HipHop,R&B,Soul,Funk,RareGroove,DanceClassics,Garage,House・・・など、私が気に入っているMixTape,MixCD,その他もろもろを紹介するブログです。
Danny Krivit 「House Classics Party」(@air 2015/05/02)
DSC01364.jpg

 いやいや、久しぶりの完走で疲れました・・・(^^;)

 久しぶりに踊りに行ってきましたので、報告です~


DCIM0344.jpg

 今回は、毎年のGWの恒例行事であるDanny先生のパーティーに行ってきました!

 前回の11月は、個人的な心境の変化などで中途半端な終わり方をしてしまったり、クラブに行きたくっても行けなかったり・・・それ以上に、相変わらず仕事のストレスが溜まりっぱなしなので、来日が決まった瞬間から行くことが確定していました(^0^)
 
 それも、今回は「House Classics Party」というタイトルで、いわゆる「House」のクラシック曲のみでプレイするというセットで・・・これが超楽しみでした!

 Dannyに関しては、系統的にはHouseのDJになるのでしょうが、ほんと様々なジャンルの曲を「Dance Music」としてプレイするお方です。
 ただ、普通にHouseをプレイしてても、素晴らしいタイミングでダンクラをプレイし、それで流れをつくっちゃうみたいな・・・そんなプレイが好きでズーっと追いかけている訳ですが、今回は「House Classics(=90年代中心?)」限定とあって、どんなプレイをするかが楽しみでした・・・

 そんな訳で、昨日は日中は横浜→町田と軽く地方ユニオン掘りを・・・するつもりが、結構ガッツリと掘ってしまい、反省しながら家に早めに帰りつつ、家に帰ってしっかりと寝て、夜の12時チョイには会場のairに到着しました・・・
 なお、町田の帰りに新宿を経由したので、軽く新宿のユニオンに寄ろうと思ったら、普通にレコードを掘リ→購入で、小田急線で誓った反省はどこかに行ってしまったようでした(^^;)

 着いた時点で、結構な人がおり、こりゃー負けられない(?)と思い、即座に支度をし、フロアーに下りました・・・
 下りたら、サポート役(というか、もはやDannyの一部ですね!)のDazzle DrumsさんがB2Bでプレイしてて、私が下りたらFunkanovaネタでお馴染みの「Black Science Orchestra / New Jersey Deep」をプレイしてて、それで火が付き、速攻で踊り始めました・・・

 ・・・ごめんなさい、一度、話の流れを折って、説明しておきたいことがあります・・・

 もし、このブログを読んでいる方だと「あれ、レコ写は?」と思いますでしょうか・・・

 Dannyが昨日プレイした曲・・・私が不勉強だったり、プレイしたHouseのレコを殆ど持ってないので、今回はレコ写を載せないことにしました。

 ただ、載せない理由はもう一つあります・・・というか、気づきました・・・

 それは、知らない曲でも「みんなを盛り上げて」しまう「Dannyの技に」ヤラれ、プレイした曲のことは考えず、ただ目の前で繰り広げられるグルーブを純粋に楽しもう・・・と気づかされました!

 クラブって、曲をどれだけ知っているかが重要ではないのです・・・プレイした曲を単純に楽しむことが重要で、それが更に好きな曲だったらもっと楽しくなる・・・それだけでイイんだと思います。
 当然、少しだけ持ってたレコもありますが、それ以上に、Dannyが繰り広げられる「House」の世界を純粋に楽しむことが優先したい・・・そんな思いで昨日は踊っていたので、家に帰って「あのレコどこだろう?」はヤラないことにしました・・・

 そんな訳で、話をDannyのプレイに戻しましょう・・・
 
 1時の10分ぐらい前に、Dazzleさんのプレイに刺激されたのか、ちょいフライングでプレイを開始し、一発目は「Black Box / I Don't Know Anybody Else」からプレイ・・・もーここから、Dannyの渋いプレイに踊りました!

 途中では「Queen Latifah / How Do I Love Thee」とか「Whitney Houston / Love Will Save The Day」のようなHouseのカテゴリーからは微妙に外れる曲をプレイしてましたが・・・ほぼ、80年代末~90年代のHouseをプレイしてて、圧巻の一言です・・・

 私自身、聞いたことがあるな~と思う曲もありましたが、曲名までは分からず、ただ「その曲」で踊っているだけでした・・・でも、DannyのDJを通すと踊れちゃうのが不思議です。

 正直書くと、知らない曲の連続で、昨日に関しては、かなり折れながら踊っており・・・朝方は結構きつかったですが、知らない曲でも踊ってしまい、結構な有酸素運動になりました(^^;)
 なぜ踊れたかは中々まとめることが出来ませんが、Dannyの持つポジティブなグルーブと熟練の選曲と技がかみ合ったが故のマジックだと思います・・・
 

DCIM0348.jpg

 そんな訳で、朝方は「そろそろDannyクラシックなDiscoへ?」と思っていましたが、ストイックにHouseオンリーで、Frankieの手腕が光った「Sounds Of Blackness / The Pressure」のようなDef Mix系の明るいのと、ハードなのが入り混じりつつ、進みます・・・

 私も7時ぐらいまでは折れ気味でしたが、7時過ぎには吹っ切れて、そこから踊りまくり・・・ライティングの町田さんの手腕も光り、最後の方は綺麗な光とDannyの愛情溢れるプレイで、ちょっとウルっとしながら踊っていました。

 特に、9時前に一度終わらす前にプレイした曲がヤバかった・・・自然と手拍子が鳴り、みんながDannyのプレイを楽しみにしてて・・・Dannyもその期待に応え、最高のプレイでした・・・
 結構クラシックな曲のようで、周りの人はみんな歌ってるけど、こういうのが知らなくって恥ずかしい・・・でも、そんなの関係なしにDannyのプレイを通して聴くと感動を与えてくれ、最高に気持ち良かったです・・・

 そして、9時半過ぎに「Chante Moore / This Time」(だったと思う)でフィニッシュ・・・
 写真のような優しい青い光に包まれ、Dannyからの「今の時が大切なんだよ・・・ありがとう・・・」というメッセージを受けながら、これもちょっとウルっときながら踊っていました・・・

 んで、最後、Danny先生がフロアーにおり、みんなとハグし、記念撮影をし、無事に終わりました・・・よく見かける女の子達は嬉し泣きしてて・・・やっぱりDannyってスゲーな~と思いました!


DCIM0351.jpg

 そんな訳で、四捨五入をすると「約10時間」のダンスでした(^^;)

 まあ、今回はかなり折れてた時間もあるので、そんなには踊ってないですが、オッサンの踏ん張りどころは誇示できたかも?
 ただ、昨日、一番踊ってたのは、DazzleのNagiさんですね・・・ブースに入りながら、Dannyの手伝い(プレイリスト作り→超楽しみです!)をされてましたが、かなり盛り上がってた・・・やっぱりHouseが心の底から好きなんですね! 

 そして、昨日のプレイに関しては、久しぶりに考えさせられたプレイでした・・・

 それは、文中でも書きましたが、別にプレイした曲を隅から隅までしっている必要はなく、DJの良いグルーブに素直に楽しんで踊れば良い・・・という点が大きいです。

 結構、踊りながらですが、このブログを書くことを意識してしまい、プレイした曲などを考えながら踊っている自分がおり・・・へんな話、踊りながら「考えて」いるので、純粋に踊りを楽しんでない時もありました。
 ただ、昨日に関しては、もうプレイした曲を覚えたり、なんだっけな~と考えることはヤメちゃいました・・・なので、今回の記事はレコ写なしです・・・もう、心の底から楽しめればいいや!と思いました(^0^)

 ただ、テクニカル(?)な話も入れておくと、昨日に関しては、流石のDanny先生で、一曲もDannyらしいGarageやDiscoをプレイしませんでしたね!
 朝方ぐらいはプレイするのかな~と思っていた(楽しみにしていた?)のですが、ソレ系のをプレイしないどころか、そういったDisco系をネタに使ったHouse曲もほぼプレイせず、一般的な「House」のみでプレイしていました・・・この辺の「職人肌」があるからDanny先生は素敵なんですよね!!


 ではでは、今回の記事はコレにて終了・・・

 帰ってきて、すぐに原稿を書いたので疲れました・・・昨日も酒を飲んでないので、これからスーパー銭湯→飲み歩きの「一人懇親会」をしないといけない(?)ので、これにて失礼・・・
 GWは、レコ掘りには無難に行くので、来週あたりに釣果が出せるかな・・・町田が結構当ったので、柏+京浜東北線攻めが楽しみです(^0^)

 では、皆さんも良い連休を!!



追伸
 昨日のパーティー、内容が内容なので年齢層が若干高く、私を含むオッサン世代が多かった・・・どころか、もはやジーちゃん世代な方もおり、血気盛んにナンパ&ダガリン間際なHold Tightで、負けてられないな~と若干思いました(^^;)
 あと、5月なので「Sweetest May of Day」ぐらいはプレイされるのかな?と思っていましたが、それもプレイされず・・・今年は聞けずに5月が終わっちゃうかな~






 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
完走お疲れさまでした!
それにしても、10時間は凄い!
オレもそのくらい踊りたいです(>_<)

This timeはdannyがセットのラストでよくプレイする定番のようですね。
まあMTTさんのおっしゃるような「メッセージ」が込められてるんでしょうね。
メッセージに関しては、ガラージの系譜に位置するDJにとっては不可欠な要素でしょうけど、昨今のシーンでは最早マイノリティみたいです(;´д`)
この辺に関しては、最近のクラベリアのインタビューでdannyがかなりアツく語ってるので、是非読んでほしいです(既読ならスイマセン)

やっぱり一晩のストーリー、メッセージが好きなんですよね。
知らない曲主体で10時間も踊らせてくれるdanny、スゴすぎる・・・
個人的には、ハウスクラシック特有の楽曲の質の高さ、音の良さも大きな要因だったのではと勝手に思ってます(^o^;)
ちょっと暴論かもしれませんが、これがデータ音源の最近のテックハウスとかヨーロッパ系のスタイルだったら10時間はキツかったのではないかと思います

とにかく、お疲れさまでした!
オレもmuroさんのプレイを楽しんできます♪
あと、釣果報告も楽しみにしてます~(^o^)
2015/05/03(日) 20:40:09 | URL | kyk #-[ 編集]
Re: タイトルなし
>kykさん

コメント、ありがとうございます! 

今回のDannyに関しては、個人的にはいつものプレイ(ダンクラもプレイ)の方がDannyらしいな~とは思いましたが、流石「職人」のプレイでした・・・結構、一曲もダンクラをプレイしなかった辺りに、DannyのDJとしての誇りがあったのかな~と思いました。
あと、四捨五入で10時間(9時間の方が近いか?)踊った訳ですが・・・これもDannyとairに感謝ですね!
昔っからそうですが、箱側がロングセットに理解がないと出来ないプレイな訳で、嬉しい限りです・・・東京でも時間どおりに終わっちゃうクラブが多くなってるので、airは貴重な存在ですね~

ではでは、MUROさんのプレイも楽しんでね!
今後とも宜しくお願いいたします!!



2015/05/04(月) 21:58:19 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック