HipHop,R&B,Soul,Funk,RareGroove,DanceClassics,Garage,House・・・など、私が気に入っているMixTape,MixCD,その他もろもろを紹介するブログです。
DJ Daddykay 「R&B Mix Vol.1 - Essential 90's Cuts」
DSC01602.jpg

 ついこの間、日が暮れるのが早くなりましたね~なんて話してたら、今週は8月なのに「秋」な感じで何ともでしたね・・・

 今週は、思わず上着を着てしまうぐらい寒かった日もありましたが、まだ8月なんですよね・・・なんか不思議な1週間でした。
 ただ、厚着派の私としては、上着がオフィシャル(?)に着れるのはちょっと嬉しかったです(^^;)

 そんな訳で、やっとテープが揃ったので紹介出来る作品(DJ)です!!


DSC01601.jpg

 今回は、R&B系ミックステープにおいては、メチャクチャ重要なお方である「DJ Daddykay」さんのテープを紹介したいと思います!!

 今まで、不思議なぐらい紹介をしなかったお方ですが、先週の下北のセールで無事にテープを揃えることが出来、やっとの紹介です・・・
 R&B系のテープに詳しいお方であれば「何で今まで紹介しなかったの?」とお叱りの言葉を頂けるぐらい、R&B系ミックステープのトップネームのお一人です・・・意外と揃えるのが苦労しました(^^;)

 そんな訳で、まず、Daddykayさんの紹介から行きましょう。

 Daddykayさんは、情報によると、80年代初頭からDJ活動をされている超ベテランで、R&BやSoulやHipHopといった、いわゆる「ブラックミュージック」が強いDJになります。
 それこそ、日本のブラックミュージック業界において重鎮とも言えるJAMさんやICEさんと肩を並べているお方で、日本において「R&B」というジャンルを陰ながら牽引をしていたお方で・・・もはや「ブラックミュージックの生き字引」的なお方と言っても過言ではありません。

 そんなDaddykayさんと言えば、我々世代とすると写真の「ミックステープ」が重要で、これらにヤラれた方は大変多いかと思います!!

 ミックステープについては、あの「Sugar Bitz」より、同レーベルの看板役者である「DJ Komori」さんと双璧をなす形でリリースしてて、当時、購入してた方は大変多いかと思います。

 イメージとしては、どちらもライトユーザーでも楽しめる作品としてもリリースをしていましたが、Daddykayさんの方が若干「玄人(くろうと)」向けで、00年代前半にあった「レアR&B」シーンも引っ張っていたようなイメージがあります。 

 当時、Daddykayさんのテープは、DMRなどでライトユーザー向けにかなり売れていましたが、レアR&Bシーンへの影響度は高く、Komoriさん以上にレア盤に「Daddykay Play」とキャプションが付く比率が高かったような気がします・・・
 それこそ、このシーンを動かしていたDJたちよりも一回り上の世代で、知識も経験も、そしてブラックミュージックに対する「愛」は比類せず、この世界の先輩として格を見せていたテープシリーズだったかもしれませんね・・・当然、若手のDJ達がDaddykayさんを見て育っていったとも思います・・・

 私に関しては、残念ながら当時はオンタイムでは触れていなかったお方ですが、今回、ちゃんとテープが揃ったので、改めて聴き直したら・・・やっぱり「格が違う」感じがあり、かなりヤラれてしまいました!!

 では、便宜上、第1作目の紹介を通して、Daddykayさんの素晴らしさを紹介したいと思います!!


DSC01607.jpg DSC01604.jpg
 
 まず、この第1弾では、副題の「Essential 90's Cuts」が示す通り、90年代の「R&B」を中心とした選曲になり、Daddykayさんが得意とするNew Jack Swingなどの90年代前半のR&Bが多くプレイされています。

 選曲的には・・・流石すぎて、頭が上がりませんでした(^^;)

 恐らく、同時期にリリースした「Komoriさんの第1作目」と比べると分かりやすく、Komoriさんは定番系を攻めているのに対して、Daddykayさんは「ド渋なライン」を攻めており、これが凄いです!!

 いわゆる「レアR&B」だったり「お宝リミックス」系になるんでしょうが、とにかく渋いんですよね・・・
 
 残念ながら、私が持っているレコが言葉足らずな状況で、全てを語るのは辛いレコ写になります・・・これでも、週末に頑張って探したりもしたので、許して下さいね・・・

 まず、Daddykayさんが得意とするNJSのラインであれば、直球はあまりプレイせず、写真の「Ⅱ Close / Call Me Up (Extended)」のようなあまり知られていない曲をプレイしています・・・
 また、定番系の曲もプレイしているのですが、クラシックな「Zhane / Hey Mr DJ」であれば、オリジナルでなくてリミックスでプレイしています・・・なんでしょう、他の曲であれば、UK盤だけに入ってるリミックスとか、一般的にあまり知られていないリミックスなんかを多くプレイしています・・・

 う~ん、コレでは例示にならないのですが、とにかく「深くって渋い」選曲です!!

 例えば、3 Shades BrownやRiffといった今でも超高額盤な曲や、そんなのあったんだ!といった感じのレアミックスなど・・・レア系R&Bの教科書的な選曲でヤラれます・・・

 今回、いろいろと調べさせて頂きましたが、いやー、勉強になりますね・・・

 方向的にはEU系の歌モノには流れず、US系のレアR&Bでプレイという感じですが、とにかく深く、そして渋く・・・Daddykayさんのキャリアが生きた選曲だと思いました!!
 個人的にグッときたのが、A面の最後でQuincy Jones feat Brandyの「Rock With You」のカバーをプレイし、B面の最後ではそのRock With You使いのR.Kellyのお宝リミックスで〆ており、そういった遊びにもヤラれました!


DSC01603.jpg DSC01605.jpg

 また、その選曲を踏まえて、ミックス面を聞くと・・・Daddykayさんらしい「跳ねたグルーブ」が生きていて、流石です!!

 選曲面で「渋い」と書きましたが、これって裏を返すと「マイナーな曲」ばかりで、下手したら聴いてる人に馴染みがなく、なかなかミックスに入りづらい選曲だと思います。
 その中で、Daddykayさんのミックスは、そういった渋い曲の中にある「跳ねたグルーブ」を丁寧にミックスし、曲と曲を繋げることで、更に跳ねたグルーブが生きてくる・・・そんなミックスと選曲をしていて、誰が聴いてもノレるミックスになっています!!

 特に感じたのが、今回選曲している曲達がもつ「ブラックミュージック感」みたいのを上手く活用したミックスだな~と思いました。

 その一つが、先ほども指摘した「跳ねたグルーブ」になると思いますが、角が立たないようにミックスしつつ、流れに幅を持たせる意味で山谷を作るようなミックスと選曲が上手いですね・・・
 写真のクラシック「Yashin / Wanna Dance」であれば、全曲のZhaneからのミックスで、ZhaneがHipHop感の強いラグトなRemixでやや下がったグルーブですが、誰でも反応する歌で徐々にのせていき、そこからロングミックスでYashinへ・・・グルーブを溜めていた分、Yashinに繋いだ時に弾け方が大変いいですね!!

 また、これもブラックミュージック的だな~と思ったのが、とにかく「歌」を重視してる選曲/ミックスがあるな~と思いました。

 トラックが跳ねた曲を多く選んでプレイしている様相もありますが、聴いていると、そのトラックに負けないぐらい「歌」が素敵な曲を多く選らび、その歌が映えるようなミックスで曲と曲を繋いでいる印象がありました。

 それこそ、Keith Sweatがプロデュースした「Kut Klose / Lovely Thang」のように、ややスロー気味な曲でも、曲の歌に「ソウル」が入っている曲は、そのソウルを引き出すようなミックスをしてて、その曲の歌が映えるようなミックスをしていると思います・・・
 なんでしょう、思わず聴きながら、段々と歌ってしまう感じで・・・Daddykayさんが、しっかりと「歌」の部分まで理解した上で、その曲の良さを引き出すようなプレイをしている証拠かと思います!!



 う~ん、あんまり上手く説明が出来ないのが恐縮ですが、Daddykayさんのもつ「ブラックミュージック」が如実に表現されたミックスであることは間違えありません!!

 また、これはオリジナル世代だからこその魅力になると思いますが、誰も聴かなかった、又は気づかなかったことを、自分の感性で掘り起こし続けてきた世代だからこそ出来るレベルの高さがあります・・・後追いではなく、自分で手を汚してきたが故のレベルの高さがあると思います!!

 今回、深く聴きこんだことで、Daddykayさんの「魅力」が分かり、他の作品を聞いてみるのがちょっと楽しみになりました・・・暫くはDaddykay祭りになりそうです(^0^)




<Release Date>
Artists / Title : DJ Daddykay 「R&B Mix Vol.1 - Essential 90's Cuts」
Genre : R&B、New Jack Swing・・・
Release : 2000年ごろ?
Lebel : Sugar Bitz ST-005

Notice : CD再発について
 記憶だとCDで2007年ごろに再発をしていますが、今となってはCDの方が入手しづらいかもしれないです??



----------------------------------------------
----------------------------------------------
<独り言>
 今週は特にないのですが、月末なので8月のレコード&テープ購入費を清算したら・・・今までで一番お金を使った月になりました(^^;)

 金額は、とてもじゃないけど書けませんが、よくもそんなに買ったものです・・・ちなみにテープは182本でした・・・

 ただ、個人的には「買いたい」と思ったモノを、こうして買えているのは、私自身が元気でないと出来ないこと(=行動力と気力がないと出来ないこと)だと思っているので、健康な証拠なのかな~と思ったりもしました・・・

 まあ、9月はちょっと自粛気味にしたいと思いますが、シルバーウィークと、ユニオンの半期決算セールが大変怖いです・・・ドデカイ放出と、心が揺らぐ割引がないことを祈ります(^^;)








 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんばんは
おひさしぶりです!
管理人さんaka兄貴のレベルが凄すぎて毎週の記事がもはや「作品」だと思ってますv-22

ですがテープだけが醸す胸躍る純粋なバイブス、畏れ多くも読むたびに共有させていただいてます!

DaddykayさんやKomoriさん(だけでなく古今東西様々なDJたち)って、いったいどれだけの人の心を撃ち抜いて、どれだけの人の人生を変えたんですかね・・・テープで。

未だに10年以上前のテープに心撃ち抜かれますからね・・・はんぱないです。

よく分からない感想すみません。。
2015/08/30(日) 22:22:22 | URL | ねりごま #bCJt4Luo[ 編集]
久しぶりの書き込み
久しぶりのコメントです。

いや〜dj daddykayさんのテープにはほんとにお世話になった思い出しかありません(笑)
若かりしころ日々digginに励んでた中でこの人の深く黒い選曲にはやられっぱなしでした。
基本12インチシングルにしか興味のなかった私にLPオンリーの醍醐味を教えてくれた人でもあります。
また、R&BはモチロンですがWESTモノにメチャクチャ強いんですよね。しかも詳しい。。。

何回もICEさんJAMさんとやってたBEATSというイベントに行こうとしてたのに行けなかったのが今でも心残りです。。

このところ夏なのに涼しいので体調に気をつけてdigginに勤しんでください!!
2015/08/30(日) 23:48:06 | URL | I-RIN #-[ 編集]
Re: こんばんは
>ねりごまさん

お久しぶりです! コメント、ありがとうございます(^0^)
そうなんですよね~、ミックステープって、聴いた人に色々と影響を及ぼしていますよね・・・Komoriさんはまさにそうですが、今回のDaddykayさんも絶対にそうだと思います。
やっぱり、そういった背景を知る以上、どうしても頑張って伝えたい気持ちがあるので、つい記事は頑張ってしまいます・・・ただ、まだまだ書かないといけない作品が多いので、困ったものです(^^;)

ではでは、今後とも宜しくお願いいたします!
あと、以前、ねりごまさんとアレしたテープですが、アレ系のテープが溜まったので、近日中に紹介をしたいと考えています・・・お楽しみに!!


>I-RINさん

コメント、ありがとうございます!
Daddykayさん、買われてましたか・・・貴重なコメント、ありがとうございます!
私は、文中でも書いた通り、当時はスルーしてて、横から見てるだけで、確実な点が指摘出来たのかが不安だったのですが、I-RINさんのコメントを読む限り、大丈夫そうですね(^0^)
ホント、今回、聴きこんでみて、やっぱりレベルが高いですよね・・・それが、大変イイのが、決して嫌味(?)がなく、Daddykayさんのグルーブに落とし込んでいるのが素敵ですね!!
他の作品もチラチラ聴き始めていますので、定期的に紹介をしていきたいと考えています・・・ただ、収録曲のレコを揃えるのがアレで、根性決めないと出会えない&買えないのが多く、悩ましいですね(^^;)

ではでは、今後とも宜しくお願いいたします!!

2015/08/31(月) 23:26:24 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック