HipHop,R&B,Soul,Funk,RareGroove,DanceClassics,Garage,House・・・など、私が気に入っているMixTape,MixCD,その他もろもろを紹介するブログです。
DJ "R" 「Temple of the Sample」
DSC01405.jpg

 今回はドマニアックなテープで、一部の好事家しか知らないであろう作品です・・・

 ミックステープ掘りの醍醐味として、まったくもって有名ではない「マイナーな作品」を掘ることがあり・・・今回の作品は、ここ数年で一番ヒットした作品(レーベル)になります!
 まあ、こういうのが出ても、お店側も謎すぎて価値が付けづらく特価価格になり、買う側も謎すぎて手が出ない・・・そんなテープにこそ「ボム」が潜んでいるという好事例になるかと思います(^0^)


DSC01406.jpg
DSC01407.jpg

 そんな訳で、今回は2000年代初期に大阪で運営をされていたHipHop系レーベル「Oosacker Entertaiment」からのミックステープで、Lareg ProphitsというHipHopグループに属するDJ「DJ "R"」さんの作品を紹介したいと思います!!

 まず、Oosackerですが、今となってはかなり分かりづらい存在ですが、大阪(関西圏)ではボチボチ有名だったレーベルのようです。
 イメージとして、日本語ラップ関係者を多く含むHipHop系レーベルのようで、イベントの開催や、CDやレコードでの音源リリース、そして今回紹介するようなミックステープのリリースなどを行っていたようです。
  
 私自身は、全然知る由もないレーベルですが、ここ数年は「知らないテープは何でも買う」のスタンスがあるので、とりあえず上記のようなテープをチョコチョコ抜いてたら、Oosackerのテープが自然と集まってた感じで・・・深く掘り下げていくと、テープの内容も、そしてその存在も面白い事に気づき、去年ぐらいから注視をしてた存在です。
 ブログでも、Babaさん(いつもどうも!)などのような濃い方から報告があったり、関西圏在住のソロバンさん(このブログのトップバナー製作者)からも「当時、聞いてた」みたいなコメントがあり・・・それで意識をし始めた部分があり、家掘り&聞きこんだら凄く良く・・・最近は、このロゴがあれば絶対に買うようにしています!

 例えば、「Black Night」というテープがあるのですが、これは同名のイベントが00年代初期にあったようで、関西日本語ラップの大御所(O.K.I、Baka de Guess?、Terry the Aki)などが参加してて、現場ではフリースタイルが超ドープだったそうです・・・このテープではそのフリースタイルも入ってて、激熱ですね!
 また、DJミックスも入っているのですが、しっかりと現場を盛り上がらせるためのプレイで、DJ Sobaさんなど、名前の知らない方になりますが、ツボを心得たDJミックスがイイですね!
 このイベントがOosackerが主催してたかどうかは分かりませんが、実際に日本語ラップの作品(アナログ、CD)も出してたようで、日本語ラップが強かったレーベルだと思います・・・この辺は大阪なのでグンジョさんが詳しいのかな??

 そして、他の作品を込みでこのレーベルを考えると・・・個人的には「DJミックスの内容の良さ」に反応してしまいました!!

 先ほどのBlack NIghtが「MC」サイドの活動としたら、当然「DJ」サイドの活動もある訳で、いわゆる「DJミックス(=ミックステープ)」もボチボチあり・・・これが異常にクオリティーが高いんですね!
 本数が少ないので、明確なことは書けないのですが、日本語ラップとリンクしてるが故に「ネタになりそうな過去の曲」が強く、かつクラブプレイもしっかりと出来るイメージがあり・・・Rare Groove / Soul系のミックスはかなりレベルが高いです!

djr_000.jpg

 その中で反応したのが、今回の主役である「DJ "R"」さんのこの作品でした!

 Rさんについては、これまた情報が掴みきれなかったお方で、どうやら90年代中頃より活動をしていた「Lareg Prophits」というラップグループのDJ(トラックメーカー?)をされてたようで・・・今でも活動をしている方のようです??

 作品の内容は、後に譲りますが・・・個人的には、Oosackerに出会い、そのミックスの良さに気づいた中で素直に思ったのが・・・大阪の「レコード愛の深さ」を感じました。

 どういうことかというと、大阪って、昔っから「良質のレコード屋さん」が点在する都市で、特に心斎橋周辺には、今回のミックスに収録されているような「ネタモノ」が強いレコ屋さんが多く・・・良いレコード屋さんがあるからこそ、良いDJミックスが生まれる・・・と痛感しました!

 このブログにおいては、大阪のレコード屋さんに行きたいが為に毎年「俺の旅」と称して大阪に行っていますが、現在も過去も素晴らしいお店が多いですよね!
 どれも個人経営の中古レコード店になりますが、そういったお店があるからこそ、DJやトラックメーカーが良質なレコードと出会え、それを楽曲やDJミックスに生かす・・・という好循環が生まれており、今回紹介するRさんのミックスや、Oosackerの他の作品の「良さ」に繋がっているのかな~と思います。


 ではでは、作品の紹介です!!


DSC01410.jpg DSC01408.jpg
DSC01409.jpg DSC01411.jpg

 この作品は、タイトルの通り「Sample(ネタモノ)」という位置付けの作品になりますが、それらのネタ系の曲をグルービーに選曲・ミックスをした作品になり、大変素敵な作品になります。

例えば、Black Moonネタな「Grover Washington Jr. / Hydra」や、Gangstarrネタな「Pointer Sisters / Don't it Drive You Crazy」などのようなSoull、R&B、Funk、Jazz Funk、Rare Groove系の曲を幅広く選曲しています。
 それこそ、定番から隠れた一曲を選曲してて、ド定番な「Patrice Rushen / Remind Me」や、MUROさんもdiggin' Iceでプレイしてた「Curtis Mayfield / You're so Good to Me」のような隠れた名曲を小粋にプレイしてて・・・大変良いです!

 ネタ系のミックスというと、MUROさんのKing of Diggin'のように、ネタ部分をクイックで繋いでいく方法論がありますが、この作品では、あくまでもネタ系の曲を「曲として純粋にプレイ」してて・・・これがメチャクチャ良いですね!

 プレイの仕方自体も、ネタ部分を強調するようなプレイではなく、あくまでも「曲全体」をプレイするような感じで、全体的にメロウでグルービーにまとめてきてるのがイイですね・・・曲がイイからプレイしている感じで、この辺は大人の選曲ですね(^0^)
 それこそ、Hydraであれば、一番重要なイントロブレイクをから入りつつ、しっかりと曲にも入り、グルービーなプレイの仕方が光ってます・・・また、一部の曲ではネタ部分を2枚使いしてたりしますが、最低限の2枚使いをして、その曲のグルーブを伸ばすようなプレイをしてて渋いっすね!

 今回、個人的にも、この作品を聞いててヤラれたところがあります・・・それは「やっぱりLPも掘らないとな~」でした。

 ご存知かどうかは分かりませんが、私が一番好きなフォーマットは「12inch」で、理由としては音の良さだったり、長尺にエディットされてたり・・・その曲がLPと12inchであったら、迷わず12を選びます・・・

 ここで「7inch」に行かないのは別の話なので置いときますが、こういう趣向があると「LP」ってあんまり注視しなくって、LPにしか入ってない曲があれば買ってる程度で、凄い真剣に掘ってなかった部類なんですよ・・・
 今回、この作品でHydraとかPointer Sistersとかを聞いてグッときちゃったんですよね・・・この作品では、そういったフォーマットの嗜好でプレイは一切しておらず、とにかく「良い曲」をプレイしている点が美しく・・・影響されて、久しぶりにLPコーナーを掘り掘りしてました(^^;)
 特にJazz Funk系はあまり攻めていなかった部類で、私が持つDiscoの嗜好からも全然イケる(むしろLoftですね!)ので、暫くはこっち系も掘ろうと心に誓いました・・・


 話をこの作品に戻しましょう・・・

 この作品の良さを演出している点として「繋ぎ」が最高で、そのグルービーな感じを更に引っ張っています!

 全体的にHipHopライクでカットインで繋いでいくのですが、繋ぎのグルーブが全然ズレないんですよ・・・前後の曲のBPMや曲のグルーブやメロディーなどをしっかりと読みとって繋いでおり、これにはヤラれました! 
 なんでしょう、聞いてて曲が変わったのが分からない位の繋ぎになってて、普通に聞いたら気づかないですが・・・それが、曲の良さとグルーブを引っ張ってて、最高です!

 そして、全体的な曲の運び方や、その運び方で生まれる曲の光らせ方も上手いですね!

 明確なストーリーは無いのですが、平坦にならない程度の起伏のあるストーリーで大変心地よく、聞いてて飽きないです・・・聞けば聞くほどハマりやすいミックスで、個人的には大好きです!
 また、ある曲を光らせる為に、あえて落とした選曲からのプレイなんかもしてて上手いですね・・・Remind Meであれば、Keni Burkeからのプレイですが、ややクールめなラインからのカットインで、Remind Meの光り方が大変良かったです(^0^)



 そんな訳で、かなりベタ褒めしちゃいましたが、かなりの良作です!!

 今回の紹介において、一番分かりやすい表現は「diggin' Ice」的なミックスだと思います・・・選曲的も結構カブってるし、これが一番分かりやすいかな??
 ただ、Rさんの「繋ぎの上手さ」と「グルーブの良さ」はこの作品の要(かなめ)であり、Rさんの「作品」として成立しています・・・そして、大阪のレコード愛の深さを感じる一作だと思います!

 作品的には、メチャクチャ量がある部類のテープではないので、探すのは大変かもしれないですが、気になる方は探してみてね~



<Release Date>
Artists / Title : DJ "R" 「Temple of the Sample」
Genre : Soull、R&B、Funk、Jazz Funk、Rare Groove・・・
Release : 2000年代前半??
Lebel : Oossacker Entertaiment No Number





------------------------------------------------------
------------------------------------------------------
<独り言>

DCIM0386_00.jpg
DCIM0385_00.jpg

 もー、今週はコレしかないですね!

 MUROさんの代名詞「Diggin' Ice」が2015年版としてオフィシャル・リリースされました!

 それも、今回はタワーレコード限定で、ちゃんとレコード会社からリリースしているオフィシャル版でありつつ、なんとCDとテープが同時発売をするとあって・・・期待大な内容で、発売日を楽しみにしてましたよ(^0^)

 期せずして、今回の作品紹介でもDiggin' Iceに触れましたが、ほんと「素晴らしい作品」です!!

 私が影響を受けたテープの5本の指には確実に入り、過去の作品紹介でも熱く語っていますが・・・ホント、素敵な作品(シリーズ)ですね(^0^)

 知らない方もいると思うので、簡単に紹介をすると、いわゆる「チル系ミックス」で、SoulやR&B、FunkやJazz Funk、Rare Groove・・・など、過去の様々な曲をMUROさんのセンスでジャンルレスにミックスした作品で・・・それこそ、聞くと自然と心が和み、涼しくなるような作品です。
 そして、私に関しては、作品の良さもさることながら、そこから「レコードを掘ること」を教えてもらい・・・レコードでも何でもそうですが、壁を作らず、自分の感性に従って掘っていく・・・そんな精神論まで教わった作品になるかと思います。

 上の写真で「Mix Tapeの頂点(@Tower Records 新宿)」と謳われていますが・・・間違いなしの表現で、MUROさんにしか出せない作品だと思います!!

 
 んで、独り言です・・・いや~、テープが無事に買えてよかった!!

 実は、後で知ったことではあるのですが、テープのプレス数が結構少なく、軒並みソールドアウトで、今日の更新の時点で、これからテープ版を買うのは厳しいかもしれないです・・・

 個人的には、発売日に行けば普通に買えるかな~と安直に思ってて、発売日の水曜の会社帰りに某タワーに行ったら売り切れで・・・MUROさんのお店「Captain Vinyl(digotから改名されたようです?」に行けばあるかな~と思い、土曜に行ったら残り僅かで、ギリギリなタイミングで買えました・・・
 店員さん(ありがとうございます!)のお話だと、予想以上にテープが売れてて、ビックリしてるとのことで・・・着実にテープ人気が復活してきた証拠なんですかね??

 なお、MUROさんのTwitterでも紹介がありましたが、店内には今回のICEのジャケをモチーフにした調度品があり・・・これがカッコよすぎです!!
 

DSC01412.jpg

 そして、肝心な内容ですね・・・もー、最高です!!

 Twitterでもつぶやきましたが、日曜の朝、このテープ版をBGMにして洗濯と掃除をしてたら、あまりの気持ち良さに聴きこみモードになり、次第と眠りに落ちる・・・というぐらい、気持ちイイ内容です(^0^)

 MUROさんにもRTして頂き、嬉しい限りです・・・ほんと、イイ作品ですね!!

 ちょっと解説を入れておくと、今回の作品、いわゆるメジャー作品なので、使用できる曲が限られている中で、往年のDiggin' Iceクラシックが満載で、グッときます!

 MUROさんに対しては意地悪な表現になるかも知れないですが、現行のミックス作品はMUROさんの「今の掘り」に合わせて作られているため、結構難解だったりするのですが・・・今回の作品はクラシック中心の選曲になっており、かなり聴きやすく、そして長く聴ける作品だと思いました。
 毎度のごとく、初めて聴くときは一切トラックリストを見ずに聞くのですが、DebargeメドレーからのMoonchildには思わず感涙・・・どころか、安心して(?)寝てしまうほど、素晴らしいミックスでしたよ(^0^)
 
 
 CD盤は普通にタワーで買えますので、気になった方は是非聴いてみてね・・・個人的には今年の「MTT大賞」候補になっております!!

 なお、テープ版はCDよりも長くミックスされ、お尻の部分の収録曲が若干多いです・・・CDの人には聞けないですが、Mary Jane繋ぎからのTa Maraには感涙で、個人的にはテープ版の方に軍配が上がるかな??








スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ついにきましたね。oosacker。待ちかねましたよ。このところ、ユニオンで、レコードのほうをちょいちょい見かけて、あらためて気になっていたレーベルです。このテープも、なにやらよさげですね。機会があれば、お目にかかりたいものです。そして、まさか、文中に自分の名前が出てくるとは...。思わず、笑っちゃいましたよ。それと、これは、勘ですが、沖縄や四国、それに、北海道あたりにも面白いレーベルがありそうな気がします。これからも、マイナーなテープを掘っていきたいですねえ。そして、Diggin Ice、自分も、ネットで買おうかと思っていたところ、まさかのフラゲ日に売り切れというのっぴきならない事態をうけ、発売日翌日に、置いてありそうな店に、在庫確認の電話を入れ、取り置きしてもらい、わざわざ、テープを買うためだけに、渋谷に出向く羽目になりました。ただ、正真正銘の新作ミックステープ(フォーマットも含めて)、それも、Diggin Iceですから、その価値はあったかと思います。そして、自分が行った渋谷店ですが、試聴コーナーは常に人がいましたが、やはり、フォーマットの壁が高いのか、意外や意外、別のスペースにあるものも含めて、14本残っていました。買い逃された方にとっては、チャンスだと思います。今、どうなっているかは分かりませんが...。では、また。
2015/06/14(日) 21:09:58 | URL | baba #-[ 編集]
コメ失礼します!

確かこのテープ、かなり前にどっかで見かけたことがあったんですが、若き日の僕は華麗にスルーした記憶があります、、、orz

Troopersさんに「diggin' ice的」と言われてしまったらそれはもーダメです。
ムズムズして困っちゃいます(´・ω・`)
また宿題が増えてしまった、、、笑
精進して巡り合わせを待ちます!


んで、まさかのオフィシャル・リリース「diggin' ice 2015」、、、
「キター」としか言いようがない!
(iceのボトル、ヤヴァ過ぎ、、、orz)

テープの方は結構な勢いで姿を消したみたいで、、、
プレス数少ない(んですか?全くその実感なかった、、、)とはいえ、テープ人気凄いですね!
引き続きトップランナーとして牽引してってくださいm(_ _)m

個人的には特にテープB面がタマランかった、、、
これからがiceのシーズン、ほんと、MUROさんからの最高のプレゼントですね〜☆


あと、最後になりました&かなり遅くなっちゃいましたが、久々に「Daytona」買いましたYo〜!
腰抜かしました〜汗

まさか、Troopersさんを目当てに「Daytona」を買う日が来るとは思いもよらなかった、、、笑
あの所さんの雑誌にTroopersさんが!(あとユニオン渋谷CMSも!w)
内容の方はもう語るまでもなく素晴らしスギル、、、
TroopersさんからのShock Wave愛(&テープ愛)がビンビンに伝わってくるのはもちろんですが、
やっぱりずーーーっと真面目に遊んでるからいい雑誌なんだな〜、と改めて。
しかしこの情報量、今月号だけでどんだけ晩酌できるんだろう、、、(^^;)

紹介テープにも超アガってしまい、、、
Troopersさん的には特に悩まずにスルっとセレクト、って感じだったんですかね?

とにかく今後もTroopersさんが載ってたらどんな雑誌でも躊躇なく買いますYo〜
アイドルですw
本当におめでとうございました!
2015/06/15(月) 22:26:07 | URL | 豆 #-[ 編集]
Re: タイトルなし
>babaさん

コメント、ありがとうございます!
今回の紹介はbabaさんとソロバンさんからの刺激があって更新したようなもんで・・・喜んで頂いて光栄です(^0^)
地方産のマイナーテープはガツガツ掘ってますが、今回のOosackerの様にレーベル単位でまとまっているのは嬉しく、それも大阪ですから・・・激戦区でありながら大穴というのが、ディガー心に火をつけられちゃう条件ですね(^^;)
沖縄、四国、北海道は未開拓な地ですが、なんかありそうですね・・・個人的には水戸が結構多く、あれば買ってるかな?

そして、Iceですが、結果的に無事に買えましたが、土曜に渋谷のタワーに行ったら売り切れてました・・・正確に書くと、水曜に新宿のタワーに行ってなくって、その時は「あんまり仕入れてないのかな?」と思い、渋谷ならあるだろうと思って土曜に行ったら一切なく・・・焦って、原宿のMUROさんのお店まで小走りしてしまった次第です(^^;)
なんか、ここ最近の新譜って、そこまで売れる前提ではないので、プレスする側が結果的にプレス数を押さえてたり・・・逆に買う側も注意をして無かったりで・・・たまにハッとなることがありますね。
まあ、注意という点では、買う側の問題なのですが、1点モノの中古を追うよりも甘く見ている感があるかな~と思います。

ではでは、今後とも宜しくお願いいたします。



追伸(別枠でコメントを頂いたソロバンさんへ)
コメント、ありがとうございます!
うん、サウンドの方々がダブをとってしまうので、オリ盤の需要が・・・という点はガッテンです!
それ自体がレゲエ文化の魅力なんですよね~ あと、各サウンドの方のデータ普及が高いのもあるのかな??



2015/06/15(月) 22:42:41 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
Re: タイトルなし
>豆さん

コメント、ありがとうございます!
今回のテープ、たまたま昨日、Iceの新作を聞いてたから尚更だったのかもしれないですが、選曲もグルーブもかなり似ている部分があり、こういう表現をしてしまいました(^^;)
それこそ、Pointer SistersやMary Janeのプレイは正にそうで、全然Iceのこととは関係なく、このテープを紹介したのですが、偶然って面白いな~と思いました!
是非是非、探してみてくださいね(^0^)

そして、ICEの新作はヤバかったっすね!
今回、記事でも書いたように危うく買えなかった(自分が気を抜いてたのが行けなかった・・・)のもありますが・・・(実数は分からないですが)プレス数の少なさも、意外と需要が多かったのもポイントでしょうね。
ただ、やっぱり内容ですよね・・・近年稀にみる「クラシック選曲」でコレが聞きたかった・・・ホント、MUROさんがプレイするだけで説得力が違いますよね(^0^)
私も、どちらかというとB面ですね・・・ただ、A面も深くって、知らない曲も多いし、ハッとしたタイミングでTania Mariaを入れてくる辺りは流石です!

なお、個人的にグッときたのが、テープの発注先で・・・あの仕様は「国内の演歌系テープ」に多い仕様なんですよ・・・
今回、一応メジャー会社のプレスなので、ソッチ系に発注されたのだと思うのですが、テープケースの一部が白いプラスチック、外観が紙スリーブ、そして中に歌詞カードが入ってる感じが正にそうで・・・MUROさんのお店の方とツボっていました(^0^)

んで、Daytonaも、ありがとうございます!
結構、重たい荷物を抱えて取材先に行き、大人の対応にとどめつつ、話したいことはガツガツ話したので、なんとか立派な記事にしてくれて嬉しいです!
テレコもテープも、そんなに悩まず紹介をして、スタッフさんもそれを汲み取って記事にしてくれた(誌面の文書については、私はノータッチです)かな~と思います・・・ちょうとD.Lさんが亡くなられたタイミングだったので、Ghetto Funkは外せませんでした!!

ではでは、今後も美味い酒が飲めるように(?)頑張っていきますので宜しくお願い致します(^0^)
2015/06/15(月) 23:06:47 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
ありがとうございます
当時、レーベルを代表していた物です。
高評価ありがとうございます

当時、同レーベルでウエアもリリースしており主に 地方のコアなセレクトショップで販売を行っていました。
2016/02/29(月) 08:03:15 | URL | Oosacker #-[ 編集]
Re: ありがとうございます
>Oosacker様

コメント、ありがとうございます!!
まさか、レーベル関係者様からコメントを頂けるとは!!
もー、嬉しいです・・・ありがとうございます!!
Oosackerさんのテープは、今でも発見すれば喜んで購入させて頂いております。
この記事で紹介したRさんのセンスの良さもありますが、きっとオーナー様のセンスもあってだと思います(^0^)
今後も、機会があれば、別作品も紹介させて頂きますね!!

では、今後ともよろしくお願いいたします!!


2016/02/29(月) 23:43:05 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック