祭りになるぐらい盛り上がったそうです。
GWはDanny先生が恒例の来日で、今年はairでのプレイなので超楽しみ・・・今はこれに標準を合わせて生きています(^^;)

ではでは、今後とも宜しくお願いいたします!


2015/04/04(土) 09:03:31 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
スーツ、そんな経緯があったんですね!
いや「K村さん何で背広姿なんだろう……やっぱKINGとの対談だから“正装”で気合いを入れてきたのかな!?」と思ってました(^^;)

雑紙、ウチんとこも福井のド田舎なもんで「あるかな〜?」って感じだったんすけど、一軒目に行ったTSUTAYAで思いきりあって。
よくよく中見たらT-SITEの広告記事が載ってて「そりゃあるハズだ……」とww

MURO作の『ヤマタツmix』は是非とも実現したいもらいたい話ですね(文科大臣賞も穫ったことやし)。
やはり、一般的にはクリスマスの歌のイメージしかないと思うのですが、“日本語でブラックミュージックを歌った偉大なるアーティスト”としての側面をもっと知ってもらいたいし、HIP HOP以降のDJでそれが出来るのはやはりKINGをおいて他にはいないんじゃないかと思います(もうディギンアイス96を作った頃とは知名度も全くちがいますしね!)。

てか「レゲーの人」なんで、もういっそのことMUROに山下達郎のダブとか録ってもらいたいですよww
ただ持ち曲を替え歌にしただけじゃ面白くないんで、『SMILE IN YOUR FACE』で達郎さんにBOOのパート歌ってもらって、ヤマタツ×MUROのスペシャル・コンビネーション・ダブとかwww
2015/04/04(土) 17:13:05 | URL | ソロバン #-[ 編集]
Re: タイトルなし
>ソロバンさん

いつもありがとうございます&ソロバンさんのブログでの紹介もありがとうございます!

背広は、会社帰りのタイミングだったので、仕方がなくそのカッコで行ったのですが、今思っても、背広姿でテープを熱弁している姿がイルマティックだったな~と思っています(^^;)

そして、達郎さんミックスは是非聴きたいミックスですが、達郎さんダブも面白いですね!
達郎さんクラスになると、お金では動かず、信頼関係(リスペクト)につきてくるので・・・それがこの業界で出来るのはMUROさん位でしょうね~
コンビネーションでも、まりやさんを入れてのThree the Hard Wayでも・・・これは是非聴いてみたいです(^0^)

ではでは、今後とも宜しくお願いいたします!!



追伸
ブログの更新が終わってから返信しようと思ったら、更新に時間がかかったので、こんなタイミングになりました・・・遅れてすみません!
ただ、ブログの更新が無事に終わってよかった・・・今回の記事は疲れました(^^;)




2015/04/06(月) 00:22:56 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
フイナムアンプラグド…
読ませていただきました。
遅くなりましたがコメント書かせていただきます。
イヤー、MUROさんとの対談
やっぱり凄いですね。
色々お話できたと思います。
これも継続は力なりですね。
じゃないとこんな凄い人と対談なんて
できませんよ。
ずっと続けてきたからこそ
今回の対談に繋がったと思います。
これからも引き続き、更新宜しくお願いします。
そしてうちらの代表として
色々発信していってください。

P.S. 顔バレしちゃいましたね。
2015/05/12(火) 23:36:29 | URL | ひさ #-[ 編集]
Re: フイナムアンプラグド…
>ひささん

コメント、ありがとうございます!
MUROさんとの対談は、きっと偶然な部分も大きかったと思いますが、今までの積み重ねもあったのかもしれないですね・・・
冷静に考えてみると、私はリスナー側の人間ですが、積み重ねによっては、こういうことが出来るのかな~と思います。
今後、こういうことをするかは全然予定がないですが、ブログの方は色々とやって行きますので、宜しくお願いいたします(^0^)
顔バレは・・・今のところ、そんなには気づかれていない(?)と思うので、大丈夫ですかね??

ではでは、今後とも宜しくお願いいたします!




2015/05/15(金) 00:14:32 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック