HipHop,R&B,Soul,Funk,RareGroove,DanceClassics,Garage,House・・・など、私が気に入っているMixTape,MixCD,その他もろもろを紹介するブログです。
DJ Baku 「No Pain No Gain」
DSC01414.jpg

 え~、今回は「やっとテープが揃った」から紹介出来る作品(アーティスト)です・・・

 ただ、当初の予定とは別の作品での紹介になります・・・・下でも書きますが、作品の表現をするのが難しいと、どうも気分が乗らず、作業が進みません・・・・
 なので、急遽、紹介が出来そうな、このテープで紹介です・・・ただ、これはこれで相当レアなテープですかね??


314_baku_jk.jpg

 今回は、言わずと知れた「DJ Baku」さんの作品を紹介します!!

 なんで今まで紹介をしなかったのかが不思議ですが、Bakuさんもミックステープというフォーマットを用いて「自分のDJ」を表現したDJの一人で、ミックス作品が「アートである」と胸を張って主張をしているDJだと思います。
 
 もしかしたら知らない方もいるかもしれないので、少しだけバイオの話をいれておくと、90年代後半より活動をするDJ/Producer/Artistで、得意とするスクラッチと、独特の世界観のある音楽を軸に、アーティスティックに音楽を奏でる方で・・・DJではあるけど、DJ以上に「表現者(=アーティスト)」として活動をされています。

 それこそ、Bakuさんが「DJでは唯一本気で尊敬してる人」として公言している「DJ Krush」さんのように、DJプレイを通して独自の世界観を表現するDJで、一昔前であればアブストラクト系DJなんて呼ばれていたジャンルに属するかもしれません・・・
 ただ、Bakuさんもそうですが、ジャンルとして「DJ Baku」という世界観を持ち、唯一無二の世界観/グルーブは聞きどころで・・・DJプレイやライブ、そして発表する音源など、お好きな方も多いかと思います。

DSC01430.jpg

 そんなBakuさんですが、自分を表現する手段として「ミックステープ」を活用してた方で、ミックステープを「自分のアート作品」として色々とリリースしており、これらのテープを通してBakuさんを好きになった方もいるかと思います。

 特に上記写真の連作は有名で・・・私も遂に揃える事ができ、無事に「絵」にすることが出来ました(^0^)

 1999年にリリースした処女作「Kaikoo with Scracth」(右下)から2010年の「5th Elements」までの5作で、2作目から5作目を揃えると上記のような絵になるのですが・・・このシリーズはBakuさんも、自分を表現するための舞台として考えていた作品のようで、Bakuさんの世界観が強く出た作品になるかと思います。

 作品では、タンテでのDJミックスと、緻密なエディットを駆使して、いわゆるマスターミックスのような内容になり、プレイする曲をまるで「パーツ」のようにプレイし、全部のパーツを緻密に組み立てることで「DJ Baku」という音楽を成立させている内容になるかと思います。

 時期によっては多少は方向性が異なりますが、HipHopをベースにアブストラクトな世界観を出しており・・・まるで、DJ Bakuという「演劇」を見てるかのような世界観があります??
 なんでしょう、DJミックスにおいては、世界観や物語がある作品は映画に例えますが・・・Bakuさんのミックスは、作品性と共にライブ要素が感じられ、私としては「演劇」なイメージです・・・それも、もしかしたら失礼な表現かもしれないですが、小劇場を中心に抽象的な演劇をするアングラ劇団のような世界観かな~と思います??


 そんな訳で、Bakuさんを紹介するのであれば、本来なら上記のテープシリーズから紹介すべきですが・・・私には紹介するだけの言葉を持っていなかったので、残念ながら別の作品で紹介します(^^;)

 処女作の「Kaikoo」を紹介しようと思い、結構聞きこみ、途中まで書いたりもしたのですが・・・全体的な世界観(=DJ Baku)まで書けなかったんですね・・・
 う~ん、正直に書くと、こういう「アブストラクト」的な作品って、確かに「一つの世界観」があるのですが、知識や理解がないと全体的なイメージ(グルーブ)が抽象的にしか表現が出来ないので・・・書いてて壁に当ってしまいました(^^;)

 なので、急遽ですが、Bakuさん作品の中ではあまり知られていない、この「No Pain No Gain」に白羽の矢が立ちました!

 では、この作品を通して、BakuさんのDJを紹介したいと思います!


DSC01428.jpg DSC01427.jpg

 この作品は、リリース的にはKaikooの後に出たと思われる作品(2000年ごろ??)で、時期的には1997年4月に録音したとされるミックス作品になります。
 
 なぜ、このテープがリリースされたかは分かりませんが、1997年ごろはBakuさんの素人時代と言ってもいい頃で、まだ独特な世界観のあるDJプレイはしておらず、通常のDJミックスだけをしているのですが・・・選曲やミックスに「Bakuらしさ」があり、なかなか面白い作品になるかと思います。

 選曲的にはHipHopを中心とした選曲で、割とアングラっぽい曲やマイナーな曲をプレイしてて、今のBakuさんに繋がるような選曲になっているかな~と思います。
 ジャケットがトラックリストなので、詳細はジャケを参照ですが・・・結構渋い選曲で、意外性もありながら「Bakuさんらしいかな?」と思います・・・

 私がレコを持ってた範囲だと、「O.C. / Born 2 Live」のような渋いJazzy系の曲をプレイしつつ、意外にも「Eric B & Rakim / Paid In Full (Remix)」をプレイしたりしてます・・・Paidの後はDes'reeのようなR&Bもプレイしてて、これにはビックリですね。
 手持ちのレコだと全てを上手く表現出来ないのですが、やっぱり「アングラ感」がある曲を選びつつ、Bakuさんらしいエッジの利いた選曲になってますかね・・・全部通して聴くと、不思議と「Bakuさんらしいな~」という感じでまとめられています。

 そして、スクラッチや2枚ですが・・・やはり上手いです!

 スクラッチなどが入り乱れている訳ではないですが、要所要所で切れ味の鋭い技が光り、ミックスの内容を良くしています・・・なんでしょう、ミックスの内容を盛り上げる為の技ではなく、プレイした曲のグルーブを光らせる為の技で、若くしてこういうプレイが出来たのもビックリです・・・



 そして、一番ビックリなのが・・・上のフリースタイルでしょうか?

 B面の最初にはDJ Bakuさんが属していたラップグルーブ「般若」のフリースタイルが入っています!
 
 この「般若」は、Bakuさんと、Bakuさんの元奥さんである女性ラッパー「Rumi」さん、そして、この頃は「Yoshi」と名乗っていた「般若」さんが結成したラップグループで、日本語ラップが詳しい方ならご存知かと思います。
 ややこしいので整理すると、いまや日本を代表するMCである般若さんは、このグループが解散した後に妄想族を結成(参加)をするのですが、その妄想族へ流れる過程でMC名を「般若」に改名した経緯があり・・・この音源は「般若さんになる前」の音源になるかと思います。

 んで、この「般若」というグループは、いわゆる高校生ラップグループみたいな感じですが、あの伝説的なラジオ番組「Hip Hop Night Flight」のデモ音源紹介コーナーで紹介されるなど、結構実力があったグループのようです。
 フリースタイルの質に関しては評価をしませんが、若さ特有のフレッシュな感じが大変イイですね・・・まだまだアナログな時代(情報が少なかった時代)だからこそ、必然的に不器用な感じもあり、大変イイですね・・・

 なお、ミックステープ的な話を入れておくと、MCのフリースタイルが入っていることは普通なことですが、今回のBakuさんのテープのように、後に有名になるMCのフリースタイルが入っているテープはボチボチあり、私自身も力を入れて掘っている部類になります。
 時期的には95年~98年ぐらいが熱く、有名な作品だと、DJ SeijiさんのテープにBossのフリースタイル(曲)が入っていたなど、探せば探すほどある部類です・・・個人的には、この辺の素人DJの手刷テープを狙ってて、思わぬ人のフリースタイルとかがありそうで、夢が膨らみます??



 そんな訳で、Bakuさんの紹介にちゃんとなったかは不安ですが、なかなかな作品です!

 ただ、市場では殆ど見かけないテープです・・・こういう紹介をするとBakuファン以上に日本語ラップ系の方に火が付きそうですが、欲しい方は気合を入れて探してくださいね!!



<Release Date>
Artists / Title : DJ Baku 「No Pain No Gain」
Genre : HipHop、R&B、Breakbeats・・・
Release : 2000年??
Lebel : Dis-Defense Disc No Number


Notice : Dis-Defense Disc(DJ Baku)のミックステープについて

DSC01426.jpg

 今回紹介しているBakuさんのテープは、コレクター的には結構ヤヤっこしい存在で、私の整理を込めて紹介をします。

 Dis-Defense Discは、初期作には型番がついてなく、そもそも初期作はプレス数も少ないことから、謎な点が多い存在です・・・

 一応、リリース内容を型番に当てはめると、以下のような感じになるかな~と思います・・・私も知識も情報もないので、コレが正しいのかどうかが分かりませんので、詳しい方がおられたら、ご指摘ください!!

 あと、調べている過程で005の存在が分かったのですが、いや~、見かけたことがない・・・なぜか「Discogs」には掲載されているのですが、これは探してコンプを目指さないと・・・

DDD-001 DJ Baku / Kaikoo with Scratch (1999)
   ※No Numberの為、恐らくこの番号だと想定しています
DDD-002 DJ Martin / Whole Staff Are Wack (2000)
DDD-003 SKE / 1997-2000 (2000?)
DDD-004 DJ Baku / 2nd Musics (2001)
DDD-005 Tatsuki / Batch 振降 (2002)
DDD-006 DJ Baku / Angry Hip Hop For 3rd Chill (2002)
DDD-007 DJ Baku / True 4th, True Vandalism (2003)
DDD-008 DJ Baku / 5th Elements (2010)


 あと、流れでBakuさんの作品リストを作ってみました・・・DDD以外のテープもリストアップしましたので、宜しかったらご参照ください。

● DJ Baku 作品リスト


 なお、あの「絵」を完成するためには「5」が難関です・・・

 5に関しては、2010年のリリースでCDとテープが同時発売されたのですが、どう考えてもCDを中心にプレスされ、テープの方が圧倒的にプレス数が少なかったようで、かなり入手するのが厳しいです・・・というか、Bakuさん側も絵の完成があるので、テープを作らざるを得なかったのかな??
 私も5をずっと探してて、先日の名古屋帰りの北浦和ユニオンで奇跡的にゲットし、無事に揃いました・・・2010年であれば、ガンガンとテープを買ってましたが、この頃はBakuさんが対象外だったようで、スルーしてたんですよね・・・まさか、入手するまでこんなに時間がかかるとは思いませんでした(^^;)



追伸
今回は独り言は無しです・・・仕事の愚痴しか無いのです・・・(--;)
ただ、Barrier FreeとMighty Crownのクラッシュがボムですね・・・Mightyが勝ったみたいで、やっぱり格が違ったんですかね~
詳しくは情報待ちですが、Chackeyさんのレポが大変楽しみです・・・レゲエが好きでないと分からない情報でした(^^;)



-----------------------------------------------------
追記 2015年7月5日

某コレクターさんからのご指摘で、DDDのカタログ番号に誤りがあり、以下の訂正を行いました。
  
誤 DDD-003 DJ Baku / No Pain No Gain (2000??)
   ↓
正 DDD-003 SKE / 1997-2000 (2000?)

そうすると、今回のテープの型番はどうなるんでしょうね?? 謎です??





コメント
この記事へのコメント
あのケース付きのテープですね。どこかで見たことあるマークだなとは思ってましたが、そんな仕組みになってるものだとは思ってもみませんでしたよ。他のテープが並んでる中、その上のスペースに入っていたということもあって、かなり目立ってました。内容的にはどんな感じだったんですか?
2015/06/21(日) 21:07:48 | URL | baba #-[ 編集]
DJ Rさんの件
どっちに書き込もうかと思ったんですが(笑)、新しいのがこっちなので、こっちに書かせてもらいますね〜。

この前紹介されてたDJ Rさんのテープ、聴きました!!
こりゃちゃんと聴き直さんとコメントできんな、と思ったので(笑)、久々にテープデッキ出して来て、昨日全部聴きましたよ!!

何て言うんだろ、当時(高校生の頃)そんな熱心に聴いてたわけでもないのに、意外に細部まで覚えててビックリしました(・・)

そうそう、ボビーコールドウェルで終わるんかと思いきや最後はロイエアーズが入ってくるんだったんだよな〜とか。

若き日に聴いてた、ってのもあるんでしょうが、やっぱりお金がなくて買ったテープとかCDはスミからスミまで聴いたから…それで覚えてるんだろうなぁ〜と。

おっさんになって(多少)お金ができたから音楽ソフトも昔に比べたら全然買えるようになったけど、その反面キチンと「音楽」に向き合えてるのかなぁ?と。何か柄にもなくマジメに考えてしまいましたね……。
2015/06/21(日) 21:20:43 | URL | ソロバン #-[ 編集]
マイティのクラッシュの件
ほんで、マイティクラウンおよそ10年ぶり?の日本国内でのクラッシュの件ですが、あれは相手のバリアフリーってサウンドが今けっこう海外でクラッシュやってて、実際にタイトルとかも穫ってるんですね
「ポストMIGHTY CROWN」みたいな言われ方をされてるサウンドさんで。

クラウン側もけっこう応援してるようで、バリアフリーがこの前海外でクラッシュ出た時は
「こーいうニュースをもっと日本のレゲエメディアは採り上げるべきだ!」
とか、Twitterでエールを送ってました。

そーいうのもあったので、今回「バリアが仕掛けるんじゃないか!?」(※『クラッシュ』と正式に銘打たれたダンスではなかった)との巷の噂にも応えた、ってとこなんでしょう。

実際にゲンバに行った訳ではないんで、結果ウンヌンに言及するのは避けますが、マイティ側も何だかんだで仕込みのダブ(!)まで出して来たそうで、「気にしてくれてんだなぁ」と。

今世界的にサウンドクラッシュのシーンって低迷してるんですけど、まぁ良い方向に迎えばなぁ〜と思います。
2015/06/21(日) 22:02:00 | URL | ソロバン #-[ 編集]
Re: 連名で失礼します。
>babaさん

コメント、ありがとうございます!
そうなんです、これが北浦和のボムでした・・・特価品で、あの包み方なら誰も手を出さないですよね!
私も、テープのジャケは記憶があったのですが、あの袋の事はすっかり忘れて、ビニールに包まれた中から見えた情報を元に「アレだよね?」と確信してスグに籠に入れました(^0^)
もう、この辺は知識の差と、どれだけ探してたかになるんでしょうね・・・もしかしたら、結構探している人が多いブツなのかな~とも思いました。
ちなみに、内容は・・・アブストラクトな感じで、本文で説明した通り、私には説明が出来ません~(^^;)

ではでは、今後とも宜しくお願いいたします!


>ソロバンさん

コメント、ありがとうございます!

まず、Rさんの件ですが、高校の時に聴いてたって凄いっすね!
関西圏の情報が疎いのでアレですが、ある程度は流通してたんですかね??
あと、ガキの頃に聴いてたテープとかアルバムって異様に覚えてますよね・・・それは、今と違って時間があって何度も聞いてたからかもしれないし、子どもゆえに吸収力が凄かったり・・・私も体が覚えているテープとかがあります!
そういうテープって、理由は見つからないけどイイですよね・・・やっぱり、このテープで紹介をして良かったですね(^0^)

あと、Mightyのクラッシュの件は、私も追える範囲で追っていましたが、そういう事情があるとは知りませんでした。
クラッシュの現場に行ったことがありませんが、この「クラッシュ」という存在は、ホント無くなっちゃいけないし、今の時代だからこそもっと注目を集めるべきだと思います。
それは、(広い意味にはなりますが)DJという文化が、自分で演奏せずに、他の人が演奏した「曲」を組み合わせることで生まれる「文化」な訳で・・・変な演出よりも、選曲とMCだけで「俺たちが一番だ!」と競う姿が大変美しいと思います。
また、聴く側にも実は知識や、音楽に対する愛や誠実さが求められているのもイイですね・・・ダメなものにはダメと言わないと行けないし、イイものには声を上げてイイと言わないと行けない姿も重要でしょう・・・
多分、今の時代だと、クラッシュの話をするとRedbullとかの話になるのでしょうが・・・なんか、どこかのロックフェスを見てるみたいで・・・今回のクラッシュのように始まる前から「ドキドキする感じ」があるのが、本物のクラッシュなのかな~と思いました。
話とMightyとBarrierに戻すと、何も道がなかった時代にサバイブして道を切り開いてきたMightyの力の差がありすぎたのでしょうが、ソロバンさんがおっしゃる通り、後続を思って舞台に上がってくれた点はホント素敵ですね・・・
私がこれ以上書いても、本当に愛している方に失礼になっちゃうので、これまでにしますが・・・ホント、もっと盛り上がって欲しいです!
ただ、アレですかね、赤蜘蛛さんとMightyのドリームマッチが出来たら・・・馬場vs猪木戦ぐらいのボムになりそうですね!

ではでは、今後とも、宜しくお願いいたします!!



2015/06/22(月) 22:32:31 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
そうですね〜、まぁ今回のクラッシュの件なのですが、先の、マイティ側からの「Twitterでのエール」というのも、正直なところ「ムチャ言ってんな」というのが本音なんですよ……。

だって、いくら「レゲエメディアがもっと採り上げるべきだ!」と言っても、今の、バリアフリーとかヤードビートとかがやってることってもの凄くニュースにしにくいんです。

それは何故かと言ったらマイティが作ってきた「前例」がデカ過ぎるから。

だって、10年前のマイティがクラッシュばりばりやってた頃は何だかんだでSTONE LOVEと戦っても倒してましたからね。
いくらストンラブがパーティーサウンドで普段はクラッシュやらない、と言っても普通ムリ(まぁクラッシュやったのがジャマイカじゃなくNY、ってのもあったんでしょうが…)。
HIP HOPで喩えるなら日本人のDJがキッド・カプリを倒したようなもので、凄まじいことをやってるんですよ(^^;)

今、バリアフリーもかなり海外で検討してると思いますが、昔マイティがやったことに比べたらどーしてもインパクトが弱いし、自分は素朴に「大変だな」と思います。遅れてきた世代の宿命と言ってしまえばそれまでですけど……。

なので、前述のTwitter上での発言についても
「そんなこと言うならマイティがクラッシュしてやれや」
とは、ぶっちゃけ思ってたし、今回の件はあの人達ありに「筋を通した」ってとこなのかなと。
2015/06/23(火) 10:49:11 | URL | ソロバン #-[ 編集]
あと、「赤蜘蛛vs帝冠」の件ですが、そうですね、それはみんなが見たいところだと思います。

ただ、あのサウンドさんだと国内での知名度は帝冠とニ分するものの、海外での活動がほとんど出来なくて、向こうでのトロフィーもないんで…。
その意味で玄人筋からのプロップスが弱いもんで、やはり、いざ「クラッシュ」となると難しいんじゃないかと思います。

まぁ個人的には、仕込みとかも録っての「ガチ」なクラッシュ、というよりは、たとえばダブなしの45にするとか、日本人ものだけにするとかね。そーいう「企画モノ」的な感じで一度カードを組んで欲しいですけどね。
やはり、あの2サウンドの対決はレゲエフィールドのみならず、幅広い層にアピールするものだと思いますから!

まぁ、何のせ今クラッシュのシーンってなかなか厳しいです。
下世話な話になっちゃいますが、やっぱ大がかりなクラッシュやろうと思ったら仕込みのダブ録るだけでも最低100万はバラ撒かなきゃならない。
マイティがバリバリやってた頃は、世界的なレゲエブームでしたから。
リスクもそりゃ大きかったけど勝てば勝ったなりのものがあった。
今はもう、レゲエ自体がONじゃないですから…。

けど、そんな中「レッドブル」とかはまだ「希望」がありますよ。
やっぱリアーナのDUB出てきた時はちょっと感動しましたもん!批判もそりゃありましたけど(笑)。
個人的にはマイティクラウンがあそこに出てメジャーレーザーとかとやってくれるとかね(※実際、ディプロはTwitterで『レッドブル』に出たい!レベルサウンドでもA$APでも全員やってるやるぜ!という旨の発言をしております。マスタサイモンも「出たい!」とTwitterで書いてました)、そーいうことをしてまたシーンを上げてくれればな〜と思ってます。

※追伸:
DJ Rさんのテープは、普通に流通してましたよ!ぼく何だかんだで3タイトル持ってます。
何かそーいうのいいですよね。今だと、ネットの発達で必然的に「全国流通」になっちゃうんで。
「ご当地もの」を掘る面白さというか
ね^^
2015/06/23(火) 11:19:44 | URL | ソロバン #-[ 編集]
Re: タイトルなし
>ソロバンさん

超詳しい追加情報を頂き、ありがとうございます!!
いや~、色々と勉強になりました!

Mighty越えというのも変ですが、確かにハードルが高すぎですよね(^^;)
でも、これは夢想になるかもしれないですが、クラッシュという現場だからこそ、下剋上的なミラクルもあり得ると思うんですよ・・・そういった余地というか夢は残して欲しいし、それがないと文化が死滅しちゃいますよね・・・
それで行くと、やっぱり赤蜘蛛対帝冠のクラッシュは見てみたいっすね!
正直、日本だとRedbull的なクラッシュは開催しそうで開催できない感がある(?)ので、逆にRedbullみたいな大スポンサーがリアルなクラッシュの一環として仕掛けてくれると面白いですよね・・・

ではでは、今後とも宜しくお願いいたします(^0^)


2015/06/23(火) 21:53:22 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック