HipHop,R&B,Soul,Funk,RareGroove,DanceClassics,Garage,House・・・など、私が気に入っているMixTape,MixCD,その他もろもろを紹介するブログです。
DJ Shu-G 「Original Flavored Choice Vol.1」
DSC01841_20151206123110169.jpg

 先週のスネークアタックは失礼しました!

 TwitterのRTなど、結構な方に反応をいただいたようで、書いた立場としては大変嬉しいです(^0^)
 また機会があれば、こういった雑誌も紹介しますね・・・と言っても、あとは結構マニアックな雑しかないかも(^^;)

 では、久しぶりに真面目な作品紹介です!!


o040006001396504703637.jpg

 今回は、現在進行形でミックス作品を出し続けている「DJ Shu-G」さんのテープ作品を紹介します!

 Shu-Gさんは、現在はNY/Brooklynで活動をするDJで、HipHopをベースにR&B、Reggae、Disco、Houseなど様々な音楽をプレイする方になります。

 自分のスキルアップの為、憧れの地であるNYに2014年5月に渡米し、現在は切磋琢磨の毎日のようですが、元々は東京/横浜を中心にプレイをしてて、日本時代からかなりお忙しいお方でした。

 そんなShu-Gさん、名前が知れ渡ったのは「ミックス作品」が大きいかと思います!

 自身の名前の別名(aka)を「Mixtapekingz」と名乗っているぐらい、ミックス作品には思いがあり、色々な作品を発表しています。
 ストレートなHipHopが味わえる「HipHopシリーズ」やR&BやDiscoのクラシック曲をミックスした「Classicsシリーズ」など、間違えのない選曲とスキルフルなミックスが発揮された作品が多いかと思います・・・

 残念ながら、私自身はここ最近のCD作品は未聴なのですが、ミックス作品の新作が出るたびに、ユニオンの店頭でプレイされることが多く、それだけで人気の高さが伺えるかな~と思います・・・このブログをお読みの方で、お好きな方、おられますよね??

 そんなわけで、今回のテープは、Shu-Gさんの第1作目の作品になるそうで、Shu-Gさんの選曲やミックスの原点になる作品かと思います・・・
 2004年リリースで、出た当時、記憶だと一部のレコ屋さんでは結構プッシュしていたかな・・・内容は、以下で説明をしますが、かなり良く、流石「Mixtapekingz」です!!


DSC01843_20151206153153e4e.jpg DSC01842_20151206153151752.jpg
DSC01845_2015120615315679d.jpg DSC01844_20151206153154faf.jpg

 まずは便宜上、A面からの紹介です。

 この作品ではA面が「Party Side」としてHipHop中心の選曲B面が「Chill Side」としてR&B選曲になっていますが、両サイドがバラバラになることはなく、上手くバランスが取れ、Shu-Gさんの「グルーブ」が楽しめる1作になっています。

 A面では、Party Sideとしていることから、割とアップな90's HipHopを中心に選曲しています。
 ただ、ド直球なパーティークラシックは少なく、意外な選曲やマイナーどころで攻めてきてて、その辺は上手いな~と思います。

 例えば「De La Soul / Breakdawn」「Jungle Brothers / On The Road Again」など、メジャーアーティストの「そこまで有名じゃない曲」なんかを入れてきます・・・両方とも、微妙すぎて持ってなく、今週末のハンティングでゲットしたぐらい、微妙ですね(^^;)
 この2曲は、続けてプレイし、さりげなく「Native Tongues」つなぎをしてるのにもグッときますが、パーティーミックスで入れてくるのには結構以外で、だけどハマった選曲になっており、上手いですね!

 また、これはレコ写を見た上で、以下の説明を読むと効果的(?)なのですが、左下のLover CeeはRomeoではなくB面の「Superlover Cee & Casanova Rud / Giggolo」をプレイ・・・これは結構ヤラれました!
 パーティーミックスであれば、普通はRomeoでプレイするでしょ・・・あえてかどうかは分からないですが、意外とプレイしないB面でブレずにプレイしているあたりは流石です!!

 そして、このA面の特色として、プレイした曲によっては「ブレンド」をしてて、オンタイムのブレンドか、または作ったブレンドなのかは分からないですが、結構良いアクセントになっています。

 例えば、実質的に一曲目な「Pharcyde / Runnin'」であれば、メローなスタートの切り方として、最初はオリジナルからプレイをします・・・
 そして、2バース目に入ったところで、「Kool & The Gang / Too Hot」ネタのビートにスイッチし、違和感のないブレンド(メローなギターネタでつないでますね!)でありながら、次からの選曲を見据えて、徐々にパーティーらしくグルーブを上げていく作戦も織り込まれているのは脱帽です!!

 全体の流れの話にもつながりますが、凄いストーリーがある流れではないものの、上手くグルーブをコントロールし、聞いた人がミックスに入りやすい選曲にしている印象があり、Shu-Gさんのスキルの高さが分かる部分ですね!!

 なお、そこまでバキバキに入れてこないですが、サラッと効果的な2枚使いを入れてくるあたりもイイし、曲によってカットイン/ロングミックスを使い分けながらミックスをサクサクと進めているあたりも良いです!!


DSC01851_20151206160411fb6.jpg DSC01850_20151206160414528.jpg
DSC01848_201512061604138de.jpg DSC01846_20151206160445115.jpg

 そして、今度はB面です。

 B面ではR&Bを中心にした「Chill Side」になり、聴いてて大変気持ちいいミックスになっています。

 選曲的には、やはり90'sを中心にした内容で、ナイスカバーな「Penny Ford / Daydreaming」のようなUS系、「The Affair / The Way We Are」のようなUK Soulなど、スローの色が若干入っているミッド系の曲でプレイをしています。
 
 特にイメージがしやすい言葉として「爽やかさ」みたいのをポイントにしており、それこそ「Bobby Brown feat Whitney Houston / Something in Common」のような、90年代前半のR&Bがもつ「爽やかなグルーブ」を上手く使っているな~と思います。

 この点、この作品においては結構重要です・・・

 実は、A面でもそうなのですが、いわゆるブラックミュージックが持つ「爽やかさ」を全体的なグルーブに織り込んでおり、それが作品としての統一感を出していると思います!

 なんでしょう、90年代前半のHipHopやR&Bが持つ爽やかさというんでしょうか・・・黒さゆえの甘いグルーブが溶け込んだ時代の音楽/グルーブをホント上手く活用してて、選曲以上に、Shu-Gさんのセンスの良さが伺えます・・・
 それこそ、こういった音楽に精通していることも大切ですが、感覚的に理解できているんでしょうね・・・なんとなくですが、アメリカに行かれたのが理解できる部分でもあるかな??


 そして、あまりミックスの話をしてないので、こちらも良いところをご案内します。

 これも90's R&Bクラシックな「En Vogue / Give It Up, Turn It Loose」なんかが分かりやすく、その曲の良さを光らせる絶妙なタイミングでミックスを入れてくるのが秀逸です!

 En Vogueの肝は、Impeachのドラムループによって生み出される気持ちいいグルーブと、哀愁を帯びながら凄いポジティブな歌にあると思います・・・
 Shu-Gさんは、前曲(Suzi Kim / Try Me)のあえてクール気味なグルーブから、En Vogueのイントロドラムをカットイン気味にミックスすることで、静から動にもっていくような選曲の流れを作り、更にImpeachのドラムループが醸し出すグルーブに先導され、聴いている人を歌に入りこませ、あの素敵な歌に同調させていく感じが大変上手いです!!

 う~ん、端的に書くと「En Vogueの良さを最大限に引き出したミックス」なんですが、このミックスの仕方だったり、グルーブの出し方だったり、やっぱりミックスのスキルだったり、センスの高さが伺えます!!



 たまたま、収録曲が多かったので、結構多めに紹介しましたが、かなり良い作品です!!

 時期的には夏の方がいいと思いますが、いつでも聴ける気持ちいいミックスになっている点は素晴らしいです。

 そして、個人的に思った「褒め言葉」を最後に一つ・・・ 

 聴いてて思ったのが、まるで故Maki the Magicさんのミックスを聴いているような感じなんですよね・・・
 ブラックミュージックの「グルーブ」をしっかりと理解し、肩肘が張らないようにしつつ、かなり深くて面白い選曲だったり、その曲を光らせる効果的なミックスや選曲の組み立てだったり・・・Makiさんらしい世界観があるな~と思いました。

 時代的にも、Shu-GさんもMakiさんのテープとかを聴いて影響を受けたのかな・・・ぜひ、この感覚は、実は本場の人では出せない感覚だと思いますので、日本人にしかできないDJをNYで披露できるように頑張ってください!!



<Release Date>
Artists / Title : DJ Shu-G 「Original Flavored Choice Vol.1」
Genre : HipHop、R&B、Reggae・・・
Release : 2004年
Lebel : No Lebel No Number


Notice : シャウトアウトについて
 A面のParty Sideでは以下のDJ/MCからシャウトアウトが入っています。

 DMC(Run DMC)、DJ Yutaka、Hab I Scream、DJ Cypher Sounds、DJ Bana、Kenshin(Ruff Rhymers)

 Kenshinが入っているのが日本語ラップマニアにはツボかと思いますが、個人的にはDMCですね!
 DMCのシャウトはA面のド頭で出るのですが、シャウトの最後で「♪Down with the King~」と言っており、そこを踏まえて「Run DMC / Down with the King」のビートを差し込み、コラージュ的なオリジナルイントロを披露しています・・・こういう展開やアイデアにもShu-Gさんのセンスの良さが伺えます!!

 なお、このテープのインデックスには「This tape is dedicated to JAM MASTER JAY with respecet.」と記載されています。

 そのことがあるから、DMCの声をもらったのかな・・・ただ、Jam Master Jayがリスペクト出来る人は「HipHop」を愛している証拠だと思います・・・
 私も無論そうですが、Shu-Gさん、本当に「HipHop」が好きなんですね・・・うん、HipHopの基本は「Big Beatの2枚使い」ですよね!!






----------------------------------------------------------
<独り言>

DCIM0592.jpg

 意外と久しぶりなこの写真・・・しっかりと参戦してきましたよ!!

 季節は12月になり、1年を締めくくり(?)として毎年開催される「ユニオンの年末セール」が本格化している中、ユニオンの中で「ワカッテル漢(おとこ)」として有名なN村さんを要する下北沢クラブ店で、恒例のテープセールがあり、参戦してきました~

 ここ最近の下北店は、買い取りで集まったテープを貯めておき、定期的に大きなセールで放出するスタイルをとっており、もはや「テープ馬鹿のお祭り」として機能をしています(^^;)
 今回も、ブログの情報だったり、N村さんからの事前情報などで、相当ヤバいことは分かってて、結構楽しみにしてました!

 そんなわけで、遠足に行く小学生じゃないですが、普通より早く起きてしまい、洗濯を済ませた後、なんとなく移動をしたら7時40分ぐらいに到着・・・どれだけ楽しみだったんでしょう(^^;)

 んで、座りながら自分の人生を考え(ウソ)つつ、9時前ぐらいに、常連の否さん(おめでとうございます!)が到着、前回のセールで嬉しいプレゼントを下さったI坂さんも到着し、後半はディープなトークに華を咲かせ開店を待ちました・・・この時間もセールの醍醐味ですね!
 特に、この時間で欲しいテープの相談をするため、結構重要な時間(打ち合わせ?)になります・・・事前の放出内容からも分かっていましたが、結構バッティングする内容だったので、今回は厳しいセールになるな~と思いました・・・

 そして、11時30分になり、合計5名での開戦です・・・かなり鉄火でした!

 バッティングするのもあったので、私が真っ先に向かったところで取り合いになるなど熾烈な戦いでした・・・

 んで、釣果は・・・個人的には「やや負け」です・・・

 今回は、真っ先に飛びついた餌箱の定めが悪かったです・・・そこで取り損ね、後はグズグズみたいな感じで、美味しいのがかなり取られてしまった感じです・・・
 う~ん、当日の運がアレだったのもあるかも知れないですが、セールって難しいですね・・・それでも「おわっ」というのは何本か抜いたので名誉は傷つかなかった(?)ですが、100点満点が取れなかったのは残念でした・・・セールの内容ではなく、私の成績的には75点です(^^;)

 ただ、不思議なもので、やや傷心気味で向かった渋谷がボムで、凄いチェックをしてなかったのに、クラブと地下でレコが大爆発!
 微妙に探してたレコが簡単に見つかるというんでしょうか、歓喜の連続です・・・レコ神様の「気まぐれ」な一日だったようです??


DSC01832_20151206172544754.jpg

 そんなわけで昨日の釣果です・・・

 レコが目立ってしまいアレですが、テープは15本とあり、もうちょっと欲しかったですかね・・・ただ、各タイトルがゴツくって、それなりに面白い買い物ができたと思います!
 レコも含めて、結構な金額を出したのですが、年末だから仕方がない・・・嬉しい悲鳴です(^^;)

 んなわけで、今回は集合写真が見づらいので、掘ったブツの詳細も紹介しますね~


DSC01833_20151206173151b06.jpg

 まず、今回の個人的なボムはこれですね!

 DJ Seijiさんの手刷りテープで、ボチボチな値段でしたが、ちゃんとゲットできました(^0^)

 Seijiさんの手刷りは、ほんと限られたところでしか売られてなく、ほとんど北海道(札幌)か、東京の一部(Pacoとかでは売ってた)だけなので、なかなかお目にかかれないテープになります。
 また、実はエクスクルーシブな音源も入っていることがあり、札幌だけありBossさんの音源が入ってりするようで、この10番では腐食列島の別ミックス(比べてないので本当かはアレですが?)が入っているそうです・・・

 今回、これは某氏がゲットしてましたが、Bossさんのデモも出てて、実は「札幌」がキーワードのセールだったかもしれないです。

 後で紹介するLarryのテープが正にそうですが、地方で根付いたテープ文化が流れてきたことに感謝感謝ですね!!


DSC01835_20151206174313126.jpg

 んで、Bossさんから話を続けると、今回は「日本語ラップ」モノが熱く、これがセールを厳しくした感はあります。

 実は、真っ先に向かった餌箱が、珍しく日本語ラップで、岡山産の日本語ラップコンピを取り損ね(否さん、お祝いだからね!)たりもしましたが、かなりゴツいのが出ていたと思います。
 それが出るんだ~というのが多く、幻級な「四街道のデモ」などが出てるぐらいで・・・かなりゴツかったです。

 その中で、結構探してたDJジョーによる日本語ラップミックス(残すは1のみ!)もゲットしつつ、左「サマージャム '95」と書いてあるやつも、ついに手を出してしまいました。

 これは、なんと「スチャダラパーのANIさん」が2014年6月に出されたテープになります。

 このテープ面白いのは、スチャの名曲「サマージャム '95」の歌詞でANIさんが「♪なーんて言いながらも夏用のテープとかはしっかり作るのよ、『サマージャム'95』なんつって必ず直球のタイトルつけちゃってね」という歌詞を受けて当時(?)作られたモノだそうです。
 販売は、またGさんのサイトから引用ですが、2014年6月に大阪で開かれたイベントで販売されたそうで・・・今となってはかなりのレアアイテムだと思います。

 んで、内容は・・・最高ですね!!

 分かりやすく書くと、夏の車で横にギャルをのせて聴くためのチルミックスで、ジャムの元ネタから始まり、往年のチルクラシックなSoul、Jazz、JazzFunk、RareGrooveなどが選曲形式(ノーミックス)で収録されています。

 聴いてて、凄いいいな~と思ったのが、一部の曲ではプチノイズがはいってて、アナログレコードからの選曲なんですよ・・・かなり定番な所を攻めてますが、ロフトミックス的な世界観もあり、MTT的な価値観で行くと特大ホームランでした!!
 来年の夏、必ず紹介しますので楽しみにお待ちください・・・

 なお、凄い蛇足な話ですが、これが日本語ラップ筋で盛り上がらなかったのは、結局は「ネタ選曲」なのもあるんですかね?


DSC01834_201512062051553d5.jpg

 そして、ここからは「私しか反応しない」系のテープ・・・つまり、全く乱戦にならなかったテープです(^^;)

 これも札幌系の出品になるのかもしれないですが、集めているLarryの現場録音テープ(国内コピー・写真右)をゲット・・・表面には何も書いてなく、背だけにしか書いてないので、見つけた瞬間、思わず「うわっ」となりました!

 今回、割と海外系の国内コピーテープが結構あり、それが90年代前半~中頃ぐらいのが中心で、結構熱かったです・・・
 熱いところだと、MUROさんが勤務してた頃のStill Diggin'でコピーされたとされるテープ(Still Diggin'と書いてある)が結構ありましたが、流石に今回はスルーしました・・・全部買ってたらキリがないっす(^^;)

 ただ、当時のことを考えると、この「国内コピーテープ」ってかなり大切で、正にアンダーグラウンドでしか出回っていないので、それはそれで熱いです・・・
 まあ、大半がラジオの録音だったり、作品として完成されていないミックステープだったりで、ミックス作品とは言い難いモノが多いですが、こういうテープを聞いて、今でも一線で活躍しているDJ達が影響を受けたと思うとグッときます!!

 なお、これ系だとLarry以上にヤラれたのが、右ので、なんとJoey Negroによる1本で、こちらは手刷りテープなものの、しっかりと印刷されたジャケで、UK現地産のテープでした!
 どうやらUKに実在するレコードショップ(Black Market Records)でプレスされたテープらしく、歌モノHouseが中心なミックスでした・・・
 HipHopのコピーテープと混ざってこっそりと入っていたので、これも抜いた時は「おはっ」となり、問答無用でカゴに入れていました(^^;)


DSC01836.jpg

 そして、こちらもドン無視ですよね・・・というか、N村さんが絶対に私向けに仕込んだブツですよね(^^;)

 ここ最近、活動30周年とあり、色々と話題に上がっている中山美穂さんの89年産のクリスマス企画なアルバムのようです・・・手に取った瞬間、これも問答無用でカゴに入れてました(^^;)

 内容はまだ聴いていないですが、とにかくグッとくるのがこのジャケットで、あえて「CD」サイズになっている点です!
 
 時期的に、CDが増え始め、レコード屋さんの陳列棚もCD棚が増えてきたからでしょうか、この作品では、CDサイズのスリーブジャケに、テープが動かないようにピンク色のスポンジ枠があり、そこにテープが収まっているという・・・なんとも謎な作品です。
 たぶん、今となっては、tofubeatsさんが出したテープの収め方(分かりますか?)なんですよ・・・まさか、トーフさんのネタ元がミポリンだったとは(笑)

 また、テープと一緒に入っている謎の絵本型ポエムが「アーティスト・中山美穂」を思わせる内容で・・・今となっては3回りぐらいしてかなり良いです(^^;)

 あっ、でも、美穂さんって、この頃の歌声が結構いいので、結構このアルバムはよさそうですね・・・今年のクリにでも聴いてみたいと思います??


DSC01838_20151206212004a5f.jpg
DSC01839_20151206212016578.jpg
 
 んで、オーラスが個人的には一番ボムでした!

 今回、テープ以外にもテープ関連商品が出てて、それこそソニースポーツのテレコや、任天堂のファミリーベーシック用のデータレコーダー(こんな記憶の片隅に追いやられてたのを出すなんて!)など、流石N村さんな出品が多かった中、こんなテープケースも出品されていました。

 私は、これらの関連商品はスルーと決めてたので、ほとんど見向きもしなかったのですが、N村さんから「これ知ってる?」と指摘され、突然、記憶がフラッシュバックし、即購入です!

 これは、なんと、MUROさんがSavage時代に作ったテープケースになります!

 確か、90年代末だと思いますが、こういった布生地でレコードバックなんかを作ってて、こういったMUROさんらしい色合いの商品がありました・・・レコードバックは記憶にありましたが、テープケースもあったとは!!
 普段、こういったケースはあまり買わないのですが、これだけは別物ですね・・・日常使いを前提にしつつ、家宝にしたいと思います(^0^)

 なお、このテープケース、今回ばかりは即戦力でした・・・

 下北の後、渋谷に行ったわけですが、都合、レコードを10枚近くかったので、荷物が一つに上手くまとまらず、どうしようかな~と思いました・・・
 そして、答えは単純にでました・・・下北で買ったテープを、早速このケースに入れれば荷物が一つにまとまるじゃん!と思いつき、マンハッタンの横でコソコソと詰め替え作業をしていました・・・おかげで、帰りの持ち帰りが楽になりました(^^;)


DSC01840.jpg

 そんなわけで、釣果報告でした~

 今年も週末は頑張らないと・・・テープも欲しいですが、レコが結構欲しいのが出そうな予感があるので、頑張りたいと思います~


 あと、最後にMUROさん情報です!

 既にご存知の方もおられるかと思いますが、先週報告した本の刊行記念の一環で12月9日(火)の19時より、なんとDommuneで5時間ぶち抜きの特別番組が企画されているそうです!

 DOMMUNE MURO活動30周年&「真ッ黒ニナル果テ」刊行記念プログラム
 配信日時:2015年12月8日(火)19:00~24:00

 まだ、正式な告知が出ていないですが、これは楽しみ・・・かなり濃い内容になるそうで、今回の更新のキーパーソンの一人が登場される(私じゃないよ~)ので、震えて待ちましょうね!

 では、今週も忙しそうですが、頑張るぞ!!






スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
お疲れ様でした。mttさんを、やや負けに追い込むとは、その4人も、相当すごい人達なんでしょうね。てっきり、またウン十本と買われるものと思っていたので、15本という少なさには驚きました。事前に、写真を見て、「日本語ラップは素晴らしい」や、dj seijiさんの手刷り系を狙われてるであろうとは予想していましたが、色々と怪しげなものも拾われてますね。「反応しない(されない)系」、大好きです。特に、まったくの無地というところに、ホワイト盤に似た匂いを感じます。釣果写真左下あたりのテープも、イイ雰囲気のがありますね。特に、テープケース写真の左から4番目の黄、白、青の線が見えているやつはかなり興味をそそられます。レコードでは、怪しげな虹色のレーベルのやつが(ディスコ系では?)イイ味出してますね。あと、テープケースのフタ部分に付いてる怪しげな膨らみは、ポータブルプレイヤー用の電池を入れるためのもの(ビデオカメラケースのバッテリー入れチックな)じゃないかと見ているのですが、実際はどうなのかというのも気になってしまいます。
2015/12/06(日) 23:06:02 | URL | baba #-[ 編集]
お疲れ様でした!
色々とバレてますね(笑)
私は有給とって寝袋持参、今週末のセール突撃して参ります。
2015/12/07(月) 23:25:41 | URL | G #-[ 編集]
Re: 連名で失礼します!
>babaさん

コメント、ありがとうございます!
もー、嬉しいぐらい、細かいところを突いてくれますね! 
今回、本数は少ないのですが、結局のところ単価が高いんですよね・・・なので、15本ですが、先週末からのユニオンの貨幣価値的には3Tでした(^^;)
今回は、毎度の「よくわからなくって爆安テープ」があまりなく、ちゃんと値段をつけているのが多く、掘る側としてはアレですが、それはそれでちゃんと価値が分かって値段を付けている点はビガップですかね・・・それこそ、Joey Negroにちゃんと値段を付けているところが、N村さんをバイヤーとして信頼できる所なんですよね~
ちなみに、釣果の左下と、テープケースのやつは同じので、ドルビーさんの知らないミックスでした。
あと、怪しげな虹色のは、DLさんネタなSouth Bronxですね・・・これは意外と遭遇しなかったですが、今のBoogieラインだと旬ですかね~
んで、テープケース件、怪しげな膨らみって・・・よく、そこまで見てますね! たぶんbabaさんのご指摘が正しく、電池を入れておく部分なんでしょうね・・・まったくもって、無視していました(^^;)
ではでは、今年のセールは序盤戦、例年以上にレコは買っていきたいところ(テープも出ればもちろん買います!)なので、頑張っていきますね~
今後とも、よろしくお願いいたします!!


>G様
お疲れ様です!
今回のセール、いつも以上にザワザワがなく、皆さんマジなんだな~と思っています(^0^)
今回のアレ、私としてはGさんにぜひゲットして頂きたいと思います・・・生半可なコレクターが手を出してはいけない神聖な域のブツだと思いますので、ぜひ、頑張ってくださいね!!
今回も、私は仕事で見学もできませんが、幸運が下りてくることを切に願います!!
では、今後ともよろしくお願いいたします!!


2015/12/08(火) 00:01:45 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
心得
こんにちは。

DJ Shu-Gさん。良いですよね。
実はこの作品は聞いたことがないうえに他の作品も聞いたことがありません。。

それでコメントするのかよって思いながらもつい筆を取ってしまいました(笑)

DJ Shu-Gさんのクラブプレイは聞いたことがあり、また今はなきhomebase recordのスタッフだった印象が強くあります。
クラブプレイや作品の選曲をみても渋いな〜という印象を持ちつつしっかり盛り上げるDJだな〜と。

あと、私が一番好きなのはMTTさんも文中で書かれてましたサラッと効果的に2枚使いを入れてくるあたりがグッときます。
同じタイプだとCELORYさんあたりかなと。
やり過ぎず、やらなさ過ぎない塩梅って案外難しいと思いますが心得てるんですよね。

あ、心得ていたのはDJだけでなくhomebase recordでの接客も非常に心得ていました(笑)

年末に向けて仕事も掘りも忙しくなるとは思いますが体に気をつけて頑張ってください!


2015/12/09(水) 20:04:27 | URL | I-RIN #-[ 編集]
Re: 心得
>I-RINさん

コメント、ありがとうございます!
いえいえ、聞いたことがない作品に、興味を持ってもらうことが、私の第一目標なので、全然OKですよ!!
まず、私もHomebassは通ってたつもりですが、Shu-Gさんもスタッフさんだったですか!!
うわー、それは気付かなかった・・・Missieさん級に分かりやすいと印象にのこっていましたが、そうだったんだ・・・DJミックスからすると、凄い真面目に働いてた感じですね(^^;)
また、スクラッチはCeloryさんに近いかも・・・何でしょう、DJって「模倣」の繰り返しだと思うんですよね・・・今回の文中で書いたMakiさんもしかりですが、そのDJのプレイを聴いて真似てみようっていうのは凄い大切で、CelroryさんやMakiさんがまさにそうですよね。
ただ、こういった方、ちゃんと聞いていないと分からない「カッコよさ」がありますよね・・・うん、現場にいないと分からない「カッコよさ」ですかね・・・
それは、クラブという現場かもしれないし、ミックステープという現場かもしれません・・・今回、Makiさんを例にとったのは、ほんと直感で「Makiさんっぽいな」と思ったのが発端ですが、その裏には、それが単なる物まねではなく、ちゃんとカッコよさを理解した上での模倣(いや、影響ですね!)なんだよな~と思ったからです。
DJという行為は、受け継がれていくものだと思います・・・Shu-Gさんも、ぜひ、NYでの経験を深め、日本に帰ってきて、更に大きな大輪を開いてほしいですね!!

ではでは、久しぶりに飲みながら書いたので、饒舌でしたね(^^;)
今後ともよろしくお願いいたします!!



追伸
わりと、のん兵衛キャラを演じていますが、ここ最近は、夜9時を過ぎてから夕飯を食べるときは一切飲まない(=平日はほとんど飲まない)ようにしてるので、実はシラフな方が多いです(^^;)
ただ、そういった姿勢を通すようにしたので、ガッツリ飲むときは飲むようなスタイルなので、最近は土曜がフィーバー気味です・・・今週は、土曜仕事なので、仕事終わりが非常に怖いっす(^^;)

そして、土曜つながりで、あんまり皆さんが騒がないので、あえて騒ぐと・・・今週の土曜の下北、ほんと「歴史的な日」になりますね・・・参戦される方は、ほんと頑張ってください!!
♪You Need Heart To Play This Game, 気持ちがレイムじゃモノホンプレイヤーになれねえ♪・・・たぶん、モノホンに慣れた人がアレをゲットできるのかな・・・ぜひ、頑張ってくださいね!!




2015/12/10(木) 22:47:15 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
セールの件は本当に感謝しております!! アレやらコレやらと含めて大切にいたします!
2015/12/14(月) 18:24:22 | URL | 否 #-[ 編集]
Re: タイトルなし
>否さん

先日は大変お世話になりました!
うふふ、私の中ではお祝いだと思ってアレは手放しました(^0^)
ただ、私も結果的に否さんぐらいの金額は出してましたので、その辺はイーブンだったかと思います。
ではでは、今後ともよろしくお願いいたします!!
2015/12/14(月) 23:22:57 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック